音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

Soulfly / Archangel | main | Crying Machine / REVOLUTION
Soilwork / The Ride Majestic
Soilwork / The Ride Majestic

1. The Ride Majestic
2. Alight In The Aftermath
3. Death In General
4. Enemies In Fidelity
5. Petrichor By Sulphur
6. The Phantom
7. The Ride Majestic (Aspire Angelic)
8. Whirl Of Pain
9. All Along Echoing Paths
10. Shining Lights
11. Father And Son, Watching The World Go Down
12. Of Hollow Dreams(日本盤ボーナストラック)
13. The End Begins Below The Surface(日本盤ボーナストラック)

96/100

エクストリーム・メタルバンドSoilworkの10thアルバムです。

ついに発売したSoilworkのニューアルバム!もう10枚目のアルバムになるんですなぁ…。後追いのファンですが、感慨深いものがありますね。

前作は衝撃の2枚組アルバムでしたが、そのボリュームと質の高さは素晴らしいもので、逆に「次のアルバムはどうなるんだ?」と不安にも思いました。

「The Living Infinite」発表後も、来日記念盤の「Beyond The Infinite」のリリースや、Loudpark14での来日、ライヴ盤の発売等があった関係もあり、そこまで待たされた感はないですね。

とにかく今作も、前作の勢いをそのままにして、素晴らしい作品を期待したいです♪ジャケットからは、かなり暗いイメージというか、邪悪な印象がありますな…!

1.The Ride Majesticは暖かみのある柔らかな音色からスタート、そしてメロディックなギターとともにビョーンのスクリームが入ります!アップテンポで進み、コーラスでは疾走感溢れるビョーンのクリーンボイスが炸裂!ギターソロは短いですが、意外とピロピロと弾きまくるタイプです。そのあとは再びクリーンなボーカルでシメます!

2.Alight In The Aftermathはのっけから激しいドラミングとアグレッシヴなビョーンの歌唱で進むハイテンションなスピード・チューン!爽快感のあるコーラスにノックアウトです!前作で言うところの「This Momentary Bliss」的な楽曲でしょうか。ギターソロもうねるような、滑らかな弾きっぷりですな。後半はヘヴィネス重視の重々しい展開になります。

3.Death In Generalはデジタルちっくな音から始まり、タイトなドラミングと妖しいメロディを奏でるギターが良い感じの楽曲。ビョーンは最初からクリーンボイスでゆったりと歌い上げる、ミドルテンポ・ナンバー。激しいパートとスローなパートを行き来するちょっと忙しい楽曲ですな。しかし歌メロがたまらなく良いですねー!

4.Enemies In Fidelityは泣き泣きのギターフレーズが飛び出すメロディックなナンバー。ボーカルが入るとともにスピードを上げていき疾走感がありますね。感情がしっかりと込められたビョーンの歌唱が心に響きます!この曲でもフラッシーなギターソロを聴くことが出来ますね。しかしブラストビートがスゴい!迫力満点です。

5.Petrichor By Sulphurはストロングなギターリフから始まるアグレッシヴ・ナンバー!ノリの良いアップテンポで、メロディも質が高いです。この曲のギターソロがまた泣ける!実にメロディアスだー!

6.The Phantomはカッコいいメロディに乗せてビョーンの激しいスクリームが入るスピード・チューンです。なんかもうドラミングがスゴいことになっていますね(笑)ギターソロも大変カッコ良く決まっています。デスラッシュみたいで気に入りました☆

7.The Ride Majestic (Aspire Angelic)はアコギから始まり、すぐさまメロディックなギターリフが飛び出す、こちらもスピード感の高いナンバーですな。激しいブラストビートに図太いギターリフが絡んで大迫力です!ソロパートも充実の弾きっぷり!

8.Whirl Of Painはズッシリとしたギターで展開していくミドルテンポ・ナンバー。哀愁を漂わせるビョーンのクリーンボイスが耳に優しい(笑)静かなパートにおけるビョーンの歌唱が中心となって楽曲は進みます。今まで以上に歌メロが練られている印象を受けました。ギターソロのメロディも泣きまくりです。

9.All Along Echoing Pathsは強烈なブラストビートとヘヴィなギターリフでスタート。ビョーンのメロディックな歌いまわしも素敵です♪ミドル~アップテンポで進む楽曲で、コーラスのメロディはとても良い感じですね~。

10.Shining Lightsはより一層泣きを重点に置いた一曲。ズカズカと勢いよく進むスピード・チューンです!ギターは細かく刻み、ソロパートは短いですが、盛り上がりは最高潮ですな~!

11.Father And Son, Watching The World Go Downはアルバム本編のラスト。こちらも適度にスピード感のある楽曲で、クリーンボーカルが特に目立っております。展開がちょっとプログレっぽい感じがしましたね。この曲もギターソロが充実しています!

以下2曲は日本盤ボーナストラックです。
12.Of Hollow Dreamsはいきなりデスラッシュばりのギターリフでスタートするスピード・チューン!初期の頃のような楽曲を、現在のSoilwork流に解釈したような楽曲です。ボーナストラックとは勿体無い…!それくらい出来が良いです。でも確かにアルバム本編と比べると、曲の雰囲気がちょっと違うかな?キャッチーなビョーンのクリーンボイスがまたたまらんです!流麗なギターソロも挿入され、文句なしの名曲ですな。

13.The End Begins Below The Surfaceはとても怪しげなイントロからズカズカと疾走する、こちらもまたカッコいい一曲!ブラストビートも入り非常にアグレッシヴです。グルーヴ感もある、ノリやすい楽曲ですね。

素晴らしい、やはり素晴らしすぎますな!アルバムの方向性としては、前作の延長線上にあると思います。ただ前作よりもアグレッション重視で、かったるくなるようなスローテンポ・ナンバーが無かったのが非常に有り難かったです。ビョーンの歌うメロディも更に磨きがかかり、ギターリフもヘヴィかつメロディックなものになっていて、とてもカッコいい!ドラミングは過去最高ってくらいの叩きっぷりで、全体的にブラッシュアップされています。

キラーチューンは、良曲揃いで選ぶのに困りますね~(汗)敢えて一曲挙げるなら「The Ride Majestic (Aspire Angelic)」です。オープニング・ナンバーの方も良かったんですが…とても悩んだ結果です(汗)

「The Living Infinite」が素晴らしすぎたのでちょっと不安でしたが、杞憂に終わりました。今回のアルバムは、今年のベスト3には確実に入りますね…!捨て曲ナシの名盤です!しばらくヘビロテ確定ですね☆Soilwork万歳!
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Soilwork | 13:52 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://ponch503.blog.fc2.com/tb.php/894-eeb51c9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR