音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

Unearth / Watchers of Rules
Unearth / Watchers of Rules

1. Intro
2. The Swarm
3. Lifetime In Ruins
4. Guards Of Contagion
5. From The Tombs Of Five Below
6. Never Cease
7. Trail To Fire
8. To The Ground
9. Burial Lines
10. Birth Of A Legion
11. Watchers Of Rule
12. Throes Of Remission(ボーナストラック)
13. Spirit In Black(ボーナストラック)

92/100

メタル・コアバンド、Unearthの6thアルバムです。

前作では今までほとんど使用していなかったクリーンボイスの導入があり、ちょっとマイルドな感じになっていました。以前にも書きましたが、個人的には3rdアルバムの時のようなスラッシーで勢い重視のアルバムを期待したいですね。作品を重ねるごとに勢いが減少している気がするので(汗)しかし今作のジャケットは今までと違う異様さに包まれていますね…!噂によると、初期の頃の勢いを取り戻したとか…非常に期待が高まります!

だんだんと音がフェードインしてくる1.Introは泣きのギターで奏でられるアルバムのイントロ。で、突如始まる2.The Swarm!ブラストビートで強烈なスタートです!ボーカルのトレヴァーの咆哮もより激しくなっています。ギターフレーズも非常にカッコ良く、ギターソロもテクニカルな感じで掴みはOK!曲の後半ではブレイクダウンが入りヘヴィになります。こちらも音がフェードインしてくる3.Lifetime In Ruinsはズカズカと強力なドラミングに続いて、アグレッシヴなギターと時折メロいフレーズが飛び出す忙しい(笑)一曲。中盤でブレイクダウンし、その後ピロピロと弾きまくりなギターソロが!4.Guards Of Contagionはゴリゴリと剛直に進むアップテンポ・ナンバーです。ギターの奏でるメロディがなかなかイイ!後半の狂ったようなギターソロが聴きどころですね。5.From The Tombs Of Five Belowもアップテンポで始まり、叙情的なメロディが挿入されてきます。この曲は前作にありそうな楽曲ですね。しかし、ウルトラ・ファストではない気がしますな…(笑)6.Never Ceaseはギターリフがとても印象的で、かなりカッコ良く弾いています!ミドル~アップテンポでヘヴィに進んでいきますね。クリーンなギターメロディがたまらんです!7.Trail To Fireはスタートからかっ飛ばすスピードチューン!しかしすぐにブレイクダウンパートに移行します。ここへ来て実に叙情的なメロディが聴くことが出来ます。やっぱりこのくらいのバランスの曲が好きですね~♪ドカドカ叩きまくるドラミングも聴きどころですな。緊迫感溢れるイントロの8.To The Groundはギターがザクザクと刻み、アップテンポで進むヘヴィなナンバーです。ドラムもスゴいですな~!アグレッシヴな一曲になっています。9.Burial Linesはドラマティックなイントロからアップテンポでスピーディに進行する爽快な楽曲ですね。ヘドバン必至のノリですな!これは特にカッコいい!凄まじいドラミングとギターから爆走する10.Birth Of A Legion!コレも素晴らしい!2曲続けてヘドバンを誘発させる楽曲ですね~。ブラストビートも入ってストロングな1曲になっています。短いですがギターソロもメロディックでグッドです!本編のラストはアルバムタイトル曲の11.Watchers Of Ruleです。トレヴァーの鬼気迫る歌唱と激しいドラムでスタートするミドル~アップテンポの楽曲。ピロピロと弾きまくりのギターソロに圧倒されました!邪悪な感じのギターフレーズがクセになりますね。

以下2曲はボーナストラックです。スタスタと疾走する12.Throes Of Remissionはスピード感溢れる実にカッコいい楽曲!ボーナスにするにはもったいないのでは!?それくらい出来が良いです。メロディアスなギターが最高!後半は極悪ブレイクダウンを経て、テクニカルなギターソロに入ります!曲の終わりはフェードアウトで。13.Spirit In Blackはゴツい感じのギターリフからスタート、リズミカルに進んでいくアップテンポ・ナンバーです。こりゃあボーナストラックの方がカッコ良くないか!?(汗)自然とヘドバンしてしまう、テンポのイイ楽曲です。ギターソロも短めですが良い感じ。後半は狂ったように疾走、ギターも弾きまくってます。

ボーナストラック含めて13曲でしたが、あっという間に聴き終えてしまいました。アルバム全体の感想は、まず前作で見られたクリーンボーカルが一切無くなった点ですかね。やっぱり評判良くなかったのかな?(汗)各楽曲はどれも勢いが凄まじく、ブレイクダウンもありますがそこまで極悪なものはなく、曲の邪魔になることは無いですね。またクサいメロディはかなり減少し、リフのカッコ良さで押しまくってる感じです。ボーナストラックは2曲ともに素晴らしい出来栄えなので、日本盤をお勧めします。

個人的には3rdアルバムのようなバランスを期待していたのですが、ちょっと突き抜け過ぎたようですね…(笑)アグレッション重視で強烈なアルバムになっています。しかしこれもまたカッコいい!またもや名盤が誕生しました♪これにもう少しだけ叙情的なメロディが入れば最高なんだけどな~。キラーチューンは、ボーナストラックを除くと「The Swarm」「Burial Lines」か「Birth Of A Legion」辺りですかね~。
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Unearth | 15:19 | トラックバック:0 | コメント:0
Unearth / Darkness In The Light
Unearth / Darkness In The Light

1. Watch it Burn
2. Ruination of the Lost
3. Shadows in the Light
4. Eyes of Black
5. Last Wish
6. Arise the War Cry
7. Equinox
8. Coming of the Dark
9. The Fallen
10. Overcome
11. Disillusion

91/100

Unearthの5thアルバムです。
叙情的でメロディアスなギターを武器に次々と名盤を発表しているUnearthですが、今回も期待値Maxで購入しました!

いきなり叙情的なギターで責め立てる1.Watch it Burn!ブラストビートも飛び出しアグレッシヴですね。ザクザクとしたギターが心地良いですなぁ~。その後には今まで無かったクリーンボーカルが!これはUnearthにしては新しいですね。正直あんまり上手くはないですが…(笑)泣きまくりのギターで始まる2.Ruination of the Lostはスタスタと疾走するスピードチューン。ズッシリとブレイクダウンでテンポを落とし、ヘヴィに進んでいきます。3.Shadows in the Lightはだんだんとギターの音色がフェードインし、グルーヴィーに進行します。ギターの奏でるメロディがこれまたイイ!!途中では気だるい感じのクリーンボーカルが入りますね。ラストは一際メロディアスなギターで締めくくります。4.Eyes of Blackはボーカルの咆哮とドラミングが強力なアップテンポ・ナンバー。途中から疾走し爽快感は抜群です!グルーヴ感を漂わせるパートもなかなかです。ギターソロもピロピロと弾きまくりですね。ヘヴィなイントロからスタートする5.Last Wish。だんだんとスピードを上げていきます。この曲はかなり気に入りました!高速ギターソロがもう最高です!6.Arise the War Cryは期待感を煽るギターで始まります。弾きまくりのツインリードがカッコいいです!とてもメロディックですなぁ~。ピアノによるイントロの7.Equinoxは小休止的な一曲。つぶやくようなボーカルに続いてギターが入る短い曲です。ドラマティックなギターから始まる8.Coming of the Darkはスタスタとスピーディに進む楽曲。メロディアスにギターが弾きまくっております!9.The Fallenはキタキター!な超メロディアスなギターのイントロで期待大!こういうのを待ってました!これはもう今作のキラーチューンですね。滑らかに弾いているギターソロも文句無しです。随所で聴かれるメロディアスなギターフレーズがホントにイイ!続く10.Overcomeは壮大な雰囲気のイントロからスピード感のある展開がカッコいい一曲。終盤に来て良曲が続いていますな!クリーンボーカルもそこまで曲の邪魔をすることなく、曲の良いアクセントになっていますね。11.Disillusionはメロディックなツインリードにボーカルが乗っかるスピーディな楽曲。怒号コーラスがとてもヘヴィな感じですね。

正直、最初はちょっと曲がつまらないかな…?と思っていたんですが、何回か聴いていくうち、いつも通りのUnearth節が発揮されていると思いました。クリーンボーカルは賛否両論ありそうですが、そんなに楽曲の邪魔をしていないので、個人的には気になりませんでした。でもどちらかと比較すると突撃型のスラッシーな3rdアルバムが好きかなぁ…と思ってしまいました。今作は、前作よりもちょっと落ちるくらいですかね。それでも充分カッコいいメタルコアです!次回作が待ち遠しいですぞ~!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Unearth | 15:53 | トラックバック:0 | コメント:0
Unearth / The March
Unearth / The March

1. My Will Be Done
2. Hail The Shrine
3. Crow Killer
4. Grave Of Opportunity
5. We Are Not Anonymous
6. The March
7. Cutman
8. The Chosen
9. Letting Go
10. Truth Or Consequence

92/100

Unearthの4thアルバムです。
前作ではスラッシュメタル的な要素も取り入れた非常に勢いのある曲が満載の名盤でした。今回も期待大で購入しました!

いきなりピロピロとメロディックなギターで始まる1.My Will Be Doneはリズミカルに突き進むスピードチューンです!ツインギターのハモりがたまらなくカッコいい!ギターソロも弾きまくりで圧倒されます。前作よりメロディの質がかなり上がっていますね~。ヘヴィなイントロからスタスタと疾走する2.Hail The Shrine。途中でテンポダウンし叙情的なギターが切り込んできます!この曲も素晴らしい!またまた叙情的なツインリードを魅せる3.Crow Killer。アップテンポでテクニカルなドラムも交えて進んでいきます。ギターソロがまたもやメロディアス!!ボーカルのシャウトもより迫力が出ていますね~。初期のIn Flamesを思わせるかのようなメロディアスなイントロの4.Grave Of Opportunity。ミドルテンポですがメロディが特に良くてまったく飽きません。中盤ではアコギも登場し、より叙情的な展開を見せます。迫力あるドラムから刻むギターが入る5.We Are Not Anonymous。緊迫感のあるギターリフが最高ですな!メタルコア的なメロディで進むアップテンポ・ナンバーです。ギターソロがもうド派手に弾きまくり!良いですね~♪スローでヘヴィにスタートする6.The Marchはボーカルの絶叫とともにテンポアップする楽曲。リズムを巧みに変え、疾走一辺倒にならない辺り工夫がされていますね。グルーヴィーに突き進むヘドバン必至の曲ですな。またもIn Flamesを彷彿とさせるイントロの7.Cutmanもメロディックで非常に聴き易い一曲ですね。テンポを落とすパートも有りますが、そこまで極端でないのが好感です。北欧的な叙情メロディが耳を惹きますなぁ。8.The Chosenはちょっと雰囲気が変わって、ロックンロール的なノリの良いナンバーです。こういう曲をやらせてもカッコいい!新しい一面が見られましたね。ギターソロもテクニカルでノリを重視した感じになっています。重々しいドラムとボーカルのデスボイスでヘヴィに始まる9.Letting Goはアルバムの中では地味目な方かな…。しかし曲全体を彩るギターのメロディはなかなか良いですね~♪アルバム最後の10.Truth Or Consequenceはこれでもかと言うくらいメロディアスなイントロ!叙情性たっぷりのメロディにノックアウトです!アップテンポでリズミカルに進む楽曲ですね~。後半は極悪に落とすパートが入りますが、そこまで長くないのでダレることもないですね。だんだんと音がフェードアウトしていき終了します。…と思いきや、サーッという音がしばらく続き、突如ドラムとボーカルが入ります。割とヘヴィな楽曲ですが、途中からノリの良いハードコア的な感じになってきます。高速ギターソロがとてもカッコいいです!

今作もまた非常にカッコいいメタルコアを聴かせてくれました!スラッシーでストレートに疾走していた前作とはちょっと方向転換して、メロディにこだわりを持ち、叙情的なツインリードがそこら中を駆け巡ります!ただ楽曲のスピード感は前作よりも落ちていますね。それでもここまでカッコいいメタルコアになるんだからスゴいですね~♪ますますクオリティを上げてきた、名盤だと思います。前作と同じくらい気に入りました!

ただ、コレ!といったキラーチューンが無いのが残念でしたね…。いや、もう全曲質が高くて満足なんですが、今までの作品にあった必殺の一曲が無かったのが少しだけ残念ですね。完全なワガママです(汗)

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Unearth | 19:22 | トラックバック:0 | コメント:0
Unearth / III: In The Eyes Of Fire
Unearth / III: In The Eyes Of Fire

1. This Glorious Nightmare
2. Giles
3. March of the Mutes
4. Sanctity of Brothers
5. The Devil Has Risen
6. This Time Was Mine
7. Unstoppable
8. So It Goes
9. Impostors Kingdom
10. Bled Dry
11. Big Bear and the Hour of Chaos

93/100

今更ながらUnearthの3rdアルバムです。
2ndでは「The Great Dividers」「Black Hearts Now Reign」「Zombie Autopilot」など突進力もありメロディアスでもある名曲を披露してくださったUnearthですが、今作は如何でしょうか!?

1.This Glorious Nightmareは初っぱなからかっ飛ばす強力な疾走曲!メチャクチャカッコいいー!スローなパートも入り緩急を付けていますね。加速する瞬間がすごくイイ!ボーカルのシャウトもキレてます。2.Gilesはメロディックなギターリフが印象的な一曲です。このメロディがまた最高ですね!実にスピード感溢れる一曲です。途中でテンポをズッシリ落としリフで押しまくる!メロディに特に拘りが見られますね。だんだんとギターの音色がフェードインしてくる3.March of the Mutesはまたもストロングなギターリフで勢いよく進むノリの良い楽曲。チリチリとした緊迫感溢れるギターがたまらないです!4.Sanctity of Brothersはスピーディにザクザクと刻んでいくギターリフ中心の楽曲。ボーカルのシャウトもカッコいいですね。ドラムもなんかスゴいことになってます!ドラムの連打から始まる5.The Devil Has Risenはだんだんとスピードアップしていく爽快な一曲。途中でブレイクダウンしメタルコア的な展開もしっかり魅せてくれます。いきなりテンションMAXのイントロから進む6.This Time Was Mineは細かく刻みまくるギターがカッコいい!非常にスリリングな楽曲ですね。後半のメロディックなギターがたまらんです!軽快に始まる7.Unstoppableは途中から疾走しカッコいいギターリフを聴かせにくるテクニカルな一曲ですね。力強いボーカルとギターが楽曲をリードします。疾走パートが特に素晴らしい!8.So It Goesはイントロのメロディからしてもうノックアウト!中期In Flamesを彷彿とさせる叙情的なメロディに完全にやられました!本作のキラーチューンでしょうか!?ギターソロも悶絶ものです。非常にクサいソロですね!まさに「Zombie Autopilot」の再来!続いて、ボーカルの咆哮から始まる9.Impostors Kingdomはアグレッシヴなギターリフとともにズカズカと進むヘヴィな一曲ですね。疾走パートも交えながら突っ走ります。デスメタリックなイントロからスタートする10.Bled Dryも冴えまくりのギタープレイで楽曲を盛り上げています。後半はブレイクダウンし重々しいヘヴィなパートへと移ります。最後の11.Big Bear and the Hour of Chaosはインスト。途中からピアノも入りラストを壮大に飾ってくれますね。

前作と比べて、さらにスピード感がアップしたというか、スラッシュメタル的な要素を取り込んでいる気がしますね。それでいてカッコいいメロディも忘れない、素晴らしい楽曲ばかりです!捨て曲ナシ!ブレイクダウンしてからの疾走パートなんて最高すぎます!これは早く次作も聴かなければ…。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Unearth | 19:22 | トラックバック:0 | コメント:0
Unearth / Our Days of Eulogy
Unearth / Our Days of Eulogy

1. My Heart Bleeds No Longer (Live)
2. Fuel the Fire (live)
3. Only the People (live)
4. Internal War (live)
5. One Step Away (live)
6. Endless
7. Internal War
8. Charm
9. My Desire
10. Shattered by the Sun
11. Call to Judgement
12. Convictions
13. Lefty

82/100

初期音源とLIVE音源を一枚にした編集盤です。

ライブテイクは1~5ですが、どの曲も勢いがあってカッコいい!
少し音質の荒い部分もありますが、それでもアグレッシヴなギター
とボーカルの咆哮が冴えていますね。初期音源では6.Endless
7.Internal War8.Charm9.My Desireが特に気に入りましたね。
6.Endlessはアルバム収録のものより荒々しく、音質は悪いですが
楽曲のカッコよさは変わりません。

なかなか楽しめるアルバムでした。全体的にちょっと音質が悪い
ですが、それは初期音源ということで仕方ありませんね。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Unearth | 16:43 | トラックバック:0 | コメント:0
Unearth / The Oncoming Storm
Unearth / The Oncoming Storm


1. The Great Dividers
2. Failure
3. This Lying World
4. Black Hearts Now Reign
5. Zombie Autopilot
6. Bloodlust Of The Human Condition
7. Lie To Purify
8. Endless
9. Aries
10. Predetermined Sky
11. False Idols

90/100

アメリカのメタル・コアバンド、Unearthの2ndアルバムです。
初めて聴いたメタル・コアがこのバンドでした。ネットで1.The Great Dividersを聴いたとたん虜になってしまいました!このアルバムを機にメタル・コアも聴くようになった、思い出のアルバムです。

メタル・コアにも関わらず北欧的な叙情性、メロディセンスの高さが評価されているようです。1.The Great Dividersはボーカルの咆哮とともに突っ走るアグレッシヴ・ナンバー。続く2.Failureはイントロのギターの早弾きがスゴイ!!4.Black Hearts Now Reignは特にお気に入りの曲で、イントロからテンションはMAX!スピード感あふれるカッコいいリフで疾走していきます。楽曲はそのまま5.Zombie Autopilotへ。なんでしょう、この超北欧っぽいメロディアスなギターは!!この曲はギターソロも素晴らしく、扇情度がとても高いキラーチューンです。

ジャケットはまさにアルバムタイトルどおりですね。迫り来る嵐!

本当に完成度の高いアルバムです。2nd以降もアルバムが発売される
ごとに購入しているのですが、なかなか聴くヒマがない・・・(涙)
しかし2ndの後も高品質なアルバムをコンスタントに発表しているようで、
まだまだ楽しみがありますね!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Unearth | 20:22 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR