音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

Vision Divine / 9 Degrees West Of The Moon
Vision Divine / 9 Degrees West Of The Moon

1. Letter To My Child Never Born
2. Violet Loneliness
3. Fading Shadow
4. Angels In Disguise
5. The Killing Speed Of Time
6. The Streets Of Laudomia
7. Fly
8. Out In Open Space
9. 9 Degrees West Of The Moon
10. A Touch Of Evil
11. Fly(Demo Version)

75/100

Vision Divineの6thアルバムです。
大好きだったボーカリスト、ミケーレ・ルッピが脱退…。それ以来Vision Divineのアルバムはスルーしてきましたが、今月は特に狙っているアルバムリリース情報が無いので、思い切ってずっと買わずにいた6th、7thアルバムを購入しました。ファビオ・リオーネのボーカルをまともに聴くのはほぼ初めてなので、実力派シンガーの技量に期待です!

シンセによるイントロの1.Letter To My Child Never Bornはいきなり8分超えの大作です。なかなかにメロディックなギターと力強いボーカルが良い感じです。曲展開もそこまで複雑ではなく、キャッチーなコーラスがイイ!途中でピアノが入り、だんだんと音がフェードアウトしていき、ボーカルが静かに歌い上げます。ギターソロはあんまりカッコ良くないな…(汗)しかし一曲目としては悪くないですね。2.Violet Lonelinessはギターに加わるピアノがクサい楽曲。アップテンポで進み、サビではボーカルの滑らかな歌唱が入ります。こちらの曲も悪くはない…ですな。もうちょっとメロディアスなギターソロだと尚更良いんですが。印象的なキーボードとヘヴィなギターでスタートする3.Fading Shadowはかなりカッコいい!ボーカルを中心にしたアップテンポ・ナンバーです。妖しげなサビメロが特徴的ですな。ギターソロも今までと比べると良いのではないでしょうか。4.Angels In Disguiseはミドルテンポでゆっくりと進む楽曲。バラードタイプの曲ですね。だんだんと盛り上がりを見せる、こちらも気に入った一曲です。ボーカルの歌唱もいいですね~。5.The Killing Speed Of Timeはいきなりスラッシーに疾走するスピード・チューン。ボーカルもアグレッシヴに吐き捨てるように歌います。サビでのメロディはゆっくりと奏でられていますね。この対比がなかなか面白いです。とても爽やかなメロディで跳ねるように進む6.The Streets Of Laudomia。明るい感じでアップテンポの良曲ですね。こういう感じの曲がもっと聴きたいなぁ~。カッコいいギターから始まる7.Fly。メロウな感じでボーカルの実力がよく発揮されている楽曲ですね。コレもお気に入りです☆暗い雰囲気から重々しいギターが入る8.Out In Open Space。勇ましいコーラスが印象に残りますね。9.9 Degrees West Of The Moonは静かなイントロに優しげなボーカルで進んでいく楽曲。途中で女声による語りが入ります。その後はギターがメロディを奏でたあと、静かに幕を下ろします。10.A Touch Of EvilはJudas Priestのカバーです。とてもヘヴィでカッコいいですな~。ボーカルの歌唱もなかなか合っています。11曲目は7.Flyのデモバージョンです。

アルバム全体通して、悪くはない…のですが、どうもハマりきれませんでした(汗)何曲か「おっ!」と思うような曲はありましたが、全体として見てみると地味な印象が拭えません。初めてまともに聴いたファビオ・リオーネのボーカルは、少し抑え目に歌ってるのかな?ちょっとイマイチに感じてしまいました。これでミケーレ・ルッピだったらなぁ…と思ってしまうのはワガママですかね(汗)あの伸びやかで艶のあるハイトーンボイスが恋しくなってしまいました。

まぁでも、「買わなきゃよかった…。」とまではいかなかったので、ヨシとしましょう!
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Vision Divine | 18:51 | トラックバック:0 | コメント:0
Destrage / Are You Kidding Me? No.
Destrage / Are You Kidding Me? No.

1.DESTROY CREATE TRANSFORM SUBLIMATE
2.PURANIA
3.MY GREEN NEIGHBOUR
4.HOSTS, RIFLES & COKE
5.G.O.D.
6.WHERE THE THINGS HAVE NO COLOUR
7.WATERPARK BACHELORETTE
8.BEFORE, AFTER AND ALL AROUND
9.(OBEDIENCE)
10.ARE YOU KIDDING ME? NO.
11.36,7℃ (日本盤のみボーナストラック )

85/100

Destrageの3rdアルバムです。
前作ではヘヴィでありながらノリノリの音楽性でヘドバン必至の高品質なアルバムでしたが、今作はいかがな出来栄えでしょうか!?

1.DESTROY CREATE TRANSFORM SUBLIMATEはイントロからピロピロと弾きまくりのギターと変則的なメロディが特徴的なアップテンポ・ナンバー。ボーカルはちょっとイカれた感じですがノーマルボイスでメロディを歌い上げるパートもありますね!アコギでムードを盛り上げ、浮遊感のあるボーカルが歌う辺りがイイ!終盤はもうメチャクチャでワケがわかりません!2.PURANIAは意外とストレートなギターリフで始まり、呟くようなボーカルから入ります。ノリノリのアップテンポ・ナンバーですね。このバンドにしてはマトモな感じがします(笑)でもやっぱりカッコいい!続いて3.MY GREEN NEIGHBOURはメチャクチャに始まるカオスな一曲。こちらもノリノリなナンバーになっており、ズンズンと響くドラミングが最高ですね☆ボーカルの歌唱も多様な歌い方を披露しており、相変わらず上手いですね~。4.HOSTS, RIFLES & COKEはミドルテンポでヘヴィに突き進む楽曲です。サビでは多少スピードを上げてキャッチーな感じになります。ギターソロもテクニカルでカッコいいです。5.G.O.D.はウニョウニョしたイントロからスタートするミドルテンポ・ナンバー。なかなか曲展開が複雑です。この曲はちょっと退屈かなぁ~…。6.WHERE THE THINGS HAVE NO COLOURはアコギで渋いイントロからメロディアスに進む一曲。途中からザリザリとしたギターが入り、ゆったりと展開していきます。ギターソロは明るい感じのメロディアスなものになっておりますな。7.WATERPARK BACHELORETTEはキタキター!!なアグレッシヴ・ナンバーです!アップテンポで非常にノリの良いメロディですね。途中でアコギとフンワリしたボーカルの歌唱も入ります。相変わらずカオスですね~。8.BEFORE, AFTER AND ALL AROUNDはボーカルの呟きからスタート、図太いギターが楽曲をリードしていきますね。コレもちょっと退屈かも…(汗)9.(OBEDIENCE)はキレたボーカルが印象的なミドルテンポの楽曲。う~ん、後半はちょっと失速気味?タイトルトラックである10.ARE YOU KIDDING ME? NO.は、スピード感あるボーカルが存在感を発揮している楽曲です。途中から曲展開が変わりテクニカルなギターソロが入ります。なにやら渋いメロディで歌うパートが面白いです(笑)その後は再びヘヴィなギターを奏でていきます。日本盤ボーナストラックの11.36,7℃はメロウな感じのしっとりしたギターメロディに乗せて、ノーマルボイスによるメロディックな歌唱を聴くことができます。

う~ん、悪くはないんですが、あんまり気に入った楽曲が少なかったですかね…(汗)個人的には2ndが大好きなので、それを超えることは出来ませんでした。しかし相変わらずテクニックはスゴいし、ハチャメチャな展開も健在なので、買って損はまったく無いと思います。自分もまだ聴き込めてないので、これから何度もじっくり聴いてみたいと思います!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Destrage | 22:55 | トラックバック:0 | コメント:0
BRIDEAR / Overturn The Doom
BRIDEAR / Overturn The Doom

1. New Era
2. Pray
3. Thread Of The Light
4. Imitation
5. Another Name
6. Voice Is To Silence
7. Wing Of Hope

80/100

BRIDEARの1stミニアルバムです。
いつもながらのAmazonショッピングです。いつも「あなたへのお勧め」されると正直少し興味が出てきてしまいますね(笑)ネットで試聴したところかなり質は高そうなので購入しました!

1.New Eraは厳かな雰囲気を醸し出すイントロで、徐々に盛り上がりを見せます。つづく2.Prayはとてもヘヴィなギターと心地よいドラミングがカッコいい!女性ボーカルはハスキーな声とキャッチーな声を使っていますね。サビでは明るめでポップなメロディで飾られます。実質1曲目にしてはまぁまぁですかね。3.Thread Of The Lightも疾走感あるギターからスタスタとスピーディに進むスピード・チューンです。希望に満ち溢れたポジティブなサビメロが良い感じですな!ギターソロもピロピロとテクニカルに弾きまくりでカッコいいです。4.Imitationもクールなギターで疾走するスピード・チューンです。キャッチーなボーカルもなかなかイイですね。ギターソロは叙情的なメロディで奏でられています。この曲に限らずギターソロが長くて聴き応えがありますな!5.Another Nameはザリザリとしたギターリフでミドルテンポに始まる一曲。ボーカルが入るとアップテンポになり、かなり哀愁を漂わせる良曲ですね!コレはキラーチューンです!とても気に入りました。ギターソロもバッチリです。6.Voice Is To Silenceはちょっとメロデスライクなギターから始まる期待大な楽曲。ボーカルもアグレッシヴに歌いますが、声質からかキャッチーな感じに聴こえますな。そしてお決まりとなったメロディアスなギターソロが素晴らしい!7.Wing Of Hopeは泣きのギターによるイントロからスタートする疾走曲です!これまでの曲とは多少雰囲気が違いますね。ベースも目立っていてとてもテクニカルです。ソロパートもスゴい!最後は明るいメロディで締めくくります。

演奏陣がなかなかにテクニカルで、楽曲の方はもう少しキャッチーさが欲しいかなぁ~と思いました。しかしどの曲も疾走感ある楽曲が並び、ソロパートも派手で充実しています。捨て曲らしいものも無いので、フルアルバムに期待ですね!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| BRIDEAR | 15:51 | トラックバック:0 | コメント:0
MinstreliX / Through The Gates Of Death
MinstreliX / Through The Gates Of Death

1. Eternal Death Rave
2. Coming Of Age
3. Light Casts A Shadow

85/100

MinstreliXのシングルです。
2枚のシングル連続リリース、こっちはデス編ですね。果たしてどんな楽曲になっているのでしょうか!?こちらも、今更感が強いですね(汗)早く購入した「CHRONOSTRINGS」が聴きたい!!

クサ過ぎるメロディでスタートする1.Eternal Death Raveは強力なデスメタリックなギターリフが超カッコいい!グロウルも迫力があり良い感じですな。そしてそのグロウルを切り裂いてLeoのクリーンボーカルが入ります!う~んこの対比は素晴らしいですなぁ。スタスタと疾走しながらクサいメロディを奏でる、かなり気に入った一曲です。2.Coming Of Ageは民謡音楽的なメロディが印象的な楽曲。笛の音色がとてもイイですね。ギターソロもカッコ良く聴き応えあり!3.Light Casts A Shadowは過去作も聴いたことがありますが、ますますカッコ良くなっていますね!伸びやかなサビでのクリーンボーカルがまたキャッチーな感じです♪ギターの弾くフレーズもドラマティックです。コレもイイ!

シングル第一弾に引き続き、こちらも充実した仕上がりになっていますね!これはもう早く新譜を聴かなければ!相変わらず評判も良いみたいですし、期待が高まります。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| MinstreliX | 19:09 | トラックバック:0 | コメント:0
MinstreliX / Through The Gates Of Splendor
MinstreliX / Through The Gates Of Splendor

1. Splendor
2. Awaken
3. We'll Never Say Good-Bye

85/100

MinstreliXのシングルです。
新譜「CHRONOSTRINGS」が発売され購入もしましたが、まだ聴いていません(汗)先に買ったけど放置していた2枚のシングルを聴いてしまおうと思った次第です。

キラキラとした音色の中に泣けるギターが切り込んでくる1.Splendor!アップテンポでリズミカルに進んでいきます。メロディアスなギターがかなりイイ!ボーカルの朗々とした歌唱も曲にマッチしています。ギターソロはメロディ中心で丁寧に弾かれていますな。スピードチューンではありませんが、コレはかなり良い曲!とても気に入りました。続いて2.Awakenは過去作のリメイクだそうですが、劇クサなスピードチューンですな!実にクサくメロディアスです。曲展開もプログレっぽくなかなか凝っていますね。激しいソロパートと開放感のあるサビが最高!3.We'll Never Say Good-Byeは明るい感じのポジティブなメロディで、日本語詞で歌われています。こっちも良い曲ですなぁ。アップテンポで進むキャッチーな楽曲です。何気にベースも目立っていますね。ソロパートも充実しております。

3曲だけですがとても密度の高いシングルですね~♪全部気に入りました!コレはデス編も期待できますね。

しかしいつも世間のリリースペースに追い付けてないなぁ(汗)今更聴くことになるとは…。聴く時間が無いとかそういうレベルではないな(*_*)

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| MinstreliX | 09:19 | トラックバック:0 | コメント:0
Sonata Arctica / Stones Grow Her Name
Sonata Arctica / Stones Grow Her Name

1. Only The Broken Hearts (Make You Beautiful)
2. Shitload Of Money
3. Losing My Insanity
4. Somewhere Close To You
5. I Have A Right
6. Alone In Heaven
7. The Day
8. Cinderblox
9. Don't Be Mean
10. Wildfire II - One With The Mountain
11. Wildfire III - Wildfire Town, Population: 0
12. One Two Free Fall(ボーナストラック)

76/100

Sonata Arcticaの7thアルバムです。
新作「Pariah's Child」が発売されましたが、一足遅れて7thアルバムを購入してみました。国内盤が1000円近く安くなっていたので、もうあんまり正直興味はないけど買っておくかぁ、くらいの気持ちでした…(涙)

なかなかメロディックなギターから始まる1.Only The Broken Hearts (Make You Beautiful)はミドルテンポで渋いメロディを奏でる一曲。うん、この曲は悪くないですね。トニー・カッコのボーカルはやはりカッコいい!メロディの質もソナタらしいのではないかと思います。そのまま繋がる2.Shitload Of Moneyはハードロック的なザリザリとしたギターリフで進むミドルテンポ・ナンバー。要所で入るピアノが良い感じですな~。ギターソロも聴き応えがあります。哀しげなピアノから始まる3.Losing My Insanityはかなりカッコいいギターからアップテンポに進行していく一曲。コレもまたイイ!スピード感がかなりあります。サビでのソナタらしい透明感溢れるメロディがハマりますね!ソロパートもピロピロと存在感を放っています。ヘヴィなギターでスタートする4.Somewhere Close To Youは荒々しいトニーの歌唱が特徴的ですな。サビではゆったりとしたメロディで歌い上げます。怪しげなソロも聴きどころですね。情感溢れるトニーのボーカルから始まる5.I Have A Right。バラード調の穏やかな楽曲になっています。キーボードが良い仕事をしていますね~♪ソナタらしい、良い曲だと思います。アコギで渋くスタートする6.Alone In Heavenはややアップテンポで進む北欧的なメロディの一曲。幻想的なピアノによるイントロの7.The Day。ミドルテンポで淡々と進んでいく楽曲です。サビではややテンポを上げて切なげな歌唱を見せます。8.Cinderbloxは特徴的な楽器の音色が活躍する一曲。アップテンポでギターもザクザクと刻んでいます。ソロパートも派手で良い感じですな~。9.Don't Be Meanはトニーの歌声から始まる渋い雰囲気の楽曲です。こういう曲も良いものですね~。ボーカルの表現力がしっかり発揮されています。10.Wildfire II - One With The Mountainは過去作の楽曲「Wildfire」の続編だそうです。長いイントロを経てドラムが入り、ギターも加わったところでアグレッシヴなボーカルの歌唱が入ります。展開がよく変わり、プログレっぽさもありますね。しかし8分もあると聴き疲れしますな…(汗)加速と減速を繰り返すイントロの11.Wildfire III - Wildfire Town, Population: 0。なかなか疾走感がありカッコいいです。ピアノも入り叙情的な雰囲気を演出しています。しかしこっちも8分か…長い(汗)ボーナストラックの12.One Two Free Fallは、ノリの良い明るい感じのアップテンポ・ナンバー。ザクザクとしたギターが心地良いです。哀愁度の高いサビでの歌唱がイイ!

終盤の長尺曲を除けば、コンパクトにまとめられたメロディアスな楽曲の多い、なかなかのアルバムだと思いました。途中でちょっとダレる気もしましたが、酷かった評判に比べれば全然OKです。思ったより楽しめた作品ですね。前作よりも個人的にはこちらの方が好みです♪いやぁ、やっぱり自分で聴いて判断しないとダメですね(汗)新譜も出来るだけ早く聴いてみたいと思います!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Sonata Arctica | 16:51 | トラックバック:0 | コメント:0
Roman so Words / Emilia ~The Last Chapter~
Roman so Words / Emilia ~The Last Chapter~

1. 魔性花
2. echo×tear
3. 約束
4. lo-ve-st
5. 想-so-
6. the First Epilogue~Melodies of Memory

84/100

Roman so Wordsの4thミニアルバムです。
Amazonをチェックしていたらお安い値段で買えそうだったので、即購入!!今作も毎度お馴染みな激クサ曲を聴かせてくれるのでしょうか!?キラーチューンに期待大!

1曲目の1.魔性花はアコギから様々な楽器で彩られるムード溢れる楽曲ですね。なんと形容してよいのか難しいですが、ジャズっぽさ?みたいな感じでしょうか。哀愁度の溢れる緩やかな曲になっています。2.echo×tearはまさに豪華絢爛でシンフォニックに疾走するスピードチューンです!待ってましたといった感じですね!クサ過ぎるメロディに乗せて美しい女性ボーカルが歌い上げます。途中のソロパートも実に聴き応えがあり、カッコいいですね!キラーチューン間違いなし!笛の音色から始まる3.約束は静かに進行するバラード調のミドルテンポ・ナンバーです。弦楽器の旋律と笛が奏でるメロディが美しいですね~。終わり際になって急にスピードを上げる辺りに驚きましたね(笑)つづく4.lo-ve-stは今までとはかなり異色の、ダークな印象を持つスピードチューンです!コレがまたカッコいい!珍しくヘヴィなギターと力強い女性ボーカルがあわさり、アグレッシヴさがありますね。ドラミングもスゴく、ベースもバキバキ鳴っています!ピアノとボーカルのみになりクサさ倍増のパートを経て、再び疾走です。こっちの曲もまたキラーチューンですな!哀しげな雰囲気のピアノからスタートする5.想-so-はザリザリとしたギターでアップテンポに進むクサメロの充実した楽曲です。リズミカルでサビでは勢いよく疾走し、かなり気に入りましたね~。ピアノがクサい!ギターソロも弾きまくりで良いですね♪最後の6.the First Epilogue~Melodies of Memoryはピアノと女性ボーカルで淡々とメロディを奏でていきます。いつも通りのアルバム最後のアウトロかと思いきや、ギターも入りだんだんと盛り上がってきます。テクニカルなソロパートからピアノも加わりますね。最後はコーラスも入り壮大に終わります。

今作は様々な楽器やいろいろなジャンルの音楽を取り込み、バラエティに富んだ印象を受けましたね。それとストーリー性を重視しているせいか、クサメロ疾走曲が少ないのがちょっと残念でしたね。いや、収録曲数も少ないし、元からそういう曲メインでやるアーティストでないのはわかっているのですが…。やっぱり速くてクサい楽曲が聴きたいです!!(笑)収録されている疾走曲は文句無しのキラーチューンです。ただThe First Chapterのgardeniaが個人的に大好きなので、この点数で…。

それと是非フルアルバムを発売して欲しいですね~♪もっと聴きたい!という衝動にかられてしまいます!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Roman so Words | 19:18 | トラックバック:0 | コメント:0
Unearth / Darkness In The Light
Unearth / Darkness In The Light

1. Watch it Burn
2. Ruination of the Lost
3. Shadows in the Light
4. Eyes of Black
5. Last Wish
6. Arise the War Cry
7. Equinox
8. Coming of the Dark
9. The Fallen
10. Overcome
11. Disillusion

91/100

Unearthの5thアルバムです。
叙情的でメロディアスなギターを武器に次々と名盤を発表しているUnearthですが、今回も期待値Maxで購入しました!

いきなり叙情的なギターで責め立てる1.Watch it Burn!ブラストビートも飛び出しアグレッシヴですね。ザクザクとしたギターが心地良いですなぁ~。その後には今まで無かったクリーンボーカルが!これはUnearthにしては新しいですね。正直あんまり上手くはないですが…(笑)泣きまくりのギターで始まる2.Ruination of the Lostはスタスタと疾走するスピードチューン。ズッシリとブレイクダウンでテンポを落とし、ヘヴィに進んでいきます。3.Shadows in the Lightはだんだんとギターの音色がフェードインし、グルーヴィーに進行します。ギターの奏でるメロディがこれまたイイ!!途中では気だるい感じのクリーンボーカルが入りますね。ラストは一際メロディアスなギターで締めくくります。4.Eyes of Blackはボーカルの咆哮とドラミングが強力なアップテンポ・ナンバー。途中から疾走し爽快感は抜群です!グルーヴ感を漂わせるパートもなかなかです。ギターソロもピロピロと弾きまくりですね。ヘヴィなイントロからスタートする5.Last Wish。だんだんとスピードを上げていきます。この曲はかなり気に入りました!高速ギターソロがもう最高です!6.Arise the War Cryは期待感を煽るギターで始まります。弾きまくりのツインリードがカッコいいです!とてもメロディックですなぁ~。ピアノによるイントロの7.Equinoxは小休止的な一曲。つぶやくようなボーカルに続いてギターが入る短い曲です。ドラマティックなギターから始まる8.Coming of the Darkはスタスタとスピーディに進む楽曲。メロディアスにギターが弾きまくっております!9.The Fallenはキタキター!な超メロディアスなギターのイントロで期待大!こういうのを待ってました!これはもう今作のキラーチューンですね。滑らかに弾いているギターソロも文句無しです。随所で聴かれるメロディアスなギターフレーズがホントにイイ!続く10.Overcomeは壮大な雰囲気のイントロからスピード感のある展開がカッコいい一曲。終盤に来て良曲が続いていますな!クリーンボーカルもそこまで曲の邪魔をすることなく、曲の良いアクセントになっていますね。11.Disillusionはメロディックなツインリードにボーカルが乗っかるスピーディな楽曲。怒号コーラスがとてもヘヴィな感じですね。

正直、最初はちょっと曲がつまらないかな…?と思っていたんですが、何回か聴いていくうち、いつも通りのUnearth節が発揮されていると思いました。クリーンボーカルは賛否両論ありそうですが、そんなに楽曲の邪魔をしていないので、個人的には気になりませんでした。でもどちらかと比較すると突撃型のスラッシーな3rdアルバムが好きかなぁ…と思ってしまいました。今作は、前作よりもちょっと落ちるくらいですかね。それでも充分カッコいいメタルコアです!次回作が待ち遠しいですぞ~!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Unearth | 15:53 | トラックバック:0 | コメント:0
Roman so Words / Emilia ~the First Chapter~
Roman so Words / Emilia ~the First Chapter~

1. Aria ~Emilia sing "WISH"~
2. 凜
3. nostalgic serenade
4. 撫子
5. gardenia

86/100

Roman So Wordsの2ndミニアルバムです。
Amazonでアルバム全部揃えようかと思ったのですが、ちょっと難しそうですね(汗)なんかプレミアがついてるのか、中古で1万円超えてる物もあってビビりました…。くそぅ、全部聴いてみたい!!

和やかな笛の音色から始まる1.Aria ~Emilia sing "WISH"~は美しい女性ボーカルがとてもインパクト大な一曲です。しなやかで力強さもありますね。楽曲の方はミドルテンポで壮大な雰囲気を演出しています。途中からなんか遊園地みたいな愉快な音楽になりますね(笑)終盤はギターも入りシリアスな感じです。つづく2.凜は、待ってましたー!クサいメロディでギターが大暴れしスタスタと疾走するドラム!こういう曲を聴きたかった!女性ボーカルも楽曲に合っており、まったく問題ありません。疾走するクサいサビがたまりませんな!テクニカルで滑らかなギターソロとド派手なキーボードソロもイイ!ピアノも良い味出してますね。3.nostalgic serenadeは哀しげな女性ボーカルからアップテンポに始まる楽曲。ピアノの旋律とギターの絡みが最高です☆サビでは多少明るめなメロディでリズムよく歌い、ギターソロもしっかり弾いています。情熱的な弦楽器の音色が素敵な4.撫子。アップテンポで何やらスパニッシュな印象も受けますね~♪後半はスタスタとスピードアップします。切な気なメロディがイイ!5.gardeniaはキター!な感じのド派手なイントロ!カッコいいギターがとてもクールなスピードチューンです!!ボーカルはリズミカルに歌い上げています。中盤ではスピードを一旦落とし、ドラマティックな演出をしていますね。空を翔るようなギターソロとピロピロと弾きまくりなキーボードソロがもうめちゃくちゃカッコ良すぎる!これはキラーチューンですね♪

さて、またもクレジットされていませんが、6曲目にメロディアスなバラード調の楽曲が収録されています。エンディングとしては良い感じですな。

当然ながらアルバム「雪月華」に比べれば、まだまだ楽曲が完成されていないというか、まとまりきれていない部分もありますね。ですが音色のバリエーションの豊かさはなかなかのものだと思いました。しかし最後の曲5.gardeniaのイントロだけで買って良かったと思えましたね(笑)クサ過ぎてたまらんですよ!こういう曲が聴けるのは日本人特有のメロディセンスみたいなものがあるんですかね~♪ あぁ、他のアルバムも聴いてみたいなぁ~(T_T)

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Roman so Words | 19:14 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR