音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

EYECONOCLAST / Drones Of The Awakening
EYECONOCLAST / Drones Of The Awakening

1. Proclaiming From Dead Dimension
2. Rise Of The Orgamechanism
3. Dawn Of The Promethean Artilect
4. Anoxic Waters
5. Sharpening Our Blades On The Mainstream
6. Obsolesced
7. Hallucinating In Genetic Disarray
8. XXX - Manifest Of Involution
9. Mother Genocidal Machine
10. Invoking Carnage (Racing Blind)
11. Executioner (Slayer Of The Light)

85/100

イタリアのメロディック・デスラッシュバンド、
EYECONOCLASTの2ndアルバムです。

イタリアはなんかメロスピとかそっちのイメージが強いのですが、デスラッシュとはなかなか珍しいのかな?The Crownの名曲をカバーしているということで興味津々!しかし曲のタイトルがちょっと長過ぎ…(笑)

叫び声から始まりブラストビートでかっ飛ばす1.Proclaiming From Dead Dimension。非常にアグレッシヴな楽曲ですが、ノリの良さもありなかなかカッコいいですね~。キレキレのギターソロも良い感じ。続けざまに強力なドラミングで始まる2.Rise Of The Orgamechanism。実に攻撃的ですな。ギターソロがいちいちカッコいい!(笑)シャウトしまくるボーカルがとてもクールな3.Dawn Of The Promethean Artilect!コレはかなりの良曲ですな。リズミカルな部分もありノリノリです♪このボーカルはしゃがれた感じの声で好みのタイプですね~。突進するのは一旦小休止の4.Anoxic Waters…と思いきやブラストビートでまたも爆走開始!曲の途中でいきなり差し込まれる叙情的なギターフレーズにグッと来ますね。機械音から始まる5.Sharpening Our Blades On The Mainstreamはこちらもスタスタと疾走していくスピードチューン!相変わらずバカスカと突進しています。この曲はまぁまぁかな…。6.Obsolescedは軽快に疾走する楽曲で、ひたすらブラストビートが続き、その後はリズミカルなパートにもなります。メロディックなギターも入り楽曲を盛り上げますね。邪悪なイントロから派手なドラミングに移る7.Hallucinating In Genetic Disarray。今までと比べると多少ですがスピードが落ちたかな…(汗)8.XXX - Manifest Of Involutionはノリノリな部分もある爆走ナンバー。これくらいが丁度いいかなぁ~♪高速ドラムとキレたギターソロがたまらんです!アグレッションたっぷりに疾走する9.Mother Genocidal Machine。コレもなかなかの良曲です!泣きのギターも入り叙情的な面も見せてくれます。10.Invoking Carnage(Racing Blind)はノリノリのロックンロール的なフィーリングも僅かながら感じられる楽曲。メロディックなギターフレーズも飛び出します♪11.Executioner(Slayer Of The Light)は言わずと知れたThe Crownの名曲のカバー。カッコ悪いワケがない!わりと違和感の感じない、原曲に忠実なカバーですね。

まず、なんというか…ブラストビートが苦手な自分の耳をどうにかしないとダメですね(笑)凄まじく手数の多いドラミングに耳が耐えきれませんでした…(涙)まぁでもこのアルバムはまだ聴けた方ですね。激しくカッコいいデスラッシュ・バンドですな☆

キラーチューンは、なんかどれも似たようなタイプの楽曲が多いので難しいですが、「Dawn Of The Promethean Artilect」が一番気に入りましたね!
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| EYECONOCLAST | 17:31 | トラックバック:0 | コメント:0
Serenity In Murder / THE HIGHEST OF DYSTOPIA
Serenity In Murder / THE HIGHEST OF DYSTOPIA

1. Overture
2. Noticed This Is The Betrayal
3. All Behind You Are Enemies
4. Hurt Of Virtue
5. Martyr For An Age
6. Nocturnal Damned
7. Malefic Religion In Our Abyss
8. Await Me Your Oath
9. Under The Spell
10. The Highest Of Dystopia
11. The Rule

93/100

国産のシンフォニック・デスメタルバンド、Serenity In Murderの2ndアルバムです。

1stアルバムが各所で絶賛されている、国産シンフォニック・デスメタルバンドの2ndアルバムです!今回も超期待して購入しました!早くも名盤という声も上がっており、コレは楽しみですなー♪

壮大なサウンドでアルバムの幕開けを告げるインストの1.Overture。そのまま続いてスタートする2.Noticed This Is The Betrayal!硬質的なドラミングと哀愁をまとった実に叙情的なギターリフが最高にカッコいい!随所でピアノが入り冷ややかな北欧のイメージがありますね。ボーカルのデスボイスも迫力満点です。ギターソロは高速に弾きまくりでコレも良し!ブラックメタル的な雰囲気を持つ3.All Behind You Are Enemiesはブラストビートも飛び出すブルータルな一曲です。いったんブレイクダウンのように落とすパートもあり、曲展開も凝っています。4.Hurt Of Virtueはキラキラしたシンセが素敵なスピードチューン。サビで奏でられているギターフレーズがまたクサい!スタスタと軽快に疾走する、こちらも良曲です。ギターソロもメロディアスに弾きまくり!透明感のあるシンセから始まる5.Martyr For An Age。激しいドラミングからシンフォニックに疾走します。ドラマティックなメロディがインパクト大!そしてこの曲でも高速ギターソロが!たまらんですね~。泣き泣きなギターによるイントロから、シンフォアレンジが装飾する6.Nocturnal Damned。低音のデスボイスに加え、クサ過ぎるギターフレーズがとても叙情的で大変なことになっています!ギターソロも速すぎ且つカッコ良すぎです!あまりの素晴らしさに悶絶!シンフォニックかつアグレッシヴな7.Malefic Religion In Our Abyssはマシンガンのようなドラミングがド派手な楽曲です。途中でテンポを落として、呟くようなボーカルが入ります。その後は再び疾走!この楽曲のギターソロがまた絶品です☆哀愁を漂わせるギターが良い感じのイントロの8.Await Me Your Oath。この曲はこれまで以上にメロディアスですな!ザクザクと刻んでいくギターリフがカッコ良すぎです。もちろんギターソロは泣きまくりですね。壮大でドラマティックなイントロの9.Under The Spellはちょっとホラーチックなメロディでブラストビートも入るスピードチューン!ゆったりと奏でるギターソロが耳に優しいです(笑)アルバムタイトルトラックの10.The Highest Of Dystopiaはシンセのアレンジから泣きのギターが入るミドルテンポ・ナンバー。ここへきてようやくスピード感が落ちましたね~。しかしメロディの良さは相変わらず!ヘヴィに進んでいく楽曲です。アルバムのラストはオーケストラ風のイントロを持つ11.The Rule。更に壮大さを増したメロディにブラストビートが入りスタスタと疾走するスピードチューンです☆最後を飾るだけであって、豪勢な楽曲ですね!

これは本当に素晴らしい!どの曲でも耳を惹く叙情的で劇的、泣きまくりのギターがメインになっています。またギターソロも超盛りだくさん!もうホントに弾きまくり!メロディアスかつ勢いもあり、すべてがハイクオリティに仕上がっています。音質もよく、演奏も安定していますね。シンフォニックなアレンジもとても効果的です。壮大なスケールを描く、悶絶級のキラーチューンだらけのアルバムです。

しかしながら…コレを聴いた人なら大体が感じると思いますが…ボリューム不足です!(笑)アルバムトータルで約37分。一曲目のインストを除くと10曲なので、一曲が3~4分になっています。もっと短い曲もありますしね。タイトルトラックを除くと全部疾走してますから…まだまだ聴いていたい!という欲求にかられてしまいます(笑)まぁでも無駄に長くされるよりは、コンパクトにまとめてもらった方が良いかな…とも思います。なんか不思議と丁度良いような気もする、そんな感じです。(曖昧)

とにかく、1stアルバムを更にブラッシュアップした内容になっていますので、前作が気に入った方は間違いなく買って損はしないでしょう!

お気に入りの楽曲は…もう全部ですかね!(笑)捨て曲は皆無ですし、どの曲もキラーチューンになる出来栄えです!強いて一曲だけ挙げるのであれば…「Nocturnal Damned」ですかね。激情の迸る超強力キラーチューンです。

今回のアルバム、まさに飛躍の一枚ではないでしょうか。ライヴでぜひ観てみたいです!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Serenity In Murder | 14:23 | トラックバック:0 | コメント:0
MIDIAN / Bring Me The Darkness
MIDIAN / Bring Me The Darkness

1. Bring Me The Darkness Part 1  
2. Bring Me The Darkness Part 2  
3. Cadeva
4. Falling For Freedom 
5. Shadow Pain 
6. Bubble Destroyer 
7. Monologue Of The Dawn Part 1 
8. Monologue Of The Dawn Part 2  
9. Banished White  
10. Deposible Patriot 
11. At The End Of The Dark    
12.Wraith Warrior 1(日本盤ボーナストラック)
13.Wraith Warrior 2(日本盤ボーナストラック)  
14.The Wall Of Oblivion(日本盤ボーナストラック)  
15.Cadeva(日本盤ボーナストラック)  
16.Dark Perfume(日本盤ボーナストラック)

78/100

韓国のメロディック・デスメタルバンド、MIDIANの1stアルバムです。

GYZE絡みでこのバンドのことを知りました。youtubeで聴いてみるとこれはなかなか良さそうなメロデス!と思い、即購入!日本盤には過去にリリースしたEPが追加収録されています。

和やかなピアノによるイントロ1.Bring Me The Darkness Part1。笛の音も入り雰囲気を盛り上げます。続く2.Bring Me The Darkness Part2はなかなか哀愁度のあるイントロが。ズンズンとしたリズムで突進していくアップテンポ・ナンバーです。ボーカルはちょっとだけ弱いかな?まぁそんなに気になる程ではないですね。しかし曲の盛り上がりポイントがわからない・・・(汗)3.Cadevaは薄らとシンフォニックな味付けがされた、こちらもアップテンポで進む楽曲。ギターソロの泣き具合はなかなかイイ!ジャンジャン派手に鳴ってるドラムが印象的ですな。期待感を煽るカッコいいイントロの4.Falling For Freedom。やや疾走気味の楽曲です。途中でノーマルボイスによる歌唱が入り、ピアノも挿入され叙情性を高めます。この曲でもギターソロがいい感じに弾きまくってますな。5.Shadow Painは泣きのギターが楽しめるアップテンポ・ナンバー。勇壮なメロディがたまらんですね!この曲でもノーマルボイスが入ります。アグレッションもあり、なかなか気に入りました。ズカズカと疾走するイントロの6.Bubble Destroyer!ようやくスピードチューンの登場です。迫力あるドラミングとシンフォニックな装飾がイイ感じにまとまっています。でもやはりデスボイスの弱さがちょっと・・・。しかし途中からのスピードアップする展開はとてもクール!7.Monologue Of The Dawn Part1は哀しげなピアノから始まり、セリフが入ります。ドラマ性を重視した楽曲ですね。ミドルテンポでじっくりと進みます。叙情性はあるけどちょっと退屈かな・・・。そして突然カッコいいギターソロが!GYZEのRyoji氏によるソロだそうです。8.Monologue Of The Dawn Part2は泣き泣きなギターとピアノによるインスト。これは滑らかで余韻に浸れますな。ヘヴィなギターで疾走する9.Banished Whiteは叙情的なギターがかなりカッコいい!クサさもありついついリピートしてしまう魅力がありますね。曲の中盤ではスローになり穏やかなムードを醸し出します。そしてこの曲でもギターソロがメロディアスでイイ!ソロパートはかなり好みなんだけど、肝心のギターリフが少し弱いですかね・・・。叩きつけるような強力なギターでアグレッシヴに始まる10.Deposible Patriot。アルバム終盤の曲だけあってかなりドラマティックな展開を見せます。だんだんと音がフェードアウトしていき終了。アルバム本編のラストはインストの11.At The End Of The Dark。暗いイメージのピアノで彩られます。

以下は日本盤ボーナストラックです。2011年に発表したEP全部入り!だそうです。豪勢ですなぁ~!    
12.Wraith Warrior1は本編と同様、ピアノを効果的に用いたインスト。ヴァイオリンによる演奏も入ります。続く13.Wraith Warrior2ですが、なんか本編より音に迫力があってカッコよくないか!?(汗)ボーカルもかなり強力で、本編とはまるで違います!ギターリフは相変わらず・・・ですが、アルバム本編に比べれば全然こっちの方がインパクトがあります。ややホラーがかったメロディも中毒性がありますね。クサすぎるメロディとボーカルの絶叫から始まる14.The Wall Of Oblivion。こちらもカッコいい!ノーマルボイスもなかなか曲に合っています。耽美的なピアノも加わり叙情性は抜群!Ryoji氏がハマってしまうのも分かる気がします。このバンドで一番パンチ力のある楽曲ではないでしょうか。15.Cadevaはアルバム本編のものより明らかに勢いが違います。断然こっちの方がカッコいい。一体なぜ??泣きまくりのギターソロに悶絶です!16.Dark Perfumeはアコギによるしっとりとしたアウトロ。

これは一体・・・。明らかにアルバム本編よりボーナストラックのEPの方がカッコイイです。まずデスボイスの迫力が違うし、音質も全然クオリティが違います。こういう事ってあるんですね~。EP全部入りの日本盤を購入して良かった・・・。アルバム本編だけだったら不完全燃焼です(笑)次回作はEPの方向性で是非お願いしたいです。化ける可能性大では!?

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| MIDIAN | 19:10 | トラックバック:0 | コメント:0
CROSS VEIN / ROYAL ETERNITY
CROSS VEIN ROYAL ETERNITY

1. Royal Eternity
2. Eternal Dream
3. Precious Liberty
4. 寂寞の塔 (Album Mix Ver.)
5. forget-me-not (Royal Ver.)
6. 琥珀の誓い
7. Suite Museum
8. Maid of Lorraine (Album Mix Ver.)
9. sandglass
10. 追憶は儚き雪
11. Brightest Hope
12. Last Melody

88/100

CROSS VEINのメジャーデビュー・アルバムです!

前作はとてつもなくクオリティの高いシンフォニック・メロディックスピードメタルを披露してくれたCROSS VEIN。ついにメジャーデビューです!数ある女性ボーカルの国産バンドでも、頭ひとつ抜き出ているのではないでしょうか。メジャーになって売れ線に走らないと良いのですが…(汗)再び美しい旋律を聴かせて欲しいですな!

1.Royal Eternityはオーケストラによるイントロ。キラキラしたキーボードの音色が期待を高めます!そして続く2.Eternal Dreamはクワイアをまといシンフォニックに爆走!素晴らしいスピードチューンです!意外とアグレッシヴなギターフレーズがイイですな!リズミカルに歌う女性ボーカルも良い感じです♪サビではスタスタと疾走感たっぷりに歌い上げます。ギターソロもピロピロと弾きまくってますね!もう圧巻です!キーボードによるアレンジもたまりませんな~♪ラストはゆったりと感情豊かに歌い、再びスピードアップ!ニクい演出です。キラキラした音色が素敵なイントロからキャッチーな女性ボーカルが入る3.Precious Libertyもスピード感のある楽曲です。ザクザクと刻んでいくギターがカッコいい!ソロパートも相変わらず派手にキマっています。重々しくヘヴィに始まる4.寂寞の塔(Album Mix Ver.)。重厚なコーラスとともに、静かに進んでいます。サビでの歌いっぷりは実に可憐な雰囲気を醸し出していますね!メロディアスなギターソロもイイ!5.forget-me-not(Royal Ver.)はシングルにもなった曲ですね。哀しみを感じさせる、ヘヴィなイントロから繊細な女性ボーカルの歌唱が入り、だんだんとスピードが上がっていきます。テクニカルなギターソロも聴きどころですね~。こちらも重厚な一曲です。ダイナミックで壮大なイントロからスタートする6.琥珀の誓い。ミドルテンポで美しい旋律を奏でます。悲哀に満ちたサビメロが最高!豪勢なオーケストレーションもたまりません!アルバム中盤の7.Suite Museumはちょっと一休み的なインスト。しかしギターがかなり主張しカッコいいインストになっています!後半のスピーディなギターが超カッコいいー!8.Maid of Lorraine (Album Mix Ver.)はこちらもシングルとして発売されていましたね。オーケストラからドラマティックなコーラスが入りスピードアップ!スタスタと疾走する楽曲です!スピーディなサビメロがとてもキャッチー。勇壮な雰囲気もありますね。ピアノの音色とザリザリしたギターから始まる、何やら緊迫感のある9.sandglass。静かに歌い上げるボーカルの歌唱がサビで思い切りクサく炸裂するアップテンポ・ナンバーです。シャープなギターリフもカッコいい!流麗なメロディも素晴らしいね~。10.追憶は儚き雪は哀しみをたたえたバラード・ナンバーです。ピアノとボーカルから始まり、だんだんとバンドサウンドが入り、美しい音色を奏でます。11.Brightest Hopeはポジティブな明るいメロディをまとい疾走するメロスピチューン!可憐なボーカルとギターソロ、キーボードによる装飾など、豪華絢爛な一曲です。アルバムの最後は12.Last Melody。こちらもドラマティックなイントロからアップテンポで軽快に進んでいく楽曲。メロディの充実度が素晴らしい…哀愁溢れるサビが中毒性高過ぎですぞー!こりゃあかなりクサい!なんかサビメロがジブリっぽいと感じたのは自分だけ…?(汗)

これはまた…評価が非常に難しいアルバムですな。皆さんの期待に応えているかどうかは置いておいて、ハイクオリティな作品ではあると思うのです。しかし、前作の方が勢いというか、荒削りながらも光るものがありました。今作はなんというか、とても洗練されている感じがしますね。メジャーの風格?しかしやっぱりスピード感やゴージャス(笑)なやり過ぎ感は前作の方が上だと思いました。

アルバムトータルの完成度としては、今作の方が高いかもしれません。ただ「前作のやり過ぎなクサクサ疾走メタルの方が良いんだ!」という人も当然居るのではないかと…。好みの問題かとは思いますが。そういう私は同点ですが、僅差で前作の方が好き…かなぁ。非常に悩みますねー(汗)まだこのアルバムは聴き込みが足りないので、もっと聴き込みまくれば印象も変わってくると思います。

なんだろうなぁ…前作と比べて「ヘヴィ・メタル感」が薄くなっちゃったのかなぁ…。あと音質は格段に良くなりました。クリアで聴きやすい感じになってますね。

そしてキラーチューンですが、オープニング・ナンバーの「Eternal Dream」ですかね!ストレートなスピードチューンはちょっと減りましたが、この曲はホントにたまらんです!アルバムのラスト「Last Melody」も、エモーショナルな青春サビメロにやられました。こっちの曲も良いなぁ~☆どちらも超クサいキラーチューンです!

【追記】
聴き込んだら、案の定こっちのアルバムの方が好きになりました(笑)いや、むろん前作も傑作ですが、今作はやはりメジャー感が違いますね。完成度が素晴らしいです!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| CROSS VEIN | 14:17 | トラックバック:0 | コメント:0
Impellitteri / Venom
Impellitteri / Venom

1. Venom
2. Empire Of Lies
3. We Own The Night
4. Nightmare
5. Face The Enemy
6. Dominoe Theory
7. Jehova
8. Rise
9. Time Machine
10. Holding On

83/100

Impellitteriの10thアルバムです。

ギターのテクニックなどにはまったく知識が無いわたくしですが、Impellitteriの楽曲はかなりメロディアスで、なかなか私好みの音楽をプレイしていました。そして久しぶりにImpellitteriのアルバムが聴いてみたい!と思い、今回の新譜に手を出してみた次第です。ロブ・ロックの歌唱にも期待ですね!

テクニカルなギターとロブ・ロックのハイトーンから始まる1.Venom!アップテンポでメロディはなかなかキャッチー。サビも良い感じです。そして高速ギターソロ!ピロピロと鮮やかに弾きまくり!でもアルバム1曲目としてはちょっと地味めかな…?ヘヴィなギターリフでスタートする2.Empire Of Liesもアップテンポで軽快に進んでいく楽曲。こちらもギターソロはキレキレですな。メロディアスでもあり、良い感じです。ハードロック的なイントロの3.We Own The Nightはノリの良さ重視の楽曲ですな。ギターリフがクランチーでカッコいい!この曲でもギュインギュインとギターが暴れております!疾走感のあるイントロからミドルテンポに展開していく4.Nightmare。こちらもノリの良さがありますね。叙情的なギターでしっとりと始まる5.Face The Enemy。ヘヴィなミドルテンポ・ナンバーです。ロブ・ロックの感情のこもった歌唱も聴き逃せません!今までとは違ってスピード感の高い6.Dominoe Theory。ザクザクと刻んでいく、疾走感のあるギターがカッコいい!7.Jehovaは緊迫感溢れるギターとメタリックなボーカルの歌唱も相まって、かなりの良曲になっています。こちらはちょっと明るめなメロディが特徴的な8.Rise。より緊迫感の増したギターが良い感じの9.Time Machine。スピード感の溢れる爽快な一曲です。サビメロも哀愁があって気に入りましたね☆アルバムラストは10.Holding On。テクニカルなイントロからザクザクとクランチーなギターが主張する一曲。哀愁度たっぷりのサビがたまらんです!

アップテンポ中心の楽曲で、どの曲でも スリリングなギタープレイが楽しめますね!収録時間も短めなので、すぐに聴き終えてしまいました。アルバム全体が良い感じにまとまっているのですが、キラーチューンは…と言われると、ちょっと悩みますね(汗)いや、捨て曲は皆無なのですが、飛び抜けてカッコいい!って思える楽曲は…無いかなぁ(^_^;)強いて挙げるならTime Machineかな~。カッコいいギターが楽しめる、スピード感のある楽曲です。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Impellitteri | 00:16 | トラックバック:0 | コメント:0
Unlucky Morpheus / affected
Unlucky Morpheus / affected

1. affected
2. Get Revenge On The Tyrant
3. Gradient
4. imagimak
5. 虚妄の恋人
6. 落花流水
7. 殺戮のミセリア

85/100

Unlucky Morpheusの1stオリジナルアルバムです。

詳細はよく知らないのですが(汗)ボーカルがLight BringerのFukiさんということで、それなら買っておいて損はないなと思いました。そっちの業界ではかなり有名な実力派バンドらしく、かなり気になったので購入!完全に衝動買いです。

1.affectedは壮大なオーケストレーションで幕を開けるインスト。そのまま繋がる2.Get Revenge On The Tyrantはド派手でカッコいい!スピードチューンです。ボーカルはとても力強く、クワイアも加わりかなり豪勢ですな!サビは非常にキャッチーです☆ギターソロがこれまたカッコいい!実にテクニカルです。クラシカルなイントロの3.Gradientはザクザクと刻んでいくギターが良い感じ。ボーカルは伸びやかに歌い上げます。サビでの哀愁度はなかなかのものがありますね!4.imagimakは明朗なメロディでボーカルが歌い、すぐさま疾走!この展開はニクいですな~♪ピロピロと弾きまくりのギターもイイ!アグレッシヴなギターでスタートする5.虚妄の恋人はイントロのギターがカッコ良すぎる!ここで突如デスボイスが登場、途中から女性ボーカルにバトンタッチします。サビでは凄まじいスピード感でガッチリ心を掴まれましたね。ギターソロももうお決まりに弾きまくっております。6.落花流水はバラード調に始まり、アップテンポ~疾走で進んでいく爽やかな楽曲。相変わらずギターもカッコいいです。随所で聴けるピアノが良いですね。割りとポップな感じもします。アルバムの最後は7.殺戮のミセリア。ザリザリしたヘヴィなギターで始まるアグレッシヴなスピードチューンです。サビでの歌唱がとても切なくてイイですな~。

アルバム通して潔くスピードチューンで固められております。ギターソロもいちいちカッコ良くて、当然ボーカルも歌唱力バッチリ!ボリュームについては、この手のジャンルだったら別に気にならないですね~。最近はエクストリーム系ばかり聴いていたので、コレでメロスピ成分が補充されました(笑)

キラーチューンは「虚妄の恋人」でしょうか。2曲目とも迷いましたが、スピード感の溢れるサビにやられました!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Unlucky Morpheus | 23:22 | トラックバック:0 | コメント:0
All That Remains / The Order Of Things
All That Remains / The Order Of Things

1. This Probably Won’t End Well
2. No Knock
3. Divide
4. The Greatest Generation
5. For You
6. A Reason For Me to Fight
7. Victory Lap
8. Pernicious
9. Bite My Tongue
10. Fiat Empire
11. Tru-Kvlt-Metal
12. Criticism and Self Realization
13. We Are Only Human(日本盤ボーナストラック)

89/100

メタル・コアバンド、All That Remainsの7thアルバムです。

このバンドと言えば名曲「This Calling」ですね。冒頭のイヤァァァァァ!!はとてもインパクトがありました(笑)その後も安定して良作を作り続けている彼らですが、最近の作品はどうもマイルド過ぎるというか…クリーンボーカルの比重が大きすぎて、アグレッションがあまり感じられないのがちょっと残念でした。2ndアルバム辺りのメロデスチックな要素も盛り込んでくれると非常にありがたいのですが…。今作はいかがでしょう!?ジャケットからは少し嫌な予感がしますね(汗)

悲哀に満ちたピアノから始まる1.This Probably Won’t End Wellはどっしりとしたギターがカッコいい楽曲です。ミドル~アップテンポで進み、クリーンボーカル中心の叙情的なメロディがたまりませんな!サビでの感情のこもった明るい歌唱には参りましたね。ギターソロはスピード感がありかなり良い!実にヘヴィなイントロの2.No Knockはダーティなグロウル中心のミドルテンポ・ナンバーです。ザクザクと刻むギターが目立っていますね。暗いイメージのある楽曲です。コレはちょっと盛り上がりに欠けるかな…(汗)疾走感のある3.Divide。これはまたカッコいいですな!曲に勢いがあって、ボーカルのメロディアスな歌唱がとても曲に合っています。ズンズンと重心の低いイントロからスタートする4.The Greatest Generationは感情の豊かなクリーンボーカルで進んでいくアップテンポ・ナンバーです。ドラミングも派手に叩いており、迫力がありますな!アコギによる渋いイントロの5.For You。ココへ来てバラードまで!?クリーンボーカルが力強く歌い上げる、叙情性のあるドラマティックな楽曲です。コレはコレでイイ曲ですね~。サビで爆発するメロディがすごくキャッチー!6.A Reason For Me to Fightは張りつめた雰囲気からスタートするスピーディな楽曲。コレも素直にカッコいいですな!サビではテンポを落として美しく歌い上げます。ギターソロがまたカッコ良すぎますね!ドラミングも重低音が響いていて良し!ちょっと明るめなイントロの7.Victory Lap。リズミカルにズカズカと楽曲が進んでいます。やはりボーカルの歌唱力はかなりのものですね。サビはとてもドラマティック!8.Perniciousはややダークなイメージが強いミドルテンポ・ナンバー。久しぶりにグロウルが顔を出します。でも、ちょっとだけです(笑)メチャクチャカッコいいイントロの9.Bite My Tongue!こりゃあ素晴らしい☆モダンなメロディがたまらなくカッコ良すぎますね!ボーカルも早口なスピード・チューンです。サビでもスピードを落とさず一気に聴き通せます。ヘドバン必至です!途中でアコギによる暖かなメロディが入りますね。その後のギターソロがまた絶品!どっしりとしたヘヴィなイントロの10.Fiat Empire。バラード調の和やかな楽曲です。ボーカルの歌唱力がしっかりと披露されます。ギターソロが意外と派手に弾いていて驚きました(笑)またもや超カッコ良くスタートする11.Tru-Kvlt-Metal。ようやくグロウルも出てきて、アグレッシヴな楽曲となっています。スピード感も充分です!アルバム本編ラストは12.Criticism and Self Realizationです。アコギでゆったりと始まり、グロウルが入ります。クリーンボーカルによるサビでの歌唱も今まで以上にアツいものになっていますね。切なげでクールなギターソロも最高です!ラストはピアノでしっとりと終わります。

日本盤ボーナストラックは13.We Are Only Humanです。本編とはまた違った、アグレッシヴなイントロからグロウルが入ります!サビではお決まりのクリーンな歌唱が入りますね。ギターソロもピロピロと滑らかに弾きまくりでカッコいい!ボーナストラックとしてはかなりイイ出来ですね。

う~ん、予感は当たってしまいましたかね…。アグレッションよりも、歌メロを重視したヘヴィメタルといったところでしょうか。ボーカルもノーマルボイスによる歌唱が中心になっており、グロウルや獰猛なメロデス風ギターリフなどはほとんど聴かれず、クリーンなイメージを受けました。初期の頃のようなメロデスを取り入れたメタル・コアが大好きだった自分としては、ちょっと残念です…。

しかし!メロデス要素やゴリゴリのメタルコアを期待しないで聴いてみれば、非常に高品質なメロディック・メタルだと思いました。実際、私はかなりこのアルバムを気に入ってしまいました(笑)このアルバム以前からクリーンメインの傾向は徐々に強くなって来てましたし、今回の形はある意味では自然なのかもしれません。メロデスチックな要素は排除し、キャッチーで豊かなメロディに力を入れた今回のアルバム。素晴らしい好盤ではないでしょうか。気が早いですが、次のアルバムも買っちゃいますね(笑)

キラーチューンは、「Bite My Tongue」か「Tru-Kvlt-Metal」のどちらかですかね。両方ともスピード感が最高で、イントロからガッツポーズもののカッコいいモダンなメロディがたまりません!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| All That Remains | 19:20 | トラックバック:0 | コメント:0
Sonata Arctica / Ecliptica - Revisited(15thアニヴァーサリー・エディション)
Sonata Arctica / Ecliptica - Revisited(15thアニヴァーサリー・エディション)

1. Blank File
2. My Land
3. 8th Commandment
4. Replica
5. Kingdom For A Heart
6. Fullmoon
7. Letter To Dana
8. Unopened
9. Pictureing The Past
10. Destruction Preventer
11. I’m Haunted(ボーナストラック)
12. I Can't Dance(ボーナストラック)

Sonata Arcticaの1stアルバムのリ・レコーディングバージョンです。

15thアニヴァーサリー・エディションということで、あの神盤Eclipticaがリレコverで登場です。正直、全曲捨て曲ナシの神盤のどこを弄ろうというのだ!?と理解に苦しみましたが、やはり誘惑には勝てず購入…(汗)

1.Blank Fileはそんなにスピード感も落ちておらず、良い感じです。ただ元の曲に比べると、あの無理して出してたハイトーンボイスが大人しくなっていますね。アレが良かったんだけどなぁ(笑)後半のいったんテンポを落として歌い上げる辺りはやはり素晴らしい!2.My Landはやはりこのイントロ!たまりませんな!これは原曲の輝きが更に増したのではないでしょうか。ちょっと歌いまわしが変わっている部分がありますね~。3.8th Commandmentは勢いが少し落ちてしまったかな…。しかし良い曲には変わりありません!4.Replicaは曲の良さに気づくのが遅かった思い出があります。美しいバラード調の楽曲です。後半のテンポが上がるところなんて鳥肌モノですね!5.Kingdom For A Heartは特にお気に入りの楽曲!ギターの音はこっちの方が好みかもしれません。6.Fullmoonは一緒に歌いたい、ライヴ映えする楽曲。しかしサビの部分がなんとなく残念な感じに…(汗)7.Letter To Danaも最初は曲の良さになかなか気付けませんでした。泣きの名バラードですね。8.Unopenedは最初に聴いた時は興奮して大変なことになっていました(笑)でもこのバージョンはなんかキラキラ感が減少している気がします…あとサビでの歌い方にも違和感が(汗)9.Pictureing The Pastは勢い重視の、特徴的なメロディが良い感じ。10.Destruction Preventerは力強いサビの歌唱が特に素晴らしい楽曲!今作ではだいぶ落ち着いてしまった感じがしますが…。

以下はボーナストラックです。11.I’m Hauntedは派手なキーボードにスタスタと疾走するスピード・チューン。早口なボーカルがなかなか面白いですね。ちょっと短めな曲です。12.I Can't DanceはGenesisのカバー。原曲は聴いたことがありませんが、ミドルテンポで淡々と進んでいく楽曲。あんまり好みじゃないかな…。

思っていたよりもマトモなリレコーディング・アルバムでしたな~。とりあえず原曲ぶち壊しな曲はありませんでした。ボーカルに関しては仕方の無いところもあると思います。まぁ買ってみて損はしないですかね~。しかし分かりきっていたことですが、やっぱり元のバージョンの方が若さに溢れていて良かったですね。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Sonata Arctica | 18:54 | トラックバック:0 | コメント:0
Gamma Ray / Land of the Free Ⅱ

Gamma Ray / Land of the Free Ⅱ

1. Into the Storm
2. From the Ashes
3. Rising Again
4. To Mother Earth
5. Rain
6. Leaving Hell
7. Empress
8. When the World
9. Opportunity
10. Real World
11. Hear Me Calling
12. Insurrection
13. Blood Religion (Live in Montreal)

85/100

レビューし忘れ、Gamma Rayの9thアルバムです。

Gamma Rayの名前は当然知っていて、いつかはアルバムを買おうと思っていたのですが、何故かどんどん先送りに。唯一持っているアルバムがこの「Land of the Free Ⅱ」です。いきなりⅡを買ってしまいました・・・。なんでこのアルバムを購入したかはよく覚えていません(汗)

緊迫感あふれるイントロから始まる1.Into the Stormはポジティヴなメロディがとてもキャッチーな一曲。「イントゥザストーム!」と一緒に叫びたくなりますね。渋いイントロからだんだんとスピードを上げていく2.From the Ashes。サビではとても力強いメロディを聴かせに来ます。ピロピロと弾きまくりのギターもいいね~♪哀愁を漂わせるインストの3.Rising Againからギターが弾きまくりの4.To Mother Earthへ繋がります!壮大なサビメロがたまりませんな。カイ・ハンセンの個性的な歌声も嫌いではないです。むしろ好き!ヘドバンを誘発させるソロパートも素晴らしい!5.Rainは明るいメロディが印象的な楽曲。テンポもリズミカルでノリやすいですね~。ザクザクしたギターがカッコいいソロパートも気に入りました!ヘヴィネスたっぷりなイントロの6.Leaving Hellはアップテンポで進む、アツいメタル・ソング。一風変わった音色から始まるアップテンポ・ナンバーの7.Empress。カイ・ハンセンのパワフルな歌唱が特に印象的です。シャープなギターからスタートする8.When the World。スピーディでこちらもカッコいい!!ガッツあるコーラスがまたメタリックですな。一転してバラード調の9.Opportunity。途中からヘヴィなギターが入ります。こうした楽曲でもカイ・ハンセンの歌唱はピッタリ合っていますね。なんかどっかで聞いたことのあるメロディの10.Real Worldはリズミカルに進む楽曲。どこで聴いたんだろうなぁこのメロディは・・・。とにかくこちらも良曲です。滑らかなギターソロが聴きどころでしょうか。超カッコいいギターから始まる11.Hear Me Calling!後半でまたも素晴らしい楽曲が!アグレッシヴさとキャッチーさを兼ね備えてますな。ソロパートも今まで以上にスリリング!12.Insurrectionは11分超えの大曲。静かに歌うパートからパワフルな歌唱に移ります。ハイトーンを連発するカイ・ハンセンのボーカルも魅力的です。良い曲なんだけどちょっと長過ぎかな・・・(汗)日本盤ボーナストラックは13.Blood Religion (Live in Montreal)。原曲は知りませんが、こちらも良質のジャーマン・メタルソングになっていますね!

実に今更感あふれる感想でした・・・どうもすみません。しかしさすがベテランバンド、安定感がありますね。この機会に過去のアルバムを聴いてみようかな・・・でも枚数が結構あるので、どれから聴いたら良いか・・・。ああ、たぶんこんな感じで後回しになってたのかも知れません(笑)とりあえずベスト盤を買えばいいのかな・・・。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Gamma Ray | 18:51 | トラックバック:0 | コメント:0
GYZE / BLACK BRIDE
GYZE / BLACK BRIDE

1. Black Bride
2. In Grief
3. Honesty
4. Insane Brain
5. Black Shadow
6. Winter Breath
7. Twilight
8. Satanic Loop
9. 菜の花
10. Julius
11. 明日への光
12. Gnosis(日本盤ボーナストラック)

93/100

エクストリーム・メタルバンド、GYZEの待望の2ndアルバムです!

1stアルバムの衝撃から、なんかあっという間に2ndアルバムが発売ですな!時間が経つのは早いなぁ…などと思ってしまいます。もちろん期待度MAXで購入しました!

いきなりドラマティックなギターでスタートする1.Black Bride!アップテンポでだんだんと疾走していくスピードチューンです!ギターリフが本当に叙情的でたまらん!泣きのギターは健在です。サビでのクサメロっぷりが最高!ボーカルのグロウルもなかなか迫力がありますね。ギターソロがまたテクニカルかつ泣きまくりで素晴らしい…!サビメロが耳から離れません。重々しいヘヴィなイントロから爆走する2.In Grief。初っぱなからギターがピロピロと鮮やかに弾きまくってます!ボーカルが入るとアップテンポになり、実にリズミカルです。こちらは勇壮なメロディで彩られ、サビでの爆発的なクサメロにまたも悶絶!ドラミングもバシバシと迫力があり、インパクト大です。後半はテンポを落として、ギターを聴かせにきてその後再び爆走です!この曲もイイね~♪アグレッシヴなイントロの3.Honestyはザクザクと刻んでいくギターとシャウトするボーカルが存在感を発揮するアップテンポナンバー。サビではここで初めてノーマルボイスによる歌唱が入ります。部分的に日本語詞があり、とてもキャッチーな楽曲ですな!ギターも相変わらず活躍してますね。ピアノとストリングスによるクサいイントロの4.Insane Brain。いきなりカッコいいギターが入り疾走を始めます!これでもかと弾きまくるギターがイイですなー!叙情的な雰囲気も充分あります。終盤の泣きまくりなギターがもう素晴らしすぎ!イントロからいきなり超メロディアスなギターで始まる5.Black Shadow。スタスタと疾走する軽快なスピードチューンですな。キラキラしたキーボードもイイ!その後はクサいメロディを奏でる高速ギターソロが!こちらもたまりません!不思議な音色から激しいギターが入る6.Winter Breath。この曲はアップテンポでリズミカルに進んでいきます。もちろんギターの哀愁度は抜群です!ソロパートはこれまでとはちょっと違った印象を受けましたね。クサさよりテクニック重視というか…。豪華絢爛なイントロでメロディを撒き散らしながら疾走する7.Twilight。哀愁を漂わせるスピードチューンですな!いったんテンポを落とす辺りの展開がニクいです。ギターソロはやはりピロピロと弾いています。ブルータルなイントロでこれまでとはちょっと違った雰囲気の8.Satanic Loop。アグレッションに溢れていますな~。ドラミングがスゴい迫力です!ギターもしつこいくらいに弾きまくりですね(笑)慟哭系のメロディで良い感じです。9.菜の花はついに日本語タイトルの楽曲が!とてつもなく叙情的なギターフレーズで爆走する、前作でいうところの「Day Of The Funeral」に当たる楽曲でしょうか!?あまりにもクサ過ぎてもう大興奮です!超カッコいいー!アルバム終盤でキラーチューンか!?10.Juliusは悲しげなピアノによるイントロ…からの、非常にアグレッシヴなギターとドラミングが入るスピードチューンです。攻撃的な楽曲ですが、泣きのメロディを奏でるパートもあるので安心です☆エクストリーム感たっぷりな楽曲ですな!アルバム本編ラストは11.明日への光。アコギでしっとりとしたメロディを奏でます。これもまた泣ける叙情的なメロディですな。

日本盤ボーナストラックは12.Gnosis。ストロングなギターから始まるスピード感のある楽曲です。モダンなリズムに乗って展開していく、ボーナストラックとは思えないクオリティです!途中でアコギのパートが入り、その後はお待ちかねの泣きギターソロ!最高じゃー!ボーナスでこの品質ですから、海外盤のボーナストラック、「Surface Tears」も気になるところですね…。

あぁー、今年の楽しみのひとつがまた減ってしまった…(T_T)1stアルバムであのクオリティだったので、2ndアルバムは難しいだろうなぁ~、と思っていましたが、そんな心配も無駄に終わりましたね。むしろ前作よりもギターが弾きまくりな気がしました。メロディの良さも相変わらずの素晴らしさです!これだけ安定してクサメロを量産出来るとは、恐れ入ります(笑)インストを除いてスローチューンは一切無し!スピード&クサメロで埋め尽くされておりますな!

ただ、ちょっと音が激しすぎてメロディを追うのが大変でしたね(汗)まぁこれは何回か聴き込んでいけば大丈夫かな。あとクリーンボーカルのパートがほとんど無くなってしまったのがちょっと残念でした…。前作で言うと「Regain」みたいな楽曲を入れてもらえると、アルバム内のバラエティも増えて、全体が引き締まるのではないでしょうか。今回のアルバムは例によって金太郎飴状態になりかけているかな…?とも感じたので。まぁ些細な問題ですけれどね~。逆に言えばどの曲もクサくカッコいいということで…。音質に関しては、もう少し音の分離を良くしてもらえるといいかな~。まだまだ改善の余地はあるのではないかと思います。

キラーチューンは、泣きまくりの哀愁メロディを奏でるオープニング・ナンバー「Black Bride」か、こちらも爆発的なメロディの良さが最高な「菜の花」でしょうかね。前作の「Day Of The Funeral」や「Midnight Darkness」級の楽曲に匹敵するのではないのでしょうか!?

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| GYZE | 14:13 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR