音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

Born of Osiris / Soul Sphere
Born of Osiris / Soul Sphere

1. The Other Half of Me
2. Throw Me in the Jungle
3. Free Fall
4. Illuminate
5. The Sleeping and the Dead
6. Tidebinder
7. Resilience
8. Goddess of the Dawn
9. The Louder the Sound, the More We All Believe
10. Warlords
11. River of Time
12. The Composer

86/100

プログレッシヴ・デスコアバンド、Born of Osirisの5thアルバムです。

このバンドは3rdアルバム「The Discovery」で初めて聴きました。最初は取っ付きにくかったものの、何度も聴いているうちにその展開の妙にハマっていきました!今作は最新アルバムということで、かなり期待して購入!

1.The Other Half of Meは不気味な効果音から始まり、ヘヴィリフが入るミドルテンポ・ナンバー。かなり迫力のあるデスボイスで素晴らしい…と思っていたら、なかなかメロディを付けた器用な歌い方を披露してくれますね!キラキラしたアレンジも雰囲気を盛り上げます。シンフォニックな味付けもなかなか。ギターソロは実にテクニカル!

2.Throw Me in the Jungleはスクリームが交差するフンワリとしたミドルテンポ・ナンバー。サビメロはなかなかにキャッチー♪オリエンタルなメロディがクセになりそう!中盤ではプログレちっくなテクニカルな展開が。メロディを付けて歌うボーカルはかなり気に入りました☆

3.Free Fallはだんだんとギター音がフェードイン、ピロピロとギターが弾きまくりな楽曲です。この曲でもキラキラとしたアレンジが目立ちますな。ザクザクとしたギターの刻みがイイ!ラストはなにやらアトモスフェリックな感じに。

4.Illuminateはノイズからスタート、だんだんとバンドサウンドが入ります。しゃがれたスクリームがメインで進んでいきます。サビメロではスクリームとクリーンの中間くらいのボーカルがメロディを歌い上げますね。コレはなかなか良い感じ!こちらもオリエンタルなメロディですな。

5.The Sleeping and the Deadはドライヴィンなギターリフがカッコいい!ドラミングもズカズカとインパクトがあります。ちょっとメカニカルな雰囲気もありますかね。サビメロでは急に加速しボーカルがクールな歌唱を見せつけます!途中からヘヴィなパートになり、曲は終了です。

6.Tidebinderは何か話し声から始まり、スローなテンポでメロディを紡いでいく楽曲。キーボードのアレンジが特徴的!そして力強いボーカルがたまらんですね~♪メロディアスなギターも見逃せませんな。

7.Resilienceは荘厳なイントロから、ピロピロ弾きまくりなギターとスクリームでスタートするミドル~アップテンポ・ナンバー。クリーンなギターサウンドが心地良いなぁ~♪ブラストビートも飛び出し、なかなかのアグレッションですな。

8.Goddess of the Dawnは暗い感じのメロディから始まり、激しいドラミングとともに進むミドルテンポ・ナンバーです。多彩なボーカルワークが実に効果的になっています!シンフォニックなキーボードもイイねー。

9.The Louder the Sound, the More We All Believeはきらびやかなキーボードから始まる、これまでとはちょっと雰囲気が違う楽曲ですね~。ドスの効いたスクリームメインでどっしりと展開していきます。

10.Warlordsはピアノの音色からスタート。淡々とした雰囲気ですね。途中からはノイジーなパートがあり、スクリームも絡んでカッコいい!フラッシーなギターソロも良いねぇ。

11.River of Timeはこれまた荘厳で、おごそかな雰囲気を醸し出すイントロ。プログレちっくなギターリフに加えて、強力なドラミングが目立っています。柔らかなキーボードの音色もかなり気に入りました☆

12.The Composerはアルバムラストの楽曲。ミドルテンポでゴリゴリとしたギターで進みます。最後にしてはちょっと地味目な楽曲かな…(汗)しかしスペーシーなアレンジはここでも顔を出します。後半はダンサブルなメロディを聴くことが出来ます。

今作もまた、個人的に聴き込みが必要なアルバムですね(汗)しかしやはり今作も中毒性というか、ついつい聴き入ってしまう魅力があります。今作ではクリーン…とまではいかないですが、ノーマルボイスっぽい歌唱も加わり、ますます楽曲のアレンジが広がっていますね。あとはもう少し疾走感があると嬉しいなぁ~。

キラーチューンは、これまた選ぶのが難しい…。オープニング・ナンバーの「The Other Half of Me」が一番インパクトに残ったかなぁ。まだまだ聴き込みが必要ですね。どうしてもどの曲も最初は似たような感じに聴こえちゃうんですよね…(汗)
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Born of Osiris | 19:32 | トラックバック:0 | コメント:0
Born of Osiris / The Discovery
Born of Osiris / The Discovery

1. Follow the Signs
2. Singularity
3. Ascension
4. Devastate
5. Recreate
6. Two Worlds of Design
7. A Solution
8. Shaping the Masterpiece
9. Dissimulation
10. Automatic Motion
11. The Omniscient (An Interlude)
12. Last Straw
13. Regenerate
14. XIV
15. Behold

87/100

プログレッシヴ・デスコアバンド、Born of Osirisの3rdアルバムです。

Djent系ではVeil of Mayaが特に気に入ったのですが、このバンドもよく名前を目にするので、各所のレビューを参考にして、このアルバムを購入してみました!全15曲とはなかなかのボリュームですな~。

いきなりドスの効いたデスボイスでスタートする1.Follow the Signsは、アグレッシヴパートとプログレッシヴパートを行き来するなかなか忙しい楽曲。しかしサビメロは不思議な雰囲気に包まれ、キャッチーな部分もありますな~。ギターは非常にゴリゴリとした、ヘヴィな感じです。ピロピロとキーボードが目立つパートもあり、実に複雑ですな。メロディックなギターフレーズで始まる2.Singularity。メタルコア的な感じで疾走とスピードダウンを繰り返します。全体としてはスピード感のある方かな?ブラストビートも入り、迫力がありますな~!薄暗いイントロからヘヴィに進む3.Ascension。ミドルテンポでゆっくりと展開するも、途中でせわしなくスピーディになったりして、忙しい楽曲です。4.Devastateは幻想的なキーボードからいきなり激しいドラミングが入る、なかなかアグレッシヴな楽曲ですね。途中でキラキラとしたキーボードも入り、カオスな雰囲気に!続いて始まる5.Recreateはドラマティックなイントロから激しいデスボイスにピロピロと弾きまくりのギターが!実にヘヴィな印象を受けました。神秘的なメロディはスゴく個性がありますね。だんだんとギターがフェードインしてくる6.Two Worlds of Designは暖かみのあるキーボードから、リズミカルにギターが刻んでいくアップテンポ・ナンバー。後半はオルゴールのような音色とギターで静寂な雰囲気になってきます。7.A Solutionはクリーンボーカル中心で進んでいく穏やかな楽曲。8.Shaping the Masterpieceはいきなりストロングなギターでスタートするアグレッシヴ・ナンバー。リズムを巧みに変化させ、一本調子にならないように工夫されていますね~。ギターの奏でるメロディがかなりカッコいい!このアルバムの中では初めての分かりやすい曲ですかね。ただ最後の方はブヨブヨしたキーボードで変な展開に(汗)9.Dissimulationもブラストビートと鋭いギターで勢いよく進むスピードチューン。…が、やはり途中でテンポを落としてプログレッシヴな展開になりますね。でもこの曲は意外と分かりやすい方かなぁ。10.Automatic Motionは静かな雰囲気から突如ギターが入り、ズルズルと進んでいくミドルテンポ・ナンバー。11.The Omniscient (An Interlude)は民族音楽的な不思議なインスト。12.Last Strawはプログレッシヴなギターとデスボイスでゴリゴリと進行し、テクニカルな印象がありますね。後半はスピード感のあるギターとともに進みます。一風変わったエフェクトかかったボーカルが特徴的な13.Regenerate。後半は邪悪なブラストビートとストロングなギターリフでスピーディになりますね。14.XIVはキラキラしたキーボードで装飾されたインスト。アルバムラストの15.Beholdはギターが爆裂するイントロからアグレッシヴにキメる楽曲。前半はとてもカッコいいのですが、その後のプログレッシヴな展開にハマれませんね…(T_T)

ううむ…コレは実に難解なアルバムだ(汗)頭の悪い私には、一回アルバムを通して聴いても、なかなか展開を把握することが出来ませんでした…。なんかノリ辛いと言うか…テクニカルなのはわかるんですが、これは要・聴き込みですな。やっぱりVeil of Mayaの方が自分には合っていますね。アレくらい分かりやすいと良いのですが…

キラーチューンは…今のところ、どれがいいかな?と悩み中です。あんまり抜きん出てカッコいい!と感じる曲はなかったかなぁ。アルバム全体を通して聴いた方が良さそうです。

…というような感想を初聴きの時に抱いたのですが、やはり何度も聴き込んでみると、このアルバムの素晴らしさに気付くことが出来ました!確かに曲調の方は難解…というか、一回聴いただけではわかりませんでした。しかし、よく考えられた展開によるダイナミズムがありますね。静と動を繰り返し行き来するので、ちょっと取っ付きにくいかもしれません。しかし、そこにこのアルバムの良さがあるように思いました。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Born of Osiris | 12:50 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR