音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

Profundi / THE OMEGA RISING | main | Naglfar / Teras
Omnium Gatherum / Grey Heavens
Omnium Gatherum / Grey Heavens

1.The Pit
2.Skyline
3.Frontiers
4.Majesty and Silence
5.Rejuvenate!
6.Foundation
7.The Great Liberation
8.Ophidian Sunrise
9.These Grey Heavens
10.Storm Front
11.Son's Thoughts 2015(日本盤ボーナストラック)

89/100

Omnium Gatherumの7thアルバムです。

今作は久方ぶりの国内盤の発売となりましたな。国内盤発売は約10年振りだそうです!そんなわけで(?)ちょっと期待しながら購入しました☆

1stアルバムでは、スピーディで勢いのある北欧の叙情メロディック・デスをプレイしていた彼ら。しかしその後はどんどんとスピード感が落ちていき、最近の作品ではややプログレっぽい曲展開とメロディの質の良さで勝負するようになりました。長尺曲の存在も特徴的ですね。北欧の叙情デスの最新作はいかなる出来なのでしょうか!?相変わらずジャケットは神秘的で美しい・・・!

1.The Pitはガツガツと疾走するスピード・チューン!叙情的なメロディを振りまきながら力強く突っ走ります!コレは一曲目からたまらんぞー!!しゃがれたデスボイスにももう慣れましたね。このボーカルでないとむしろ合わない気がしてきました(笑)ソロパートはフンワリとしたアトモスフェリックな開放感を感じさせます。クリーンボーカルによる不思議な雰囲気も良い感じ。

2.Skylineはヘヴィなギターリフでズッシリと重々しく進んでいくミドルテンポ・ナンバーですね。吐き捨て型のデスボイス中心に曲は進んでいきます。ギターの奏でる哀しげなメロディが胸を打ちますな~。哀愁度では文句なしの一曲です!

3.Frontiersは美麗なキーボードの音色からスタート、透き通るようなメロディで進んでいくスピード・チューンです!高速に刻まれるギターが迫力があってカッコいい!コーラスパートではとても叙情的なメロディが。やっぱりこのバンドの疾走曲は出来がイイですなぁ・・・。ソロパートは暖かみのあるピアノが挿入され、ギターソロも弾きまくりで一気に盛り上がります!

4.Majesty and Silenceは8分超の長尺曲。怪し気なメロディのイントロから始まり、ダークな雰囲気もありますね。メランコリックなメロディとゆっくりとしたボーカルの歌唱で曲は進みます。ギターフレーズが泣き泣きです!クリーンボーカルもフワフワした歌唱を見せ、楽曲をより深いものにしています。しかしここまで長くする必要は・・・あったのかな?(汗)

5.Rejuvenate!はだんだんと音がフェードインしてきて、ヘヴィなギターリフが飛び出します。そして疾走開始!ピアノの旋律とともに激しくスピーディに展開します。リズミカルに歌うボーカルと高速ギターの刻みがたまらなくカッコいいな!テクニカルなギターソロも披露されます。アグレッションのある、やはり疾走曲にハズレ無しですな~。

6.Foundationはこちらも音がフェードイン、荘厳な雰囲気に包まれているメランコリックなミドルテンポ・ナンバー。ピアノの旋律がクサい!神秘的なメロディが心に染み渡るようです。このバンドのミドルテンポ・ナンバーは質が高いですねぇ。

7.The Great Liberationは煌びやかなキーボードのアレンジが美味しい一曲。スピード感もなかなかあり、勢いを感じさせる楽曲になっています。随所で聴かれるピアノとギターのコンビネーションがこれまた最高です!キラキラしたキーボードがいい仕事してますね~。壮大な雰囲気を醸し出すギターソロは一級品!

8.Ophidian Sunriseはゴリゴリしたギターリフで始まるミドルテンポ・ナンバー。ドスの効いたデスボイスと和やかなメロディのギターフレーズがいい具合に混ざり合っています。北欧の叙情性たっぷりな一曲。ギターソロも聴きどころ!

9.These Grey Heavensはアルバムタイトルの入ったインスト。アコギで始まり、クリーントーンのギターが慟哭のメロディをかき鳴らします。比較的静かな曲ですね~。

10.Storm Frontはピロピロしたキーボードからアグレッションたっぷりなギターサウンドが炸裂!ドラミングもアタック感があって爽快です。アルバム本編最後にこんなカッコいい曲を持ってくるとは!アップテンポ~スピード・ナンバーです。ギターソロもテクニカルに弾いておりますね~。

11.Son's Thoughts 2015は日本盤ボーナストラックです。1stアルバムに収録されていた楽曲のリメイクバージョンですかね。この哀愁を漂わせるイントロ!割とそこまで変わった箇所はなく、音質のクオリティアップがありがたい!

ボーナストラックを除くと疾走曲・・・というか勢いのある楽曲が1.3.5.7.10と多めで、長尺曲は4のみとなっています。これまたクオリティの高いアルバムですね!北欧の叙情的な雰囲気をたっぷりと味わえる好盤ではないでしょうか!?今では私も成長して(笑)疾走していなくても良いものは良い!重要なのはメロディだ!と判断できるようになりました(笑)空間的な雰囲気を構築するキーボードと、慟哭のメロディを紡ぎ出すギターがとても良い感じでした♪

でもキラーチューンは、やっぱりスピード・ナンバーを選んでしまいますね。そんなわけで一番気に入ったのは「1.The Pit」です!他にも「10.Storm Front」等もアグレッシヴで気に入りました。メロメロなギターフレーズにやられてしまいましたね~。
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Omnium Gatherum | 13:40 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://ponch503.blog.fc2.com/tb.php/941-9d4c145d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR