音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

DGM / THE PASSAGE | main | Sirius Roar / Qualia
Revocation / Great Is Our Sin

1. Arbiters Of The Apocalypse
2. Theatre Of Horror
3. Monolithic Ignorance
4. Crumbling Imperium
5. Communion
6. The Exaltation
7. Profanum Vulgus
8. Copernican Heresy
9. Only The Spineless Survive
10. Cleaving Giants Of Ice
11. Altar of Sacrifice

87/100

アメリカのテクニカルデス・スラッシュメタルバンド、Revocationの6thアルバムです。

何となく名前は聞いたことのあるバントですが、購入するのはこれが初めてです。良いバンドは居ないものかとたまたまネットで「5.Communion」を試聴してみたところ、意外とメロディックな要素も感じられ、これは試しに買ってみる価値があるな!となかば衝動的に購入しました。最近はAmazonばかりで買い物してる気がします・・・(汗)

このアルバムは仄かにメロい部分もありつつ、基本はゴリゴリと押しまくる爽快感を兼ね備えた、高品質なテクニカルデス・サウンドとなっております!これは個人的にかなり気に入ってしまいました~(*´∀`)楽曲がだいたい4分台でコンパクトにまとめられているのもイイですな。

ちなみに11曲目はボーナストラックでSlayerのカバーだそうです。お恥ずかしながら、原曲は聴いたことがありません・・・(T0T)

1.Arbiters Of The Apocalypseは初っぱなからゴリゴリのギターリフで疾走しており、コレは1曲目からイイ感じだなぁ~♪と思いましたが、ボーカルがなかなか個性的。デスボイス、というよりはしゃがれた声をしており、メロディをつけて歌い上げたりなんかしてかなりビックリ!でもこれまた悪くない、好みのタイプです!ギターの方はソロパートでもテクニカルに弾き倒しており、掴みとしてはOKですな~。

2.Theatre Of Horrorはカンカンと金属音が鳴り響き、凄まじいドラミングとともに激しく突っ走る楽曲。メロディ要素はそこそこに、アグレッシヴで押せ押せなタイプのナンバー。しかしギターソロがかなりメロい!!北欧メロデスのクサさとはまた違った、モダンな印象の強いメロディで彩られています。

3.Monolithic Ignoranceはピーンと張り詰めた空気感がたまらないハードなスピード・チューン。歌うことを意識したボーカルの歌唱がここでも光っていますね♪呪詛的な怪しい歌唱なんかも披露したりして、アレンジの幅広さをアピールしてますな。そこでまたクールなギターソロの登場ですよ!!この流れはたまりません!

4.Crumbling Imperiumは不気味な印象のあるミドルテンポ・ナンバー。細かく刻んでいくギターに手数の多いドラミングと、いかにもテクデスっぽい感じがしますね。激しく唸るボーカルが素敵☆

5.Communionはネットで試聴して気に入った楽曲。メロいイントロからデスラッシュばりに爆走!!コレだよコレだ!このブチかます爽快感が気に入ったんですよ~♪ソロパートもこうして聴くとピロピロと弾きまくりでテクニカルなプレイを思い切り見せてくれます。ドラムの叩きまくり具合もド迫力で最高だー(*´ω`*)

6.The Exaltationは3分半ほどのインスト。ギターのハデハデなプレイに悶絶!前半はメロディックな印象があり、後半はテクニック重視な感じの充実感たっぷりなインストです。

7.Profanum Vulgusは不穏なムードを漂わせるギターリフに始まり、珍しくスローテンポかな?と思わせておいてスタスタと軽快に疾走を始めます。そこからスムーズに滑らかなタッチのギターソロへ繋ぎ、再びアグレッシヴに攻め立てます。ギアを入れて爆走パートに移る辺りのカタルシスがたまらん~!(;つД`)

8.Copernican Heresyはギャンギャン唸りまくるギターリフがカッコ良すぎるアップテンポ・ナンバー!押し引きの激しいドラミングが縦横無尽に暴れまわります!ギターソロも負けじとテクニカルな弾きっぷり☆かと思ったら突然曲が終わってしまった・・・ちょっと唐突?(^_^;)

9.Only The Spineless Surviveは重戦車のように押し潰すようなリフが中心のミドルテンポ・ナンバー。後半になるとボーカルの叫びとともにややスピードアップ。しかし基本的にはヘヴィな楽曲に仕上がっていますなー。

10.Cleaving Giants Of Iceは妖しさプンプンのメロディから始まり、ゆっくりとギターがリードしていきます。スピードはあまり無く、本編ラストは大人しめな楽曲でシメ。しかしギターソロの泣きっぷりはかなりのものです。

11.Altar of SacrificeはSlayerの名曲のカバー!・・・スイマセン知りませんでした(汗)本編では見せなかったストレートなスピード感は堪らないものがありますな♪イカれたギターソロもカッコいい!

偶然でしょうけれども、奇数ナンバーの楽曲がスゴく気に入りました☆(8曲目を除く。この曲は素晴らしい出来栄え!)

ゴリッゴリのメタリックなギターリフを中心に楽曲が組み立てられ、そこへ激しいドラミングが駆け回り、ボーカルの存在感もかなりのモノがあります。最初に思っていたほどメロい感じではありませんでしたが、それでもクールなテクデスをプレイしておりますね♪私みたいなメロディ重視な人間でも楽しく聴き通すことが出来て良かったです(*´ω`*)

キラー・チューンはやはり「5.Communion」!!メロディック・デスラッシュ・・・とまでは行かないまでも、このメロさと爽快感はやはりアルバム1番です♪
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Revocation | 18:43 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://ponch503.blog.fc2.com/tb.php/1004-a26acabe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR