音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

Ghost Cries / DEORUM FESTUM

1. Veiled in An Evil
2. Vatical Nostalgia
3. Cradle for Rebirth
4. Beast's Lullaby
5. Departures
6. Recurring Masquerade
7. Ensnared Light
8. Lost Reverie
9. Queen of Thistles
10. Freja

87/100

国産のドラマティック・デスメタルバンドGhost Criesの2ndアルバムです!

楽しみにしていた新譜です♪前作はかなりクオリティの高い、まさにドラマティックなデスメタルをプレイしておりました。ただちょっとメロディにフックが足りないのと、だる~い感じのスローなクリーンボイス・パートが気になる点ではありました。今作品ではどのようになっているのか、期待ですね!!

1.Veiled in An Evilは厳かな音色で雰囲気を演出、クワイアも入りいきなりドラマティックです!そこへバンドサウンドが入り、ブラストビートとともに突き進みます。ドスの効いたグロウル中心でなかなか良い感じ。クリーンボイスのパートはあまり前作と変わりの無い印象を受けましたかね・・・。ギターソロは弾きまくりで構築美を見せています。

2.Vatical Nostalgiaはブラックメタル的なメロディにブラストビートが加わり、グロウルで吐き捨てるアグレッシヴな疾走曲!!耽美的なピアノも良い具合に雰囲気を作っていますな。この曲では呟くような歌唱もあり、妖しげなパートも挿入されています。ソロパートの充実振りも注目したいですね♪クリーンボイスはやはり楽曲から浮いている印象が拭えないかな~(^_^;)

3.Cradle for Rebirthはメロディックなギターリフからズカズカと突き進んでいくスピード・チューン☆このグロウルはやはり文句なしにカッコいいんだけどなぁ。Arch Enemyっぽさも感じられるリフワークもあり、かなりクール!

4.Beast's Lullabyはクリーンボイスによる歌唱からスタート、そのあとは邪悪なメロディのギターリフ中心でまたも疾走!!途中でスローになりクリーンボイスのサビメロが。スピード感が損なわれてしまうのが惜しいところかな~。テクニカルに弾きまくるギタープレイは圧巻です!

5.Departuresはシンフォニックな音色に始まり、鳥の鳴き声と水のせせらぎが入ります。そして突如ヘヴィなギターとともに強烈なドラミングでスピードアップ!薄暗いピアノの音色が良い感じ。クリーンボイスもかなり前へ出て目立っている楽曲ですな。

6.Recurring Masqueradeはかなりカッコいいギターリフで始まり、グロウルとブラストビートで軽快に飛ばしていくスピード・チューン。サビメロではお決まりのクリーンボイスによる気だるい歌唱が。ピロピロと弾きまくるギターソロはやはり健在です!この曲でもクールなギターを聴くことができますな♪

7.Ensnared Lightはストリングスの音色で儚げにスタート、叙情的なギターメロディが入ったあとはミドルテンポで展開していく楽曲。この曲にはクリーンボイスの歌唱がなかなか合っていますね。ブラストビートも入りアグレッシヴな面もしっかりアピールしています☆ピアノがなかなかにクサいですね~。

8.Lost Reverieはより一層ドラマティックなメロディを奏でていて、かなり期待大!ブラストビート全開でギターも弾きまくりなカッコいい良曲になっています♪やっぱりグロウル中心で行った方が良いような気がする・・・(汗)しかしこの曲ではなかなかピッタリ合った感じで、そこまで悪くないですね!細かいギターの刻みもインパクトがあってよろしいですな~☆ソロパートもバッチリ決まってます。

9.Queen of Thistlesはストロングなギターリフからお決まりのブラストビートで突進するスピード・チューン。慟哭のメロディを紡ぎながら展開する、なかなかの良曲。アツいクリーンボイスの歌いっぷりもこの曲には合っている気がしますね~。

10.Frejaはメロディックなギターとピアノの音で雰囲気を盛り上げる、ミドルテンポの楽曲になっています。アルバムの最後を飾る、重厚なナンバーですね!

相変わらずのクオリティの高さを見せつける作品でした!前作の方向性から大きな変化はなく、ドラマティックなデスメタルを聴かせてくれましたね☆ただ、やはりクリーンボイスによる歌唱が楽曲から浮いてしまっている部分はあまり改善されていないですね・・・ちょっとそこが残念なところでしょうか。もう全編グロウルで行ってしまった方が良いような気がしましたね(^_^;)メロディのフックももう少し欲しいところ!!しかし前作から順調にパワーアップしているので、安心して買える1枚となっていると思いました。アルバム収録曲はほぼすべてが5分ちょいと、まぁまぁボリュームもあり、聴き応えがありましたな。スピード・チューン中心な構成も嬉しいですね♪
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Ghost Cries | 16:25 | トラックバック:0 | コメント:0
Ghost Cries / MELUM PRIMUS
Ghost Cries / MELUM PRIMUS

1. Ruthless Triumphal Parade
2. Volcano
3. Gardenia
4. Into The Dark Eternity
5. Redemption
6. Elegy For The Abnegators
7. Most Ugly Meteor Shower
8. Lunatic Chaos
9. A Cape Of The Prologue
10. World Is Over

86/100

国産のドラマティック・デスメタルバンド、Ghost Criesの1stアルバムです。

Amazonを探索中、なかなか耽美なジャケットに目がいきました。女性ボーカルを擁する日本のデスメタルバンドのようですが、「ドラマティック」という単語につられて…。これがデビューフルアルバムということで、たまにはジャケ買いも良いかな~と思い購入。最近、日本のバンドの勢いは凄まじいものがありますし、期待が持てますね☆

シンフォニックな音色とブラストビートで始まる1.Ruthless Triumphal Parade。女性ボーカルのデスボイスはなかなか迫力があり、楽曲の方もスピード感があって良い感じですな!クリーンパートは日本語で歌われています。歌唱力的には可もなく不可もなく…といったところでしょうか。ギターソロは弾きまくりでカッコ良くキマってますね!2.Volcanoはドラマティックなメロディとギターでブラックメタル的な雰囲気を醸し出しています。キーボードによるアレンジも効果的です。この曲もスピーディに展開していきますね。クリーンパートはやはり日本語です。朗々としたクリーンボーカルからブラストビートへ繋がる3.Gardenia。スタスタと疾走するスピードチューンです!シンフォニックな味付けとドラミングにより、やはりブラックメタルに近い要素がありますね~。ピロピロと鮮やかに弾くギターでスタートする4.Into The Dark Eternityはアップテンポでグルーヴィーな楽曲です。リズムがちょっと変則的ですね。美しいクリーンボーカルが特徴的です。ピアノの音色から始まる5.Redemptionは軽快なドラミングで疾走するスピードチューン。より一層ブラックメタル的な印象があります。キーボードによる装飾が綺麗ですね~。ブラストビートとシンセによるアレンジが美しい6.Elegy For The Abnegatorsはクリーンボーカルからデスボイスへ繋がり、サビでもクリーンなボーカルが妖しく歌い上げます。ギターリフもカッコ良く、コレはかなりイイ曲ですね!ピアノが耽美的な雰囲気を演出します。強烈なドラミングからデスボイスが登場する7.Most Ugly Meteor Shower。スピーディに奏でられるギターフレーズがかなりクールな一曲。デスボイスは噛みつかんばかりの迫力を見せます。イントロのギターがメロディアスでインパクトのある8.Lunatic Chaos。シンフォニックなアレンジが特に目立っていますね。後半はテンポを落としてクリーンボーカルが歌い上げます。9.A Cape Of The Prologueはクリーンボーカルが中心になっているスローテンポの楽曲ですな。コレがまた悪くないです。悲哀に満ちたボーカルの歌唱がとても耳に優しげ。アルバムの最後は10.World Is Over。緊迫感溢れるギターリフで突進するスピードチューンです。和やかに歌うクリーンボーカルも登場します。これもイイ曲ですな~♪

かなり高品質な出来栄えとなっていますね!クリーンとデスボイスを操るボーカルの実力はかなりあるのではないのでしょうか。ギターリフもここぞってところで「おっ!」と思わせるカッコ良さがあります。ドラミングも安定しており、演奏陣にはとくに問題無いですね。シンフォニックなアレンジも曲の魅力を高めていて、結構気に入りました☆また、無駄にダラダラと長い曲が無く、コンパクトにまとめられているのも好感です。

ただちょっと気になったのが、クリーンボーカルが入るとほぼ必ずテンポを落としてゆったりと歌うので、せっかくの楽曲のスピード感が減殺されてしまう点でしょうか。このためどの曲も似たような印象を受けてしまいますね。まぁ要するに爆走ナンバーを聴かせてくれ!ってことなんですが(笑)あとクリーンパートの歌メロの弱さもちょっと気になりましたかね…。

キラーチューンは、6.Elegy For The Abnegatorsでしょうか。シンフォニックに疾走する実にカッコいい楽曲です!ピアノも入り耽美的な要素もたっぷりです。

またも日本からクオリティの高いバンドが登場しましたな!非常に嬉しい限りです。メチャクチャ気が早いですが、セカンド・アルバムにも期待ですね!継続して精力的に活動していって欲しいです。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Ghost Cries | 14:20 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR