音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

Words of Farewell / The Black Wild Yonder
Words of Farewell / The Black Wild Yonder

1. Continuum Shift
2. Telltale Notion
3. In Kingdoms Of Rain
4. Damaged Beyond Repair
5. Beauty in Passing
6. The Outer Rim
7. Temporary Loss Of Reason
8. Antibiosis
9. Luminary Ghost
10. Riven

82/100

Words of Farewellの2ndアルバムです。

1stアルバムでは質の高い叙情メロデスをプレイしていた彼ら。試聴の段階ではちょっと不安でしたがやはり気になるバンドなので、今年発売された新譜を購入しました!杞憂に終わると良いのですが、2ndアルバムの出来栄えはいかがなものでしょうか!?ジャケットは相変わらずクオリティが高いですな~。

神秘的なメロディからスタートし、ヘヴィなギターリフが入るオープニング・ナンバー1.Continuum Shift。早速ギターが泣いております!ザクザクとギターが刻んでいく、なかなかスピーディな楽曲。フラッシーなギターソロがたまらんです!2.Telltale Notionはゴリゴリしたギターで重々しく始まるミドル~アップテンポナンバーです。デジタルちっくなキーボードの装飾が美しい!デスボイスもまさに北欧のメロデスっぽくてイイですな!後半はブレイクダウンのようなパートもあり展開が凝っています。叙情的なメロディによるイントロの3.In Kingdoms Of Rainはミドルテンポでゆっくりと進む楽曲。ピアノの音色が心地よいなぁ~。ふんわりとした雰囲気を醸し出すキーボードは相変わらず良い仕事をしています。厳かなイントロの4.Damaged Beyond Repairはだんだんと音がフェードインしてくる静寂とした楽曲。そこへ泣きのギターが入ってきます。ボーカルが入ると共にアップテンポになりますね。呟くようなボーカルが更に叙情性を高めます。5.Beauty in Passingはアグレッシヴなギターでズカズカと進むスピードチューン!ドラミングも強力です。キーボードも主張していて派手な一曲になっていますね。6.The Outer Rimは印象的なキーボードから始まりギターが加わるヘヴィなナンバーです。悲壮感のあるボーカルがカッコいい!メロディアスなキーボードとギターで始まる7.Temporary Loss Of Reason。リズミカルにギターが刻んでいく心地よい楽曲。コレはかなり好みな楽曲ですな!泣きまくりのギターにキーボードによるアレンジが加わり、スピード感もあります。静かなピアノの音色から始まる8.Antibiosis。そこへザクザクと刻むややモダン気味なギターが入ります。テンポよく進み、飽きさせずに聴かせる魅力がありますね。ギターソロもピロピロと弾きまくりですな!スピード感溢れるギターが目立っている9.Luminary Ghost。ギターが叙情的なメロディをこれでもかと弾いております。曲展開も工夫がなされてますね~。アルバムの最後は10.Riven。やや長めの楽曲です。ゆったりとしたイントロから壮大なスケールのあるギターが入ります。ポワポワしたキーボードもお得意のアレンジですな~。

ところどころでモダン化のような様子が見られますが、やはり北欧的な叙情性に溢れた楽曲が多いですね。キーボードの使い方なんかはモダンな感じが多いです。悪くはないんですが…私はどちらかというと前作の方が好きかなぁ。いや、どちらも質の高さは保証済みなので、後は好みの問題ですかね~。

個人的に気に入ったキラーチューンは「Temporary Loss Of Reason」でしょうか。やっぱりある程度スピード感のある楽曲が良いなぁ…と(笑)テンポよく弾かれるギターがかなりカッコいいです。ソロパートも弾きまくりで爽快です!
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Words of Farewell | 14:52 | トラックバック:0 | コメント:0
Words of Farewell - Immersion
Words of Farewell - Immersion

1. Project: Daybreak
2. Ever After
3. End Of Transmission
4. On Second Thought
5. Auriga
6. The Great Escape
7. Urban Panorama
8. Sorae
9. Vagrant Story
10. Sundown Serenade

83/100

メロディック・デスメタルバンド、
Words of Farewellの1stアルバムです。

youtubeで何か良さげなバンドいないかなーと探索していたところ、このバンドを知りました!なかなかにメロいデスメタルで、ちょっと興味がわいたので購入しました。よく調べたら新譜も今年発売しているようですね…。知るのが遅かったです(汗)でもその新譜を試聴してみましたが、ちょっとピンと来なかったんだよなぁ~…。まぁとりあえず1stアルバムから聴いてみたいと思います!

1.Project: Daybreakはちょいとモダンなギターでスタートし、ゴリゴリと進んでいくミドルテンポ・ナンバー。キーボードはシンフォニックな味付けをしていますね。ボーカルは吐き捨て型のいかにもメロデスといった感じで結構良い感じです。後半に進むにつれメロディックな展開になっていき、アコギなんかも入り叙情性を高めています。緊迫感のあるイントロの2.Ever Afterはいかにも北欧のメロデスバンド的なサウンド!ミドル~アップテンポで進み、サビではギターがかなりの泣きを披露します。ボーカルも悲壮感たっぷりです。途中ではアトモスフェリックなキーボードのアレンジが入ります。この曲はギターソロがスゴく泣きまくりですね!3.End Of Transmissionはほわわ~んとしたイントロに始まり、ゆったりとしたテンポでザクザクと刻んでいく一曲。メロディックなギターリフとキーボードによる装飾が良い感じ。ギターソロも相変わらず泣きまくりですね。4.On Second Thoughtは疾走感のあるギターでアグレッシヴに進んでいくスピードチューン。ギターがピロピロと弾きまくりですな。スタスタと疾走するドラミングも迫力があります。ブヨブヨした特徴的なキーボードの音色が聴ける5.Auriga。そのまま6.The Great Escapeへ繋がります。フワフワした感じのキーボードアレンジが効果的ですな。ギターの方はやはりカッコいい!スピード感のある爽快な一曲です。一旦和やかなパートを経て、再びアグレッシヴになりますな。だんだんとギターの音がフェードインしてくる7.Urban Panoramaはドラマティックなギターがリズミカルに弾くアップテンポナンバー。ノリの良いリズムでカッコいい!ギターがザクザクと主張しています。ポワポワしたキーボードから始まる8.Soraeは、ブックレットでは曲タイトルが「空へ」となっていますね。ゴツゴツしたギターと対照的な柔らかいキーボードの音色が素敵です。ミドルテンポナンバーですが、曲の後半ではスタスタと疾走する場面もあります。特にキーボードの冷やかな効果が気に入りましたね☆アコギで静寂さを演出するイントロの9.Vagrant Storyはミドルテンポからスピーディにズカズカと進む楽曲。実にメロディアスで、北欧的な雰囲気に包まれています。アルバムラストはザクザクとしたギターで進む10.Sundown Serenade。要所でピアノの音色を聴くことができ、泣き具合を高めていますね。

これはかなり良質なメロディック・デスメタルですな!叙情的なギターに加えてキーボードによるアレンジも素晴らしいです。ところどころでややモダンな印象も受けましたね。ギターソロも泣きまくりで満足です。あとはもう少しスピード感があると良いなぁ…と思ったんですが、それだと別バンドになってしまいますね(汗)さて2ndアルバムは買おうか、どうしようか迷うなぁ…。

キラーチューンは、「The Great Escape」か「Urban Panorama」でしょうか。こういうノリやすい楽曲に弱いんですよね~。他にも良い曲があって迷いましたが…。叙情的なメロディの質の高さはとても良い感じです♪

しかし曲だけでなく、アルバム・ジャケットやブックレットの中身なども、幽玄さというか、冷たさに包まれていますね。凝っていて素晴らしいと思います。しかし「空へ」ってどんな内容の曲なんだろう…自分の英語力の無さに(T_T)

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Words of Farewell | 19:05 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR