音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

GYZE / Northern Hell Song

1. Pirates Of Upas
2. Horkew
3. Dead Bone Blue
4. Black Shumari
5. Perryi Rain Dragon
6. Mayoi
7. The Bloodthirsty Prince
8. Kamuy
9. Brown Trout
10. Frozen Dictator
11. Northern Hell Song
12. Snow~Upas
13. Moonlight Sonata(ボーナストラック)

95/100

国産のメロディック・デスメタルバンド、GYZEの3rdアルバムです!

もはや説明不要のエクストリーム・メロディック・デスメタルバンドのニューアルバム!待ちに待った新譜です。1st、2ndと順当にレベルアップを遂げた彼らですが、今作品ではどのような成長ぶりを見せてくれるのでしょうか!?変わった曲タイトルが興味を引きますが、アイヌ語なんですね~。個人的には、前作で唯一の弱点だった音質の点をクリアしてくれることを期待します!!

1.Pirates Of Upasはさっそく北欧臭の強いメロディアスなギターフレーズで疾走!デスボイスとともにスタスタと爽快に飛ばしていきます♪コレだ、たまらねぇー!!クサ過ぎるメロディの洪水にノックアウト間違いなし!!ギターソロもクサクサかつテクニカルに弾きまくっております☆

2.Horkewはこちらもメロディックなギターがメインで突き進んでいくスピード・チューン!ますますアレキシ・ライホっぽさの増したボーカルのスクリームも迫力があり存在感をアピールしていますね♪楽曲の方もChildren of Bodomっぽさが強い気がしますが、泣きのメロディは日本ならではのモノを感じますな(*´ω`*)

3.Dead Bone Blueは北欧の透明感溢れるキーボードの音色がクサ過ぎるミドルテンポ・ナンバー。こちらの曲もギターメロディの良さで勝負に出ていますね!泣きを意識したギターソロには悶絶です!!コーラスも重ねられており、荘厳な雰囲気を醸し出しています。

4.Black Shumariはダークなメロディでスタートしたあとは、ヒロイックな叙情メロをまといカッコよく爆走!クソカッコいいなしかし!!そこかしこでピロピロと弾きまくりなギターサウンドには圧倒されます。ドラミングがかなり前面に出ており実に聴いていて爽快な気分になりますな(о´∀`о)

5.Perryi Rain Dragonは前曲から続いて始まる、こちらもスピード感のあるアグレッシヴな疾走曲!!GYZEらしい泣き泣きな叙情メロがたっぷりと塗布されています。途中では特徴的なメロディが聴かれ、アレンジの幅の広さを見せつけますね♪

6.Mayoiはアコギによるメロウなイントロから、泣きのギターによるインスト・ナンバー。

7.The Bloodthirsty Princeは今までの感じとはまた違った、シンフォニックなメロディで爆走する慟哭のメロデス・チューン!クラシカルなギタープレイはやはりChildren of Bodomを彷彿とさせますね♪ギターソロはもう泣きまくり。ここまで良曲を連発されるとは、たまりませんな!!

8.Kamuyはヴァイキングっぽいメロディでどっしりと進んでいく重厚なアップテンポ・ナンバーです。こちらの楽曲はKalmahっぽさが出ていますね。やはり北欧の先輩バンドからの影響は大きいようです。ソロパートでも勇ましいメロディが聴かれますね。

9.Brown Troutはストロングなギターリフで始まり、キラキラとしたピアノも加わりクサ過ぎるメロディで疾走!慟哭のメロディが胸に突き刺さる、実に素晴らしい楽曲です(T-T)長めなギターソロも構築美溢れるカッコいいものになっています。

10.Frozen Dictatorはもう、イントロからチルボド!!(笑)キラキラしたキーボードにギャウギャウ唸るボーカルのデスボイス、疾走感のあるドラムにザクザクと小気味いいギタープレイでズカズカと進んでいきます。ギターソロはピロピロと弾きまくるタイプです☆

11.Northern Hell Songはアグレッションたっぷりなギターリフによるイントロから慟哭のメロディが炸裂、アルバムの中でもキラー・チューンになり得る名曲。さすがアルバムタイトルを冠するだけのことはありますな!もちろん疾走感の高いスピード・チューンになっています。

12.Snow~Upasはムーディーなメロディでアルバムのラストを締め括るインスト・ナンバー。どこか暖かみのあるメロディが印象的です。

13.Moonlight Sonataはボーナストラック。デスボイスによるスクリームがかなり主張していますね。ボーナスでもありがたい!上手くGYZE流にアレンジされていると思います。

た、たまげたなぁ~・・・。正直ここまでの作品を送り出してくるとは、思ってもみませんでした!これまで以上にハデハデなギタープレイに加えて、ドラミングの叩きっぷり、キーボードアレンジなどすべてが凄まじいレベルアップを遂げています!!メロディの質によってはChildren of BodomやKalmahなどといった、北欧メロデス・バンドの影響が色濃く見えていますが、それもどうでも良くなってしまうくらい素直にカッコいいです(泣)

前作で唯一の弱点だった音質も大幅に改善。かなりクリアになったと思います。ただちょっとボーカルが引っ込んでるかな?迫力のあるデスボイスだけにもったいない!ギターをメインに聴かせるためにわざとそういう風にしたのかな?

ボリュームの方もボーナストラック含めて約1時間と大変満足です♪ほとんどの楽曲が疾走曲というのも良いですなぁ~☆

Serenity In Murderの新譜でかなり国産メロデスが賑やかになるか!?と思っていたところへGYZEが見事に続いてくれましたね(^_^)これも年間ベスト入り決定の超・名盤です。メロデス好きは買って損なし!ですよ~(*´∀`)
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| GYZE | 23:24 | トラックバック:0 | コメント:0
GYZE / BLACK BRIDE
GYZE / BLACK BRIDE

1. Black Bride
2. In Grief
3. Honesty
4. Insane Brain
5. Black Shadow
6. Winter Breath
7. Twilight
8. Satanic Loop
9. 菜の花
10. Julius
11. 明日への光
12. Gnosis(日本盤ボーナストラック)

93/100

エクストリーム・メタルバンド、GYZEの待望の2ndアルバムです!

1stアルバムの衝撃から、なんかあっという間に2ndアルバムが発売ですな!時間が経つのは早いなぁ…などと思ってしまいます。もちろん期待度MAXで購入しました!

いきなりドラマティックなギターでスタートする1.Black Bride!アップテンポでだんだんと疾走していくスピードチューンです!ギターリフが本当に叙情的でたまらん!泣きのギターは健在です。サビでのクサメロっぷりが最高!ボーカルのグロウルもなかなか迫力がありますね。ギターソロがまたテクニカルかつ泣きまくりで素晴らしい…!サビメロが耳から離れません。重々しいヘヴィなイントロから爆走する2.In Grief。初っぱなからギターがピロピロと鮮やかに弾きまくってます!ボーカルが入るとアップテンポになり、実にリズミカルです。こちらは勇壮なメロディで彩られ、サビでの爆発的なクサメロにまたも悶絶!ドラミングもバシバシと迫力があり、インパクト大です。後半はテンポを落として、ギターを聴かせにきてその後再び爆走です!この曲もイイね~♪アグレッシヴなイントロの3.Honestyはザクザクと刻んでいくギターとシャウトするボーカルが存在感を発揮するアップテンポナンバー。サビではここで初めてノーマルボイスによる歌唱が入ります。部分的に日本語詞があり、とてもキャッチーな楽曲ですな!ギターも相変わらず活躍してますね。ピアノとストリングスによるクサいイントロの4.Insane Brain。いきなりカッコいいギターが入り疾走を始めます!これでもかと弾きまくるギターがイイですなー!叙情的な雰囲気も充分あります。終盤の泣きまくりなギターがもう素晴らしすぎ!イントロからいきなり超メロディアスなギターで始まる5.Black Shadow。スタスタと疾走する軽快なスピードチューンですな。キラキラしたキーボードもイイ!その後はクサいメロディを奏でる高速ギターソロが!こちらもたまりません!不思議な音色から激しいギターが入る6.Winter Breath。この曲はアップテンポでリズミカルに進んでいきます。もちろんギターの哀愁度は抜群です!ソロパートはこれまでとはちょっと違った印象を受けましたね。クサさよりテクニック重視というか…。豪華絢爛なイントロでメロディを撒き散らしながら疾走する7.Twilight。哀愁を漂わせるスピードチューンですな!いったんテンポを落とす辺りの展開がニクいです。ギターソロはやはりピロピロと弾いています。ブルータルなイントロでこれまでとはちょっと違った雰囲気の8.Satanic Loop。アグレッションに溢れていますな~。ドラミングがスゴい迫力です!ギターもしつこいくらいに弾きまくりですね(笑)慟哭系のメロディで良い感じです。9.菜の花はついに日本語タイトルの楽曲が!とてつもなく叙情的なギターフレーズで爆走する、前作でいうところの「Day Of The Funeral」に当たる楽曲でしょうか!?あまりにもクサ過ぎてもう大興奮です!超カッコいいー!アルバム終盤でキラーチューンか!?10.Juliusは悲しげなピアノによるイントロ…からの、非常にアグレッシヴなギターとドラミングが入るスピードチューンです。攻撃的な楽曲ですが、泣きのメロディを奏でるパートもあるので安心です☆エクストリーム感たっぷりな楽曲ですな!アルバム本編ラストは11.明日への光。アコギでしっとりとしたメロディを奏でます。これもまた泣ける叙情的なメロディですな。

日本盤ボーナストラックは12.Gnosis。ストロングなギターから始まるスピード感のある楽曲です。モダンなリズムに乗って展開していく、ボーナストラックとは思えないクオリティです!途中でアコギのパートが入り、その後はお待ちかねの泣きギターソロ!最高じゃー!ボーナスでこの品質ですから、海外盤のボーナストラック、「Surface Tears」も気になるところですね…。

あぁー、今年の楽しみのひとつがまた減ってしまった…(T_T)1stアルバムであのクオリティだったので、2ndアルバムは難しいだろうなぁ~、と思っていましたが、そんな心配も無駄に終わりましたね。むしろ前作よりもギターが弾きまくりな気がしました。メロディの良さも相変わらずの素晴らしさです!これだけ安定してクサメロを量産出来るとは、恐れ入ります(笑)インストを除いてスローチューンは一切無し!スピード&クサメロで埋め尽くされておりますな!

ただ、ちょっと音が激しすぎてメロディを追うのが大変でしたね(汗)まぁこれは何回か聴き込んでいけば大丈夫かな。あとクリーンボーカルのパートがほとんど無くなってしまったのがちょっと残念でした…。前作で言うと「Regain」みたいな楽曲を入れてもらえると、アルバム内のバラエティも増えて、全体が引き締まるのではないでしょうか。今回のアルバムは例によって金太郎飴状態になりかけているかな…?とも感じたので。まぁ些細な問題ですけれどね~。逆に言えばどの曲もクサくカッコいいということで…。音質に関しては、もう少し音の分離を良くしてもらえるといいかな~。まだまだ改善の余地はあるのではないかと思います。

キラーチューンは、泣きまくりの哀愁メロディを奏でるオープニング・ナンバー「Black Bride」か、こちらも爆発的なメロディの良さが最高な「菜の花」でしょうかね。前作の「Day Of The Funeral」や「Midnight Darkness」級の楽曲に匹敵するのではないのでしょうか!?

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| GYZE | 14:13 | トラックバック:0 | コメント:0
GYZE / Fascinating Violence
Gyze / Fascinating Violence

1. Desire
2. Desperately
3. Fascinating Violence
4. Regain
5. Trash My Enemy
6. A Dynasty
7. Final Revenge
8. Trigger Of The Anger
9. Day Of The Funeral
10. Midnight Darkness
11. The Black Era

93/100

GYZEの1stアルバムです。ゲストにDisarmonia MundiのClaudioが参加しているということで、期待して購入した一枚です。

オープニングナンバーの1.Desireからいきなりドラマティックでメロディアスな疾走曲です!ピアノ等も使い哀愁度は抜群!ゲストボーカルのClaudioも安定してカッコいい咆哮を聴かせてくれていますね~。ギターソロも滑らかに弾きまくりです。デジタルな感じの効果音から続く2.Desperatelyはズカズカと疾走、途中でノーマルボイスによるメロディアスな歌唱が入ります。この歌唱もなかなかイイですね。メタルコアみたいにちょっとテンポを落とした後はテクニカルなギターソロが!3.Fascinating Violenceは雄大な雰囲気のあるイントロからドラムがドカドカとし疾走を開始、ボーカルが入ると一旦テンポを落とし、ザクザクとしたギターで進んでいきます。この曲もメロディがとてもカッコいい!ピアノも入り泣き具合は最高です。ギターソロはピロピロと弾きまくるタイプですね。モダンにガツガツと疾走する4.RegainはDisarmonia Mundiを彷彿とさせますね。ノーマルボイスで歌い上げ、間にClaudioの強力なデスボイスが入ります。この曲はノーマルボイスによる歌唱がなかなか目立っていて良いですね~。ギターソロもとてもクール!ヘヴィなギターのイントロから始まる5.Trash My Enemyは機械的にゴリゴリと疾走していく楽曲。テクニカルなギターソロが入り、一層曲を盛り上げます。ミドルテンポでメロディを奏でながらスタートする6.A Dynastyはボーカルが入るとスピードを上げ、何やらインダストリアルな印象を受けます。ここでもノーマルボイスが挿入されますが対比的にエモーショナルに歌い上げていますね。なかなか上手だと思います。ダークな雰囲気の中で繰り出されるギターソロに大興奮です!壮大なメロディからボーカルの咆哮とともに疾走していく7.Final Revengeは、2人のデスボイスが絡み合い絶妙な感じになっています。メロディックなギターの後はまたも疾走!ラストのギターメロディがスゴくカッコいい!いきなりアグレッシヴに攻め立てる8.Trigger Of The Anger。デスラッシュのようでメロディ要素は薄めかな?と思ったらソロパートではしっかり泣きのメロディを奏でていますね。途中でテンポを落とし、ピロピロとギターが入ってきます。コレも叙情的で良い感じです。悲哀に満ちたピアノとヴァイオリンから美しいメロディを引っさげ大疾走する9.Day Of The Funeral!コレは素晴らしい!アルバムのキラーチューンではないでしょうか。激情のメロディで疾走する、まさにメロディック・デスですね。ギターソロのカッコよさもアルバム1ですかね!?またもイントロから慟哭のメロディを携えて疾走する10.Midnight Darkness。ああ、こっちの曲も良いなぁ~。ギターリフがカッコ良すぎます!最高です!ラストの11.The Black Eraは、静かなピアノとデジタルなキーボードでメロディを奏でるインストです。

これはスゴい作品です!1stアルバムからこんなにもハイクオリティな楽曲を揃えてくるとは…。Claudioのボーカルがほぼ全曲に入っているのでDisarmonia Mundiみたいな雰囲気もありますが、充分実力を持っていると思います。国産で最近だとThousand Eyesがありますが、Gyzeもかなりの高品質な音楽を演っていますね。どの曲もコンパクトにまとめられ、また疾走度も高いです。Amazonでお安く手に入るので、メロデスやメロディック・デスラッシュ好きな方は買って損はないと思います!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| GYZE | 16:40 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR