音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

Light This City / Facing the Thousand | main | CD購入記録
Light This City / Stormchaser
Light This City / Stormchaser

1. Stormchaser
2. Fragile Heroes
3. The Anhedonia Epidemic
4. Beginning With Release
5. Firehaven
6. The Collector, Part 1 Muse
7. The Collector, Part 2 Donor
8. A Desperate Resolution
9. Wake Me At Sunset
10. Bridge To Cross
11. Sand And Snow
12. Self Portrait

90/100

メロディック・デス、メタルコアバンドLight This Cityの4thアルバムです。

3rdアルバムと一緒に購入しました。前作はかなり完成度の高い、素晴らしいメロデスでしたが、今作を最高傑作に挙げる方も多いようです。とにかくこちらも期待大です☆後から知ったのですが、ボーナストラックの付いた日本盤にすればよかったです(泣)

雷鳴とともにアコギが入るイントロの1.Stormchaserは、前作に比べシャープになったギターリフが印象的です。スタスタと疾走するスピーディな楽曲ですね。ボーカルは相変わらずキレまくりで最高!ブラストビートとともに叫びまくる辺りなんて素晴らしい!短いですがソロパートの泣き具合もイイね~。続く2.Fragile Heroesはブラックメタルばりに凄まじいブラストビートの嵐!ヒステリックなボーカルも狂気じみていますね。そこそこメロディックなギターリフで疾走します!メロディよりも勢い重視ですね。キャッチーなメロディで始まる3.The Anhedonia Epidemic。ボーカルが入ると軽快に疾走を始めます。このメロディックなギターがまたイイですな!爽やかささえ感じさせます。後半はヘドバンを誘発させるリズミカルな展開に。哀愁を帯びたギターフレーズから始まる4.Beginning With Release。この曲もメロディが素晴らしすぎます!!前作で見られたアチエネ的ギターリフがここでも出てきますね。展開が非常にドラマティックですなー。ラストの高速ギターソロも絶品!デスラッシュ的に爆走する5.Firehaven!前の曲に続いて素晴らしい曲が続きますな。Hatesphereっぽいところも多少見られますね。しかしブラストビートを交えた激走パートは絶品!途中でTestamentのチャック・ビリーの強力なボーカルが入り、楽曲を大いに盛り上げます!6.The Collector, Part 1 Museはスラッシュ的なノリの良さも加わった勢いあるイントロ!ザクザクと刻むヘドバン必至のリズミカルな展開がたまりません。ボーカルの「Go!」とともにキレまくったギターソロへ!続く7.The Collector, Part 2 Donorも激しさを重視したスピードチューン。途中でテンポを落としヘヴィなギターリフで攻め立て、再び疾走!8.A Desperate Resolutionはピロピロと弾きまくりなギターからリズミカルに刻んでいくアップテンポ・ナンバー。ここでもメロディックなギターが主張しています。テクニカルなドラムからスタートする9.Wake Me At Sunsetはアップテンポでメロディにこだわりを持った一曲。珍しく爆走はせず、スピードは抑え目です。それでも十分カッコイイのですが・・・。10.Bridge To Crossはスピーディに刻むギターとともに疾走するスピード・チューン。怒号コーラスが勇ましさをアピールしています。11.Sand And Snowは早速泣きのギターでインパクトは大!テクニカルなギターフレーズにギャウギャウと唸るボーカルがマッチしています。メロディにはややモダンな印象もありますかね?とうとう最後になってしまった・・・12.Self Portraitです。ジリジリと焦燥感をあおるイントロから、デスボイスとともに爆走!アグレッシヴなギターリフがメインとなり、ブラストビートも交えて凄まじいアグレッションになっています。途中からは縦ノリ重視のリズミックな展開へ。しかし終わり方がちょっと唐突ですな・・・(汗)

今作も前作に続いてメロディックなギターが主役となっている、本当に素晴らしいアルバムです!前作と同じくらい気に入りました。比較すると、なかなかギターの音が洗練された感じがありますね。ブラストビートを多用し、ブラックメタル的な雰囲気も増強されています。またTestamentのボーカルが参加しているから・・・ってな訳ではないと思いますが、スラッシュ的な要素も取り入れ、ノリの良さのようなものも感じました。しかし本当に解散が悔やまれます・・・知るのが遅すぎました。これは弔いの意味も込めて1stと2ndアルバムも買うかなぁ(笑)

キラーチューンは、個人的には「Beginning With Release」が気に入ってしまいましたね。ヘドバンを誘うカッコ良すぎるメロディにノックアウトされました!しかしメロディック・デスラッシュチューンの「Firehaven」も捨てがたい・・・!!
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Light This City | 15:16 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://ponch503.blog.fc2.com/tb.php/872-2885ee65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR