音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

Soilwork / Beyond The Infinite
Soilwork / Beyond The Infinite

1. My Nerves, Your Everyday Tool
2. These Absent Eyes
3. Resisting The Current
4. When Sound Collides
5. Forever Lost In Vain

86/100

エクストリーム・メタルバンド、Soilworkの来日記念盤EPです。

ついに目前まで迫ったLoudpark!来日記念盤とは非常に嬉しい限りです♪5曲入りですべて新曲…というか、あの名盤「The Living Infinite」に収録されなかった5曲だそうです。とにかく聴けるのはとても嬉しいですな~♪今回のEPにも収録されなかった1曲というのも気になりますね…。

1.My Nerves, Your Everyday Toolはいきなりメロディアスなギターフレーズから始まるアップテンポ・ナンバー!ビョーンのスクリームはさすがの一言です。叙情的なノーマルボイスと絡み合うパートを経て、爽やかなメロディのサビへ!ギターソロもしっかりピロピロと弾いており、良い感じですな。つづく2.These Absent Eyesは静かなイントロから強力なドラムが入りヘヴィに進む、アップテンポでリズミカルな楽曲。ノリの良い曲ですね~♪サビではスピードを落としクリーンにキメる一曲です。後半はスタスタと疾走するパートもあり、かなりカッコいい!3.Resisting The Currentはスタスタと軽快に疾走するスピード・チューン。ボーカルが入るとテンポを落とし、メロディアスなサビへと突入します。ビョーンの歌唱はやはりたまらんですな~♪またソロパートもカッコいい!珍しく長めに弾いてくれてます(笑)4.When Sound Collidesは不穏な雰囲気のイントロから渋いギターが入り、その後いきなり爆走!スゴく良い感じですな!ストレートに進み、ギターメロディに乗せて歌うビョーンの歌唱が最高ですね☆ギターリフもとても素晴らしい!中盤ではまたもクールなギターソロが炸裂します。このソロパートが実に聴きごたえがありますね~♪最後の5.Forever Lost In Vainはモダンでカッコいいギターリフで始まり、ズカズカと突進していくスピード・チューンです!スピードに乗せて紡がれるクリーンボイスがイイ!後半はスピードを一旦落とし、フラッシーなギターソロに入ります。ビョーンの歌唱もこの曲が一番輝いてますね。

買う前から何故か「ミドルテンポの楽曲が多いんだろうなぁ~」とか思ってたんですけど、思いきり裏切られました(笑)むしろ逆にゆったり進む楽曲が無くて、どの曲もアップテンポ~やや疾走気味な楽曲です!メロディもとてもキャッチーで、聴いていて爽快な気分になりますね。あとギターソロの充実度。コレも見逃せません!自然と頭を振れる、カッコいい5曲になっています。

なんでアルバムに入れなかったんだ!?っていうくらいのクオリティです。新譜まで待てない!という方はコレを聴いて気持ちを落ち着けましょう(笑)Soilwork好きなら購入して損はまったくしないと思います!新譜がメチャクチャ楽しみだー!!
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Soilwork | 15:15 | トラックバック:0 | コメント:0
Obey The Brave / Salvation
Obey The Brave / Salvation

1. Short Fuse
2. Raise Your Voice
3. Up In Smoke
4. Into The Storm
5. Next Level
6. Back In The Day
7. I Am Winter
8. Lone Wolf
9. C'est La Vie
10. Full Circle
11. North Strong
12. Brave The Fire

83/100

メタル・コアバンド、Obey The Braveの2ndアルバムです。

前作では疾走感もあり叙情的なメロディもありの、かなり高品質なアルバムでした。今作も期待して購入!アツいメロディを再び聴かせてくれるでしょうか!?アルバムジャケットはシンプルだった前作のものから、今作はなんか死神と獣が戦ってます(汗)

ずっしりとしたスローなリズムで進む1.Short Fuseは、ゴリゴリとしたギターが特徴的な、短めな楽曲。2.Raise Your Voiceはだんだんとスピードを上げてアップテンポになり、メロディアスなギターとともにノーマルボイスによる歌唱が入ります。このメタルコア的な歌唱は前作ではあまり見られませんでしたね。なかなかキャッチーで良い感じ。3.Up In Smokeは待ってました疾走ナンバー!オーオーと男らしいコーラスが入りズカズカと突進していきます!しゃがれ声によるサビでのキャッチーな歌唱はなかなかのものですね。後半はブレイクダウンで落としてきます。激しいドラミングから始まるスピーディな4.Into The Storm。正統派なギターリフにカッコいいボーカルが加わります。ただ後半のブレイクダウンパートが長くてちょっとダレますね…。5.Next Levelは緊迫感のあるイントロからヘヴィに始まり、ズンズンとグルーヴィーに進んでいきます。後半の叙情的なギターが印象的ですな。6.Back In The Dayはかなりメロディアスなギターメロディで始まる、アップテンポ・ナンバー。ボーカルはやはり力強さがある魅力的な声をしていますね!7.I Am Winterはかなりの勢いで突っ走るスピード・チューン。コレは前作のような雰囲気が強いですね。グルーヴ感満載で進行します。8.Lone Wolfは渋いギターフレーズで始まるミドル~アップテンポ・ナンバー。ドラミングが特にカッコいい!ウォーウォー言ってるコーラスも楽曲を盛り上げますね。9.C'est La Vieはゴリゴリしたギターでスローに刻んでいくミドルテンポ・ナンバーです。サビで少しスピードを上げてます。途中の疾走パートはカッコいいですな。切れ目なく始まる10.Full Circle。タフなギターリフ中心でゴツいメタル・コアナンバーになっています。激しいボーカルから始まる11.North Strong。ミドルテンポで進む典型的なメタルコア・ナンバーですね。最後の12.Brave The Fireはこちらもグルーヴ感満載の楽曲。スピードはあまり上げずにミドルテンポで進んでいきます。

どちらかと言うと前作の方が好きかな~。前作は叙情的なギターが盛りだくさんで、かつスピード感のある楽曲がたくさんありました。今作にもそういう楽曲があるにはあるんですが、他は何というかグルーヴ感を重視した曲が多いですね。何曲か純粋にカッコいい!と思える曲もありましたが、前作を気に入った人は今作はちょっと微妙…かもしれません。次回作に期待!ですね~。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Obey The Brave | 15:18 | トラックバック:0 | コメント:0
In Flames / Siren Charms
In Flames / Siren Charms

1. In Plain View
2. Everything’s Gone
3. Paralyzed
4. Through Oblivion
5. With Eyes Wide Open
6. Siren Charms
7. When The World Explodes
8. Rusted Nail
9. Dead Eyes
10. Monsters In The Ballroom
11. Filtered Truth
12. Become The Sky(日本盤ボーナストラック)

85/100

In Flamesの11thアルバムです。

前作は、あまりパッとしないなりにも聴き込んでいくうちになかなか良いアルバムだなぁと思える作品でした。しかしやっぱり自分にとっては「Colony」や「Come Clarity」の輝きが忘れられないです…(T_T)
今作もジャケットからして期待出来ませんが、In Flamesならやってくれると信じて聴きたいと思います!…なんだかんだ言って期待しちゃうんですよね…(汗)

インダストリアルな感じのイントロからゴリゴリしたギターが哀愁のメロディを奏でる1.In Plain View。ボーカルは呟くような声とスクリームを使い分けています。叙情的でもあるソロパートもなかなかイイ!サビでの歌唱はスクリームでドラマティックです。ズカズカと疾走したかと思えばすぐにスローになり暗く呪詛的な歌唱を見せる2.Everything’s Gone。禍々しいヘヴィなギターが印象的ですな。3.Paralyzedは静かなギターメロディで始まるミドルテンポ・ナンバー。サビではテンポを上げ壮大なスケールを感じさせます。ギターソロもよく弾いていて良い感じです!4.Through Oblivionは静寂な雰囲気に気だるい歌唱が入るバラード調の曲。ボーカルの技量が冴えていますね。5.With Eyes Wide Openはもうポップな感じさえするメロディで進んでいく、こちらもバラードっぽい曲。しかし奏でられる穏やかなギターはなかなか気に入りました。6.Siren Charmsはベースからスタートし、ボーカルの歌唱を中心にして進みます。ギターもなかなかカッコいいですね。哀しく儚い雰囲気が漂っています。アグレッシヴなギターフレーズで始まる7.When The World Explodesは絞り出すようなボーカルがスゴいですね~。途中から女性ボーカルも加わりふんわりとしたメランコリックな印象を受けます。8.Rusted Nailは静かなイントロからヘヴィなギターリフで進み、ダイナミックなサビへと突入する楽曲。ギターソロがなかなかカッコいいです!スローなイントロで始まる9.Dead Eyesは、勇壮なイメージのあるサビでのメロディがいいですね~☆感情のこもったボーカルの歌唱も合っています。明るいギターソロにも注目ですな。10.Monsters In The Ballroomはデスメタリックなギターとドラミングで始まる楽曲。しかしボーカルはノーマルボイスで歌い上げます。サビでは明るくクリーンな歌メロで飾られますね。アルバム本編最後は11.Filtered Truth。ボーカルのアグレッシヴな歌唱も入りなかなかカッコいい曲に仕上がっていますね。メロディアスなギターソロも良い感じ。12.Become The Skyは日本盤ボーナストラック。静かなイントロから哀しげなギターフレーズと、ボーカルの豊かな歌唱が入ります。サビでの明るめなメロディがハマりますね。

何回か聴き込みましたが、やはり前作を踏襲したアルバムに仕上がっていると思います。前作が良かったという方なら今作もイケる…かなぁ。個人的には1曲目はかなりカッコいい!と思いましたがその後はまぁまぁな感じの曲が続くという…なんとも歯がゆい気分です。スピード感やアグレッシヴさでいうなら前作の方が上だったかな?ミドルテンポ・ナンバーが増えた気がします。これなら前作の方がまだマシかもしれません…。

(9/23追記:以上のような感想文を書いたのですが、そのあと更に聴き込みを続けたところ、なんかカッコいい!と思えるようになりました。イヤホンで大音量で聴いたらなんとまぁカッコいい。ギターの煽情度はやはりというものがあるし、非常にドラマティックでメロディアスな楽曲が揃っています。キラーチューンはやはり1曲目ですが、他の曲も悲壮感や叙情性に富んだ素晴らしい楽曲だと思います!というわけで点数も上げておきました。いやぁ、自分でもこんなに評価が変わるとは思いませんでした(汗)やっぱりIn Flamesは最高です!)

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| In Flames | 16:15 | トラックバック:0 | コメント:0
The Crown / Crowned Unholy
The Crown / Crowned Unholy

1. House Of Hades
2. Crowned In Terror
3. Under The Whip
4. Drugged Unholy
5. World Below
6. The Speed Of Darkness
7. Out For Blood
8. [I Am] Hell
9. Death Is The Hunter
10. Satanist
11. Death Metal Holocaust

88/100

The Crownの5thアルバム(リレコーディング)です。
このバンドの最高傑作は「Deathrace King」だと思っているのですが、このアルバムはボーカルを元メンバーのヨハン・リンドストランドで録り直したものになっています。(今はもう正式メンバーになったんでしたっけ?)個人的にヨハンのボーカルが大好きだったので、コレは大歓迎です☆

息の詰まるような重々しいイントロの1.House Of Hadesから2.Crowned In Terrorへ!強烈なブラストビートで爆走します!ザリザリとしたギターにヨハンのカッコいいシャウトが乗っかる、いきなりのキラーチューン!叙情的なメロディも微かに匂わせる辺りが最高ですね☆フラッシーなギターソロにも隙がありません。3.Under The Whipもブラストビートからテンポよく進むスピードチューン!曲タイトルを絞り出すように叫ぶ辺りがイイ!アンダァァー・ザ・ウィ~~ップ!!続いてロックンロール的なノリの良さを見せる4.Drugged Unholy。ズカズカとストレートに進みます。ヨハンのシャウトはやはりカッコいいですなぁ。切れ目なく始まる5.World Belowはザラついたギターでゆっくりと展開していくミドルテンポ・ナンバー。曲全体を覆う邪悪さがたまりませんね。ギターソロもテクニカルです。一風変わったイントロから高速ドラムが入る6.The Speed Of Darknessはメロディも忘れずに疾走するクールな一曲。途中でノーマルボイスによる歌唱も入り、楽曲を盛り上げますね~♪キレキレのギターソロもカッコいいですな!緊迫感のあるイントロの7.Out For Bloodはまたも爆走するスピードチューン!メロディックなギターソロもポイントですな。8.[I Am] Hellは序盤からパワー全開のスピードチューン!ブラストビート連発でかなりアグレッシヴな楽曲になっています。ギターソロも弾きまくりです!9.Death Is The Hunterはようやく落ち着いたアップテンポの楽曲ですね。バキバキ鳴ってるベースがカッコいいイントロの10.Satanist!こちらもノリの良いスピードチューンですな~♪掛け声の後にギターソロになだれ込む辺りが最高ですね☆アルバムラストの11.Death Metal Holocaustはノイジーなイントロからひたすらブラストビートで爆走、スゴい勢いのある楽曲です。曲タイトルを一緒に叫びたくなりますね♪

ボーカルが交代しただけでかなりカッコ良さが違いますね!私は個人的にはこちらのアルバムの方が気に入りました!ヘドバン必至の名盤ですねぇ。やはりヨハンのボーカルでなければ!新譜の予定はないんですかね~?

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| The Crown | 20:52 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR