音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

Twilightning / Swinelords
Twilightning / Swinelords

1. Isolation Shell
2. SwineLord
3. Reflection Of The Cuckoo
4. Vice Jesus
5. Pimps, Witches, Thieves & Bitches
6. The Gun
7. Not A Word
8. Consume Gap
9. With The Flow
10. Wounded & Withdrawn
11. Maggots(日本盤ボーナストラック)

80/100

Twilightningの3rdアルバムです。

私の大好きだったTwilightningが変わってしまった・・・(涙)
当時はショックで、アルバムもほとんどじっくり聴きこまずに放置
していました。その後、落ち着いてから聴いてみた感想です。

オープニングの1.Isolation Shellはボーカルから始まる一曲。
ギターの音はヘヴィで、ボーカルは低音中心で唸るように歌います。
サビではスピードアップしボーカルがカッコよく決めてきます。
この曲は悪くないですね。2.SwineLordはメロディがアメリカンな
感じのハードロック?的フィーリングを持つ楽曲。この手の音楽は
ますますわからないので書き方に困りますね(汗)サビでは多少
メロディックでキャッチーな感じがします。3. Reflection Of The
Cuckoo
は刻むギターとともにアップテンポで進む楽曲。ボーカルが
入るとともに静かになりますが、サビではまたテンポを上げますね。
メロディックですが、そこに北欧らしさはまったくありません。
4.Vice Jesusはヘヴィなイントロに始まり、ミドルテンポでギターが
リードする楽曲です。やや明るい感じのサビメロが印象的です。
5.Pimps, Witches, Thieves & Bitchesもミドルテンポの楽曲。
サビに入るとともに多少テンポを上げ、ボーカルが無機質な感じで
歌います。9.With The Flowはイントロはアップテンポですが
すぐに速度を落とし、ヘヴィなパートに移ります。サビはちょっと
ノリが良い感じで、なかなか良い曲ですね。ボーナストラックの
11.Maggotsは多少メロディックなサビが聴きどころですかね。
ボーナストラックくらい、ボーナスな感じの曲にしてくれても
良かったのにな・・・なんて思いました。

購入した当時はなんだこの野郎みたいな感じでしたが、
時間を置いて改めて聴き直してみると、
そこまで悪くないな~・・・というのが正直な感想です。
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Twilightning | 16:13 | トラックバック:0 | コメント:0
Twilightning / Bedlam
Twilightning / Bedlam

1. Space Of Disgrace
2. Rolling Heads
3. Sex Jail
4. Plague Overload
5. Train To Bedlam

80/100

Twilightningの1stEPです。

なにやら一気にアメリカンなハードロックになってしまいました・・。
まぁでもEPだから、アルバムはどうなるか分からないしな!と
当時は思っていました。

1.Space Of Disgraceはハードなギター主体で進む楽曲。ボーカルの
歌い方も多少変化し、楽曲にあわせてアグレッシヴな歌唱が目立つ
ようになりましたね。4.Plague Overloadは特徴的なキーボードに
始まり、その後はギターメインで進み、サビでの盛り上がりも
なかなか。5.Train To Bedlamは渋いギターとボーカルで静かに
メロディを奏でる一曲。

まぁEPだから・・・ということで、前向きに考えました。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Twilightning | 16:10 | トラックバック:0 | コメント:0
Twilightning / Plague-House Puppet Show
Twilightning / Plague-House Puppet Show

1. Plague-House Puppet Show
2. Into Treason
3. The Fiend
4. Victim Of Deceit
5. Painting The Blue Eyes
6. In The Fervor's Frontier
7. Fever Pitch
8. Diamonds Of Mankind
9. Riot Race
10. Lubricious Thoughts
11. Goddess of Fortune(日本盤ボーナストラック)
12. Wind-up Toy(Alice Cooper cover)(日本盤ボーナストラック)

89/100

Twilightningの2ndアルバムです。

今作は前作の方向性を踏襲しつつ、よりストレートでハードになり、その一方で、メロディアスな部分はよりメロディアスにパワーアップしていると思います。

オープニングを飾る1.Plague-House Puppet Showは非常にストレートでわかりやすいメロディに、カッコいいボーカルが乗る楽曲。サビではアグレッシヴなボーカルの歌唱を聴くことができます。これは良い曲ですね。2.Into Treasonは美しいキーボードから始まりギターが入る楽曲。曲の歌詞に自分達の楽曲のタイトルを使っていますね。3.The Fiendは爽やかなイントロに始まりギターが刻んでいく楽曲。4.Victim Of Deceitはアップテンポで攻撃的な一曲。サビでの開放感の溢れる歌唱はたまらないものがありますね。5.Painting The Blue Eyesはバラードです。ボーカルの泣きの歌唱が光っています。6.In The Fervor's Frontierはゆったりとしたボーカルに流れるようなメロディがよく合っています。7.Fever Pitchはカッコいいギターから始まるアップテンポの楽曲。キーボードも良い仕事をしています。8.Diamonds Of Mankindはとてもキャッチーなサビが印象的な楽曲です。これは是非一緒に合唱したくなりますね。9.Riot Raceは静かなイントロからギターが入るとともにアップテンポになります。ヘヴィなギターが楽曲をリードしていますね。ソロパートは実にメロディアスで美しいです。アルバム本編最後の10.Lubricious Thoughtsはキーボードが印象的な一曲。ボーカルの歌唱もカッコいいです。ボーナストラックの11.Goddess of Fortuneはボーカルのハイトーンボイスが楽しめる素晴らしいメロスピ・チューン!もう片方のボーナストラックである12.Wind-up Toyはまぁまぁかな・・・てか原曲を知らないからなぁ(汗)

前作に引き続き素晴らしいアルバムです。
こちらもお気に入り!ただどちらかというと、
北欧感たっぷりな前作の方が好みかな~。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Twilightning | 16:08 | トラックバック:0 | コメント:0
Twilightning / Delirium Veil
Twilightning / Delirium Veil

1. Gone To the Wall
2. At the Forge
3. Jester Realm
4. Delirium Veil
5. Return To Innocence
6. Under Somber Skies
7. Seventh Dawn
8. Enslaved To the Mind
9. Masked Ball Dalliance
10. The Escapist(日本盤ボーナストラック)
11. Affection Seeker(日本盤ボーナストラック)

90/100

フィンランドのメロディック・パワーメタルバンド、
Twilightningの1stアルバムです。

当時は本当に、これはまたフィンランドから凄いバンドが現れたと驚いたものです。1stアルバムとは思えない完成度です。1.Gone To the Wallはカッコいいギターから始まるアップテンポ・チューンで、ボーカルもかなりの力量の持ち主です。力強いパワフルなボーカルですね。すごく好みの声ですね~。2.At the Forgeは北欧感たっぷりのキーボードがキラキラした美しい楽曲。3.Jester Realmはボーカルのアグレッシヴな歌唱が印象的です。4.Delirium Veilはこのバンドでは数少ないスピード・チューンです。これがまたカッコいい!サビのボーカルの歌唱が特に気に入りました。すごく開放感のある楽曲ですね。そしてこの曲につづく5.Return To Innocenceは試聴の段階から気に入っていた良曲です!イントロの流れるようなギターメロディがたまりません!サビでの安定した高音のボーカルは圧巻の一言ですね。6.Under Somber Skiesはアルバム中盤で一休み的なバラード調の楽曲。こういう曲にも魅力が詰まっています。7.Seventh Dawnはキラキラしたキーボードとギターの絡みがとてもカッコいい一曲。8.Enslaved To the Mindは少々の語りから入る曲で、ボーカルが中~低音を操りながら進行するミドルテンポの楽曲です。9.Masked Ball Dallianceはアルバム本編の最後を飾る楽曲。キーボードの音色がいかにも北欧的で、ゆっくりとメロディを奏でていきます。そしてボーナストラックも隙がありません。10.The Escapistはいかにもメロスピな楽曲で、美しいメロディで疾走する様はカッコいいの一言!11.Affection Seekerは美旋律をゆっくりと奏で、パワフルなボーカルが乗るミドルテンポ・チューン。

アルバム通して捨て曲一切無しの名盤だと思います。
ボーナストラックも含めて良曲ぞろいです!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Twilightning | 10:43 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR