音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

Orpheus Omega / Partum Vita Mortem
Orpheus Omega / Partum Vita Mortem

1. Conception
2. I, Architect
3. Karma Favours the Weak
4. Practice Makes Pathetic
5. Our Reminder
6. Unraveling Today
7. Breath’s Burden
8. Tomorrow’s Fiends & Yesterday’s Ghosts
9. Beacons
10. Echoes Through Infinity
11. Revel in Oblivion
12. Kharon
13. Silence, The I

87/100

オーストラリア出身のメロディック・デスメタルバンド、Orpheus Omegaの3rdアルバムです。

前作『Resillusion』リリース時まではORPHEUS名義で活動していたそうです。改名してから第1弾、改名前も入れると3枚目のアルバムです!過去の作品は聴いたことがなく、聴くのはコレが初めてです。

1.Conceptionは壮大なクワイアから始まるアルバムのイントロ。期待が高まりますな!後半は激しいバンドサウンドが入ります。

2.I, Architectはゴリゴリとしたヘヴィなギターリフで進むアグレッシヴな楽曲。ボーカルはかなりドスの効いた、強力なデスボイスですね。メロディアスなリードギターがたまらんです!タイトなドラミングも見逃せません。しかしオープニング・ナンバーとしてはちょっと地味かな・・・?

3.Karma Favours the Weakはスタスタと軽快に疾走するスピード・チューン!コーラスではクリーンなボーカルも入るモダンな楽曲です。地鳴りのようなドラムが心地いいですね~。ソロパートではピアノが乱舞するビックリな展開も。そしてこのギターソロ!メロディアスで素晴らしい!

4.Practice Makes Patheticはキラキラしたアレンジが美しいアップテンポ・ナンバー。ヘドバンを誘うグルーヴィーなリズムで進んでいきます。メロディックに刻むギターリフが印象的だな~。

5.Our Reminderはシンフォニック気味な装飾がたまらないストレートな楽曲。ピアノの音色がいちいちクサいな!(笑)ギターソロは滑らかな感じで、ピアノとの絡みも良いですな!

6.Unraveling Todayはアグレッションたっぷりなギターでズカズカと疾走するスピード・チューン。しかしボーカルが入るとちょっとテンポを落としてヘヴィリフが主張してきます!コーラスでは再びクリーンなボーカルが入り、美しく歌い上げます。その後はブレイクダウンのような落とすパートに入り、バキバキしたベースがカッコいい!

7.Breath’s Burdenはしっとりとしたアコギによる演奏から始まり、今までとはちょっと変わった雰囲気で進む楽曲。アグレッションは控えめで、メロディ重視のミドルテンポ・ナンバーです。

8.Tomorrow’s Fiends & Yesterday’s Ghostsはミドルテンポのイントロから一気に加速する爆走チューン!甘すぎないメロディがカッコいい。この曲でもピアノが素晴らしい演出をしています。後半はスピードを落とし、低音デスボイスの後にスピーディなギターソロが!でもちょっと短いな!!(笑)

9.Beaconsはヘヴィリフでグルーヴ感のあるイントロからまたも爆走!ズドドドと激しいドラミングが~!かなり強烈な楽曲です。甲高く響くデスボイスが存在感を放っています。キラキラした音色とギターの絡みは絶品!!ついにはブラストビートまで飛び出します。

10.Echoes Through Infinityは荘厳なピアノによるイントロからスタートし、ノーマルボイスで歌い上げる楽曲。途中からデスボイスが入り、ミドルテンポでどっしりと進んでいく楽曲ですね。曲展開がとてもドラマティックです。

11.Revel in Oblivionはカラっと乾いたドラムから凄まじい勢いのブラストビートで始まる、デスメタリックなナンバー!低音のデスボイスで激しく歌い上げます。途中からのスピード感あふれる展開への流れは完璧ですね。

12.Kharonはウニョウニョしたキーボードの音色から図太いギターが入る、ちょっと変わったイントロ。こちらもミドルテンポからスピードを上げていきます。シンフォニックな味付けがなかなか効果的。

13.Silence, The Iはアルバムの最後を飾る楽曲です。いきなりブラストビートで始まり、シンフォニックな音色とともに爆走開始!慟哭のメロディに彩られるメロディック・デスメタルナンバーですな!最後の曲へ来てこの勢いとは・・・!途中からの狂ったようなギターソロがカッコいい!!

うーむ、なんというか・・・すごく「優等生」的なメロデスですな。クオリティは非常に高く、各曲がコンパクトにまとめられていて疾走感も高い。しかしコレといったキラーチューンが無いのと、どの曲もちょっとだけ似た感じになっているのが気になりましたね。

しかしインパクトのあるドラミングが特に素晴らしく、楽曲に勢いを与えています。後はもうちょっとギターソロを盛り込んで欲しかったかな・・・。メロディにより磨きがかかればもうひと化けしそうです。

キラーチューンは、アルバムラストの「Silence, The I」でしょうか。ドラムが凄すぎ!メロディもアルバムの中では一番ではないでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Orpheus Omega | 19:28 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR