音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

The Resistance / Torture Tactics
The Resistance / Torture Tactics


1. For War
2. Dead
3. Cowards
4. Deception
5. The Burning
6. Dying Words
7. Slugger
8. Expand To Expire
9. Face To Face
10. I Bend You Break

75/100

デスラッシュ・メタルバンド、The Resistanceの最新EPです。

これは、てっきり2ndアルバムが発売になったと勘違いして購入してしまいました(汗)10曲も収録されてるし…(←言い訳)7曲目~10曲目は1stアルバム(国内盤)に収録されてましたね。アレンジが変わってたりするんでしょうか。それともそのままかな?包装されたビニールに貼ってあるシールには「新曲が6曲で、ボーナストラックが4曲入ってるよ!」とか書いてありますが…。新曲はたぶん前作と変わらず、メロディ要素薄めのバリバリなデスラッシュなんだろうな~…。

ストロングなギターから始まりズカズカと疾走する1.For War。爽快なドラミングがとても気持ち良い一曲です。リズミカルなテンポで進む2.Dead。ボーカルのマルコの咆哮もたまらないものがありますなー。途中でテンポを落とし、邪悪な雰囲気を醸し出します。ザリザリとしたギターリフで軽快に飛ばしていく3.Cowards。こちらもアップテンポな楽曲で、なかなかカッコいい!4.Deceptionはイントロからかっ飛ばすスピードチューン!実に勢いがあります。最後はノイズが入ってきて終了。すぐさま始まる5.The Burningは緩急を付けた曲展開が特徴的なショートナンバーですな。6.Dying Wordsはやや叙情的なギターによる、スローなインスト。7.Sluggerから10.I Bend You Breakまでは1stアルバム(国内盤)に収録されていたものと同じようです。違いがあったとしても、この音楽性では分からないかも…(汗)

やっぱり、と言った感じですね。その音楽性は1stアルバムから特に変わっておりません。メロディを極力抑えて、オールドスクールなデスラッシュをプレイしています。このミニアルバムの方向性なら、2ndアルバムはもう買わなくてもいいかなー(汗)と思いました…。個人的に1stアルバムがあればそれで満足してしまいますな…。
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| The Resistance | 21:04 | トラックバック:0 | コメント:0
The Resistance / Scars
The Resistance / Scars

1. Clearing The Slate
2. Your Demise
3. To The Death
4. Expand To Expire
5. Imperfected
6. I Bend - You Break
7. The Serpent King
8. Eye For An Eye
9. My Madness
10. Warmonger
11. Scars
12. (I Will) Die Alone
13. My Fire(日本盤ボーナストラック)
14. Face To Face(日本盤ボーナストラック)
15. Rise From Treason(日本盤ボーナストラック)
16. Slugger(日本盤ボーナストラック)

82/100

The Resistanceの1stアルバムです。

スタスタと疾走する1.Clearing The Slateはボーカルの迫力も相まって強力なオープニング・ナンバーになっています。リズムよく疾走する2.Your Demiseはテンポを落として曲に展開をつけている辺りが良い!多少メロディアスでもありますね。ドラムからスタートする3.To The Deathはいかにもスウェディッシュ・デス的なメロディで疾走する楽曲です。しかしちょっと短いかな…(汗)4.Expand To Expireは強力なギターリフで爆走する曲で、わずかに挿入されるメロディが良い感じです。引きずるようなギターで始まる5.Imperfectedはミドルテンポでザクザクと進んでいきます。ここでも僅かですが叙情的なメロディがありますね。6.I Bend - You Breakはザリザリとしたギターリフがとてもカッコいい!ズンズンと突き進むパワフルな楽曲ですね。特に気に入った一曲です。不気味なSEからスタートする7.The Serpent Kingはアルバムの中ではメロディが豊かな方ではないでしょうか。まさに疾走するスウェディッシュ・デス!8.Eye For An Eyeはボーカルの咆哮から始まり、アップテンポにガツガツ進んでいく楽曲です。なにかすごい緊迫感が感じられますね。これまたアグレッシヴなギターがカッコいい9.My Madnessは途中で少しだけ挿入されるメロディアスなパートがイイですね~♪ゆっくりとギターを奏でる10.Warmongerはリズミカルな早口ボーカルがなかなか面白いです。アルバムタイトルの11.Scarsは初っぱなからアグレッシヴに爆走。最後の終わり方もカッコいい。アルバム本編ラストの12.(I Will) Die Aloneはアップテンポにザクザクとしたギターで進む楽曲。これまで疾走してきたけど、最後の曲は疾走しないんだな…(笑)ラストのギターの奏でるメロディがとても印象的な一曲です。ボーカルにも哀愁が感じられます。

以下は日本盤ボーナストラックで、先に発売したEPに収録されていた楽曲だそうです。これは有り難い!13.My Fireは邪悪な感じのメロディがカッコいいアップテンポ・チューン。14.Face To Faceはズカズカと疾走するスピード感あふれる楽曲です。途中で叙情的なメロディが少し顔を出しますね。こちらもバカスカと爆走する15.Rise From Treason。ボーカルのシャウトが特にカッコいい一曲。ラーイズ!ラーイズ!最後は16.Slugger。リズミカルなドラミングでスタート、噛みつくようなボーカルと切れ味抜群のギターリフがマッチしています。

事前に示されていた通り、メロディ要素は非常に薄いですね。しかしほとんどメロディが無いとかそういう訳ではなく、ちょっとした味付け程度にメロディが加えられています。あと楽曲のほぼ全てが疾走しており、楽曲の差別化なんて言葉はこういうジャンルには言っても仕方ないですが(笑)ただ各曲に個性を持たせようという工夫を感じとることが出来ました。メロディ派の私ですが、たまにはこういうのもアリだな~と思わせてくれたアルバムです。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| The Resistance | 17:16 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR