音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

Solution.45 / Nightmares In The Waking State - Part II

1. Dim Are The Pathways
2. The Faint Pulse Of Light
3. Mind Mutation
4. Built On Sand
5. Inescapable Dream
6. The Curse That Keeps On Giving
7. Chain Connector
8. What Turns The Wheels
9. Misery Mantra
10. Heavy Lies The Crown

83/100

スウェーデンのモダン・メロディック・デスメタルバンド、Solution.45の3rdアルバムです。

元Scar SymmetryのChristian Älvestamが在籍するこのバンド。期待の1stアルバムは、個人的な感想ですが単純に曲の方があまり面白くなく、それこそChristian Älvestamの美声を楽しむだけのアルバムになってしまいました・・・。

そして2ndアルバム。コンセプト・アルバムでパート1という位置付けのアルバムでしたが、こちらは幾分か楽曲の魅力も増してきて、なかなか気に入った作品でした!プログレッシヴな要素が増加するとともに、デスメタルとしてのアグレッションも兼ね備えたなかなかの良作だったと思っています。

今作はそのパート2が早くも登場です!!ジャケットは使い回しかぁ・・・(^_^;)しかし肝心なのは中身です!その出来栄えはどんなもんでしょうか!?

1.Dim Are The Pathwaysは静けさを醸し出すイントロからガチャガチャした機械音が入る3分近いインスト。後半はシンフォニックな音色も入ります。

2.The Faint Pulse Of Lightはゴリゴリした重心の低いヘヴィリフで進行していきます!これはなかなかカッコいい!スピード感はそこまでありませんが、リズミカルなリフの刻みは素直に頭を振れますね♪Christian Älvestamはクリーンボイスは使わず、相変わらずの迫力あるデスボイスを披露してくれています!

3.Mind Mutationは妖しさ満点のギターフレーズから何となくプログレッシブなギターリフで展開し、サビでは待ってました!Christian Älvestamのクリーンボイスが炸裂!気だるい感じの歌い回しですな~。しかしミドルテンポで7分近く、ちょっと退屈かな?(^_^;)でもギターソロはピロピロとした弾きまくるタイプで聴き応え充分です!

4.Built On Sandはメロウなギターによる静かなイントロから高速ギターで一気に緊迫感を高める、ミドルテンポ・ナンバー。この曲はChristian Älvestamのクリーンボイスをじっくりと楽しむことができますね!あとなんかDjentっぽいリフが飛び出して来て、異様なまでにテクニカルです(汗)7分とこちらも長めの曲ですね。

5.Inescapable Dreamはキタキター!ドライヴィンなギターリフからノリノリのリズムでカッコよく進んでいくスピーディな曲です!透き通るようなクリーンボイスがたまらなすぎるー(*´ω`*)こういう曲をもっと聴きたいんだけどなぁ。

6.The Curse That Keeps On Givingはアコギのイントロからピアノも入るバラード調の楽曲。ボーカルの囁くような歌唱が魅力的。サビではなかなかの盛り上がりを見せつけます。でもこちらも6分超えとダレてしまう感は否めないですな・・・。

7.Chain Connectorは非常に不気味なイントロからスタート、突然ヘヴィなギターリフで刻んでいきます!デスボイスに加えてコーラスも入ったりして、豪勢ですな。盛り上がりどころが良くわからないけど・・・地味めな曲です。

8.What Turns The Wheelsは神々しさも感じられる、シンフォニックなイントロから始まり、Christian Älvestamのクリーンボイスがメインでスローに進んでいきます。もうこのボーカル聴けるだけでいいかな(笑)リフもシンプルなものではなく、複雑な印象を受けます。しかし泣きのギターによるソロパートはなかなかのもの。

9.Misery Mantraはテクニカルなドラミングから派手にギターをかき鳴らすアグレッシヴなアップテンポ・ナンバー。ゴリゴリとしたギターリフが中心となってブルータルに進み、サビメロはクリーンボイスでキメていますね♪後半はギターがフラッシーなソロを披露しています

10.Heavy Lies The Crownはメランコリックなイントロから、クリーンボイスが哀愁を漂わせながら美しく歌い上げます。アルバムの最後を締め括る、ちょっと大人しめなスローテンポ・ナンバー。

うーん、どちらかと言うと前作(Part 1)の方が好きかなぁ。今作は前作以上にマッタリした楽曲が多くて、ちょっと退屈に感じることも(^_^;)Christian Älvestamの鮮烈なクリーンボイスも、前作と比べると出番が少なく感じました。ギターの方も、やはりメロディックなプレイは控えめで、プログレッシブな演奏が中心になっていますね。メロディのフックもpart 1の方が充実していたかなぁ。

そんな微妙な感じのアルバムですが、「5.Inescapable Dream」は本当にカッコいい!スピード感のあるカッコいい曲をもっと増やしてくれれば・・・。Christian Älvestamの美声が楽しめれば良いやー、と思っていたら、そのボーカルの存在感も少し薄くなってしまったという(T0T)残念です。
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Solution.45 | 21:03 | トラックバック:0 | コメント:0
Solution.45 / Nightmares In The Waking State - Part I
Solution.45 / Nightmares In The Waking State - Part I

1. Wanderer From The Fold
2. Perfecting The Void
3. Bleed Heavens Dry
4. Winning Where Losing Is All
5. In Moments Of Despair
6. Second To None
7. Targeting Blaze
8. Alter (The Unbearable Weight Of Nothing)
9. Wield The Scepter
10. I, Nemesis

85/100

メロディック・デスメタルバンド、Solution.45の2ndアルバムです。

なんだか遠い昔に1stアルバムを発表して、それっきり音沙汰がありませんでしたが、ここへ来てニューアルバムが!クリスチャン・アルヴェスタムのボーカルが大好きな自分としては、かなり嬉しいです♪ただ1stアルバムは、個人的にはあんまり面白い作品ではなくて…ちょっと評価がしにくい点がありました(汗)今作こそは!と期待して購入しました。

1.Wanderer From The Foldは蠢くようなノイズから始まり、絶叫とともにドラミングが爆走するスピード・チューンです!クリスチャン・アルヴェスタムのデスボイスはいつ聴いても素晴らしいですな~☆そして曲の方もなかなか、いや、かなりカッコいい!モダンなメロディで装飾された楽曲はとてもキャッチー。コレは前作からかなりの進歩ですな!

2.Perfecting The Voidは唸るような音からズカズカと進んでいく、こちらもスピード感のある楽曲。ここへきてアルヴェスタムのクリーンボーカルが!最高だー!やっぱりトップクラスの実力を持っていますね。ギターソロはわりとゆったりと弾くタイプです。いかにもスカシンっぽい曲ですね。

3.Bleed Heavens Dryは重心の低いヘヴィなイントロから、クリーントーンのギターが爽やかにメロディを奏でるアップテンポ・ナンバー。ギターフレーズがいちいちカッコいい!(笑)この曲でもアルヴェスタムのクリーンボイスは良い感じですね♪

4.Winning Where Losing Is Allはイントロから怪しげなメロディでスタートするミドルテンポ・ナンバー。ヘヴィなバッキングにクリーンなボーカルが乗っかります。サビでは多少スピードを上げて歌い上げますな。なかなかの盛り上がりです。

5.In Moments Of Despairはキラキラとした音色に加えてアコギが入る、バラード調の楽曲。アルヴェスタムによるクリーンボーカルで曲は進みます。こうした曲がしっかり歌えるのも強みですな!

6.Second To Noneは凄まじいギターの刻みからスタートするカッコいい楽曲!冷やかでメカニカルな印象も受ける、アップテンポ・ナンバーです。

7.Targeting Blazeはクリーンなボーカルとデスボイスを行き来する、多彩なボーカルワークの発揮された楽曲。ギターリフはモダンな感じで、曲に合っていますね~☆

8.Alter (The Unbearable Weight Of Nothing)はまたもやアコギから…と思いきや、ウネウネしたキーボードの音色からズカズカとグルーヴィーに突っ走るスピード・チューンに!邪悪な雰囲気たっぷりに展開する楽曲です。

9.Wield The Scepterは、ゴリゴリとしたギターリフがカッコいいアップテンポ・ナンバー。グルーヴ感のある曲ですね。ギターの早弾きなんかも入ったりして、豪華になっています。

10.I, Nemesisは静かなイントロからドラマティックなギターが入る壮大な楽曲。ミドルテンポで、ゆっくりと進んでいきます。最後の曲にしてはちょっと退屈な感じだったかなぁ。

コレは、微妙な出来だった前作に比べれば、相当な成長を遂げたのではないでしょうか?相変わらずスピード・チューンはあんまりありませんが、クリスチャン・アルヴェスタムのボーカルにはやはり光るものがありますし、曲の方も多少改善されています。

今回のアルバムはPart 1らしいので、続編に期待したいですね♪キラーチューンは「Wanderer From The Fold」でしょうか。こういう曲をもっとください!(笑)

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Solution.45 | 23:16 | トラックバック:0 | コメント:0
Solution.45 / For Aeons Past
Solution.45 / For Aeons Past


1. The Close Beyond
2. Gravitational Lensing
3. Through Night-Kingdomed Gates
4. For Aeons Past
5. Lethean Tears
6. Bladed Vaults
7. Wirethrone
8. On Embered Fields Adust
9. Into Shadow
10. Clandestinity Now
11. Spirit Side Dreaming

78/100

あのクリスチャン・アルヴェスタムが帰って来ました!
彼が中心になって結成されたバンド、Solution.45です!

あのクリスチャン・アルヴェスタムのことだから、さぞかし凄まじい
メロディに溢れた最高の作品を作ってくれるのだろうと期待して購入
したのですが…。あれ、なんかちょっと違うような…。

相変わらずクリスチャン・アルヴェスタムの歌唱は素晴らしく、
耳に心地よく響いてくるのですが、肝心の楽曲の方が、
なんかつまらないというか…、どれもミドルテンポ中心で
似たような楽曲が続いており、アルバムとして面白くないんですよね。
気に入ったのは1.The Close Beyond6.Bladed Vaultsくらいかな。

期待していただけにこれはちょっと残念です。
もっと激しくても良いんじゃないでしょうかね。

今後の活動はどうなるんでしょうか。出来ればコンスタントに
アルバムを発表していって欲しいです。
ジャケットは荒廃しきった世界を彷彿とさせます。
バンドロゴは読みにくいですね(笑)

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Solution.45 | 23:05 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR