音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

Traumer / Avalon

1. Tempus Est
2. Avalon
3. Forever Starts Tomorrow
4. TraumeR
5. Changes
6. Let You Go
7. Angel Of The Night
8. The Song Of Broken Hearts
9. Dont Believe Their Lies
10. Symphony
11. Our Spirit Never Dies
12. Father Time (Stratovarius)(日本盤ボーナストラック)
13. Eagle Fly Free (Helloween)(日本盤ボーナストラック)
14. Carry On (Angra)(日本盤ボーナストラック)

85/100

ブラジル出身のメロディック・パワーメタルバンド、Traumerの2ndアルバムです♪

「ピュア・メタル・スピリッツは死なない・・・」アツい売り文句ですな!1stアルバムは未聴ですが、ブラジルと聞くとやはりAngraのような音楽性を期待してしまいますね。しかしこのバンドはちょっと違い、北欧メロディック・メタル、Stratovariusのようなバンドに近い音楽性です。その他にもHelloweenなどの大先輩バンドからも影響を受けているようですね。

しかしこのボーナストラックは反則でしょう!(笑)メッチャ購買意欲そそりますね(*´ω`*)先輩バンドの名曲をどうアレンジしてくるのか!?こっちも楽しみですね~♪アルバム本編は4分~6分台の曲が並び、まぁまぁなボリューム感。

1.Tempus Estはファンタジックで壮大な雰囲気を演出する2分ちょいのインスト。

2.Avalonはさっそくドラマティックなギターリフでスタート!ボーカルの歌唱はやや頼りないところもあるけれど、ハイトーンも何とか頑張って出してる辺りがほほえましい(笑)曲の方は一発目としてはパンチに欠けるものの、メロディのフックはなかなかあり好印象です。やはりストラトの影響を大きく感じさせるアップテンポ・ナンバーです。

3.Forever Starts Tomorrowはまさにストラト的な疾走曲!ボーカルはコティペルト・・・というよりトルキの方を思い浮かべてしまいます(笑)最近の洗練されたストラトではなく、初期の頃のストラトっぽいかな。ギターはかなりメロディアスでギターソロも聴きごたえアリ!あと最初に疾走曲と書きましたが、そこまで爆走してるわけではないです(^_^;)ドラミングは意外と大人しいな・・・。でもアウトロで使用しているピアノの旋律はクサい!

4.TraumeRはバンド名を冠した楽曲。こちらも哀愁に溢れたギターフレーズで軽快に進んでいきます。こっちは先程の曲とは違い、最近のストラトに近づいたかな?(笑)しかしどうにも垢抜けないところがありますね。そこがまた良いんですけど・・・。ソロパートはキーボードとギターのバトルが入ります。ラストの力強いハイトーンはなかなかイイ!

5.Changesは儚げなバラード・ナンバー。ピアノとともにギターが泣きのフレーズをかましてきます。バラードだとボーカルにも多少余裕が見られますな。ところどころでストラトのコティペルト的な歌い回しが・・・。でもこういうスローテンポの楽曲も魅力があり、悪くないですね~♪

6.Let You Goは笛の音から始まりヘヴィなギターリフでスタスタと展開するアップテンポ・ナンバー。サビでは明るいメロディで疾走します!この曲はなんとなくHelloweenっぽいかな。ジャーマン・メタル的なポジティブな明るさに包まれています。キーボードの早弾きからカッコいいギターソロへ!なかなかの盛り上がりで、この曲は前半のハイライトですね!

7.Angel Of The Nightで畳み掛けるようにメロディアスなナンバーが続きます。北欧メタル的な哀愁をまとったメロディがイイ感じ♪ヴァイオリン(?)の音色もクサさを増していますな。危なっかしいハイトーンも健在!(*´∀`)

8.The Song Of Broken Heartsはちょっとこれまでの曲とは毛色の違った楽曲です。ヘヴィさに重点を置いたギターでじっくりと進んで行きます。叙情・哀愁を前面に出しており、そこの点は変わらずですね~。ミドルテンポでもイイ曲が書けるというのは強いですな♪

9.Dont Believe Their Liesはイントロからキラキラと疾走!いかにもなメロディック・パワーメタルです。こちらは初期Sonata Arcticaのような印象も受けますね~。あそこまで爆走してませんけど(笑)ギターがかなり頑張っており、ソロパートも流麗なプレイを披露しています。曲タイトルを続けて叫ぶ辺りはニヤリとしてしまいます☆

10.Symphonyは緊迫感溢れるギターの刻みがかなりカッコいい!明るい希望に満ちたメロディで突き進んでいくアップテンポ・ナンバー。ギターソロとキーボードソロではテクニカルな早弾きが良い感じです。

11.Our Spirit Never Diesはアルバム本編ラストを飾る大曲。7分超えと最長になっています。リズミカルに叩くドラミングと伸びやかなボーカルが特徴的。なんだかアルバムを聴き進めていくうちに、ボーカルも個性・・・とまではいきませんが、独自のカラーを(多少ですが)発揮してきているのではないでしょうか?長めの曲ですがすんなりと聴き通すことができます。

12.Father Time (Stratovarius)はやっぱりこのクソカッコいいイントロ!たまらねぇー!!そして開放的な素晴らしいサビメロ(;つД`)最高だわやっぱり・・・。ソロのオーオー言うところはもっと声入れちゃっても良かったんじゃ?(笑)

13.Eagle Fly Free (Helloween)14.Carry On (Angra)も原曲に忠実に演奏されております。ってFather Timeに比べてそんなに聴き込んでたわけじゃないから、堂々とは言えませんが(^_^;)上手くカバー出来ているのではないでしょうか。しかしこの名曲3連発は凄まじいな・・・(;・∀・)

とりあえずボーナストラックの超名曲達は置いておいて・・・。アルバム本編は、星五つが最高だとすると、星四つの曲がズラリと並んでいる感じですかね(苦笑)なんというか、全然悪くなくて、かなり質が高いのはわかるんですが・・・。突き抜けたキラー・チューンが欲しかった!歌メロもキャッチーでなかなかにフックがあり、つまらない楽曲はありませんでした。それだけでも充分、合格点ですかね。しかしボーナストラックの素晴らしさを聴いてしまうと、アルバム本編の楽曲の弱さがハッキリ浮き出てしまいますね(汗)

でも、国内盤が発売されるのも納得の内容です。点数はボーナストラック抜きの評価です。次回作にも期待してますよ~♪
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Traumer | 11:21 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR