音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

Armageddon / Captivity & Devourment
Armageddon - Captivity & Devourment

1. CAPTIVITY & DEVOURMENT
2. LOCKED IN
3. RENDITION
4. FUGITIVE DUST
5. CONQUER
6. THANATRON
7. BACKGROUND RADIATION
8. THE WATCHER
9. EQUALIZER
10. GIANTS
11. STONE WORKER(日本盤ボーナストラック)

70/100

Armageddonの久しぶり、なんと12年ぶりの4thアルバムです!

言わずと知れた、Arch Enemyのギタリスト、マイケル・アモットの弟さん、クリストファー・アモットのバンドです。なんかメタルから離れたと思ったらまた戻ってきたり…(汗)なんだかよく分からないお方です。しかしギターの泣きの実力はArch Enemyで証明済み!どんなアルバムなのか楽しみに購入しました。メロデスなのかな?どんなジャンルの音楽を演るのかもわかりません!どうか激しめのやつお願いします!ジャケはもろデスメタルですな…。ライナーノーツを読むとエクストリームなメタルが期待できそうです!

強烈なブラストビートで始まる1.CAPTIVITY & DEVOURMENTはドスの効いたデスボイスがインパクト大なアップテンポ・ナンバーです!ギターソロは流麗で、泣きを意識したものになっています。ピロピロと弾きまくりですな!メロディ要素はあまり高くなく、ブルータルな楽曲ですね。だんだんと音がフェードインしてくる2.LOCKED INは前の曲よりはメロディがありますね。しかしオマケ程度で、クリスのギタープレイが中心になっています。ミドルテンポで進行するナンバーです。3.RENDITIONはアグレッシヴなイントロからスタートし、低音中心のデスボイスがメインで進んでいきます。ここでクリーンボーカルも入ります!なかなか上手いですな。しかし曲の方はあまり面白くないなぁ…(汗)ラストの泣きまくりのギターはたまらんですね。こちらもまた音がフェードインしてくる4.FUGITIVE DUST。イントロは何の楽器だろう?すいません、よくわかりませんが(汗)ミドルテンポ・ナンバーでどっしり進む楽曲です。ザラついたギターが印象的。ギターはわりとメロディックに弾いております。図太いギターリフから始まる5.CONQUERもミドルテンポで進んでいきます。高音でピロピロと弾きまくるギターがカッコいい!アコギで渋く始まる6.THANATRON。続けざまに強力なギターリフが入り、スピードアップ!…したと思ったらまたスローになります。ラストにちょっとだけ疾走して終了。アコギによるインストの7.BACKGROUND RADIATION。迫力満点なギターからスタートする8.THE WATCHERはアップテンポで、再びクリーンボーカルが入り怪しげな雰囲気を醸し出しています。なにやらハードロック的なイントロからデスメタルへと展開する9.EQUALIZERはクリーンボーカルも挿入される、アルバムの中ではなかなかにメロディアスな楽曲。アルバム本編最後の10.GIANTSは緊迫感のあるイントロからデスボイスが入るミドル~アップテンポテンポ・ナンバーです。今までと違い明るさもあるギタープレイが印象的で、ヘヴィネスたっぷりな楽曲ですね。

日本盤ボーナストラックは11.STONE WORKERです。たんたんと進むインスト。メロディ要素もまぁまぁで、テクニカルに弾いています。

何気に今年2015年で初めて買ったメタル・アルバムでした。しかしなんか期待してたのとかなり違いましたね…(汗)私が勝手にArch Enemyみたいなメロディアスなメロデスを期待してしまったのが悪いんですが。気に入った曲は、特にありません!どうにも曲が盛り上がらず終わってしまいます。久しぶりにつまらないアルバムを買ってしまったな…(T_T)いや、聴く人が聴いたら素晴らしいアルバムなのかもしれませんが、私には合いませんでしたね…。また聴き直すことは無さそうです、残念…。
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Armageddon | 19:39 | トラックバック:0 | コメント:3
Armageddon / Crossing The Rubicon
Armageddon / Crossing The Rubicon

1. 2022
2. Godforsaken
3. The Juggernaut Divine
4. Astral Adventure
5. Funeral In Space
6. Asteroid Dominion
7. Galaxies Away
8. Faithless
9. Children Of The New Sun
10. Into The Sun

82/100

クリストファー・アモットによるプロジェクトの1stアルバム。

あのArch Enemyのクリストファー・アモットということで、
かなり期待して購入しました!
イントロに続いて2.Godforsakenはスタスタと疾走するカッコいい一曲。
小気味良く弾かれるギターがとても爽快ですね。
3.The Juggernaut Divineはなんと言ってもギターソロが圧巻です!
テクニカルかつメロディアスに弾かれるソロは何度聴いても
飽きませんね~。6.Asteroid Dominionもなかなかアグレッシヴな
ギターがリードする曲で、こちらも気に入りました。カッコいい
ギターを堪能できる良いアルバムですね!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Armageddon | 17:26 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR