音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

Temperance / The Earth Embraces Us All

1. A Thousand Places
2. At The Edge Of Space
3. Unspoken Words
4. Empty Lines
5. Maschere
6. Haze
7. Fragments Of Life
8. Revolution
9. Advice From A Caterpillar
10. Change The Rhyme
11. The Restless Ride

84/100

モダン・メロディック・パワーメタルバンド、Temperanceの3rdアルバムです。

AmazonのMP3で購入しました♪どうやらこのアルバムで日本盤デビューしたそうな。前作の出来栄えからすれば当然かもしれませんね!デジタルなアレンジとキャッチーな女性ボーカル&アグレッシヴな男性ボーカルの組み合わせはAmarantheを彷彿とさせますが、やや路線変更しつつあるあちらよりも気に入る方も多いのでは!?

さてさて、今作の出来栄えは・・・だいたいは予想通り、と言ったところでしょうか。

1. A Thousand Placesはなにやらエスニックな?変わったメロディでじっくりとスタート、女性ボーカルが入るとともにスピードアップ!男性ボーカルのデスボイスも顔を出し、相変わらずのクオリティの高さを見せつけます♪キュートな女性ボーカルの歌唱が特に気に入りました。1曲目から長めな楽曲。中盤ではクワイアも入りシンフォニックなアレンジも。

2. At The Edge Of Spaceは逞しい掛け声からヘヴィネスたっぷりなギターリフで突き進んでいくスピード・チューン!女性ボーカル中心で展開していきます。ソロパートもなかなか聴きごたえがありますな。男性ボーカルの情熱のこもった歌唱が良いかんじ!!

3. Unspoken Wordsは特徴的な音色から始まり、流れるようなピアノの音色にのせて男性ボーカルのクリーンな歌唱が耳を引くアップテンポ・ナンバーですね♪

4. Empty Linesはキーボードとヘヴィリフでカッコよく始まる、デジタルなエフェクトの強めなアップテンポ・ナンバー。男女のボーカルの掛け合いがかなりクール!ピロピロキラキラしたキーボードのプレイも目立ちまくりですね~(*´ω`*)

5. Maschereはブヨブヨしたキーボードからスタート、静けさのある楽曲で女性ボーカルがしっとりと歌い上げます。だんだんとスピードを上げていき、キャッチーなサビへと流れ込みます。

6. Hazeはヘヴィネスある重厚なイントロからシリアスな雰囲気を醸し出しています。女性ボーカルをメインに据えて、早口な歌い方がまたキャッチーでたまりませんな!

7. Fragments Of Lifeはゆったりとしたバラード調の楽曲。男性ボーカルから女性ボーカルへとバトンタッチ、壮大なサビメロへと繋がっていきます!

8. Revolutionはピリピリとした雰囲気に包まれたパワーのある楽曲で、オペラティックな女声が入りリズミカルに進んでいきます。アグレッシヴな男性ボーカルの叫びもカッコいい!

9. Advice From A Caterpillarはキラキラしたキーボードが一層耳を引く、アップテンポ・ナンバー。ズンズンと響くドラミングに加えて爽やかなメロディの女性ボーカルの歌唱が良いですなぁ。実に癒されます。

10. Change The Rhymeはアコギとピアノでしっとりと進んでいくバラード・ナンバー。感情のこもったボーカルの歌唱が目立っています。

11. The Restless Rideはだんだんとシンフォニックなサウンドがフェードイン、12分もある大曲です!ゴシカルなピアノから始まり、そのあとはスピードを上げていき、女性ボーカルが歌い上げます。しばらくは女性ボーカルパートが続いたあとは男性ボーカルのパートへ!アグレッシヴなパワフルボイスで強力に歌っていますな~☆その後は笛とピアノの音色による演奏から、ストロングなギターリフで突き進んでいきます。ラストは再び女性ボーカルの歌唱にシフトし、ピアノによるアウトロで終わりを迎えます。

アルバムのラストに大曲を配置している以外は、基本的に前作を踏襲したキャッチーでモダンなアルバムになっていると思います。ただメロディの煽情度では前作の方がわずかですが上回っていた気もf(^_^;楽曲のコンパクトさやスピード感で言っても前作の方が聴きやすかったというのもありますかね・・・。

でも決してクオリティがガタ落ちしてしまったというわけではなく、好みの問題もあるかもしれませんな~(;つД`)個人的には前作が気に入っています。これからも変に路線を変えずに、キャッチーでメロディアスなメタルをプレイしていって欲しいですね♪
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Temperance | 11:40 | トラックバック:0 | コメント:0
Temperance / Limitless
Temperance / Limitless

1. Oblivion
2. Amber & Fire
3. Save Me
4. Stay
5. Mr. White
6. Here & Now
7. Omega Point
8. Me, Myself & I
9. Side by Side
10. Goodbye
11. Burning
12. Get a Life
13. Limitless

84/100

モダン・メロディック・パワーメタルバンド、Temperanceの2ndアルバムです。

1stアルバムは聴いたことが無く、聴くのはこれが初めて。女性ボーカルがメインで、キーボードによるアレンジもキラキラとしていて良い感じ。デジタルな雰囲気もあり、コレは日本でも人気が出るのでは?メロディもなかなかキャッチーで好印象ですな!

1.Oblivionは神聖なコーラスから始まるドキドキなスタート。その後はウネウネしたキーボードが入り、ヘヴィなギターが!ややハスキーな女性ボーカルメインで進む、ミドルテンポ・ナンバー。サビメロはなかなかフックのあるメロディでクセになりますね~!オペラティックな歌唱も披露しております。

2.Amber & Fireはキラキラしたシンセで小気味良く進むアップテンポ・ナンバー。女性ボーカルが優しげに歌い上げます。バックで鳴っているキーボードの音色がなかなかクサいですね~。哀愁を誘うメロディも良い感じ。ここへ来てギターの弾きっぷりがカッコいい!

3.Save Meはスピード感のあるデジタルなイントロから力強くストレートに突っ走る、パワフルなナンバー。ヘドバン必至なズンズンとしたリズムが素晴らしい!サビメロの「Save Me~♪」がとても爽やか!男性ボーカルによるスクリームも入り、盛り上がります!この曲は特に気に入りました☆

4.Stayはバラード調の穏やかなナンバー。綺麗なメロディに彩られたとてもキャッチーな楽曲です。しかしギターはなかなかヘヴィで聴きごたえがありますな。男性ボーカルのスクリームも入り、後半は盛り上がりを見せます!

5.Mr. Whiteはミドルテンポでどっしりと展開していく楽曲。ドラミングが迫力があってカッコいいですね。比較的ヘヴィな部類に入る、ゴリゴリとしたヘヴィ・チューンです。浮遊感のあるサビメロがたまらんですな!

6.Here & Nowはきらびやかなキーボードの音色から始まり、ハードなギターが目立っているアグレッシヴな楽曲ですね。ダンサブルなリズムでノリノリです☆空を駆けるような爽快なギターソロがメチャクチャカッコいい!

7.Omega Pointはシンフォニックな音色が印象的なミドルテンポ・ナンバーです。この曲は男性ボーカルもなかなか目立っています。ツインボーカルを活かした楽曲。

8.Me, Myself & IはモロAmarantheなイントロから、ゴリゴリとしたギターリフで進んでいくアップテンポ・ナンバー。スピード感のあるサビメロが最高です~!こういう楽曲をもっと聴かせて欲しい!ピロピロと弾きまくりなギターソロもイイね~。

9.Side by Sideはドラマティックなイントロから特徴的なメロディで進むミドル~アップテンポ・ナンバー。明るくポップなメロディがとてもキャッチーですね。男性ボーカルによるスクリームもちょっと顔を出します。

10.Goodbyeは泣きのギターによるイントロが素晴らしいアップテンポ・ナンバーですな。男性ボーカルがつぶやくように歌い上げます。アコギで叙情的なメロディを奏で、力強いサビへと繋がります。ギターソロの泣きっぷりがたまらん!

11.Burningはブヨブヨしたキーボードからかなりヘヴィなギターリフが入り、派手に進んでいくアップテンポ・ナンバー。サビメロは空が開けるような解放感に溢れるメロディが。この曲も良いなぁ~♪デジタルなキーボードによるアレンジもイイ!

12.Get a Lifeは哀しげなピアノによるイントロからカッコいいギターに繋がる、もう反則的な展開(笑)。スピード感のある歌唱が素晴らしい!なんか一瞬ですが和楽器みたいな音色が入った気が…(汗)

13.Limitlessは男性ボーカルと女性ボーカルで見事にハモるアップテンポ・ナンバー。まぁメインは女性ボーカルですが…(汗)この曲も爽快感があって良いですね~♪

アルバム後半に良曲が集中している印象を受けました。やっぱりスピード感のある楽曲が好みなので、そういった曲がある終盤はテンションが上がりますね!女性ボーカルも充分に上手く、キーボードによるアレンジも実に効果的です。Amarantheとかが好きな方にはオススメ出来るのではないでしょうか。

キラーチューンは、「8.Me, Myself & I」ですかね!Amaranthe的な楽曲ですが、とても魅力に溢れているナンバーです。他にも良曲がいくつかあり、これは国内盤デビュー出来るのでは!?と思いました☆

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Temperance | 19:01 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR