音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

PRODUCT OF HATE / Buried In Violence | main | Resonecia / Sirene
Heaven Shall Burn / Wanderer

1. The Loss Of Fury
2. Bring the War Home
3. Passage Of The Crane
4. They Shall Not Pass
5. Downshifter
6. Prey To God
7. Agent Orange(Sodom cover)
8. My Heart Is My Compass
9. Save Me
10. Corium
11. Exterminatuon Order
12. A River Of Crimson
13. The Cry Of Mankind(My Dying Bride cover)

90/100

ドイツのメタル・コアバンド、Heaven Shall Burnの8thアルバムです。

私は初期の頃のアルバムは聴いたことがありませんが、このバンドはメタル・コア界の重鎮と言っても過言ではないのでしょうか!?重々しくヘヴィでありながら、叙情的なメロディもしっかりと取り入れている、とても素晴らしいバンドだと思っています。私は輸入盤のリミテッド・エディションを購入しました!今作も期待してます♪

1.The Loss Of Furyは遠くからだんだんとギターサウンドが迫ってくる、ヘヴィなミドルテンポの楽曲。アルバムのイントロ的なショートナンバーになっていますね。

2.Bring the War Homeはこれまたゴリゴリのギターリフに乗せてリズミカルに突き進むアップテンポ・ナンバーです!獣の咆哮のようなデスボイスがたまらん!!カッコいいなぁ~(*´∀`)叙情的なメロディも大胆に取り入れ、サビのパートではかなりの泣きっぷりを魅せています!

3.Passage Of The Craneはメロウなイントロでスタートし、その後強烈なシャウトが入ります!この曲でも実に古きよきメロデス風のメロディが散りばめられ、アグレッションと叙情性が見事に両立していますね~。女性ボーカルによる語りも入り、大変工夫がされていますね♪

4.They Shall Not Passは図太いギターリフの刻みから重戦車のごとく突き進んでいき、メロディアスなギターフレーズがバンバン入ってくるアグレッシヴなミドルテンポ・ナンバーです!泣きのメロディがまた美味しいですな☆またドラミングも非常にハデハデです。

5.Downshifterは珍しくデジタルな音から始まり、叩きつけるようなギターリフが続きざまに繰り出され緊迫感を高めます!ボーカルのシャウトとともに勢いをつけていき、ザクザクとした小気味良いリフで進んでいきますね~。壮大な雰囲気を醸し出すギタープレイは絶品!

6.Prey To Godはアグレッションたっぷりな爆走チューン!!このバンドにしてはかなりの疾走感ですな!少しするとスピードを落としてしまいますが、かなり勢いのある楽曲です。曲の長さは3分程度と短めになっています。

7.Agent OrangeはSodomのカバー曲です。原曲は聴いたことがありませんが、スラッシーなギターリフがノリノリでカッコいい!!ジリジリとした焦らすようなギタープレイにアタック感のあるドラミングがたまらんです!ギターソロの狂いっぷりも面白い☆

8.My Heart Is My Compassは寒々しい雰囲気のある1分くらいの短いインスト。

9.Save Meはどっしりとしたヘヴィリフで始まり、スピード感は抑え目にゆったりと・・・と思いきや、イントロのあとは爆走開始!!吐き捨てるようなボーカルの歌唱がクセになります♪スピード感もありギターソロも短いですがピロピロと弾きまくりです。

10.Coriumはノイズからだんだんと叙情的なメロディが入ってくる、ヘヴィなギターメインの雄大な楽曲です!アルバムジャケットを思わせるようなスケールの大きさを感じさせますね♪しかしギターもカッコよく、北欧的な叙情性に溢れたアップテンポ・ナンバーです。

11.Exterminatuon Orderはパタパタした軽快なドラミングから、細かい刻み系のギターリフで突き進んでいきます!メロディアスなギターがまた素晴らしいですな。ちょっと短めな楽曲です。

12.A River Of Crimsonはイントロから泣きまくりな激情のスピード・チューン!!北欧的なこの叙情的なメロディにはもう降参です(*´ω`*)終盤でもここまでテンションを維持できるとは、流石ですね!珍しく長めなギターソロも高ポイントです☆

13.The Cry Of Mankindは7分超えの長めな楽曲。My Dying Brideのカバーです。オルゴールのようなキラキラした音色から始まり、泣きのギターからヘヴィに展開していく、スローテンポな楽曲。アルバムのラストを飾る雄大な雰囲気がありますね。

今作は、前作をベースとしながらも、より一層北欧的な叙情メロディが取り入れられている印象を受けましたね♪楽曲の勢いもそこそこあり、泣き泣きなギタープレイは本当にカッコ良すぎます(;つД`)愚直なまでに姿勢を変えずに貫き通す、そのスタイルに感激☆この調子で次回作もお願いします!ますます人気が出そうな、そんな魅力の詰まったアルバムでした。

キラー・チューンは「12.A River Of Crimson」ですかね!北欧的な叙情メロディの強い今回のアルバムの中でも、特に哀愁を漂わせているまさにキラーな楽曲です!
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Heaven Shall Burn | 18:33 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://ponch503.blog.fc2.com/tb.php/1029-1445827b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR