音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

Volcano / Irregular | main | the Art of Mankind / Distant Light
VALTHUS / Verdict for the Chronicle

1.Thousand of Cries
2.New Vintage
3.Balefire
4.Podium
5.White Leaf
6.The Captured
7.Green
8.Evidence
9.Winged Words
10.Our Tracks

89/100

東京のメロディック・スピードメタルバンド、VALTHUSの2ndアルバムです!

個人的にお気に入りのこのバンド、昨年末に購入しようとしていたものの、ちょっと遅れての購入になりましたf(^_^;ようやくの2ndアルバムですな!試聴用トレーラーを聴く限りかなり期待できそうな出来映え♪楽しみですわ~p(^-^)q

1.Thousand of Criesはヒロイックなギターフレーズがカッコ良すぎるイントロからキラキラしたキーボードプレイが光るスピード・チューン!ボーカルは中音域をメインに渋く歌い上げます。そして大盛り上がりのサビメロへ!こりゃあ良い♪緊迫感溢れるソロパートもガッツポーズもの。ピアノによる音色も加わり耽美的な雰囲気が出ています。ラストのハイトーンボイスは圧巻!

2.New Vintageは勇壮なメロディでガッツィーに突き進んでいくアップテンポ・ナンバー!流麗なボーカルラインが耳を引く楽曲ですな~。ソロパートはかなりハデハデ!ギターがピロピロと弾きまくりで、キーボードも負けていません☆哀愁を漂わせるサビメロがいいね!

3.Balefireはネオクラシカルなキーボードプレイがキラキラと装飾するパワフルなスピード・チューンですな!大空を駆けるような、ポジティブなメロディに彩られた楽曲。Stratovariusっぽさも感じさせる、北欧のメロパワらしさがありますな!ハイ・スピードなソロパートはかなりクール♪最後は和やかな歌唱で終了です。

4.Podiumはかなりアグレッシヴなギターサウンドで始まり、ブリブリとベースも主張してくるアタック感の強い楽曲です。アップテンポで進み、叙情的なメロディで展開していきます♪シニカルなボーカルの歌唱も曲の雰囲気に合っていて良い感じですな!ピロピロとテクニカルに弾きまくるギターソロが特に気に入りましたね~p(^-^)q

5.White Leafは優しげなボーカルの歌唱からスタートする、ピアノとともに進んでいくパワー・バラード。ゆったりとしたリズムで、どこか暖かな雰囲気がありますな。泣きのギターソロもなかなか良い感じ。

6.The Capturedは透明感溢れるキーボードの音色がクサすぎる!こういうサウンドに弱いんですよね~(*´ω`*)アップテンポでスピーディにカッコよくギターが主張する、かなりのお気に入りの楽曲。ボーカルの歌唱もさまになっています。キラキラサウンドとクラシカルなギターフレーズに悶絶!クサクサなメロディにノックアウトです!!

7.Greenは重々しくヘヴィなギターサウンドで突き進んでいくミドルテンポ・ナンバーですな~。ちょいと今までの楽曲と比べるとやや地味めかな?ボーカルは低音域中心に渋く歌い上げます。

8.Evidenceはキタキタキター!!!コレだよこのメロディ☆泣き泣きのクサ過ぎるギターフレーズがカッコいい!ドラミングもいままでで一番ハデで叩きまくり。しかしなぜインストなんだ・・・(T0T)この素晴らしいメロディで1曲作り上げてほしかった・・・。スゴく耳に残るキャッチーなメロディですね♪

9.Winged Wordsはネオクラシカルなギターと伸びやかなボーカルで歌い上げるスピード・チューン!!スタスタとドラミングも迫力満点♪アグレッシヴなギタープレイも楽しむことができます。キラキラしたキーボードのアレンジも見事です☆ソロパートのハデハデさはアルバム一番かも!?

10.Our Tracksはアコギでしっとりとしたメロディを奏でていくバラード・ナンバー。透き通るボーカルのソフトな歌唱がメインになっています。ギターも途中から入り、泣き泣きなフレーズをかましてくれます。アルバムのラストを飾る、壮大なスケールを描いていますね。

こりゃあ素晴らしい!久しぶりのメロスピ・メロパワバンドのアルバムでしたが、ここまで成長を遂げているとは!!メロディの扇情度が更にパワーアップしており、ギタープレイもギャンギャン弾きまくりでカッコいいですな♪キーボードも特徴的でクサ過ぎる音色を奏でており、かなりツボを突かれました。ボーカルの歌唱についてですが、もうちょっとハイトーンをキメてくれるとより良いかな?と思いました。落ち着いた中音域の歌唱が中心だったので、それも味があっていいのですが、やはりハイトーンボイスを聴きたくなってしまいますね(笑)まぁでも安定性を重視するなら、今のままでもいいかな!?

キラー・チューンは文句なく「1.Thousand of Cries」ですね!飛翔感のあるまさにメロスピのお手本のようなスピード・チューン!ギターの弾きっぷりにも悶絶!ピアノによるクサい演出もニクいところですな。

もうちょっと買うのが早ければ2017年のベストアルバム候補になっていたかも・・・もっとはやく購入するんだったなぁ(;´д`)
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| VALTHUS | 16:24 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://ponch503.blog.fc2.com/tb.php/1114-7167d9e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR