音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

Regnum Caelorum Et Gehenna / Dimersity 02: Votum Servo Orbis Terrarum
Regnum Caelorum Et Gehenna / Dimersity 02 : Votum Servo Orbis Terrarum

1. This Monochromatic World
2. Between Despairs And A Hope
3. Hands of Immortals
4. From The Story Untold
5. Orphan Like Me
6. A New World Without Us
7. Starlights In Nothing
8. The Glittering Days
9. In The City Of Darkness
10. Program AWAKE
11. Fingers crossed
12. The Eternal Green

93/100

Regnum Caelorum Et Gehennaの2ndアルバムです。
いつも参考にさせていただいている「悶絶メタルのページ」さんで知った、オリジナルメロデスプロジェクトです。なにやら名前も長いしアルバムタイトルもこれまた長いですな。モダンなメロデスと聞いては買わずにいられない!ということで購入しました♪値段も安くてお買い得でした。壮大なストーリーのコンセプト・アルバムのようですね。ジャケットも雰囲気があってカッコいいです。

1.This Monochromatic Worldはシンセやキーボードが冷ややかな印象を与え、ギターも泣きまくりのイントロ。メロディが物悲しくかなりツボを突いてきますね!続く2.Between Despairs And A Hopeは慟哭のメロディでスタートし、ズカズカと疾走するスピードチューン!ギターがかなりクサく、ボーカルも強力なシャウトを聞かせます。いきなりキラーチューンです!メロディがとにかくイイ!アグレッションも忘れず、良いバランスになっていますね。流れるようなギターソロもバッチリカッコいいです!ラストのボーカルの咆哮もスゴいですな。美しいシンセとテクニカルなギターで始まる3.Hands of Immortalsはアップテンポに進むスピード感のある楽曲。途中からスタスタと疾走します!透明感あるシンセが特徴的ですな。アコギも入りソロパートは特に気に入りました!ソロを経て再び疾走、こちらもカッコ良くキマってます。ウネウネしたシンセから厳かな雰囲気で始まる4.From The Story Untoldもアグレッシヴなスピード・チューン。要所で入るピアノが冷たい印象を与えます。ボーカルの歌唱も存在感たっぷりですな!ギターソロはまたも泣きっぷりが素晴らしく、最高です☆ラストはメロウな感じで終わります。ボーカルの強力なシャウトからスタートする5.Orphan Like Meはアップテンポでリズミカルに進む一曲。サビではボーカルがメロディを付けて叫び、鳴っているギターもかなりのクサさです!なんかこう壮大なイメージがありますね。この曲の哀しげなメロディは特に気に入りました!特徴的なメロディからスタスタと軽快に疾走する6.A New World Without Us。駆け上がっていくようなギターのフレーズがたまらんです!中盤では一旦スピードを落として、高速ギターソロに突入!カッコいい!こちらもキラーチューンですな。ギターの奏でるフレーズがとにかくクサい!最後はアコギで渋く締め括られます。7.Starlights In Nothingはかなり長めの曲です。ふんわりした不思議なイントロから女性ボーカルが入ります。その後は男性ボーカルが入り疾走!。なかなか曲展開が凝られていますね。激しく突っ走るところもあり、曲の長さを感じさせません。ピロピロとしたギターソロも聴き応えありです。この曲はなんというか、プログレっぽさがありますね。ラストは和やかなメロディで曲は終わります。8.The Glittering Daysはゲーム音楽的な効果音から始まり、すぐにザクザクと刻むギターと激しいドラムが入ります。こちらもスピーディな楽曲で、随所に特徴的な音色のシンセが挿入されています。ソロパートはなかなかムーディーな感じで工夫が見られます。その後はズカズカと疾走していきますね。ここまで来ても捨て曲ナシとは恐れ入りますねぇ。ややゴシカルな、物悲しいメロディを携え爆走する9.In The City Of Darknessはこれまたキラーチューンです!ボーカルの裏で鳴っているキーボードやシンセがたまらなく雰囲気を盛り上げます。いやぁ超カッコいい曲ですな!ギターソロがまたクール!テクニカルに弾きまくりです!10.Program AWAKEは哀愁のあるピアノがメロディを奏でるインスト。ドラマティックなメロディでスタートする11.Fingers crossed!これもキラーチューンですね!疾走しつつ慟哭のメロディを奏で突っ走るスピード・ナンバーです。ギターソロも泣きまくりで、キーボードも加わりもう大変なことになってます!このアルバムで一番クサい!ラストはインストの12.The Eternal Green。これまでとはちょっと方向性が違う爽やかなメロディのインストですね。このインストでもギターが泣いておりイイ出来になっています。最後の方はノイズっぽい感じで終わります。

こ、これはかなり高品質なモダン・メロディックデスメタルですね!正直、スゴい衝撃を受けました!ギターの奏でるメロディがかなりクサく、デジタルな演出もめちゃくちゃ好みです♪ボーカルもザラついたシャウトを聴かせ、迫力満点です。楽曲の方もアップテンポ~疾走曲が中心で聴いていて爽快ですね。捨て曲もありません!音質もクリアで良好です。久しぶりにスゴい名盤に出逢えました。

コレはぜひとも1stアルバムも聴いてみたいです!しかしドコで扱ってるんだろう…(汗)この2ndアルバムはamazonで取り扱っていたので何とか入手出来ましたが…。あぁ~、1stアルバムも聴きたい!

しかししばらくはこの2ndアルバムで満足できそうかな。ヘビロテ確定ですな!悶絶メタルのページさんに大感謝です!m(__)m
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Regnum Caelorum Et Gehenna | 16:15 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR