音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

Mysterious Priestess / Agency of Fate
Mysterious Priestess - Agency of Fate

1. Kusanagi No Tsurugi
2. Sophisticated Funeral
3. Intro
4. Swear Vengeance against God
5. Summon the Guardian Angel
6. AMATERASU
7. Seven Moons
8. Victors In A Battle
9. Wintermute
10. Eternal Calmness

82/100

Mysterious Priestessの1stアルバムです。
なにやら神秘的なタッチのジャケットに目が行きました。
どんなジャンルの音楽なんだろう?と興味がわき、思い切って購入!ちなみにDeluxe Editionと表示されていました。

1.Kusanagi No Tsurugiは不思議なギターメロディで進むアップテンポナンバー。曲展開がけっこう複雑です。しかしメロディックなギターは結構良い感じ。ボーカルがちょっと弱いですな・・・(汗)後半はシンフォニックなパートもあり盛り上がりを見せます。アコギで渋く始まる2.Sophisticated Funeralは、静寂なパートもあり、ゴリゴリとしたギターリフもあり、バラエティに富んでいますね。一旦終わったと見せかけてノイジーなギターが入り激しく展開します。3.Introは泣きのギターによるイントロ。それに続く4.Swear Vengeance against Godはなかなかカッコいいギターで疾走するスピードチューンです!クサイギターメロディがたまらんですな!これでボーカルがもうちょっと頑張ってくれれば・・・。後半はブラストビートも飛び出します。5.Summon the Guardian Angelは煌びやかな音色からスタートするアップテンポ・ナンバー。ザリザリとしたギターがカッコイイですね~。メロディの充実度が素晴らしすぎる!民謡的なメロディで疾走して終了。6.AMATERASUは壮大なメロディで始まるドラマティックな楽曲。ヴァイキングっぽさもありますね。テクニカルなギタープレイもイイ!なにやらファンシーなイントロからカッコいいギターが切り込んでくる7.Seven Moons。日本語による語りも入りますね。軽快に疾走する8.Victors In A Battle。ギャウギャウ唸るデスボイスに高速ギターが絡み合います。民族音楽的な雰囲気で爆走するさまは圧巻!このアルバムのキラーチューンか!?9.Wintermuteも特徴的なメロディでミドルテンポに進む楽曲。アルバムラストは10.Eternal Calmness。これまでとはうって変わってダークなメロディから始まります。その後は泣きのメロディをギターが奏で、疾走し始めます!この疾走パートがたまらんですなー!

キーボードが実にいい仕事をしているバンドですね!メロディの良さもかなりのものがあります。ギターの泣き具合も高いです。曲の展開にプログレッシヴな面も見られますが、そこまで聴きにくくはありません。

しかし周りが良いだけに、やはりボーカルの弱さが際立ってしまっていますね・・・。これはとても惜しいバンドです。これでデスボイスにも迫力があれば・・・かなり印象が違ってきたと思います。
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Mysterious Priestess | 19:00 | トラックバック:0 | コメント:0
Ghost Cries / MELUM PRIMUS
Ghost Cries / MELUM PRIMUS

1. Ruthless Triumphal Parade
2. Volcano
3. Gardenia
4. Into The Dark Eternity
5. Redemption
6. Elegy For The Abnegators
7. Most Ugly Meteor Shower
8. Lunatic Chaos
9. A Cape Of The Prologue
10. World Is Over

86/100

国産のドラマティック・デスメタルバンド、Ghost Criesの1stアルバムです。

Amazonを探索中、なかなか耽美なジャケットに目がいきました。女性ボーカルを擁する日本のデスメタルバンドのようですが、「ドラマティック」という単語につられて…。これがデビューフルアルバムということで、たまにはジャケ買いも良いかな~と思い購入。最近、日本のバンドの勢いは凄まじいものがありますし、期待が持てますね☆

シンフォニックな音色とブラストビートで始まる1.Ruthless Triumphal Parade。女性ボーカルのデスボイスはなかなか迫力があり、楽曲の方もスピード感があって良い感じですな!クリーンパートは日本語で歌われています。歌唱力的には可もなく不可もなく…といったところでしょうか。ギターソロは弾きまくりでカッコ良くキマってますね!2.Volcanoはドラマティックなメロディとギターでブラックメタル的な雰囲気を醸し出しています。キーボードによるアレンジも効果的です。この曲もスピーディに展開していきますね。クリーンパートはやはり日本語です。朗々としたクリーンボーカルからブラストビートへ繋がる3.Gardenia。スタスタと疾走するスピードチューンです!シンフォニックな味付けとドラミングにより、やはりブラックメタルに近い要素がありますね~。ピロピロと鮮やかに弾くギターでスタートする4.Into The Dark Eternityはアップテンポでグルーヴィーな楽曲です。リズムがちょっと変則的ですね。美しいクリーンボーカルが特徴的です。ピアノの音色から始まる5.Redemptionは軽快なドラミングで疾走するスピードチューン。より一層ブラックメタル的な印象があります。キーボードによる装飾が綺麗ですね~。ブラストビートとシンセによるアレンジが美しい6.Elegy For The Abnegatorsはクリーンボーカルからデスボイスへ繋がり、サビでもクリーンなボーカルが妖しく歌い上げます。ギターリフもカッコ良く、コレはかなりイイ曲ですね!ピアノが耽美的な雰囲気を演出します。強烈なドラミングからデスボイスが登場する7.Most Ugly Meteor Shower。スピーディに奏でられるギターフレーズがかなりクールな一曲。デスボイスは噛みつかんばかりの迫力を見せます。イントロのギターがメロディアスでインパクトのある8.Lunatic Chaos。シンフォニックなアレンジが特に目立っていますね。後半はテンポを落としてクリーンボーカルが歌い上げます。9.A Cape Of The Prologueはクリーンボーカルが中心になっているスローテンポの楽曲ですな。コレがまた悪くないです。悲哀に満ちたボーカルの歌唱がとても耳に優しげ。アルバムの最後は10.World Is Over。緊迫感溢れるギターリフで突進するスピードチューンです。和やかに歌うクリーンボーカルも登場します。これもイイ曲ですな~♪

かなり高品質な出来栄えとなっていますね!クリーンとデスボイスを操るボーカルの実力はかなりあるのではないのでしょうか。ギターリフもここぞってところで「おっ!」と思わせるカッコ良さがあります。ドラミングも安定しており、演奏陣にはとくに問題無いですね。シンフォニックなアレンジも曲の魅力を高めていて、結構気に入りました☆また、無駄にダラダラと長い曲が無く、コンパクトにまとめられているのも好感です。

ただちょっと気になったのが、クリーンボーカルが入るとほぼ必ずテンポを落としてゆったりと歌うので、せっかくの楽曲のスピード感が減殺されてしまう点でしょうか。このためどの曲も似たような印象を受けてしまいますね。まぁ要するに爆走ナンバーを聴かせてくれ!ってことなんですが(笑)あとクリーンパートの歌メロの弱さもちょっと気になりましたかね…。

キラーチューンは、6.Elegy For The Abnegatorsでしょうか。シンフォニックに疾走する実にカッコいい楽曲です!ピアノも入り耽美的な要素もたっぷりです。

またも日本からクオリティの高いバンドが登場しましたな!非常に嬉しい限りです。メチャクチャ気が早いですが、セカンド・アルバムにも期待ですね!継続して精力的に活動していって欲しいです。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Ghost Cries | 14:20 | トラックバック:0 | コメント:0
When My Life is Over / The Last Farewell
When My Life is Over / The Last Farewell

1. The Last Farewell
2. Overcomes
3. Across the Twilight
4. Last Regret
5. The Unerasable Emotions
6. 暁-akatsuki-
7. The Insomnia
8. Interlude - In the Silence-
9. Evolutionary
10. Reach Your Light
11. Departure
12. Empty
13. Interlude - Recollection-
14. Evergreen

88/100

When My Life is Overの1stアルバムです。

youtubeで試聴して気に入ったので、ろくに調べずにamazonのデジタルミュージックで購入しました。なんかこう勝手にメロデスっぽいものを妄想していたのですが、違った・・・(笑)いや、ギターリフがメロデスっぽくてデスボイスもあったものですから、早合点してしまいました・・・。しかしその内容は実にクオリティの高いものでした!

1.The Last Farewellはブヨブヨしたエレクトロサウンドにピアノが加わり、だんだんと盛り上がりを見せます。なかなか面白いイントロですね。ダンスミュージックのようでもあります。そして2.Overcomesがスタート!メロデスっぽいギターで疾走します。かなりの迫力のあるデスボイスと、これまた感情のこもったクリーンボーカルで曲は進みます。このボーカルがかなり上手い!ギターソロもピロピロと弾きまくりです。スピード感あふれるイントロの3.Across the Twilight。この曲ではデスボイスがオマケ程度で、青春っぽいメロディで疾走!しかしボーカルはホントに実力がありますね~。そしてギターソロはとてもメロディアス!こちらも良曲です。ちょっと唐突にフェードアウトして曲は終了。4.Last Regretは叙情的なメロディとデジタルなアレンジで展開するアップテンポ・チューン。煌びやかな音色が特徴的ですな。この曲でもドスの効いたデスボイスがちょっとだけ顔を出します。クリーンなボーカルも力強く歌い上げますね。5.The Unerasable Emotionsはヘヴィなギターが目立つカッコいい疾走曲!低音のデスボイスとクリーンボーカルの対比がいいですな~。ギターソロもバッチリです!いったん静かになり、ボーカルが感情豊かに歌い上げます。ストロングなギターとブラストビートで激しく始まる6.暁-akatsuki-!スピード感のあるクリーンボーカルの歌唱がイイ!これまでの曲以上に青春メロディが発揮されています。ギターソロもこれでもかと弾きまくり!ボーカルの美声も最高ですな。まさにエモっぽい楽曲です。哀愁を漂わせるイントロの7.The Insomniaもスピード感があっていいですな。切ない系のメロディが耳に心地いいです☆ザクザクしたギターも主張していますな。後半はエレクトロが表に出てきて爆走します!奏でられるメロディの美しいこと!8.Interlude - In the Silence-はストリングスとピアノによるインスト。エレクトロサウンドとタフなギターで重々しく始まる9.Evolutionaryはボーカルの絶叫ともに疾走開始!デスボイスとクリーンボイスの掛け合いが凄まじい!エモーショナルな歌唱から、ブレイクダウンっぽいパートを経て再びメロい展開へ繋がります。激しく刻むギターとエレクトロサウンドでカッコ良くスタートする10.Reach Your Light。ヘドバン必至のリズミカルなテンポがツボにはまりましたね!この曲でもブレイクダウンっぽく落としてその後疾走というニクい演出がなされています。クソカッコいいギターフレーズともはやお決まりとなったエレクトロなサウンドによるスピードチューン11.Departure。この曲ではギターが更に目立っていますね!イイぞイイぞ~♪日本語詞による歌唱もクサさを倍増させていますな。ピアノとドラムでゆったりとスタートする12.Emptyはここへ来てようやくスローナンバーです。こういうタイプの楽曲もなかなかいいですな~。アコギでしっとりとしたインストの13.Interlude - Recollection-。そしてアルバムラストは14.Evergreen。爆発的なメロディで疾走するアグレッシヴ・ナンバーです!!しばらくぶりだったデスボイスとパワフルなクリーンボーカルがたまらんですー!!なにげに歌詞が心に染み入ります・・・(涙)キラキラしたエレクトロサウンドも健在です。間違いなくこのアルバムのキラーチューンですね!

いやぁ、なんでこんなハイレベルなバンドが埋もれているんだ!?ただ単に私が知らなかっただけなのか?一線で戦える充分なクオリティを備えていると思います。ヘヴィなギターリフ、とてつもなくキャッチーで切なげなメロディ、効果的なエレクトロによるアレンジ、疾走感あふれる楽曲・・・最高です!14曲とボリュームが多めですが、スローナンバーは12.Emptyのみで、短いインストも3曲収録されています。他はほぼ疾走曲なので一気に聴き通せるのもイイですな!ちなみに歌詞は日本語です。

あと最初の曲を聴いたときは、てっきり女性ボーカルも居るのかと思ったんですけど、思いっきり勘違いでした(汗)お恥ずかしい・・。ホントにそれくらいクリーンなボーカルです。メンバーはボーカル、ギター×2、ベースの4人で、ドラムはヘルプなのかな?情報が少なすぎる!オフィシャルも見れないし・・・。2011年結成の愛媛のバンドだそうです。平均年齢19.8歳!若いな~!!詳細や試聴はhttp://www.audioleaf.com/whenmylifeisover/を参照ください。でも試聴出来る曲は昔のなのかな?ちょっとクオリティに難がありますね・・・。https://www.youtube.com/watch?v=N60EHTvF1Rwを聴いてみてください!

話が逸れましたが、かなり高品質な・・・なんだろう。ジャンルがよくわからないです(汗)スクリーモ?っていうのかな。メタリックな質感がかなりあるので、メタルコアって言ったほうがいいのかな。でもあからさまなブレイクダウン等はありません。まぁジャンルはどうでもいいでしょう!実力派のボーカルに加えて疾走感、アグレッション満点の楽曲に飢えている方は是非どうぞ!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| When My Life is Over | 19:34 | トラックバック:0 | コメント:0
The Ghost Inside / Dear Youth
The Ghost Inside / Dear Youth

1. Avalanche
2. Move Me
3. Out Of Control
4. With The Wolves
5. Mercy
6. Phoenix Flame
7. Dear Youth (Day 52)
8. Wide Eyed
9. MyEndnote
10. The Other Half
11. Blank Pages

84/100

メタル・コアバンド、The Ghost Insideの4thアルバムです。

またもamazon買いです。最近はamazonのおすすめを見る→youtubeで試聴→気に入る、みたいな流れが多いですな…。たまにはディスクユニオンとか行ってジャケ買いしまくったりしたいんですけど、引きこもり気質なのでなかなか実現できません。

話が逸れましたが、試聴した限りではかなりカッコ良さげなバンドですね!期待が高まります。ジャケットも渋くて素敵です。

かすれ気味のギターからゴツいボーカルの歌唱が入る1.Avalanche。その後はメタルコア風メロディで疾走開始!これはカッコいい!ヘーイ!ヘーイ!と掛け声が入り、ライブ向けの楽曲ですな。後半は極悪ブレイクダウンパートがあります。続く2.Move Meは縦ノリのノリノリナンバー。スタスタと軽快に疾走するスピードチューンです!うっすらと振りかけられたクサいメロディが良い感じ。ジリジリと焦らしたあとブレイクダウンで始まる3.Out Of Controlはヘヴィなメタルコア・ナンバー。コーラスでのメロディアスな歌唱はなかなか。ドラマティックさもありますね。4.With The Wolvesは軽やかに弾くギターとともにスピード感のあるドラミングが良い感じな一曲。爽やかなクリーンボーカルも素敵です。静かなイントロに始まる5.Mercyはいきなりヘヴィに落とすまさにメタルコア的な楽曲。その後はスピードアップしリズム良く進んでいきます。再びブレイクダウンパートに入り、ヘヴィに決めてますね。フンワリとした音色から始まる6.Phoenix Flameは渋いノーマルボイスによる歌唱からスタート、その後スクリームに移り、力強い歌唱で展開していきます。ストリングスも加わりコレまたドラマティックですな~。明るいメロディでスタートする7.Dear Youth (Day 52)は疾走感たっぷりに進んでいくスピードチューン!こりゃあ爽快ですな~♪アルバムタイトルに相応しい楽曲ではないでしょうか。ギターフレーズがとてもキャッチーです。終わり際にブレイクダウンも入ります。激しいドラミングから早口ボーカルが加わる8.Wide Eyed!これはスゴいカッコいい!すさまじいスピード感がたまりません。今まで以上にエモいコーラスパートが印象的な一曲です。9.MyEndnoteはダークなメロディが今までの曲と違った感じ。スピードアップし軽快に飛ばしていきます。ゴリゴリとしたブレイクダウンが入り、メタルコアらしさを見せてくれますね。ギターが今までになく壮大なスケール感を描く10.The Other Half。途中からアップテンポで進み、しゃがれた声によるコーラスパートに入ります!甘酸っぱいメロディが好印象です♪アルバムラストの11.Blank Pagesは薄暗い雰囲気の音色からスローテンポで進行する楽曲ですな。気だるい歌唱から力強いボーカルにシフトチェンジします。

これはまた質の高いメタルコア・バンドですね!メロディの良さは、部分的ですがObey The Braveの1stもこんな感じだったなー、と思いました。甘酸っぱいメロディって奴ですかね。あともうちょっとギターに活躍して欲しかったというワガママもありますが…(汗)

しかし、高品質な出来栄えではあるんですが、最近、個人的にこのジャンルには食傷気味ですね…(笑)それでも今作のような当たりを探して買いまくってしまうのですが。アルバム全体としては、序盤と終盤に良曲が固まってますね。中盤がちょっとダレてしまったかも?

キラーチューンは、爽快な疾走感のある「Wide Eyed」でしょう!このスピード感はたまりませんな~♪

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| The Ghost Inside | 18:55 | トラックバック:0 | コメント:0
Disarmonia Mundi / The Isolation Game
Disarmonia Mundi / The Isolation Game

1. Cypher Drone
2. Structural Wound
3. Perdition Haze
4. Building an Empire of Dust
5. Stepchild of Laceration
6. The Isolation Game
7. Blacklight Rush
8. Glimmer
9. Ties That Bind
10. Losing Ground
11. Same Old Nails for a New Messiah
12. Digging the Grave of Silence
13. Beneath a Colder Sun
14. The Shape of Things to Come (日本盤ボーナストラック)

95/100

Disarmonia Mundiの4thアルバムです。

実に今更感の強いレビューです。大好きなバンドなのであまりに聴くのがもったいなくて、最近ようやく聴いてみました!購入した意味がまったく無いですな(汗)もう5年以上前とは…!

そしてついに新譜5thアルバムが3月下旬に発売予定!これは超楽しみです。その前にこのアルバムを聴いておかなければ…!しかしボートラ抜きでも13曲とは、ちょっと多めですな…途中でダレたりしないといいのですが。

デジタルなイントロからヘドバン必至なギターリフで始まる1.Cypher Drone!グルーヴ感たっぷりでズカズカと進む疾走曲です。ボーカルワークはなんかもう凄すぎてよくわかりません!ビョーンの声がどれだか…(汗)ギターソロは短めですがテクニカルな感じですね。爽快感溢れるサビがたまらーん!こちらもリズミカルなビートで進む2.Structural Wound。アトモスフェリックでキャッチーなサビはやはりムンディ節が炸裂しています。モダンなメロディのギターソロが超カッコいい!スクリームも強力です。3.Perdition Hazeはいったん落ち着いて、ミドル~アップテンポに展開する楽曲。エモーショナルな歌いっぷりが染み渡りますなぁ。中毒性のあるメロディです。前作でいうところの「Celestial Furnace」みたいな感じですかね。アグレッシヴなボーカルの絶叫から爆走する4.Building an Empire of Dust。スピード感に乗ったクリーンボーカルが素敵すぎ!狂ったように弾きまくるギターソロも圧巻です。フワフワしたキーボードの音色から始まり、グルーヴィーにキメる5.Stepchild of Laceration。アップテンポでズカズカと進むナンバーです。なんでしょうかね、このヘドバンを誘う独特のリズムは!最高です!ピロピロと鮮やかに弾くソロパートもイイね~♪アルバムタイトルの6.The Isolation Gameはブヨブヨしたキーボードから哀愁をまとわせたギターでスタートするミドルテンポ・ナンバーです。ここでビョーンのクリーンボーカルが!良いタイミングで入ってきますねぇ~。今までになくギターソロがカッコ良すぎます!跳ねるようなビートで始まりズカズカと疾走を開始する7.Blacklight Rush。メロディ要素よりもアグレッションに重点をおいた、攻撃的な楽曲ですな。アコギでしっとりと始まるインストの8.Glimmerはアルバムの中休み的な楽曲でしょうか。暖かなメロディで弾いております。メロディックなギターでカッコ良くスタートする9.Ties That Bindはビョーンのクリーンボーカルが更に感情豊かに歌い上げる素晴らしい楽曲ですな。アップテンポで進む、クールな雰囲気があります。ちょっと怪しげなメロディのギターソロもイイぞ~♪10.Losing Groundはこちらもノリノリの跳ねるドラミングがたまらない楽曲。クリーンボーカルが中心になって進んでいきます。泣きのギターソロも入り盛り上がりは最高潮!ノイズっぽい変わったイントロから図太いギターでドカドカと進む疾走曲である11.Same Old Nails for a New Messiah。流麗なクリーンボーカルとアグレッションの対比が実に上手く、クオリティの高さを見せつけます。現代風のサビメロもイイ!スラッシーに疾走する12.Digging the Grave of Silenceは早口のシャウトが強烈な楽曲。うっすらと装飾されたキーボードの音色もたまらん!途中ではテンポを落としてメロディを聴かせにきます。終盤のヒロイックなメロディがカッコ良すぎますな!ドラミングもバシバシいってて爽快です。アルバム本編ラストは、インストの13.Beneath a Colder Sun。ギターがポロンポロンと静かに奏でられます。急に終わってしまう短いインストです。最後はノイズっぽくなって終了…。

日本盤ボーナストラックの14.The Shape of Things to Comeは、実にヘヴィなギターリフで始まるヘドバン誘発ソング!ノリの良さもありますな。クリーンなメロディとボーカルの歌唱が最高です!このクオリティでボーナストラックとは、大変恐れ入ります。

やはりムンディにハズレは無かった…!曲数が多くてダレたりしないかなぁと心配しましたが、もうキラーチューンの連発!!唯一の欠点は、あまりにもエクストリームな楽曲が続くので、ちょっと聴き疲れしてしまうところですかね(笑)ビョーンの出番がやや少なくなった気がしますが、それでもカッコ良すぎます!

また、前作では一緒に口ずさめるようなキャッチーな歌メロが充実していましたが、今作はどちらかというとヘヴィネスやアグレッションを重視した印象を受けましたね。

キラーチューンは、有りすぎて選ぶのが困っちゃいますが、やはりオープニングナンバーの「Cypher Drone」でしょうか。まだ聴き込みが足りないですが…。もうどの曲もフックのあるメロディがあって最高ですな!

あとは欲を言えば、これまでアルバムのラストを締め括ってくれていた「Colors of a New Era」や「A Taste Of Collapse」みたいなミドルテンポの叙情的な楽曲が欲しかったかな~。まぁワガママですけどね!とにかく素晴らしい作品です。これなら新譜も心配要らないですね!ジャケットはもう少しカッコ良くして欲しいけど…(笑)あと歌詞が読みづらい(;^_^A

以上、今更なレビューでした。無駄な長文を読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Disarmonia Mundi | 14:47 | トラックバック:0 | コメント:0
Engel / Absolute Design
Engel / Absolute Design

1. In Splendour
2. Casket Closing
3. Next Closed Door
4. The Hurricane Season
5. Propaganda
6. The Paraclete
7. Scyth
8. Descend
9. Trial & Error
10. I'm The One
11. Calling Out
12. Seven Ends

84/100

エクストリーム・メタルバンド、Engelの1stアルバムです。

4thアルバムからさかのぼり、ついにデビューアルバムです。シンプルなジャケットが特徴的ですね。さて1stアルバムの頃の音楽性はどんなもんでしょう!?

薄暗いギターから始まる1.In Splendourはモダンなギターリフで突き進むミドルテンポナンバー。かすれ気味のボーカルが特徴的ですな。サビではグルーヴ感もあるクリーンボーカルが入ります。2.Casket Closingはヘヴィなギターで始まり、静寂の中でボーカルが気だるい歌唱をみせます。しかしサビではキャッチーな歌いっぷり。ザリザリしたデジタルサウンドも使われていますね。しっとりとしたギターで始まるバラード調の3.Next Closed Door。叙情的な雰囲気はなかなかのものがありますな。コレは気に入りましたね☆怪しげなボーカルの歌唱が良い感じの4.The Hurricane Season。しゃがれた声でメロディックに歌うスタイルは変わりませんね。5.Propagandaは重心の低いラフなギターでスタート、ボーカルは早口でまくし立てるアップテンポナンバーです。サビではしゃがれた声でメロディを追うなかなかキャッチーな楽曲。ゴリゴリしたギターがカッコいい!テクニカルなギターリフでスタートする6.The Paracleteはクリーンなボーカルがエモーショナルに歌い上げるミドルテンポナンバー。繊細なボーカルワークがたまらない一曲。ギターがザクザクと刻んでいく7.Scythはミドルテンポで進んでいきます。うっすらと塗布されたメロディが良い感じ。サビでは爽快感のある歌いっぷりが!デジタルな装飾も効果的です。中盤は無機質な感じで展開していきます。呟くタイプのボーカルもなかなか。スローなイントロの8.Descendは実にムードのあるバラード調の楽曲ですな。悲しげな歌唱がより一層引き立ちます。一転してアグレッシヴなイントロの9.Trial & Error!コレはカッコいいぞ!ボーカルも攻撃的に歌い上げます。アップテンポでリズミカルな楽曲ですね。ズンズン来るドラミングもイイね~♪感情のこもったアツい歌唱がたまりません!10.I'm The Oneも続いてアップテンポ・ナンバーです。モダンメロデス的なギターリフがカッコいい!ボーカルは呟くスタイルからスクリームへシフト、サビでは浮遊感のある歌唱を見せます。ヘヴィなパートでは重々しいギターが活躍しますね。11.Calling Outは実にスピーディな楽曲!キタキター!うねるようなギターが弾きまくってます。ヘドバン必至ですな~♪サビでの扇情度は一番かも?ドラミングも激しく、一曲通してインパクトがありますね。アルバムラストは、またもやカッコいいギターリフでスタートする12.Seven Ends。アップテンポで進んでいきます。噛みつくようなアグレッシヴなボーカルパートがイイ!サビではお決まりのふんわりした雰囲気のメロディが登場します。

1stアルバムなのでまだ荒削りな部分もあるかなーと思いきや、かなり洗練されています。前半はゆったりとした楽曲が多くちょっと退屈かな~、とも思いましたが、後半の巻き返しがスゴいです!カッコいい楽曲のオンパレード!…は言い過ぎかもしれませんが、アルバム後半の楽曲が特に気に入りましたね☆

いやぁ、いいバンドと巡り会えました☆どのアルバムもハズレ無しです!未聴の方はぜひ聴いてみてください。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Engel | 17:56 | トラックバック:0 | コメント:0
dEMOTIONAL / State: In Denial
dEMOTIONAL / State: In Denial

1. Rush
2. Five Minutes
3. Tomorrow Is Today
4. Sleep Is For The Weak
5. State In Denial
6. When She Cries
7. Gone
8. Sleepless
9. Alive
10. I Tried
11. Words Unspoken

84/100

スウェーデンのモダン・メロディック・デスメタルバンド、
dEMOTIONALの1stアルバムです。

このバンドは「悶絶メタルのページ」さんで紹介されているのを見て知りました。いつもお世話になっております!
北欧のモダンなメロデスと聞いては買わずにはいられない!ということで早速購入しました。さて内容はどんなもんですかね~。かなり期待ですね♪

ヘヴィなギターから始まる1.Rushはボーカルが入ると共に疾走開始!エモーショナルなノーマルボイスによる歌唱も良い感じですな~。何より疾走感があって聴いていて爽快です。デジタルなアレンジも目立ちますね。静かなイントロからドラマティックに疾走する2.Five Minutes。サビではゆったりとした歌唱を聴かせにきます。キーボードのうっすらとした装飾も良い味を出してますね。デジタルなイントロの3.Tomorrow Is Todayはとてもスケール感のある楽曲。このボーカルはかなり上手いですね。迫力あるデスボイスを聴かせてくれます。この曲も疾走感がありますね。4.Sleep Is For The Weakはこのアルバムのキラーチューンか!?カッコ良すぎるギターで進み、エモいクリーンボーカルも入り、ズカズカと疾走します!アルバムタイトルの5.State In Denialはボーカルの歌唱を全面に押し出してますね~。途中からまたも疾走します!ボーカルがホントに上手いなぁ~。後半のグルーヴィーなパートもイイ!6.When She Criesはゴリゴリとしたギターリフで進む、こちらもスピードチューン!しかしサビではテンポを落としてボーカルがメロディを聴かせにきます。一転して柔らかなメロディで始まる7.Gone。バラード調の楽曲ですな。ボーカルの表現力がいかんなく発揮されていますね。メランコリックな雰囲気もあります。こちらも渋いギターで始まる8.Sleepless。力強く疾走します!モダンでカッチリとしたギターリフがイイですな!ウネウネしたキーボードから始まり軽快に疾走する9.Alive。奏でられるメロディがキャッチーですな~。特に後半のコーラスでのノーマルボイスが良い感じ。10.I Triedは特にデジタルチックなイントロからパワフルに進むミドル~アップテンポナンバーです。シャープなギターがイイね~♪アルバムの最後は11.Words Unspoken。ギラギラしたキーボードの音色とブチキレ気味のデスボイスが絡み合う楽曲です。ミドルテンポでじっくりと進んでいきます。

似たようなタイプの楽曲が多いのは確かですが、中でもインパクトに残ったのは「Sleep Is For The Weak」ですね。文句無しにカッコいい♪メロディックに爆走するスピードチューンです!

毎度のことながら、悶絶メタルのページさんに感謝です。ありがとうございます☆

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| dEMOTIONAL | 18:46 | トラックバック:0 | コメント:0
Engel / Threnody
Engel / Threnody

1. Threnody
2. Sense The Fire
3. Until Eternity Ends
4. To The End
5. Down
6. Heartsick
7. Feed The Weak
8. For Those Who Will Resist
9. Every Sin (Leaves A Mark)
10. Roll The Dice
11. Elbow And Knives
12. Perfect Isis
13. Fearless(日本盤ボーナストラック)

86/100

エクストリーム・メタルバンド、Engelの2ndアルバムです。

4thアルバム「Raven Kings」からさかのぼって聴いています。4thや3thアルバムはかなりの高品質な出来栄えでしたが、この頃はどうでしょうか。世間一般の評価はこのアルバムが良いみたいですね、期待が膨らみます♪

1.Threnodyはスラッシュ・メタル的な勢いのあるギターから始まります!こりゃあいきなりカッコいい!ボーカルも強力なスクリームとクリーンなボーカルを駆使しています。ギターソロは暗い感じのメロディを弾いており、雰囲気にピッタリですな~。アコギによる叙情的なイントロの2.Sense The Fireは物悲しさをたたえたバラード調の楽曲。サビでのメロディアスな歌唱はやはり素敵です。デジタルサウンドからアグレッシヴに疾走する3.Until Eternity Ends!ギターが弾きまくりです!爽やかなクリーンボーカルがイイですな!ヘヴィなギターリフも見逃せませんね。イエテボリ系のメロディがまたたまらん~♪またもアコギで渋めにスタートするバラード4.To The End。力強いボーカルの歌唱がメインのキャッチーな楽曲で、アウトロもアコギが奏でられます。ストロングなギターリフから始まる5.Down。アップテンポでリズミカルに進んでいきます。サビはもちろんエモーショナルなクリーンボーカルで。ギターの奏でるダークな印象を受けるメロディが特徴的ですね。スクリームも強力!マシーナリーなイントロの6.Heartsickはゆっくりとヘヴィに進んでいくミドルテンポ・ナンバーです。かすれたボーカルが哀愁を漂わせます。ちょっとゆったり目の曲が続きますな…(汗)7.Feed The Weakは北欧の叙情的なメロディが実に美味しいアップテンポ・ナンバー。ライブで盛り上がりそうな楽曲ですな。ザリザリとしたギターからスタートする8.For Those Who Will Resistはズンズンと進む、こちらもアップテンポな一曲。跳ねるようなリズムですね♪広がりのあるクリーンボーカルがインパクトあります。デジタルな装飾にゴリゴリとしたギター、そしてカッコ良すぎるクリーンボーカルが目立っているミドルテンポ・ナンバー9.Every Sin (Leaves A Mark)。モダンなヘヴィリフがクールです!泣きのギターソロもカッコいい!どす黒い恐ろしげなメロディで始まる10.Roll The Diceはミドルテンポの楽曲。重々しい雰囲気に包まれています。11.Elbow And Knivesはここへ来てスピーディな楽曲!デジタルなアレンジが光っています。スタスタと疾走する爽快な楽曲ですな。静かなアコギの音色からだんだんと音が入ってくる12.Perfect Isis。ボーカルはよりディープな歌唱を披露しています。メロディアスなギターソロもイイですね!

日本盤ボーナストラックは13.Fearless。ウネウネしたアレンジから始まり、なかなかアグレッシヴな楽曲になっています。モダンな質感が光るアップテンポ・ナンバーです。

う~ん、個人的には3rdや4thアルバムの方が好きかなぁ。体感速度は最近の2枚のアルバムが勝っているのではないでしょうか。このアルバムは、あんまりスピード感がありませんでしたね…。(1曲目や3曲目はかなり良いのですが。)しかしメロディは相変わらず素晴らしく、ついついリピートをしてしまいますね。

キラーチューンはもう間違いなく「Threnody」でしょう!こんな感じのハイテンションでスラッシーな楽曲がもっと聴きたかった…!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Engel | 14:50 | トラックバック:0 | コメント:0
Engel / Blood Of Saints
Engel / Blood Of Saints

1. Question Your Place
2. Frontline
3. Feel Afraid
4. Numb
5. Cash King
6. One Good Thing
7. Blood Of Saints
8. Down To Nothing
9. Drama Queen
10. In Darkness
11. Journey's End
12. Neon Knights(日本盤ボーナストラック)

87/100

エクストリーム・メタルバンド、Engelの3rdアルバムです。

Engelの4thアルバム「Raven Kings」を聴いてモロにツボにハマったので、さっそく過去作品に手を出しました☆4thアルバムのようなメロディアスなメタルだと良いのですが…その内容はいかに!?

デジタルなアレンジからいきなりブレイクダウンで始まる1.Question Your Place!エレクトロな音色がかなり目立ちますね。サビではよりエモーショナルなクリーンボーカルの歌唱が入ります。ズンズンとヘヴィに進行していきますな。悲哀に満ちたサビでの歌唱はさすがです。アグレッシヴなギターがドライヴする2.Frontlineはスピーディな楽曲で、コレがまた超カッコいい!ザクザクとメロデス風のギターに加え、泣きのギターソロパートも出てきます!これは早くもキラーチューンか!?メロディックなギターからスタートする3.Feel Afraid。ミドルテンポでじっくりと進んでいきます。マシーナリーな印象が強いですね。フンワリとしたサビがイイ!短いですがギターソロもあります。スピード感のあるイントロの4.Numbは強力なボーカルとデジタルなアレンジが上手く組合わさった楽曲。やはりメロディには爽快感があります。エレクトロ・サウンドのあとはブレイクダウンで一気に落とします。こういうブレイクダウンは4thアルバムでは見られなかったなぁ。チャカチャカとデジタルなイントロから疾走を始める5.Cash Kingはカッコいいボーカルの歌いっぷりとメロデスチックな叙情的なギターフレーズがたまらない一曲!カッコいい~♪ついついヘドバンしてしまいます。テクニカルなギターソロも聴きどころですな。美しい音色から始まりデジタルサウンドとヘヴィリフで進んでいく6.One Good Thing。ちょっと今までの曲と比べるとテンションが落ちるかな…。わりと穏やかな曲です。ここでもエレクトロなアレンジが目立っています。暗黒系のメロディから始まり、ミドルテンポでじっくりと展開する7.Blood Of Saints。サビでのメロディはまぁまぁかな~。もう一声欲しいところです。デジタルチックな装飾からだんだんとスピードを上げていく8.Down To Nothing。きらびやかな音色がカッコいいです!サビでの歌唱もキャッチーで言うこと無しです。実に叙情的!もんのすごいエレクトロなサウンドで始まるアップテンポナンバーの9.Drama Queen。図太いギターリフが良い感じ。扇情度のあるギターソロもイイね~♪北欧的なメロディが美味しい10.In Darknessはモダンなリズムに乗せていくキャッチーな楽曲。サビはより一層感情が込められています。この曲のギターソロがまた弾きまくってます!アルバムラストの11.Journey's End。ドラマティックなイントロからブレイクダウンに突入、気だるいボーカルの歌唱からアグレッションのあるボーカルにシフトチェンジします。スロー~ミドルテンポでじっくりと歌っていますね。ギターもメロディアスに弾いております。

日本盤ボーナストラックは12.Neon Knights。例によって原曲は聴いたことがありません(汗)有名な曲なんですよね。曲の方は、強いエレクトロな音で始まり、クリーンボーカルとともに軽快に飛ばしていくアップテンポナンバーです。これはまたカッコいい!ノリノリですな。キーボードによる音色とギターソロが文句なく素晴らしい。原曲も聴いてみなければ…(汗)

今作では、4thアルバムではほとんど聴かれなかったエレクトロ・サウンドがかなり目立っていますね。それに加えてブレイクダウンの導入と、新しい要素にチャレンジしているようです。4thアルバムではその姿は見られませんでしたが…(汗)不評だったのかな?私はわりと気に入りましたね☆

キラーチューンは、メロデス風味もあるアグレッシヴ・チューンの「Frontline」か「Cash King」のどちらかですかね~。両曲ともにアグレッションあり北欧的な叙情性ありの美味しいとこ取りですな!

さて次は2ndアルバムを聴いてみたいと思います。さかのぼっていくのもなかなか楽しいですな☆

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Engel | 18:51 | トラックバック:0 | コメント:0
A Ghost Of Flare / 鼓動
A Ghost of Flare / 鼓動

1. Prologue
2. Under the Control of the Black
3. Rain Named Desire
4. Cocktail
5. Number Six
6. Silence and Then...
7. 鼓動

81/100

国産のメタル・コアバンド、
A Ghost of Flareの1stミニアルバムです。

国産のメロデスバンドは結構買っちゃう方なんですが、メタル・コアはあまり無いですね~。日本語タイトルの曲もあり、個性的な感じがしたので購入してみました。ジャケットもどこか惹かれるものがありますね。スピード感のあるやつ、お願いします!

1.Prologueは怪しいボーカルの語りから始まるイントロ的楽曲。続く2.Under the Control of the Blackは実にヘヴィなギターリフでゴリゴリと進むアップテンポ・ナンバーです!ボーカルはドスの効いた迫力あるデスボイスを駆使していますね。途中ではシンフォニックな雰囲気も出てきており、なにやら爽やかな感じになります。ボーカルの絶叫とともに激しいドラミングで始まる3.Rain Named Desire!カッコいいぞコレは!なんか女性の声が混じってたりして多少カオスですが(笑)ずっしりとブレイクダウンパートがあり、そこからの爆走パートへ移る展開がたまらなく良い感じです♪しかしドラムがスゴいことになっていますな…(汗)ラストはまたブレイクダウンして終了。4.Cocktailは男女の会話から始まり、突然疾走を始めるスピードチューン!ノリノリでドライヴするギターが最高です!コーラスパートでは激情にあふれた強力なボーカルの歌唱が入ります。後半もスピード感があり聴いていて心地よいですな♪ノイズからいきなり落とすイントロの5.Number Six。ミドルテンポで重々しく進んでいきます。中盤ではメロディアスなギターフレーズが炸裂しますね!ただそれ以外はあんまりメロディ要素は多くない曲ですな。終盤に差し掛かると再びシンフォニックなアレンジが入り雰囲気を盛り上げています。幻想的なピアノの音色から始まる6.Silence and Then...は静寂なインスト。続くラストは7.鼓動。女性のセリフが入り青春くさいメロディで突っ走ります!グルーヴ感たっぷりでヘドバンしてしまいますね!コーラスもメロディックで聴きやすい。日本語詞による歌いっぷりも悪くないですな。

ミニアルバムですが、なかなかの充実度ですね。これはフルアルバムがかなり楽しみです☆特に気に入ったのは「鼓動」でしょうか。実にアグレッシヴで、メロディの良さも一番です。こういう楽曲がたくさん聴いてみたいですねぇ~♪シンフォニックなアレンジも特徴的で良いと思います。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| A Ghost Of Flare | 16:14 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム | 次のページ>>

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR