音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

The Unguided / And The Battle Royale

1.Death's Sting
2.The Heartbleed Bug
3.Legendary
4.Dark Metamorphosis
5.A Link to the Past
6.Anchor Stone (of the World)
7.Manipulate Fear
8.Force of Nature
9.King's Fall
10.Nighttaker(ボーナストラック)
11.Daybreaker(ボーナストラック)

88/100

モダン・メロディックデスメタルバンド、The Unguidedの4thアルバムです。

作品を重ねていく毎にクオリティを上げていったこのバンド!前作では非常にフックのあるメロディが充実しており、かなり気に入った作品でした♪今作でも相変わらずのジャケットですね(笑)全盛期のSonic Syndicateの血をひくのは正にこのバンドではないでしょうか?今作品も期待大ですな!

1.Death's Stingはモダンでヘヴィネスたっぷりなギターリフとキラキラしたキーボードによる味付けが良い感じのアップテンポ・ナンバー。強力なスクリームと、これまたキャッチーでポップさもあるクリーンボイスによる歌唱が!!このクリーンボーカルも好みですなぁ♪

2.The Heartbleed Bugは爽やかなキーボードの音色と手数の多いドラミングでかっ飛ばすイントロから、ややスピードを落としつつクリーンボイスでカッコ良くキメるアップテンポな楽曲。メロハーみたいな爽快感のあるギターソロがまた絶品です(*´∀`)メタルコアっぽくブレイクダウンするパートもあります。

3.Legendaryはダンサブルなギターフレーズに導かれノリノリに進んでいくアップテンポ・ナンバー!こちらの楽曲もクリーンボイスで爽やか~なフィーリングたっぷりです☆

4.Dark Metamorphosisはダークな雰囲気のあるデジタルなキーボードに加え、ズカズカとアグレッシヴに突き進んでいくギターが印象的な1曲。パワフルでキャッチーなクリーンボーカルがやはり良いですな!

5.A Link to the Pastはきらびやかなキーボードの派手な装飾にクリーンボイスがメインで展開していく、スピード感は抑えめなミドルテンポ・ナンバー。しかし構築美のあるギターソロは聴きごたえがありますなぁ~。

6.Anchor Stone (of the World)はキーボードの音色がだんだんとフェードイン、アタック感のある強力なドラミングとともに勢いよく突き進むなかなかにアグレッシヴな楽曲。それと対比するかのような穏やかなクリーンボイスによるサビメロもgood!!

7.Manipulate Fearはスピード感のあるドラミングとギターの刻みがいっそうクールなアップテンポ・ナンバー!ドラマティックさも兼ね備えた壮大な楽曲ですね♪ここでもクリーンボーカルが存在感を発揮しています!

8.Force of Natureはうねるようなギターフレーズとどっしりとしたドラミングがインパクトのあるモダンな楽曲。ピロピロと弾きまくりなギターソロも短いけどカッコいい!もっと派手に弾きまくりでも良いんだけどな~f(^_^;

9.King's Fallはやや気だるい感じのクリーンボーカルからアツい歌唱へとシフトしていく、ミドルテンポな楽曲ですね♪キラキラしたノリノリなキーボードがとても存在感を放っていますなー。

10.Nighttakerはミドルテンポで進んでいく楽曲で、ヘヴィネスのあるギターリフにクールなクリーンボーカルが加わるボーナストラック。本編に収録されてても違和感のないナンバーですね。

11.Daybreakerはハイスピードなギターからぶっ飛ばすスピード・チューン!スクリーム中心に展開したあとはクリーンボイスで爽やかにキメていますね!ピアノの音色もクサくていい!それに続くギターソロもまたテクニカルで素晴らしいですな☆

AmazonのMP3では、以下に過去曲のライブverの楽曲が収録されていました♪これは非常にありがたいですな☆迫力があってカッコいい!

アルバムの出来栄えとしては、大きな路線変更もなくブラッシュアップしてきた印象ですね♪捨て曲という捨て曲もなく、全体のクオリティが底上げされておりますな!

ただちょっと残念なのが、スピード感やアグレッションがやや不足しているかな?と感じたところ。メロディックなサビメロやクリーンボーカルも文句なく素晴らしいのですが、アルバム中に何曲かアクセントとして収録していただけるとなお良かったかなぁ。前作で言うところの「Enraged」や「Phobos Grip」あたりのような楽曲があるともっとアルバムにメリハリがつくのではないかなー、と感じました。

キラー・チューンは、アルバム本編には頭ひとつ抜きん出た楽曲がありませんでしたが、ボーナストラックの「11.Daybreaker」はスピード感ありカッコいいギターありで気に入っちゃいましたね(笑)
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| The Unguided | 14:03 | トラックバック:0 | コメント:0
The Unguided / Lust and Loathing
The Unguided / Lust and Loathing

1. Enraged
2. The Worst Day (Revisited)
3. King Of Clubs
4. Heartseeker
5. Phobos Grip
6. Black Eyed Angel
7. Operation E.A.E.
8. Boneyard
9. Hate (And Other Triumphs)
10. Mercy(ボーナストラック)
11. Judgment(ボーナストラック)
12. Betrayer Of The Code(live)(ボーナストラック)
13. Phoenix Down(live)(ボーナストラック)

87/100

モダン・メロディックデスメタルバンド、The Unguidedの3rdアルバムです。

1stアルバムは国内盤が発売されましたが、2ndアルバムは国内盤が未発売…。理由は分かりませんが、今作はめでたく再び国内盤が!よかったよかった。

どちらかと言うと、あんまり期待していなかったんですが…(汗)前作はヘヴィメタルとしてのアグレッションがちょっと不足していて、メロディ要素もそこまで突き抜けたものがありませんでした。しかし、北欧の叙情性とモダンなキーボードアレンジを見事に融合させたSonic Syndicateの2ndアルバムを名盤だと思っている私は、どうしてもあの頃のクオリティを…!と希望を持ってしまいます。さて、今作の出来栄えはいかなものか!?

ちなみに音楽性とはまったくかけ離れたジャケットは相変わらずですねぇ。1stから順に、青・赤・緑とカラーが変化しています(笑)

1.Enragedはイントロからガッツポーズものの迫力あるサウンドが!アップテンポでザクザクとギターを刻んでいきます。サビでのクリーンなメロディに乗せてピアノ調のキーボードが素晴らしすぎ!サビメロがフックのある壮大なメロディでたまらんです!ギターソロもピロピロと弾きまくっておりますなー。冒頭からドラマティックな良曲です。この曲は是非とも聴いてみていただきたい!

2.The Worst Day (Revisited)は冷やかなピアノから、だんだんとバンドサウンドがフェードイン、ボーカルが入ると共に疾走開始!サビではややスピードを落としますが、アグレッションは充分です。噛み付くような強力なスクリームがインパクト大!広がりのあるクリーンなコーラスもイイね~♪

3.King Of Clubsはブヨブヨした特徴的なキーボードから始まり、ゴリゴリとしたギターリフでリズミカルに進みます。浮遊感のあるコーラスパートが特に気に入りました☆ギターソロはカッコいいメロディを奏でていてこちらも抜かり無し!

4.Heartseekerは希望に満ち溢れたポジティブなメロディで始まる、これまでにはあまり聴かれなかったタイプの楽曲ですね。クリーンなボーカルがパワフルに歌い上げ、メロハー的とも言えるキャッチーなコーラスパートが特に良い感じ。テクニカルに叩くドラミングも心地よい!

5.Phobos Gripはデジタルなキーボードから泣き泣きのツインギターのフレーズで涙腺が崩壊!コレだよコレ!!北欧の叙情的なメロディとサイバーなキーボードアレンジの融合!こりゃあ文句無くカッコいいわ~☆コーラスパートはスクリームで激しく叫びまくります。スピード感溢れる素晴らしい楽曲です。エクストリーム・メタルが好きなら絶対にハマるのでは!?

6.Black Eyed Angelは穏やかなメロディがとても印象的な、パワーバラード…とまでは行きませんが、叙情的なハーモニーを重視したメロディックな一曲です。ツインボーカルの利点を活かした、コーラスパートでの絡みが雰囲気を盛り上げてますねー。

7.Operation E.A.E.は緊張感のあるキーボードからヘヴィなギターリフが入るアップテンポ・ナンバー。今までになく激しいスクリームが実にクール!サビはキャッチーなメロディで彩られる、ヘドバン必至な楽曲ですね。この曲は特にギターリフがヘヴィで、ドラミングも手数が多くてズンズンきます!

8.Boneyardはデジタルな印象の強い楽曲。ミドルテンポで力強く進んでいきます。この曲は、スピード感はあまりありませんがフックのあるメロディのおかげで良い曲に仕上がっていますね~。

9.Hate (And Other Triumphs)はクリーンなボーカルが静かに歌い上げ、とてもスケール感のあるドラマティックな楽曲。スロー・テンポでアルバム本編を締め括ります。こちらも泣きのギターフレーズが飛び出しますね!女性ボーカルの語りも一瞬ですが挿入されます。

以下はボーナストラックです。

10.Mercyはだんだんとキーボードの音色が入ってきて、カッコいいツイン・ギターが炸裂する、ボーナストラックとは思えないカッコ良さ!スピード感のあるコーラスパートが実にたまらーん!ギターソロも叙情的なフレージングを奏でています。

11.Judgmentはドライヴ感のあるギターからスタート、ミドルテンポで進む、コーラスがとてもキャッチーな楽曲。まぁこっちは普通のボーナストラック程度の感じです。

12.Betrayer Of The Code13.Phoenix Downはライブテイクです。なかなか楽しめますね!生でこのバンドを観てみたいなぁ~。

コレはかなり素晴らしい出来栄えですな!当然ながらこれまでの路線は踏襲しつつ、コーラスパートやギターフレーズの大幅な強化が見てとれます。シンプルにグレード・アップしてきたという印象ですね!歌メロの充実がなんとも嬉しいところ。ギターサウンドも分厚くなっています。たくさんの疾走曲を期待すると肩透かしを食らうかも知れませんが、それを補って余りあるドラマ性がこのアルバムにはあります!

キラーチューンはもちろん、ツインギターのカッコ良さが光る「5.Phobos Grip」ですな!私がこのバンドに求めているものはコレなのです!こういう曲がもっとあったら、名盤確定なんだけど…。オープニングの「1.Enraged」のサビメロも大好きです♪

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| The Unguided | 13:44 | トラックバック:0 | コメント:0
The Unguided / Fragile Immortality
The Unguided / Fragile Immortality

1. Inception
2. Defector DCXVI
3. Granted
4. Eye Of The Thylacine
5. Unguided Entity
6. Carnal Genesis
7. Enforce
8. Blodbad
9. Only Human
10. Singularity
11. Oblivion
12. Deathwalker(ボーナストラック)
13. Unguided Entity (Remix)
14. Deathwalker (Remix)
15. When All The Seraphim Cry(ボーナストラック)

82/100

The Unguidedの2ndアルバムです。
いつの間にアルバム作ってたんだ…(汗)前作では冷やかでキラキラしたキーボードを中心に、キャッチーな楽曲が並ぶという、私の好きだった頃のSonic Syndicateの面影がありました。今作のジャケットは前作の寒々しい青いものから、赤を基調としたジャケットになっていますね。音楽性にも何か変化が…!?期待半分不安半分ですね(汗)もうちょっとアグレッシヴになっていると良いのですが。前作はちょっとまったりした部分もありましたので…。

1.Inceptionはさっそくキラキラしたキーボードによる装飾から始まり、絞り出すようなデスボイスとクリーンなボーカルが入ります。ギターソロはちょっと短めですな。2.Defector DCXVIはアップテンポでノリの良いメロディックな楽曲です。ギターソロがなかなかカッコいい!3.Grantedはミドルテンポでザクザクしたギターで進む一曲。メロディはまぁまぁな感じですかね。デスボイスとクリーンボイスを上手く使い分けていると思います。4.Eye Of The Thylacineは静かなイントロからどっしりとした感じのミドルテンポの楽曲。途中でハイトーンも聴け、なかなか多様な歌い方を披露しています。ノーマルボイスでつぶやくように歌う5.Unguided Entity。ウネウネした感じのキーボードも特徴的です。アップテンポで始まる6.Carnal Genesisは、勇壮なボーカルの歌唱と叙情的なギターがなかなかカッコいい。泣きのギターからスタートする7.Enforce。ボーカルの歌唱が中心になって進んでいく楽曲ですね。8.Blodbadはようやくアグレッシヴな曲が登場です!正直こっち方面の楽曲を中心にした方が良いのでは?(笑)ギターソロもピロピロと弾きまくりでカッコいい!9.Only Humanは最初メロハーか!?と思うかのような楽曲で、爽やかなボーカルの歌唱が印象的です。メロディアスなギターソロも聴きどころですね。10.Singularityはアップテンポでザクザクと刻むギターがカッコいい一曲。サビでの広大な印象のあるメロディがイイ!アルバム本編ラスト11.Oblivionはスケール感のあるボーカルの歌唱が特に目立っていてカッコいいですね。 以下はLimited Editionのボーナストラックです。12.Deathwalkerは重厚なボーカルの歌唱が良い感じですな。ギターソロもなかなかです。13.Unguided Entity (Zardonic Remix)は何やら私の苦手なエレクトロ、ダンサブルなアレンジになっています(汗)やっぱり苦痛だ、この手のアレンジは…。次の14.Deathwalker (Zardonic Remix)も似たような感じのアレンジですが、まだこっちの方が聴けるかな…と思ったら、やっぱり無理でした(笑)最後の15.When All The Seraphim Cry (Zardonic)は割と聴ける感じかな…。

やっぱりこの手の音楽にはアグレッションが足りませんな…。同じような曲調のまったりとした楽曲が多く、メロディの質も悪くはないのですがあと一歩といった感じでした。う~ん、残念ですね…(*_*)

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| The Unguided | 16:39 | トラックバック:0 | コメント:0
The Unguided / Hell Frost
The Unguided / Hell Frost


1. Inherit the Earth
2. Phoenix Down
3. Betrayer of the Code
4. My Own Death
5. Serenade of Guilt
6. Collapse my Dream
7. Green Eyed Demon
8. Iceheart Fragment
9. Pathfinder
10. Where The Frost Rose Withers

83/100

Sonic Syndicateのメンバーが在籍するフィンランドの
メロディック・デスメタルバンド。
音楽性はまさにSonic Syndicate。それも2nd~3rd辺りの
音楽性ということで、なかなかの良作に仕上がっています。

聴いてみるとSonic Syndicateの2ndの次に来そうなアルバム。
1.Inherit the Earthからメロディアスでキャッチーな曲です。
2.Phoenix Down3.Betrayer of the Codeなどはミドルテンポですが
メロディがなかなかイイ。アップテンポでリズミカルに進む
6.Collapse my Dream9. Pathfinderも昔のSonic Syndicate
を思わせます。

今後の活動はどうなっていくのか、気になるバンドです。
この方向性でまたアルバム出して欲しいなあ~。
少なくともSonic Syndicateの4thアルバムよりは全然楽しめました。

ジャケットは音楽性とは全く無関係ですね。ヴァイキングメタルだと思われそうです。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| The Unguided | 21:50 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR