音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

My Material Season / Desire in the Black Material

I. Dirty Desire
II. Black Beauty
III. Secret Wish
IV. Vanity
V. Black Material
VI. Void

70/100

ピアノ・ドラマティック・デスメタルバンド、My Material Seasonのミニ・アルバムです!

待ちに待った作品です!組曲形式のミニ・アルバムということで、ボリュームもなかなか。なんかいつの間にか発売日がメチャクチャ延びてしまってウズウズしてました(笑)オーケストラとピアノを取り入れているとのことですが、どうか期待に応えてくれますように・・・!!

・・・って、トラック分けされてないんかい!!
20分程度とはいえトラック分けして欲しかったですが・・・。

ピアノの音色と吹きすさぶ風の音からスタート、シンフォニックなアレンジが素敵です。そしてメロディアスなギターで爆走開始!やはりメロディのクサさは一級品ですな。デスボイスが入ったあとはスピードを落とし、呟くようなセリフが。その後はゆったりとしたテンポで進んでいきます。

ストリングスとピアノが哀しげなメロディを奏でていきますね。無駄に長いぞ!そのあとようやく泣きのギターフレーズが炸裂、ピロピロと速弾きを見せつけます。忘れた頃にデスボイスが吐き捨てるように歌い、15分辺りからオーケストレーションによるドラマティックな展開に。これはなかなか悪くない!もっとふんだんにオーケストラを使用してもよかったんじゃ・・・?

終盤に差し掛かるとギターもさらに前に出てきて、デスボイスとの絡みもなかなかカッコいい。ラスト約1分は泣かせるギターとピアノで締め括られます。

こりゃあまたビミョーな・・・(;つД`)組曲形式にする必要はあったのか?なんだか煮え切らない作品でした。やっぱりこのバンドは1stアルバムが一番好きだなぁ。相当なファンでなければこのミニ・アルバムには手を出さなくて良いと思います(泣)年内に予定されている(?)フル・アルバムは大丈夫なんだろうか・・・なんだか不安になってきました。
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| My Material Season | 21:06 | トラックバック:0 | コメント:0
My Material Season / Awaking To The Piano Dramatic
My Material Season / Awaking To The Piano Dramatic

1. Piano of the Tragedy
2. Divine Blaze
3. Sandgrass
4. Clown's Behind
5. Awaking to the Piano Dramatic
6. Black Dahlia
7. Widow Maker
8. Disengage
9. Die After Tomorrow
10. Lost Forsaken

88/100

My Material Seasonの3rdアルバムです。
いつの間にか発売日が決まっていて、慌てて予約した一枚です(汗)

1stの頃から比べるとずいぶんジャケがリアルになりましたねぇ。その1stアルバムは私の心をガッチリとつかむ名盤でした。が、2ndでは質は高けれど、様々な面で1stに劣る点が見受けられました。そしてこの3rdアルバムです!常々、2ndアルバムのボーカルがあまり好みじゃないなぁと思っていたところ、なんとあのThousand Eyesのボーカリスト、Dougen氏がゲスト参加しているとのこと!これは超嬉しい☆いっそのこと全部歌ってくれればいいのに…(笑)他にもゲストボーカリストが参加しているようです。

とにかく、アルバムタイトルに「The Piano Dramatic」なんて付けるくらいですから、もう期待しないわけにはいきません!さぞかしドラマティックでクサいはず!果たしてその出来栄えは…!?

1.Piano of the Tragedyは哀愁を漂わせるピアノによるイントロ。つづく2.Divine Blazeはスタスタと疾走するスピードチューン!…ってこの声はいきなりDougenさん!?カッコいいデスボイスを聴くことができます。メロディはなかなかクサい!随所にピアノの音色が散りばめられ、ギターソロもメロディ中心で鮮やかです。アウトロはお決まりのピアノで締め括られます。3.Sandgrassは待ってました!劇クサチューン!前曲がちょっと地味だったので余計に良く聴こえますな(笑)アップテンポですがスピード感がありますね。サビでのギターフレーズが、とても叙情的なメロディで素敵ですな♪4.Clown's Behindは激しいドラムとギターで始まる楽曲。サビでは女性ボーカルが朗々と歌い上げます。この女性ボーカルもキャッチーで使いどころがピッタリ、とても効果的ですね!ギターソロはピロピロと弾きまくるタイプで、この曲もなかなかイイです。さてアルバムタイトルの5.Awaking to the Piano Dramaticはちょっと爽やかな感じもあるピアノから始まり、まさにドラマティックなギターが入ります!スピーディでパワフルな曲です。メロディもかなりクサく、さすがといったところでしょうか。途中で一旦テンポを落とし暗い雰囲気になったあと、ソロパートになだれ込みます。静かなピアノからドカドカいうドラムでスタートする6.Black Dahlia。ボーカルは低音中心で歌い、ギターソロがメロディアスでなかなかの良曲になっています。切なげなメロディがたまらんです!7.Widow Makerは珍しくギターの音色から始まる一曲。ゆっくりとしたミドルテンポの楽曲です。こちらも泣きのギターが活躍しています。ですがこういう曲はちょっと退屈かな…。気を取り直して8.Disengageです。壮大な感じのイントロからブラストビート(?)が!その後も激しいドラムがインパクトのあるスピードチューンです!メロディもかなりクサい!コレだよコレ!アグレッシヴで、かつドラマティック!終盤でかなり良い曲を配置してきましたね。スピード感あるギターソロとピアノソロも素晴らしい!9.Die After Tomorrowは美しいピアノによるインスト。もっと曲を聴かせてくれ~!しかしこのインストはなかなか悪くないですね。アップテンポでキャッチーなメロディが印象的です。さてとうとう最後になってしまった10.Lost Forsaken。ピアノがいつも以上に哀しい…(涙)泣きまくりのザクザクしたギターにDougen氏のカッコいいボーカルが乗っかります。メロディの質はまぁまぁ良いと思います。最後もやはりピアノのアウトロで終了します。

う~ん、どうなんだろうか、この出来栄えは…。前作よりは気に入りましたが、やっぱりもっとクサいメロディが欲しいところですかね。いや、ちゃんとクサいメロディを奏でているのですが、このバンドにはもっと上を行って欲しい!と。相変わらず音質はあまり良くないですが、個人的にそこまで気にはなりませんでした。1stアルバムみたいな衝撃はもう無理なのかな~。 なんて文句ばかり書いてますが、何度か聴いていたらなかなかコレも良いかなぁって気分になってきました(笑)並みのレベルは充分にクリアしているメロディック・デスだと思います。前作が気に入った方は是非どうぞ!!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| My Material Season | 15:50 | トラックバック:0 | コメント:0
My Material Season / Bridal Aisles Of Tragedy
My Material Season / Bridal Aisles Of Tragedy

1. Little Girl Alice
2. Bridal Aisle Of Tragedy
3. Twilight Memorial
4. Ruge
5. Brutality Smile
6. Release From Eternity
7. Circurate Drama
8. Vanish
9. Thirty Hours Of Pain

86/100

My Material Seasonの2ndアルバムです。1stアルバムの出来が素晴らしすぎたので、果たして1stを超えられるか!?とかなり期待(と不安)をもって聴きました。

雨音と哀しげなピアノから始まる1.Little Girl Aliceは強力なドラムと慟哭のメロディを奏でるギターが素晴らしすぎる疾走曲!ピアノソロからギターソロへの流れも見事です。2.Bridal Aisle Of Tragedyはアップテンポに叙情性たっぷりのギターで進む楽曲。泣きのギターとピアノがそこら中で鳴り響き、楽曲を盛り上げます!3.Twilight Memorialは儚げなピアノから始まり、ギターが切り込んでくると同時に疾走開始!今作のボーカルは歌詞がちゃんと聞き取れるように歌っていますね。低音中心にグロウルを発していて、なかなか迫力があります。シンセとともに疾走する4.Rugeはザリザリとしたギターで刻んでいくナンバーです。ボーカルは吐き捨てるように歌い、そこへメロディックなギターが入ってきます。アウトロはピアノで静かに締め括ります。デスメタリックなアグレッションで始まる5.Brutality Smileはスタスタと疾走するスピードチューン。アグレッシヴなギターのメロディがとてもカッコいい!ギターソロも滑らかに弾いていますね。6.Release From Eternityは女性ボーカルは歌い上げるバラード。こういうのは要らんからもっと疾走ナンバー聴かせてください!(笑)まぁでもアルバムの小休止的には良いんじゃないでしょうか。7.Circurate Dramaはピアノからボーカルの絶叫でスタートするアグレッシヴなナンバーです。途中からの勇壮なメロディにはグッと来ますね。クリーンなギターによるソロも良い感じ。8.Vanishは朗々としたギターから始まり、とてもメロディアスなギターで突き進む楽曲です。デスボイスも様々な歌い方を披露しており、なかなかイイですね。静かなパートからギターソロへと繋がる辺りはカッコいい!9.Thirty Hours Of PainはMyproofのカバーです。原曲は聴いたことがありますが、ストロングなギターとピアノが合わさっていて、こちらの方が好きかもしれません。ギターの泣き具合もこちらが上かな?

う~ん、悪くはないんですが、前作ほどの衝撃はありませんでしたね…。印象に残るメロディが前作より減ってしまった気がします。前作はもう超激クサチューンの連発でしたからね。そういう意味では、ちょっと大人しくなっちゃったかも…?もう少し聴き込んでみたいと思います。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| My Material Season | 15:51 | トラックバック:0 | コメント:0
My Material Season / Mind of you fragile in vitriform
My Material Season / Mind of you fragile in vitriform


1. Wedding of vanity
2. The time limit approach
3. My material season
4. Piano of the glass
5. Commit suicide in the paradise lost
6. Serenity
7. Lily is affixed to the epitaph
8. Mind of you fragile in vitriform
9. Overprogram (ボーナストラック)
10. Light Travel Distance (ボーナストラック)
11. Rosary (ボーナストラック)
12. June Bride Grave (ボーナストラック)

94/100

こんなバンドが日本から現れるとは…。本当に嬉しいですね。
埼玉県出身のピアノ・ドラマティック・デスメタルの1stアルバムです。
私が買ったのはボーナストラック入りの再発盤です。

特徴はとてつもなく高いメロディセンスです。
ピアノとギターの双方が絡み合い、素晴らしい楽曲を作り出しています。
捨て曲は一切無しで、全曲ピアノが乱舞しギターが泣きまくってます。

1.Wedding of vanityはリードギターの奏でるメロディが非常に
素晴らしく、つい聴きこんでしまいますね。ソロパートの弾きっぷりも
見事です。2.The time limit approachは強烈なブラスト・ビートから
始まる楽曲で、アグレッシヴなギターリフで進み、後半のピアノソロ
からギターソロへの流れが何度聴いても飽きません。このギターソロの
メロディがとても中毒性が高いです!クセになるメロディですね。
3.My material seasonは儚げなメロディと「My!Material!」と叫ぶ辺り
がとても印象的です。4.Piano of the glassはピアノによるインスト。
哀しげなメロディを奏でる良質のインストになっています。
5.Commit suicide in the paradise lostはギターリフがカッコ良い!
デスボイスもなかなか強力で、迫力がありますね。曲タイトルを叫ぶ
のも盛り上がります。6.Serenityではヴァイオリンも加わり、また
ピアノの旋律も美しく、クサさに拍車をかけています。
7.Lily is affixed to the epitaphはカバー曲のようですが、
イントロからとてもクサいメロディで疾走します。完全にMy Material
Season流の劇的メロディック・デスに仕上がっていますね。
8.Mind of you fragile in vitriformは静かなピアノとギターが奏でる
パートから徐々にスピードを上げていく大曲です。展開が凝っていて
飽きることがありません。

ボーナストラックは過去の音源から加えられたもののようです。
ですがこちらも質が高い。9.Overprogramはイントロからメロディックな
ギターで疾走。ドラムも大暴れしています。サビでの切ないメロディを
奏でるツインギターがたまりませんね。10.Light Travel Distance
途中でノーマルボイスによる歌唱が入りますが、これがなかなか雰囲気
にあっていて悪くありませんね。ちょっと弱々しさも感じますが、
そこまでではないです。相変わらず超メロディックでクサいピアノと
ギターを楽しむことが出来ます。11.Rosaryも同じようなタイプの曲で、
ノーマルボイスがより一層クサさを際立たせています。最後の12.June
Bride Grave
もラストまで徹底的にメロディにこだわった良曲です。
途中で入る咽び泣きが多少気持ち悪いですが(笑)曲自体は本当に
素晴らしいです。

2ndも既に購入済みですが、暫くはこのアルバムを楽しみたいと思います。
しかし初期の音源も聴いてみたいなぁ~。何枚かシングルを
発表しているようで、これらも非常に評価が高いようです。
このバンドとはもっと早く出会いたかったですね。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| My Material Season | 17:30 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR