音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

Darkane / Demonic art
Darkane / Demonic art

1. Variations of an Eye Crush
2. Leaving Existence
3. Demonic Art
4. Absolution
5. Execution 44
6. Impetious Constant Chaos
7. Demigod
8. Soul Survivor
9. The Killing of I
10. Wrong Grave
11. Still in Progress
12. Wrath Connection
13. Innocence Gone(live) (日本盤ボーナストラック)

82/100

Darkaneの5thアルバムです。
新譜の感想を書こうと思ったら、
このアルバムの感想を書き忘れてました(汗)

イントロの1.Variations of an Eye Crushに続く2.Leaving Existenceはスタスタと疾走するスピードチューンです。ギターソロは滑らかに弾いていてカッコいい!切れ目なく始まる3.Demonic Artはダークなメロディで疾走する楽曲。不気味なコーラスが印象的な一曲です。この曲もギターソロが弾きまくりでイイですね!4.Absolutionはノリの良いリフで進むアップテンポナンバー。テクニカルなギターソロも聴きどころですね。5.Execution 44 は長めのイントロからボーカルが入るとともに疾走する楽曲。ちょっとインパクトに欠けるかな~。6.Impetious Constant Chaosはアグレッシヴで勢いのある楽曲です。ドラミングも強烈!7.Demigodはザクザクと刻むギターでゆっくりと進行していくミドルテンポナンバーです。ザリザリとしたギターリフで疾走する8.Soul Survivorはとてもカッコいい!コーラス部分もキャッチーな感じで良いですね~。9.The Killing of Iは淡々とギターが刻んでいく楽曲で、インダストリアルな雰囲気?が感じられます。10.Wrong Graveは泣きのメロディが美しいインスト。11.Still inProgressはスピーディに疾走し、サビではお決まりのコーラスを入れてくる曲。ギターソロはピロピロと弾きまくるタイプです。アルバムの最後は12.Wrath Connection。カッコいいギターリフで刻み、ノリがよくアップテンポに進んでいきます。この曲は特に気に入りましたね!

全体的に悪くはない出来なのですが…前作で見られたキャッチーで浮遊感のある特徴的なコーラスがあまり無いのが残念でしたね。曲の構成も前作の方がストレートにかっ飛ばしていて好みです。しかし駄作だとかそういうものではないので、買って損はないと思います。でも「Secondary Effects」のようなキラーチューンが欲しかったですね~。
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Darkane | 18:20 | トラックバック:0 | コメント:0
Kalmah / 12 Gauge
Kalmah / 12 Gauge

1. Rust Never Sleeps
2. One Of Fail
3. Bullets Are Blind
4. Swampwar
5. Better Not To Tell
6. Hook The Monster
7. Godeye
8. 12 Guage
9. Sacramentum

92/100

Kalmahの6thアルバムです。

アコギで渋く始まる1.Rust Never Sleepsは実にスラッシーなギターリフで突進していきます!ボーカルも迫力満点ですね。メロディは今までのようなクサイ感じよりもドラマティックな印象が強いですね。ギターソロもフラッシーでカッコいい!一曲目からキラーチューンですね!2.One Of Failはキラキラしたキーボードとエモーショナルなギターからスタート、ブラストビートが入りアグレッシヴに攻め立てます。サビでは雄大な雰囲気さえ感じるものになっています。ギターソロもまたまたキレてますね!キーボードソロも派手でイイ!3.Bullets Are Blindはザリザリとしたギターリフで疾走する楽曲です。この曲もヘドバン必至のメロディがいいですね!クサイメロディとは違った、勇壮なメロディが楽しめます。ギターソロはテクニカルに弾きまくり!4.Swampwarはイントロからダークな雰囲気で始まる楽曲。カッコいいメロディで進んでいくアップテンポ・チューンです。ここでもギターの奏でるメロディがスゴくいい!高速でピロピロと弾きまくるギターソロも聴きどころです!この曲もキラーチューン候補か!?切なげなメロディでゆっくりと進行する5.Better Not To Tell。ようやくここで小休止といったところでしょうか。おぞましいメロディでスタスタと疾走する6.Hook The Monsterはリズミカルにギターがザクザクと刻むこれまたカッコいい楽曲。力強いコーラスも魅力的ですね!キーボードもピロピロと派手に演奏しています。しかしボーカルがホントにカッコいいなぁ~。ブラストビートで激しく始まる7.Godeyeも軽快にスタスタと疾走するナンバー。途中で再びブラストビートが入るパートがあり、これまた激しいです!アコギで和やかに始まる8.12 Guageは強力なギターリフでズカズカと疾走する楽曲。キーボードもいい仕事をしてますね。雰囲気作りに大きく貢献していると思います。雄大なメロディで疾走する様は圧巻!アルバム最後の曲9.Sacramentumは荘厳な雰囲気のあるイントロからスタート、しばらくするとしっかり疾走します。ミドルテンポのパートもあり、聴いていて飽きさせませんね。終盤ではアコギが入りキーボードソロへと繋がります。

これはスゴい作品です!キラキラしたキーボード等は少し減退しましたが、ギターがスラッシーでザクザクとしていてカッコいい!アグレッションの高さで言えば今までで一番ではないでしょうか。アルバム収録曲のほとんどが疾走曲になっています。ギターソロやキーボードソロも聴きごたえ満点です。これまでの作品を更に越えた、素晴らしいアルバムだと思います!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Kalmah | 19:52 | トラックバック:0 | コメント:0
GYZE / Fascinating Violence
Gyze / Fascinating Violence

1. Desire
2. Desperately
3. Fascinating Violence
4. Regain
5. Trash My Enemy
6. A Dynasty
7. Final Revenge
8. Trigger Of The Anger
9. Day Of The Funeral
10. Midnight Darkness
11. The Black Era

93/100

GYZEの1stアルバムです。ゲストにDisarmonia MundiのClaudioが参加しているということで、期待して購入した一枚です。

オープニングナンバーの1.Desireからいきなりドラマティックでメロディアスな疾走曲です!ピアノ等も使い哀愁度は抜群!ゲストボーカルのClaudioも安定してカッコいい咆哮を聴かせてくれていますね~。ギターソロも滑らかに弾きまくりです。デジタルな感じの効果音から続く2.Desperatelyはズカズカと疾走、途中でノーマルボイスによるメロディアスな歌唱が入ります。この歌唱もなかなかイイですね。メタルコアみたいにちょっとテンポを落とした後はテクニカルなギターソロが!3.Fascinating Violenceは雄大な雰囲気のあるイントロからドラムがドカドカとし疾走を開始、ボーカルが入ると一旦テンポを落とし、ザクザクとしたギターで進んでいきます。この曲もメロディがとてもカッコいい!ピアノも入り泣き具合は最高です。ギターソロはピロピロと弾きまくるタイプですね。モダンにガツガツと疾走する4.RegainはDisarmonia Mundiを彷彿とさせますね。ノーマルボイスで歌い上げ、間にClaudioの強力なデスボイスが入ります。この曲はノーマルボイスによる歌唱がなかなか目立っていて良いですね~。ギターソロもとてもクール!ヘヴィなギターのイントロから始まる5.Trash My Enemyは機械的にゴリゴリと疾走していく楽曲。テクニカルなギターソロが入り、一層曲を盛り上げます。ミドルテンポでメロディを奏でながらスタートする6.A Dynastyはボーカルが入るとスピードを上げ、何やらインダストリアルな印象を受けます。ここでもノーマルボイスが挿入されますが対比的にエモーショナルに歌い上げていますね。なかなか上手だと思います。ダークな雰囲気の中で繰り出されるギターソロに大興奮です!壮大なメロディからボーカルの咆哮とともに疾走していく7.Final Revengeは、2人のデスボイスが絡み合い絶妙な感じになっています。メロディックなギターの後はまたも疾走!ラストのギターメロディがスゴくカッコいい!いきなりアグレッシヴに攻め立てる8.Trigger Of The Anger。デスラッシュのようでメロディ要素は薄めかな?と思ったらソロパートではしっかり泣きのメロディを奏でていますね。途中でテンポを落とし、ピロピロとギターが入ってきます。コレも叙情的で良い感じです。悲哀に満ちたピアノとヴァイオリンから美しいメロディを引っさげ大疾走する9.Day Of The Funeral!コレは素晴らしい!アルバムのキラーチューンではないでしょうか。激情のメロディで疾走する、まさにメロディック・デスですね。ギターソロのカッコよさもアルバム1ですかね!?またもイントロから慟哭のメロディを携えて疾走する10.Midnight Darkness。ああ、こっちの曲も良いなぁ~。ギターリフがカッコ良すぎます!最高です!ラストの11.The Black Eraは、静かなピアノとデジタルなキーボードでメロディを奏でるインストです。

これはスゴい作品です!1stアルバムからこんなにもハイクオリティな楽曲を揃えてくるとは…。Claudioのボーカルがほぼ全曲に入っているのでDisarmonia Mundiみたいな雰囲気もありますが、充分実力を持っていると思います。国産で最近だとThousand Eyesがありますが、Gyzeもかなりの高品質な音楽を演っていますね。どの曲もコンパクトにまとめられ、また疾走度も高いです。Amazonでお安く手に入るので、メロデスやメロディック・デスラッシュ好きな方は買って損はないと思います!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| GYZE | 16:40 | トラックバック:0 | コメント:0
Dark Tranquillity / Haven
Dark Tranquillity / Haven

1. The Wonders At Your Feet
2. Not Built To Last
3. Indifferent Suns
4. Feast Of Burden
5. Haven6. The Same
7. Fabric
8. Ego Drama
9. Rundown
10. Emptier Still
11. At Loss For Words

82/100

Dark Tranquillityの5thアルバムです。

特徴的なキーボードからドラマティックに始まる1.The Wonders At Your Feetは迫力あるデスボイスがとてもカッコいい!ピアノも良い具合に使われています。2.Not Built To Lastはザクザクとしたギターが良い感じです。途中の雰囲気あるパートは前作を思い起こさせますね。美しいキーボードの音色からスタートする3.Indifferent Sunsは重々しい雰囲気に包まれた一曲です。この曲でもキーボードが大活躍していますね。4.Feast Of Burdenはイントロのギターがとてもカッコいい!デジタルなキーボードも入りすごく工夫を凝らしていますね~。これは気に入りました!ピアノも良い感じです。これまた壮大なメロディで始まり、ゆったりと聴かせる5.Haven。この曲もなかなか良いです。ミドルテンポでメロディアスな6.The Sameはキーボードのアレンジが効果的な一曲。繰り返されるメロディがインパクトありますね。7.Fabricはボーカルの多彩な表現力の光る曲です。ザクザクと刻むギターもカッコいいですね。ピアノの旋律からギターが入る8.Ego Dramaはメロディが特に叙情的で素晴らしいですね!呟くようなボーカルも登場します。アグレッシヴなギターで始まる9.Rundownはギターが主体の楽曲。途中でピアノが絡んでくる辺りはたまらんですな!ギターソロもカッコいい!ウニョウニョとしたキーボードで始まる10.Emptier Stillは不思議な雰囲気のある楽曲です。悲壮感漂うボーカルがいい雰囲気を出しています。11.At Loss For Wordsは美しいメロディで始まりカッコいいギターが加わるアップテンポ・ナンバー。ボーカルの実力も前作から成長していますね~。あとやっぱりピアノの音色が素敵!

前作の「Projector」から大きく成長していますね。前作で多くを占めていたノーマルボイスによる歌唱はほとんど無くなりましたが、相変わらずカッコいいボーカルだなと思います。ミドルテンポ中心のアルバムですが、ギターリフなどもカッコ良く、聴きごたえがありましたね。 あと聴いていないのは1stと2ndですが…時間のあるときにゼヒ聴いてみたいです!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Dark Tranquillity | 19:03 | トラックバック:0 | コメント:0
Dark Tranquillity / Projector
Dark Tranquillity / Projector

1. Free Card
2. There In
3. UnDo Control
4. Auctioned
5. To A Bitter Halt
6. The Sun Fired Blanks
7. Nether Novas
8. Day To End
9. Dobermann
10. On Your Time

80/100

Dark Tranquillityの4thアルバム。いま、自分の中でDark Tranquillityが非常にアツいです!というわけで過去の作品も聴いてみたいと思い、5thアルバム「Haven」と一緒に購入してみました。

哀しげなピアノから始まる1.Free Cardはかき鳴らされるギターがとても叙情的でカッコいい!妖しい雰囲気のソロパートも個性的ですね。ザクザクと刻むギターからスタートする2.There Inはミドルテンポでゆっくりと進行していきます。気だるい感じのノーマルボイスもなかなか様になっていますね。女性ボーカルから始まる3.UnDo Controlはデスボイスとの掛け合いが良い感じです。4.Auctionedはピアノとアコギでとても叙情的なメロディを奏でます。冒頭からノーマルボイスによる歌唱が入ってきますね。要所で聴けるピアノのメロディがたまりません!5.To A Bitter Haltはデスボイスと叙情的なギターリフでスローに進む楽曲。ディープなノーマルボイスがここでも活躍しています。6.The Sun Fired Blanksはドラマティックなイントロから勢いよく突き進むアップテンポな楽曲。アルバムの中ではアグレッシヴな方かな~。静かなイントロから始まる7.Nether Novasもクリーンなボーカルがとても印象的。熱の入ったアツい歌唱がとても気に入りました。不気味なイントロから哀しげなボーカルが入る8.Day To End。なかなかアグレッシヴでメロデスっぽい9.Dobermann。でもボーカルはノーマルボイス中心ですね。間奏のムードあるパートがイイ!ドラムと緊迫感あるギターから始まる10.On Your Timeはテンポよく進む楽曲で、これもなかなか良いですね!お気に入りの一曲です。珍しくスタスタと疾走する場面もありますね。

大きく路線転換をしたアルバムですが、後追いのファンの私はそんなに違和感無く聴いていくことが出来ました。最近の作品と聴き比べたりして楽しかったです。ボーカルのノーマルボイスも全然上手で、想像より良い印象でしたね。買ってみて良かったです。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Dark Tranquillity | 16:47 | トラックバック:0 | コメント:0
Anterior / Echoes Of The Fallen
Anterior / Echoes Of The Fallen

1.To Live Not Remain
2.Blood In The Throne Room
3.Tyranny
4.Of Gods And Men
5.By Horror Haunted
6.Echoes Of The Fallen
7.The Evangelist
8.Sleep Soundly No More
9.Venomous
10.Senora De Las Sombras

84/100

Anteriorの2ndアルバムです。

壮大な雰囲気でスタートする1.To Live Not Remainは強力なドラムとともにズカズカと進んでいきます。途中に入るギターがとてもメロディアス!ピロピロと弾いているギターも良いですな。イントロから弾きまくりな2.Blood In The Throne Roomはアップテンポでギターがザクザクと刻んでいきます。勇壮なメロディがたまらなくカッコいいですね!ギターソロも聴きごたえがあります。静かなイントロから始まる3.Tyrannyはミドルテンポで始まり、その後疾走します!相変わらずギターは弾きまくりですね~。4.Of Gods And Menも最初はゆっくりと始まり、スピードを上げて行きます。この曲はかなり叙情的なメロディもあり、特に気に入りましたね!ギターソロもとてもメロディアス!イントロからピロピロと弾きまくりな5.By Horror Hauntedは爽快なメロディが特徴的な一曲。滑らかなギターが良いですね~。6.Echoes Of The Fallenは荘厳な雰囲気のインスト。続く7.The Evangelistはスピーディなギターで勢いよく突き進むカッコいい一曲。8.Sleep Soundly No Moreはミドルテンポで展開していく楽曲です。途中でテンポを上げていくパートがイイ!9.Venomousは始まりからいきなり勢いよく突っ走るアグレッシヴな楽曲。この曲は個人的にキラーチューンですね。ギターソロのカッコ良さといったらもうたまりません!メロディも最高です!アルバムの最後10.Senora De Las Sombrasはミドルテンポでザクザクとギターが刻んでいきますね。ギターソロも派手に弾きまくっています。

本作品も非常にカッコいいメタルを聴かせてくれていますね!ただ個人的には前作の方がストレートで分かりやすく、メロディアスだった気がします。どちらが好きかというと1stの方を選んでしまいますかね~。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Anterior | 17:29 | トラックバック:0 | コメント:0
Dark Tranquillity / Construct
Dark Tranquillity / Construct

1. For Broken Words
2. The Science Of Noise
3. Uniformity
4. The Silence In Between
5. Apathetic
6. What Only You Know
7. Endtime Hearts
8. State Of Trust
9. Weight Of The End
10. None Becoming
11. Immemorial(日本盤ボーナストラック)
12. Photon Dreams(日本盤ボーナストラック)
13. To Where Fires Cannot Feed(日本盤ボーナストラック)
14. The Bow And The Arow(日本盤ボーナストラック)
15. Zero Distance(日本盤ボーナストラック)
16. Zero Distance - Radio Edit(日本盤ボーナストラック)

87/100

Dark Tranquillityの10thアルバムです。

ゆっくりと始まる1.For Broken Wordsは暗くて重々しいヘヴィな一曲です。ここ最近の作品とは趣が違いますね。物悲しげなメロディがイイ!2.The Science Of Noiseはスタスタと疾走から始まる楽曲。表現力の高いボーカルが曲をリードします。サビでは再び疾走しカッコいいところを見せてくれますね。この曲は前作に近いかな?叙情的なメロディでスタートする3.Uniformity。耽美的なノーマルボイスによる歌唱が良いですな。ギターのメロディがグッときます。最後はゆったりとギターがメロディを奏でて終了です。渋いイントロからカッコいいギターリフでアップテンポに進む4.The Silence In Between。やっぱりこういう曲を待ってました!叙情的なメロディを伴い進んでいくアグレッシヴ・チューンです。続く5.Apatheticもアップテンポ~疾走チューンですね。ドラマティックなイントロからザリザリしたギターリフがとても良い感じ。スタスタと疾走した後に一瞬入るギターメロディがすごく良い!どこか明るさが感じられるイントロの6.What Only You Knowはまずノーマルボイスでメロディアスに始まります。その後はデスボイスで疾走!最高です!ゴリゴリしたギターと特徴的なキーボードで始まる7.Endtime Heartsは、ザクザクと刻むギターが中心になっていますね。テクニカルなギターソロも良いですな~。哀愁度全開の8.State Of Trust。ここではノーマルボイスとデスボイスの切り替えが中心になって楽曲を引っ張ります。一風変わったメロディからスタートする9.Weight Of The End。この曲は駆け抜けるようなスピード感あるパートが特に気に入りました!アルバムの最後はなにやら暗いムードのイントロの10.None Becoming。哀しげなメロディを紡ぎながらゆっくりと曲は進みます。サビはとてもドラマティックに展開していきますね。

以下はボーナストラックです。こんなにたくさん収録してくれるとは嬉しいですね~。11.Immemorialはテクニカルに弾いているギターソロがイイ!ただちょっとインパクトに欠けるかな…。12.Photon Dreamsは妖しいメロディを奏でるインスト。13.To Where Fires Cannot Feedは割とストレートなデスメタル・ナンバーになっています。ピアノの旋律はやはり美しいです。陰鬱なメロディを持つ14.The Bow And The Arowはミドル~アップテンポで聴きやすい楽曲ですね。キーボードの音色がクセになります。初っぱなからスタスタと疾走する15.Zero Distanceはキーボードの装飾もいい雰囲気を出していますね。ギターが心地よく進むスピード感のある楽曲です。16曲目はこの曲のRadio Editになっています。

今作はここ最近のアルバムと比べてアグレッションが減退し、ストレートな疾走曲が少なくなりましたね。それでも各曲にフックがありハマる要素はあると思います。聴けば聴くほどハマっていくような、スルメ盤って感じでしょうか。個人的にはDamage DoneやCharacterあたりのアルバムが好きですかね~。でも今作みたいな方向性も良いと思います。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Dark Tranquillity | 16:37 | トラックバック:0 | コメント:2
| ホーム |

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR