音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

Sorrow Of Tranquility / Engagement-Hill
Sorrow Of Tranquility / Engagement-Hill

1. A Ray Gleam Of Hope
2. Life No Close No Crown
3. Engagement-Hill
4. A Ray Gleam Of Hope fur. VAHAMOOT RAY (Remixed by AIICHIROW)

85/100

Sorrow Of Tranquilityのシングルです。

やっと手に入れることが出来ました…。全然レアなCDではありませんが、なかなか見つけられませんでした。Amazonを見たら中古で出品されていたので即購入。1stフルアルバムが素晴らしい出来栄えだったので、是非聴いてみたいと思っていました!

暗い呟きからズカズカと疾走する1.A Ray Gleam Of Hope。さっそくギターが泣いております!デスボイスも迫力があり、カッチリとした演奏陣に叙情的なメロディが乗っかる典型的なメロデス・ナンバーですね。しかし曲に緩急を付けるなど工夫が見られます。2.Life No Close No Crownはボーカルの絶叫とともにスタスタと疾走する楽曲。メロディックなギターリフがたまらなくカッコいいです。中盤からの盛り上がりはなかなかですね~。ギターソロは実にエモーショナルな感じです。3.Engagement-Hillはイントロから泣きまくりの叙情リフで押してきます!ギターソロがまたカッコいい!叙情的なメロディを振り撒き、曲は終わります。4.A Ray Gleam Of Hope fur. VAHAMOOT RAY (Remixed by AIICHIROW)は1曲目のリミックスのようです。ピアノに加えて女性ボーカルも入ったりして、なんかよく分からない曲です(汗)これなら普通にもう1曲聴かせてくれ~!

リミックスは置いておいて、相変わらずの音楽性で安心しました。やっぱり泣きの叙情ギターがたまりませんね!解散(活動休止(?)が本当に惜しいバンドです…。
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Sorrow Of Tranquility | 20:01 | トラックバック:0 | コメント:0
Glamour Of The Kill / Savages
Glamour Of The Kill / Savages

1. Break
2. Second Chance
3. The Only One
4. Live For The Weekend
5. A Freak Like Me
6. Heartbreaker
7. Rescue Me
8. Leave It All Behind
9. A Beautiful Day To Die
10. Tears Of The Sun
11. Welcome To Hell
12. In Spite Of You(ボーナストラック)

86/100

Glamour Of The Killの2ndアルバムです。
とにかく新しいバンドを開拓したい!と例によってAmazonからのお勧めが!評判も良いし、試聴してみるとなかなか良い感じだったので購入。金がない…。

ヘヴィなイントロの1.Breakはミドルテンポにザクザクと刻むギターが印象的な一曲です。アルバム初っぱなにしてはちょっと地味かな…。しかしボーカルはすごくカッコいい!2.Second Chanceは大興奮なイントロでテンションは一気に急上昇!スピード感溢れるナンバーです!メロくて爽やかなサビが耳に優しいです(笑)ソロパートがこれまたメロディアスで素晴らしい!3.The Only Oneはドラマティックなイントロから力強いボーカルに繋がります。どキャッチーなサビがすごい良いですね♪今度は静かな語りからギターが入る4.Live For The Weekend。淡々とボーカルが歌い上げます。サビではアップテンポになり爽やかにキメてますね~。タフなコーラスが入る5.A Freak Like Meはアップテンポに進む楽曲。ボーカルは低音を中心にして歌っています。メロディアスでリズムの良いギターから始まる6.Heartbreakerはボーカルが入るとテンポを落とし、サビで再びテンポアップします。7.Rescue Meは非常にスピード感のある、ザクザクと刻むギターがインパクト大な一曲!コレは実にイイですね!アルバムの中でもアグレッシヴな方ではないでしょうか。ピロピロと弾きまくるギターソロは圧巻です!8.Leave It All Behindはメロディックなギターリフとともにアップテンポでズカズカと進む楽曲。キャッチーなサビがイイ!ギターソロもたまらんですな!泣きのギターからスタートする9.A Beautiful Day To Dieはギターの泣きっぷりがスゴい!リズミカルにテンポ良く進んでいきますね。静かにスタートする10.Tears Of The Sunはバラード調の楽曲。ボーカルも多様な表現力を披露していますな~。途中で一旦疾走しだすのはご愛嬌ですかね(笑)アルバム本編ラストの11.Welcome To Hellはおどろおどろしい雰囲気からヘヴィに進む力強いナンバーです。テンポが良くてノリノリですね!ピアノも入りドラマティックな曲です。ボーナストラックの12.In Spite Of Youはハードなドラムから始まるアップテンポでノリの良い、ボーナスにしてはかなりいい曲。ウォーウォー言ってるコーラスはお決まりですね~♪

各曲どれもコンパクトに収められており、ダレることがなく聴くことができました。自分はやっぱりスピードチューンに耳がいってしまいますが、それ以外の楽曲も非常にキャッチーで聴きやすいです。後半が特に良い曲が多かった気がしますね。ほぼ衝動買いでしたがとても気に入りました!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Glamour Of The Kill | 19:17 | トラックバック:0 | コメント:0
Tears Of Tragedy / Continuation Of The Dream
Tears Of Tragedy / Continuation Of The Dream

1. Continuation Of The Dream
2. Euclase
3. Stay With You
4. Rebirth
5. It Like Snow...
6. Spring Memory
7. Another World
8. Falling Star
9. Prison Of Abyss
10. VOICE
11. 星の砂(ボーナストラック)

88/100

Tears Of Tragedyの2ndアルバムです。
結局買ってしまいました…(汗)しかし試聴した限りではかなりの出来だと感じたので、これは買うしかない!と思い購入しました。

1.Continuation Of The Dreamはピアノとボーカルの短いインスト。2.Euclaseはキラキラした豪勢なキーボードとザリザリとしたヘヴィなギターがカッコ良すぎるスピードチューン!ボーカルも相変わらず上手いです。とにかくこの手のバンドにしてはギターがスゴいと思いました。実に豪華絢爛な楽曲ですなぁ~。3.Stay With Youもカッコいいギターリフでアップテンポに進む力強い一曲です。ギターソロが非常にアツい!ギターの早弾きから始まる4.Rebirthも爽快な疾走曲。ギターの主張がかなり強いですね~。穏やかな音色のイントロ5.It Like Snow...はピアノがメインのバラード…と思いきや、だんだんとバンドサウンドが入ってきて、アップテンポのキャッチーな楽曲になります。切なげなボーカルとギターソロが素敵!またもやピアノとボーカルでスタートする6.Spring Memoryはホントにギターがカッコいい!明るさを感じさせるボーカルの歌唱もあり、かなり気に入りましたね!7.Another Worldはメロデスチックなギターでスタートするアップテンポ・ナンバー。サビがこれまで以上にクサい!ピアノも入ってきてたまらないですね!8.Falling Starはまたも疾走感抜群のストレートなスピードチューンです!流れるようなギターソロが最高ですな!9.Prison Of Abyssはオルゴールのような音色から始まります。哀しげでドラマティックなピアノの旋律からギターが入り、スタスタと疾走し進んでいくと、後半のパートはギターが主張しザクザクと刻んでいき、アグレッシヴでめちゃくちゃカッコ良くなります!ゲストボーカルであるDougen氏のデスボイスはやはり迫力があります。長尺曲ですがまったくダレることなくラストまで聴き通せますね。10.VOICEは本編最後を飾るバラード…じゃなかった(汗)アップテンポでポップな感じの楽曲で、壮大な雰囲気が漂うピアノと、ボーカルの歌唱がとてもキャッチーです。爽やかですな~♪しかしなんかサビとか特に5曲目と似てるような…。11.星の砂はボーナストラックです。和やかに歌い上げる、今度こそバラードです。短いですが、アルバムの余韻に浸らせてくれる一曲です。

今作も、前作に続いて捨て曲ナシの素晴らしいアルバムでした!前作と比べるとギターの貢献度がさらに上昇して、メロスピバンドにありがちな感じになっていないのが好感でした。ボーカルの力量もバッチリです。あと前作との大きな違いとしては9.Prison Of Abyssのような長尺曲の存在ですかね。こちらも素晴らしくカッコ良く仕上がっています。しかしあと一歩、どキャッチーでクサいメロディが欲しいですね…!いや、これはワガママですが、まだまだ上を目指せるバンドだと思います! とにかく前作が気に入ったなら文句無く買いです!テンポの速い曲がほとんどなので、何度もリピートしたくなる魅力も前作とおんなじですね♪

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Tears Of Tragedy | 16:27 | トラックバック:0 | コメント:0
After Zero / Dawn Of Doom
After Zero / Dawn Of Doom

1. Dawn of Doom
2. No Brightness
3. Dig Your Grave
4. Market of Pain
5. To War
6. West Village Song
7. Blackest Carnage (Remix)

70/100

After Zeroの1stアルバムです。
このバンドのボーカルはなんでもあのThousand Eyesのボーカル、Dougen氏ということで、あの迫力あるデスボイスを是非とも聴きたい!と思い購入しました。

いきなりスラッシーに疾走する1.Dawn of Doomは、ダークな雰囲気をもったスピードチューン!ボーカルはやっぱりカッコいい!グルーヴ感もあり、これはヘドバンしてしまいますね~。ザリザリとしたギターで始まる2.No Brightnessはアップテンポでリズミカルに進む楽曲。コレはあんまり盛り上がらないですな…(汗)でもギターソロはカッコいい!おどろおどろしいイントロの3.Dig Your Graveはスタスタと疾走するスピードチューン。ブラストビートを使い激しく攻め立てます。4.Market of Painはメロディックなギターから疾走する楽曲。これまたメロディアスなギターソロが良い感じです。アグレッシヴなイントロからブラストビートを交えて爆走する5.To War。一転して静かなイントロから始まる6.West Village Songはミドルテンポでゆっくり進んでいくナンバー。たまにギターが激しくなったりします。ギターソロはメロディックでイイですね!7.Blackest Carnage(Remix)は元のバージョンは聴いたことがないのですが、ブラストビートを多用しアグレッシヴに突っ走ります。ギターソロはキッチリとキメております。ギターソロは良いんだけどなぁ…。

うーむ、ボーカルはやっぱりカッコいいんですが、曲の方がちょっと退屈ですかね…。ギターソロもカッコ良かったりして、決してレベルが低いというわけではないのですが。個人的にはいまいち気に入りませんでした…。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| After Zero | 19:14 | トラックバック:0 | コメント:0
DRAGON EYES / DRAGON EYES
DRAGON EYES / DRAGON EYES

1. Symphony Of Tyrant
2. Time Of Spiral
3. The Battlefield
4. Sonic Boom
5. Sacred Cross
6. New World
7. Burned future
8. Child Of God
9. Dawn Of Eternal Sorrow

85/100

DRAGON EYESの1stアルバムです。
試聴の段階からかなり期待大!なアルバムでした。しかしジャケットは手抜き感バリバリですな…(汗)まぁ問題は中身です!

シンフォニックにスタートする1.Symphony Of Tyrantはブラストビートも交えてパワフルにスタート!ボーカルもやはり強力です。メロディックなギターリフも見逃せません。ギターソロも弾きまくりで超カッコいい~!2.Time Of Spiralはシンセによる装飾もありつつアップテンポに進む楽曲です。ちょっとエフェクトかかった女性ボーカルも入り、そのままサビへ突入します!このサビがまたイイですね!ちょっとアニソンチックですが(笑)ピロピロと弾きまくるギターソロも素敵です。3.The Battlefieldはスタスタと疾走するスピードチューンです。ボーカルが入ると一旦スピードを落とし、再び疾走します!何の楽器かわかりませんが、クサイメロディを奏でていますね~。4.Sonic Boomもズカズカと爆走するアグレッシヴなナンバーです。ここでも要所で女性ボーカルが入ります。デジタルなアレンジも施されており、モダンな感じもしますね。5.Sacred Crossは泣きのギターから始まるインストです。非常にクサさが高いですね!ボーカル入れたらもっと良い曲になるのでは…。このボーカルはとても好みなので、もっと聴きたい!続いて6.New Worldはいきなり女性ボーカルが入ってきてビックリしました。その後は男性ボーカルがブラストビートとともに突き進みます。サビでは再び女性ボーカルが登場、やっぱりアニソンっぽい…(汗)7.Burned futureはストロングなギターリフとともに疾走します!やっぱりこうでなくては!とてつもなくクサイメロディにノックアウトです!ギターソロも文句無し!最高!8.Child Of Godもスタスタと疾走、…ってまた女性ボーカルか!あんまりメインには持ってこないで欲しいなぁ…ワガママですかね(汗)しかしギターは相変わらずクサイ!コレが聴ければ満足です。渋い音色からスタートする9.Dawn Of Eternal Sorrowはインストです。泣きのメロディを奏でてアルバムは終了です。

モダンな要素も取り入れたメロディック・デスといった感じでしょうか。正直、もっと聴きたい!という欲求が強く、まだまだ聴き足りません!相変わらずカッコいいボーカル、メロディックなギター、強烈なドラムとこれらに加えシンセや女性ボーカルの導入など工夫がなされています。次作はもうちょっとボリュームアップでお願いします!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| DRAGON EYES | 20:47 | トラックバック:0 | コメント:0
Another Stream / Future Tantric Engraved
Another Stream / Future Tantric Engraved

1. Re:Into The Frontier
2. To Resist The Nightmare
3. Variola
4. Thread Of Fate
5. Fall To The Darkness

83/100

Another Streamのミニアルバムです。

1.Re:Into The Frontierはタフなギターリフでズンズンと進み、ボーカルは高音で喚くような声で歌っています。ノーマルボイスによる歌唱もなかなか悪くなく、好印象ですね。途中でテンポダウンし呟くようなボーカルが入りますが、この辺りはちょっとダレたかなぁ。その後の疾走パートは激しくて好きですが…。2.To Resist The Nightmareもアグレッシヴにスタスタと疾走するナンバーです。メロデス的なギターリフでリズムよくノリやすいですね~。ノーマルボイスの歌唱の後のテクニカルなギターソロがカッコいい!しかしこの曲もそうですが、呟くボーカルはあんまり好きではないですね…。ドスの効いた低音デスボイスでヘヴィに始まる3.Variolaもメロデス的な要素のある曲で、ズカズカと勢いよく突っ走るのが好感触です。美しさを感じるソロパートも良いですね~。ドラマティックなギターとボーカルでスタートする4.Thread Of Fateも同じようなタイプの曲ですが、この曲が特にカッコ良さが際立っています!ギターソロは相変わらずメロディアスで良い感じです。キャッチーなノーマルボイスの歌唱もかなりイイ!一転してフンワリとしたキーボードが入り、ボーカルのシャウトとともにヘヴィなギターが入る5.Fall To The Darkness。コレは前アルバムに収録されていた曲ですね。ボーカルの歌唱にはまったく問題ありません。ギターリフも強力になっており、ソロパートもやはりメロディアスで聴き入ってしまいますね。

ボーカルが交代してどうなるかと思いましたが、まったくマイナスにはなっていませんね。メロデス的なフィーリングを中心に、デジタルな装飾や勢いのある楽曲が並びます。ただ所々で聴かれる呟きはあんまり要らないかなぁ…と思いました。テンポの良さが削がれてしまうような気がします。しかし、フルアルバムが楽しみなバンドですね!!期待してます☆

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Another Stream | 20:01 | トラックバック:0 | コメント:0
Marchen Station / World Of Maquillage
Marchen Station / World Of Maquillage

1. Beyond The Horizon -Introduction-
2. ZION
3. Desert Samsara
4. The Emperor Rising
5. Song For Gibberish Guys
6. Pastel Color Garden
7. World Of Maquillage
8. Fantasy Island Resort
9. Flame Of Life
10. The Dinner From Hell
11. Castle In The White -Interlude-
12. Kingdom Of The Sky

89/100

Marchen Stationの2ndアルバムです。
あの超メロディックメルヘン・メタルの新作がついに発売!!メチャクチャ楽しみにしてました☆ジャケットからしてもうメルヘンです。素晴らしい!

何やら意味ありげなイントロ1.Beyond The Horizon -Introduction-は会話から可憐な女性ボーカルの歌唱が入ります。それに応えるように男性ボーカルも入り、なんかもう豪華な感じです!そして続く2.ZIONは印象的な笛の音色から優しげなボーカルが入ります。途中から疾走を開始しファンタジックにキメてきますね。実にクサいです!ギターソロもカッコいい!アルバムの始まりとしては素晴らしい一曲ではないでしょうか。3.Desert Samsaraは何やらアラビアンな感じのメロディから疾走します。表現力豊かなLeo Figaroのボーカルはやはり存在感が違いますね!サビでのキャッチーさがスゴく良い!4.The Emperor Risingは今度は中華風か!?音楽の振り幅が大き過ぎる!アップテンポで重厚なコーラスが良い感じの曲です。ソロパートがまた中華風な雰囲気でもうスゴいことになっています。笛の音色から軽快に進んでいく5.Song For Gibberish Guysはお決まりの早口ボーカルが登場するスピードチューン!これはシンプルにノれましたね。クサいメロディが堪能できる良い曲です。ギターソロもアツい!6.Pastel Color Gardenは穏やかなスローナンバーです。様々な楽器が登場し楽曲を盛り上げます。こういうバラード調の曲も味があって良いですね~♪なにか素朴な感じがします。コレもメルステの強みですかね。7.World Of Maquillageは一変してアグレッシヴな勢いのある楽曲。コレはキラーチューンですね!アルバムタイトル曲だけあって曲の盛り上がり方が違います。サビでのクサさは満点です!ピアノのパートなんか最高ですね!8.Fantasy Island Resortは曲名からしてスゴいですが、曲の方もスゴいです。まさにメルヘンリゾート!ノリが良くサビではクサいメロディを振り撒き疾走します!光輝くようなピアノが素敵な9.Flame Of Lifeは美しいバラード。とても癒されますなぁ~♪10.The Dinner From Hellはシンフォニックに派手なイントロで始まり、エフェクトかかったボーカルが入りますね。実にスピード感のあるナンバーです。この曲もアグレッシヴで良し!11.Castle In The White -Interlude-は笛の音と穏やかなボーカルが入ります。切れ目なく続く12.Kingdom Of The Skyはアルバムの最後を飾るシンフォニック・スピードチューン!早口ボーカルと美しいピアノの旋律が最高にキャッチーでクサいです。激しいソロパートも聴きどころです。最後まで捨て曲ナシでした!

今作は、前作の延長線上にありつつも、更に音楽の幅を広げてきたかな、という印象を受けました。アラビアンな感じやら中華風やら色んな音楽の要素が詰め込まれています。またスピードチューンも今作の方が多いですね。

ここまで豪勢なアルバムは、ちょっと聴き込みが必要なのかも…。点数を付けるのは非常に悩みますね。やっぱり前作のインパクトが大き過ぎですし(汗)でも新しい試みは素直に歓迎したいです。前作同様、出来の方は素晴らしいということで、同点!…じゃダメですかね(汗)もっと聴き込んだら印象も変わってくるかも。

試聴はこちら↓
http://www.youtube.com/watch?v=-pxCSszETMM

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Marchen Station | 16:44 | トラックバック:0 | コメント:0
Unearth / III: In The Eyes Of Fire
Unearth / III: In The Eyes Of Fire

1. This Glorious Nightmare
2. Giles
3. March of the Mutes
4. Sanctity of Brothers
5. The Devil Has Risen
6. This Time Was Mine
7. Unstoppable
8. So It Goes
9. Impostors Kingdom
10. Bled Dry
11. Big Bear and the Hour of Chaos

93/100

今更ながらUnearthの3rdアルバムです。
2ndでは「The Great Dividers」「Black Hearts Now Reign」「Zombie Autopilot」など突進力もありメロディアスでもある名曲を披露してくださったUnearthですが、今作は如何でしょうか!?

1.This Glorious Nightmareは初っぱなからかっ飛ばす強力な疾走曲!メチャクチャカッコいいー!スローなパートも入り緩急を付けていますね。加速する瞬間がすごくイイ!ボーカルのシャウトもキレてます。2.Gilesはメロディックなギターリフが印象的な一曲です。このメロディがまた最高ですね!実にスピード感溢れる一曲です。途中でテンポをズッシリ落としリフで押しまくる!メロディに特に拘りが見られますね。だんだんとギターの音色がフェードインしてくる3.March of the Mutesはまたもストロングなギターリフで勢いよく進むノリの良い楽曲。チリチリとした緊迫感溢れるギターがたまらないです!4.Sanctity of Brothersはスピーディにザクザクと刻んでいくギターリフ中心の楽曲。ボーカルのシャウトもカッコいいですね。ドラムもなんかスゴいことになってます!ドラムの連打から始まる5.The Devil Has Risenはだんだんとスピードアップしていく爽快な一曲。途中でブレイクダウンしメタルコア的な展開もしっかり魅せてくれます。いきなりテンションMAXのイントロから進む6.This Time Was Mineは細かく刻みまくるギターがカッコいい!非常にスリリングな楽曲ですね。後半のメロディックなギターがたまらんです!軽快に始まる7.Unstoppableは途中から疾走しカッコいいギターリフを聴かせにくるテクニカルな一曲ですね。力強いボーカルとギターが楽曲をリードします。疾走パートが特に素晴らしい!8.So It Goesはイントロのメロディからしてもうノックアウト!中期In Flamesを彷彿とさせる叙情的なメロディに完全にやられました!本作のキラーチューンでしょうか!?ギターソロも悶絶ものです。非常にクサいソロですね!まさに「Zombie Autopilot」の再来!続いて、ボーカルの咆哮から始まる9.Impostors Kingdomはアグレッシヴなギターリフとともにズカズカと進むヘヴィな一曲ですね。疾走パートも交えながら突っ走ります。デスメタリックなイントロからスタートする10.Bled Dryも冴えまくりのギタープレイで楽曲を盛り上げています。後半はブレイクダウンし重々しいヘヴィなパートへと移ります。最後の11.Big Bear and the Hour of Chaosはインスト。途中からピアノも入りラストを壮大に飾ってくれますね。

前作と比べて、さらにスピード感がアップしたというか、スラッシュメタル的な要素を取り込んでいる気がしますね。それでいてカッコいいメロディも忘れない、素晴らしい楽曲ばかりです!捨て曲ナシ!ブレイクダウンしてからの疾走パートなんて最高すぎます!これは早く次作も聴かなければ…。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Unearth | 19:22 | トラックバック:0 | コメント:0
Tears Of Tragedy / Elusive Moment
Tears Of Tragedy / Elusive Moment

1. Vorspiel
2. Silence Ocean
3. Anfillia
4. Solitary Light
5. The Invisible World Of The Moon
6. Lucis Ortus
7. The Arclight Of The Sky
8. Degeneration
9. Own Crime
10. Deep Rain

85/100

Tears Of Tragedyの1stアルバムです。
なんだか最近、国産のクサメタルみたいなものにハマっているようです(汗)Amazonのせいで金銭的に大ピンチです!

哀しげなピアノの調べ1.Vorspielから続く2.Silence Oceanはスタスタとメロディックに疾走します!ピアノの音色がかなりクサい!女性ボーカルも綺麗な声をしていてキャッチーな感じがしますね~。ギターソロ、キーボードソロも素晴らしいです!3.Anfilliaもスピード感溢れる一曲。女性ボーカルの透き通るような歌唱とクラシカルな感じのキーボードがイイ!ソロパートは一層派手になっています。4.Solitary Lightはわりとヘヴィなギターリフで進むアップテンポ・ナンバー。広がるようなメロディアスなサビがクサいです!美しいメロディで始まる5.The Invisible World Of The Moonはホントにメロディがスゴい!舞い踊る美旋律にこれまで以上に感情豊かに歌い上げるボーカル!うーん、コレは特に気に入りました!ソロパートも叙情的なメロディを奏でています。6.Lucis Ortusは短い小曲。7.The Arclight Of The Skyは爽快感抜群のイントロをもつアップテンポ・ナンバー。ギターメロディが凄まじくクサいですな!コレもキラーチューンですね~!荘厳なイントロからズンズンと疾走する8.Degenerationはややアグレッシヴな楽曲。鮮烈なギターが弾きまくりでカッコいい!ボーカルは相変わらずキャッチーな歌唱ですな。9.Own Crimeも勢いのあるスピードチューンで、ダークな感じのメロディです。パワフルなボーカルの歌唱がピッタリ合っていますね!ギターがかなり目立っており、テクニカルに弾いています。雨音とピアノから始まる10.Deep Rainはようやくミドルテンポ・ナンバーです。バラード調の曲ですが、メロディが良くて思わず聴き入ってしまいますね~♪

なかなかレベルの高い楽曲が揃っており、捨て曲はありませんね!スピード感のある楽曲がほとんどで、まさにクサい叙情メロスピ!さらにメロディに磨きをかければ凄いバンドになりそうです。ボーカルは中~高音域を操り、かなり安定していると思います。ちなみに歌詞はほとんど日本語詩ですが、それほど気になりませんでした。 新譜が近々発売するようで、買おうかどうか迷っちゃいますね…。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Tears Of Tragedy | 16:01 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR