音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

Kalmah / Seventh Swamphony
Kalmah / Seventh Swamphony

1. Seventh Swamphony
2. Deadfall
3. Pikemaster
4. Hollo
5. Windlake Tale
6. Wolves On The Throne
7. Black Marten´s Trace
8. The Trapper
9. Cold Gin (日本盤ボーナス・トラック)

90/100

Kalmahの7thアルバムです。前作の6thアルバムで超強力なメロディック・デスメタルを披露してくださったKalmahさんですが、今作は如何でしょうか!?

1.Seventh Swamphonyはいきなり邪悪なブラストビートでスタート!叙情的なキーボードとザクザクしたギターが襲いかかります!これは一曲目からキラーチューンですな~。ズカズカと疾走するアグレッシヴなナンバーです。ソロパートではアコギなんかも飛び出し雰囲気を盛り上げます。2.Deadfallはエモーショナルなキーボードで装飾されたアップテンポナンバー。泣きのツインリードがたまりません!怒号コーラスも勇ましくてカッコいい!初っぱなから疾走しヘヴィなギターが入る3.Pikemaster!コレも良い!ギャウギャウ唸るデスボイスも強力ですね。サビでの心を鷲掴みにするギターのメロディが最高です!ブラストビートもあり勢いは充分!4.Holloはミドルテンポナンバーです。ツインリードで泣かせにくる楽曲ですね。北欧的なメロディがこれでもかと奏でられます。呟くようなボーカルも入りますね。ギターソロもピロピロと鮮やかに弾いております。ストロングなギターとバシバシ鳴ってるドラムで始まる5.Windlake Taleも素晴らしい!アップテンポで進み、北欧の叙情性をたっぷり塗布した楽曲です。哀愁度抜群のギターでスタートする6.Wolves On The Throneはミドルテンポでゆったりとメロディを奏でていく楽曲。ブンブン唸るベースもイイですね!7.Black Marten´s Traceは煌めいたキーボードからアグレッシヴなギターが加わる強力なナンバー。アップテンポで進み、ツインギターがこれでもかと美旋律を紡いでいきます。キーボードもかなり目立っていますね!後半はスピードを上げて駆け抜けます。8.The Trapperはドラマティックなイントロのギターがとてもインパクト大です。ミドルテンポでズンズンと攻めてきます。メロディックなリフがまたたまらなくカッコいい!日本盤ボーナストラックである9.Cold GinはKISSのカバーです。例によって原曲は知りませんが(汗)ボーカルが歌い方を変えていて面白いと思いました。

スラッシーで非常に攻撃性の高かった前作と比べると、前作ほどのスピード感はありませんでしたね。スピードはやや落とし、とても上質なメロディを聴かせにきている気がします。個人的には前作の方が爆裂してて好きですが、この新譜もかなり気に入りました!やはりKalmahのアルバムに外れはありませんね。 しかしブックレットの中身の絵は一体…。沼地に潜む魔物かなにかなんですかねぇ。
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Kalmah | 19:12 | トラックバック:0 | コメント:0
Bring Me The Horizon / Sempiternal
Bring Me The Horizon / Sempiternal

1. Can You Feel My Heart
2. The House Of Wolves
3. Empire (Let Them Sing)
4. Sleepwalking
5. Go To Hell, For Heaven's Sake
6. Shadow Moses
7. And The Snakes Start To Sing
8. Seen It All Before
9. Antivist
10. Crooked Young
11. Hospital For Souls

88/100

Bring Me The Horizonの4thアルバムです。なにやらジャケットから異様な雰囲気が漂っていますね…音楽性の方向転換が嫌でも予想されます(笑)

一曲目の1.Can You Feel My Heartから明らかに前作とは違います。エレクトロっぽいアレンジが飛び出し、アトモスフェリックな雰囲気を醸し出しています。とてもメロディアスになっていますね。悲痛に叫ぶボーカルがインパクトあります。2.The House Of Wolvesは一転してアグレッシヴなザリザリとしたギターでスタート、スピーディに疾走します。サビではメロディを付けたボーカルのシャウトが印象的。曲展開もストレートではなく緩急を付けていますね。3.Empire (Let Them Sing)は重心の低いヘヴィにズンズン進む楽曲。つぶやくようなボーカルも入り、歌い方にバリエーションがあります。この曲は前作にもありそうな感じですね。ピアノとクリーンなギターで始まる4.Sleepwalkingはメロディにこだわりがありますね。ここでも様々なアレンジが顔を出します。非常にドラマティックな曲になっていますね~。5.Go To Hell, For Heaven's Sakeはストロングなギターとボーカルで進んでいき、サビではなかなかメロディアスな歌唱が入ります。これがまたクセになるメロディですね~。6.Shadow Mosesはコーラスが入りダークなギターがザクザクと刻みます。ボーカルが入るとともにスピードを上げ、アップテンポに展開していきますね。勇壮なコーラスがとても良い感じ!7.And The Snakes Start To Singは暗い雰囲気のピアノと気だるい感じのボーカルが入る割と静かな楽曲。絞り出すようなボーカルがイイですね。ギターのメロディも何気にカッコいい。8.Seen It All Beforeはメロディの質が高く、とても叙情的でキャッチーな楽曲ですね。派手なドラミングから始まる9.Antivistはアルバムの中ではアグレッシヴな方ですね。低音が効いていてカッコいい!ドラマティックなイントロの10.Crooked Youngはボーカルも激しく、勢いがあります。途中から弦楽器なども入り豪華な感じになりますね。アルバム最後の11.Hospital For Soulsは話し声から始まり途中からギターが入ってきます。こちらもドラマ性を重視した壮大な展開になっていますね~。

とりあえずアグレッシヴでグルーヴ感もあり、適度なスピード感もあった今までの作品とは変わりました。色々な音を使用するようになり、またメロディにも拘りが見られますね。もっとストレートに激しい曲が聴きたい!とも思いましたが、別にコレはコレで良いんじゃないかと思いました。メロディックでドラマティック、で、たまに暴れる感じで。どちらが好きかと聞かれれば初期の頃が好きですが、今作みたいなのも悪くないです。ついついリピートしてしまう、中毒性のあるアルバムですね。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Bring Me The Horizon | 19:30 | トラックバック:0 | コメント:0
Galneryus / RESURRECTION
Galneryus / RESURRECTION

1. UNITED BLOOD
2. BURN MY HEART
3. CARRY ON
4. DESTINATIONS
5. STILL LOVING YOU
6. EMOTIONS
7. SAVE YOU!
8. A FAR-OFF DISTANCE
9. FALL IN THE DARK
10. DESTINY
11. THE ROAD GOES ON

92/100

Galneryusの6thアルバムです。新ボーカルになってから初のアルバム、ようやく聴きました。なんか今更過ぎて取り残されてますね(汗)もうあと2枚もアルバム発表してるんですよね~。リリースペースすごいなぁ。いや、非常に有り難いことですが、聴くのが間に合わないです…(*_*)

いつものお決まりになった期待感をあおりまくるイントロ1.UNITED BLOODから2.BURN MY HEARTへ!メロディアスで叙情的なギターが相変わらずカッコいいスピードチューン!そして新ボーカルの高く伸びやかで美しいこと!コレはホントに驚きました。繰り出されるハイトーンボイスに圧倒されてしまいましたね。飛翔感のあるサビが聴きどころでしょうか。ソロパートも相変わらず派手に弾きまくっております。最高です!ラストはコーラスも交えドラマティックに終わります。切れ目なく続く3.CARRY ONはまたまた透き通るようなハイトーンボーカルが前面に出されています。サビはキャッチーで爽やかな印象を受けますね。またギターソロのカッコいい!実に素晴らしいスピードチューンです。4.DESTINATIONSはミドルテンポでヘヴィなギターが渋い一曲。滑らかなギターソロも良い感じです。この曲でもボーカルが存在感を発揮していますね。曲名からしててっきりバラードかと思いきや、ポップで明るい雰囲気のアップテンポナンバーである5.STILL LOVING YOU。キーボードソロが美しくてドラマティックです!6.EMOTIONSはテクニカルかつメロディアスなインスト。ギターのメロディが特にカッコ良くて気に入りました。壮大な雰囲気とピアノも交えスタートする7.SAVE YOU!は日本語詩も入った力強いスピードチューンです。ギターソロが高速かつ美しくてたまりませんな!静かなギターとボーカルで始まる8.A FAR-OFF DISTANCEは希望に満ち溢れたようなメロディが特徴的なミドルテンポナンバーです。ラストの英語詩の部分が実に雄大な感じがしてイイですね!9.FALL IN THE DARKは一転してアグレッシヴなギターが楽曲をリードする、ダークなメロディをもつアップテンポチューン。コレまたカッコいい曲ですなぁ~。10.DESTINYは静かなヴァイオリンの音色から始まり、力強いボーカルの歌が入るスピードチューン。スタスタと疾走しながら奏でられる英語詩のサビがグッと来ますね。ソロパートのピロピロ感もスゴいです(笑)最後はインストの11.THE ROAD GOES ONでアルバムの最後を締め括ります。

アルバム通して、メロディアスなスピードチューン、ポップでノリやすいものや叙情的な楽曲にアグレッシヴ・ナンバーなど、非常にバリエーションに富んでいますね。捨て曲はありません!ただ、前任ボーカルが大好きだった自分としては、まだ過去の好きだった作品を超えるところまでは行っていませんね…。新ボーカルがまだ耳に馴染んでないからかもしれませんが、しかし充分満足できるアルバムだったので、まだ聴いてない2枚のアルバムにも期待が高まります! あとはゆっくり音楽を聴く時間があればなぁ~。悲しい問題だ…。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Galneryus | 18:38 | トラックバック:0 | コメント:0
MinstreliX / Reflections
MinstreliX / Reflections

1. Spiritus Mundi
2. Lost Sanctuary
3. Thirst For…
4. Farewell
5. Maria(ex.Death Maria)
6. Prelude
7. Sky Flame
8. Light casts a shadow(2009ver)

70/100

MinstreliXの2ndアルバムです。

アグレッシヴなギターから始まる1.Spiritus Mundiは女性ボーカルが力強く歌い上げます。暗い感じのメロディはなかなか悪くありませんね。ギターソロはかなりカッコ良くて弾きまくっており、結構気に入りました。しかし2.Lost Sanctuary3.Thirst For…は以前の男性ボーカルのバージョンが素晴らしすぎたので、ちょっと残念です。ギターの音が太くなって迫力が上がったりして良い部分もあるんですが、やはり原曲の方が…と思ってしまいます。4.Farewellも同じように感じました。5.Maria(ex.Death Maria)はドラムが派手に叩きながらスタートするアグレッシヴでかなりカッコ良い楽曲です。コレはなかなかイイですね~。ソロパートもカッコよく決めています。6.Prelude~7.Sky Flameはやっぱり原曲と比べてしまいますね。こちらも決して悪くはありませんが、個人的には原曲の方が好きですね。8.Light casts a shadow(2009ver)はドカドカと勢いのいいドラムとデスボイスが迫力を出していますね。このボーカルは、こういうちょっと激しめの楽曲の方があっている気がします。

残念ですが、やっぱり個人的にこのボーカルは私の好みに合わないようです(汗)

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| MinstreliX | 16:24 | トラックバック:0 | コメント:0
MinstreliX / Light Casts A Shadow
MinstreliX / Light Casts A Shadow

1. Suspecious Suduction
2. Soul of the Breeze~Lullaby
3. Light Casts a Shadow

65/100

MinstreliXのシングルです。

私は前任の男性ボーカルのシングル「Lost Renaissance」しか聴いたことがありませんが、ちょっとこの女性ボーカルは力不足に感じましたね…。比較的低音を中心に歌い上げるタイプで、1.Suspecious Suductionは実にメロディアスでキャッチーなスピードチューンになっています。また3.Light Casts A Shadowはところどころデスボイスも飛び出すなどアグレッシヴな感じも出ていてなかなか良い曲だな~とは思いました。が、しかしながらいまいちボーカルがピンと来ませんでした…残念です。

やっぱり「Lost Renaissance」の楽曲が素晴らしすぎて、どうしても比べてしまいますね(汗)

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| MinstreliX | 16:23 | トラックバック:0 | コメント:0
Amaranthe / The Nexus
Amaranthe / The Nexus

1. Afterlife
2. Invincible
3. The Nexus
4. Theory Of Everything
5. Stardust
6. Burn With Me
7. Mechanical Illusion
8. Razorblade
9. Future On Hold
10. Electroheart
11. Transhuman
12. Infinity

84/100

Amarantheの2ndアルバムです。
正直1stアルバムだけで満足してしまったので、似たり寄ったりのこういった音楽はもうお腹一杯かなぁと思いつつ、相変わらず評判が良かったので購入しちゃいました。

カッコいいイントロで始まる1.Afterlifeは透き通るような女性ボーカルが中心になり歌い上げます。リズムも良く、良い感じです。途中でヘヴィなパートからフラッシーなギターソロへ繋がる辺りがイイ!ザクザクとアップテンポに進むややヘヴィな2.Invincible。こちらは男性ボーカルが曲をリードし、サビではお決まりの女性ボーカルが感情豊かに歌います。3.The Nexusは女性ボーカルが明るく歌い、要所で男性ボーカルのスクリームが入ります。ギターソロがまたテクニカルでカッコいいですね!4.Theory Of Everythingもアップテンポで似たような楽曲です。なんか前作で聴いたことがあるような気もしますが(汗)ソロパートは相変わらず良い感じです。5.Stardustはテンポよく進んでいきます。インストパートもイイですね!6.Burn With Meはミドルテンポでじっくりとボーカルが歌い上げる楽曲です。ムーディーなギターソロがとても印象的。7.Mechanical Illusionもミドルテンポで、やや暗いメロディでギターが刻んでいきます。男女ボーカルの絡みがより際立っていますね。力強い女性ボーカルでリズミカルに進んでいく8.Razorblade。アグレッシヴなドラムとギターで展開する9.Future On Hold10.Electroheartは随所で聴かれる男性ボーカルがお気に入りの一曲。歌メロはとてもキャッチー。もはやメタルではないのでは…(汗)キラキラしたアレンジで始まる11.Transhumanはメタリックなギターソロがたまらないですね~。12.Infinityでは女性ボーカルによる雄大なサビが!これまたドラマティックなメロディですな。

前作と比べると、少しスピード感が落ちたかな?と何となく感じました。ですがやっぱり男女ボーカルの掛け合いがとてもカッコ良く、聴いていてすごく引き込まれます。ただ2作目にしてちょっとマンネリ感というか、似たり寄ったりの楽曲があったりしますね。こういう音楽性では仕方ないかな…。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Amaranthe | 18:55 | トラックバック:0 | コメント:0
Children Of Bodom / Halo Of Blood
Children Of Bodom / Halo Of Blood

1. Waste Of Skin
2. Halo Of Blood
3. Scream For Silence
4. Transference
5. Bodom Blue Moon (The Second Coming)
6. The Days Are Numbered
7. Dead Man's Hand On You
8. Damage Beyond Repair
9. All Twisted
10. One Bottle And A Knee Deep
11. Crazy Nights(ボーナストラック)
12. Sleeping In My Car(ボーナストラック)

88/100

Children Of Bodomの8thアルバムです。

ズカズカとアップテンポに進む1.Waste Of Skinはメロディックなギターがとてもカッコいい!キーボードのプレイも良いですね~。ソロパートも弾きまくりで最高です!これは一曲目としては良い出来ではないでしょうか。ブラストビートから始まる2.Halo Of Bloodはカッコいいギターリフで進み、ドラムもブラストビートを交えながらアグレッシヴに突き進みます。ややブラックメタル的な雰囲気が感じられますね。ギターソロはスゴく爽快なものになっています。3.Scream For Silenceはミドルテンポで北欧的な叙情性がある一曲。4.Transferenceはイントロのギターがとてもカッコいい!アップテンポでじっくりと聴かせる楽曲です。メロディアスなイントロからノリよく進む5.Bodom Blue Moon (The Second Coming)。ソロパートが派手でイイ!アグレッシヴでカッコ良く疾走する6.The Days Are Numbered。ボーカルも強力で迫力がありますね。この曲はかなりお気に入りです。途中のキラキラしたキーボードが素敵!暗いメロディからスタートする7.Dead Man's Hand On Youはミドルテンポで進んでいく楽曲です。8.Damage Beyond Repairはザクザクとギターが刻んでいき、だんだんと盛り上がっていく楽曲。イントロから期待大な9.All Twistedはとてもカッコいいギターリフとともに疾走するキラーチューンですね!どこか昔の頃を思わせます。これは是非ライヴでやってほしいなぁ。アルバム本編ラストはスタスタと軽快に疾走するスピードチューン10.One Bottle And A Knee Deep

ボーナストラックである11.Crazy Nightsは原曲は聴いたことがありませんが、なかなかカッコいい曲ですね。12.Sleeping In My Carはノリがよく明るい楽曲です。こちらも原曲は知りません…(汗)

原点回帰しているかどうかは置いておいて、今回も前作に続いて高品質なアルバムになっていると思います。「Blooddrunk」で「もうダメだ…。」と感じた自分なので、それと比較すれば非常にカッコいい曲満載のアルバムです。確かに3rdや4thを彷彿とさせる楽曲もありますしね。聴き込めばもっと良くなりそうなアルバムだと感じました。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Children Of Bodom | 16:47 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR