音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

Naglfar / Pariah
Naglfar / Pariah


1. Proclamation
2. A Swarm Of Plagues
3. Spoken Words Of Venom
4. The Murder Manifesto
5. Revelations Carved In Flesh
6. None Shall Be Spared
7. And The World Shall Be Your Grave
8. The Perpetual Horrors
9. Carnal Scorn & Spiritual Malice
10. The Calling Blaze(ボーナストラック)

90/100

メロディック・ブラックメタルバンド、Naglfarの4thアルバムです。

1.Proclamationはノイズと唸り声がどんどん入ってくるイントロ。

2.A Swarm Of Plaguesは吹雪が吹きすさぶような冷たいメロディによるギターがカッコ良すぎる爆走チューン!デスボイスは吐き捨て型で迫力があり、かなり気に入りました☆ブラストビートも激しく、カッチリとしたドラミングを聴かせてくれます。最後の方はピアノが入ってボーカルの絶叫が。いかにもブラックメタルといった感じです。

3.Spoken Words Of Venomは前曲から切れ目無くスタート、スタスタとビートを刻む激しいドラムに、まさにメロブラといった感じのギターが主張する疾走曲!その悲哀に満ちたメロディは、荒涼とした大地が思い浮かべられるようです…!

4.The Murder Manifestoはアップテンポでスタート、邪悪な雰囲気たっぷりのメロディで進んでいきます。この曲は勢いよりもメロディ重視のようですな。呪詛的なつぶやくボーカルなんかも入ってきてますます暗い感じに。繰り返されるギターリフがインパクト大ですな~。

5.Revelations Carved In Fleshはストロングなギターと手数の多いテクニカルなドラミングで始まる、超カッコいいイントロ!ブラストビートに乗っかる噛み付かんばかりのボーカルと哀愁を帯びたメロディがたまりません!最後までデスラッシュ気味に突っ走ってくれます。

6.None Shall Be Sparedは叙情的なピアノが入り、スローに進むかな?と思わせてボーカルの叫びとともにブラストビートが!この展開は意外でした。でも爆走するわけでもなく、ミドル~アップテンポで進んでいく楽曲です。テンポをよく変えて行きますねー。

7.And The World Shall Be Your Graveは押し潰すかのような強力なギターリフにドラミング、鋭いデスボイスでスタートするスピード・チューン!なんというか、Dismemberみたいな雰囲気も部分的にはあるような気がします。でもこの冷たいメロディとブラストビートはメロブラならではの特徴ですね。ギターソロでは短めですがメロメロな旋律が!これはたまりませんね!その後もデスラッシュっぽい爆走パートを魅せてくれます。

8.The Perpetual Horrorsは凍てついたギターフレーズがフェードインしてくる、ミドルテンポ・ナンバー。アルバム通して数曲はこれくらいのミドルテンポ・ナンバーがあっても良いですね。疾走曲一辺倒でも私は大満足ですが…(笑)アルバムにメリハリを付けるということでしょうかね。テクニカルで滑らかなギターソロも聴くことができます。

9.Carnal Scorn & Spiritual Maliceはダークなメロディとブラストビートで爆走する、迫力満点な疾走曲です!なにやらノリの良いリズミカルなギターリフがメチャクチャカッコいい!途中からはテンポを落としてボーカルが喚き散らし、その後は再び爆走!凄まじい勢いで駆け抜けます。すごくドラマティック!最後は銃声?みたいな音で一瞬で終わります。

10.The Calling Blazeはボーナストラック。這いずるようなスロー・ナンバーです。音質もちょっと悪く、まぁボーナストラックといった感じですかね。本編のような激しさは無く、邪悪な雰囲気でじっくりと進んでいく楽曲です。…と思って聞き流していたら、後半はちょっとスピードを上げて展開していく感じの曲のようですな。

本当に気に入ったアルバムです!こんなにカッコいいのか!メロディック・ブラックメタルというのは…!衝撃を受けました。巷では3rdアルバム「Sheol」が最高傑作だと言われているようですが、コレでまだもっとカッコいいアルバムがあるのか!?信じられません…メロブラの世界は奥が深いですなぁ~。

キラーチューンは悩みまくりですが、オープニング・ナンバーの「2.A Swarm Of Plagues」か、アルバム本編ラストの「9.Carnal Scorn & Spiritual Malice」でしょうか。前者は猛吹雪のような冷たいメロディで爆走していくメロブラ・ナンバーで、アルバムの最初を飾るにふさわしい楽曲です。後者は意外にもノリの良いリズミカルなギターリフがカッコ良すぎます!!
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Naglfar | 13:54 | トラックバック:0 | コメント:0
Tyrant of Mary / Five, Regeneration
Tyrant of Mary / Five, Regeneration

1. Inferno
2. It's your fault
3. Into the void from hell
4. Crying bitch
5. Also,unaware of bleeding
6. Day of the dead
7. Betrayal is your sin
8. King of kill
9. Sleep town
10. Shout to the light

84/100

スラッシュ・メタルバンド、Tyrant of Maryの2ndアルバムです。

メロデスは国産のバンドをよく聴きますが、スラッシュはあまり聴いたことがありませんでした。試聴した限りではかなり良さげな雰囲気です!コレは期待♪

1.Infernoは渋いギターで始まる、ドラマティックなイントロ。

2.It's your faultはいきなりスタスタと爆走するスピード・チューン!ボーカルもスラッシュ・メタルっぽくて合っていますね。中音域で吐き捨てる感じです。メロディは控えめに、スラッシーに展開していきます。ピロピロと弾きまくるギターソロが圧巻!

3.Into the void from hellは前の曲から切れ目なくスタートするアップテンポ・ナンバー。ボーカルが入ると疾走を開始します!さっきの曲よりメロディ要素があって良いですな!高速ギターソロも聴きごたえがあります。

4.Crying bitchはタイトなドラミングからデスラッシュのように疾走するスピード・チューン。メロディックなギターフレーズが飛び出し、泣かせに来ますね!ギターソロもかなりメロディアスでカッコいい!

5.Also,unaware of bleedingはチリチリとした、焦燥感を煽る強力なギターでスタート、ブラストビートも入りアグレッションは満点!泣き泣きのギターソロも挿入されます。こりゃあカッコいい曲だなー♪ベースもブリブリ鳴っててインパクトがあります。

6.Day of the deadはちょっと正統派ヘヴィメタル的なギターリフで勇猛に進んでいくアップテンポ・ナンバー。コレも悪くないですな!ついついヘドバンしてしまう魅力がありますね。

7.Betrayal is your sinは激しいドラミングからスタート、アグレッションたっぷりに突っ走る強力なナンバーですね~☆ボーカルもデスボイスっぽい感じでとても攻撃的!後半はメロディックなギターリフも飛び出してきます。

8.King of killは細かいギターの刻みからまたもデスラッシュ気味に突撃していくスピード・チューン!ストレートに進んでいく良曲です。

9.Sleep townはイントロから激しく叩きつけるようなギターで始まる強烈な1曲!!こちらもデスラッシュっぽいですな~。ブラストビートっぽいものも飛び出してきます。

10.Shout to the lightはメロディックなギターリフと激しいドラムで勢いよく疾走するクールな楽曲です!

全曲がコンパクトにまとめられており、どの曲も勢いがあってスピーディです。アルバム後半が特に良い曲が多いですね~☆あっという間に聴き終えてしまうアルバムでした。曲間がほとんど無くて矢継ぎ早にスピード・チューンが繰り出されるので、スカッと聴き通せます。もうちょっとメロディアスだったらもう私好みなのですが(笑)それでもかなり質の高いスラッシュ・メタルをプレイしています。

キラーチューンは、アルバムラストを飾る「Shout to the light」ですかね~☆アルバムの中でもメロディにこだわりが見られる、素晴らしい曲です!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| TYRANT OF MARY | 18:46 | トラックバック:0 | コメント:0
Keep of Kalessin / Reptilian
Keep of Kalessin / Reptilian

1. Dragon Iconography
2. The Awakening
3. Judgement
4. The Dragontower
5. Leaving The Mortal Flesh
6. Dark As Moonless Night
7. The Divine Land
8. Reptilian Majesty

90/100

メロディック・ブラックメタルバンド、Keep of Kalessinの5thアルバムです。

個人的に苦手分野であるブラックメタルを克服するため、試聴して良さげなものを購入しました!まだまだブラック初心者なので勉強したいと思います♪

しかしブラストビートが苦手なのをどうにかせんとなぁ…(汗)

1.Dragon Iconographyはドラマティックな幕開けからだんだんとギターが入ってくるイントロに、その後ブラストビートでスピーディに進みます。なかなかリズミカルなギターの刻みがカッコいい!ボーカルはかなり迫力がある、個人的に好みのタイプです。ノリノリでメロディアスなギターリフがこれでもかと暴れまわる、最高のスピード・チューンですな!キーボードによる荘厳なアレンジもいい味出してます。

2.The Awakeningはアグレッシヴなギターから始まる緊張感のあるイントロ。こちらもドラマティックな雰囲気で、ブラストビート全開で突き進みます!ややキャッチーなギターリフがたまらん~!メタリックなドラミングも手数が多くて迫力満点ですね。シンフォニック気味なコーラスも入り、長い曲でもダレないように工夫が見られます。後半はスピードを上げて再び爆走パートへ!8分という長さを感じさせない、凝った曲展開ですね☆

3.Judgementは厳かな音色から実にヘヴィなギターが切り込んできます。スローに進んでいきますが、途中からブラストビートとギターで疾走開始!細かいギターの刻みが圧倒的ですね~☆ヘドバンを誘う中間パートがまたたまらなくカッコいいな!

4.The Dragontowerはストロングなギターでスタート、ジリジリと焦らすようなスローなテンポで進み、分厚いコーラスがとてもキャッチーですね。メロブラっぽく無いと言うか、アトモスフェリックなボーカルの歌唱に引き込まれていきます。ギターソロパートは滑らかに弾きまくっていますね!

5.Leaving The Mortal Fleshはイントロから激しいブラストビートとアツい咆哮でスタートする、スピード・チューン!高速ギターがドライヴするクールな楽曲ですね。ズカズカと爆走するパートが実に素晴らしい…!噛み付かんばかりのボーカルの叫びっぷりもイイ!

6.Dark As Moonless Nightは静かな音色から穏やかにスタート。これまでの楽曲とは雰囲気がかなり異なり、疾走したりはしないですね。ズルズルと引きずるようなギターと、ゆったりとしたドラミング。アルバムも後半ですが、ここで小休止ですかね。どうせなら爆走ナンバーを聴きたかったですが…(汗)コーラスでは雄大なスケールを描く歌唱が入ります。終始ミドルテンポなので、ちょっとダレるかなー?

7.The Divine Landは超カッコいいギターリフで始まり、ブラストビートとともに爆走開始!壮大なコーラスとともに進みます。疾走パートの切れ味鋭いギターが本当にクールです♪スラッシュ・メタルみたいな爽快感がありますね!

8.Reptilian Majestyは14分を超える大作。妖しげなメロディで始まり、さっそく爆走します!今まで以上に激しいドラミングは凄まじいの一言です。途中からテンポを落として、フンワリとした和やかな雰囲気が醸し出されます。若干プログレッシヴな展開を見せますね~。神々しいコーラスなんかも入ってきて、インパクト大ですな!その後はギターも主張し始めて、ミドルテンポでメロディを奏でます。10分過ぎた辺りから再び劇走する展開になっていますね。

コレは素晴らしい!曲数が少ないぶん1曲が長めですが、展開が練られていて冗長になることがありません。メロディック・ブラックの枠にとらわれない、シンフォニックな味付けやプログレッシヴな感じは、聴いていて引き込まれますね☆ブラストビートも、ちょっとキツかったですがそれ以上にカッコ良かったです!

キラーチューンは、オープニング・ナンバーの「Dragon Iconography」ですね!ギターがスラッシュっぽくてノリがよく、かつメロディックでカッコ良すぎ!

こりゃあ他の作品も聴いてみたくなりましたね~☆
どれから聴けばいいかなー。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Keep of Kalessin | 19:34 | トラックバック:0 | コメント:0
Dragon Guardian / ラグナロク~神々の黄昏~
Dragon Guardian / ラグナロク~神々の黄昏~

1. 神々の警告
2. 時空の旅
3. 血塗られた聖職者
4. 鬼祟り
5. ラグナロク
6. 古城への扉

85/100

Dragon Guardianの企画アルバムです。

あのLeo Figaroさんの声が聴けるならばもう即、購入するしかない!思いきりクサいメタルを期待してますぞー!!

1.神々の警告は雰囲気を盛り上げるシンフォニックで壮大なイントロ。

2.時空の旅は派手なドラミングから激クサなメロディで爆走するシンフォニックなスピード・チューン!ギターリフもメロディックでキャッチー♪飛翔系のメロディでコーラスに突入します。途中からテンポを落として、また再び疾走する展開ですね。弾きまくりなギターソロも最高です!

3.血塗られた聖職者はキラキラしたキーボードでスタートする、哀しげな雰囲気のある楽曲。イントロの後はアグレッシヴに爆走!!ボーカルの伸びやかな歌唱がとてもキャッチーですな~☆ソロではストリングスの美しい音色が。だんだんとギターが主張し、ミドルテンポにチェンジします。ラストはやはりギターが疾走して終了!

4.鬼祟りはデスメタルチックなゴリゴリとしたヘヴィなギターリフで始まります。そんな中でも輝きを放つボーカルの歌唱がイイ!リズミカルに進んでいくアップテンポ・ナンバーです。キラキラしたキーボードの美しい音色も良い味付けになっていますな。

5.ラグナロクは哀愁を漂わせるギターでスタートするスピード・チューン!力強いパワフルなボーカルの歌いっぷりが目立っています。なんか民族楽器みたいなのが使われていて、特徴的でイイと思います♪しかしラストは意外とアッサリ終わっちゃいますね(汗)

6.古城への扉はボーナストラックで、女性ボーカルであるMANAMI氏が歌っています。ピロピロと弾きまくるギターがカッコいい、勇壮な楽曲に、力強い女性ボーカルが乗っかります。

いやー、実に濃厚な一枚ですね。クサいメロディとスピードが凝縮された、とてもメロディアスなアルバムです。各曲がとても強烈にクサく濃いので、これくらいの曲数の方がピッタリなのかもしれませんね。

キラーチューンは、オープニング・ナンバーの「時空の旅」ですね!クサいメロディで疾走する楽曲にはもう文句ナシです♪

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Dragon Guardian | 13:55 | トラックバック:0 | コメント:0
VALTHUS / Tapestried Destiny
VALTHUS / Tapestried Destiny

1. Beginning of the rebirth
2. Cathedral
3. Pale Light
4. Voice in a Shell
5. Tears in Troia
6. Venus in the Eastern Morning Sky
7. At the Side of That River
8. An Aspect of Contradiction
9. To the Storm
10. Endless Masquerade
11. Rebirth

86/100

国産のメロディック・スピードメタルバンド、VALTHUSの1stアルバムです。

1.Beginning of the rebirthはなかなかストロングなギターで始まるアルバムのイントロ。キラキラしたアレンジも魅力的。

2.Cathedralは前曲に引き続きスタート、乾いたドラミングと疾走するギターがカッコ良すぎる!あまりクサすぎない、正統派パワーメタルな雰囲気があります。ザクザクと刻むギターが心地いい!ボーカルも中音域をメインに華麗に歌い上げます。サビメロの希望に満ちた感じがイイね♪ソロパートはハデに弾きまくり!!

3.Pale Lightはもストロングな正統派パワーメタル的ギターでスタート。アップテンポで進んでいきます。高音を張り上げるボーカルの声がまた魅力的。サビでは結構高めに歌い上げています。キーボードソロがテクニカルでたまらんですね!途中からスピードアップし、流麗なギターソロへと突入します!

4.Voice in a Shellも正統派的ギターで始まるアップテンポ・ナンバー。キラキラキーボードが相変わらずイイ仕事してますな~♪ボーカルは静かに歌い上げ、だんだんと力強い歌唱に移ります。微かに哀愁を感じさせるサビがクサい!!これは特に良い曲ですね。スピードに頼らずともメロディの良さで勝負してきます。ギターソロも聴き応え抜群!

5.Tears in Troiaはゴージャスな感じの派手派手なイントロ!大疾走するスピード・チューンです♪高音を出すボーカルの歌い上げるメロディが耳に心地いいですな。途中ではいったんスピードを落とし、華麗なメロディを歌い上げます。ここぞというところでベースもバキバキ唸っていますね!

6.Venus in the Eastern Morning Skyはドッシリとした重厚なイントロ。そこからゆっくりと進んでいくミドルテンポ・ナンバーです。中音域を操るボーカルの実力がいかんなく発揮されていますね!哀愁度がとても高い楽曲です。ギターソロもしっかり弾いています。

7.At the Side of That Riverはドラマティックなギターで始まる、パワフルなスピード・チューン!!これはカッコイイぞ!!煌びやかなキーボードと飛翔感のあるサビメロ!最高だー!!ギターもこれでもかと主張してきます。ソロパートでも派手に弾きまくり。キラーチューン候補ですね~♪

8.An Aspect of Contradictionはアグレッションのあるギターが目立っています。なんとなく中東的なメロディがところどころで顔を出します。勇壮なボーカルの歌唱がまた良い感じですよね~。キーボードもピロピロと弾きまくりです。

9.To the Stormは透き通るような音色からスタート、そのあと泣き泣きのギターが入ります。パワー・バラード的な楽曲ですね。それでも楽器隊はテクニカルにプレイしています。しかし本当にギターの泣きっぷりがスゴイ!

10.Endless Masqueradeはアグレッシヴなギターから始まり、勇敢なメロディでズカズカと進んでいく、ミドルテンポ・ナンバーです。ちょっとだけですがヴァイキングっぽさもあるかな?ドラマティックな曲展開を見せます。

11.Rebirthは激しいドラミングから哀愁をまとったギターで疾走!ボーカルも高音でハイトーンを繰り出し、アルバムラストを飾る豪勢な楽曲になっています。ゆったりとしたギターソロもメロディアスで美しい・・・!

これはまたカッコいいメロパワ・バンドですね!日本産というよりは、ヨーロッパのバンド的な雰囲気があります。かなり洗練されているというか・・・。ほとんどがスピード感のある曲で、ソロパートの充実っぷりも見事。ボーカルも非常に上手いと思います。日本からまた次々とクオリティの高いバンドが登場していっていますね☆

キラーチューンは、迷いましたが「Tears in Troia」ですね!美しい旋律で疾走する、メロディック・スピードメタルです!最高!!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| VALTHUS | 20:54 | トラックバック:0 | コメント:0
Solution.45 / Nightmares In The Waking State - Part I
Solution.45 / Nightmares In The Waking State - Part I

1. Wanderer From The Fold
2. Perfecting The Void
3. Bleed Heavens Dry
4. Winning Where Losing Is All
5. In Moments Of Despair
6. Second To None
7. Targeting Blaze
8. Alter (The Unbearable Weight Of Nothing)
9. Wield The Scepter
10. I, Nemesis

85/100

メロディック・デスメタルバンド、Solution.45の2ndアルバムです。

なんだか遠い昔に1stアルバムを発表して、それっきり音沙汰がありませんでしたが、ここへ来てニューアルバムが!クリスチャン・アルヴェスタムのボーカルが大好きな自分としては、かなり嬉しいです♪ただ1stアルバムは、個人的にはあんまり面白い作品ではなくて…ちょっと評価がしにくい点がありました(汗)今作こそは!と期待して購入しました。

1.Wanderer From The Foldは蠢くようなノイズから始まり、絶叫とともにドラミングが爆走するスピード・チューンです!クリスチャン・アルヴェスタムのデスボイスはいつ聴いても素晴らしいですな~☆そして曲の方もなかなか、いや、かなりカッコいい!モダンなメロディで装飾された楽曲はとてもキャッチー。コレは前作からかなりの進歩ですな!

2.Perfecting The Voidは唸るような音からズカズカと進んでいく、こちらもスピード感のある楽曲。ここへきてアルヴェスタムのクリーンボーカルが!最高だー!やっぱりトップクラスの実力を持っていますね。ギターソロはわりとゆったりと弾くタイプです。いかにもスカシンっぽい曲ですね。

3.Bleed Heavens Dryは重心の低いヘヴィなイントロから、クリーントーンのギターが爽やかにメロディを奏でるアップテンポ・ナンバー。ギターフレーズがいちいちカッコいい!(笑)この曲でもアルヴェスタムのクリーンボイスは良い感じですね♪

4.Winning Where Losing Is Allはイントロから怪しげなメロディでスタートするミドルテンポ・ナンバー。ヘヴィなバッキングにクリーンなボーカルが乗っかります。サビでは多少スピードを上げて歌い上げますな。なかなかの盛り上がりです。

5.In Moments Of Despairはキラキラとした音色に加えてアコギが入る、バラード調の楽曲。アルヴェスタムによるクリーンボーカルで曲は進みます。こうした曲がしっかり歌えるのも強みですな!

6.Second To Noneは凄まじいギターの刻みからスタートするカッコいい楽曲!冷やかでメカニカルな印象も受ける、アップテンポ・ナンバーです。

7.Targeting Blazeはクリーンなボーカルとデスボイスを行き来する、多彩なボーカルワークの発揮された楽曲。ギターリフはモダンな感じで、曲に合っていますね~☆

8.Alter (The Unbearable Weight Of Nothing)はまたもやアコギから…と思いきや、ウネウネしたキーボードの音色からズカズカとグルーヴィーに突っ走るスピード・チューンに!邪悪な雰囲気たっぷりに展開する楽曲です。

9.Wield The Scepterは、ゴリゴリとしたギターリフがカッコいいアップテンポ・ナンバー。グルーヴ感のある曲ですね。ギターの早弾きなんかも入ったりして、豪華になっています。

10.I, Nemesisは静かなイントロからドラマティックなギターが入る壮大な楽曲。ミドルテンポで、ゆっくりと進んでいきます。最後の曲にしてはちょっと退屈な感じだったかなぁ。

コレは、微妙な出来だった前作に比べれば、相当な成長を遂げたのではないでしょうか?相変わらずスピード・チューンはあんまりありませんが、クリスチャン・アルヴェスタムのボーカルにはやはり光るものがありますし、曲の方も多少改善されています。

今回のアルバムはPart 1らしいので、続編に期待したいですね♪キラーチューンは「Wanderer From The Fold」でしょうか。こういう曲をもっとください!(笑)

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Solution.45 | 23:16 | トラックバック:0 | コメント:0
2015年アルバムBEST10
第1位

Soilwork / The Ride Majestic

Soilwork / The Ride Majestic

エクストリーム・メタルの雄、前作に引き続き堂々の快作!!

2015年で一番聴いたアルバムではないでしょうか。ビョーンの歌唱力はとどまることを知らず、エモーショナルでとてもキャッチー!ギターリフもモダンな感じがしてカッコいいです!勢いがある楽曲が多いのもありがたいポイントですね♪そして各楽曲を支えるダークの激しいドラミング!前作を超えるのは難しいのでは…と心配していましたが、杞憂に終わりましたね。最高のエクストリーム・メタルです。


第2位

Stratovarius / Eternal

Stratovarius / Eternal

北欧メロディック・メタルの最高峰!?煌めくメロディに悶絶!

こちらもSoilworkと並んで聴きまくったアルバム。前作、前々作と質の高いメロディック・メタルを披露してきた彼らでしたが、今作で一気に飛躍しましたね!シンフォニックな味付けもあり、何よりメロディのクオリティが高過ぎる!北欧の情景が目に浮かぶようです(笑)


第3位

Thousand Eyes / Endless Nightmare

Thousand Eyes / Endless Nightmare

強力無比なアグレッションで突き進む!前作から更にグレードアップしています!

なんで1位じゃないんだー!?と、自分でも思います(汗)しかし上位の2枚が凄すぎて…。内容はというと、超カッコ良かった前作「Bloody Empire」をさらに超えてきた、本当に素晴らしいアルバムです。ブルータルな音の中にもキッチリと入れてくるメロディックなツインリード!コレは本当にたまりませんな!年間ベスト1位でもおかしくない、傑作です。


第4位

Galneryus / UNDER THE FORCE OF COURAGE

Galneryus / UNDER THE FORCE OF COURAGE

待ちに待った新作はバンド史上初のコンセプト・アルバム!漢ジャケから伝わる本気度は伊達じゃない!

前作は、バラエティ豊かなGalneryusの多様性を見せつけた素晴らしいアルバムでしたが、イマイチ突き抜けた感じがしませんでした。そしてこの今作はと言うと…!?とてもメロディアスでカッコ良いアルバムです。ストーリーの深さもさることながら、やはり楽曲群の充実っぷりが素晴らしい!!テクニカルかつメロディアスな必殺チューンがたまりませんな!レイズマイソー、Galneryus!!


第5位

Serenity In Murder / THE HIGHEST OF DYSTOPIA

Serenity In Murder / THE HIGHEST OF DYSTOPIA

劇走するアグレッションに美麗なシンフォニックアレンジ!コンパクトにまとめられた良作です。

これほど完成度の高いアルバムを発表してくるとは…!アルバムトータルで40分もいかない短い時間ですが、凄まじいアグレッションとスピードで駆け抜ける様はもうたまりませんな!このアルバムもかなり聴きまくりました。曲が短いから何度でも繰り返し聴きたくなりますね☆


第6位

GYZE / BLACK BRIDE

GYZE / BLACK BRIDE

日本ならではの泣き泣きなギターフレーズが目白押し!涙腺はもう崩壊寸前!

あのクサクサメロデス・バンドの新譜ということで、もう安心の出来映えですな♪とてもクサいギターフレーズがこれでもかとブチ込まれており、クサメロ疾走曲の連発です♪早くも次回作が気になるところです…!


第7位

Disarmonia Mundi / Cold Inferno

Disarmonia Mundi / Cold Inferno

なんでこの順位なんだ!?とにかく高品質なエクストリーム・メタルは今作もハズレではない!

私の大好きなバンド、Disarmonia Mundiのニューアルバム!もちろん期待大で購入し、相変わらずのクオリティでした。…が、今年は他のバンドの勢いに負けてしまっていますね(汗)内容の方も、ムンディ節が炸裂しており、とてもカッコいいのですが…。ムンディならまだまだやれる!という思いでこの順位になりました。


第8位

Cain's Offering / Stormcrow

Cain's Offering / Stormcrow

北欧の透明感溢れる叙情メロディック・メタル!哀愁度満点の楽曲群は正にハイクオリティ!

こちらもStratovariusの新譜に負けず、素晴らしいアルバムを提示してきましたね!なんというか、古き良きSonata Arcticaを彷彿とさせるような曲もあり、思わずニヤリとしてしまいました。コティペルトの歌唱はやはり好みです。ギターとキーボードで彩られるメロディが最高に素晴らしい♪


第9位

All That Remains / The Order Of Things

All That Remains / The Order Of Things

ほぼクリーンで歌われるメタルコアは、メロディに磨きをかけた渾身の一作!

グロウルに頼らず、クリーンボーカルを操りヘヴィでキャッチーな楽曲をプレイする彼ら。賛否両論あるようでしたが、私的にはぜんぜんアリですね♪メロディの質の高さは、とても作り込まれた気合いみたいなモノを感じるコトができます。


第10位

Shatter Silence / Shatter Silence

Shatter Silence / Shatter Silence

年末に投げ込まれた最新アルバム!アグレッシヴかつメロディアスなそのクオリティは、ジャパニーズ・メロデス界希望の星!

やはり年末は油断なりません!ここへ来て飛び入りのバンドが登場!コンパクトにまとめられたアルバムは、飽きること無く何度も聴き通したくなります♪ギタープレイもハデハデで、リフも多彩でカッコいい!日本のメロデスバンドの活躍っぷりが分かりますね!


[まとめ]
2015年は、2014年以上に悩みまくりな年間ベストでした。ベテラン勢が素晴らしいアルバムを発表したかと思えば、新進気鋭のバンドから強力なアルバムが産み落とされるという…嬉しい悲鳴でした。特に日本のメタルバンドの充実っぷりがスゴいですな♪メロディの良さではもう充分に突き抜けていますね!いま、特に日本のメロデス界が賑やかになっている気がします。

2016年はどんなメタル年になるんですかね~。まったく予想が付きませんが、海外&国内ともに、思いきり盛り上がると良いなぁと思います。あとはゆっくりメタルを聴く時間が欲しいところですな(T_T)

以下、惜しくもBEST10には入らなかったものの、特に印象に残った素晴らしいアルバム達をアルファベット順に掲載しておきます。
・AUGUST BURNS RED / Found in Far Away Places
・Bullet for My Valentine / Venom
・Children Of Bodom / I Worship Chaos
・CROSS VEIN / ROYAL ETERNITY
・DRAGON EYES / Prayer For The Sad Stories
・Ghost Cries / MELUM PRIMUS
・Lamb of God / VII: Sturm Und Drang
・Mardelas / Mardelas I
・Nightrage / The Puritan
・Orpheus Omega / Partum Vita Mortem
・Phantom Excaliver / 鋼鉄の誓い
・Rise To Fall / End Vs Beginning
・Solution.45 / Nightmares In The Waking State - Part I
・Soulfly / Archangel
・VEIL OF MAYA / Matriarch
・Volcano / Melt

うーむ、しかし我ながら点数が全然アテにならないな・・・(汗)もうちょっとよく考えて付けるようにしよう。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| 年間BEST | 15:00 | トラックバック:0 | コメント:2
| ホーム |

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR