音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

Revocation / Empire of the Obscene

1. Unattained
2. Tail From The Crypt
3. Exhumed Identity
4. Fields Of Predation
5. Alliance And Tyranny
6. Suffer These Wounds
7. Summon The Spawn
8. None Shall Be Spared (All Shall Be Speared)
9. Stillness
10. Age Of Iniquity
11. Empire Of The Obscene

85/100

アメリカのテクニカルデス・スラッシュメタルバンド、Revocationの1stアルバムです!

ついにデビューアルバムにまで遡りました。あまりのカッコ良さにもうノックアウトです!!どちらかというと最新のアルバムよりも初期の頃のアルバムの方が大好きですね♪いろんな要素がごちゃ混ぜになった爆走スラッシュ・メタルに期待です!

1.Unattainedはデスボイスによる悲痛な叫びから激しくスタート!ノリノリなリズムで刻みまくるギターリフのカッコ良さにもう悶絶です♪低音グロウルも織り交ぜて多彩なボーカルワークも魅力的ですね☆ギターソロは超高速に弾きまくるハイ・テンションなものになっています。

2.Tail From The Cryptはデスメタリックなゴリゴリとしたヘヴィリフで幕を明け、ボーカルが入るとともに疾走開始!早口のボーカルが焦燥感を煽るカッコ良さ満点です☆ストロングなギターにもパワフルな力強さが感じられます。1st当時からこんなにもカッコ良かったのか・・・!?信じられません!ギターソロはテクニカルさ重視でこっちでも弾きまくり。

3.Exhumed Identityは7分近い、このバンドにしては長めの楽曲。ゆっくりとしたイントロからじっくりと進んでいきます。だんだんとスピードを上げていき、吐き捨てボーカルとともに疾走!やっぱりこうでなくては!様々なギターリフでカッコよく弾いていますね♪そしてこのギターソロがまたメロディアス!!(;つД`)終わってみれば7分もあっという間ですね~。

4.Fields Of Predationはクランチーなリフを中心に組み立てられた、邪悪なフィーリングたっぷりなアップテンポ・ナンバー。ピロピロとせわしなく弾きまくったかと思えば、ゆったりとムーディーに弾いてみたりと、なかなか複雑な楽曲です。
ボーカルもハイトーンシャウトをかましたりして気合い入ってます!

5.Alliance And Tyrannyはそこはかとなく叙情的なメロディを奏でるイントロからツーバスで疾走、ボーカルが入るのを待っていたらインストでした・・・(汗)このパターンは以前にもありましたな(^_^;)

6.Suffer These Woundsはガツガツと前のめりに進んでいく、ギターがカッコいい楽曲。途中で妖しげなムードを挟み込む辺りがアレンジセンスを感じさせますな♪スピード感は抑えめでこのバンドにしては大人しい印象ですね~。・・・と思ったらやっぱり後半はスピードアップ!フラッシーなギターソロが鮮烈的です。

7.Summon The Spawnはデスラッシュ的な疾走感を見せたあとは、テクニカル・デスらしいギターリフとドスの効いたデスボイスがたまらない1曲。地獄の叫びのような声がちょっと怖い(汗)キュルキュルとおかしな音を出しながら弾きまくるギターも特徴的。

8.None Shall Be Spared (All Shall Be Speared)はゴツゴツとしたギターリフが主張するミドルテンポ・ナンバー。ここへ来てちょっと中だるみか!?スピード感に飢えてきました。無機質に刻んでいくギターに少しマンネリを思わせる部分も・・・。

9.Stillnessはアコギでポロンポロンと哀しげなメロディを紡ぐ2分ほどのインスト。

10.Age Of Iniquityは激しく叩き付けるようなギターリフと、しゃがれ声でメロディを付けて歌い上げるボーカルがメインで進んでいくスローな楽曲。後半はダークな雰囲気を醸し出すパートが入ります。

11.Empire Of The Obsceneもスローテンポでザクザクとギターが刻んでいく楽曲。最初の方の勢いはどこへいってしまったんだ!?どうにもテンションの上がらない感じで、残念です(>_<)

とにかくアルバムの頭3曲が超カッコいいです!!その後は悪くないながらもちょっと印象に残りにくい楽曲が多かったですかね~。なにやらスピード感が抑えめでイマイチな感じが。もっとテンションの上がる曲が聴きたかったなぁ~。でも最初の3曲は本当にクールな出来映えなので、とりあえず満足です。
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Revocation | 18:32 | トラックバック:0 | コメント:0
Revocation / Existence Is Futile

1. Enter The Hall
2. Pestilence Reigns
3. Deathonomics
4. Exitence Is Futile
5. The Brain Scramblers
6. Across Forests And Fjords
7. ReaniManiac
8. Dismantle The Dictator
9. Anthem Of The Betrayed
10. Leviathan Awaits
11. The Tragedy Of Modern Ages

88/100

アメリカのテクニカルデス・スラッシュメタルバンド、Revocationの2ndアルバムです♪

3rdがあまりにもカッコいいもんだから、遡って2ndアルバムも期待して購入してしまいました(*´ω`*)その内容は、期待を裏切らないハチャメチャにクールなテクニカル・デス/スラッシュメタルになっております♪

1.Enter The Hallはおどろおどろしい暗いメロディからピロピロとしたテクニカルなギターが切り込んでくるインストナンバー。途中からはブラストビートなんかも入ってアグレッション抜群のインストですな(^_^;)

2.Pestilence Reignsはボーカルの野太いシャウトからスタート!シャキシャキした軽快なギターリフで爆走するノリノリの疾走曲!やはりこのバンドのスピード・チューンはたまらないものがあるなぁ。正統派メタルっぽいところもあり、曲調はとてもパワフル!!シャープなギターソロはテクニカル重視でベースも負けじとバキバキ鳴らしています!

3.Deathonomicsは一転してヘヴイネス重視のどっしりとしたミドルテンポ・ナンバー。しゃがれたデスボイスによる歌唱とザクザクとしたリフがカッコいい!・・・と、いきなり途中からスピードアップ!この展開はニクいですなー!実に爽快感の溢れる楽曲です。タイトに叩きまくるドラミングもキレがありますね。

4.Exitence Is Futileはこちらもスローなイントロ。ブンブン唸るベースがかなり目立っております!長いイントロだなぁ~と思っていたら激しいドラミングが入りアグレッシヴに突き進みますね!しかしこれまでの曲と比べるとちょっと落ちるかな?やっぱり爆走する疾走曲が聴きたい(;つД`)いや、このバンドはミドルテンポもカッコいいと思いますが、真骨頂はスピード・チューンに有ると思っているので。

5.The Brain Scramblersはちょいとサイケでカオティックなギターリフで始まり、ボーカルが入るとともに疾走開始!デスラッシュのようにザクザク刻みながら突撃する様はもうたまりませんな!ソロはメロディックな要素もありつつあくまでテクニック重視ですね~(*´∀`)

6.Across Forests And Fjordsはブラストビートも交えてアグレッシヴに展開していく、アップテンポ・ナンバー。と、思ってボーカルが入るの待っていたら、インスト・ナンバーでした(^_^;)しかしハデに楽器隊が暴れまわっておりますな♪終盤の泣きのギターソロは逸品です!

7.ReaniManiacはいきなりカオティックなギターリフで爆走します!ボーカルが叫びまくる圧巻の迫力!ド派手なドラミングをバックにひたすら走り続けます。ソロパートはもう最高ですね☆正統派メタル的なフィーリングもある、キラリと光るものがありますな♪

8.Dismantle The Dictatorはカオスなギターサウンドが耳にあまり優しくない(笑)デスラッシュ・ナンバー。なんかボーカルはいかにもデスメタル、いや、ブルデス?にありそうな低音グロウルも披露しています。途中では怒号コーラスも入りますますカオティックな状態に‼狂った感じのキレたギターソロもなかなかいい感じです♪

9.Anthem Of The Betrayedは正統派メタル的なヘヴィリフでアップテンポ気味に進んでいく楽曲ですな。途中からまたも展開を変え、デスメタルちっくなドロドロしたサウンドが。しかしギターソロはあくまでカッコよく‼ギュインとギターをかき鳴らしたあとは小気味良いクランチーなリフで攻め立てます。

10.Leviathan Awaitsはじっくりとミドルテンポで進んでいく、ちょっと地味な感じの曲ですね(汗)ドラムは派手で良いのですが、ギターリフがちょっと大人しめなかんじ?ギターソロは滑らかなメロディを紡いでいて、ここはイイ感じかな~♪

11.The Tragedy Of Modern Agesはなんと7分もある、このバンドにしては珍しい長めな楽曲。ズンズンと行進するようなギターから始まり、リズミカルに進みます。ここからどう展開していくのか!?・・・とワクワクしながら聴いていましたが、なかなか盛り上がるポイントもなく、ちょっとダラけてしまいましたかね。しかしギターソロはちゃっかりとカッコよく弾いていますね(笑)

今作も満足のいく作品でした。しかし、どうにもカッコいい楽曲と捨て曲の落差が激しいというか・・・つまらん曲はかなり聴いててしんどい部分もあったかなぁ~。それでも様々な要素をブチ込んだスラッシュ・ナンバーは文句なくカッコいいし、この為だけに買ったとしても後悔はしません‼アルバム全体で見ると、序盤~中盤はクールなデスラッシュ・ナンバーが良いところに配置されていて、すんなり聴き通せました。ただ終盤はちょっとスピード不足で煮えきらないところもあったかな・・・。

キラー・チューンは「2.Pestilence Reigns」です(*´ω`*)このバンドのオープニング・ナンバーに外れはありませんな。テクニカルに爆走するデスラッシュ的な勢いを持った豪快な楽曲です♪

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Revocation | 18:39 | トラックバック:0 | コメント:0
Revocation / Chaos of Forms

1. Cretin
2. Cradle Robber
3. Harlot
4. Dissolution Ritual
5. Conjuring The Cataclysm
6. No Funeral
7. Fractal Entity
8. Chaos Of Forms
9. The Watchers
10. Beloved Horrifier
11. Dethroned
12. Reprogrammed

90/100

アメリカのテクニカルデス・スラッシュメタルバンド、Revocationの3rdアルバムです!

アルバム遡り中です♪色々なレビューサイト様で高評価を得ている3rdを購入してみました☆その音楽性は、テクニカル・デスどころかメチャクチャな音楽要素をブチ込んだごった煮メタルになっております!こりゃあ物凄いカッコよさですなー(*´∀`)前作以上になんとも形容しがたい、複雑なヘヴィ・メタルです!

1.Cretinはイントロからデスラッシュ風味に爆走、ザクザクとしたクランチーなリフでかっ飛ばします!ドラミングがハデすぎる・・・弾きまくりなギターと合わさって大変なことに‼ボーカルの歌唱もやはりデスメタルっぽくなくて、スラッシュ気味のカッコいい声質をしています。またソロパートもハデハデ。なんかロックンロールみたいなノリの良さがありますな(*´ω`*)

2.Cradle Robberはまたしてもノリノリなリズムで、ザクザクと刻みまくるギターが楽曲をリードしていく爆走チューン!!ソロパートはテクニカルかつメロディアスで高速ソロを楽しむことができます!こりゃあカッコいい!後半のベースプレイに悶絶しました・・・なんてクールなんでしょうか。

3.Harlotは3曲目にしてようやくスピード的には落ち着いた感じ・・・と思いきや、かなり攻撃的なリフでガンガンと押してきます。ストロングなボーカルの歌いっぷりがたまらんです!ギターソロはもう感動もの☆

4.Dissolution Ritualはノリの良さを重視した、スラッシーな勢いとややプログレがかったリフで突き進みます。こちらの曲も最初の方に比べるとスピードは抑え目にして、メロディを聴かせに来ていますね♪静けさもあるテクニカルなソロパートは聴き応え充分。吐き捨てるようなボーカルが特徴的な楽曲ですね。

5.Conjuring The Cataclysmはアコギでスタートし、ゆったりとしたムードで展開するスローテンポ・ナンバー。途中からはドラムが激しくぶっ叩きながらアグレッシヴになりますが、あくまでスローになっていますね。アツいコーラスパートまで入ります。

6.No Funeralはマシンガンのようなドラミングから始まり、ハイ・テンションなギターリフで爆走!!このイカれ具合がたまらんですなー!ハチャメチャに突っ走る爽快感がクセになります♪うねるようなテクニカルなソロパートはもうお決まりですな~。ここまで来るともうほとんどスラッシュ・メタルですね(笑)

7.Fractal Entityはクレイジーな音色の高速ギターが弾きまくる、短いインストです。

8.Chaos Of Formsは迫力満点なボーカルと緩急自在なギターリフで進んでいく、なんとも複雑な楽曲ですね。このあたりはテクデスっぽさが出ている気がします。プログレみたいな要素も感じられ、非常に変態的です(笑)

9.The Watchersはいかにもデスメタルとしたギターリフと、タイトなドラミングでアップテンポに進んでいく楽曲ですな。絞り出すボーカルのシャウトはそこまでデスメタルっぽくはなく、やはりスラッシュ・メタルを思わせますね。終盤はピロピロとしたギターが!

10.Beloved Horrifierは、なんかどこかで聴いたことのあるようなメロディックなギターリフから疾走開始!跳ねるようなリズミックなリフが非常に心地イイです♪ドラミングも相変わらずキレキレなプレイを披露しています。後半はプログレっぽいギターフレーズからピロピロギターによる高速ソロが‼この流れもまた素晴らしい。

11.Dethronedはメロデスみたいな感じのイントロから、スラッシーで切れ味鋭いギターの刻みが楽しめる楽曲。この曲はアルバムの中でもメロディアスな要素の強いものになっていますな‼しかしソロパートは何やら不気味な雰囲気を醸し出す、怪しげなメロディによるギターソロが。うーん、コレも悪くないですな。

12.Reprogrammedはアルバムラストを飾る、重々しくヘヴィなメタル・ナンバー。スピード感はほどほどに、ゴリゴリしたアタック感の強いリフでグルーヴィーに展開していきます。

コレはなんと素晴らしいアルバムでしょうか!?最初に聴いたときは楽曲の情報量の多さに聴き疲れてしまいました。テクニカル・デスに加えてスラッシュ、プログレなど様々な音楽性がブチ込まれており、非常に個性的なサウンドを聴かせてくれます。とにかく一貫しているのはアグレッシヴさでしょうか。勢いを殺さずに多様な音楽性を飲み込み、ひとつの楽曲に仕上げるそのアレンジセンスに脱帽です(;つД`)

どの曲も素晴らしいですが、あえて1曲選ぶとすると「2.Cradle Robber」ですかね~♪カッコよく爆走するテクニカルでスラッシーな疾走チューンです!ギターソロがずば抜けてクールな楽曲ですな♪

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Revocation | 16:16 | トラックバック:0 | コメント:0
Revocation / Revocation

1. The Hive
2. Scattering The Flock
3. Arch Fiend
4. Numbing Agents
5. Fracked
6. The Gift You Gave
7. Invidious
8. Spastic
9. Entombed By Wealth
10. A Visitation
11. Dyers Eve(ボーナストラック)

86/100

アメリカのテクニカルデス・スラッシュメタルバンド、Revocationの4thアルバムです。

今作はバンド名を冠したアルバムということで気合いが感じられますな♪その作品は、テクニカル・デスメタルでありながらスラッシュ・メタルの歯切れの良いノリの良さや、パワーメタル・正統派メタルにも通じるメロディも取り入れた、独自性の高いアルバムとなっています!

1.The Hiveは不気味なSEから始まり、ギターが爆発的なスタートを切るスピード・チューン!相変わらずボーカルがカッコいいなぁ!どちらかと言うとデスメタル的なアグレッション重視のブルータルな楽曲ですな♪ソロパートはゆっくりとスピードを落としてフラッシーにキメています!

2.Scattering The Flockはテクニカルなギターと凄まじいドラミングでミドルテンポに進む楽曲。しかしすぐさま疾走!ストップ&ゴーを繰り返す、一筋縄ではいかない感じがテクデスっぽいなぁ~。ギターソロはほのかに叙情性も感じさせるカッコいいものになっています。

3.Arch Fiendは特徴的なドラミングから始まり、スローにザクザクとギターが刻んでいきます。うーん、今作もスピード感を控えめにしているのかな?なかなか爽快感のあるパートが出てきません・・・。なにやらジメっとしたデスメタルの要素が強く出てきています。後半はアコギなんかも登場します。

4.Numbing Agentsはようやくイントロからかっ飛ばすスピード・チューン!待ってました‼スラッシュ・メタルのジャキジャキしたクールなギターリフとこのスピード感(*´ω`*)たまらん~。スタスタとカッコよく爆走しギターソロもイカれたメロディを奏でています♪あぁー、超カッコいいです!ボーカルも吼えまくり!

5.Frackedはグルーヴィーにザクザクしたリフで押してくるミドルテンポ・ナンバー。スピード感は控えめですが、ノリの良さがあり聴いていてダレることがありません。こういう曲だったら大歓迎です☆そしてギターソロがまたメロウなフィーリングを醸し出していてカッコいいです♪

6.The Gift You Gaveはヘヴィリフでドラマティックにスタート!アップテンポでノリノリなサウンドです♪ストロングなギターに野太いボーカルがマッチして、激しい音の塊がぶつかってくるかのよう!!(;つД`)3分過ぎからの疾走パートが大変美味しい☆そこからギターソロへと繋がる流れもイイね!

7.Invidiousはカオティックに爆走する、デスラッシュ的なアグレッションの高い楽曲ですな!図太いギターリフと、メロディを付けたボーカルの歌唱が決まっています!パワーメタルみたいなコーラスパートが入ってもうメチャクチャですね(笑)ギターソロも高速ソロを披露しテクニカルさを見せつけます!

8.Spasticはイカれたメロディのギターが充分に楽しめるインスト。ここはやはりテクニカルさ重視でギターが駆け回ります。

9.Entombed By Wealthはブラストビートで激しく攻め立てるアグレッシヴなミドルテンポ・ナンバー。ちょっとまた地味な感じになってしまったかな?(^_^;)あんまり聴きどころが見付からなかったな・・・。

10.A Visitationもブラストビートを交えて強力に突き進むミドルテンポの楽曲です。2曲続いて微妙な感じでした(汗)どうにも盛り上がりどころが見付からない~(T0T)残念です。

11.Dyers Eveはボーナストラック。Metallicaのカバーです。やはり原曲は聴いたことがなく・・・スミマセン。ハチャメチャな勢いのあるスラッシュ・メタルナンバーですな。ボーカルも器用に声質を変えて歌っていますね♪

ちょっと微妙な曲がいくつかありましたが、アルバム通して聴いてみれば、やはり一定のクオリティは備えていますね!充分に楽しめるカッコいい曲は有りました。ギターソロの充実度はかなりのもの。特に中盤(4~7曲目)がスピード感があってカッコいいと思いました♪

キラー・チューンは「4.Numbing Agents」ですな!!このノリノリな爆走するデスラッシュ・ナンバーこそRevocation!!速くてテクニカルです☆

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Revocation | 12:24 | トラックバック:0 | コメント:0
Revocation / Deathless

1. A Debt Owed To The Grave
2. Deathless
3. Labyrinth Of Eyes
4. Madness Opus
5. Scorched Earth Policy
6. The Blackest Reaches
7. The Fix
8. United In Helotry
9. Apex
10. Witch Trials

82/100

アメリカのテクニカルデス・スラッシュメタルバンド、Revocationの5thアルバムです。

最新6thアルバム「Great Is Our Sin」がゴリゴリのテクデス+ここぞというところでのメロディアスなギタープレイで個人的にハマってしまい、これまで発売されたアルバムを遡って購入することにしました♪

1.A Debt Owed To The Graveはド派手なドラミングとジャリジャリしたデスメタルなギターリフで始まるスピード・チューンですな!テクニカルさをアピールする複雑なギター、リズムチェンジなどテクデスらしさが表に出ている1曲。しかしフラッシーでメロディアスなギターソロはたまらんものがありますね♪

2.Deathlessもアグレッション重視でメロディはそこそこ。しかしダークな雰囲気を演出するボーカルの歌唱はなかなかのものがありますな♪普通にデスボイスで叫ぶだけでなく、メロディを意識して歌い上げております。ギターソロはやはり独特のフレーズを奏でており、非常に特徴的ですなー。

3.Labyrinth Of Eyesはどんよりとした薄暗いメロディで歌う、ボーカルがメインのミドルテンポ・ナンバー。ギターリフはゴリゴリとしつつも、変化球的なリズムチェンジが印象深いですね~。

4.Madness Opusはどっしりと重厚感のあるイントロからズルズルと這いずるようなギターリフでヘヴィに進んでいくスローテンポ・ナンバー。うーむ、なんだかこのアルバムは大人しい曲が多いかな・・・(^_^;)しかしまだアルバムも半分行ってない!これからだ!

5.Scorched Earth Policyはハイ・テンションなピロピロと弾きまくりなギターサウンドが‼待ってました~!(*´∀`)アグレッシヴでザクザクとした爽快なギターにバキバキ鳴りまくりのベース!こういう曲がやっぱり好きですね~。ギターソロの弾きっぷりといったらもうたまりませぬ!

6.The Blackest Reachesはテクデスらしさを前面に出していますが、ちょっと地味めな楽曲です。さっきの曲が素晴らしすぎただけにちょっと物足りないなぁ~。でも相変わらず弾きまくりなギターソロにブラストビートも加わったパートは結構カッコいいね。

7.The Fixは図太いストロングなギターリフとブラストビートでスピーディに突っ走るデスメタル・ナンバー!ノイジーなギターソロもスピード感があって気に入りました‼(*´ω`*)ちょっと曲の長さは短いけど・・・もっと聴いていたい!

8.United In Helotryは野蛮なボーカルの吐き捨てボイスとブラストビートで重々しく展開するミドルテンポ・ナンバー。途中ではアコギが入りメロウなムードを演出します。そのあとのギターソロパートはやっぱりテクニカルさを重視していますな。

9.Apexは怪しげなギターフレーズからスタート、カッコいいメロディで進んでいく長めのインスト。途中ではアコギでしっとりとした空気を演出するパートもありますね。

10.Witch Trialsは一筋縄ではいかない複雑なリズムで進み、なかなかメロディアスなギターが切り込んできます。ギターソロが長めでハデに弾きまくってアルバムを締め括ります。

うーむ、ちょっと地味めなアルバムだったなぁ(汗)曲単位では気に入った曲はまぁまぁあるんですが、アルバム全体を包み込んでいるシリアスな面が強くなっていますね。あんまりハッチャけてなくて、大人しめというか、控え目な楽曲が多かったです。そんな中でも「5.Scorched Earth Policy」はかなりの良曲♪とにかく何も考えずヘドバンできるストレートでスピード感満点な楽曲です♪

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Revocation | 19:10 | トラックバック:0 | コメント:0
Revocation / Great Is Our Sin

1. Arbiters Of The Apocalypse
2. Theatre Of Horror
3. Monolithic Ignorance
4. Crumbling Imperium
5. Communion
6. The Exaltation
7. Profanum Vulgus
8. Copernican Heresy
9. Only The Spineless Survive
10. Cleaving Giants Of Ice
11. Altar of Sacrifice

87/100

アメリカのテクニカルデス・スラッシュメタルバンド、Revocationの6thアルバムです。

何となく名前は聞いたことのあるバントですが、購入するのはこれが初めてです。良いバンドは居ないものかとたまたまネットで「5.Communion」を試聴してみたところ、意外とメロディックな要素も感じられ、これは試しに買ってみる価値があるな!となかば衝動的に購入しました。最近はAmazonばかりで買い物してる気がします・・・(汗)

このアルバムは仄かにメロい部分もありつつ、基本はゴリゴリと押しまくる爽快感を兼ね備えた、高品質なテクニカルデス・サウンドとなっております!これは個人的にかなり気に入ってしまいました~(*´∀`)楽曲がだいたい4分台でコンパクトにまとめられているのもイイですな。

ちなみに11曲目はボーナストラックでSlayerのカバーだそうです。お恥ずかしながら、原曲は聴いたことがありません・・・(T0T)

1.Arbiters Of The Apocalypseは初っぱなからゴリゴリのギターリフで疾走しており、コレは1曲目からイイ感じだなぁ~♪と思いましたが、ボーカルがなかなか個性的。デスボイス、というよりはしゃがれた声をしており、メロディをつけて歌い上げたりなんかしてかなりビックリ!でもこれまた悪くない、好みのタイプです!ギターの方はソロパートでもテクニカルに弾き倒しており、掴みとしてはOKですな~。

2.Theatre Of Horrorはカンカンと金属音が鳴り響き、凄まじいドラミングとともに激しく突っ走る楽曲。メロディ要素はそこそこに、アグレッシヴで押せ押せなタイプのナンバー。しかしギターソロがかなりメロい!!北欧メロデスのクサさとはまた違った、モダンな印象の強いメロディで彩られています。

3.Monolithic Ignoranceはピーンと張り詰めた空気感がたまらないハードなスピード・チューン。歌うことを意識したボーカルの歌唱がここでも光っていますね♪呪詛的な怪しい歌唱なんかも披露したりして、アレンジの幅広さをアピールしてますな。そこでまたクールなギターソロの登場ですよ!!この流れはたまりません!

4.Crumbling Imperiumは不気味な印象のあるミドルテンポ・ナンバー。細かく刻んでいくギターに手数の多いドラミングと、いかにもテクデスっぽい感じがしますね。激しく唸るボーカルが素敵☆

5.Communionはネットで試聴して気に入った楽曲。メロいイントロからデスラッシュばりに爆走!!コレだよコレだ!このブチかます爽快感が気に入ったんですよ~♪ソロパートもこうして聴くとピロピロと弾きまくりでテクニカルなプレイを思い切り見せてくれます。ドラムの叩きまくり具合もド迫力で最高だー(*´ω`*)

6.The Exaltationは3分半ほどのインスト。ギターのハデハデなプレイに悶絶!前半はメロディックな印象があり、後半はテクニック重視な感じの充実感たっぷりなインストです。

7.Profanum Vulgusは不穏なムードを漂わせるギターリフに始まり、珍しくスローテンポかな?と思わせておいてスタスタと軽快に疾走を始めます。そこからスムーズに滑らかなタッチのギターソロへ繋ぎ、再びアグレッシヴに攻め立てます。ギアを入れて爆走パートに移る辺りのカタルシスがたまらん~!(;つД`)

8.Copernican Heresyはギャンギャン唸りまくるギターリフがカッコ良すぎるアップテンポ・ナンバー!押し引きの激しいドラミングが縦横無尽に暴れまわります!ギターソロも負けじとテクニカルな弾きっぷり☆かと思ったら突然曲が終わってしまった・・・ちょっと唐突?(^_^;)

9.Only The Spineless Surviveは重戦車のように押し潰すようなリフが中心のミドルテンポ・ナンバー。後半になるとボーカルの叫びとともにややスピードアップ。しかし基本的にはヘヴィな楽曲に仕上がっていますなー。

10.Cleaving Giants Of Iceは妖しさプンプンのメロディから始まり、ゆっくりとギターがリードしていきます。スピードはあまり無く、本編ラストは大人しめな楽曲でシメ。しかしギターソロの泣きっぷりはかなりのものです。

11.Altar of SacrificeはSlayerの名曲のカバー!・・・スイマセン知りませんでした(汗)本編では見せなかったストレートなスピード感は堪らないものがありますな♪イカれたギターソロもカッコいい!

偶然でしょうけれども、奇数ナンバーの楽曲がスゴく気に入りました☆(8曲目を除く。この曲は素晴らしい出来栄え!)

ゴリッゴリのメタリックなギターリフを中心に楽曲が組み立てられ、そこへ激しいドラミングが駆け回り、ボーカルの存在感もかなりのモノがあります。最初に思っていたほどメロい感じではありませんでしたが、それでもクールなテクデスをプレイしておりますね♪私みたいなメロディ重視な人間でも楽しく聴き通すことが出来て良かったです(*´ω`*)

キラー・チューンはやはり「5.Communion」!!メロディック・デスラッシュ・・・とまでは行かないまでも、このメロさと爽快感はやはりアルバム1番です♪

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Revocation | 18:43 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR