音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

Blood Stain Child / The Legend
15288750930.jpeg

1. KAMUI-神威-
2. Silence Of Northern Hell ~0~
3. Crimson Symphony ~rage of blood~
4. Requiem ~T.O.A~
5. Mystic Your Heart ~angel in the karma~
6. ∞SYSTEM ~b.u.r.s.t~
7. CLONE LIFE ~anti-human~
8. Final Sky ~terra~
9. Embrace Me ~you are not alone~
10. TRUTH ~psyco society~
11. Exotic-6-cordinator ~novum~
12. FREEDOM ~ryu in the house~
13. Another Dimension ~shiro gane~
14. Forever Free ~焔~
15. ETERNAL-proto-type-

92/100

サイバー・トランス・メタルバンド(?)Blood Stain Childの再録ベストアルバムです!!

最近ご無沙汰だったこのバンド。初期チルボドなメロデスから始まり、デジタルなサウンドアレンジを経て、トランス・メタルと言われるまで個性を確立した感があります。今作品は再録ベストということで、ニューアルバムでないのが残念ですが、現在のBlood Stain Childによる過去曲の解釈がどのようなものなのか、非常に楽しみですな!

1. KAMUI-神威-は新曲になっています。イントロから幻想的でちょいとエスニックな女性コーラスから始まり、ボーカルの強烈なシャウトが!!アップテンポでゴリゴリとしたギターリフ中心に突き進み、サビではクリーンなボーカルとともに疾走♪ギターソロはジャパメタっぽくとてもメロディアスで気に入りましたね~。

2. Silence Of Northern Hell ~0~は、正直あんまり聴き込んでなかった1stアルバム(ミニアルバム扱いなんでしたっけf(^_^;)からの選曲。エピカルなメロディの壮大なギターフレーズで疾走開始☆ややデジタルなキーボードが良い具合にアレンジされています。

3. Crimson Symphony ~rage of blood~はこちらもまたデビュー作から。ブラストビートで幕を明け、女性コーラスも加わりとてもゴージャス!ウネウネした近未来的なキーボードとともに疾走♪中盤のクールなギタープレイからの爆走パートはたまらないものがありますな・・・(;つД`)高速ギターソロ&キーボードソロは悶絶ものです!!

4. Requiem ~T.O.A~はややシンフォニックな音色に始まり、どっしりとしたギターフレーズからジリジリと煽り、ボーカルが入るとともにスタスタと軽快にかっ飛ばします!ギャウギャウ唸りまくるボーカルのスクリームがカッコいい!なにやらホーリーな雰囲気もあるパートもあり、それでいてデジタルなキーボードも目立っています。勇壮なメロディのギターソロが一番の聴きどころ(^_^)v

5. Mystic Your Heart ~angel in the karma~は北欧感たっぷりな叙情リフでスタート!呟くようなボーカルとスクリームが交差する重厚な楽曲ですね♪ミドルテンポでゆったりと進んでいきます。ここで顔をだすピアノの音色がまたクサいですな☆原曲の良さを殺さずに見事にアップデートされています。途中からはややスピードを上げてアップテンポ気味に軽快な展開を見せてくれますね。

6. ∞SYSTEM ~b.u.r.s.t~はチリチリとした荒々しいギターリフからボーカルの掛け声とともに爆走!!ピコピコキラキラしたキーボードが存在感を発揮しているアグレッシヴなナンバーです。3分に満たない短めな楽曲になっています。

7. CLONE LIFE ~anti-human~は待ってましたよこの超名曲!!イントロからかき鳴らされるクサクサなギターメロディはすぐに頭に浮かぶほどにキャッチーでもあります♪そしてこの再録バージョンの素晴らしいこと!!弱めだったボーカルが解消され、さらに美しさを増したキーボード・アレンジ・・・(T-T)ギターリフの鋭さも抜群でございます☆やっぱり良い曲だわぁ~。

8. Final Sky ~terra~はこれまた名曲!サイバーなサウンドアレンジからのカッコいいギタープレイで疾走!!キーボードの美しい音色が加わっており更に美麗で、アグレッションも満点ですな~(*´ω`*)絞り出すようなスクリームがとてもクール!そして待ちわびたソロパートはヘヴィなギターから哀愁を漂わせる渋いメロディをかき鳴らしてくれます♪

9. Embrace Me ~you are not alone~はこちらもお気に入りの楽曲。クサクサで哀愁度たっぷりなメロディが胸を打ちます(T-T)このピアノの旋律がたまりません!そしてボーカルのスクリームと激しいドラミングで盛り上がりを見せたあとは、ミドルテンポでヘヴィに突き進んでいきます。ザクザクとしたギターによるソロパートもなかなかにカッコいい!儚いピアノのメロディが一番のポイントです♪

10. TRUTH ~psyco society~は今までとは違った作風になっております。モダンなヘヴィネスたっぷりに、きらびやかなキーボードをバックにしてズルズルと引きずるような感じがしますね。しかし楽曲を包み込むサイバーなフィーリングは健在です♪

11. Exotic-6-cordinator ~novum~は神聖なクワイアからスタート、激しくドラマティックなギターフレーズでズカズカと爆走していくスピード・チューン!疾走感の溢れるクリーンなサビメロが最高です~(*´ω`*)クランチーなギターリフにサイバーなキーボードが良い具合に絡み合っています。

12. FREEDOM ~ryu in the house~はノリノリでダンサブルな楽曲ですね♪多種多様なボーカルワークを楽しむことができます。デジタル過ぎてちょっとだけ苦手な効果音も入ってたりしてf(^_^;でもまぁまぁ楽しめました☆

13. Another Dimension ~shiro gane~はピコピコした電子音がいかにもサイバーでトランスっぽさ全開のアップテンポ・ナンバーです。しかしサビメロでの爽やかな感じのメロディはなかなかキャッチーで聴きやすい!スクリームも加わりハデハデですね!

14. Forever Free ~焔~は壮大なスケールを描くサビメロが特徴的な楽曲ですな♪女性コーラスも入り、どキャッチーで滑らかなサビのメロディが耳に優しい~(;つД`)様々な楽器の音色がアレンジされています。そしてギターソロもちょいと短めですがスマートでカッコいいメロディアスなものになってますねー☆

15. ETERNAL-proto-type-はきらびやかなキーボードからスタート、ヘヴィなギターリフでザクザクと突き進んでいくスピード感の溢れる楽曲。サビでは女性コーラスとともに疾走!!こりゃあカッコいいですね~♪デスメタリックなギターが存在感を放っています。後半のノリノリなリズムがとてもgoodです!

かなり楽しめる再録ベストアルバムでした!選曲も個人的に満足のいくものになっています。過去の名曲が、変にアレンジされることなく順当にブラッシュアップされているのがありがたい♪ボーカルもカッコいいし、キーボードの美しい音色やハデハデなアレンジもお見事です。ギタープレイも前面に出ていてその存在感をアピール。ドラムもなかなかタイトで迫力がありましたね~(^_^)v

初めてこのバンドを聴く方にも、今までのアルバムを持っている方にも両方におすすめできる良質なアルバムですな♪

こうなってくると、早くも新作が待ち遠しくなってしまいます。1曲目の新曲を聴く限りかなり期待できそうですね☆
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Blood Stain Child | 18:36 | トラックバック:0 | コメント:0
BLOODSHOT DAWN / REANIMATION

1. Seared Earth
2. Graviton Nightmare
3. Survival Evolved
4. Upon the Throne of Fear
5. Controlled Conscious
6. Soul Affliction
7. Shackled
8. Battle for the Omniverse
9. DNA Reacquisition
10. Reanimated

88/100

イギリスのメロディック・デス・メタルバンド、BLOODSHOT DAWNの3rdアルバムです♪2018年の作品。

名前はもちろん聞いたことのあるバンドです。1度は聴いてみたいと思い、最新アルバムを購入してみました!ジャケットからはモダンな雰囲気が漂っておりますね。

1. Seared Earthはメロメロなギターリフで疾走!ドスの効いたハスキーなデスボイスにフラッシーなギタープレイが光ります。重心の低いヘヴィネスもありますね~。派手なブレイクダウンパートも取り入れており、なかなかヘヴィな印象ですね♪ソロパートも叙情的で素晴らしい(о´∀`о)

2. Graviton Nightmareは謎の音色からストロングなギターリフでアップテンポ気味に突き進んでいく楽曲ですな♪ここでも泣き泣きなギタープレイがたまらんです!マシーナリーな雰囲気もあり、モダンな質感が高いですね。

3. Survival Evolvedはだんだんとギターの音色がフェードイン、メロディアスな旋律を奏でていきます。ゴリゴリとしたヘヴィリフと緊迫感の溢れるドラミングに加えて、流麗なソロパートが華を添えますな♪スピード感もなかなかあり、カッコ良いですな!どことなくスペーシーな雰囲気もありますね・・・!!

4. Upon the Throne of Fearは激しいグロウルからスタート、ブルータルなサウンドで突っ走ります!ブラストビートも非常にタイト!!ギターもピロピロと弾きまくりな楽曲ですな♪モダンなメロデス風味のギターソロに悶絶です(*´ω`*)

5. Controlled Consciousはチリチリとしたギターリフで突進するスピード・チューン!!ドラミングがとてつもなく迫力がありカッコ良いですな♪バカスカ叩きまくりでとてもイイ!そして勇壮なメロディを奏でていくギターフレーズにまたも悶絶!!こりゃあクールですね♪後半はテンポを落として滑らかなメロディを奏でたりしますな。日本人好みの旋律だと思いました(*´ω`*)

6. Soul Afflictionはバウンドする躍動感溢れるギターフレーズに激しいドラミングが加わるスピード・チューンになっております(*´∀`)うねるようなギタープレイがカッコ良い!非常に洗練された、テクニカルな演奏を楽しむことができますね☆マッチョなボーカルのシャウトも暑苦しくて素敵ですな(笑)

7. Shackledは突進力のあるギターによるイントロから重戦車のように突き進んでいくグルーヴィーなナンバーです。しかしギターの泣きっぷりはアルバム最高か!?というくらいに弾きまくっております♪これもまたたまらないものがありますね~。吐き捨てるようなボーカルのスクリームも楽曲にピッタリ合っています。

8. Battle for the Omniverseはスペーシーなキーボードから激しいドラミングで爆走!!これはまたアグレッシヴ!!ギターのザラついたタッチがとても強烈でカッコいい~!!非常にクオリティの高い楽曲ですなー。焦燥感を煽ってくる緊迫感の溢れるスピード・チューン!

9. DNA Reacquisitionは1分半ほどのインスト。ゆったりとしたメロディをギターが奏でます。

10. Reanimatedはドカドカと叩きまくるドラミングにカッコ良いスクリームが乗っかる疾走曲ですね!メロディアスでシンフォニックさも少し感じられるギターフレーズにはたまらないものがありますな~♪浮遊感のある、不思議なメロディも楽しむことができます!

こりゃあハイクオリティなメロデス!モダンで無機質なフィーリングもありつつ、いかにも北欧の叙情的なメロデス的なギターフレーズが飛び出してきてそこがたまらないですね。ドラミングが実にハデハデで叩きまくりなのもポイントが高いです♪ボーカルのスクリームも強烈でカッコよし!楽曲はだいたい4~5分台とコンパクトにまとめられているのも好印象です。

キラー・チューンは、「7. Shackled」ですかね。アルバムの中でも際立って泣きっぷりが素晴らしいギターフレーズに悶絶してしまいました♪突進力もあってメロデスとしての完成度が高い!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| BLOODSHOT DAWN | 21:33 | トラックバック:0 | コメント:0
The Black Dahlia Murder / Nightbringers

1.Widowmaker
2.Of God And Serpent, Of Spectre And Snake
3.Matriarch
4.Nightbringers
5.Jars
6.Kings Of The Nightworld
7.Catacomb Hecatomb
8.As Good As Dead
9.The Lonely Deceased

91/100

アメリカのメロディック・デスメタルバンド、The Black Dahlia Murderの8thアルバムです♪

1度で良いから聴いてみよう、いや、聴いてみたい。そう思っていたらもう8枚目のフルアルバムになっていましたf(^_^;もはや私の方から説明する必要のない、有名なバンドですね☆AmazonのMP3で購入しました。

1.Widowmakerは不気味な音色から始まり、ブラストビートとボーカルの絶叫で爆走!!メロディックなギターリフでザクザクと進んでいきます♪ドラミングがとても強烈!!そしてとてつもなくメロディアスなギターソロへとなだれ込みます(*´∀`)こいつぁカッコいいなー!

2.Of God And Serpent, Of Spectre And Snakeはスタスタと軽快なドラミングで始まり、その後は疾走しながらボーカルが叫びまくるスピード・チューン!激しすぎる!なんというアグレッションでしょうか(;つД`)邪悪なメロディがふんだんに彩られており、聴いていて引き込まれてしまいますね☆この曲でも凄まじいギターソロにブラストビートが絡まり大変なことに。

3.Matriarchは重心低く突貫するこちらもスピード感溢れる楽曲。イーヴルな雰囲気たっぷりに疾走していきます!早口のデスボイスもかなり迫力があってインパクトがありますな~♪クラシカルな感じのギターソロも悶絶です!!

4.Nightbringersは一転してスローなイントロ、ここへ来てようやくミドルテンポ・ナンバーが登場です。しかしボーカルのアグレッシヴさは相変わらず、ギターフレーズも鮮やかなモノを見せつけてきます♪ギターソロのカッコ良さがより際立ちますね~。

5.Jarsはブラストビートとボーカルの激しい歌唱でスタート、再び爆走チューンです!!この曲では曲の緩急も付けつつ、やはり基本的には疾走していきますね~♪叙情的なメロディによるギターフレーズもやはりたまらないものがありますな!

6.Kings Of The Nightworldは一層メロディアスなギターフレーズからスタート、コレはかなりグッと来るメロディですな!!たまらん!スピード感もやはりかなりのものがあり、聴いていて爽快ですね♪吐き捨てるようなデスボイスも最高です☆泣きのギターがここでも顔をだし、非常に素晴らしい楽曲に仕上がっています!

7.Catacomb Hecatombはブラストビートによるアグレッシヴなイントロで、ひたすら爆走する激烈な楽曲ですな!途中でスピードを落として泣かせに来るギターフレーズが最高!ドラマティックな展開を見せる、かなりインパクトのあるクールな1曲に仕上がっていますな♪

8.As Good As Deadはうねるようなギターフレーズでスタート。テクニカルなドラミングも入りジリジリと焦らせた後に疾走!!やはりこの展開はたまりませんな~(*´ω`*)スローなパートも挟みながら、ピロピロと弾きまくりなギターソロへと突入します!この流れが完璧すぎますね♪

9.The Lonely Deceasedは5分程度とこのアルバムでは長い方の楽曲ですな。しかし相変わらずの激しいブラストビートで爆走していきます!絞り出すようなデスボイスに泣きのギターが乗っかり、メチャクチャカッコいいです♪アコギによるソロも挿入され、さらに泣きを意識した楽曲になっていますな~(T0T)

こいつぁカッコいいアルバムだ・・・!!さすが人気のバンドだけのことはありますね。アメリカ出身のバンドとは思えないほどの北欧的な?叙情性と言いますか、メロディへのこだわりがスゴいですね♪そしてそのメロディと両立している凄まじいアグレッション!!このバランスがお見事です。決して楽曲の勢いを緩めることなく突っ走りまくるその姿勢には感服いたしましたm(_ _)mコレは過去のアルバムも聴いてみたいなぁ~。

ほぼ全曲が3分台と短めでコンパクトにまとめられているのも高ポイントですな♪疾走曲ばかりなのも潔くて良し☆どれも似たような感じの雰囲気になってしまっている・・・なんてことは考えずに(笑)思い切りヘドバンして楽しみましょう!

キラー・チューンは「6.Kings Of The Nightworld」です!ガッツポーズもののカッコよさ。メロディの素晴らしさにも泣けてきます(T-T)

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| The Black Dahlia Murder | 10:49 | トラックバック:0 | コメント:4
Betraying the Martyrs / The Resilient

1. Lost For Words
2. Take Me Back
3. The Great Disillusion
4. Dying To Live
5. The Resilient
6. Unregistered
7. Won’t Back Down
8. (Dis)Connected
9. Behind The Glass
10. Waste My Time
11. Ghost
12. Wide Awake

84/100

フランスのシンフォニック・デスコア/メタルコア・バンド、Betraying the Martyrsの3rdアルバムです!

前作はデスコアらしい凄まじいアグレッションを保ちつつも、シンフォニックな味付けやクリーンボーカルによるふんわりとしたアレンジも加わり、なかなか気に入った作品でした♪個人的にはもう少しストレートに爆走してくれてもいいかなぁ~、などと思ってしまいましたが(^_^;)さて、今作のデキはいかがなものでしょうか!?

1.Lost For Wordsはどす黒いダークなメロディのギターリフで始まり、強力なデスボイスとともにブラストビートで突貫!サビメロは一転してキャッチーな歌唱を聴かせますね♪スピード感は抑えめのミドルテンポ・ナンバーですが、ところどころで疾走もしますね。聴きどころはやはりモダンなクリーン・ボーカルによる歌唱ですかね~(*´ω`*)

2.Take Me Backは叙情的なメロディでゴリゴリと突き進み、これまたキャッチーで一緒に歌えそうなサビメロが特徴的ですね。チャラい感じのクリーンボーカルの歌いっぷりは好みが別れるところかもしれません。デジタルなキーボードも入り、かなり工夫が感じられます。壮大なスケールを感じさせる良曲。

3.The Great Disillusionは遠くから鳴り響くギターから重々しいドラミングが加わり、強烈なデスボイスでリズミカルに進んでいきます。哀愁を漂わせるメロディがたまりませんな~。どっしりとリズムを落として極悪なパートを挟んでくるあたりはデスコアっぽいところでしょうか。

4.Dying To Liveはピアノの美しい音色からチャラいクリーンボイスが入ってきて、デスボイスとのコンビネーションを見せつけるアグレッシヴな楽曲。ここではフラッシーなギターソロも聴くことができ、かなりクールです☆こちらの曲でもデスコアっぽくリズムを落としてくるパートが目立ちますな。

5.The Resilientはシンフォニックアレンジから凶悪なデスボイスで勢いよく疾走!!ようやくスピード感のある楽曲が来ましたな(笑)サビメロでは浮遊感の強いふんわりとした歌唱が入ります。ド派手なドラミングも良い感じですね。

6.Unregisteredはタイトなドラミングに始まり、デスボイス中心でカッコよく進んだあとはクールなコーラス・パートに繋いでいくアップテンポ・ナンバー!これはメロディの良さが光っていますね♪後半の極悪なブレイクダウンパートはちょっと苦手かな・・・(;´д`)

7.Won’t Back Downはダークなメロディでじっくりと展開していくスローで陰鬱な楽曲。うーむ、こういうタイプの曲はイマイチテンションが上がらないなぁ~。特段盛り上がる場所もなく終了です。

8.(Dis)Connectedは打ち込み?なサウンドからスタート、重心の低いギターリフでガツガツと進んでいく、強烈なドラミングが美味しいアップテンポ・ナンバーです♪クリーンボーカルよりもデスボイス中心にしてもらった方がカッコいいな~(笑)スピード感もなかなかあるデスコアっぽい雰囲気がありますね!

9.Behind The Glassは美しいメロディからヘヴィネスたっぷりなギターリフでかっ飛ばすスピード・チューン!!ゴリゴリのギターと妖しげなキーボードアレンジが冷やかな空気感を演出しています。後半はテクニカルなギターで落として終了!

10.Waste My Timeは細かいドラミングから怒号コーラスが強烈なミドルテンポ・ナンバー。チャラいクリーンボイスがここでも目立っています。また儚げなピアノの音色がけっこうクサい感じを出していますね♪

11.Ghostは神秘的な音色が印象的な、ヘヴィリフでグリグリとこねくりまわすミドルテンポな楽曲ですな。クリーンな歌唱はなかなかカッコよくて、デスボイスにも負けない存在感を発揮していますな。

12.Wide Awakeは呟くようなボーカルに始まり、ストロングなギターリフで突き進んでいくドラマティックなミドルテンポ・ナンバー。メロディの良さはなかなかのものがありますね~☆

うーむ、スピード感がもうちょっと欲しかったかな。悪くはないんですが、前作はまだそれでも勢いのある楽曲が多かった気がします。また、純粋にメロディの良さが落ちてしまったような印象も受けましたな・・・これはちょっと残念!そこまで駄作とかそう言うわけではないので、このジャンルが好きな方にはオススメできるクオリティは備えていると思います!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Betraying the Martyrs | 18:12 | トラックバック:0 | コメント:0
Blood Stain Child / NEXUS

1. NEXUS
2. INSIGNIA
3. METEOR-LIGHT
4. @EVERYTHING

84/100

Blood Stain Childの最新シングルです!

メタルにトランスやダンスミュージックを融合させた、独自の音楽性を持つBlood Stain Child。やや久しぶりの新音源です。ボーカルがなかなか安定しないようでしたが、今作では男性ボーカリストSAIKA氏が加わっています。個人的にはSOPHIA氏やkiki氏といった女性ボーカルでも問題なく気に入ることができていたのですが・・・。新音源はいかがな出来映えでしょうか!?

1.NEXUSはデジタルなシンセからスタート、サイバーな雰囲気たっぷりの疾走チューン!SAIKA氏のスクリームはなかなか迫力があり、悪くないですね!しかしちょっと曲の方にノリづらいというか(^_^;)あんまりメロディにフックが感じられないなぁ~。ギターが目立つ部分は文句なしにカッコいいんですけど・・・。しかしこれが新たなBlood Stain Childの方向性なのでしょうね。

2.INSIGNIAはピコピコキラキラとした豪勢なシンセで始まり、スクリームとクリーンボイスが交差してかなりカッコいい!そしてクリーンボイスによるどキャッチーなサビメロが!!これはたまらん!1.NEXUSよりも遥かにこの曲の方が気に入りましたね♪メタルとしてのアグレッションも損なうことなく、近未来的な音を表現しています(*´ω`*)

3.METEOR-LIGHTはSAIKA氏のスクリームからスタート!なんだかゲームのピコピコ音?(←失礼)が乱舞してこちらもサイバーな空気感を作り上げています。ドラムがスタスタと疾走するパートはなかなかスピーディでクール!!ギターソロは早弾きを披露し、滑らかにキメておりますな♪

4.@EVERYTHINGはウネウネしたシンセからゴリゴリとしたギターが入る、ゆったりとしたテンポで進むミドルテンポ・ナンバー。ここまで装飾過多だとちょっぴり耳が疲れるかも・・・(^_^;)こういう音楽性は何て言うんですかね、トランスって言えば良いんでしょうか。ヘヴィメタルらしさはほとんど感じられませんでした。

とにかく新音源を発表してくれたことに感謝!で、中身の方はというと、ますますトランスやサイバーな要素を飲み込んで来ていますね。シングルだけなので判断はしにくいですが、ぜひフル・アルバムで聴いてみたいです。何よりも2.INSIGNIAがカッコ良すぎます☆これくらいのバランスで、ヘヴィメタルらしさも保っていただけると嬉しいですo(^o^)oこんな感じの楽曲がたくさん入ったアルバムを作ってくれたら言うことナシですな!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Blood Stain Child | 18:51 | トラックバック:0 | コメント:0
Beartooth / Aggressive

1. Aggressive
2. Hated
3. Loser
4. Fair Weather Friend
5. Burnout
6. Sick of Me
7. Censored
8. Always Dead
9. However You Want It Said
10. Find a Way
11. Rock Is Dead
12. King of Anything

86/100

メタル・コアバンド、Beartoothの2ndアルバムです!

前作はヘドバンを誘うノリノリなリズムと、アグレッシヴなギターサウンドでかなり気に入ったアルバムでした。ボーカルがとにかくカッコ良くて、今作もスゴく期待してました。アルバムタイトルはまさに「アグレッシヴ」!!これは楽しみですな!

1.Aggressiveはかすれたボーカルから始まり、ザクザクとしたギターリフでアップテンポに進む楽曲。曲名のわりにはあんまりアグレッシヴじゃないな(汗)ボーカルのシャウトは相変わらず表現豊かで良い感じ♪1曲目としてはやや地味かな・・・?

2.Hatedは疾走感溢れるギターリフでスピーディに突っ走る爽快な楽曲!スタスタと叩きまくる派手なドラミングもイイ!途中でガッツリテンポを落としてきますね。

3.Loserはお得意のノリノリなリズムに乗せて展開するアップテンポ・ナンバー!甘酸っぱいクリーンボイスによる歌いっぷりがまた素晴らしいですな!ドラマティックなメロディに彩られるサビメロがたまらん!

4.Fair Weather Friendはヘヴィなギターからスタートし、キャッチーなメロディを奏でています。この曲もテンポよくリズミカルで聴きやすいですね。

5.Burnoutはボーカルのスクリームから始まり、かなりヘヴィなギターリフで攻め立てます。早口で捲し立てるようなボーカルがカッコいい!

6.Sick of Meはスピード感は抑え目なイントロからスタート、このバンドには珍しく?ミドルテンポ気味に進み、サビメロは青春的なメロディに彩られます。

7.Censoredはチリチリとしたギターから静かにスタート。ボーカルが入ると共にスピードを上げ、疾走感あふれるサビが!カッコいい!やっぱりこういう爽快なスピード・チューンが聴きたいですな♪

8.Always Deadはイントロから狂ったように爆走!!ドライヴ感のあるギターリフがカッコ良すぎです~☆ボーカルも早口で歌いまくり!曲の長さが短いのが残念。

9.However You Want It Saidはいきなりエモいメロディからスタートし、ポジティヴな雰囲気に包まれています。スクリームも交えてボーカルの実力がいかんなく発揮されていますな。

10.Find a Wayはノリノリなギターリフでキャッチーなサビメロを持つアップテンポ・ナンバー!ゴリゴリした、インパクトのある楽曲ですね。

11.Rock Is DeadはこれぞまさにBeartoothに求めていた楽曲です!疾走感たっぷりでキャッチーなメロディでヘドバンしてしまうような・・・。ボーカルの歌いっぷりも見事です。とてもラウドなスピード・チューン!!

12.King of Anythingはスローなメロディに乗せてボーカルがしっとりと歌い上げる、アルバムのアウトロ的な楽曲。

今作も安定の出来映えですね!1曲目がなんかつまらなかったのですが(汗)そのあとはまさにBeartooth節が炸裂しています。ほぼ全曲が3分台で、アルバムトータルで40分程度です。メロディのクオリティーも高く、安心して聴いていられます。

キラー・チューンは文句無しで「11.Rock Is Dead」ですね。スピード感満点でメロディの質も最高です☆

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Beartooth | 18:26 | トラックバック:0 | コメント:0
Brymir / Slayer of Gods

1. Intro
2. For Those Who Died
3. Risen
4. The Black Hammer
5. Nephilim
6. Prelude
7. Slayer of Gods
8. Thus I Became Kronos
9. StormSoul
10. The Rain
11. Pantheon Of Forsaken Gods
12. Battle For Pagan Might(日本盤ボーナストラック)
13. Hymn For The Fallen(日本盤ボーナストラック)

94/100

シンフォニック・エクストリームメタルバンド、Brymirの2ndアルバムです!

フィンランド出身のこのバンド、2ndアルバムにして日本盤デビューです!残念ながら前作は聴いておりませんが・・・(汗)試聴した限りではかなり良さげだったので、期待して購入しました☆

1.Introはシンフォニックなイントロ。期待感が高まるサウンドですな!

2.For Those Who Diedはボーカルのシャウトとともにブラストビートでスタート!スタスタと軽快にかっ飛ばすスピード・チューンですね。哀愁を漂わせるメロディがとてつもなくクサい!これはたまらんです!重厚なコーラスパートからピロピロと弾きまくるギターソロも圧巻ですなー。

3.Risenはエスニックな雰囲気を演出するイントロからまたもボーカルのシャウト&激しいドラミングで突き進むスピード・チューン。コーラスが加わり実にドラマティックですね!ストロングなギターリフがカッコ良すぎだー!!勇ましいメロディアスなパートが入り、ヴァイキングっぽさもありますな。

4.The Black Hammerは緊迫感のあるイントロからどっしりと進むアップテンポ・ナンバー。途中からスピードを上げる辺りなんてガッツポーズモノですな!シンフォニックなアレンジが際立っていて素晴らしいです♪この曲でもブラストビートでアグレッシヴに攻め立てます。

5.Nephilimは超メロディアスなイントロから爆走する、カッコ良すぎなスピード・チューン!ここまで一気に畳み掛けてきますね!勇ましいメロディがホントにハイクオリティです。ゴリゴリとパワーのあるリフが最高ですね。

6.Preludeはピアノとストリングスで哀しげなメロディを紡ぐインスト。

7.Slayer of Godsは8分超えの大曲。ドラマティックなイントロから、細かいギターの刻みが加わりブラストビートで爆走!超カッコいい!少しだけ語りが入ったあとは再びスタスタと疾走します‼コーラスがとても分厚く、劇的なインパクトを与えますね☆こりゃあもう凄まじいですなー!哀愁を醸し出すメロディが素晴らしすぎ♪ラストは再びピアノとストリングスで語りも加わります。

8.Thus I Became Kronosはメロデスな感じのギターリフからスピーディに進む楽曲ですな。この泣きのギターがもうツボに入りすぎて・・・最高すぎます!ブラストビートもこれでもかと叩きまくり、アグレッション満点!流麗なギターソロがもう泣き泣きです。ボーカルも今まで以上に激しく歌っており、イイ感じです♪アウトロはアコギによる演奏が入ります。

9.StormSoulは劇的なギターによるイントロから哀愁をまとい爆走するスピード・チューン!こりゃあ終盤に来て凄まじいキラー・チューンですな!スタスタとドラミングもタイトで、オーケストレーションがド派手に演出します!ギターソロもこれまでで最高に弾きまくりですね!

10.The Rainは雨の降る音から始まり、リズミカルなギターリフが入る、ここへ来てようやくのミドルテンポ・ナンバー・・・かと思いきや、やっぱり爆走します(笑)しかし途中から再び雨の音が入り、シンフォニックに進みますね。

11.Pantheon Of Forsaken Godsはアグレッションたっぷりなスピード・チューン!デスメタルな勢いのあるカッコ良すぎな楽曲ですな。オーケストレーションもゴージャス感を高めていますな!アルバム本編ラストということもあり豪勢です(笑)ブラストビートも迫力満点。メロディックなギターリフがバシバシ出てきます。こりゃあたまらんですよ!

以下2曲は日本盤ボーナストラックです。

12.Battle For Pagan Mightはフォーキッシュなメロディから疾走するスピード・チューン。ボーナストラックも抜かりがありません!カッコいいメロディで、本編同様に突っ走ります。ただヴァイキングっぽさが結構高めですな。後半は狂ったように爆走!ギターソロがとてもテクニカルで聴きごたえは抜群です。

13.Hymn For The Fallenは笛の音色から始まり、静寂な雰囲気があります。エンディングを飾る渋いインストですね。豪華なコーラスも加わり、締め括られます。

ヤバいです、これは素晴らしすぎる作品です!キラー・チューンはインスト以外全部と言っても良いのではないでしょうか!?それくらいのクオリティを備えています。どの曲もスピード感があり、フックのあるメロディが大洪水のように溢れてきます。また、曲の長さもダラダラと長い曲はほとんど無く、コンパクトにまとめられていて聴きやすいです♪豪華なオーケストレーションもたまりません!グロリアスに疾走するという売り文句がピッタリですね(笑)まさにグロリアース!

というわけで、キラー・チューンはもう選べませんな。インスト以外全部!!思いきり気に入りました♪本当に買って良かったです。スピーディで、シンフォニック、ドラマティックなメタルが聴きたい方はぜひ購入を!日本盤ボーナストラックも出来が良いので、こちらをお勧めします。今年はなかなか名盤に出逢えていないな~・・・と嘆いていたところに、救世主が現れました。大満足です!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Brymir | 13:50 | トラックバック:0 | コメント:0
BRIDEAR / BARYTE
Bridear / Baryte

1. Marginal Lie
2. SCREAM
3. Rebirth
4. NO SALVATION (Album ver.)
5. 箱庭
6. My Heart Sign
7. Set Me Free
8. Traces Of Tears
9. Skew Lines
10. End Of Sorrow
11. Light In The Dark (Album ver.)

85/100

福岡で結成された5人組ヘヴィメタル・バンド、Bridearの1stフルアルバムです。

ミニアルバム「Overturn the Doom」は、なかなかにヘヴィなギターとキャッチーなメロディで、個人的にかなり気に入っていました。今作もかなり期待して購入!

1.Marginal Lieはメロディアスかつストロングなギターでスタートするアップテンポ・ナンバー。ハイトーンも駆使して歌い上げるボーカルがイイね~。サビメロは叙情的で切なくなりました(笑)ゆったりとしたギターソロも素晴らしいですな。

2.SCREAMはボーカルのグロウルちっくな叫びがインパクトのあるスピード・チューン!クリーンボイスとグロウルの掛け合いがお見事!サビメロは相変わらずキャッチーなメロディで、クリーンに歌います。ヘヴィでズッシリとしたブレイクダウンパートも入りますね。これは意外!

3.Rebirthは哀愁度抜群に疾走するスピード・チューン!このイントロがカッコいい!ドライヴ感あるギターがテンション上がりますなー!サビメロはポジティブで希望に満ちたメロディで彩られます。しかしメインメロディの美しいこと!ヘヴィネスも感じられ、隙がありませんね。

4.NO SALVATION(Album ver.)はシングルになった楽曲。私は初聴きですが、実にドラマティックな曲ですな~。グロウルで始まり、スタスタと軽快にドラムが飛ばしていきますね。アップテンポでリズミカルに展開します。ギターソロがメチャクチャカッコいい!

5.箱庭はザリザリとしたギターリフでスタート、ベースもバキバキ鳴っていて存在感を発揮しています。だんだんとスピードアップしていき、切なげなボーカルの歌唱が乗っかります。ギターソロはテクニカルにピロピロと弾きまくりな感じですな~!

6.My Heart Signはイントロからガッツポーズものの飛翔系メロディが!明るくポップな楽曲です。ちょっとアニソンっぽさがあるかな?とにかく曲がキャッチーになっております。ギターソロもちょっと短めですがノリのいいものになっています。

7.Set Me Freeはタフでカッチリとしたメタリックなギターリフでスタートする、ミドルテンポ・ナンバー。広がりのある開放的なサビメロがとても印象的です。美しいメロディのある楽曲ですね。

8.Traces Of Tearsはバラード・ナンバー。泣きのギターから始まる、叙情性溢れる楽曲ですね。バラードでも表現力のあるボーカルが豊かに歌い上げます。ギターソロも泣きを意識してしっとりとした質感ですね。

9.Skew Linesはグルーヴ感のあるイントロから、強烈なグロウルを駆使して歌います!その後はクリーンなボーカルも入り、高速ギターソロが聴きどころですな。ヘヴィに落とすパートもあり、アグレッシヴに攻め立てる一面も見せてくれますね。

10.End Of Sorrowはイントロからまたもカッコ良すぎるギターフレーズで始まるスピード・チューン!奏でられるメロディの美しさがたまりません!ドラミングも軽快に叩いていきます。泣きのギターソロもバッチリ!

11.Light In The Dark(Album ver.)はアグレッシヴに突き進むスピード・チューン。グロウルも合わさって強力な楽曲に仕上がっています。ピロピロと弾きまくるギターが特に目立っています☆

確かな実力を持ったヘヴィ・メタルバンドですね!各楽曲にはまったくスキがなく、クオリティはとても高いです。また、グロウルやブレイクダウンパートをぶち込んでくるなど、アグレッションも兼ね備えています。ミニアルバムから順当に進化した感じですかね。

キラーチューンは「3.Rebirth」ですね。疾走感の高い爽快なスピード・チューンです!他にもスピード・チューンなら「6.My Heart Sign」「10.End Of Sorrow」辺りもかなり気に入りました。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| BRIDEAR | 13:57 | トラックバック:0 | コメント:0
Beartooth / Disgusting
Beartooth / Disgusting

1. The Lines
2. Beaten In Lips
3. Body Bag
4. In Between
5. Relapsing
6. Ignorance Is Bliss
7. I Have a Problem
8. One More
9. Me In My Own Mind
10. Keep Your American Dream
11. Dead
12. Sick and Disgusting

86/100

ハードコア(メタルコア?)バンド、Beartoothの1stアルバムです。

このバンドは、Amazonでオススメされたので試聴して聴いてみると、なかなかにメロディアスな楽曲が!コレは期待できる!と即ポチりました。ジャンルはよく分からないんですが、ハードコアになるんですかね~?

1.The Linesはハードなギターからシャウトに繋がるイントロ。カッコいいクリーンボイスでサビを歌い上げるさまは圧巻!またギターリフもヘヴィでメロディアスです。

2.Beaten In Lipsはボーカルの叫びからスピーディに始まります。クリーンボイスがまたエモーショナルでいいですね!ゴリゴリ言っているギターも良い感じです。

3.Body Bagはストロングでグルーヴィーなギターがカッコ良すぎ!激しくシャウトするボーカルも負けていませんね~。スピード感のあるサビなんて最高!この曲は特に気に入りましたね。

4.In Betweenは遠くから響くボーカルから始まるアップテンポ・ナンバー。ポジティヴで明るめなメロディがたまりません!

5.Relapsingはノリノリのギターからスタートする楽曲。サビではもちろんエモいクリーンボイスが炸裂します。キレた感じのギターも特徴的ですな。

6.Ignorance Is Blissは一層ゴリゴリしたカッコいいギターリフで進むタフな印象を持つ一曲。サビメロもパワフルでキャッチーさがありますな♪後半は狂ったように爆走するパートも!

7.I Have a Problemはこれまでとはうって変わって、ミドルテンポから始まる楽曲。しかし徐々にスピードを上げていきます!疾走感あふれるサビでの歌唱はやはりイイですなぁ。

8.One Moreはタフなギターリフで始まります。これまでと違いメロディに重点が置かれ、スピードは控えめですね。それでも爽快感は失われていませんが・・・。

9.Me In My Own Mindは重心の低いダークなギターリフが特徴的です。ドカドカと疾走し、アグレッション重視で進んでいきます。漢臭いコーラスがたまらん!

10.Keep Your American Dreamはノリノリのアップテンポで進んでいく、キャッチーさを前面に出した楽曲。後半には派手に落とすブレイクダウンパートもあります。

11.Deadはボーカルの掛け声とともに爆走!!実にアグレッシヴです!ヘヴィネスたっぷりでとてもクールですな。

12.Sick and Disgusting。ここで久しぶりにミドルテンポでゆったり進む楽曲が来ましたね。

素晴らしい出来栄えのメタルコアですね。ほとんどの曲がパワフルに疾走するので、アルバム一枚もあっという間に聴き終えてしまいました。また、ボーカルがとにかく上手くて、シャウトからエモーショナルな歌唱まで、とても気に入りました☆またギターもここぞというところでメロディアスに弾いており、こちらも隙がありません!

キラーチューンは「Body Bag」でしょう!とてもメロディアスかつスピーディ!!カッコ良すぎる一曲です。他にも良曲がたくさんあり、選ぶのに苦労しました。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Beartooth | 10:12 | トラックバック:0 | コメント:0
Bring Me The Horizon / That's the Spirit
Bring Me The Horizon / That's the Spirit

1. Doomed
2. Happy Song
3. Throne
4. True Friends
5. Follow You
6. What You Need
7. Avalanche
8. Run
9. Drown
10. Blasphemy
11. Oh No

85/100

デスコア(?)・バンド、Bring Me The Horizonの5thアルバムです。

なんという手抜きジャケ・・・!!と思って中を見ると、ブックレットの表紙は悪趣味なカラフル模様(汗)各ページはパステルカラーで色分けされています。曲名もシンプルなものになり、一体どんな音楽性なんだ!?と疑問ばかり・・・・。とりあえず、恐る恐る再生ボタンをポチリ。

1. Doomedは何やら呟くようなボーカルから始まり、妖しいメロディを奏でています。ミドルテンポで、じっくりと進んで行きますな。サビメロではとても力強いボーカルのスクリームを聴くコトができます。しかし曲全体に広がる、なんというか終末感みたいなものは一体何なんだろう・・・!?かなり雰囲気モノになりましたね。でもスクリームしているメロディは結構気に入りました。

2. Happy Songはイントロからゴリゴリとしたギターリフで始まり、こちらの曲でも呟くボーカルからスタートするミドルテンポ・ナンバー。メロディがとても独特で、個性的ではありますね・・・!ヘヴィネスもそこそこに、不気味な雰囲気で包まれています。

3. Throneはピコピコした音から始まり、ようやくアグレッションの感じられるギターが!しかしボーカルはかなりの表現力を持っているようですね。なかなか気に入りました! 静けさの中にも力強さが備わっています。この曲はけっこう気に入りましたね。後半は例によって静寂のパートがあります。しかしメインのメロディセンスは良い!

4. True Friendsはクリーンなボーカルから始まる重々しいミドルテンポ・ナンバー。サビメロも中毒性があり、軽快なドラミングとともに進んでいきます。このキャッチーな歌唱はハマるとたまらないものがありますな・・・!

5. Follow Youは不思議な効果音から静かに始まる、スローテンポ・ナンバー。悲壮感を漂わせるボーカルの歌唱もここまで来ると、結構慣れてしまいますね(笑)途中からは盛り上がりを見せますが、再び静寂なパートに。ふんわりとしたムードが特徴的。

6. What You Needはだんだんと音がフェードインしてくる、なにやらハードロック的なフィーリングのギターが。ここまで来るとデスコアの欠片もありませんね(笑)まぁ今作に限った事ではありませんが・・・。途中から入るスクリームはやっぱりカッコいい♪コレもまたなかなか良い曲ですな~。なんとギターソロ的なものまで飛び出します!

7. Avalancheは比較的アグレッシヴなギターで始まるアップテンポ・ナンバー。つぶやきボイスはもうお決まりなんですね。いや、こういう歌い方も嫌いではないですね。サビメロは壮大なスケールのある、ダイナミックなものとなっています。

8. Runはピコピコなサウンドとともにボーカルが入る、スローテンポ・ナンバーです。サビメロで爆発するスクリームなんかはかなりカッコイイんですけどね~。哀しげな、哀愁漂うメロディがメインになっていますな。

9. Drownはいきなり明るめなメロディで始まる、比較的ノリノリな楽曲。ピアノも入り、ダイナミックなサビへと繋がります。コレもかなり良曲ですね♪重厚なコーラスパートがまたたまらんです!

10. Blasphemyはヘヴィなギターでゆったりと進むスローテンポ・ナンバー。しっとりとしたボーカルの歌いっぷりが目立っています。ソロパート的な中間部分では和やかにギターを弾いていますね。

11. Oh Noは底抜けに明るいメロディでスタートする、アップテンポ・ナンバー。何かもうどういうジャンルなのかよくわかりません(汗)でもメロディの質の高さは伝わってきますね!ポジティヴな印象も多少ですがあります。

うーむ・・・前作「Sempiternal」はまだ付いて行くことができたんですが、今作はもう針が振り切れていますね(笑)呟くような静かなボーカル、サビメロあたりでところどころ顔を出すスクリーム、メロディや雰囲気重視のギターサウンド・・・ドラミングも大人しめですね。最初聴いたときは「???」だったのですが、変化を受け入れると、これまたなかなか良い感じ。アルバム全編を覆う儚いメロディ、哀愁の雰囲気はかなりのモノです。こうなってくると次回作はどんな物になるのか、今からちょっと興味津々です。

キラーチューンは・・・正直どれも似たような感じの曲が多いですが、中でも良かったのは明るいメロディが耳に優しい「Oh No」ですかね。「Drown」のノリノリ感も捨てがたいですな・・・!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Bring Me The Horizon | 18:45 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム | 次のページ>>

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR