音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

Machinae Supremacy / Phantom Shadow
Machinae Supremacy / Phantom Shadow

1. I Wasn't Made for the World I Left Behind
2. The Villain of this Story
3. Perfect Dark
4. Europa
5. Throne of Games
6. Meanwhile (in the Hall Of Shadows)
7. Phantom Battle
8. Captured (Sara's Theme)
9. Renegades
10. Beyond Good and Evil
11. The Second One
12. Redemption (Was Never Really My Thing)
13. The Bigger They Are the Harder They Fall
14. Versus
15. Mortal Wound (Skye's Requiem)
16. Hubnester Rising

70/100

Machinae Supremacyの7thアルバムです。

またもや知らぬ間に新譜が発表されていました…(汗)リリースペースが結構早いですね。ジャケットからすると、コンセプトアルバムなのかな? 詳細がまったくわかりません(-_-;)しかし曲数がかなり多めで、ボリュームがありますね~!

長ったらしいタイトルの1.I Wasn't Made for the World I Left Behindは短いイントロ。続く2.The Villain of this Storyは渋めのギターで始まり、途中からヘヴィなギターリフとともに進んでいくアップテンポナンバー。最初の曲としてはインパクトに欠けるかなぁ。小気味よくザクザクと進み、特徴的なボーカルの歌唱が目立っていますね。ギターソロはやや哀愁を感じさせるメロディになっています。ピコピコなサウンドから始まる3.Perfect Darkは勢い重視のイントロ。ボーカルが多彩な歌い方を披露していますね。この曲もスローテンポ気味で、なかなかテンションが上がりませんな(汗)4.Europaもアコギで静かにしっとりとメロディを奏でる楽曲。女性ボーカルも入り叙情性を高めています。穏やかなギターソロはなかなかイイですな!しかし無駄に長い気がする…。いきなりな日本語から爆走する5.Throne of Gamesは待ってましたスピードチューン!明るいメロディを携えて進んでいきます。ギターリフもモダンな感じがして気に入りました☆ドラムも派手に叩いてますね~。ソロパートもスピード感抜群でたまりません!6.Meanwhile (in the Hall Of Shadows)は物悲しいピアノと語りが入るインスト。カッコ悪かったら詐欺なタイトルの7.Phantom Battleはアップテンポでややアグレッシヴな楽曲。一転して暗い感じのメロディですね~。テクニカルなギターソロがなかなかカッコいい。8.Captured(Sara's Theme)はオルゴールの音色から静かに始まりピアノが入るインスト。9.Renegadesはヘヴィなギターがだんだんとフェードインしてくるミドルテンポの楽曲。気だるいボーカルの歌唱は好みが別れそうですね…。10.Beyond Good and Evilは哀愁を帯びたギターメロディでスタートするなかなか好印象な楽曲。ピコピコとした効果音もかなり目立っていますね。11.The Second Oneはおちゃらけた感じのイントロから陽気なメロディでスタートするアップテンポナンバー。違うんだ…叙情的で哀愁のスピードチューンが聴きたいんだ、私は!!(涙)12.Redemption (Was Never Really My Thing)は女性ボーカルによる静かな語り。13.The Bigger They Are the Harder They Fallはかなりカッコいいギターフレーズが飛び出し、これは期待大か!?スピード的にはアップテンポ~疾走チューンです。かなり後半になってボーカルが入ります。しかしメロディがイイ!こういう曲を待ってたんですよ!もう13曲目だよ!(T_T)14.Versusは静寂のムードあるイントロから強力なギターが入りテンポを上げるアップテンポナンバー。ザクザクとしたギターが心地良いですね~。15.Mortal Wound (Skye's Requiem)はピアノの優しげな旋律のインスト。アルバムラストの16.Hubnester Risingは静かなイントロからしばらくするとバンドサウンドが入るミドルテンポナンバー。う~ん、最後まで盛り上がりがあんまりなかったなぁ…。

ブックレットを見ても歌詞が書いてあるだけで、ストーリーとか設定はよくわかりませんでした(汗)しかしお気に入りのバンドでしたが、今作はちょっとガッカリな出来ですかね…スピードチューンも少ないし、叙情的でキャッチーなメロディもあまり聴くことができませんでした。もっと楽曲に勢いが欲しかったですね。お気に入りのバンドなので、次回作に期待したいです。
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Machinae Supremacy | 21:03 | トラックバック:0 | コメント:0
Machinae Supremacy / Rise Of A Digital Nation
Machinae Supremacy / Rise Of A Digital Nation

1. All of My Angels
2. Laser Speed Force
3. Transgenic
4. Rise of a Digital Nation
5. Pieces
6. Cyber Warfare
7. Republic of Gamers
8. Battlecry
9. 99
10. Hero

87/100

いつの間にか発売されていた、Machinae Supremacyの6thアルバムです。

カッコいいギターメロディから始まる1.All Of My Angelsはポップな感じの明るい楽曲で、一曲目としては掴みはOKですね!途中でテンポを落として歌メロを聴かせにきます。曲名からして期待が高まる、これまたかなりカッコいいスピード感の2.Laser Speed Forceはアレンジも豊かで、キラキラした演出が良い感じです。ソロパートが実にドラマティックでもう最高です!個人的にはこの曲がキラーチューンですね~。一転してヘヴィでゆったりとした3.Transgenicは気だるい感じのボーカルが印象的な一曲。アップテンポで明るくスピーディに始まる4.Rise Of A Digital Nationはシャープなギターリフがとてもイイですね~♪ギターソロもまたカッコ良く、渋くきまってますね。ピコピコサウンドもすごく効果的に使われています。そのピコピコサウンド全開の5.Piecesはサビが哀愁度抜群ですね。良い具合にマッチしていると思います。ギターソロはテクニカルに弾いていて素晴らしい!図太いギターリフからスタートする6.Cyber Warfareは短いインストです。インストに続く7.Republic Of Gamersは一瞬ためてスピードを上げて疾走する辺りがたまらないですね~。ドラマティックなメロディが印象深いです。緊迫感のあるソロパートも良い感じ!ミドルテンポで進む8.Battlecryは途中から部分的にスピードを上げていく楽曲です。叙情的でなかなかイイですね。あと唐突に日本語詞が出てきます。9.99は哀しげなメロディで始まり、ミドルテンポでゆっくり進んでいきます。ボーカルも感情を込めてじっくり歌い上げていますね。アルバムの最後は10.Hero!アップテンポでシャープなギターリフがとてもカッコいい楽曲です。勇壮なメロディを奏でるギターがなんとも言えません!メロディアスな一曲となっています。

全10曲で各曲コンパクトにまとめられているので、すんなりと聴き通せました。スピード感もありギターリフもカッコ良く、またこのバンドの特徴であるピコピコサウンドも非常に効果的に使われており、楽曲を盛り上げます。前作からまた成長していると感じましたね~。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Machinae Supremacy | 19:57 | トラックバック:0 | コメント:0
Machinae Supremacy / A View From The End Of The World
Machinae Supremacy / A View From The End Of The World

1. A View From The End Of The World
2. Force Feedback
3. Rocket Dragon
4. Persona
5. Nova Prospect
6. World Of Light
7. Shinigami
8. Cybergenesis
9. Action Girl
10. Crouching Camper Hidden Sniper
11. Indiscriminate Murder Is Counter Productive
12. One Day In The Universe
13. The Greatest Show On Earth
14. Remnant (March Of The Undead IV)

85/100

Machinae Supremacyの5thアルバムです。

1.A View From The End Of The Worldはイントロからメロディックに
疾走していきます。哀愁のあるボーカルの歌唱も曲に合っていて
良いですね~。アップテンポのサビが何ともいえません。ソロパート
ではピコピコサウンドも健在です。楽曲に個性を与えていますね。
ギターソロもとてもメロディアスでイイ!2.Force Feedbackはやや
ヘヴィなギターからピコピコサウンドが入ります。アップテンポで
リズム良く歌うボーカルが気に入りました。サビではテンポを落とし
感情を込めて歌っていますね。途中では女性ボーカルが入るなど
工夫が感じられます。ここで日本語の歌詞が入るのですが、所々
聴き取りづらい箇所がありますね(汗)その後はヘヴィなギターで
テンポアップしソロパートへ。3.Rocket Dragonはイントロから
勇壮なメロディでとてもキャッチーに仕上がっていますね。
ボーカルは悲しげな様相で歌い上げます。全体的に哀愁度が高め
ですね~。そしてこの曲のギターソロがまたカッコいいです。
7.Shinigamiは待ってましたキラーチューンです!アルバム中
最も速いスピードでピコピコサウンドとボーカル、ギターが
見事に合わさった曲だと思います。中間部の疾走パートもかなり
カッコいい。ボーカルとザクザクとしたギターがたまりません!
刻むギターで始まる10.Crouching Camper Hidden Sniper
なんと言ってもサビがイイ!アップテンポで歌うボーカルの
メロディの良さは本当にハマりますね。哀愁度も抜群です。
後半のピコピコサウンドとともに疾走する部分が特に好きですね。

今作も安定した出来だと思います。だたどちらかと言うと
前作の方が良曲が多かったかな~と思いました。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Machinae Supremacy | 10:48 | トラックバック:0 | コメント:0
Machinae Supremacy / Overworld
Machinae Supremacy / Overworld


1. Overworld
2. Need For Steve
3. Edge And Pearl
4. Radio Future
5. Skin
6. Truth Of Tomorrow
7. Dark City
8. Conveyer
9. Gimme More (SID)
10. Violator
11. Sid Icarus
12. Stand

86/100

Machinae Supremacyの4thアルバムです。

1.Overworldからピコピコサウンドが入り、そのあとカッコいい
ギターにバトンタッチします。サビでは壮大な雰囲気のボーカルを
聴くことができますね。一曲目としては良い出来だと思います。
2.Need For Steve3.Edge And Pearlはピコピコサウンドを上手く
使用した楽曲で、曲に個性が出来ていますね。ギターもとても
ヘヴィでクールです。5.Skinはメロディアスなボーカルから入る、
静かなイントロですね。その後もボーカルが楽曲を引っ張っていき、
途中から激しいパートへと変わります。この曲の疾走パートは非常に
カッコいいですね~。6.Truth Of Tomorrow7.Dark Cityは続けて
とてもメロディアスで勢いのある楽曲です。刻むリフとなめらかな
ボーカルの歌唱が気に入りました。特に7.Dark Cityは今作で一番
キャッチーかもしれません。メロディがとても良い楽曲です。
8.Conveyerは疾走感溢れる一曲。サビでのボーカルの歌唱が
光っています。とても哀愁を感じさせますね~。10.Violator
イントロからピコピコサウンドで、ボーカルが入るとともに
疾走を開始します。どこか明るい感じのメロディがいいですね。
11.Sid Icarusはボーカルを中心にした楽曲。メロディの良さがよく
わかりますね。ギターソロもカッコよくキマっています。

今作も非常にカッコいいメロパワをプレイしていますね。
前作同様、ピコピコした効果音もさらに使用されるようになり、
個性を確立した感があります。こちらのアルバムもお勧めです!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Machinae Supremacy | 21:27 | トラックバック:0 | コメント:0
Machinae Supremacy / Redeemer
Machinae Supremacy / Redeemer


1. Elite
2. Through The Looking Glass
3. Rogue World Asylum
4. Rise
5. I Know The Reaper
6. Hate
7. Ghost (Beneath The Surface)
8. Seventeen
9. Ronin
10. Oki Kumas Adventure
11. Reanimator

84/100

スウェーデンのメロディック・パワーメタルバンド
Machinae Supremacyの3rdアルバムです。

1.Eliteからアグレッシヴに疾走するスピードチューンです!
この曲のギターリフがとてもカッコいい。ピコピコした効果音も
良いアクセントになっていますね。ボーカルはちょっと
クセのある感じですが、個人的には気に入りました。
サビでの歌唱もバッチリです。
そして2.Through The Looking Glassです!美しいピアノの演奏から
始まり、ヘヴィなギターとともに疾走!超カッコいいですね。
ドラムも爆裂してます。静かなパートからノリの良いパートへと
移り、哀愁漂うサビへと突入します。これは良い曲ですね~。
3.Rogue World Asylumはヘヴィなギターリフが印象的な一曲。
ピコピコサウンドも曲に特徴を与えています。サビではちょっと
変わった感じのメロディを楽しむことが出来ます。
4.Riseは渋い感じのギターから始まる曲。その後ドラムが入り、
テクニカルなパートに移ります。ノリが良くて聴きやすいですね。

とても良いメロディック・パワーメタルバンドですね。
このバンドの個性であるピコピコしたサウンドも楽曲によく
溶け込んでいると思います。こういう音が苦手でない方は是非!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Machinae Supremacy | 18:48 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR