音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

Nightrage / The Venomous | main | Re-Armed ‎/ The Era Of Precarity
Darkest Hour / Godless Prophets & The Migrant Flora

1. Knife In The Safe Room
2. This Is The Truth
3. Timeless Numbers
4. None Of This Is The Truth
5. The Flesh & The Flowers Of Death
6. Those Who Survived
7. Another Headless Ruler Of The Used
8. Widowed
9. Enter Oblivion
10. The Last Of The Monuments
11. In The Name Of Us All
12. Beneath It Sleeps
13. I Don't Want To Hear It(日本盤ボーナストラック)
14. Painkiller(日本盤ボーナストラック)

80/100

アメリカのメロディック・デスメタル/メタル・コアバンド、Darkest Hourの9thアルバムです!

前作ではクリーンボイスを大胆に導入した音楽性が話題となりましたが、個人的には全然OKな出来映えで、ギターは相変わらず弾きまくりだし、メロディの質もいままでとは違えどなかなか充実したものでした!今作はどのような出来映えになっているのでしょうか!?

1.Knife In The Safe Roomはハードコア色の強いスピード・チューン!ゴリゴリとした、メロディ要素は低めなギターリフからほのかに叙情性を感じさせるパートへなだれ込みます。

2.This Is The Truthは手数の多いドラミングで始まり、ボーカルの強烈なスクリームで突貫するこちらもスピード感の高いハードコアな楽曲。ソロパートはゆったりとしたメロウなメロディを奏でており、なかなかに泣けますな・・・!

3.Timeless Numbersはカラッと乾いたギターサウンドから細かい刻みへと繋げ、激しいボーカルのシャウトをメインに据えたアグレッションのある楽曲。ギターソロは泣きを意識したピロピロと弾きまくりなものになっています。

4.None Of This Is The Truthはドタバタとせわしなく疾走していくギターサウンドが中心になっているスピード・チューン。叙情的な要素はあまり無く、ソリッドな音作りが目立っています。

5.The Flesh & The Flowers Of Deathは激しいドラミングとボーカルで突き進んでいき、邪悪なメロディを交えてブラックな印象を与えるスピード・チューン。後半はテンポを落としメロディアスなギターソロへ!これだよ、こういうギターをもっと聴きたいんだよー!(^_^;)

6.Those Who Survivedはうねるようなギターリフに緊迫感のある雰囲気を醸し出すプレイで聴き手を引っ張っていくアグレッシヴなナンバー。重心の低い突進力のある楽曲ですな♪

7.Another Headless Ruler Of The Usedはややメロディックなギターリフにズカズカと叩きまくるドラミングがインパクトのある楽曲。焦燥感の感じられる独特なギターメロディはなかなか悪くないですな~(о´∀`о)

8.Widowedはアコギがメインになっている、1分半ほどの叙情的なインスト。

9.Enter Oblivionはここへ来てようやく落ち着いた雰囲気のある楽曲。ゆるやか~な空気のギターリフに、少しだけメロディをつけて歌っていくボーカルが加わるミドルテンポ・ナンバー。

10.The Last Of The Monumentsはわりとメロディ要素のあるカッコいいスピーディな楽曲。ここでようやくノーマルボイスによる歌唱が入ります。ギターソロも高速に弾きまくりでクールですな!

11.In The Name Of Us Allはノイズからまたもズカズカと激しくドラムが叩きまくり、ガムシャラに突っ走っていく疾走曲!後半はスピードを落としてまたノイズが入り終了。

12.Beneath It Sleepsはだんだんとバンドサウンドが入ってくる、アルバム中最も叙情性のあるギターリフで突き進むメロデス・ナンバー!あぁ、こういう曲がもっと聴きたかったな~(;´д`)終盤は静けさのあるエンディングを迎えます。

13.I Don't Want To Hear ItはMinor Threatというバンドのカバーで、明るい感じのノリノリなナンバー。原曲はもちろん知りませんが(汗)今作のアルバムの方向性に合った楽曲になっていますね。

14.Painkiller!!Judas Priestのカバーです。まさかこんな楽曲をカバーするとは!?なんだかハードコアなスクリームで歌われるとちょっと違和感があるなぁ~(笑)

ど、どうしてしまったんだ!?跳ねるような疾走感のあるギターと叙情的なメロディが持ち味だったDarkest Hourが、変わってしまった・・・!いや、初期の頃に戻ってしまったと言うべきか?ハードコアな曲調が思い切り前面に出ており、叙情的なメロディはかなりゴッソリと削がれてしまっています。前作で見られたクリーンボイスもほぼ無し。ここまで方向転換してくるとは、正直驚きを隠せません(>_<)これが今、メンバーのやりたい音楽なのでしょうか・・・!?まだあまり聴き込んでいないのですが、満足度としてはかなり低くなってしまいました。しかしもっとよく聴き込んでみたいと思います。でも、個人的にはハードコアは苦手なジャンルなんだよなぁ・・・うーむ(^_^;)
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Darkest Hour | 11:41 | トラックバック:0 | コメント:2
コメント
音楽性の変化はプロデューサーがハードコア畑出身のCONVERGEのギタリストのカート・バルーだからでしょうね
どんなバンドも明らかに音が変わってカート・バルーの音になります(笑

個人的には最高傑作だと思います
初期音源と名盤の2ndアルバムを足して割って更に重たくした印象を受けました
複雑な楽曲構成にまとうロウで甘すぎない独特のメロディーがいいですね

Darkest Hour の2ndとConvergeはマジでオススメです

Darkest Hour - The Hollow
https://www.youtube.com/watch?v=LTacx0a-VmA
darkest hour - so sedated so secure
https://www.youtube.com/watch?v=d9h3PRP-ceo
Darkest Hour - "Another Reason"
https://www.youtube.com/watch?v=SmLTvvF0cNw

Converge - Jane Doe
https://www.youtube.com/watch?v=zLRYREmJqho
2017.03.27 Mon 23:25 | URL | ハードコリア  [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ハードコリアさん

書き込みありがとうございます♪
プロデューサーが変わることでここまで変化が起きてしまうものなんですね!正直驚きました(^_^;)音源リンクまで貼っていただいて大変感謝しております☆これを機にハードコアにも手を出してみようかなぁ~と思います♪ありがとうございました(*´∀`)
2017.03.28 Tue 18:28 | URL | PONCH503  [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://ponch503.blog.fc2.com/tb.php/1072-cc626c72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR