音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

Destinity / Resolve in Crimson | main | Betraying the Martyrs / The Resilient
Overkill / The Grinding Wheel

1. Mean Green Killing Machine
2. Goddamn Trouble
3. Our Finest Hour
4. Shine On
5. The Long Road
6. Let’s All Go To Hades
7. Come Heavy
8. Red White And Blue
9. The Wheel
10. The Grinding Wheel
11. Emerald(ボーナストラック)
12. Sanctuary(日本盤ボーナストラック)

90/100

アメリカのベテラン・スラッシュメタルバンド、Overkillの18枚目のアルバムです!

もはや説明不要のベテランバンドですな!私は後追いのファンなのですが、前作、前々作と素晴らしくカッコいいスラッシュメタルを聴かせてくれました。個人的にはアルバム「The Electric Age」が一番好きですね♪今作もメチャクチャ期待して購入しました☆ライブ盤が付いてくる国内盤も気になるところですな・・・!!自分は安い輸入盤を予約したら、見事配送日が未定に(T0T)仕方なくMP3で購入・・・悲しい。

1.Mean Green Killing Machineはズンズンと腹に響くドラミングとザリザリしたギターリフでスタート、グルーヴィーでノリノリなリズムで進んでいくアップテンポ・ナンバーです♪殺傷力の高いクランチーなギターリフがとてもクール!ボーカルのカッコよさも相変わらずですな。中盤ではメロディアスに歌い上げる部分もあります。1曲目から7分超えの長めな楽曲。おまちかねのギターソロタイムはギャンギャンと狂ったように弾きまくるタイプ。どうせならもっと長く弾いてくれてもよかったのに・・・(笑)

2.Goddamn Troubleは重心の低いギターリフでダークなメロディを奏でていくスピード・チューン!早口でまくし立てるボーカルの歌唱が特徴的ですね。ストロングな印象のあるパワフルな楽曲ですな!ギターソロもピロピロとテクニカルに弾きまくりで非常にカッコいいです♪

3.Our Finest Hourはジャリジャリしたギターサウンドから始まり、ちょっとした明るさも感じさせるメロディがたまらないスラッシュ・ナンバーです。スピード感もまぁまぁありますね!キャッチーなコーラス・パートも入ります。ギターソロがまた切れ味抜群のシャープなものになってますね~(*´ω`*)

4.Shine Onはヘヴィネス重視のギターリフがメインで進んでいくミドルテンポ・ナンバー。ザクザクのギターサウンドが実に心地良いですな♪後半にはメロウで静寂さも感じさせるパートもありますね。そのあとはフラッシーなギターソロへとなだれ込みます!

5.The Long Roadはドラマティックなメロディのギターリフからピロピロと弾きまくる長めのイントロを経て、タフなギターが突如斬り込んでくるアップテンポな楽曲。こりゃあカッコいいな!最初はイントロが長過ぎてインストなのかと一瞬勘違いしましたが(笑)こういうギターサウンドをもっと!もっと聴きたい~!!滑らかに弾くベースもカッコよく、実に決まっていますなー!

6.Let’s All Go To Hadesはズルズルと引きずるようなギターから、またもストロングなギターリフからご機嫌に突っ走るスピード・チューン☆ボーカルの歌いっぷりもやはりスラッシュ・サウンドにピッタリな声質をしていますね!やっぱり好みなボーカルです(^_^)ややノイジーなギターソロは短いですが、カッコいいですな~。

7.Come Heavyは曲名からしてヘヴィネスたっぷりなスロー・ナンバーだろう・・・!!と思ったら、やけに明るいメロディで小気味良く進んでいく楽曲。まぁ、アルバムに1曲くらいこういうのがあっても良いでしょうかね。ギターもなにげに迫力があり、ベースも唸りまくっています。後半は一気にスピードを上げて高速ギターソロへ!この展開はニクい!!

8.Red White And Blueはザリザリな質感のギターリフでスタスタと爆走!!まさにスラッシュ・メタルな楽曲です♪気分爽快なギターにタイトで強烈なドラミング!やはりこういう曲がなくてはいけませんね。後半はスピードを落としますが、ギターがカッコ良すぎるので気になりませんな(*´∀`)その後は再び疾走!!実にクールです♪

9.The Wheelは非常にヘヴィネスのある重々しいギターで導かれ、テクニカルなドラミングから爆走開始!!クランチーなギターリフと緊迫感あふれる雰囲気がとてつもなくクールですなぁ♪アルバムの中でもかなりストレートに走りまくる楽曲ですね。ハイテンションで叫びまくるボーカルもイイね!そしてお待ちかねのギターソロへと続いていきます!うーむ、素晴らしい流れだ・・・。

10.The Grinding Wheelは8分近くある大曲。重量感のあるギターとドラムで進行し、ボーカルは気だるい感じでシニカルに歌い上げます。ずっしりと重さに重点を置いた楽曲ですね!中盤からはスピードを上げて爽快に突っ走ります!後半は薄暗くヘヴィな感じで、終わりを迎えます。

11.EmeraldはThin Lizzyのカバー曲。原曲は知りませんが、ミドル~アップテンポでなかなか明るい印象を受けましたね。ギターソロも弾きまくりで良い感じ。

12.SanctuaryはIron Maidenのカバー曲。こちらもちょっとした明るさのあるギターリフでドライヴィンに進んでいきます!原曲はやっぱり知らないんですけど、これはなかなかカッコいい!

今作も安心のクオリティですね!やはりベテランバンドだけのことはあります。ただ、今作はちょっとギターソロがおとなしめだったかな?もっとギャンギャン弾きまくってくれても良かったのになぁ~(^_^;)などと感じてしまいました。アルバムの最初と最後に大曲が配置されており、ボリューム的には大満足です♪でも、これらの大曲にはあまりハマれなかったかなぁ(苦笑)あんまり長すぎる曲は苦手なんですよね・・・。

しかし個人的にはこのバンドのアルバムでは「The Electric Age」が一番かなぁ~♪あのアルバムみたいにスピード感が高い、一気に駆け抜けていくような楽曲群はとてもたまらないものがありました。でも繰り返しになりますが、今作もバッチリ高品質なアルバムになっていると思います。

キラー・チューンは「9.The Wheel」ですね!この突進力とギターリフのカッコよさ、ドラミングのハデハデさはたまらないものがあります!!ベースもバキバキ鳴っててクールですな☆
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Overkill | 11:57 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://ponch503.blog.fc2.com/tb.php/1053-25a7b84a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR