音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

A Ghost Of Flare / Iris
A Ghost Of Flare / Iris

1. If I feel more pain...
2. Iris
3. There's no rose without a thorn
4. Cage
5. Fall asleep

83/100

国産のメタルコア・バンド、A Ghost Of Flareの2ndEPです。

1.If I feel more pain...はノイジーなイントロからシンフォニックなアレンジが入る短いイントロ。

2.Irisはキラキラした音色から穏やかに始まり、突如爆走を始めるスピード・チューン!!その後はちょっとスピードを落としますが、激しいドラミングもあり勢いは満点です!ブレイクダウンパートがカッコ良過ぎ~♪ボーカルもかなりの力量を備えていますね。

3.There's no rose without a thornはドッシリとした重厚なギターによるイントロ。図太いギターリフからアップテンポに進んでいきます。リズミカルでヘドバンしてしまいますね♪穏やかなシンフォニックアレンジもまた良し!!

4.Cageはシンフォアレンジが一層目立つイントロから、ゴリゴリとしたヘヴィなパートからスピードアップ!スタスタと軽快に疾走するカッコいい曲です。切なさも感じさせるボーカルの叫びがたまらんー!

5.Fall asleepは静かなストリングスから始まる、厳かな雰囲気のあるイントロ。こちらもシンフォニックに展開していきます。続いてスピードを上げ疾走、ブレイクダウンパートに移ります。ドライヴィンなギターが素晴らしいですね。ドラミングもタイトでテクニカルです!

前作のEPと比べると、明らかにパワーアップしていますね!全曲聴いていて爽快感があるというか、スピードがあってカッコイイです。ボーカルのブチ切れっぷりは言うまでもなく、ギターのカッコ良さ、ドラミングの派手さはかなりのものです。お得意のシンフォニックアレンジも楽曲をより豊かなものにしています。早くフル・アルバムが聴いてみたい!そんな期待の持てるバンドですね☆

キラーチューンは、「Iris」ですかね~。凄まじいアグレッションとシンフォニックなアレンジ、スピード感と、美味しいとこ取りです♪
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| A Ghost Of Flare | 11:10 | トラックバック:0 | コメント:0
Make My Day / Relentless
Make My Day / Relentless

1. RELENTLESS (INTRO)
2. FULL OF LIES
3. WHAT ARE YOU FIGHTING FOR
4. SICKNESS
5. TIME TO SAY GOODBYE
6. GET UP
7. TAKE CONTROL OF YOU
8. JEALOUS
9. ONCE
10. PAIN OF MARCH
11. LIFE

84/100

メタル・コアバンドMake My Dayの1stアルバムです。

日本のメタルコア・シーンは何気に活気づいておりますな!このバンドも、amazonのお勧めで知りました。試聴してみるとなかなか良さげ!国内バンドを発掘したい自分としては、即買いです!

1.RELENTLESSは緊迫感溢れるアルバムのイントロ。

2.FULL OF LIESはノリの良いリズムでズカズカと進み、すかさずエモーショナルな歌唱を見せつけるメタルコア・ナンバー。このクリーンボーカルはかなり好みです!ブレイクダウンで落とすところは落とし、そこから再びスピードアップ!王道的ですな。

3.WHAT ARE YOU FIGHTING FORはちょいとデジタルなアレンジからスタート。アップテンポで進み、サビはもちろんクリーンでキメてきます。壮大な感じさえするスケールがありますね。

4.SICKNESSはアグレッションたっぷりなイントロからかっ飛ばすスピード・チューン!たくましさも兼ね備えたクリーンボイスはやはり素晴らしい。

5.TIME TO SAY GOODBYEはミドルテンポでじっくりと進む楽曲。スクリームもなかなか迫力がありますな。リズミカルに刻むギターも良い感じ。

6.GET UPは喚き散らすボーカルがメインになっている楽曲。しかしサビではお決まりのエモいボーカルが入ります。

7.TAKE CONTROL OF YOUはテクニカルなドラミングから始まります。ブチ切れ気味のデスボイスがかなり強力です。ゴリゴリとしたギターで極悪に落とすブレイクダウンもあります。

8.JEALOUSは透明感のあるアレンジから、切な気なメロディで疾走します!エモい、実にエモいぞー!!ギターの方もかなり頑張っております。しかしピアノの音色がクサ過ぎる!

9.ONCEはいきなりサイバーな音色から始まる楽曲。デジタルなアレンジがかなり特徴的です。この曲でもクリーンなボーカルが目立っています。

10.PAIN OF MARCHは暗いピアノからスタート。遠くから響き渡るようなクリーンボーカルで曲は進みます。

11.LIFEはアルバムの最後の曲。アグレッシヴに爆走する楽曲です。疾走するメロディに合わせてクリーンボーカルが歌い上げるさまはもう完璧です!

なかなか質の高いメタルコア・バンドですね!何より武器になっているのはクリーンボーカルではないでしょうか。力強く、しなやかさも持ち合わせたかなりの実力なのでは!?ただそのぶん印象に残るギターリフがあまり無かったかなぁ・・・。でもここは今後改善されていきそうですね!デジタルなアレンジもなかなか個性的ですし、今後が楽しみなバンドです♪

キラーチューンは、何曲かお気に入りがありますが、特に気に入ったのは「SICKNESS」でしょうか。とにかくクリーンボーカルがカッコ良すぎる!!素晴らしいキャッチーさです。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Make My Day | 20:18 | トラックバック:0 | コメント:0
Roman so Words / Es
Roman so Words / Es

1.-Belcerious-
2.-Celestie-
3.-Falco-
4.-Mia-
5.-Claude-
6.-Sophia Rose-
i) Sophia Rose
ii) Fallen Angels
iii) Consciousness
iv) Overload
v) Demon Hunting
vi) Es
vii) Em

90/100

Roman so Wordsの6thCDです。

待ちに待ったRoman so Wordsの新音源です!5曲+1組曲入りで、しかも美しいフルカラーブックレット仕様!かなりの気合いの入りようですな♪収録時間も約60分とボリューム満点!こりゃあ期待です☆

1.-Belcerious-は厳かなコーラスから始まる、とても重厚なイントロ!続いて美しいメロディのギターフレーズが入り、ノリの良いリズムで可憐なボーカルが歌い上げます。サビでは軽やかに疾走し、キャッチーな旋律を奏でていますな♪ソロパートもギターとキーボードが弾きまくりです!

2.-Celestie-は儚げな音色から始まり、ボーカルが静かに歌うバラード調の楽曲…と思いきや、アップテンポで進む、静寂さもある曲ですね。ボーカルの歌いっぷりが特に素晴らしい!キーボードの旋律も曲を華やかに彩ります。

3.-Falco-はカッコいいギターがピロピロと弾きまくりなイントロでスタートする、激しいスピード・チューン!しかしボーカルは相変わらずキャッチーさがあり、たまりませんな~♪ギターフレーズも叙情的でかなり良いです。ギターメインの楽曲ですね。

4.-Mia-はオルゴールの音色からスタート、笛のメロディも入る穏やか~なイントロで、こちらはまさにバラードです。ボーカルの歌唱がなんとも言えない哀しさをたたえており、聴きいってしまいますね。最後もオルゴールで終了!

5.-Claude-は泣けるストリングスの音色から爆走するスピード・チューンですな!こりゃあイントロからメチャクチャカッコいい!ドラミングもスタスタと軽快な感じです。キラキラした装飾も美しい、たまらない一曲ですね。泣きまくりのギターソロも最高♪

さてお待ちかねの組曲6.-Sophia Rose-です!

i)Sophia Roseはポロンポロンと綺麗な音色から始まり、ボーカルが優しく歌い上げます。ピアノも入り、壮大な雰囲気を醸し出します。

ii)Fallen Angelsは突如としてダークな雰囲気に。オルガンの厳かな音色からシャープなギターが入るカッコいいパートですな!このザリザリとしたギターがまた特徴的です。キーボードも負けじとアレンジを加えてきます。

iii)Consciousnessは更に暗い感じの、おぞましい雰囲気のメロディが。パワフルなボーカルの歌唱が一層目立っています。ヴァイオリンの旋律がとても悲しい…(泣)

iv)Overloadは泣き泣きのギターフレーズからスタートし、ピアノが舞いスピードアップ!きらびやかなキーボードのアレンジに加え、ギターもかなり弾きまくっておりますな!

v)Demon Huntingはシンフォニックなイントロから爆走する、激しいスピーディな楽曲です!ボーカルが入ると多少テンポを落としますが、サビでは大疾走!哀愁をたたえた泣ける一曲ですね~。

vi)Esはボーカルの哀しげな歌唱がより一層フィーチャーされた楽曲。アップテンポでこちらもスピーディに展開していきます。組曲のクライマックスを迎える曲ですな!ギターソロも叙情的で美しいメロディを紡いでいきます。

vii)Emは組曲のラスト。優しげなボーカルが歌い上げる、哀愁度のある短い楽曲。これで組曲は終了です。

これは非常に素晴らしい作品ですね!ボリューム満点で、組曲も非常に聴き応えがあります。この完成度の高さには驚きましたね。作品全体を包み込む叙情的で、哀しげな雰囲気がたまらなく気に入りました。 統一された楽曲群はどれも隙が無く、特にスピード・チューンにはノックアウトされましたね!とても長く付き合えそうな作品です☆

キラーチューンは非常に悩みますが、5.-Claude-ですかね。ギターのカッコ良さには参りました!でも他の曲も捨てがたい…。まさに捨て曲無しの作品ですね♪

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Roman so Words | 13:14 | トラックバック:0 | コメント:2
Beartooth / Disgusting
Beartooth / Disgusting

1. The Lines
2. Beaten In Lips
3. Body Bag
4. In Between
5. Relapsing
6. Ignorance Is Bliss
7. I Have a Problem
8. One More
9. Me In My Own Mind
10. Keep Your American Dream
11. Dead
12. Sick and Disgusting

86/100

ハードコア(メタルコア?)バンド、Beartoothの1stアルバムです。

このバンドは、Amazonでオススメされたので試聴して聴いてみると、なかなかにメロディアスな楽曲が!コレは期待できる!と即ポチりました。ジャンルはよく分からないんですが、ハードコアになるんですかね~?

1.The Linesはハードなギターからシャウトに繋がるイントロ。カッコいいクリーンボイスでサビを歌い上げるさまは圧巻!またギターリフもヘヴィでメロディアスです。

2.Beaten In Lipsはボーカルの叫びからスピーディに始まります。クリーンボイスがまたエモーショナルでいいですね!ゴリゴリ言っているギターも良い感じです。

3.Body Bagはストロングでグルーヴィーなギターがカッコ良すぎ!激しくシャウトするボーカルも負けていませんね~。スピード感のあるサビなんて最高!この曲は特に気に入りましたね。

4.In Betweenは遠くから響くボーカルから始まるアップテンポ・ナンバー。ポジティヴで明るめなメロディがたまりません!

5.Relapsingはノリノリのギターからスタートする楽曲。サビではもちろんエモいクリーンボイスが炸裂します。キレた感じのギターも特徴的ですな。

6.Ignorance Is Blissは一層ゴリゴリしたカッコいいギターリフで進むタフな印象を持つ一曲。サビメロもパワフルでキャッチーさがありますな♪後半は狂ったように爆走するパートも!

7.I Have a Problemはこれまでとはうって変わって、ミドルテンポから始まる楽曲。しかし徐々にスピードを上げていきます!疾走感あふれるサビでの歌唱はやはりイイですなぁ。

8.One Moreはタフなギターリフで始まります。これまでと違いメロディに重点が置かれ、スピードは控えめですね。それでも爽快感は失われていませんが・・・。

9.Me In My Own Mindは重心の低いダークなギターリフが特徴的です。ドカドカと疾走し、アグレッション重視で進んでいきます。漢臭いコーラスがたまらん!

10.Keep Your American Dreamはノリノリのアップテンポで進んでいく、キャッチーさを前面に出した楽曲。後半には派手に落とすブレイクダウンパートもあります。

11.Deadはボーカルの掛け声とともに爆走!!実にアグレッシヴです!ヘヴィネスたっぷりでとてもクールですな。

12.Sick and Disgusting。ここで久しぶりにミドルテンポでゆったり進む楽曲が来ましたね。

素晴らしい出来栄えのメタルコアですね。ほとんどの曲がパワフルに疾走するので、アルバム一枚もあっという間に聴き終えてしまいました。また、ボーカルがとにかく上手くて、シャウトからエモーショナルな歌唱まで、とても気に入りました☆またギターもここぞというところでメロディアスに弾いており、こちらも隙がありません!

キラーチューンは「Body Bag」でしょう!とてもメロディアスかつスピーディ!!カッコ良すぎる一曲です。他にも良曲がたくさんあり、選ぶのに苦労しました。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Beartooth | 10:12 | トラックバック:0 | コメント:0
Nameless One / 黎明を告ぐ者
Nameless One / 黎明を告ぐ者

1. Wind of Ether~エーテルの福音~
2. 黎明を告ぐ者
3. 紫電のセンチュリオン
4. 静寂の森、極光の空
5. 灼熱のジャガーノート
6. 蒼い羽衣と一角獣
7. 禁忌の園に咲く花
8. アダマンタイトの蹄鉄
9. 勇進のゲイレルル
10. 月影を映して
11. 旅人のトロイメライ

87/100

メロディック・デスメタルバンド、Nameless Oneの1stアルバムです。

コレはほぼジャケ買いですな!なかなか美しいジャケットで、それでいて音楽性はメロデスと言ったら、買わずにはいられません!これはコンセプト・アルバムのようで、ファンタジーな感じの世界観なんでしょうか。期待できるな~!

1.Wind of Ether~エーテルの福音~は笛の音とアコギでだんだんと盛り上がるアルバムのイントロ。

2.黎明を告ぐ者は緊迫感溢れるギターでスタートするスピード・チューン!いきなり泣き泣きのツインリードが炸裂します!コレはクサい!いいぞー、たまらんです!デスボイスはちょっと弱々しさも感じられますが、そこまで気になる点ではないですね。とにかくツインリードの奏でるエピカルなメロディにノックアウトです。ギターソロもメロディ重視ながらテクニカルさも備えたカッコいいものになっています!

3.紫電のセンチュリオンはイントロからブラストビートでブラックメタル的に爆走!ギターリフが正統派っぽく勇ましい感じがして、こちらも良曲ですなー!ギターソロも勇敢なメロディを紡いでいく、素晴らしいものになっています。

4.静寂の森、極光の空はどっしりとしたヘヴィなギターでスタートするミドルテンポ・ナンバー。…と思いきや、ブラストビートが入りズカズカと疾走!デスボイスも多様な歌い方を持っているようですね。途中からはスピードを落とし、ヴァイキング的なフィーリングもありますな。

5.灼熱のジャガーノートはテクニカルなドラミングで始まり、ギャウギャウと唸るデスボイスが乗っかるスピード・チューンです。メロディの良さはやはり変わりませんね!ギターソロは超ド派手にピロピロと弾きまくりです。こちらもエピカルなメロディでギターが目立ちまくり♪

6.蒼い羽衣と一角獣はヘヴィなギターがカッコいい!なんとなくイントロはアチエネっぽさを感じましたね。ギターメインのヘヴィネスたっぷりなアップテンポ・ナンバーです。

7.禁忌の園に咲く花はミドルテンポで勇壮に進んでいき、ドスの効いた低音のデスボイスが入ります。正統派的なギターフレーズが良い感じですな。こちらもヴァイキングっぽさが感じられます。

8.アダマンタイトの蹄鉄はボーカルの咆哮とともにスピーディに進むカッコいい楽曲。アグレッシヴさがありますな♪ドラミングもスタスタと軽快に叩いておりますね~。テクニカルにピロピロと弾くギターソロも圧巻!

9.勇進のゲイレルルは、かなり正統派メタル寄りの楽曲で、アップテンポで進んでいきます。叙情的なギターフレーズがこの曲でも目立っていますな。

10.月影を映しては、劇泣きなギターがゆっくりとメロディを奏でるミドルテンポ・ナンバー…と思わせておいて、疾走し始めます!テンションの高い楽曲ですね~☆そこかしこで聴かれる泣きのギターが良い!ピロピロとした高速ギターソロはカッコ良さ抜群!途中からはアコギで渋くキメてきます。7分超えとちょっと長めの曲ですね。

11.旅人のトロイメライは、最後はしっとりと行くかと思いきや、アグレッシヴに疾走します!メロデスなギターリフが素晴らしいですな☆ラストを飾るにふさわしいド派手でカッコいい楽曲です!

満足は出来ましたが、ちょっと惜しい作品ですね。序盤の数曲はもうガッツポーズものにカッコいいものだったのですが、その後ちょっとだけ失速している部分がチラホラ…(汗)途中で少し中弛みしてしまっているような。ツインリードによる泣けるギターも、パワー不足かな?と思うところが少しですがありました。しかし基本的には素晴らしいメロディを聴かせてくれるのでそんなに大きな問題ではないでしょうか。序盤の勢いを殺さず、もっとスピーディな楽曲が中盤にあるとなお良かったかなぁ。でも1stでこの完成度には満足です☆

キラーチューンは、もちろん「黎明を告ぐ者」ですな!クサ過ぎるツインリードがあまりにもカッコ良すぎる、素晴らしいオープニング・ナンバーです!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Nameless One | 13:17 | トラックバック:0 | コメント:0
Bring Me The Horizon / That's the Spirit
Bring Me The Horizon / That's the Spirit

1. Doomed
2. Happy Song
3. Throne
4. True Friends
5. Follow You
6. What You Need
7. Avalanche
8. Run
9. Drown
10. Blasphemy
11. Oh No

85/100

デスコア(?)・バンド、Bring Me The Horizonの5thアルバムです。

なんという手抜きジャケ・・・!!と思って中を見ると、ブックレットの表紙は悪趣味なカラフル模様(汗)各ページはパステルカラーで色分けされています。曲名もシンプルなものになり、一体どんな音楽性なんだ!?と疑問ばかり・・・・。とりあえず、恐る恐る再生ボタンをポチリ。

1. Doomedは何やら呟くようなボーカルから始まり、妖しいメロディを奏でています。ミドルテンポで、じっくりと進んで行きますな。サビメロではとても力強いボーカルのスクリームを聴くコトができます。しかし曲全体に広がる、なんというか終末感みたいなものは一体何なんだろう・・・!?かなり雰囲気モノになりましたね。でもスクリームしているメロディは結構気に入りました。

2. Happy Songはイントロからゴリゴリとしたギターリフで始まり、こちらの曲でも呟くボーカルからスタートするミドルテンポ・ナンバー。メロディがとても独特で、個性的ではありますね・・・!ヘヴィネスもそこそこに、不気味な雰囲気で包まれています。

3. Throneはピコピコした音から始まり、ようやくアグレッションの感じられるギターが!しかしボーカルはかなりの表現力を持っているようですね。なかなか気に入りました! 静けさの中にも力強さが備わっています。この曲はけっこう気に入りましたね。後半は例によって静寂のパートがあります。しかしメインのメロディセンスは良い!

4. True Friendsはクリーンなボーカルから始まる重々しいミドルテンポ・ナンバー。サビメロも中毒性があり、軽快なドラミングとともに進んでいきます。このキャッチーな歌唱はハマるとたまらないものがありますな・・・!

5. Follow Youは不思議な効果音から静かに始まる、スローテンポ・ナンバー。悲壮感を漂わせるボーカルの歌唱もここまで来ると、結構慣れてしまいますね(笑)途中からは盛り上がりを見せますが、再び静寂なパートに。ふんわりとしたムードが特徴的。

6. What You Needはだんだんと音がフェードインしてくる、なにやらハードロック的なフィーリングのギターが。ここまで来るとデスコアの欠片もありませんね(笑)まぁ今作に限った事ではありませんが・・・。途中から入るスクリームはやっぱりカッコいい♪コレもまたなかなか良い曲ですな~。なんとギターソロ的なものまで飛び出します!

7. Avalancheは比較的アグレッシヴなギターで始まるアップテンポ・ナンバー。つぶやきボイスはもうお決まりなんですね。いや、こういう歌い方も嫌いではないですね。サビメロは壮大なスケールのある、ダイナミックなものとなっています。

8. Runはピコピコなサウンドとともにボーカルが入る、スローテンポ・ナンバーです。サビメロで爆発するスクリームなんかはかなりカッコイイんですけどね~。哀しげな、哀愁漂うメロディがメインになっていますな。

9. Drownはいきなり明るめなメロディで始まる、比較的ノリノリな楽曲。ピアノも入り、ダイナミックなサビへと繋がります。コレもかなり良曲ですね♪重厚なコーラスパートがまたたまらんです!

10. Blasphemyはヘヴィなギターでゆったりと進むスローテンポ・ナンバー。しっとりとしたボーカルの歌いっぷりが目立っています。ソロパート的な中間部分では和やかにギターを弾いていますね。

11. Oh Noは底抜けに明るいメロディでスタートする、アップテンポ・ナンバー。何かもうどういうジャンルなのかよくわかりません(汗)でもメロディの質の高さは伝わってきますね!ポジティヴな印象も多少ですがあります。

うーむ・・・前作「Sempiternal」はまだ付いて行くことができたんですが、今作はもう針が振り切れていますね(笑)呟くような静かなボーカル、サビメロあたりでところどころ顔を出すスクリーム、メロディや雰囲気重視のギターサウンド・・・ドラミングも大人しめですね。最初聴いたときは「???」だったのですが、変化を受け入れると、これまたなかなか良い感じ。アルバム全編を覆う儚いメロディ、哀愁の雰囲気はかなりのモノです。こうなってくると次回作はどんな物になるのか、今からちょっと興味津々です。

キラーチューンは・・・正直どれも似たような感じの曲が多いですが、中でも良かったのは明るいメロディが耳に優しい「Oh No」ですかね。「Drown」のノリノリ感も捨てがたいですな・・・!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Bring Me The Horizon | 18:45 | トラックバック:0 | コメント:0
Born of Osiris / Soul Sphere
Born of Osiris / Soul Sphere

1. The Other Half of Me
2. Throw Me in the Jungle
3. Free Fall
4. Illuminate
5. The Sleeping and the Dead
6. Tidebinder
7. Resilience
8. Goddess of the Dawn
9. The Louder the Sound, the More We All Believe
10. Warlords
11. River of Time
12. The Composer

86/100

プログレッシヴ・デスコアバンド、Born of Osirisの5thアルバムです。

このバンドは3rdアルバム「The Discovery」で初めて聴きました。最初は取っ付きにくかったものの、何度も聴いているうちにその展開の妙にハマっていきました!今作は最新アルバムということで、かなり期待して購入!

1.The Other Half of Meは不気味な効果音から始まり、ヘヴィリフが入るミドルテンポ・ナンバー。かなり迫力のあるデスボイスで素晴らしい…と思っていたら、なかなかメロディを付けた器用な歌い方を披露してくれますね!キラキラしたアレンジも雰囲気を盛り上げます。シンフォニックな味付けもなかなか。ギターソロは実にテクニカル!

2.Throw Me in the Jungleはスクリームが交差するフンワリとしたミドルテンポ・ナンバー。サビメロはなかなかにキャッチー♪オリエンタルなメロディがクセになりそう!中盤ではプログレちっくなテクニカルな展開が。メロディを付けて歌うボーカルはかなり気に入りました☆

3.Free Fallはだんだんとギター音がフェードイン、ピロピロとギターが弾きまくりな楽曲です。この曲でもキラキラとしたアレンジが目立ちますな。ザクザクとしたギターの刻みがイイ!ラストはなにやらアトモスフェリックな感じに。

4.Illuminateはノイズからスタート、だんだんとバンドサウンドが入ります。しゃがれたスクリームがメインで進んでいきます。サビメロではスクリームとクリーンの中間くらいのボーカルがメロディを歌い上げますね。コレはなかなか良い感じ!こちらもオリエンタルなメロディですな。

5.The Sleeping and the Deadはドライヴィンなギターリフがカッコいい!ドラミングもズカズカとインパクトがあります。ちょっとメカニカルな雰囲気もありますかね。サビメロでは急に加速しボーカルがクールな歌唱を見せつけます!途中からヘヴィなパートになり、曲は終了です。

6.Tidebinderは何か話し声から始まり、スローなテンポでメロディを紡いでいく楽曲。キーボードのアレンジが特徴的!そして力強いボーカルがたまらんですね~♪メロディアスなギターも見逃せませんな。

7.Resilienceは荘厳なイントロから、ピロピロ弾きまくりなギターとスクリームでスタートするミドル~アップテンポ・ナンバー。クリーンなギターサウンドが心地良いなぁ~♪ブラストビートも飛び出し、なかなかのアグレッションですな。

8.Goddess of the Dawnは暗い感じのメロディから始まり、激しいドラミングとともに進むミドルテンポ・ナンバーです。多彩なボーカルワークが実に効果的になっています!シンフォニックなキーボードもイイねー。

9.The Louder the Sound, the More We All Believeはきらびやかなキーボードから始まる、これまでとはちょっと雰囲気が違う楽曲ですね~。ドスの効いたスクリームメインでどっしりと展開していきます。

10.Warlordsはピアノの音色からスタート。淡々とした雰囲気ですね。途中からはノイジーなパートがあり、スクリームも絡んでカッコいい!フラッシーなギターソロも良いねぇ。

11.River of Timeはこれまた荘厳で、おごそかな雰囲気を醸し出すイントロ。プログレちっくなギターリフに加えて、強力なドラミングが目立っています。柔らかなキーボードの音色もかなり気に入りました☆

12.The Composerはアルバムラストの楽曲。ミドルテンポでゴリゴリとしたギターで進みます。最後にしてはちょっと地味目な楽曲かな…(汗)しかしスペーシーなアレンジはここでも顔を出します。後半はダンサブルなメロディを聴くことが出来ます。

今作もまた、個人的に聴き込みが必要なアルバムですね(汗)しかしやはり今作も中毒性というか、ついつい聴き入ってしまう魅力があります。今作ではクリーン…とまではいかないですが、ノーマルボイスっぽい歌唱も加わり、ますます楽曲のアレンジが広がっていますね。あとはもう少し疾走感があると嬉しいなぁ~。

キラーチューンは、これまた選ぶのが難しい…。オープニング・ナンバーの「The Other Half of Me」が一番インパクトに残ったかなぁ。まだまだ聴き込みが必要ですね。どうしてもどの曲も最初は似たような感じに聴こえちゃうんですよね…(汗)

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Born of Osiris | 19:32 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR