音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

ARSIS / We Are the Nightmare

1. We Are the Nightmare
2. Shattering the Spell
3. Sightless Wisdom
4. Servants to the Night
5. Failing Winds of Hopeless Greed
6. Overthrown
7. Progressive Entrapment
8. A Fest for the Liar's Tongue
9. My Oath to Madness
10. Failure's Conquest

85/100

テクニカル/メロディックデスメタルバンド、ARSISの3rdアルバムです!

4thアルバムでは、わりとストレートな曲調で、テクニカル・デスながら分かりやすくキャッチーとも言えるメロディがカッコいい良盤でした。今作はどんなメロディを聴かせてくれるのか!?かなり楽しみです♪


1.We Are the Nightmareはアコギによる和やかなメロディからドラムの連打が入り、ボーカルがギャウギャウと喚き散らします。アップテンポで進み、ネオクラシカルなギターの弾きっぷりは見事ですな!しかしドラムの音がパタパタして、あんまり迫力がないな・・・(汗)

2.Shattering the Spellはテクデスっぽさが強いスピード・チューン。ドラミングはバカスカ叩きまくりで、そこへメロディアスなギターが挿入されます!

3.Sightless Wisdomは初っぱなからメロディックなギターがカッコいい!ドラミングはブラストビートもまじえてアグレッシヴに突き進みます。デスメタルらしさが強く出ていますねぇ~。

4.Servants to the Nightはピロピロと弾きまくりなギターとブラストビートでスタート、リズミカルに展開していきます。正統派メタルな雰囲気のあるギタープレイはこの頃から健在ですね!

5.Failing Winds of Hopeless Greedはこちらもイントロからド派手に弾きまくりなギターに激しいブラストビートが連発されます。しかしこの曲はちょっと地味かなぁ。同じ曲調が続いています(汗)

6.Overthrownはズカズカとアグレッシヴに攻め立てるスピード・チューン。この曲のギターメロディはたまらんですな!ネオクラシカルなメロディにノックアウトですわ~☆

7.Progressive Entrapmentは前曲から引き続いて始まるパワフルなスピード・チューン。ハイテンションにギターが弾きまくりで、巧みにリズムチェンジをしつつ進みます。

8.A Fest for the Liar's Tongueは激しく吐き捨てるボーカルに対比するように美しいメロディが奏でられます。しかし他の曲との差別化はやはり難しいですな・・・(汗)

9.My Oath to Madnessはなかなかキャッチーなギターでスタートするメロディックなナンバー。ストップ&ゴーを繰り返す曲調になっています。うねるようなギタープレイがカッコいい!

10.Failure's Conquestは静かなギターの演奏から始まり、だんだんと盛り上がりを見せるアップテンポ・ナンバー。長いイントロだなしかし!(笑)曲の長さはこのバンドには珍しく5分台になっています。

キラー・チューンは「4.Servants to the Night」ですな。なんかどれも似たような感じの曲が多いですが、インパクトのある1曲があると嬉しいですね!

スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| ARSIS | 18:42 | トラックバック:0 | コメント:0
ARSIS / Starve For The Devil

1. Forced To Rock
2. A March For The Sick
3. From Soulless To Shattered (Art In Dying)
4. Beyond Forlorn
5. The Ten Of Swords
6. Closer To Cold
7. Sick Perfection
8. Half Past Corpse O'Clock
9. Escape Artist
10. Sable Rising

87/100

テクニカル/メロディックデスメタルバンド、ARSISの4thアルバムです!

1.Forced To Rockはスタスタと軽快に走るドラムにハードロック的なメロディが加わるスピード・チューン!相変わらず流麗なギタープレイは素晴らしく、とても弾きまくりです。

2.A March For The Sickはテクニカルで迫り来るような緊迫感のある楽曲ですね!アップテンポで、ヘドバンを誘うリズムがイイですなぁ~☆この曲でもピロピロとギターが派手に切り込んできます。

3.From Soulless To Shattered (Art In Dying)はじっくりと展開するミドルテンポ・ナンバー・・・と思いきや、イントロが終わると疾走開始!手数の多いドラミングと正統派メタルなメロディをコレでもかと弾きまくるギター!最高です!

4.Beyond Forlornは重戦車のようなヘヴィなイントロから泣き泣きなメロディを奏でるギターが美味しいアップテンポ・ナンバー。ネオクラっぽいカッコいいギタープレイが楽しめますな。

5.The Ten Of Swordsはデスメタル然としたアグレッシヴな勢いのあるスピード・チューンです。これは素晴らしいですな!!メロウなギターがバシバシとブチ込まれてきます!他の曲と比較しても際立ってネオクラシカルな感じがします。

6.Closer To Coldはズカズカと爆走するアグレッションのある楽曲ですね。この曲でもメロディアスなギターが目立っています!後半は何やら怪しげなソロパートがありますね。

7.Sick Perfectionはリズミカルにギターが刻んでいくスピード・チューン。デスメタルらしさもしっかりとありながら、正統派メタルっぽさも兼ね備えた良曲ですな!後半のメロディックに疾走するギターが特にカッコいい!!

8.Half Past Corpse O'Clockはテクニカルデスらしい、こねくりまわすようなドラミングでスタートし、テンションの高めな楽曲ですね。後半はちょっとスピードを落としてギターソロへ!

9.Escape Artistは前のめりなリズムで突き進んでいくスピード感のある楽曲。パワーメタル的なメロディでグイグイと引っ張っていきますな♪この曲もカッコいいなぁ~。

10.Sable Risingは叩き付けるようなタイトなドラミングから景気よくかっ飛ばすスピード・チューン。この曲もしっかりとメロディアスなギターが盛り込まれています!

このアルバムも非常に高品質ですな!5thアルバムと比べると、こちらの方がストレートな作風になっており、メロディもキャッチーで分かりやすさがあります。弾きまくりなギタープレイは相変わらず流石です。テクニカルだけど良いメロディのおかげでとても聴きやすいですな♪あ、ボーカルには全然触れてませんが、まぁそこまで特筆することもないかなぁ、といった感じです(汗)ギターがメインなので、ボーカルはこんな感じで良いのかもしれません。

キラー・チューンは「5.The Ten Of Swords」ですね。流れるようなギタープレイが盛りだくさんの、メチャクチャハイテンションなナンバーです!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| ARSIS | 12:02 | トラックバック:0 | コメント:0
ARSIS / Unwelcome


1. Unwelcome
2. Carve My Cross
3. Handbook For The Recently Deceased
4. Choking On Sand
5. Let Me Be The One
6. Sunglasses At Night (Corey Hart Cover)
7. Martyred Or Mourning
8. No One Lies To The Dead
9. I Share In Shame
10. Scornstar

11. The Face Of My Innocence [2013 Version]
12. Haunted, Fragile, And Frozen
13. Six Coffins Wide
14. Veil Of Mourning Black
15. A Tearful Haunt, Condemned
16. Carve My Cross
17. Denied

86/100

テクニカル/メロディックデスメタルバンド、ARSISの5thアルバムです!

これは聴くのは初めてのバンドです。名前は聞いたことがある程度ですが、他のレビューサイト様ではなかなかの高評価で、これを機会に最新アルバムを購入しました!ボーナスでEPも収録されており、ボリュームは満点ですな!

1.Unwelcomeはカラッと乾いたギターからスタートするスピード・チューン!ボーカルはギャウギャウ喚き散らすタイプですね。なかなか悪くありません。メロディックなギターもそこそこに、テクニカルに突き進みます。

2.Carve My Crossはボーカルのシャウトからスタート、ドラムもブラストビートを駆使しアグレッシヴであります。ここでなかなかにメロディアスなリードギターが登場!ピロピロと弾きまくっています。ヘヴィな中にもメロディがありますね。

3.Handbook For The Recently Deceasedはテクニカルにギターが弾きまくりで、ハッとするような美しいメロディをぶちこんできます!その後はまたもブラストビートで強烈に進みます。

4.Choking On Sandはドラマティックなギターによるイントロから激しく疾走、かっ飛ばしていきます!途中ではスローなテンポになり、流麗なギターソロが入りますな♪

5.Let Me Be The Oneはタイトなドラミングからスラッシーに飛ばしていくスピード・チューン。これはカッコいいですな!テクニカルに弾きまくるギターが圧巻です。メロディアスでもあり、楽曲全体のバランスが取れています。

6.Sunglasses At Night (Corey Hart Cover)はカバー曲のようです。原曲を聴いた事がないと言うか、アーティスト名も初めて聴きましたが(汗)他の曲から浮いていると言うことはなく、アルバムの雰囲気に溶け込んでいますね。

7.Martyred Or Mourningは手数の多いドラミングでスタートするアップテンポ・ナンバーです!途中から疾走を始めますが、これがまた爽快です♪後半は再びテンポを落とし、キメのギターソロが!カッコいい~☆

8.No One Lies To The Deadはイントロからマシーナリーな雰囲気があり、ゴリゴリとしたギターリフで爆走します!メロデス風のリフがとても気に入りました。ソロパートもメロディックに弾きまくり!

9.I Share In Shameはいきなりカッコいいメロディで爆走するスピード・チューン。テクニカルですがキャッチーとも呼べるようなリフがたまりませんな!この曲もかなりお気に入りです♪ピロピロと弾きまくりなギターソロもキッチリ弾いています。

10.Scornstarはアルバム本編ラストの曲。The Black Dahlia Murderみたいな単音リフで邪悪に突っ走るメロデス・ナンバー。しかし曲全体で見ると少し地味かなぁ。

11.The Face Of My Innocence [2013 Version]は過去作品のリテイクバージョン。元の曲を知らないのでなんとも言えませんが、スピード感は割りと抑えめで、ヘヴィな楽曲ですね。しかしメロディアスな旋律が奏でられ、なかなか気に入りました!アルバムの中では長めの曲ですね。

以下は過去のEP「Lepers Caress」が収録されています。太っ腹!

12.Haunted, Fragile, And Frozenは不気味なメロディを奏でるインスト。ウネウネとギターが弾きまくりです。

13.Six Coffins Wideは前曲から続いて始まるスピード・チューン。ブラストビートでアグレッシヴに展開していきます。ブラックメタル的な雰囲気もありますが、メロディアスなギターソロはたまらないものがありますな♪

14.Veil Of Mourning Blackはストロングなギターリフでカッコ良くスタートするスピード・チューン!リズムチェンジを巧みに使い、飽きさせない工夫がされていますね。メロディックなギターと迫力のあるドラミングが最高です!

15.A Tearful Haunt, Condemnedはテンポはやや抑えめに、ギタープレイで聴かせに来ます。しかし途中からやはり疾走!甘過ぎない適度なメロディを盛り込んでいますね。

16.Carve My Crossはアルバム本編にも収録。ボーカルの主張がかなり目立っています。ギターとドラムも相変わらずで、リードギターはメロディアスなプレイを聴かせてくれます。

17.Deniedは激しいドラミングでスタートするスピード・チューン!矢継ぎ早に繰り出されるリードギターの旋律がたまらんですな。

アルバム、そしてボーナスEP通してあっという間に聴き終えてしまいました。各楽曲がだいたい3分台~4分とコンパクトにまとめられているので、聴き疲れはしませんでしたね。しかしメロディのクオリティはもう少し欲しかったかなぁ~。決してカッコ悪いわけではないんですが、パッとしないメロディがちらほら・・・。またどの曲でも疾走しているので、アルバムが金太郎飴状態になってしまっていますね。まぁテンション高めの楽曲ばかりなので、あまり気にはなりませんでした。

また、コレ!といったキラー・チューンが無いのも残念なところです。曲の差別化が課題になるのではないでしょうか。

・・・などと言いつつ、意外と気に入ってしまいました(笑)ところどころで繰り出されるリードギターの美しさにハマると、なかなか抜け出せませんね。これは過去作品も聴いてみたくなりました♪早速購入したいと思います!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| ARSIS | 20:07 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR