音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

Machinae Supremacy / Rise Of A Digital Nation
Machinae Supremacy / Rise Of A Digital Nation

1. All of My Angels
2. Laser Speed Force
3. Transgenic
4. Rise of a Digital Nation
5. Pieces
6. Cyber Warfare
7. Republic of Gamers
8. Battlecry
9. 99
10. Hero

87/100

いつの間にか発売されていた、Machinae Supremacyの6thアルバムです。

カッコいいギターメロディから始まる1.All Of My Angelsはポップな感じの明るい楽曲で、一曲目としては掴みはOKですね!途中でテンポを落として歌メロを聴かせにきます。曲名からして期待が高まる、これまたかなりカッコいいスピード感の2.Laser Speed Forceはアレンジも豊かで、キラキラした演出が良い感じです。ソロパートが実にドラマティックでもう最高です!個人的にはこの曲がキラーチューンですね~。一転してヘヴィでゆったりとした3.Transgenicは気だるい感じのボーカルが印象的な一曲。アップテンポで明るくスピーディに始まる4.Rise Of A Digital Nationはシャープなギターリフがとてもイイですね~♪ギターソロもまたカッコ良く、渋くきまってますね。ピコピコサウンドもすごく効果的に使われています。そのピコピコサウンド全開の5.Piecesはサビが哀愁度抜群ですね。良い具合にマッチしていると思います。ギターソロはテクニカルに弾いていて素晴らしい!図太いギターリフからスタートする6.Cyber Warfareは短いインストです。インストに続く7.Republic Of Gamersは一瞬ためてスピードを上げて疾走する辺りがたまらないですね~。ドラマティックなメロディが印象深いです。緊迫感のあるソロパートも良い感じ!ミドルテンポで進む8.Battlecryは途中から部分的にスピードを上げていく楽曲です。叙情的でなかなかイイですね。あと唐突に日本語詞が出てきます。9.99は哀しげなメロディで始まり、ミドルテンポでゆっくり進んでいきます。ボーカルも感情を込めてじっくり歌い上げていますね。アルバムの最後は10.Hero!アップテンポでシャープなギターリフがとてもカッコいい楽曲です。勇壮なメロディを奏でるギターがなんとも言えません!メロディアスな一曲となっています。

全10曲で各曲コンパクトにまとめられているので、すんなりと聴き通せました。スピード感もありギターリフもカッコ良く、またこのバンドの特徴であるピコピコサウンドも非常に効果的に使われており、楽曲を盛り上げます。前作からまた成長していると感じましたね~。
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Machinae Supremacy | 19:57 | トラックバック:0 | コメント:0
The Resistance / Scars
The Resistance / Scars

1. Clearing The Slate
2. Your Demise
3. To The Death
4. Expand To Expire
5. Imperfected
6. I Bend - You Break
7. The Serpent King
8. Eye For An Eye
9. My Madness
10. Warmonger
11. Scars
12. (I Will) Die Alone
13. My Fire(日本盤ボーナストラック)
14. Face To Face(日本盤ボーナストラック)
15. Rise From Treason(日本盤ボーナストラック)
16. Slugger(日本盤ボーナストラック)

82/100

The Resistanceの1stアルバムです。

スタスタと疾走する1.Clearing The Slateはボーカルの迫力も相まって強力なオープニング・ナンバーになっています。リズムよく疾走する2.Your Demiseはテンポを落として曲に展開をつけている辺りが良い!多少メロディアスでもありますね。ドラムからスタートする3.To The Deathはいかにもスウェディッシュ・デス的なメロディで疾走する楽曲です。しかしちょっと短いかな…(汗)4.Expand To Expireは強力なギターリフで爆走する曲で、わずかに挿入されるメロディが良い感じです。引きずるようなギターで始まる5.Imperfectedはミドルテンポでザクザクと進んでいきます。ここでも僅かですが叙情的なメロディがありますね。6.I Bend - You Breakはザリザリとしたギターリフがとてもカッコいい!ズンズンと突き進むパワフルな楽曲ですね。特に気に入った一曲です。不気味なSEからスタートする7.The Serpent Kingはアルバムの中ではメロディが豊かな方ではないでしょうか。まさに疾走するスウェディッシュ・デス!8.Eye For An Eyeはボーカルの咆哮から始まり、アップテンポにガツガツ進んでいく楽曲です。なにかすごい緊迫感が感じられますね。これまたアグレッシヴなギターがカッコいい9.My Madnessは途中で少しだけ挿入されるメロディアスなパートがイイですね~♪ゆっくりとギターを奏でる10.Warmongerはリズミカルな早口ボーカルがなかなか面白いです。アルバムタイトルの11.Scarsは初っぱなからアグレッシヴに爆走。最後の終わり方もカッコいい。アルバム本編ラストの12.(I Will) Die Aloneはアップテンポにザクザクとしたギターで進む楽曲。これまで疾走してきたけど、最後の曲は疾走しないんだな…(笑)ラストのギターの奏でるメロディがとても印象的な一曲です。ボーカルにも哀愁が感じられます。

以下は日本盤ボーナストラックで、先に発売したEPに収録されていた楽曲だそうです。これは有り難い!13.My Fireは邪悪な感じのメロディがカッコいいアップテンポ・チューン。14.Face To Faceはズカズカと疾走するスピード感あふれる楽曲です。途中で叙情的なメロディが少し顔を出しますね。こちらもバカスカと爆走する15.Rise From Treason。ボーカルのシャウトが特にカッコいい一曲。ラーイズ!ラーイズ!最後は16.Slugger。リズミカルなドラミングでスタート、噛みつくようなボーカルと切れ味抜群のギターリフがマッチしています。

事前に示されていた通り、メロディ要素は非常に薄いですね。しかしほとんどメロディが無いとかそういう訳ではなく、ちょっとした味付け程度にメロディが加えられています。あと楽曲のほぼ全てが疾走しており、楽曲の差別化なんて言葉はこういうジャンルには言っても仕方ないですが(笑)ただ各曲に個性を持たせようという工夫を感じとることが出来ました。メロディ派の私ですが、たまにはこういうのもアリだな~と思わせてくれたアルバムです。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| The Resistance | 17:16 | トラックバック:0 | コメント:0
Scar Symmetry / The Unseen Empire
Scar Symmetry / The Unseen Empire

1. The Anomaly
2. Illuminoid Dream Sequence
3. Extinction Mantra
4. Seers Of The Eschaton
5. Domination Agenda
6. Astronomicon
7. Rise Of The Reptilian Regime
8. The Draconian Arrival
9. Alpha And Omega

85/100

Scar Symmetryの5thアルバムです。

1曲目からいきなりのキラーチューン1.The Anomalyはイントロからとてもカッコいいメロディックなギターがたまらない一曲です!ギターソロも弾きまくりで最高!ボーカルも2人体制になって上手く歌い分けが出来てますね。サビでの歌唱もとてもキャッチーです。続く2.Illuminoid Dream Sequenceはダークな雰囲気でミドルテンポに進む楽曲でちょっと大人し目な一曲です。途中でスタスタと疾走する場面もあるけれど、この曲はちょっとイマイチかなぁ。一風変わったメロディでスタートする3.Extinction Mantraはミドルテンポでズンズンと進む楽曲。ゆったりとしたクリーンボイスの歌唱が印象的な一曲です。ギターの早弾きから始まる4.Seers Of The Eschatonはギターの奏でるメロディがとてもカッコいい!スピード感もあり、ザクザクと刻んでいきます。途中スローになりプログレッシヴな感じもありますね。明るいメロディでリズミカルに進む5.Domination Agenda。クリーンボイスの歌唱が前面に押し出されていますね。エモーショナルなメロディからデスメタル的なアグレッションで突き進む6.Astronomiconはゴリゴリとしたギターリフがカッコいい!こういうタイプの曲でもクリーンボイスは大活躍していますね~。静かで哀しげなメロディから始まる7.Rise Of The Reptilian Regime。ウニョウニョとしたキーボードが入ったり、テンポを落としてグロウルが入ったりする楽曲です。テクニカルなギターソロも聴きどころですね。美しいメロディが耳に残る8.The Draconian Arrivalはクリーンボイスによる歌唱が良い感じ。重々しくヘヴィなイントロからドラマティックに進んでいく9.Alpha And Omega。相変わらずミドルテンポだけどギターソロがカッコいい!グロウルも迫力があり、良い感じです。

決して悪くない、質の高いエクストリーム・メタルなのですが…。ミドルテンポ中心のアルバムでちょっとまったりし過ぎな気がしますね。もっとアグレッシヴになっても良いと思います。人によっては1曲目しか気に入らないなんてこともあるのでは…(汗)しかしギターソロの充実度は嬉しいですね。あとは次回作ではもうちょっとアグレッションを重視していただきたいです。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Scar Symmetry | 19:20 | トラックバック:0 | コメント:0
Kreator / Phantom Antichrist
Kreator / Phantom Antichrist

1. Mars Mantra
2. Phantom Antichrist
3. Death To The World
4. From Flood Into Fire
5. Civilization Collapse
6. United In Hate
7. The Few, The Proud, The Broken
8. Your Heaven, My Hell
9. Victory Will Come
10. Until Our Paths Cross Again

89/100

Kreatorの13thアルバムです。
DVD付きのものを購入しましたが、中身はまだ見てません(汗)

イントロの1.Mars Mantraで期待が高まり、2.Phantom Antichristでかっ飛ばす疾走チューン!メロディックにザクザクと刻むギターリフがホントにカッコいいですね~。3.Death To The Worldはストロングなギターリフでズンズンと進む楽曲。リズミカルに歌うボーカルもイイ!4.From Flood Into Fireはミドルテンポでじっくりと進んでいきます。サビでの哀しげなメロディもなかなかです。中盤からスピードアップしドカドカと疾走します!エモーショナルなボーカルとギターソロも素晴らしいですね。5.Civilization Collapseはゆっくりとしたボーカルから始まり、その後爆走する疾走チューンです。6.United In Hateはアコギによる静かなイントロから強烈なギターが入る楽曲。スタスタと疾走する様はカッコいいの一言です。ヘヴィなギターで進む7.The Few,The Proud,The Brokenはミドルテンポの一曲です。この曲はギターソロが特にカッコいいですね。8.Your Heaven My Hellは静かなギターとつぶやく様なボーカルでスタートする楽曲。ザリザリとしたギターリフでメロディックに刻んでいきます。とんでもなくメロディアスなイントロの9.Victory Will Comeは初っぱなからズカズカと突進していく疾走チューン!サビでの「Victory Will Come!!」が良いですね~。これでもかと流麗に弾きまくるギターソロがたまりません!!アルバムの中ではこの曲が一番好きですね。ラストを飾る10.Until Our Paths Cross againはミドルテンポでゆっくりと進む楽曲です。…と思ったらまた途中から疾走します。高速でピロピロと弾きまくりのギターソロは圧巻ですね。

メロディアスでもあり、とても聴きやすいスラッシュメタルだなと感じました。また疾走一辺倒ではなく展開も考えられてますね~。かなり気に入ったので、過去作も聴いてみたいと思いました。しかしどれから聴いたら良いものか…(汗)

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Kreator | 16:32 | トラックバック:0 | コメント:2
Children Of Bodom / Relentless Reckless Forever
Children Of Bodom / Relentless Reckless Forever

1. Not My Funeral
2. Shovel Knockout
3. Roundtrip To Hell And Back
4. Pussyfoot Miss suicide
5. Relentless Reckless Forever
6. Ugly
7. Cry Of The Nihilist
8. Was It Worth It?
9. Northpole Throwdown
10. Party All The Time(Eddie Murphy Cover)(ボーナストラック)
11. Angels Don`t Kill(Live At Bloodstock)(ボーナストラック)
12. Everytime I Die(Live At Bloodstock)(ボーナストラック)

87/100

もうすぐ新譜が発売されるChildren Of Bodomの7thアルバムです。今更ながら聴きました(汗)

1.Not My Funeralはズカズカとスラッシーなギターで進んでいく楽曲。スタスタと疾走する場面もあり、冷やかなキーボードやメロディもなかなか良いですな。ギターソロもカッコいい!これは前作より期待が高まる一曲ですね!ブリブリとしたベースから始まる2.Shovel Knockoutはアグレッシヴなアップテンポ・チューン。この曲もギターソロが弾きまくりで良い感じです。キーボードも派手に目立っています。ミドルテンポでキラキラしたキーボードが印象的な3.Roundtrip To Hell And Backは非常にヘヴィな楽曲ですね。ソロパートも充実していてカッコいいです。4.Pussyfoot Miss suicideはなにやらアメリカンなハードロック?フィーリングが感じられた…と思ったらスタスタと疾走を始めるちょっと変わった一曲。ヘヴィなギターがスゴく気に入りました!タイトルトラックである5.Relentless Reckless Foreverはザクザクと刻むギターからスタート、テクニカルに展開していきます。メロディはまぁまぁかな~。サビでの盛り上がりはなかなかです。ソロパートは文句無しですね。6.Uglyは初期の頃を思い出させるようなカッコいいイントロから始まる楽曲。スピード感もありとてもカッコいい!ボーカルも一層激しくてスゴく気に入りました!ソロがまた良いんですね~。ただ終わり方が唐突だったかな…?7.Cry Of The Nihilistはアップテンポで進む楽曲。悪くはないんだけど、いまいち印象に残らなかったかも…(汗)8.Was It Worth It?はゆっくりとしたイントロからヘヴィなギターで進んでいく楽曲ですね。ちょっとアルバムから雰囲気が浮いているような…あんまり気に入らなかったかなぁ。本編ラストの9.Northpole Throwdownはブルータルなスピードチューン!コレはスゴいカッコいい!アルバムの最後にこんな強烈な楽曲を持ってくるとは…。以下はボーナストラックです。10.Party All The Timeはノリの良い面白いカバーになっています。11.Angels Don`t Kill(Live At Bloodstock)12.Everytime I Die(Live At Bloodstock)はライヴ音源です。元々はあんまり好きな曲ではないのですが、ライヴだと迫力があってカッコいいですね。

アルバム全体をみると、前作より遥かに楽しめました。過去作と比べても素直にカッコいいと思える楽曲がほとんどでしたね。あんまり期待してなかったというのもありますが…(汗)もうすぐ発売される新譜はどんなものになるのか、今度は期待してます!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Children Of Bodom | 19:32 | トラックバック:0 | コメント:0
Killswitch Engage / Disarm The Descent
Killswitch Engage / Disarm The Descent

1. The Hell In Me
2. Beyond The Flames
3. The New Awakening
4. In Due Time
5. A Tribute To The Fallen
6. Turning Poin
7. All We Have
8. You Don’t Bleed For Me
9. The Call
10. No End In Sight
11. Always
12. Time Will Not Remain

87/100

Killswitch Engageの6thアルバムです。

ボーカルの咆哮から始まる1.The Hell In Meは、エモーショナルなボーカルが楽曲を引っ張っていくタイプの曲。ドラミングも強烈ですね~。2.Beyond The Flameはスタスタと疾走しサビではゆったりとした歌唱を聴くことが出来ます。シャウトとクリーンの使い分けはやっぱり上手いですね。3.The New Awakeningはノリの良いリズムでアップテンポに進む楽曲。ギターのメロディもカッコいいです!4.In Due Timeは非常にメロディアスなサビが印象的な一曲です。ギターリフもカッコ良くて、この曲はかなり気に入りました!5.A Tribute To The Fallenはパワフルなボーカルでガツガツと疾走するスピードチューン。これもカッコいい!ギターソロもキマってますね~。6.Turning Pointはヘヴィなギターでミドルテンポに進む楽曲ですね。途中アップテンポになってボーカルがとてもクリーンな歌い回しをみせています。テクニカルなギターソロも聴きごたえアリです。7.All We Haveは勢いのある疾走チューン。クリーンボイスによる歌唱が際立っていますね。吐き捨て型のシャウトも強力で良い!8.You Don't Bleed For Meはカッコいいギターからクリーンボイスへ繋げるこれまたカッコいい良曲。9.The Callはスタスタと疾走しブラストも交えて突き進む楽曲。クリーンボーカルも冴えています。サビがとてもドラマティックですね。10.No End In Sightも派手なドラミングからガツガツ進んでいくアグレッシヴな楽曲です。この曲はまぁまぁかな~。11.Alwaysはクリーンボイスから始まるメロディックな楽曲。ゆったりとしたテンポで歌い上げています。ボーカルの表現力はさすがの一言です。ラストの12.Time Will Not Remainは最後を飾るに相応しいカッコいいスピードチューン!イントロがとても良い感じです。サビではテンポを落とし歌うパートに入ります。ギターソロも派手に弾きまくりですね!

最初は「あれ?」って思ったんですが、じっくり聴いてみればやっぱりいつものKillswitch Engageですね。ボーカルが変わってどうなるかと思いましたが、全然心配には及びませんでした。前作と同じくらい好きな作品です。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Killswitch Engage | 17:03 | トラックバック:0 | コメント:0
Nightrage / Insidious
Nightrage / Insidious

1. So Far Away (Intro)
2. Delirium Of The Fallen
3. Insidious
4. Wrapped In Deceitful Dreams
5. Hate Turns Black
6. Sham Piety
7. Cloaked In Wolf Skin
8. This World Is Coming To An End
9. Utmost Ends Of Pain
10. Poignant Memories
11. Hush Of Night
12. Poisoned Pawn
13. Solar Eclipse (Prelude)
14. Solar Corona
15. Emblem Of light (Outro)

88/100

Nightrageの5thアルバムです。

ギターによるインスト1.So Far Away(Intro)から叙情的なギターリフでザクザクと疾走する2.Delirium Of The Fallenは後半はアコギが入りメロディアスにキメてきます。これはカッコいい!いきなりキラーチューンか!?ブラストビートでスタートする3.Insidiousは随所に叙情メロディが散りばめられ、楽曲を彩ります。最後はアコギでシメです。4.Wrapped In Deceitful Dreamsは図太いギターリフでアップテンポに進んでいく楽曲。サビでのエモーショナルなメロディがたまりませんね~。ノーマルボイスによる美しい歌唱も入ります。5.Hate Turns Blackはパワフルなギターでスタート、ガツガツと疾走するスピードチューン。ここでも叙情メロディが炸裂しています!6.Sham Pietyはゆったりとしたスローなイントロに始まり、だんだんとアップテンポになっていく楽曲です。ギターソロがこれまた渋くてカッコいい!7.Cloaked In Wolf Skinは勢いのある疾走チューン。アグレッシヴさも兼ね備えた良曲ですね。8.This World Is Coming To An Endはドラムから始まるアップテンポ・チューン。ピロピロと弾きまくりなギターソロが良い感じです。9.Utmost End Of Painはドラマティックなギターソロが感動的な楽曲ですね。ボーカルも迫力がありアグレッシヴです!10.Poignant Memoriesはとても叙情的なギターと呟くようなボーカルから始まります。ギターの奏でる哀愁を帯びたメロディが良いですね~。ズカズカと疾走するイントロから激しいギターが暴れまわる11.Hush Of Night。この曲は特に気に入りました!ギターソロもこれまたカッコいいなぁ。12.Poisoned Pawnはいきなり明るめなメロディで始まるアップテンポ・チューン。このギターがたまらない!ホントにカッコよくて、キラーチューン候補ですね。静かなイントロの13.Solar Eclipse(Prelude)から続く14.Solar Coronaはメロディックなギターソロが盛りだくさんな一曲です。ノーマルボイスが途中で少し入ります。アウトロの15.Emblem Of Light(Outro)でアルバムは終了です。

このアルバムはもうメロディアスに弾きまくるギターがメインでしょう!とても叙情的かつカッコいい!もちろんアグレッションも忘れてはいません。曲数はわりと多めですが、ダレる事なく聴くことが出来ました。これは名盤ですね!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Nightrage | 19:35 | トラックバック:0 | コメント:0
Dark Tranquillity / We Are The Void
Dark Tranquillity / We Are The Void

1. Shadow In Our Blood
2. Dream Oblivion
3. The Fatalist
4. In My Absence
5. The Grandest Accusation
6. At The Point Of Ignition
7. Her Silent Language
8. Arkhangelsk
9. I Am The Void
10. Surface the Infinite
11. Iridium

86/100

Dark Tranquilityの9thアルバムです。新譜ももうすぐ発売ですね!
というわけで(?)「We Are The Void」の感想です。

1.Shadow In Our Bloodは妖しげなイントロから始まり、スタスタと疾走します。ボーカルがやっぱりカッコいい!ギターリフもとても叙情的で良いですね~。2.Dream Oblivionはブラックメタル的な雰囲気もありますね。ミドルテンポで重々しくヘヴィに進んでいきます。この曲はかなり気に入りました!.暗いピアノの旋律からスタートする3.The Fatalistもスタスタと疾走するスピードチューン。北欧的なメロディがたまりませんね!ギターソロもメロディアスでキマってます。ヘヴィなギターで始まる4.In My Absenceもスピーディに進んでいきます。随所に散りばめられたキーボードの装飾も雰囲気を盛り上げていますね。キーボードとともにギターが刻んでいく5.The Grandest Accusationはミドルテンポでゆっくりとメロディを奏でています。哀しげなメロディが最高!ボーカルも美しく歌い上げています。陰鬱なメロディから始まる6.At The Point Of Ignitionもキーボードが大活躍の一曲。途中でアップテンポになりザクザクとギターが刻んでいきます。ギターが奏でるメロディが実に哀愁を誘うものになっていますね~。そして9.I Am The Voidはいきなりかっ飛ばす疾走チューン!これがメチャクチャカッコいいです!コレも個人的に気に入った一曲です。

前作に引き続き、とても叙情的でメロディアス、かつアグレッションも忘れない素晴らしいアルバムだと思います。これはニューアルバムが楽しみですな!!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Dark Tranquillity | 18:04 | トラックバック:0 | コメント:0
Deals Death / Elite
Deals Death / Elite

1. Collapse
2. Fearless
3. Eradicated
4. Fortified
5. Elite
6. Conquer As One
7. Perfection
8. Hierarchy
9. Illumination

82/100

Deals Deathの2ndアルバムです。

1.Collapseはミドルテンポでヘヴィに進む楽曲。サビではしゃがれ声によるメロディアスな歌唱も入ります。かなりドラマティックな作りになっていますね。2.Fearlessも似たような感じの楽曲ですね。ただイントロがサイバーチックだったり、こっちの方がサビメロがいい感じかな~。カッコいいギターから始まるスピードチューン3.Eradicatedはノリも良くて、キーボードアレンジも効果的です。ギターソロも高速でピロピロと弾きまくり!4.Fortifiedはザクザクと刻むギター中心で進んでいくアップテンポチューン。要所で入ってくるギターのメロディがたまらなくカッコいいです!5.Eliteはアップテンポのイントロからスタート、ボーカルが入るとともに疾走します。ゆったりとした滑らかなギターソロがイイですね。6.Conquer As Oneはちょっと哀愁のあるゆっくりとしたメロディで始まる楽曲。吐き捨て型のボーカルとともにズンズンと進んでいきます。ここでもメロディアスなギターを聴くことが出来ますね。7.Perfectionはキラキラしたキーボードアレンジから始まるアップテンポチューン。激しいボーカルとギターがよく調和しています。カッコいいメロディからズカズカと疾走する8.Hierarchyはドラムも大活躍のスピードチューン!ここでもキーボードの演出が良い味を出してますね。続く9.Illuminationもアグレッシヴに疾走するイントロで、ボーカルが入るとテンポをいったん落とします。中盤の浮遊感のあるソロパートはなかなかイイですね。

こういうのは典型的な、モダンなメロディックデスメタルと言うのでしょうか。勢いのある楽曲がわりと多く、聴きやすかったです。ただこういう音楽には食傷気味かな~…なんて思ってしまいました(汗)でもまた買っちゃうんだろうなぁ。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Deals Death | 19:22 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR