音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

Roman so Words / 雪月華
Roman So Words / 雪月華

1. 雪月華(instrumental)
2. everlasting snowy Tree
3. 雪奈
4. moonlit crime
5. 月煌
6. lycoris
7. 紅蓮ノ華

88/100

Roman So Wordsの5thミニアルバムです。
MinstreliXのキーボーディストのソロ作品ということで、なんとなくクサい音楽を演ってるんだろうなぁと勝手に妄想し購入致しました!

1.雪月華はピアノによるインスト。そのまま2.everlasting snowy Treeへ繋がります。涙腺を刺激する、クサ過ぎるメロディですぐさま引き込まれてしまいました!スタスタと疾走しながらピアノが加わり、可憐な女性ボーカルが歌い上げます。ギターソロも泣きまくりで素敵です!いきなりキラーチューンですね。3.雪奈もイントロから超クサいメロディの洪水です!どキャッチーな女性ボーカルの歌唱がたまりませんね~。アップテンポでキーボードによる装飾も美しい!ギターもまたも泣いております!キーボードソロとギターソロもド派手に決まってますね~♪キラキラしたイントロの4.moonlit crimeはミドルテンポに始まり、徐々にテンポを上げていきます。サビが実に叙情的なメロディで最高です!ソロパートも相変わらず派手ですな。バックで鳴っているピアノの旋律がクサいクサい!これまでの曲と比べると割とヘヴィなイントロの5.月煌。女性ボーカルを中心に進んでいきます。ホントにキャッチーな歌声ですなぁ~♪ソロパートも充分に聴き応えあり!6.lycorisはいきなり和の楽器の音色からスタートする、今までとは違った雰囲気の楽曲です。スピード感もあり、実にエモーショナルでキャッチーですね!最後の7.紅蓮ノ華はドラマティックなイントロでスタスタと疾走するスピードチューン!劇クサなメロディとともに進む素晴らしい楽曲です!テンポを一旦落としてボーカルが歌い上げる辺りなんて最高ですね☆8トラック目はクレジットされていませんが、ピアノによる短いアウトロが収録されています。

コレはクサい!実にクサ過ぎます!予想以上のクオリティですね。やっぱり自分はこういう音楽が好きなんだと改めて思わせてくれました。クサさ万歳!!これは過去の作品も買わなければ…!
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Roman so Words | 16:17 | トラックバック:0 | コメント:0
Protest The Hero / Volition
Protest The Hero / Volition

1. Clarity
2. Drumhead Trial
3. Tilting Against Windmills
4. Without Prejudice
5. Yellow Teeth
6. Plato’s Tripartite
7. A Life Embossed
8. Mist
9. Underbite
10. Animal Bones
11. Skies

85/100

Protest The Heroの4thアルバムです。
名前は以前から耳にしていましたが、評判の良さに購入してみました。輸入盤で値段が安いのもありがたいですねぇ~。

ザクザクと爽快にギターが刻む1.Clarity。ハードコア的なシャウトとメロディアスな歌唱の対比が良い感じですな。アップテンポで聴きやすい一曲です。途中でテンポが変わりふんわりとした女性ボーカルも入ります。バカスカ叩きまくるドラミングでかっ飛ばす2.Drumhead Trial。縦横無尽にメロディックなギターが暴れまわる!ヘドバン必至のキラーチューンですね!ノーマルボイスによる切な気な歌唱もたまりません。この曲でも女性ボーカルが登場します。3.Tilting Against Windmillsも勢いのあるスピードチューン…かと思いきや、ボーカルが入ると少しテンポを落とします。ギターソロもメロディアスで弾きまくっていますね。壮大な雰囲気を醸し出すボーカルの歌いっぷりも迫力があります。ピロピロとしたギターからスタートする4.Without Prejudice。ギターメロディがとてもカッコいい!ギターの滑らかな感じがかなり気に入りましたね。ベースをブリブリ言わせるパートもイイ!緊迫感のあるギターから始まる5.Yellow Teethもかなり気に入った一曲です。スタスタと疾走するスピードチューン!クールなギターリフがとても耳に残ります。ゴリゴリとしたギターリフでスタートする6.Plato’s Tripartiteはボーカルの歌いっぷりがノリが良く、自然とハマってしまう曲ですね。ギターソロは実にテクニカルです。アコギで締める辺りがシブイですな。ズカズカとアグレッシヴに始まる7.A Life Embossedはボーカルも激しい歌唱を見せてきます。グロウルも入ったりしてきますが、後半はこれまで通りの歌い回しになります。その後はスピード感あるパートを経てゆっくりとボーカルが歌い上げます。8.Mistはイントロから非常にスピーディで爽快な一曲。シャウトしながらギターがピロピロ弾きまくっており、かなりカッコいい仕上がりになっています。後半は爽やかな歌唱と共にクリーンなギターの音色がたまりません!これまでとはうって変わって静かなイントロに始まる9.Underbite。ピアノも入り和やかな雰囲気に包まれます。…と思ったら急にスピーディになりアグレッシヴに飛ばします。なかなか驚きな展開ですな。切れ目なくスタートする10.Animal Bonesはアルバムの中でも特に攻撃的な楽曲。しかし途中からまったりと穏やかなパートもあり、複雑な曲構成になっていますね。アルバムのラストは、バラード調に始まる11.Skies。しかしすぐにギターが暴れまわります!ボーカルの歌唱は爽やかな感じもして良いですね♪とても気に入りました!

初めて購入したアルバムでしたが、どの曲も非常にカオティックで曲展開が複雑ですね~。しかしそれぞれの曲の中にしっかり聴きどころがあるので、飽きさせることがないですね。かなり気に入ったアルバムです!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Protest The Hero | 09:28 | トラックバック:0 | コメント:0
Arch Enemy / Khaos Legions
Arch Enemy / Khaos Legions

1. Khaos Overture (instrumental)
2. Yesterday Is Dead and Gone
3. Bloodstained Cross
4. Under Black Flages We March
5. No Gods, No Masters
6. City of the Dead
7. Through The Eyes of a Raven
8. Cruelty Without Beauty
9. We Are A Godless Entity (instrumental)
10. Cult of Chaos
11. Thorns In My Flesh
12. Turn To Dust (instrumental)
13. Vengeance Is Mine
14. Secrets
15. The Zoo
16. Snow Bound(Acoustic)

77/100

Arch Enemyの8thアルバムです。
いまさら聴きました(汗) つい先日、アンジェラ・ゴソウの脱退を知り、コレは早くアルバムを聴かないと!と思った次第です。アンジェラ・ゴソウの脱退は非常に残念です…。噛み付くような強力なデスボイスがとても気に入っていたので。さて、このアルバムは如何な出来でしょうか!?

1.Khaos Overtureはギターによるインスト。期待が高まります!2.Yesterday Is Dead and Goneは重々しくヘヴィなギターリフが印象的な楽曲。お得意の泣きのギターも入ります。ちょっと最初の曲としては地味かな…?3.Bloodstained Crossはスピード感のある楽曲で、ザクザク刻むギターが気持ち良い!アンジェラの叫び声も迫力がありますな~。サビではゆったりとしたメロディを聴かせにきます。グルーヴ感もある良曲ですね!4.Under Black Flages We Marchは暗くスローに進む楽曲。今作はスピード感は控えめなんですかね~。ヘヴィな楽曲が続きます。しかしギターはやはりメロディアスですな!メロディックなギターによるイントロの5.No Gods, No Masters。こちらも暗くゆったりとしたリズムで進みます。こうも続けてミドルテンポ・ナンバーが配置されるとちょっとダレてしまいますな…。6.City of the Deadはピロピロと弾きまくるギターからスタート、ボーカルが入るとスピードを落とします。しかしメロディは相変わらず良いですなぁ~。7.Through The Eyes of a Ravenもまたスロー・チューン…。コレはちょっと退屈だなぁ(汗)前作が飛ばし過ぎたからその反動かな?スピードに飢えてきました(笑)しかしやっぱりメロディは良いんだよなぁ…。アンジェラのボーカルもより一層力強く歌い上げています。8.Cruelty Without Beautyは、またか…欲求不満ですぞ!マッタリとし過ぎな気がしますね。一曲目からずっと似たような曲調だから飽きてしまいます(汗)でもこの曲はブラストビートも飛び出しアグレッシヴさはありますね。9.We Are A Godless Entityは静かな雰囲気から重々しいギターが入るインスト。10.Cult of Chaosは来たか!?スピードチューン!!待ってましたこういう曲を!スタスタと疾走しギターも弾きまくりですな!途中でテンポを落としますが、こういう曲展開なら全然OKです。11.Thorns In My Fleshもスピーディでアグレッシヴな一曲。泣きのギターが耳を惹く、かなり良い曲ですね!12.Turn To Dustは短めのインスト。つづく13.Vengeance Is Mineはキタキター!!な感じのスピードチューン!カッコいいギターとボーカルの強力な歌唱が一体となって進んでいきます。コレは終盤に来てキラーチューンですな。妙に明るい感じのギターメロディからスタートする14.Secrets。ズカズカと力強く進むアップテンポ・チューンです。ギターソロがかなり素晴らしい!ボーナストラックの15.The Zooはかなりカッコ良く仕上がっていますね。16.Snow Bound(Acoustic)は原曲にあまり思い入れがなかったので…(汗)まぁボーナストラックですから!

う~ん、これは…。個人的にはかなり地味な作品ですね(汗)アルバムのほとんどがミドルテンポ・チューンで、退屈に感じてしまいました。メロディは相変わらず良いかなぁと思いつつ、叙情的なギターとともに疾走する楽曲が多く収録されていた前作と比べると、かなり残念な出来ですね…。所々に良い部分はあるんですが、全体として見ると、やっぱり退屈かなぁ~。 次回作はボーカルがチェンジして初のアルバムになりますが、どんなアルバムになるんでしょうか。出来ればスピードチューン増量でお願いします!またクリーンボーカルを導入するのかも注目ですね。後任のThe Agonistのアリッサはデスボイスとクリーンボイスを使い分けるタイプのシンガーだそうです。クリーンボーカルも入れて欲しいような、そのままでいて欲しいような…複雑です。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Arch Enemy | 16:22 | トラックバック:0 | コメント:0
LIGHT BRINGER / Midnight Circus
LIGHT BRINGER / Midnight Circus

1. 開幕 -Instrumental-
2. Resistance
3. Le Cirque de Minuit~真夜中のサーカス~
4. 奇跡
5. IT'S SHOWDOWN -Instrumental-
6. 今にも落ちてきそうな空の下で
7. Dream!
8. Lazy Maze<2010>(Bonus Track)
9. Hearn's Heaven<8→10>(Bonus Track)

82/100

Light Bringerの2ndアルバムです。

1.開幕はアルバムのイントロを飾るインスト。ギターの泣きっぷりがいい感じですな!派手に疾走する2.Resistanceは力強い女性ボーカルとギターがたまらない一曲です。高音だけでなく中低音もしっかり声が出ていますね!シンフォニックな味付けも効果的です。ギターソロはピロピロと弾きまくり!続く3.Le Cirque de Minuit~真夜中のサーカス~はアグレッシヴなギターがかなり期待を煽るイントロが!テクニカルな演奏陣が楽曲を盛り上げます。アップテンポでザクザク刻むギターが気持ち良いですね。キーボードソロとギターソロのせめぎあいがカッコいい!4.奇跡は美しいピアノからスタート、ミドルテンポでヘヴィなギターが入り、重々しい雰囲気を醸し出します。しかしサビではなかなかキャッチーな歌唱が入りますね~♪5.IT'S SHOWDOWNは明るいメロディを奏でるインスト。ドラマティックなイントロの6.今にも落ちてきそうな空の下ではミドルテンポで切な気なメロディで進む一曲。7.Dream!はパワフルに歌うボーカルが印象的なスピードチューンです。ポジティブな雰囲気が良いですね~♪途中で男性ボーカルも入りますがコチラも上手いです。8.Lazy Mazeはピアノからキラキラした装飾で進むスピードチューンですね。サビがかなりクサい!最後の9.Hearn's Heavenはピアノの調べから疾走へと繋がります。サビではお決まりとなったキャッチーな歌唱を聴くことができます。

演奏陣はとてもテクニカルで、圧巻ですね!ただ楽曲がいまいちピンと来ないというか、個人的にハマれませんでした…。買って後悔はしてませんが、もうちょっとクサくてキャッチーなものを想像してました。しかし質の高さは素晴らしいので、女性ボーカルのメタルが好きな方は気に入るのではないでしょうか。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| LIGHT BRINGER | 18:49 | トラックバック:0 | コメント:0
MinstreliX / TALES OF HISTORIA
MinstreliX / TALES OF HISTORIA

1. Legend Eve Origin (SE)
2. The Goddess~La Liberte Guidant Le Peuple~
3. Gratia
4. JDA
5. Caterina
6. Venus And Adonis(Instrumental)
7. Sari With Mercy
8. The Minstrel~旅人~
9. La Bastille (Instrumental)
10. Bloody Rose
11. The Intellectual Rampage
12. Juliet~The Sins Of Ignorance~

91/100

MinstreliXの3rdアルバムです。

私の大好きだったボーカリスト、Leo Figaroが復帰してのアルバムということで、めちゃくちゃ楽しみにしてたアルバムです。ジャケットも美しくて気合いが入ってますな。幻想的でよし!

1.Legend Eve Originは美しいピアノとギターによるインスト。続く2.The Goddess~La Liberte Guidant Le Peuple~はクサメロを撒き散らし疾走するスピードチューン!Leoのボーカルはやはり最高ですな!憂いを帯びたサビがたまりません!ギターも派手に弾いていていいですね。3.Gratiaはキラキラしたシンセとザクザクと刻むギターから始まるアップテンポ・ナンバー。哀愁を漂わせるサビを経てテクニカルなギターソロへ繋がります。明るいポジティブなメロディが印象的な4.JDA。やや早口のボーカルがイイですね!広がるようなサビが素敵です。ピロピロと弾きまくりのギターソロがまたカッコいい!この曲はかなり気に入りましたね~♪弦楽器による壮大なイントロがインパクト大な5.Caterina。クラシカルな魅力がいっぱいです!泣きのソロパートも充実しています。ボーカルもハイトーンを駆使し、とても迫力がありますね~。6.Venus And Adonisはメロディアスなギターによるインスト。7.Sari With Mercyはアップテンポに進む楽曲で、ボーカルの歌唱が中心になっていますね~。しかし途中からのソロパートは派手でキャッチーですな!テクニカルなドラムから始まる8.The Minstrel~旅人~。どこか懐かしさを感じさせるメロディが良い感じな楽曲です。様々な楽器が使われておりクサいメロディを奏でていきますね。ラストのハイトーンボイスは圧巻!9.La Bastilleは重々しいヘヴィな雰囲気を持つインスト。続く10.Bloody Roseはデスメタリックでザリザリとしたギターリフに低音の効いたデスボイスが乗っかるスピードチューン。なかなかアグレッシヴな楽曲ですね!こういう曲も魅力的です。11.The Intellectual Rampageはド派手なギターから始まる疾走曲!サビはとてもドラマティックですな。ギターソロも今まで以上に弾きまくっています!ラストの12.Juliet~The Sins Of Ignorance~はゆっくりとしたピアノの音色から始まるバラード調の楽曲。哀愁あふれるボーカルの魅力が十分に発揮されています。

非常に聴き応えのあるアルバムですね~!ただ正直ちょっと事前に期待しすぎたせいか、もう少しキャッチーでクサいメロディが欲しいと思いました…。しかし評判通りの出来栄えで、素晴らしいアルバムだと思います。聴けば聴くほど魅力を増していく、そんな作品ですね☆次作もとても楽しみです!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| MinstreliX | 16:07 | トラックバック:0 | コメント:0
My Material Season / Awaking To The Piano Dramatic
My Material Season / Awaking To The Piano Dramatic

1. Piano of the Tragedy
2. Divine Blaze
3. Sandgrass
4. Clown's Behind
5. Awaking to the Piano Dramatic
6. Black Dahlia
7. Widow Maker
8. Disengage
9. Die After Tomorrow
10. Lost Forsaken

88/100

My Material Seasonの3rdアルバムです。
いつの間にか発売日が決まっていて、慌てて予約した一枚です(汗)

1stの頃から比べるとずいぶんジャケがリアルになりましたねぇ。その1stアルバムは私の心をガッチリとつかむ名盤でした。が、2ndでは質は高けれど、様々な面で1stに劣る点が見受けられました。そしてこの3rdアルバムです!常々、2ndアルバムのボーカルがあまり好みじゃないなぁと思っていたところ、なんとあのThousand Eyesのボーカリスト、Dougen氏がゲスト参加しているとのこと!これは超嬉しい☆いっそのこと全部歌ってくれればいいのに…(笑)他にもゲストボーカリストが参加しているようです。

とにかく、アルバムタイトルに「The Piano Dramatic」なんて付けるくらいですから、もう期待しないわけにはいきません!さぞかしドラマティックでクサいはず!果たしてその出来栄えは…!?

1.Piano of the Tragedyは哀愁を漂わせるピアノによるイントロ。つづく2.Divine Blazeはスタスタと疾走するスピードチューン!…ってこの声はいきなりDougenさん!?カッコいいデスボイスを聴くことができます。メロディはなかなかクサい!随所にピアノの音色が散りばめられ、ギターソロもメロディ中心で鮮やかです。アウトロはお決まりのピアノで締め括られます。3.Sandgrassは待ってました!劇クサチューン!前曲がちょっと地味だったので余計に良く聴こえますな(笑)アップテンポですがスピード感がありますね。サビでのギターフレーズが、とても叙情的なメロディで素敵ですな♪4.Clown's Behindは激しいドラムとギターで始まる楽曲。サビでは女性ボーカルが朗々と歌い上げます。この女性ボーカルもキャッチーで使いどころがピッタリ、とても効果的ですね!ギターソロはピロピロと弾きまくるタイプで、この曲もなかなかイイです。さてアルバムタイトルの5.Awaking to the Piano Dramaticはちょっと爽やかな感じもあるピアノから始まり、まさにドラマティックなギターが入ります!スピーディでパワフルな曲です。メロディもかなりクサく、さすがといったところでしょうか。途中で一旦テンポを落とし暗い雰囲気になったあと、ソロパートになだれ込みます。静かなピアノからドカドカいうドラムでスタートする6.Black Dahlia。ボーカルは低音中心で歌い、ギターソロがメロディアスでなかなかの良曲になっています。切なげなメロディがたまらんです!7.Widow Makerは珍しくギターの音色から始まる一曲。ゆっくりとしたミドルテンポの楽曲です。こちらも泣きのギターが活躍しています。ですがこういう曲はちょっと退屈かな…。気を取り直して8.Disengageです。壮大な感じのイントロからブラストビート(?)が!その後も激しいドラムがインパクトのあるスピードチューンです!メロディもかなりクサい!コレだよコレ!アグレッシヴで、かつドラマティック!終盤でかなり良い曲を配置してきましたね。スピード感あるギターソロとピアノソロも素晴らしい!9.Die After Tomorrowは美しいピアノによるインスト。もっと曲を聴かせてくれ~!しかしこのインストはなかなか悪くないですね。アップテンポでキャッチーなメロディが印象的です。さてとうとう最後になってしまった10.Lost Forsaken。ピアノがいつも以上に哀しい…(涙)泣きまくりのザクザクしたギターにDougen氏のカッコいいボーカルが乗っかります。メロディの質はまぁまぁ良いと思います。最後もやはりピアノのアウトロで終了します。

う~ん、どうなんだろうか、この出来栄えは…。前作よりは気に入りましたが、やっぱりもっとクサいメロディが欲しいところですかね。いや、ちゃんとクサいメロディを奏でているのですが、このバンドにはもっと上を行って欲しい!と。相変わらず音質はあまり良くないですが、個人的にそこまで気にはなりませんでした。1stアルバムみたいな衝撃はもう無理なのかな~。 なんて文句ばかり書いてますが、何度か聴いていたらなかなかコレも良いかなぁって気分になってきました(笑)並みのレベルは充分にクリアしているメロディック・デスだと思います。前作が気に入った方は是非どうぞ!!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| My Material Season | 15:50 | トラックバック:0 | コメント:0
Unearth / The March
Unearth / The March

1. My Will Be Done
2. Hail The Shrine
3. Crow Killer
4. Grave Of Opportunity
5. We Are Not Anonymous
6. The March
7. Cutman
8. The Chosen
9. Letting Go
10. Truth Or Consequence

92/100

Unearthの4thアルバムです。
前作ではスラッシュメタル的な要素も取り入れた非常に勢いのある曲が満載の名盤でした。今回も期待大で購入しました!

いきなりピロピロとメロディックなギターで始まる1.My Will Be Doneはリズミカルに突き進むスピードチューンです!ツインギターのハモりがたまらなくカッコいい!ギターソロも弾きまくりで圧倒されます。前作よりメロディの質がかなり上がっていますね~。ヘヴィなイントロからスタスタと疾走する2.Hail The Shrine。途中でテンポダウンし叙情的なギターが切り込んできます!この曲も素晴らしい!またまた叙情的なツインリードを魅せる3.Crow Killer。アップテンポでテクニカルなドラムも交えて進んでいきます。ギターソロがまたもやメロディアス!!ボーカルのシャウトもより迫力が出ていますね~。初期のIn Flamesを思わせるかのようなメロディアスなイントロの4.Grave Of Opportunity。ミドルテンポですがメロディが特に良くてまったく飽きません。中盤ではアコギも登場し、より叙情的な展開を見せます。迫力あるドラムから刻むギターが入る5.We Are Not Anonymous。緊迫感のあるギターリフが最高ですな!メタルコア的なメロディで進むアップテンポ・ナンバーです。ギターソロがもうド派手に弾きまくり!良いですね~♪スローでヘヴィにスタートする6.The Marchはボーカルの絶叫とともにテンポアップする楽曲。リズムを巧みに変え、疾走一辺倒にならない辺り工夫がされていますね。グルーヴィーに突き進むヘドバン必至の曲ですな。またもIn Flamesを彷彿とさせるイントロの7.Cutmanもメロディックで非常に聴き易い一曲ですね。テンポを落とすパートも有りますが、そこまで極端でないのが好感です。北欧的な叙情メロディが耳を惹きますなぁ。8.The Chosenはちょっと雰囲気が変わって、ロックンロール的なノリの良いナンバーです。こういう曲をやらせてもカッコいい!新しい一面が見られましたね。ギターソロもテクニカルでノリを重視した感じになっています。重々しいドラムとボーカルのデスボイスでヘヴィに始まる9.Letting Goはアルバムの中では地味目な方かな…。しかし曲全体を彩るギターのメロディはなかなか良いですね~♪アルバム最後の10.Truth Or Consequenceはこれでもかと言うくらいメロディアスなイントロ!叙情性たっぷりのメロディにノックアウトです!アップテンポでリズミカルに進む楽曲ですね~。後半は極悪に落とすパートが入りますが、そこまで長くないのでダレることもないですね。だんだんと音がフェードアウトしていき終了します。…と思いきや、サーッという音がしばらく続き、突如ドラムとボーカルが入ります。割とヘヴィな楽曲ですが、途中からノリの良いハードコア的な感じになってきます。高速ギターソロがとてもカッコいいです!

今作もまた非常にカッコいいメタルコアを聴かせてくれました!スラッシーでストレートに疾走していた前作とはちょっと方向転換して、メロディにこだわりを持ち、叙情的なツインリードがそこら中を駆け巡ります!ただ楽曲のスピード感は前作よりも落ちていますね。それでもここまでカッコいいメタルコアになるんだからスゴいですね~♪ますますクオリティを上げてきた、名盤だと思います。前作と同じくらい気に入りました!

ただ、コレ!といったキラーチューンが無いのが残念でしたね…。いや、もう全曲質が高くて満足なんですが、今までの作品にあった必殺の一曲が無かったのが少しだけ残念ですね。完全なワガママです(汗)

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Unearth | 19:22 | トラックバック:0 | コメント:0
Trivium / Vengeance Falls
Trivium / Vengeance Falls

1. Brave This Storm
2. Vengeance Falls
3. Strife
4. No Way To Heal
5. To Believe
6. At The End Of This War
7. Through Blood And Dirt And Bone
8. Villainy Thrives
9. Incineration: The Broken World
10. Wake (The End Is Nigh)

70/100

Triviumの6thアルバムです。
前作は、割とシンプルな作りのアルバムで、ちょっと激し目な曲が少なくもう一歩な感じの出来でしたが、今作はいかがなものでしょうか!?

1.Brave This Stormはザクザクとした刻みから始まるミドルテンポ・ナンバー。タフなギターリフにボーカルの歌唱が乗っかります。メロディをとても重視した歌い方ですね。しかし1曲目としてはちょっと地味かなぁ。2.Vengeance Fallsは切れ味のあるギターで始まります。ボーカルの表現力を中心に進んでいきますが、前の曲とあんまり印象が変わらないような…。スピード感があるギターソロはなかなかカッコいいですね。ヘヴィなギターで始まる3.Strifeはボーカルの歌唱もちょっと変わった感じがします。途中でテンポを落とし、メロディを聴かせにきます。掛け声が入るところなんかは盛り上がりそうですね。メロディックなギターリフでスタートする4.No Way To Healは疾走パートも交えて進む楽曲。シャウトもたまに顔を出してきますね。5.To Believeはスタートから疾走するスピードチューン。ようやく爽快感のある楽曲が来たかな~、て感じです。ボーカルは特徴的な歌い方をしていますね。ギターソロも弾きまくりでよし!この曲は結構気に入りました。6.At The End Of This Warは静かなアコギで始まります。ボーカルがしっとりと歌い、その後強力なギターが入り勢いのある楽曲になります。この曲でもなかなかカッコいいギターソロがあり、良い感じです。7.Through Blood And Dirt And Boneはゴリゴリとした重々しいイントロで、ボーカルもそれに合わせるように歌い上げます。この曲もいまいちピンと来ないなぁ。特徴的なドラミングで始まる8.Villainy Thrivesは無機質な感じで淡々と進みます。9.Incineration: The Broken Worldはシャウトも交えてミドルテンポに進んでいく楽曲。う~ん、これも何だか退屈な感じがするなぁ(汗)10.Wake (The End Is Nigh)はつぶやくボーカルが中心になり穏やかに始まるミドルテンポ・ナンバー。だんだんと音が激しくなり、ザクザクとギターが刻みます。ボーカルも多様な歌い方をしていますね。

これは、かなり退屈なアルバムですなぁ…(汗)各曲どれも平坦と言うか、同じような感じの曲調が多く、ダレてしまいました。激しい曲もほとんど無く、盛り上がりに欠けるアルバムですね…。残念だなぁ~。気に入ったのは4.5.6くらいですかねぇ。気が早いですが、次のアルバムに期待したいです。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Trivium | 21:01 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR