音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

Mardelas / Mardelas Ⅱ | main | Unleashed / Odalheim
Rage / The Devil Strikes Again

1. The Devil Strikes Again
2. My Way
3. Back On Track
4. The Final Curtain
5. War
6. Ocean Full Of Tears
7. Deaf, Dumb And Blind
8. Spirits Of The Night
9. Times Of Darkness
10. The Dark Side Of The Sun
CD 2:
1. Bring Me Down
2. Requiem
3. Into The Fire
4. Slave To The Grind (Skid Row Cover)
5. Bravado (Rush Cover)
6. Open Fire (Y&T Cover)

87/100

Rageの22枚目?のアルバムです‼もう枚数もよくわからん!

前作が個人的に微妙な出来だったので、今作は安い輸入盤で良いかなぁ~とか思っていたんですが、せっかくだから期待の意味も込めて日本盤のリミテッド・エディションを購入しました。しかしそれでも高いなぁオイ!ジャケットはなかなか邪悪な感じがしてよろしいですな♪

1.The Devil Strikes Againは轟音とともにスタートする爆走チューン!!ギターリフはモダンな感じですが、キャッチーさも兼ね備えていますね♪ピーヴィーのボーカルはやっぱりカッコいい!サビメロはなかなか勇ましい雰囲気を醸し出し、ソロパートはテクニカルにピロピロと弾いています。

2.My Wayはカラッと乾いたギターリフでテンポよく進むアップテンポ・ナンバー。抜群なキャッチーさを持つ楽曲ですね。広がりのあるサビメロがとても気に入りました!ギターソロもたっぷりと弾きまくりで満足です☆

3.Back On Trackはスラッシーなギターリフでスタスタと軽快に進むスピード・チューン!メロディはちょっと煮え切らない感じでもどかしいな(笑)でも悪くはないです。ギターソロがかなりカッコいい!メロディアスで聴き入ってしまいますね♪ラストの明るい感じなんか好みです。

4.The Final Curtainはヘヴィなイントロから始まるミドルテンポ・ナンバー。サビメロはジャーマン・メタル的な明るさに満ちあふれています。派手さはありませんが、イイ曲です。この曲もギターソロがメロディアスでグッド!

5.Warはうねるようなギターリフがクールなアグレッシヴ・ナンバー・・・と思いきや、ピーヴィーが静かに歌い上げ、だんだんと盛り上がりを見せます。開放的なサビメロはとてもパワフルで、静と動を上手く使い分けている楽曲ですな!ギターソロもカッコいいです!

6.Ocean Full Of Tearsはモダンなギターリフでザクザクと刻んでいくアップテンポ・ナンバー。曲名からしてバラードっぽいのかなぁ~とか思っていたんですが、違いました(汗)哀愁を漂わせるピーヴィーの歌いっぷりがまた最高です☆キャッチーなサビメロとメロディアスなギターソロには悶絶ですな!

7.Deaf, Dumb And Blindはゴリゴリしたヘヴィリフで小気味良く進んでいく、こちらもノリノリなアップテンポ・ナンバー。やや早口で捲し立てるピーヴィーの歌唱がいかにもRageっぽくてイイ!明るいメロディでギターソロに突入、このソロパートもたまらんですな~☆

8.Spirits Of The Nightはハードロック的な乾いたギターリフが特徴的なスピード・チューン!やや地味目な楽曲ですが、リズミカルで乗りやすいですな。メロウな雰囲気をアピールするギターサウンドがイイ!ギターソロはややスピードアップしてグッと聴かせるタイプです。

9.Times Of Darknessはだんだんとギターサウンドがフェードインしてくる、ヘヴィな楽曲ですな。ドラマティックなメロディを奏でる、ミドルテンポ・ナンバーです。アルバムで唯一のスローな曲になるかな?

10.The Dark Side Of The Sunはストロングなギターリフでド派手に爆走するカッコいいスピード・チューン!!アルバムラストでこんなアグレッシヴな楽曲を持ってくるとは!?なかなか意外でしたな。サビメロは叙情的なメロディに彩られる、たまらない曲です♪ちょっと中東っぽいメロディも出てきて、アレンジも凝っていますね。

CD-2はボーナス・ディスクです。

1.Bring Me Downはロックンロールなフィーリングのある、アップテンポ・ナンバー。叙情的なサビメロがとても優しげな感じを演出していて、なかなか気に入りました!ギターソロがピロピロと弾きまくりでクールです!

2.Requiemはメロディアスで哀愁のあるイントロからヘヴィに進んでいくアップテンポ・ナンバー。勇壮さも感じることのできるサビメロがインパクトありますね♪

3.Into The Fireはアコギも入った叙情性のあるバラード。哀しげなメロディが良い感じですな。ベースもバキバキと主張しており、聴きごたえがあります。

以下3曲はカバー曲です。例によって原曲は聴いたことがありません・・・ゴメンナサイ(汗)

4.Slave To The Grind (Skid Row Cover)はピーヴィーの変わった歌い方が面白い、ハードロックなノリのアップテンポ・ナンバー。

5.Bravado (Rush Cover)は和やかな雰囲気のあるバラード調の楽曲ですな。心が癒されます(笑)

6.Open Fire (Y&T Cover)はノリノリなギターリフで刻んでいくゴキゲンなアップテンポ・ナンバー!これはイイ曲ですな♪原曲も聴いてみたくなりましたね。

アルバム本編についてですが、かなりの良作だと思います!少なくとも煮え切らなかった前作と比べれば遥かに気に入りましたね。そのカギはやはり「スピード感」にあるのではないでしょうか。アルバム10曲中、遅めな楽曲は4曲目と9曲目くらいで、それ以外の曲はとてもスピーディで、聴いていて勢いの感じられる爽快感がありましたね。メロディについてはところどころパッとしない部分もありましたが、全体的に見てフックのあるサビメロが気に入りました。スラッシーに疾走し、そこへ加わるRage節のメロディのコンビネーションを楽しむことができましたね。

キラー・チューンは「10.The Dark Side Of The Sun」ですな。アルバムの最後にこんな良曲が!疾走感も満点でメロディアス!完璧な楽曲ですね。新たなRageの代表曲になるのではないでしょうか!?

ボーナス・ディスクについては、アルバム本編を聴いた後だとちょっと勢いに欠けるかな?と思いました。しかしRageの曲はやはりイイですな♪カバー曲も原曲を知りませんが楽しむことができました!
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Rage | 18:52 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://ponch503.blog.fc2.com/tb.php/983-51180716
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR