音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

Soulfly / Dark Ages
Soulfly / Dark Ages

1. The Dark Ages
2. Babylon
3. I And I
4. Carved Inside
5. Arise Again
6. Molotov
7. Frontlines
8. Innerspirit
9. Corrosion Creeps
10. Riotstarter
11. Bleak
12. (The) March
13. Fuel The Hate
14. Staystrong
15. Soulfly V
16. Salmo-91(ボーナストラック)
17. Prophecy(Live In Poland)(ボーナストラック)
18. Seek 'N'Strike(Live In Poland)(ボーナストラック)

88/100

スラッシュ、グルーヴメタルバンドSoulflyの5thアルバムです。

Soulflyの評判の高いアルバムをamazonでポチりました!まさに「ダーク」という言葉にピッタリな重々しい雰囲気のジャケットですな。こちらのアルバムもスラッシュ要素が強いそうですが、その内容はいかに!?

1.The Dark Agesは不穏な雰囲気を醸し出す、アルバムのイントロ。

2.Babylonは一曲目に続いて始まるグルーヴ・ナンバー。トライバルなメロディで進んでいくアップテンポの楽曲です。

3.I And Iはグルーヴィーなイントロから爆走を開始するハイテンションな1曲!コレですよ、こういう曲をもっとくれー!(笑)ボーカルも迫力があり、アグレッションの高いナンバーです。しかし民族音楽的なアレンジもあり、疾走一辺倒にならない辺りが特徴ですかね。狂ったようなギターソロも超カッコいいー!

4.Carved Insideはウネウネした音からザラついたギターが加わるノイジーな楽曲。すぐさまスピードを上げてスラッシーに爆走します!さっきの変なイントロは一体なんだったんだ…?(汗)しかしこのスピード感は凄まじい!実に爽快ですな。後半はテンポをスローに落としてボーカルが歌い上げます。

5.Arise Againはうねるようなギターとゆっくりとしたドラミングで始まり、ボーカルの低い唸り声が入ります。この曲はミドルテンポ…と思いきや、途中からリズミカルにテンポを上げ、またミドルテンポに戻るというリズムチェンジのある楽曲。意外とメロディアスなギターソロがとてもクール☆「Arise!Again!Arise!Again!」と叫ぶ辺りが最高にテンションが上がりますね!

6.Molotovはボーカルの掛け声から始まり、何やらハードコア的な疾走曲です。シンプルな構成の曲ですね。ノイジーなギターソロがイイ感じですな…!

7.Frontlinesは始めからストロングに疾走するスピード・チューンです。ズカズカと叩きまくりのドラミングが良いですね~!メロディにも中毒性があります。ラストはアコギで締めくくります。

8.Innerspiritはギュインと唸るストロングなギターからゆっくりと始まり、ノーマルボイスによる歌唱が入ります。民族楽器によるアレンジも加わり、メタルにとどまらない音楽性ですな!

9.Corrosion Creepsはノコギリのようなザリザリとしたギターの刻みからスタート。怒りのような感情が込められたボーカルの歌唱も凄まじいですね。途中から一気にスピードを上げて疾走します!しかし後半のパートはちょっとダレるかな…?

10.Riotstarterはイントロから民族音楽的な音色が目立つ楽曲。様々な楽器が使用されておりますな。そしてその後はボーカルが入り、ますます雰囲気を盛り上げます。

11.Bleakは邪悪な雰囲気をまとった、おどろおどろしいミドルテンポ・ナンバー。アルバム後半に行くにつれてトライバルで、暗いイメージが強くなっていきますな。最後は何か狂ったかのような疾走っぷり!

12.(The) Marchはノイズっぽい音がちょっと耳障りな、変わった楽曲。わりと短めな曲ですね。

13.Fuel The Hateはタフなギターリフからハードコア的な歌唱を見せる疾走曲です。ギターソロはスラッシュ的なフィーリングがありますね。

14.Staystrongはこれまたノイジーな音から始まり、ボーカルが入るとアグレッション重視のギターとドラムが入ります。アップテンポで軽快な楽曲ですね。後半はピアノ?か何かの楽器で和やかな雰囲気を演出します。

15.Soulfly Vはアルバムのお決まりとなっているインスト。

以下はボーナストラックです。
16.Salmo-91は謎の効果音からスタートし、男性の声による語りが入ります。よく分からない曲だな…(汗)

17.Prophecy18.Seek 'N'Strikeはライヴ音源です。どちらも会場の盛り上がりが伝わってきますね。カッコいい!

アルバム前半はスラッシュ・メタル的な楽曲もあり、それらはとても気に入りました☆文句無しにカッコいいです!アルバム後半は、民族音楽的な要素が強くなっていて、こちらもなかなか楽しめました☆クオリティの高さは本当に流石のものがありますね…!!なんといってもギターリフの切れ味が違います。こんな攻撃的なギターは初めてです!また、アルバム全体が怒りというか、激情に溢れているような、そんな威圧感も感じられますな・・・!!

キラーチューンは「I And I」です!疾走曲万歳!こんな楽曲がたくさん入ったアルバムを聴いてみたいなぁ~♪
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Soulfly | 18:53 | トラックバック:0 | コメント:0
Soulfly / Conquer
Soulfly / Conquer

1. Blood Fire War Hate
2. Unleash
3. Paranoia
4. Warmageddon
5. Enemy Ghost
6. Rough
7. Fall Of The Sycophants
8. Doom
9. For Those About To Rot
10. Touching The Void
11. Soulfly Ⅵ
12. Mypath(ボーナストラック)
13. Sailing On(ボーナストラック)
14. The Beautiful People(ボーナストラック)

86/100

スラッシュ、グルーヴメタルバンドSoulflyの6thアルバムです。

このアルバムや「Dark Ages」はスラッシュ・メタル的な要素が大きいと、巷の評判も良かったので、amazonでいろいろポチってしまいました!出来れば勢いのある爽快なスラッシュ・メタルが聴きたいですな♪アルバム「Enslaved」はちょっと性に合わなかったので、こちらに期待です!ちなみにDVD付きバージョンを購入しました。

1.Blood Fire War Hateはドラマティックな演出とともにだんだんとボーカルとギターが入ってきて、途中からスピードを上げて疾走します!ドラミングが実に爽快な一曲です。ガンガン勢いを増していく、アグレッシヴなナンバーですな♪

2.Unleashは変わった音色のアレンジが特徴的なアップテンポ・ナンバー。ボーカルのシャウトも様になっています。後半はヘドバン必至のズンズンとした展開に。ムーディーで柔らかなパートもあります。最後は爆走して終了!

3.Paranoiaはヘンテコなサウンドからザリザリとしたギターリフが入る、ミドルテンポ・ナンバー。ボーカルが入るとともにカッコ良く疾走開始!ところどころで聴こえるメロディックなギターが良い感じですね♪ギュンギュンと弾きまくりのギターソロは圧巻です!

4.Warmageddonはヘヴィで重々しいイントロから、ボーカルが入るとややテンポを上げ、リズミカルに進んでいきます。いかにもスラッシュ・メタル的なギターがカッコいいです!

5.Enemy Ghostはちょっとグルーヴ感もありつつ、途中からスピードアップしていく楽曲。この曲でもフラッシーなギターソロが入ります!

6.Roughは期待感を煽るカッコいいイントロから、ボーカルの強力な歌唱が入るアップテンポ・ナンバー!ようやく分かりやすい曲が来たー!グルーヴィーなギターがとてもクール。しかし途中からエキゾチックなメロディを奏で始めます。

7.Fall Of The Sycophantsはまさにスラッシュ・メタル!スタスタと軽やかに疾走します。ゆっくりと弾いていくギターソロもテクニカルで素晴らしい。

8.Doomは強烈なボーカルのシャウトから始まり、切り裂くようなシャープなギターが入ります。コレもなかなか良い曲ですな☆ただ後半は民族色の強いパートがあります。

9.For Those About To Rotはベースがバキバキと唸り、ヘヴィに進むアップテンポ・ナンバー。加速していくギターソロなんてもう最高ですな!

10.Touching The Voidは重厚なイントロから始まるどっしりとしたミドルテンポ・ナンバー。

11.Soulfly Ⅵは穏やかにメロディを紡ぐインスト。

以下はボーナストラックです。
12.Mypathは本編と違い、ストレートに爆走するスラッシュ・ナンバー!こりゃあ良い!こういう曲を待っていました!切れ味鋭いギターとドラミングがたまりませんな~♪

13.Sailing Onも始まりからスピーディに飛ばす楽曲。途中からテンポを落とし、ムーディーな感じを演出します。

14.The Beautiful Peopleはベースが特に目立っている、ノリの良い楽曲。メロディックなギターがカッコいいですね~♪

とりあえず、アルバム「Enslaved」よりはこちらのアルバムの方が気に入りましたね。ダラダラとした部分があまり無く、スラッシーな要素が強くなっていると思います。

キラーチューンは「Mypath」ですね!ボーナストラックで申し訳ないですが(汗)この曲が一番スラッシュしてるんじゃないかと思いました。アルバム本編からだと「Paranoia」か「Rough」辺りが気に入りましたね☆

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Soulfly | 18:48 | トラックバック:0 | コメント:0
Soulfly / Enslaved
Soulfly / Enslaved

1. Resistance
2. World Scum
3. Intervention
4. Gladiator
5. Legions
6. American Steel
7. Redemption Of Man By God
8. Treachery
9. Plata O Plomo
10. Chains
11. Revengeance
12. Slave(ボーナストラック)
13. Bastard(ボーナストラック)
14. Soulfly Ⅷ(ボーナストラック)

83/100

スラッシュ、グルーヴメタルバンドSoulflyの8thアルバムです。

最新作の「Archangel」でこのバンドにメチャクチャハマってしまい、アルバムを3枚ほど購入しちゃいました♪amazonや他のレビューサイト様でのレビューを参考に、評価が高く、スラッシュ要素が多めで勢いのあるというアルバムを狙って買ってみました。

1.Resistanceはノイジーなギターとリズミカルなドラムでスタート。喚きちらすようなボーカルが入る、アルバムのイントロ的な短い曲です。

2.World Scumはテクニカルなドラミングからミドルテンポに進む楽曲です。うーむ、アルバム最初の曲としては大人しめかな?後半はややアグレッシヴに疾走します!

3.Interventionはストロングなギターからスタスタと突っ走るスピード・チューン!妖しいメロディを紡ぐギターが個性的で面白い。ただ疾走するのは最初だけで、後はミドル~アップテンポになりますね。ちょっと後半はかったるいかな…(汗)

4.Gladiatorは、スラッシュ・メタル的なカッコいいイントロで始まる、リズミカルなアップテンポ・ナンバー!コレはかなり良いですね~!自然とヘドバンしてしまいます。途中からは民族音楽的なパートが入り、その後激しいドラミングとともに再びスピードアップ!ピロピロと弾きまくりのギターソロも挿入されます。

5.Legionsは行進する音から始まり、スピーディなギターフレーズが特に目立っているアップテンポ・ナンバーです。細かく刻んでいくギターが良い感じですね~!

6.American Steelは薄暗いメロディをまとい軽快に進んでいくスピード・チューンです。後半は例によってテンポを下げて、じっくりメロディを聴かせにきます。

7.Redemption Of Man By Godはスローなリズムで始まる、どんよりとしたダークな楽曲。長めのイントロを経てスラッシュ的に疾走しますね!また、グルーヴ感もありノリやすい曲です。駆け上がっていくような流麗なギターソロも聴きどころでしょうか。しかし後半はまたスローになり、何やら語りのようなものが入ります。

8.Treacheryは初っぱなからズカズカと疾走する楽曲。ドラミングも派手に叩きまくり、ボーカルもかなりカッコいい!しかしこの曲も例に漏れず、後半はスローでちょっとダレますね~(汗)ソロパートのギターはかなりいい感じなのですが。

9.Plata O Plomoは暗いイメージのメロディでスタートするミドルテンポ・ナンバーです。うーん、なかなか気に入る曲がないな…(汗)途中からの疾走パートなんかはカッコいいんですが。

10.Chainsは重々しい、どす黒い印象のあるスロー・ナンバーです。むむむ、ここまでこういうタイプの曲が続くと疲れますね(汗)途中から疾走するパターンもお決まりになってますな。

11.Revengeanceはアルバム本編のラスト。アップテンポでノリやすい楽曲ですが、おそらくまたテンポを落として、暗~いメロディのパートがあるんだろうなぁ~、と思っていたら、やはりその通りでした(笑)

以下3曲はボーナストラックです。
12.Slaveは本編に入っていても違和感の無い雰囲気のアップテンポ・ナンバー。途中からスピードを上げてスタスタと疾走するパートはたまらんのですが…。後半はトライバルな演奏を聴くことが出来ます。

13.Bastardはだんだんとギターの音がフェードインしてくるスロー・ナンバー。中盤のスピード感溢れるパートはいいんだけどなぁ。

14.Soulfly Ⅷは各アルバムに収録されているトライバルな要素の強いインスト。

うーむ、部分的にはスゴくカッコ良くてインパクトがあるんですが、それ以上にドロドロとした雰囲気のパートが多すぎて、曲が冗長に感じられてしまいました。ちょっと自分には合わないアルバムでしたね…。でも質はとても高く、他のアルバムも楽しみになってきましたね!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Soulfly | 18:47 | トラックバック:0 | コメント:0
Soulfly / Archangel
Soulfly / Archangel

1. We Sold Our Souls To Metal
2. Archangel
3. Sodomites
4. Ishtar Rising
5. Live Life Hard!
6. Shamash
7. Bethlehem's Blood
8. Titans
9. Deceiver
10. Mother Of Dragons
11. You Suffer (NAPALM DEATH cover)(ボーナストラック)
12. Acosador Nocturno(ボーナストラック)
13. Soulfly X(ボーナストラック)

91/100

スラッシュ、グルーヴメタルバンドSoulflyの10thアルバムです。

このバンドは、名前を聞いたことがあるくらいだったのでしたが、Amazonで見たその神々しすぎるアルバムジャケットに惹かれ、まぁ試しに買ってみるか!ということで購入しました。ネットでジャケ買いというのもあんまり無いですね(汗)ライブDVD付きでこちらもなかなか楽しみですな!

1.We Sold Our Souls To Metalはドスの効いたシャウトからスタート!バシバシ叩きまくるドラミングが爽快ですな!曲タイトルを連呼する辺りなんてカッコ良すぎ!そしてそこへ切り込んでくるメロディックなギターフレーズがたまらなく叙情的です。ただあっという間に終わってしまう短めな楽曲ですね。

2.Archangelは語りからだんだんとバンドサウンドが入る、アルバムタイトル・ナンバー。実に重々しい、ミドルテンポ・ナンバーです。しかしだんだんとスピードを上げていき、またもメロディックなギターが!この展開はたまらないものがありますな。その後は再びヘヴィでゆったりとしたテンポに戻り、ギターがピロピロと弾きまくります。リズムチェンジを巧みに使い、ダレないように工夫されていますね。

3.Sodomitesノはイジーな感じのギターとエフェクトがかったボーカルで始まります。前の曲に続いてヘヴィでミドルテンポに進む楽曲です。邪悪な雰囲気がたっぷりですね。後半はいきなりスタスタと軽快に疾走を始めます!これもカッコいい!

4.Ishtar Risingはトライバルなメロディからスタート。不穏な空気を醸し出していくミドルテンポ・ナンバーです。ヘヴィネス重視のどっしりとした楽曲ですな。この曲は疾走したりせず、普通に終わりましたね。

5.Live Life Hard!はハスキーなボーカルでアップテンポに進んでいく楽曲。キレた感じのギターフレーズがカッコいいですな!このギターだけでも聴く価値アリ!?後半はスローテンポになり次の曲へ。

6.Shamashは荘厳なイントロからズカズカと疾走…と思いきや、タフネスを重視したミドルテンポ・ナンバーです。メロディアスなギターソロが実にクール!そして呪詛的な歌唱からいきなり疾走開始!この展開は読めませんでした…(汗)

7.Bethlehem's Bloodはアグレッションたっぷりなイントロに始まるミドルテンポ・ナンバーです。切れ味のあるギターフレーズがとてもカッコいい!またもバシバシとしたドラミングからテクニカルなギターソロへと繋がります。

8.Titansはヘドバン必至のリズミカルなギターリフに始まり、アップテンポで進む楽曲ですな。邪悪な雰囲気があるギターフレーズが本当にカッコ良すぎます!そこまで速い曲ではないのですが、体感速度はなかなかですね。終盤はスローになり、薄暗いイメージを受けました。

9.Deceiverはイントロから爆走する、お待ちかねのスピード・ナンバー!叫ぶボーカルが最高にテンションを上げますね!キレまくりのギターソロも素晴らしい。

10.Mother Of Dragonsはアルバム本編のラストを飾る曲。こちらもイントロから爆走するアグレッシヴ・ナンバーです!激しいドラミングとギターが固まりとなってぶつかってくるかのようですな…!途中からテンポを落とし、ギターソロパートへとなだれ込みます。

以下はボーナストラックです。
11.You Suffer (NAPALM DEATH cover)は言わずと知れた、ナパーム・デスの世界一短い曲ですね!と言いつつ原曲は聴いたことがないのですが(汗)とにかく一瞬で終わる曲ですよね。しかし何故この曲をわざわざカバーしたんだろうか…?

12.Acosador Nocturno9.Deceiverの別バージョン。歌詞の内容が変わっていますね。

13.Soulfly Xはトライバルな要素も詰め込まれたテクニカルなインスト。

これがSoulfly初体験となりました!このアルバムは、コンセプト・アルバム的な要素もあり、書いてきたようにミドルテンポ・ナンバーが中心となっています。しかしながら、収録されている楽曲はどれも非常にカッコいいと思いましたね!ミドルテンポから疾走へと繋がる際の爽快感や、グルーヴィーなリズムによる重厚感など、聴いていて飽きることがありませんでした。曲を聴かせるのが上手いと言うか、そこは流石ベテランの成せる技なのかな~と思ったり…。とにかく魅力的な楽曲が詰め込まれています。

キラーチューンは、アルバム全体でひとつの作品になっているので、一曲を選ぶのは難しいですね…(汗)強いて挙げるなら「Titans」かなぁ。アルバムを聴き終えたあと、なんか少し食い足りなさを感じたのは、やっぱり速めな曲に飢えているのかも…(汗)スラッシュ要素の高いアルバムも聴いてみたくなりましたね!どれから聴けばいいのかな~。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Soulfly | 18:38 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR