音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

Architects UK / THE HERE AND NOW
Architects UK / THE HERE AND NOW

1. Day In Day Out
2. Learn To Live
3. Delete, Rewind.
4. BTN
5. An Open Letter To Myself
6. The Blues
7. Red Eyes
8. Stay Young Forever
9. Heartburn
10. Year In Year Out/Up And Away

82/100

メタルコア・バンド、Architects UKの4thアルバムです。

1.Day In Day Outはボーカルのシャウトからスタート、すぐさまメロメロなサビへと突入します!ヘヴィなリズムで進むミドルテンポ・ナンバーですね。シャウトはなかなか迫力があり、クリーンボーカルもなかなか上手いです。

2.Learn To Liveはドライヴィンなギターで始まるノリノリなスピード・チューン!ハードなシャウトが曲を引っ張っていき、サビで爆発する青春的なメロディがイイ!!後半はコーラスが入り、静かに歌い上げたあとギターが暴れまわります!

3.Delete, Rewind.はズカズカとしたドラミングでスタートし、ややメロディックなギターで突き進むスピード・チューンです。スピードに乗ったボーカルがすごく爽快!途中でブレイクダウンのパートが入り、その後は再び疾走開始!クリーンに歌うボーカルがたまりませんね。

4.BTNはストロングなギターでリズミカルに進んでいく、アグレッシヴなナンバー。哀愁を漂わせるボーカルの歌唱とギターが合わさって素敵です!後半はボーカルのみになり、悲しげな雰囲気で歌い上げます。

5.An Open Letter To Myselfは和やかなギターに始まる、これまでとは一転して雰囲気の違う曲で、バラード的な楽曲ですね。だんだんとバンドサウンドが入り、徐々に盛り上がりを見せます。

6.The Bluesは激しいボーカルから始まりスタスタと疾走するスピードチューン!早口でまくしたてるボーカルが特徴的です。メロディアスに弾くギターもイイですなー。後半はちょっとテンポを下げて図太いボーカルが歌います。

7.Red Eyesはエモーショナルなボーカルにメロディアスなギターが絡むスピードチューンです。メロディ度ではアルバム一番でしょうか!?

8.Stay Young Foreverは強烈なギターサウンドで始まりドカドカと進むスピーディな楽曲。続けざまに激しい楽曲が続きますな!この曲ではクリーンボイスがほとんど顔を出さずに、スクリームで歌い上げていますね。メロディ要素はちょっと薄めです。

9.Heartburnはアコギによる演奏と、優しげなボーカルで展開する、まったりとした楽曲。

10.Year In Year Out/Up And Awayはより激しくなったシャウトでスピード感たっぷりに進む楽曲。グルーヴ感もあるドラミングがたまらなくカッコいい!途中からポロンポロンと不思議な効果音とともにスローになり、その後またスクリームが入り、ノイジーなエフェクトがかかっています。その後は無音状態が続きますが、途中からまた曲が始まります。曲的にはあまり面白くないですが(汗)オマケみたいなものですかね~。

これはなかなかのメタル・コアですね!スピード感があり、一気にアルバム通して聴くことができました。ボーカルの歌唱もバッチリですし、ハードなギターもなかなかカッコいい!「Learn To Live」みたいなとてもメロディアスな楽曲をもっと聴いてみたいですね~。しかしメロディを重視される方にはまだちょっと物足りないかも・・・(汗)
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Architects UK | 22:34 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR