音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

Shade Empire / Omega Arcane
Shade Empire / Omega Arcane

1. Ruins
2. Dawnless Days
3. Until No Life Breeds
4. Ash Statues
5. Disembodiment
6. Malicious Winds
7. Traveler Of Unlight
8. Devolution
9. Slumbering Giant
10. Nomad
11. Omega Arcane

70/100

Shade Empireの4thアルバムです。
このバンドのアルバムを買うのは初めてです。デジタルな味付けのあるシンフォニック・ブラックと聞いていますが、メロデス的な要素もあったりするらしいので、試しに購入してみました。

1.Ruinsはなにやら緊迫感溢れるイントロからスタート、そしてスタスタと爆走を始めます。哀愁のあるメロディを携え疾走していますね。サビでは泣きのギターが入ります。後半は一転して緩やかな雰囲気あるパートに移りますね。2.Dawnless Daysは暗黒なメロディでスピード感があります。その後は多少速度を落とし、シンフォニックなパートへ。ブラストビートも飛び出し、かなり迫力があります。ウニョウニョしたシンセから始まる3.Until No Life Breedsはアップテンポでザクザクと刻んでいくギターが印象的な一曲です。デスボイスも様々な歌い方をしており、かなり上手いと思います。呪詛的な怪しいボーカルも入りますね。4.Ash Statuesは壮大なイントロから始まるシンフォニックな楽曲。ゆっくりとしたテンポで進み、特に盛り上がるパートがないですね…残念。またもゆっくり始まる5.Disembodimentは長いイントロからようやくギターが入ります。と思ったらアコギによるパートへ。どうにもノリにくいですね…。語り声が挿入され、ようやくバンドサウンドが入ります。コレもあんまり面白くない…。6.Malicious Windsはボーカルの咆哮からズカズカと疾走するスピードチューンです。シンフォニックな味付けが良いですね。途中からスピードを落として静かなパートへ移ります。7.Traveler Of Unlightはシンセから始まるミドルテンポナンバーです。この辺りで、なんかもう失敗したなーと思いました(汗)8.Devolutionはシンセによる装飾が豪華なインスト。9.Slumbering Giantはホラーな感じのイントロからヘヴィで迫力あるサウンドが特徴的な一曲。アコギが入ったりして多少叙情的な感じがします。10.Nomadは強力なボーカルから始まるアグレッシヴな楽曲。アルバムの中では比較的ストレートに進む楽曲ですね。こういうタイプの曲をもっと聴きたかった…(涙)アルバム最後の11.Omega Arcaneはピアノも入るドラマティックなインスト。

ほとんどの曲が冗長で、特に盛り上がる場面もわからず、惹かれるようなメロディも少な目に感じました。あと長い曲は苦手なので、聴いていてちょっと苦痛でした…。質は非常に高いシンフォニック・ブラックだと思いますが、個人的には全然ハマらないアルバムでした。事前情報を誤ったか…(汗)
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Shade Empire | 18:50 | トラックバック:0 | コメント:0
Shade Empire / Intoxicate O.S
Shade Empire / Intoxicate O.S


1. Slitwrist Exstasy
2. Bloodstar
3. Chemical God
4. Rat in a Maze
5. Soulslayers
6. Silver Fix
7. Embrace the Gods of Suffering
8. Ravine
9. Hatefeast

84/100

Shade Empireの2ndアルバムです。

今作ではキーボードが多少デジタルチックなものになっていて、
いわゆるサイバー的な楽曲が増えましたね。個人的にはこちらの
方も好みですね。
1.Slitwrist Exstasyは激しいドラムから始まる曲で、ボーカルも
多少歌い方を変えていますね。高音で喚くタイプになっています。
まぁそこまで大きな変化ではないかな?キーボードはデジタルな
感じで楽曲を上手く装飾しています。ギターもなかなかカッコいい
リフを刻んでいます。2.Bloodstarはイントロからデジタルな
キーボードが現れ、ギターとともにアップテンポで進んでいきます。
3.Chemical Godはアグレッシヴなボーカルとギターで始まる一曲。
メロディがどこか中東的というか、不思議なメロディを奏でており、
なかなか悪くないです。疾走感もあってカッコいいですね。
4.Rat in a Mazeはザクザクしたギターで始まり、メロディックな
ギターが楽曲をリードしていくアップテンポの曲。途中で
ボーカルのメロディアスな歌唱を聴くことができます。コレも
曲の雰囲気に合っていて良いですね。アルバムラストの9.Hatefeast
ブラストビートとキーボードで攻め立てるアグレッシヴな楽曲。
ギターも負けじとリフを刻んでいます。中盤で聴くことができる
キーボードのデジタルな音色が特にカッコいいですね。

かなり気に入った作品です。もうすでに
次のアルバムも発表されているようですが、
これは期待できますね。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Shade Empire | 13:10 | トラックバック:0 | コメント:0
Shade Empire / Sinthetic
Shade Empire / Sinthetic


1. Conjuration
2. Pain & Pleasure
3. Human Sculpture
4. Designed For Blood
5. Creation Of Death
6. Ja Pimeys Laskeutui
7. Extreme Form of Hatred
8. Demonized
9. End of Dreams

80/100

フィンランドのキラキラ系メロディック・デスメタルバンド、
Shade Empireの1stアルバムです。

北欧らしい冷ややかなキーボードの音色が特徴的なメロディック・
デスメタルバンドです。ボーカルはギャウギャウと喚くタイプで、
ギターはザクザクと刻むカッコいいものになっています。
一番のお気に入りは7.Extreme Form of Hatredでしょうか。
ピアノの音色がとても効果的に使われており、ソロでの壮大な
演出はかなり効果的です。ボーカルはちょっと迫力不足でしょうか。
しかしそれを補って楽曲が良いですね。個人的には次のアルバムの
方が好みですが、こちらもなかなかの作品だと思います。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Shade Empire | 13:07 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR