音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

Unlucky Morpheus / Black Pentagram

1. Black Pentagram
2. Dead Leaves Rising
3. Violet

86/100

今さらな感想ですが、Unlucky Morpheusのシングルを購入しました☆

1.Black Pentagramは禍々しい邪悪なメロディでスタート!ギターリフがとてもストロングに決まっていますな。もはや抜群の安定感のボーカルの歌唱も力強く、ハイトーンもバッチリです♪グロウルも飛び出したりして、アグレッシヴな楽曲になっています。サビメロはややゴシカルなフィーリングも感じられ、とてもいい感じ♪ギターソロはとてつもなくテクニカル!聴き応えがありますな。

2.Dead Leaves Risingはピロピロとしたギターで始まり、ややノリノリなリズムでハードロック的な刻みも見せて進んでいく、明るいメロスピ的な楽曲です☆しかしギターはとてもヘヴィ!そしてパワフルなハイトーンがこの曲でも炸裂しております(^_^)メロディアスなギターソロも美しく、滑らかな弾きっぷり!

3.Violetは美しいピアノの調べからバンドサウンドが入り、こちらも軽快にアップテンポでキャッチーに展開していきます。3曲の中ではとても叙情的な、美しいメロディを堪能することが出来ますな☆サビメロも飛翔系で爆発的なキャッチーさを出しています。ギターソロはしっかり構築された美しさを感じさせますね~。

今作も安心のクオリティでした!相変わらず技量の高さを感じさせるボーカル、そして特筆すべきはギターのカッコ良さですね!!これでもかとアグレッシヴでクールなプレイをバンバン披露してくれます(*´ω`*)お気に入りは3曲全部です!!これはフルアルバムが非常に楽しみですな☆
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Unlucky Morpheus | 18:07 | トラックバック:0 | コメント:0
Unleashed / Odalheim
Unleashed
1. Fimbulwinter
2. Odalheim
3. White Christ
4. The Hour Of Defeat
5. Gathering The Battalions
6. Vinland
7. Rise Of The Maya Warriors
8. By Celtic And British Shores
9. The Soil Of Our Fathers
10. Germania
11. The Great Battle Of Odalheim

87/100

スウェディッシュ・デスメタルバンド、Unleashedの11thアルバムです!

前作ではオールドスクールとは思えないほどクリアな音質と、古き良き時代のスウェディッシュ・デスメタルをプレイしていた彼ら。アルバムも枚数を重ねて、ベテランと言っても良いのではないでしょうか?過去作品は前作しか知りませんが、またカッコ良いリフを聴かせて欲しいです!

1.Fimbulwinterはブラックメタルばりのブラストビートとザリザリの殺傷力抜群のギターリフで爆走!!カッコ良すぎる!ズンズンと響くドラミングも最高です。コーラスパートはまさにブラックメタル的な邪悪さにまみれています。ギターソロはゆったりと滑らかに弾く感じ。

2.Odalheimは前曲に続いてスタート、アグレッションたっぷりのギターサウンドとボーカルのシャウトが入ります!こちらもブラックメタルに似た雰囲気がありますが、スウェディッシュ・デス的な叙情性も感じられます。ソロパートはまたもスローに弾いていて、メロディを大事にしていますね。

3.White Christはバウンドするドラミングと鋭いギターリフで突き進むアップテンポ・ナンバー。どす黒い雰囲気に包まれていますが、アグレッシヴでもありカッコいい!繰り返されるギターメロディに悶絶!!

4.The Hour Of Defeatはアコギでしっとりとしたメロディを奏で、すぐさまメタリックでハードなギターリフが迫り来るスピード・チューン!ギターソロはピロピロと派手に弾きまくっております!短めな曲ですが満足です☆

5.Gathering The Battalionsは前作に雰囲気の近いスウェディッシュ・デスな爆走チューン!!吐き捨てるボーカルがやっぱり良いなぁ~♪ギターソロはしっかりとメロディを聴かせに来ます。

6.Vinlandは不気味な太鼓?の音で始まり、ストロングなギターリフが入ります!このバンドにしてはどちらかと言うとスローなナンバーになっています。ゴリゴリしたギターリフが迫力満点です。

7.Rise Of The Maya Warriorsはデスメタルなギターリフでどっしりと進むミドルテンポ・ナンバー。この曲の聴きどころはギターソロですかね!!テクニカルでイイ感じです。

8.By Celtic And British Shoresはまたもアコギでのイントロ。続いて突貫力のあるアグレッションたっぷりなギターリフが登場するスピード・チューン。ザクザクリフが心地良いですな。

9.The Soil Of Our Fathersはまたアコギスタートかい!なんか続けられると飽きちゃいますね(汗)もはやお決まりとなったヘヴィなギターリフが、重々しく繰り出されます。テンポはやや遅めですね。なにか妖しげなメロディを奏でています。

10.Germaniaもアコギから、激しいギターリフでザクザクと刻んでいきます。デスメタル的なアグレッションにあふれた楽曲で、スピード感もわりと抑えめ。

11.The Great Battle Of Odalheimはブラストビートとメロディックなギターで始まり、ストロングに展開していくアップテンポ・ナンバー。ギターソロは今までで一番ハデかな?

前作に引き続き良盤ですな!なんというか、前作でも見られたブラックメタル的な要素が増えておりますかね。それでもスウェディッシュ・デスメタルらしさもあります。しかしアルバム後半は失速気味ですかね・・・序盤にイイ曲が集中していて、後半はちょっと飽きちゃいました(汗)

キラー・チューンは「1.Fimbulwinter」ですね!これは文句なしにカッコいい!ほのかな叙情性とアグレッシヴなザクザクリフにノックアウトされました!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Unleashed | 19:20 | トラックバック:0 | コメント:0
Unleashed / As Yggdrasil Trembles

1. Courage Today, Victory Tomorrow!
2. So It Begins
3. As Yggdrasil Trembles
4. Wir Kapitulieren Niemals
5. This Time We Fight
6. Master of the Ancient Art
7. Chief Einherjer
8. Return Fire
9. Far Beyond Hell
10. Dead to Me
11. Yahweh and the Chosen Ones
12. Cannibalistic Epidemic Continues
13. Evil Dead (Death Cover)

87/100

スウェーデンのオールドスクール・デスメタルバンド、Unleashedの10thアルバムです!

AmazonでのCD漁りもいい加減にしよう・・・金が無くなってしまう!!しかし新しいメタルへの出逢いを求める欲求は抑えられず・・・とにかくエクストリームでカッコいいメタルが聴きたい!!

オールドスクールなスウェディッシュ・デスメタルというとDismemberが一番に思い浮かびますが、個人的にはメロディックな作品が好みなので、エクストリームな攻撃性とメロディの良さを期待したいところです。って、それじゃモロにメロデスですな・・・。

1.Courage Today, Victory Tomorrow!はズンズンとヘヴィに始まり、勇壮なメロディで進むアップテンポ・ナンバー!冷徹な感じのギターリフがカッコ良すぎ!そして美しいギターソロ!!こりゃあ1曲目からキラー・チューンですかね?低音の効いたデスボイスも気に入りました!

2.So It Beginsはゴリゴリとしたギターリフでブラストビートも加わるアグレッシヴ・ナンバー。ギターソロはピロピロと意外にも弾きまくりです。前の曲と比べるとちょっと地味かなぁ~。

3.As Yggdrasil Tremblesは邪悪なメロディをまとったギターが良い感じのアップテンポ・ナンバー。ボーカルがかなりカッコいいですね!低音メインながら、高音のシャウトも聴かせてくれます。楽曲の方は割りと淡々と展開していきます。しかしギターソロはホントにハデですなぁ~。

4.Wir Kapitulieren Niemalsはキタキター!アグレッションたっぷりなスピード・チューン!仄かなメロディを奏でながらスタスタと疾走する様はカッコ良いの一言ですな。ギターソロパートは結構ゆったりめに弾いています。その後はまたも疾走!爆走っぷりがたまりませんな!

5.This Time We Fightはアコギによる妖しげなイントロから始まり、ゴリゴリしたストロングなギターリフが挿入されるアップテンポ・ナンバー!やはりボーカルがかなり気に入りました!スウェディッシュ・デスメタルにピッタリな声をしていますね。ギターソロはテクニカルに弾きまくりです。

6.Master of the Ancient Artは薄暗いイントロからなにやらヴァイキングっぽい雰囲気も醸し出しているミドルテンポ・ナンバー。ギターリフがイチイチカッコ良いんだよなぁ。そしてソロパートもメロディックに弾きまくりです。ただちょっと曲が淡々としていて残念ですな。

7.Chief Einherjerは這いずるようなベタついたギターから、アグレッシヴに疾走するカッコ良いスピード・チューン!メタリックなリフがまたイイ!そして楽曲を支えるタイトなドラミングも見逃せません。ソロパートではメロディックなプレイを披露しています。

8.Return Fireは緊迫感溢れるチリチリとしたギターリフから始まり、ブラストビートでブラックメタル的な突進力を見せるアップテンポ・ナンバー!凄く迫力のあるサウンドで、ビビっちゃいました(笑)ザリザリとしたギターの質感がたまりませんな!

9.Far Beyond Hellはデスメタルを王道で行くようなアップテンポ・ナンバー。邪悪なボーカルとともにギターリフがとても目立っています。コーラスパートはダークな雰囲気を漂わせ、お決まりとなったソロパートではやはり弾きまくりなギターが!

10.Dead to Meはノイジーなギターから爆走するハイスピードな楽曲ですな。速い、速いです!スピードだけならアルバム一番ですかね。ちょっと短めなのが悲しいところ。

11.Yahweh and the Chosen Onesはブラストビートで重厚に始まるミドルテンポ・ナンバーです。噛み付くようなボーカルの歌唱もキマってますね♪しかしこの曲はあまり盛り上がりどころがないなぁ~。

12.Cannibalistic Epidemic Continuesは叩きつけるような激しいギターリフでスタート、ジャリジャリとしたサウンドが強烈です!この曲もミドルテンポですが、アグレッションは満点ですね。そして美しすぎるギターソロ!完璧です。

13.Evil Dead (Death Cover)は原曲は知りませんが、泣きのギターが入り凄まじいギターの刻みから、スラッシュ・ビートで爆走します!こりゃあカッコ良すぎ!オマケのカバー曲なのに存在感ありすぎです(笑)これは原曲も聴いてみたいですなぁ~。

いやぁ、久し振りに衝動買いが成功しましたな!カッコ良いデスボイス、アグレッションたっぷりのギターサウンドと、勢いのあるドラミング・・・かなり高品質です。曲の長さも3分台が多く、あっという間に聴き終えてしまいます。音質もかなり良好で聴きやすいですね。最近の作品にも手を出してみたくなりました♪・・・しかしお金は大事に使おう(涙)

キラー・チューンは「1.Courage Today, Victory Tomorrow!」です!メロディアスながらも決して甘くなりすぎないギターリフに、突貫型で疾走する素晴らしい楽曲ですな!こういう曲をもっと聴きたい!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Unleashed | 19:14 | トラックバック:0 | コメント:0
UROBOROS / ZODIAC
UROBOROS / ZODIAC

1. Chokmah
2. FROM HELL
3. LOST EDEN
4. ZODIAC
5. Infection
6. Zoetrope
7. Lunar eclipse

83/100

UROBOROSの2nd EPです!またも上木彩矢さんの歌唱が聴けるとは、とても嬉しい限りです!

1.Chokmahはピアノとシンフォニックな音色が美しいインスト。

2.FROM HELLはちょっとデジタルチックなイントロからヘヴィなギターが切り込んでくるハードなアップテンポ・ナンバー!スピード感のある歌唱がとても素晴らしい!ソロパートもテクニカルで聴き応えがあります。

3.LOST EDENはメロウな音色が印象的なミドルテンポ・ナンバー。情感溢れる歌唱が実にたまりません!ジャリジャリしたギターもなかなかカッコいいですな。

4.ZODIACは荘厳な雰囲気のイントロからダンサブルなテンポで軽快に進んでいくノリノリなナンバー!ボーカルのパワフルな歌唱が実にカッコいい!ギターソロも弾きまくり~。

5.Infectionはピアノが悲しげに音色を奏でる、ミドルテンポ・ナンバー。しかし壮大な雰囲気のあるサビメロはたまりませんね!シンセがいい仕事をしていますね♪

6.Zoetropeはアグレッシヴなギターでハードにスタートするアップテンポ・ナンバー!哀愁をたたえたメロディがキャッチーです。ピロピロと弾きまくりなギターソロもありますね~。

7.Lunar eclipseは暗い陰鬱な雰囲気のある、ダークなスローテンポ・ナンバー。ボーカルの歌唱を存分に楽しめる楽曲ですね!

前作に引き続き、満足の出来映えです★個人的にはもうちょっとスピード・チューンがあるといいなぁ・・・などと思ってしまいましたが(汗)演奏陣も相変わらずとてもテクニカルなプレイを披露してくれます。そして何よりボーカルのパワフルな歌唱!!やはりたまりませんね。

キラー・チューンは「4.ZODIAC」ですかね。とてもノリノリなナンバーですな!スピード感もありメロディの良さも特に気に入りました!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| UROBOROS | 15:49 | トラックバック:0 | コメント:0
The Unguided / Lust and Loathing
The Unguided / Lust and Loathing

1. Enraged
2. The Worst Day (Revisited)
3. King Of Clubs
4. Heartseeker
5. Photobs Grip
6. Black Eyed Angel
7. Operation E.A.E.
8. Boneyard
9. Hate (And Other Triumphs)
10. Mercy(ボーナストラック)
11. Judgment(ボーナストラック)
12. Betrayer Of The Code(live)(ボーナストラック)
13. Phoenix Down(live)(ボーナストラック)

87/100

モダン・メロディックデスメタルバンド、The Unguidedの3rdアルバムです。

1stアルバムは国内盤が発売されましたが、2ndアルバムは国内盤が未発売…。理由は分かりませんが、今作はめでたく再び国内盤が!よかったよかった。

どちらかと言うと、あんまり期待していなかったんですが…(汗)前作はヘヴィメタルとしてのアグレッションがちょっと不足していて、メロディ要素もそこまで突き抜けたものがありませんでした。しかし、北欧の叙情性とモダンなキーボードアレンジを見事に融合させたSonic Syndicateの2ndアルバムを名盤だと思っている私は、どうしてもあの頃のクオリティを…!と希望を持ってしまいます。さて、今作の出来栄えはいかなものか!?

ちなみに音楽性とはまったくかけ離れたジャケットは相変わらずですねぇ。1stから順に、青・赤・緑とカラーが変化しています(笑)

1.Enragedはイントロからガッツポーズものの迫力あるサウンドが!アップテンポでザクザクとギターを刻んでいきます。サビでのクリーンなメロディに乗せてピアノ調のキーボードが素晴らしすぎ!サビメロがフックのある壮大なメロディでたまらんです!ギターソロもピロピロと弾きまくっておりますなー。冒頭からドラマティックな良曲です。この曲は是非とも聴いてみていただきたい!

2.The Worst Day (Revisited)は冷やかなピアノから、だんだんとバンドサウンドがフェードイン、ボーカルが入ると共に疾走開始!サビではややスピードを落としますが、アグレッションは充分です。噛み付くような強力なスクリームがインパクト大!広がりのあるクリーンなコーラスもイイね~♪

3.King Of Clubsはブヨブヨした特徴的なキーボードから始まり、ゴリゴリとしたギターリフでリズミカルに進みます。浮遊感のあるコーラスパートが特に気に入りました☆ギターソロはカッコいいメロディを奏でていてこちらも抜かり無し!

4.Heartseekerは希望に満ち溢れたポジティブなメロディで始まる、これまでにはあまり聴かれなかったタイプの楽曲ですね。クリーンなボーカルがパワフルに歌い上げ、メロハー的とも言えるキャッチーなコーラスパートが特に良い感じ。テクニカルに叩くドラミングも心地よい!

5.Photobs Gripはデジタルなキーボードから泣き泣きのツインギターのフレーズで涙腺が崩壊!コレだよコレ!!北欧の叙情的なメロディとサイバーなキーボードアレンジの融合!こりゃあ文句無くカッコいいわ~☆コーラスパートはスクリームで激しく叫びまくります。スピード感溢れる素晴らしい楽曲です。エクストリーム・メタルが好きなら絶対にハマるのでは!?

6.Black Eyed Angelは穏やかなメロディがとても印象的な、パワーバラード…とまでは行きませんが、叙情的なハーモニーを重視したメロディックな一曲です。ツインボーカルの利点を活かした、コーラスパートでの絡みが雰囲気を盛り上げてますねー。

7.Operation E.A.E.は緊張感のあるキーボードからヘヴィなギターリフが入るアップテンポ・ナンバー。今までになく激しいスクリームが実にクール!サビはキャッチーなメロディで彩られる、ヘドバン必至な楽曲ですね。この曲は特にギターリフがヘヴィで、ドラミングも手数が多くてズンズンきます!

8.Boneyardはデジタルな印象の強い楽曲。ミドルテンポで力強く進んでいきます。この曲は、スピード感はあまりありませんがフックのあるメロディのおかげで良い曲に仕上がっていますね~。

9.Hate (And Other Triumphs)はクリーンなボーカルが静かに歌い上げ、とてもスケール感のあるドラマティックな楽曲。スロー・テンポでアルバム本編を締め括ります。こちらも泣きのギターフレーズが飛び出しますね!女性ボーカルの語りも一瞬ですが挿入されます。

以下はボーナストラックです。

10.Mercyはだんだんとキーボードの音色が入ってきて、カッコいいツイン・ギターが炸裂する、ボーナストラックとは思えないカッコ良さ!スピード感のあるコーラスパートが実にたまらーん!ギターソロも叙情的なフレージングを奏でています。

11.Judgmentはドライヴ感のあるギターからスタート、ミドルテンポで進む、コーラスがとてもキャッチーな楽曲。まぁこっちは普通のボーナストラック程度の感じです。

12.Betrayer Of The Code13.Phoenix Downはライブテイクです。なかなか楽しめますね!生でこのバンドを観てみたいなぁ~。

コレはかなり素晴らしい出来栄えですな!当然ながらこれまでの路線は踏襲しつつ、コーラスパートやギターフレーズの大幅な強化が見てとれます。シンプルにグレード・アップしてきたという印象ですね!歌メロの充実がなんとも嬉しいところ。ギターサウンドも分厚くなっています。たくさんの疾走曲を期待すると肩透かしを食らうかも知れませんが、それを補って余りあるドラマ性がこのアルバムにはあります!

キラーチューンはもちろん、ツインギターのカッコ良さが光る「5.Photobs Grip」ですな!私がこのバンドに求めているものはコレなのです!こういう曲がもっとあったら、名盤確定なんだけど…。オープニングの「1.Enraged」のサビメロも大好きです♪

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| The Unguided | 13:44 | トラックバック:0 | コメント:0
UROBOROS / ANOTHER ARK
UROBOROS / ANOTHER ARK

1. ARK
2. Black Swallowtail
3. Red Moon
4. IGИIS
5. 十二夜
6. Luminous

82/100

UROBOROSの1stミニ・アルバムです。

実はわたくし、随分と昔の話になるのですが、上木彩矢さんにハマっていた時期がありました。しばらく聴いていなかったのですが、久しぶりに彼女のRockなボーカルが聴きたくなり、このミニ・アルバムに手を出してみました☆ついついメイキング映像等が収録されたDVD付きの初回限定版を購入してしまった…(_)

1.ARKは暗いピアノから始まり、ストリングスも入るアルバムのイントロ。

2.Black Swallowtailはデジタルなアレンジから始まり、ド派手なギターが入るスピード・チューン!歌詞は英語と日本語で、上木彩矢さんのボーカルは実にパワフル!シンフォニックなサウンドもイイ装飾になっていますね。サビでのドラムのテクニカルな叩き方がツボです(笑)ギターソロももちろんあります!ちょっと短いですが、フラッシーでギュンギュンとカッコいいソロですね♪

3.Red Moonはアコギで渋くスタートするヘヴィな楽曲。ミドルテンポでじっくりと進んでいきます。力強いサビでの歌唱はとてもダイナミック!ピアノも入り耽美的な雰囲気もあります。滑らかなボーカルの歌いっぷりがイイ!そしてモダンな雰囲気のあるギターリフからピロピロと弾きまくりのギターソロが登場!良いですね~!

4.IGИISはチャラいメロディからちょっと気だるい感じのボーカルが歌い上げるミドル~アップテンポ・ナンバー。ドライヴィンなギターがカッコいい!サビでの盛り上がりもなかなかのモノです。ソロパートもしっかり挿入されます。

5.十二夜は物悲しいバラード。ピアノと静かなボーカルで曲は進んでいき、だんだんとバンドサウンドが入っていきます。泣きのギターソロがまたたまらん!

6.Luminousはアルバムの最後の曲。ストリングスで派手にスタートする明るくてポップなアップテンポ・ナンバー!ややポジティブなメロディに彩られた美しい楽曲です。バシバシと叩くドラミングも爽快ですな♪ギターソロがまたノリノリでカッコいい!

久しぶりに購入したJ-Rockの作品でした!なかなかにギターもヘヴィで、聴き応えがありましたね。そして上木彩矢さんのパワフルでいてしなやかなボーカル!久しぶりに聴きましたが、やはりたまりませんな~♪バンドサウンドの方もテクニックのあるメンバーで固められ、実に高品質ですね!

一番気に入ったのは「Black Swallowtail」です!メロディアスなスピード・チューン。こういう曲をもっと聴きたいですな(^O^)ミニ・アルバムということで点数はこれくらいで…。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| UROBOROS | 12:51 | トラックバック:0 | コメント:0
UNDEAD CORPORATION / Flash Back
UNDEAD CORPORATION / Flash Back

1. Flashback
2. The Revolution
3. Chase The Rabbit
4. Xing Noises
5. Sad Dream
6. Blow
7. Datura
8. The Cold Sun
9. White Reflection
10. End Of My Pain

86/100

UNDEAD CORPORATIONの2ndオリジナル・アルバムです。

アルバムトレーラーを偶然聴いて、こりゃあカッコ良すぎる!と速攻で気に入ってしまい、勢いで購入です!そのジャンルでは有名なアーティストのようですね。スクリーム・ボーカルはあのDougenさん!いきなり期待できますな!

1.Flashbackはアルバムのイントロ。2.The Revolutionは相変わらずカッコ良すぎるDougenさんのスクリームからスタート!ギターリフは実にヘヴィ、それと対比するかのようにAkemiさんのエモーショナルなクリーンボーカルが素晴らしい!ドラミングもブラストビートっぽいものもブチ込んできてアグレッシヴですな!カッコいいスピードチューンです。続く3.Chase The RabbitはクリーンなAkemiさんの歌唱から入り、グルーヴ感のあるリズムで進んでいきます。アップテンポでインダストリアルな雰囲気も感じられますな。ゴリゴリとしたギターがイイ!4.Xing Noisesはモダンでリズミカルなギターが印象的な、アップテンポ・ナンバー。2人のボーカルの掛け合いが見事です。特にAkemiさんのボーカルは華がありますね~♪5.Sad DreamもAkemiさんのクリーンなボーカルからスタート、ピアノがとても哀しげな雰囲気を醸し出します。今までの曲とはちょっと変わった感じで、ポップというか、キャッチーな印象もありますね。後半はDougenさんのパワフルなボーカルが入ります!テクニカルなドラミングからアツい掛け声が入る6.Blow。よりエモーショナルなAkemiさんの歌声も良いアクセントになってますね!ここへ来てようやく(?)ギターソロが!なかなかメロディアスに弾いております。最後もブラストビートで終了です。7.Daturaはグルーヴィーに進み、ボーカルはラップ調?というか、ちょっと変わった歌い方をしていますね。暗いイメージをまとったアップテンポの楽曲です。8.The Cold Sunはクリーンなギターとボーカルから始まるアップテンポでノリやすい楽曲です。メロディックなギターが気に入りましたね。ピアノの儚い音色から始まる9.White Reflection。バラード調の楽曲で、バラエティの豊かさを示していますね~。Akemiさんのボーカルを中心に進んでいきます。アルバムの最後は10.End Of My Pain。これでもかとアグレッシヴなギターが唸り、Dougenさんのパワフルなスクリームがとてもカッコいい!サビでは相変わらずクリアなAkemiさんのボーカルが入ってきます。

どの曲もアップテンポのものが多く、もうちょっと爆走ナンバーが欲しいかなぁなんて思ってしまいました。あとギターソロも充実させて頂けると、個人的にはかなり嬉しいのですが…(汗)

2人のボーカルの掛け合いは実に素晴らしく、コレはポイントが高いですね!カッコ良かった頃のDeadlock辺りのバンドを思い出しました。男女ツインボーカルでメロデスっぽいバンドが好きな方なら買って損はしないと思います。これは1stアルバムもチェックしておかないとな~。

キラーチューンは、アルバムの実質1曲目の「The Revolution」か、アルバム最後のアグレッシヴ・ナンバーの「End Of My Pain」でしょうかね。この2曲が頭ひとつ抜き出てますね。要するにアグレッションたっぷりな楽曲が好みな自分なのでした!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| UNDEAD CORPORATION | 13:42 | トラックバック:0 | コメント:0
Unlucky Morpheus / Vampir
Unlucky Morpheus / Vampir

1. Vampir
2. Opfer
3. La Voix Ou Sang
4. Phantom Blood
5. Angreifer
6. Vampire (Cover)

84/100

Unlucky Morpheusの2ndオリジナル・アルバムです。

前作「affected」は実にメロスピな楽曲が揃っており、とても気に入りました。今作も期待しています!ただ相変わらず曲数が少ないですなぁ…(汗)

1.Vampirは鐘の音からピアノが怪しくメロディを奏でていくイントロ。続く2.Opferはシンフォニックに疾走するスピードチューン!激しいドラミングもたまりませんな!楽曲を包む雰囲気はゴシック的な感じもしていますね~。プログレちっくなテクニカルなソロパートも素晴らしい♪3.La Voix Ou Sangは力強いボーカルの歌唱から始まる、こちらもスピーディな楽曲です。スタスタと軽快に疾走し、サビメロは切なげな印象があります。ギターソロがまたフラッシーな弾きっぷりでカッコいい~!ギラギラしたキーボードとギターがクールな4.Phantom Blood。ボーカルも激しめに歌い上げます。ソロパートはやはり充実していて、聴きごたえがありますな!悲しげなピアノから始まる5.Angreifer。ボーカルが静かに歌い、バンドサウンドが加わります。ミドルテンポで重々しく進み、途中から派手に疾走です!グロウルも入り、アグレッシヴな楽曲です。6.Vampireはカバー曲です。原曲は聴いたことがありませんが、かなり勢いあるスピードチューンですね。キャッチーなサビメロにキラキラしたキーボードが実に効果的です。

今作も安定の出来映えですね!演奏陣のテクニックは言うまでもなく、またボーカルの歌いっぷりもパワフルで迫力があります。アルバムのテーマからか、ちょっと暗いイメージに包まれているのが特徴的ですかね。あとはもうちょっとボリュームがあると有り難いですな!

キラーチューンは、ちょっと残念ですが「コレ!」という一曲はありませんでしたね…(汗)どれも質は高いのですが、飛び抜けてカッコいい楽曲が欲しいところですね!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Unlucky Morpheus | 14:07 | トラックバック:0 | コメント:0
Unlucky Morpheus / affected
Unlucky Morpheus / affected

1. affected
2. Get Revenge On The Tyrant
3. Gradient
4. imagimak
5. 虚妄の恋人
6. 落花流水
7. 殺戮のミセリア

85/100

Unlucky Morpheusの1stオリジナルアルバムです。

詳細はよく知らないのですが(汗)ボーカルがLight BringerのFukiさんということで、それなら買っておいて損はないなと思いました。そっちの業界ではかなり有名な実力派バンドらしく、かなり気になったので購入!完全に衝動買いです。

1.affectedは壮大なオーケストレーションで幕を開けるインスト。そのまま繋がる2.Get Revenge On The Tyrantはド派手でカッコいい!スピードチューンです。ボーカルはとても力強く、クワイアも加わりかなり豪勢ですな!サビは非常にキャッチーです☆ギターソロがこれまたカッコいい!実にテクニカルです。クラシカルなイントロの3.Gradientはザクザクと刻んでいくギターが良い感じ。ボーカルは伸びやかに歌い上げます。サビでの哀愁度はなかなかのものがありますね!4.imagimakは明朗なメロディでボーカルが歌い、すぐさま疾走!この展開はニクいですな~♪ピロピロと弾きまくりのギターもイイ!アグレッシヴなギターでスタートする5.虚妄の恋人はイントロのギターがカッコ良すぎる!ここで突如デスボイスが登場、途中から女性ボーカルにバトンタッチします。サビでは凄まじいスピード感でガッチリ心を掴まれましたね。ギターソロももうお決まりに弾きまくっております。6.落花流水はバラード調に始まり、アップテンポ~疾走で進んでいく爽やかな楽曲。相変わらずギターもカッコいいです。随所で聴けるピアノが良いですね。割りとポップな感じもします。アルバムの最後は7.殺戮のミセリア。ザリザリしたヘヴィなギターで始まるアグレッシヴなスピードチューンです。サビでの歌唱がとても切なくてイイですな~。

アルバム通して潔くスピードチューンで固められております。ギターソロもいちいちカッコ良くて、当然ボーカルも歌唱力バッチリ!ボリュームについては、この手のジャンルだったら別に気にならないですね~。最近はエクストリーム系ばかり聴いていたので、コレでメロスピ成分が補充されました(笑)

キラーチューンは「虚妄の恋人」でしょうか。2曲目とも迷いましたが、スピード感の溢れるサビにやられました!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Unlucky Morpheus | 23:22 | トラックバック:0 | コメント:0
Unearth / Watchers of Rules
Unearth / Watchers of Rules

1. Intro
2. The Swarm
3. Lifetime In Ruins
4. Guards Of Contagion
5. From The Tombs Of Five Below
6. Never Cease
7. Trail To Fire
8. To The Ground
9. Burial Lines
10. Birth Of A Legion
11. Watchers Of Rule
12. Throes Of Remission(ボーナストラック)
13. Spirit In Black(ボーナストラック)

92/100

メタル・コアバンド、Unearthの6thアルバムです。

前作では今までほとんど使用していなかったクリーンボイスの導入があり、ちょっとマイルドな感じになっていました。以前にも書きましたが、個人的には3rdアルバムの時のようなスラッシーで勢い重視のアルバムを期待したいですね。作品を重ねるごとに勢いが減少している気がするので(汗)しかし今作のジャケットは今までと違う異様さに包まれていますね…!噂によると、初期の頃の勢いを取り戻したとか…非常に期待が高まります!

だんだんと音がフェードインしてくる1.Introは泣きのギターで奏でられるアルバムのイントロ。で、突如始まる2.The Swarm!ブラストビートで強烈なスタートです!ボーカルのトレヴァーの咆哮もより激しくなっています。ギターフレーズも非常にカッコ良く、ギターソロもテクニカルな感じで掴みはOK!曲の後半ではブレイクダウンが入りヘヴィになります。こちらも音がフェードインしてくる3.Lifetime In Ruinsはズカズカと強力なドラミングに続いて、アグレッシヴなギターと時折メロいフレーズが飛び出す忙しい(笑)一曲。中盤でブレイクダウンし、その後ピロピロと弾きまくりなギターソロが!4.Guards Of Contagionはゴリゴリと剛直に進むアップテンポ・ナンバーです。ギターの奏でるメロディがなかなかイイ!後半の狂ったようなギターソロが聴きどころですね。5.From The Tombs Of Five Belowもアップテンポで始まり、叙情的なメロディが挿入されてきます。この曲は前作にありそうな楽曲ですね。しかし、ウルトラ・ファストではない気がしますな…(笑)6.Never Ceaseはギターリフがとても印象的で、かなりカッコ良く弾いています!ミドル~アップテンポでヘヴィに進んでいきますね。クリーンなギターメロディがたまらんです!7.Trail To Fireはスタートからかっ飛ばすスピードチューン!しかしすぐにブレイクダウンパートに移行します。ここへ来て実に叙情的なメロディが聴くことが出来ます。やっぱりこのくらいのバランスの曲が好きですね~♪ドカドカ叩きまくるドラミングも聴きどころですな。緊迫感溢れるイントロの8.To The Groundはギターがザクザクと刻み、アップテンポで進むヘヴィなナンバーです。ドラムもスゴいですな~!アグレッシヴな一曲になっています。9.Burial Linesはドラマティックなイントロからアップテンポでスピーディに進行する爽快な楽曲ですね。ヘドバン必至のノリですな!これは特にカッコいい!凄まじいドラミングとギターから爆走する10.Birth Of A Legion!コレも素晴らしい!2曲続けてヘドバンを誘発させる楽曲ですね~。ブラストビートも入ってストロングな1曲になっています。短いですがギターソロもメロディックでグッドです!本編のラストはアルバムタイトル曲の11.Watchers Of Ruleです。トレヴァーの鬼気迫る歌唱と激しいドラムでスタートするミドル~アップテンポの楽曲。ピロピロと弾きまくりのギターソロに圧倒されました!邪悪な感じのギターフレーズがクセになりますね。

以下2曲はボーナストラックです。スタスタと疾走する12.Throes Of Remissionはスピード感溢れる実にカッコいい楽曲!ボーナスにするにはもったいないのでは!?それくらい出来が良いです。メロディアスなギターが最高!後半は極悪ブレイクダウンを経て、テクニカルなギターソロに入ります!曲の終わりはフェードアウトで。13.Spirit In Blackはゴツい感じのギターリフからスタート、リズミカルに進んでいくアップテンポ・ナンバーです。こりゃあボーナストラックの方がカッコ良くないか!?(汗)自然とヘドバンしてしまう、テンポのイイ楽曲です。ギターソロも短めですが良い感じ。後半は狂ったように疾走、ギターも弾きまくってます。

ボーナストラック含めて13曲でしたが、あっという間に聴き終えてしまいました。アルバム全体の感想は、まず前作で見られたクリーンボーカルが一切無くなった点ですかね。やっぱり評判良くなかったのかな?(汗)各楽曲はどれも勢いが凄まじく、ブレイクダウンもありますがそこまで極悪なものはなく、曲の邪魔になることは無いですね。またクサいメロディはかなり減少し、リフのカッコ良さで押しまくってる感じです。ボーナストラックは2曲ともに素晴らしい出来栄えなので、日本盤をお勧めします。

個人的には3rdアルバムのようなバランスを期待していたのですが、ちょっと突き抜け過ぎたようですね…(笑)アグレッション重視で強烈なアルバムになっています。しかしこれもまたカッコいい!またもや名盤が誕生しました♪これにもう少しだけ叙情的なメロディが入れば最高なんだけどな~。キラーチューンは、ボーナストラックを除くと「The Swarm」「Burial Lines」か「Birth Of A Legion」辺りですかね~。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Unearth | 15:19 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム | 次のページ>>

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR