音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

Engel / Absolute Design
Engel / Absolute Design

1. In Splendour
2. Casket Closing
3. Next Closed Door
4. The Hurricane Season
5. Propaganda
6. The Paraclete
7. Scyth
8. Descend
9. Trial & Error
10. I'm The One
11. Calling Out
12. Seven Ends

84/100

エクストリーム・メタルバンド、Engelの1stアルバムです。

4thアルバムからさかのぼり、ついにデビューアルバムです。シンプルなジャケットが特徴的ですね。さて1stアルバムの頃の音楽性はどんなもんでしょう!?

薄暗いギターから始まる1.In Splendourはモダンなギターリフで突き進むミドルテンポナンバー。かすれ気味のボーカルが特徴的ですな。サビではグルーヴ感もあるクリーンボーカルが入ります。2.Casket Closingはヘヴィなギターで始まり、静寂の中でボーカルが気だるい歌唱をみせます。しかしサビではキャッチーな歌いっぷり。ザリザリしたデジタルサウンドも使われていますね。しっとりとしたギターで始まるバラード調の3.Next Closed Door。叙情的な雰囲気はなかなかのものがありますな。コレは気に入りましたね☆怪しげなボーカルの歌唱が良い感じの4.The Hurricane Season。しゃがれた声でメロディックに歌うスタイルは変わりませんね。5.Propagandaは重心の低いラフなギターでスタート、ボーカルは早口でまくし立てるアップテンポナンバーです。サビではしゃがれた声でメロディを追うなかなかキャッチーな楽曲。ゴリゴリしたギターがカッコいい!テクニカルなギターリフでスタートする6.The Paracleteはクリーンなボーカルがエモーショナルに歌い上げるミドルテンポナンバー。繊細なボーカルワークがたまらない一曲。ギターがザクザクと刻んでいく7.Scythはミドルテンポで進んでいきます。うっすらと塗布されたメロディが良い感じ。サビでは爽快感のある歌いっぷりが!デジタルな装飾も効果的です。中盤は無機質な感じで展開していきます。呟くタイプのボーカルもなかなか。スローなイントロの8.Descendは実にムードのあるバラード調の楽曲ですな。悲しげな歌唱がより一層引き立ちます。一転してアグレッシヴなイントロの9.Trial & Error!コレはカッコいいぞ!ボーカルも攻撃的に歌い上げます。アップテンポでリズミカルな楽曲ですね。ズンズン来るドラミングもイイね~♪感情のこもったアツい歌唱がたまりません!10.I'm The Oneも続いてアップテンポ・ナンバーです。モダンメロデス的なギターリフがカッコいい!ボーカルは呟くスタイルからスクリームへシフト、サビでは浮遊感のある歌唱を見せます。ヘヴィなパートでは重々しいギターが活躍しますね。11.Calling Outは実にスピーディな楽曲!キタキター!うねるようなギターが弾きまくってます。ヘドバン必至ですな~♪サビでの扇情度は一番かも?ドラミングも激しく、一曲通してインパクトがありますね。アルバムラストは、またもやカッコいいギターリフでスタートする12.Seven Ends。アップテンポで進んでいきます。噛みつくようなアグレッシヴなボーカルパートがイイ!サビではお決まりのふんわりした雰囲気のメロディが登場します。

1stアルバムなのでまだ荒削りな部分もあるかなーと思いきや、かなり洗練されています。前半はゆったりとした楽曲が多くちょっと退屈かな~、とも思いましたが、後半の巻き返しがスゴいです!カッコいい楽曲のオンパレード!…は言い過ぎかもしれませんが、アルバム後半の楽曲が特に気に入りましたね☆

いやぁ、いいバンドと巡り会えました☆どのアルバムもハズレ無しです!未聴の方はぜひ聴いてみてください。
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Engel | 17:56 | トラックバック:0 | コメント:0
Engel / Threnody
Engel / Threnody

1. Threnody
2. Sense The Fire
3. Until Eternity Ends
4. To The End
5. Down
6. Heartsick
7. Feed The Weak
8. For Those Who Will Resist
9. Every Sin (Leaves A Mark)
10. Roll The Dice
11. Elbow And Knives
12. Perfect Isis
13. Fearless(日本盤ボーナストラック)

86/100

エクストリーム・メタルバンド、Engelの2ndアルバムです。

4thアルバム「Raven Kings」からさかのぼって聴いています。4thや3thアルバムはかなりの高品質な出来栄えでしたが、この頃はどうでしょうか。世間一般の評価はこのアルバムが良いみたいですね、期待が膨らみます♪

1.Threnodyはスラッシュ・メタル的な勢いのあるギターから始まります!こりゃあいきなりカッコいい!ボーカルも強力なスクリームとクリーンなボーカルを駆使しています。ギターソロは暗い感じのメロディを弾いており、雰囲気にピッタリですな~。アコギによる叙情的なイントロの2.Sense The Fireは物悲しさをたたえたバラード調の楽曲。サビでのメロディアスな歌唱はやはり素敵です。デジタルサウンドからアグレッシヴに疾走する3.Until Eternity Ends!ギターが弾きまくりです!爽やかなクリーンボーカルがイイですな!ヘヴィなギターリフも見逃せませんね。イエテボリ系のメロディがまたたまらん~♪またもアコギで渋めにスタートするバラード4.To The End。力強いボーカルの歌唱がメインのキャッチーな楽曲で、アウトロもアコギが奏でられます。ストロングなギターリフから始まる5.Down。アップテンポでリズミカルに進んでいきます。サビはもちろんエモーショナルなクリーンボーカルで。ギターの奏でるダークな印象を受けるメロディが特徴的ですね。スクリームも強力!マシーナリーなイントロの6.Heartsickはゆっくりとヘヴィに進んでいくミドルテンポ・ナンバーです。かすれたボーカルが哀愁を漂わせます。ちょっとゆったり目の曲が続きますな…(汗)7.Feed The Weakは北欧の叙情的なメロディが実に美味しいアップテンポ・ナンバー。ライブで盛り上がりそうな楽曲ですな。ザリザリとしたギターからスタートする8.For Those Who Will Resistはズンズンと進む、こちらもアップテンポな一曲。跳ねるようなリズムですね♪広がりのあるクリーンボーカルがインパクトあります。デジタルな装飾にゴリゴリとしたギター、そしてカッコ良すぎるクリーンボーカルが目立っているミドルテンポ・ナンバー9.Every Sin (Leaves A Mark)。モダンなヘヴィリフがクールです!泣きのギターソロもカッコいい!どす黒い恐ろしげなメロディで始まる10.Roll The Diceはミドルテンポの楽曲。重々しい雰囲気に包まれています。11.Elbow And Knivesはここへ来てスピーディな楽曲!デジタルなアレンジが光っています。スタスタと疾走する爽快な楽曲ですな。静かなアコギの音色からだんだんと音が入ってくる12.Perfect Isis。ボーカルはよりディープな歌唱を披露しています。メロディアスなギターソロもイイですね!

日本盤ボーナストラックは13.Fearless。ウネウネしたアレンジから始まり、なかなかアグレッシヴな楽曲になっています。モダンな質感が光るアップテンポ・ナンバーです。

う~ん、個人的には3rdや4thアルバムの方が好きかなぁ。体感速度は最近の2枚のアルバムが勝っているのではないでしょうか。このアルバムは、あんまりスピード感がありませんでしたね…。(1曲目や3曲目はかなり良いのですが。)しかしメロディは相変わらず素晴らしく、ついついリピートをしてしまいますね。

キラーチューンはもう間違いなく「Threnody」でしょう!こんな感じのハイテンションでスラッシーな楽曲がもっと聴きたかった…!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Engel | 14:50 | トラックバック:0 | コメント:0
Engel / Blood Of Saints
Engel / Blood Of Saints

1. Question Your Place
2. Frontline
3. Feel Afraid
4. Numb
5. Cash King
6. One Good Thing
7. Blood Of Saints
8. Down To Nothing
9. Drama Queen
10. In Darkness
11. Journey's End
12. Neon Knights(日本盤ボーナストラック)

87/100

エクストリーム・メタルバンド、Engelの3rdアルバムです。

Engelの4thアルバム「Raven Kings」を聴いてモロにツボにハマったので、さっそく過去作品に手を出しました☆4thアルバムのようなメロディアスなメタルだと良いのですが…その内容はいかに!?

デジタルなアレンジからいきなりブレイクダウンで始まる1.Question Your Place!エレクトロな音色がかなり目立ちますね。サビではよりエモーショナルなクリーンボーカルの歌唱が入ります。ズンズンとヘヴィに進行していきますな。悲哀に満ちたサビでの歌唱はさすがです。アグレッシヴなギターがドライヴする2.Frontlineはスピーディな楽曲で、コレがまた超カッコいい!ザクザクとメロデス風のギターに加え、泣きのギターソロパートも出てきます!これは早くもキラーチューンか!?メロディックなギターからスタートする3.Feel Afraid。ミドルテンポでじっくりと進んでいきます。マシーナリーな印象が強いですね。フンワリとしたサビがイイ!短いですがギターソロもあります。スピード感のあるイントロの4.Numbは強力なボーカルとデジタルなアレンジが上手く組合わさった楽曲。やはりメロディには爽快感があります。エレクトロ・サウンドのあとはブレイクダウンで一気に落とします。こういうブレイクダウンは4thアルバムでは見られなかったなぁ。チャカチャカとデジタルなイントロから疾走を始める5.Cash Kingはカッコいいボーカルの歌いっぷりとメロデスチックな叙情的なギターフレーズがたまらない一曲!カッコいい~♪ついついヘドバンしてしまいます。テクニカルなギターソロも聴きどころですな。美しい音色から始まりデジタルサウンドとヘヴィリフで進んでいく6.One Good Thing。ちょっと今までの曲と比べるとテンションが落ちるかな…。わりと穏やかな曲です。ここでもエレクトロなアレンジが目立っています。暗黒系のメロディから始まり、ミドルテンポでじっくりと展開する7.Blood Of Saints。サビでのメロディはまぁまぁかな~。もう一声欲しいところです。デジタルチックな装飾からだんだんとスピードを上げていく8.Down To Nothing。きらびやかな音色がカッコいいです!サビでの歌唱もキャッチーで言うこと無しです。実に叙情的!もんのすごいエレクトロなサウンドで始まるアップテンポナンバーの9.Drama Queen。図太いギターリフが良い感じ。扇情度のあるギターソロもイイね~♪北欧的なメロディが美味しい10.In Darknessはモダンなリズムに乗せていくキャッチーな楽曲。サビはより一層感情が込められています。この曲のギターソロがまた弾きまくってます!アルバムラストの11.Journey's End。ドラマティックなイントロからブレイクダウンに突入、気だるいボーカルの歌唱からアグレッションのあるボーカルにシフトチェンジします。スロー~ミドルテンポでじっくりと歌っていますね。ギターもメロディアスに弾いております。

日本盤ボーナストラックは12.Neon Knights。例によって原曲は聴いたことがありません(汗)有名な曲なんですよね。曲の方は、強いエレクトロな音で始まり、クリーンボーカルとともに軽快に飛ばしていくアップテンポナンバーです。これはまたカッコいい!ノリノリですな。キーボードによる音色とギターソロが文句なく素晴らしい。原曲も聴いてみなければ…(汗)

今作では、4thアルバムではほとんど聴かれなかったエレクトロ・サウンドがかなり目立っていますね。それに加えてブレイクダウンの導入と、新しい要素にチャレンジしているようです。4thアルバムではその姿は見られませんでしたが…(汗)不評だったのかな?私はわりと気に入りましたね☆

キラーチューンは、メロデス風味もあるアグレッシヴ・チューンの「Frontline」か「Cash King」のどちらかですかね~。両曲ともにアグレッションあり北欧的な叙情性ありの美味しいとこ取りですな!

さて次は2ndアルバムを聴いてみたいと思います。さかのぼっていくのもなかなか楽しいですな☆

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Engel | 18:51 | トラックバック:0 | コメント:0
Engel / Raven Kings
Engel / Raven Kings

1. Salvation
2. Your Shadow Haunts You
3. Denial
4. Fading Light
5. My Dark Path
6. I Am The Answer
7. When The Earth Burns
8. End Of Days
9. Sanctuary
10. Broken Pieces
11. Hollow Soul

87/100

エクストリーム・メタルバンド、Engelの4thアルバムです。

名前を聞いたことがあるくらいで、詳しくは知らなかったこのバンド。例によって試聴してみるとなんとメロディアスな!メロデスなのかな?ジャンルがよく分かりませんが、コレは良さげ!と思い購入しました。ジャケットも良い感じですな~。

怪しげな語りから始まる1.Salvationは突如疾走を始めるスピードチューン!サビでの浮遊感ただようボーカルの歌唱はかなり上手いですね。実に叙情的で美しい!テクニカルなドラミングからスタートする2.Your Shadow Haunts Youはボーカルの絶叫とインダストリアルなアレンジが良い感じですな。ミドルテンポでじっくりとグルーヴィーに進む楽曲です。絞り出すボーカルの歌唱はかなり気に入りましたね☆3.Denialは細かいリフからリズミカルに進んでいくアップテンポ・ナンバーです。ダークなメロディがカッコいい!途中からスタスタと疾走を始めます。ギターの奏でるフレーズがたまらんです!ギターソロがまたメロディアスですな~♪4.Fading Lightはかなりキャッチーなメロディが良い感じのアップテンポ・ナンバー。ボーカルの歌唱はますます情緒的で、グイグイ楽曲を引っ張って行きます。ギターソロもテクニカルかつメロディアス!デジタルなアレンジから重々しいギターで始まる5.My Dark Path。ボーカルがメインとなり、スクリームやクリーンボーカルを披露しています。ボーカルは個人的にかなり好みですなー☆渋いギターで始まる6.I Am The Answer。ボーカルがかなり怪しげなメロディを繰り返し歌い上げます。一旦小休止といったところでしょうか。7.When The Earth Burnsはうって変わって、ヘヴィなギターリフからグルーヴ感のたっぷりに展開するミドルテンポ・ナンバーです。ボーカルの哀しげな歌唱が染みわたりますなぁ~♪8.End Of Daysは特徴的な音色のオープニングから力強いボーカルの歌いっぷりがたまらない一曲。ボーカルがホントにカッコいい!様々な歌い方を披露し、楽曲を盛り上げます。9.Sanctuaryは呟くようなボーカルから始まるミドル~アップテンポな楽曲。ギターはたんたんと刻んでいきます。クリーンボーカルとスクリームの絡み合いがメタルコアっぽいですな!またもデジタルなアレンジとグルーヴ感のあるドラミングが良い感じの10.Broken Pieces。アップテンポでリズミカルに展開していきます。雰囲気を重視したギターフレーズも見逃せません。アルバムラストの11.Hollow Soulは勇ましいメロディでアップテンポに進むキャッチーな楽曲。ボーカルの歌唱も今まで以上に感情のこもったアツい歌いっぷりを見せています!

コレは良いアルバムですな!前半はアグレッシヴに疾走したりする曲が多く、後半はドラマティックに壮大なスケールを描く楽曲が中心になっていますね。各曲がコンパクトにまとめられており、すんなり聴き終えられます。ただもうちょっとアグレッションがあるともっと良いんだけどなぁ。

こういうのなんていうジャンルなんだろう?インダストリアル・メタルと呼ぶにはそこまで機械的では無いし。ちょっとインダストリアル風味のある歌メロ要素の強いメロディック・デスメタルって感じ(長い)ですかね~。コレはこれで良し!

とにかくボーカルの力量に感服致しました。キラーチューンは「Denial」です!アグレッシヴかつメロディアス!ギターソロもバッチリです♪さっそく過去のアルバムも聴いてみたいと思います!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Engel | 19:05 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR