音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

Naglfar / Teras
Naglfar / Teras

1. Teras
2. Pale Horse
3. III Death Dimension Phantasma
4. The Monolith
5. An Extension Of His Arm And Will
6. Bring Out Your Dead
7. Come, Perdition
8. Invoc(H)ate
9. The Dying Flame Of Existence
10. Tired Bone(日本盤ボーナストラック)
11. As Long As They Fear(日本盤ボーナストラック)

86/100

メロディック・ブラックメタルバンド、Naglfarの6thアルバムです。

4thアルバム「Pariah」は、かなりメロいギターにアグレッシヴなドラミングで爆走する、個人的に大ヒットな作品でした☆しかしその次のアルバム「Harvest」ではスロー・テンポな楽曲が目立ち、ちょっと消化不良に…(汗)今作ではどのようなアルバムに仕上がっているのでしょうか!?お願いだから爆走してくれー!

1.Terasはドゥーミーで陰鬱なメロディでゆったりと進むミドルテンポ・ナンバー。奥底から響くようなデスボイスを中心に据えて、どっしりと展開していきます。やや短めな一曲です。

2.Pale Horseはブラストビートとボーカルの絶叫でスタートする爆走ナンバー!ドラミングがメチャクチャ強烈!メロディ要素もなかなかあり、気に入りましたね。しかし途中からテンポを落として、邪悪さを振り撒きながらボーカルが歌い上げます。

3.III Death Dimension Phantasmaは暗黒系のメロディで始まる、こちらもアグレッシヴなスピード・ナンバー。メロディックなギターリフがかなり良い感じ。例によって途中でスピードを落としますが、この曲ではそんなに気にならなかったです。スムーズに弾いているソロパートも入りますね。

4.The Monolithはダークなメロディがだんだんとフェードインしてくるヘヴィネスたっぷりなスロー・ナンバー。やっぱり疾走曲が聴きたいですなぁ…(汗)しかしこの曲はメロディもまぁまぁで、良くできた曲だと思います。

5.An Extension Of His Arm And Willはストロングなギターリフとテクニカルなドラムで爆走していく楽曲ですが、スピード感はそこまで感じられず…。ギターソロは珍しくメロディアスにピロピロと弾いています。ボーカルの迫力はなかなかのものがありますな~。

6.Bring Out Your Deadはブリブリしたベースも目立つグルーヴィーなイントロから始まり、アップテンポに進んでいく楽曲です。なんかこう、爽快にかっ飛ばす曲が聴きたいところですな…!叙情的なメロディも悪くないのですが、スピード感に飢えてしまいます。

7.Come, Perditionはまさにブラックメタル的なギターリフで始まり、アグレッションのあるドラミングで突っ走るスピード・チューン!どこかノリの良いテンポになるのは、以前のアルバムでも見られましたね。コレはカッコいい!スピード感もあり、純粋に楽しめる一曲でした。後半はダイナミズム溢れる壮大な展開へ。

8.Invoc(H)ateはアルバムで1番アグレッシヴで暴風雨のようなギターフレーズがカッコいいスピード・チューンです!ブラストビートを駆使し激しくかっ飛ばします!…が、やはりこの曲もスローパートがあり、ストレートに疾走…というわけにはいかんようですな(汗)

9.The Dying Flame Of Existenceはイントロから泣き泣きなギターフレーズが飛び出し、ドラマティックに進んでいくミドルテンポ・ナンバー。疾走はしませんが、なかなか邪悪なメロディがカッコ良くて、まぁまぁ気に入りました。

10.Tired Boneは日本盤ボーナストラック。妖しさ満点の不気味なイントロから、ボーカルの叫びが入りギターはゆっくりとメロディを奏でるスロー・ナンバー。

11.As Long As They Fearも日本盤ボーナストラック。嵐のようなギターと強力なボーカルの叫びから始まるアグレッシヴ・ナンバー。スラッシュ・ビートでかっ飛ばします!ボーナストラックなのに素晴らしい!(笑)コレですよ、このスピード感を求めていたんです!後半はやっぱりテンポを落としますが、やっぱりカッコいいですなー!

うーむ、やはり「Pariah」の頃のようなのは望んではいけなかったか…。どの曲にもだいたいスローなパートが盛り込まれており、ストレートに爆走する楽曲はありませんでした。まぁそれでも充分にカッコいいブラックメタルをプレイしていますが…。メロディのクオリティも以前と比べると落ちてしまうかな~。でも一般的なレベルはしっかりクリアしていると思います。

キラーチューンは、「7.Come, Perdition」でしょうかね。ヘドバンを誘うノリノリなリズムがカッコいい一曲です!こういう曲をもっと聴きたかったかなぁ…。
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Naglfar | 15:55 | トラックバック:0 | コメント:0
Naglfar / Harvest
Naglfar / Harvest

1. Into the Black
2. Breathe Through Me
3. The Mirrors of My Soul
4. Odium Generis Humani
5. The Darkest Road
6. Way of the Rope
7. Plutonium Reveries
8. Feeding Moloch
9. Harvest

85/100

メロディック・ブラックメタルバンド、Naglfarの5thアルバムです。

1.Into the Blackはドッシリとした、妖しさも感じさせるイントロからブラストビートで重々しくスタート!1曲目にしてはスピード感は抑え目で、ドス黒いメロディを奏でていきます。緩急を付けた曲展開ですが、基本的にミドルテンポで進みます。

2.Breathe Through Meは待ってました!激走ナンバーです!!ボーカルの絶叫とブラストビートが炸裂、アグレッションたっぷりに突っ走ります。ギュィンと唸るギターフレーズもいい感じ。しかし前作の疾走ナンバーと比べるとちょっとメロディの質が落ちるかな・・・?

3.The Mirrors of My Soulはメロディックなギターリフによるアップテンポ・ナンバー。ボーカルも多様な歌い方を披露し、様々なデスボイスで絶叫します。テンポ良く進む、リズミカルな楽曲ですね。タメの効いたドラミングがカッコいい!

4.Odium Generis Humaniは強力なギターリフで始まり、ブラストビートで爆走するスピード・チューン!吹き荒れるブリザードのようなアグレッションですな!特にドラミングがド派手です!!途中からはスローテンポになり、じっくりとメロディを聴かせに来ます。暗黒系のギターソロが挿入され、最後はシンフォニックなアウトロですね。

5.The Darkest Roadはザクザクとしたギターリフとちょっと間の抜けたボーカルのシャウトからスタートする、アップテンポ・ナンバー。悲哀に満ちたメロディで進んでいくダークな一曲ですね。

6.Way of the Ropeはハードなギターとタイトなドラムで始まる、こちらもブラストビート全開の楽曲。意外とメロディックなギターが登場し、ボーカルもカッコいいデスボイスで激しく歌い上げます。ドッシリとヘヴィに進んでいくミドル~アップテンポ・ナンバー。

7.Plutonium Reveriesは怪しさ満点のメロディからスラッシュ・ビートで始まる勢いのある楽曲。コレはかなりカッコイイぞ!噛み付かんばかりのデスボイスに激烈なブラストビート!あとはもうちょっとメロディがあればなぁ・・・。 スタスタと疾走する場面は純粋にカッコいいです。

8.Feeding Molochはどんよりとしたスローな暗いメロディから始まり、ブラストビートでいきなり爆走!!アグレッシヴでドカドカ叩きまくるドラミングがとてもクール!ギターリフも図太く強烈なインパクトがあります。刻みまくりで素敵ですなー!後半にはメロディアスなギターソロが入ります。このソロが実に良い!

9.Harvestは7分超とちょっと長めな楽曲。なにやら神聖なコーラスからデスボイスが入り、じっくりとしたテンポで進んでいきます。哀愁を漂わせるようなメロディが特徴的ですな。最後だから爆走しておしまいにして欲しかったな~。後半は暖かみのあるアコギが入り、再びコーラスが入ります。ピアノも入ってとても悲し気な雰囲気で曲は終わります。

うーん・・・悪くない!決して悪くないんですが・・・・。前作と比べると、明らかにメロディ要素が薄れています。そして曲展開についても、ストレートに爆走してくれる楽曲が少ない気がしました・・・。これはちょっと残念な点ですね。それでも一定以上のクオリティは備えているのですから、文句はありませんが。なんかキラーチューンが欲しかったなぁ・・・と思わせるような、あと一歩な感じの出来栄えでした(汗)

そんなわけで、キラーチューンが・・・無いな(汗)各曲が平均してまぁまぁなレベルなので、選ぶのが難しいですね。「8.Feeding Moloch」なんかは中でも気に入った方ですかね。次作に期待です♪

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Naglfar | 18:50 | トラックバック:0 | コメント:0
Naglfar / Pariah
Naglfar / Pariah


1. Proclamation
2. A Swarm Of Plagues
3. Spoken Words Of Venom
4. The Murder Manifesto
5. Revelations Carved In Flesh
6. None Shall Be Spared
7. And The World Shall Be Your Grave
8. The Perpetual Horrors
9. Carnal Scorn & Spiritual Malice
10. The Calling Blaze(ボーナストラック)

90/100

メロディック・ブラックメタルバンド、Naglfarの4thアルバムです。

1.Proclamationはノイズと唸り声がどんどん入ってくるイントロ。

2.A Swarm Of Plaguesは吹雪が吹きすさぶような冷たいメロディによるギターがカッコ良すぎる爆走チューン!デスボイスは吐き捨て型で迫力があり、かなり気に入りました☆ブラストビートも激しく、カッチリとしたドラミングを聴かせてくれます。最後の方はピアノが入ってボーカルの絶叫が。いかにもブラックメタルといった感じです。

3.Spoken Words Of Venomは前曲から切れ目無くスタート、スタスタとビートを刻む激しいドラムに、まさにメロブラといった感じのギターが主張する疾走曲!その悲哀に満ちたメロディは、荒涼とした大地が思い浮かべられるようです…!

4.The Murder Manifestoはアップテンポでスタート、邪悪な雰囲気たっぷりのメロディで進んでいきます。この曲は勢いよりもメロディ重視のようですな。呪詛的なつぶやくボーカルなんかも入ってきてますます暗い感じに。繰り返されるギターリフがインパクト大ですな~。

5.Revelations Carved In Fleshはストロングなギターと手数の多いテクニカルなドラミングで始まる、超カッコいいイントロ!ブラストビートに乗っかる噛み付かんばかりのボーカルと哀愁を帯びたメロディがたまりません!最後までデスラッシュ気味に突っ走ってくれます。

6.None Shall Be Sparedは叙情的なピアノが入り、スローに進むかな?と思わせてボーカルの叫びとともにブラストビートが!この展開は意外でした。でも爆走するわけでもなく、ミドル~アップテンポで進んでいく楽曲です。テンポをよく変えて行きますねー。

7.And The World Shall Be Your Graveは押し潰すかのような強力なギターリフにドラミング、鋭いデスボイスでスタートするスピード・チューン!なんというか、Dismemberみたいな雰囲気も部分的にはあるような気がします。でもこの冷たいメロディとブラストビートはメロブラならではの特徴ですね。ギターソロでは短めですがメロメロな旋律が!これはたまりませんね!その後もデスラッシュっぽい爆走パートを魅せてくれます。

8.The Perpetual Horrorsは凍てついたギターフレーズがフェードインしてくる、ミドルテンポ・ナンバー。アルバム通して数曲はこれくらいのミドルテンポ・ナンバーがあっても良いですね。疾走曲一辺倒でも私は大満足ですが…(笑)アルバムにメリハリを付けるということでしょうかね。テクニカルで滑らかなギターソロも聴くことができます。

9.Carnal Scorn & Spiritual Maliceはダークなメロディとブラストビートで爆走する、迫力満点な疾走曲です!なにやらノリの良いリズミカルなギターリフがメチャクチャカッコいい!途中からはテンポを落としてボーカルが喚き散らし、その後は再び爆走!凄まじい勢いで駆け抜けます。すごくドラマティック!最後は銃声?みたいな音で一瞬で終わります。

10.The Calling Blazeはボーナストラック。這いずるようなスロー・ナンバーです。音質もちょっと悪く、まぁボーナストラックといった感じですかね。本編のような激しさは無く、邪悪な雰囲気でじっくりと進んでいく楽曲です。…と思って聞き流していたら、後半はちょっとスピードを上げて展開していく感じの曲のようですな。

本当に気に入ったアルバムです!こんなにカッコいいのか!メロディック・ブラックメタルというのは…!衝撃を受けました。巷では3rdアルバム「Sheol」が最高傑作だと言われているようですが、コレでまだもっとカッコいいアルバムがあるのか!?信じられません…メロブラの世界は奥が深いですなぁ~。

キラーチューンは悩みまくりですが、オープニング・ナンバーの「2.A Swarm Of Plagues」か、アルバム本編ラストの「9.Carnal Scorn & Spiritual Malice」でしょうか。前者は猛吹雪のような冷たいメロディで爆走していくメロブラ・ナンバーで、アルバムの最初を飾るにふさわしい楽曲です。後者は意外にもノリの良いリズミカルなギターリフがカッコ良すぎます!!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Naglfar | 13:54 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR