音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

DragonForce / Maximum Overload
DragonForce / Maximum Overload

1. The Game
2. Tomorrow’s Kings
3. No More
4. Three Hammers
5. Symphony of the Night
6. The Sun is Dead
7. Defenders
8. Extraction Zone
9. City of Gold
10. Ring of Fire
11. Power and Glory(ボーナストラック)
12. You’re Not Alone(ボーナストラック)
13. Chemical Interference(ボーナストラック)
14. Summer's End(ボーナストラック)
15. Fight to Be Free(ボーナストラック)
16. Galactic Astro Domination (Remixed)(ボーナストラック)

87/100

メロディック・スピードメタルバンド、DragonForceの6thアルバムです。
このバンドのCDを買うのは初めて。もちろん名前はデビュー当時から知っていましたが、ミョンミョン鳴ってるギターの音が苦手で今まで手を出してませんでした…(汗)今回のラウドパークの予習用に購入したものです。掲載時期が前後してしまって申し訳ありません。あれからもうだいぶ経つんだなぁ・・・しみじみ。

いきなり強烈なギターで幕を開ける1.The Game。ブラストビートも交えて爆走します!エピカルなサビも素敵です。突き抜けるような明るいメロディがたまりませんな!終盤のギターリフが特にカッコいい!静かなイントロから始まる2.Tomorrow’s Kingsはポジティヴなメロディでまたも疾走するスピードチューンです。タイトル曲を叫ぶハイトーンがスゴい!ソロパートも派手すぎますな!あんまりミョンミョン言ってなくて好感触です(笑)ズタズタと叩きまくるドラミングも聴き逃せません!哀愁のメロディを奏でる3.No Moreはキャッチーなメロディで突撃するスピードチューン。こちらも派手に爆走してます。繰り返される「No More~♪」が良い感じです!頭3曲でもうお腹一杯ですな!4.Three Hammersは渋いメロディからアコギによる演奏が入り、優しくボーカルが歌い上げます。力強さのあるサビでは一緒に歌いたくなってしまいますね!途中からいきなりメロデス風のギターリフが入りスピードアップ!ココがまた超カッコいい!ただのミドルテンポ・ナンバーとはひと味違いますね。5.Symphony of the Nightはボーカルの暖かな歌唱からだんだんと盛り上がり、爆走開始!切なげな美しいメロディで歌うボーカルとギターが最高にクール!途中では静かなギターでムードを作り、疾走一辺倒でないところを見せつけます。6.The Sun is Deadはアップテンポで勇壮なメロディをカッコ良く歌うアップテンポ・ナンバー。広がりのあるサビも非常に素晴らしいです。キャッチーでいいですね~☆ピロピロと弾きまくりなギターソロもたまらないですな。7.Defendersはザクザクしたギターで爆走し、勇ましいコーラスが印象的な楽曲。サビでの飛翔感が気に入りましたね。後半は一度静かになり、その後はハイトーンとともに爆走!ソロパートも相変わらず弾きまくりです!8.Extraction Zoneも初っぱなからスピーディな楽曲です。激しくカッコいいギターに圧倒されっぱなしです。ゲーム音楽の効果音みたいのも挿入されていますね。狂ったようなソロパートも派手で最高!イントロから哀愁のメロディで疾走する9.City of Gold。サビではポジティヴで明るい、キャッチーなメロディで彩られます。ギターソロはとてもヘヴィなギターで、今までと違った感じがしますね。アルバム本編最後は10.Ring of Fire。アグレッシヴなギターがカッコいいスピードチューン!渋いボーカルの歌いっぷりが素晴らしいですね!

以下はボーナストラックです。豪勢ですな~!
11.Power and Gloryはミドル~アップテンポでボーカルの美しさを堪能出来る一曲ですね。勇ましいメロディがイイ!12.You’re Not Aloneは力強いボーカルの歌唱が中心になり進んでいくミドルテンポ・ナンバー。ギターソロも哀愁のメロディで彩られます。13.Chemical Interferenceはアグレッシヴなギターがカッコいいスピードチューン!キャッチーなメロディで疾走する様は本編に入っていても良いくらいですね。ハイトーンも炸裂してます。ギターソロもド派手に弾きまくっておりますね!14.Summer's Endはベースの音から静かに始まる、爽やかなメロディをもつ楽曲。アップテンポで進んでいき、哀愁のギターソロに続きます。緊迫感溢れるイントロの15.Fight to Be Freeは期待通りの爆走ナンバー!サビではスピードやや落としてキャッチーな歌唱が入ります。シャープなギターソロも聴きどころですな。16.Galactic Astro Domination (Remixed)はギターが弾きまくるインスト。メロディアスでかつピロピロ感も交えて進んでいきます。

私が思っていたDragonForceとはかなり違っていましたね。ミョンミョンギターもあんまり無くて、各曲も比較的コンパクトでとても聴きやすかったです。なんにせよメロディの充実度が素晴らしいですね。スピードとパワー、そしてメロディが合わさってスゴいことになっています。買ってみて良かったです☆

しかし3Dジャケットはどこへしまっておけば良いのだろうか…(汗)
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| DragonForce | 18:57 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR