音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

Labyrinth / Architecture Of A God

1. Bullets
2. Still Alive
3. Take on My Legacy
4. A New Dream
5. Someone Says
6. Random Logic
7. Architecture of a God
8. Children
9. Those Days
10. We Belong to Yesterday
11. Stardust and Ashes
12. Diamond
13. Those Days(Acoustic Version)(日本盤ボーナストラック)

89/100

イタリアのプログレッシヴ/メロディック・パワーメタルバンド、Labyrinthの8thアルバムです!

私にとってLabyrinthの名盤といえば、やはりアルバム「Labyrinth」や「Freeman」が思い付きますね。この頃のアルバムは本当に叙情・哀愁のメロディに溢れていて、何度も聴きまくったものです。その後の「6 Days To Nowhere」では迷走っぷりが激しく、非常に落胆したのを覚えています。そして前作の「Return To Heaven Denied」の続編というアルバムにより、音楽の方向性が以前のようなメロディック路線に戻りつつあったように思います。

そして今作!期待してますよ~♪全盛期のような叙情・哀愁メロをいま再び・・・!!

1.Bulletsはブヨーンとしたデジタルなキーボードからスタート、テクニカルなドラミングとともに叙情的なギターフレーズでアップテンポに展開するかなりの良曲!!ボーカルの歌唱はもう文句なし、中音域で渋く歌い上げていきます。こりゃあ1曲目から良い感じですぞ~♪ギター&キーボードソロもピロピロと弾きまくりで泣きまくり!パーフェクトです☆

2.Still Aliveはブリブリとしたベースからヘヴィなギターリフへ繋ぎ、ボーカルの哀愁たっぷりな歌唱がメインで進んでいくミドルテンポ・ナンバーです。スピード感はありませんが、キラリと光るメロディの良さが実に素晴らしいですね(*´∀`)テクニカルなソロパートもカッコいい!

3.Take on My Legacyはアグレッシヴなギターリフとデジタルなキーボードで疾走!ザクザクとした高速リフとメロディアスなフレージングがたまらなすぎる!!ピーンと張り詰めた緊迫感が漂うカッコいいスピード・チューンですな♪バックで鳴っているキーボードアレンジもまた素晴らしいです。

4.A New Dreamはアコギによる泣き泣きなギターでしっとりと進んでいくミドルテンポ・ナンバー。ボーカルの哀愁漂いまくる歌唱が最高ですな♪これでもかと渋味のあるメロディを奏でていきますね~(;つД`)ゆったりとしたギターソロが泣ける・・・!

5.Someone Saysは勇ましいギターメロディで始まり期待感を煽り、ミドルテンポでじっくり聴かせたあとはサビでスピードアップ!解放感のある爽やかなメロディが最高にクサい!!ソロパートで乱舞するピアノの音色もクサさに満ち満ちていますね。

6.Random Logicは妖しげなメロディを奏でるピアノとボーカルの呟きが入る、2分程度のショートナンバー。

7.Architecture of a Godは9分近い大作です。不思議な音色を奏でるキーボードにアコギでまったりと進んでいきます。続いてドラマティックなギターリフとハードなドラミングで力強く展開し、そのあとは再びメロウなパートへと移ります。強弱を付けた楽曲の運び方は、なかなかに凝っている印象を受けました☆

8.Childrenは叙情的なメロディとストロングなギターでズンズンと突き進んでいくインスト。きらびやかなキーボードの音色も素敵。

9.Those Daysは泣きの哀愁メロをじっくりと聴かせるパワー・バラード。ボーカルの力量がいかんなく発揮された、叙情的なバラードに仕上がっています。

10.We Belong to Yesterdayはだんだんと叙情的なギターフレーズがフェードイン、バラード調にボーカルがメロウに歌い上げるミドルテンポな楽曲ですね♪この曲もメロディがとにかく良い!アコギも挿入され泣きの要素がたっぷりです。

11.Stardust and Ashesはタフなギターリフとカオティックな印象さえ受けるキーボードでハデに進んでいくスピード・チューン!パワフルなボーカルの歌いっぷりがカッコいい~!クールなメロディを聴かせるギターソロも聴き逃せませんね。

12.Diamondはデジタルなキーボードと泣きのギターでメロディを紡いでいく、バラード調の楽曲。

13.Those Days(Acoustic Version)は日本盤ボーナストラック。アコースティック・バージョンでより一層泣きの要素がたっぷりです。

あの叙情哀愁メロの盛りだくさんなLabyrinthが帰ってきた!・・・とまでは行きませんが、なかなか素晴らしい出来映えのアルバムですね。個人的な傑作アルバム「Labyrinth」や「Freeman」には及びませんでしたが・・・。

まずメロディが良い!哀愁を漂わせた芳醇なメロディを聴くことができます。残念ながら疾走曲はあまり多くありませんが(2~3曲くらい)、とにかくメロディが良い感じで、最後までダレずに聴き通すことができますね。

そしてギタープレイも過去作に比べてかなりハデに弾きまくっていますね♪もちろんキーボードもピロピロと早弾きで存在感をキッチリとアピール。また初期のアルバムにあったようなデジタルなキーボードアレンジも良い具合に楽曲に溶け込んでいます!

キラー・チューンは1.Bulletsですな!アルバムのオープニングを飾るカッコいい名曲です(*´ω`*)
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Labyrinth | 18:44 | トラックバック:0 | コメント:0
Labyrinth / Return To Heaven Denied Pt.2 - A Midnight Autumn's Dream
Labyrinth / Return To Heaven Denied Pt.2 - A Midnight Autumn's Dream

1. The Shooting Star
2. A Chance
3. Like Shadows In The Dark
4. Princess Of The Night
5. Sailors Of Time
6. To Where We Belong
7. A Midnight Autumn's Dream
8. The Morning's Call
9. In This Void
10. A Painting On The Wall
11. You Don't Remember, I'll Never Forget(日本盤ボーナストラック)
12. A Midnight Autumn's Dream(Acoustic Version)(日本盤ボーナストラック)

86/100

Labyrinthの7thアルバムです。

個人的に大好きなこのバンドですが、前作の方向性にはついていけず、非常にガッカリしてしまった記憶があります。そこへ来て名盤「Return To Heaven Denied」の続編とは!なんか前作の出来栄えを見るとあんまり期待できませんが…(汗)それでもわざわざ評価の高かったアルバムの続編を作るんですから、気合いの入れようは伝わってきますね…!

だんだんと音がフェードインしてくる1.The Shooting Starは、哀愁のあるメロディからザクザクとギターが刻む緊迫感のあるイントロ!スタスタと疾走するスピードチューンですな。しかし曲に緩急を付けることで、より疾走感が増しますね!やっぱりこのボーカルはホントにたまらんです♪良い声してますね~。ギターソロはピロピロと弾きまくりな感じです。しかし1曲目にしては長めな曲ですね。2.A Chanceはバラード調に始まるドラマティックな楽曲。その後は突如疾走を開始するスピードチューン!この展開は素晴らしい!なんかこの曲をオープニングナンバーにしておいた方が良い気がしましたね…(汗)ギターも弾きまくりで、ドラミングも派手で聴きごたえは充分!アコギでしっとりと始まる3.Like Shadows In The Darkは、今度こそバラードな楽曲。ボーカルの実力がいかんなく発揮されています。ギターは割とヘヴィな感じですね。跳ねるようなリズムで軽快に始まる4.Princess Of The Night。アップテンポでノリの良い曲ですな!5.Sailors Of Timeは静かなイントロから哀愁をまとったメロディで進んでいくアップテンポナンバー。ギターリフが特にカッコいいです!6.To Where We Belongはアグレッシヴなギターで始まる、スピーディな楽曲ですね。キャッチーなサビメロがまた良い感じ。7.A Midnight Autumn's Dreamは泣き泣きのギターフレーズがたまりませんな!ボーカルも静かに歌い上げるバラードナンバーです。美しい音色から始まり、ストロングなギターが入る8.The Morning's Call。煌めいたメロディで軽快に進んでいくアップテンポナンバーです。サビでは明るいメロディでスタスタと疾走します!9.In This Voidはズッシリと重々しく進んでいくミドルテンポな楽曲ですね。アルバム本編の最後は10.A Painting On The Wallは渋いギターが印象的なバラード調の曲で、ボーカルの歌唱力が楽しめる1曲になっていますね☆

以下2曲はボーナストラックです。イングヴェイのカバー11.You Don't Remember, I'll Never Forgetは、原曲は聴いたことがありませんが、なかなかイイ曲ですね。お次は12.A Midnight Autumn's Dreamのアコースティック・バージョンです。より一層、哀愁度の溢れる曲になっています。

なんというか、ちょっと期待しすぎた部分もありますが、なかなかの作品ではないでしょうか。哀愁度はやはり高く、前作と比べれば断然こっちの方が好きです。しかしちょっとパワー不足というか…インパクトのある楽曲が欲しかったですね。私はやはりアルバム「Labyrinth」や「Freeman」が好きですなぁ。

キラーチューンはやはり「A Chance」ですかね。コレは大変素晴らしい曲ですな!この曲ばかり聴いていました。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Labyrinth | 13:46 | トラックバック:0 | コメント:0
Labyrinth / 6 Days To Nowhere
Labyrinth / 6 Days To Nowhere


1. Crossroads
2. There Is A Way
3. Lost
4. Mother Earth
5. Waiting Tomorrow
6. Come Together
7. Just One Day
8. What!!!
9. Coldness
10. Rusty Nail
11. Out Of Control
12. Wolves'N'Lambs
13. Smoke And Dreams
14. Piece Of Time
15. Waiting Tomorrow (Demo Version)
16. There Is A Way (Demo Version)
17. Lost (Demo Version)
18. What??? (Demo Version)

70/100

Labyrinthの6thアルバムです。

あのLabyrinthが・・・(涙)2作品続けて素晴らしいアルバムを出してくれたLabyrinthですが、今作ではそのメロディを聴くことが出来ません。どうしてしまったんだ・・・。

1.Crossroadsは疾走感ある楽曲で、これはなかなか悪くありません。しかし、メロディの良さが失われていますね・・・。サビでの盛り上がりも無く、そのまま曲が終わってしまいます。3.Lostではブラストビートも飛び出すなど工夫が感じられますが、メロディの質がやはり落ちています。

アルバム全部通して、聴きとおすのがツラかったです・・・。唯一の楽しみは14.Piece Of Timeの再録でした。やっぱりこれは良い曲だなぁ~。いつか、気が向いたら聴き直してみたいと思います。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Labyrinth | 18:39 | トラックバック:0 | コメント:0
Labyrinth / Freeman
Labyrinth / Freeman


1. L.Y.A.F.H.
2. Deserter
3. Dive In Open Waters
4. Freeman
5. M3
6. Face And Pay
7. Malcolm Grey
8. Nothing New
9. Infidels
10. Meanings

94/100

Labyrinthの5thアルバムです。

このジャケットは・・・まさにモダン化の象徴でしょうか(汗)と不安に思ったのも杞憂に終わりました。今作品は、スピードを落としメロディの良さで勝負に来ましたね。

1.L.Y.A.F.H.4.Freemanはとても哀愁を漂わせる美しいメロディが特徴です。サビでのボーカルの歌唱といったらもうたまりません!とても耳に残るメロディですね。2.Deserterは哀しげなメロディから始まる一曲で、こちらはドラマティックに盛り上げる楽曲になっていますね。サビでの開放感ある歌唱が最高にカッコいいです。3.Dive In Open Watersは唯一のまともな疾走曲。サビがとてもキャッチーで聴きやすいですね。しかしちょっとアルバムから浮いてる感じもしますね(汗)ミドルテンポ中心のアルバムだからでしょうか。5.M3はアップテンポに進む楽曲で、物悲しげなサビがクセになりますね。とても分かりやすいです。8.Nothing Newもアップテンポ~疾走曲でカッコいい曲です。ボーカルが入るとスピードを落とし、ボーカルを聴かせにきます。10.Meaningsはアルバムのラストを飾る素晴らしい楽曲で、サビでは一緒に歌いたくなってしまいますね。それくらいキャッチーな出来栄えです。

アルバム全体に言える事ですが、どの曲も実に哀愁に溢れてますね。メロディの質がとても高く、何回聴いても飽きることがありません。音質がちょっと悪く、ギターの音がモコモコした感じになっていますが、そこまで気になりませんでした。前作に続いて名盤です!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Labyrinth | 20:33 | トラックバック:0 | コメント:0
Labyrinth / Labyrinth
Labyrinth / Labyrinth


1. The Prophet
2. Livin' In A Maze
3. This World
4. Just Soldiers (Stay Down)
5. Neverending Rest
6. Terzinato
7. Slave To The Night
8. Synthetic Paradise
9. Hand In Hand
10. When I Will Fly Far

94/100

Labyrinthの4thアルバムです。

このアルバムは、個人的にかなり気に入ったアルバムです。捨て曲は一切無く、非常にハイレベルな作品だと思います!

1.The Prophet8.Synthetic Paradiseはストレートなスピードチューンで、今作品のキラーチューンでしょう!美旋律とともに疾走するさまは最高の一言です。2.Livin' In A Maze3.This Worldといったアップテンポの曲も非常にメロディックで、聴き手を飽きさせません。3.This Worldのソロ部分はとてもお気に入りで、何度もリピートしてしましました。ボーカルの歌唱も強力ですね。4. Just Soldiers (Stay Down)のようにアグレッシヴな曲にも隙がありません。6.Terzinato7.Slave To The Nightのようにアップテンポで哀愁を漂わせる楽曲にもフックがあります。また5.Neverending Restのようにバラードも美しく、アルバム通して完璧な流れになっています。

本当に素晴らしいアルバムです!すごく気に入りました。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Labyrinth | 20:28 | トラックバック:0 | コメント:0
Labyrinth / Sons of Thunder
Labyrinth / Sons of Thunder


1. Chapter1
2 .Kathryn
3. Sons of Thunder
4. Elegy
5. Behind The Mask
6. Touch The Rainbow
7. Rage of The King
8. Save Me
9. Love
10. I Feel You
11. Miles Away
12. Ti Sento

78/100

Labyrinthの3rdアルバムです。

う~ん、前作が良すぎたのか、今作にはあまりハマれませんでした。決して曲のレベルが低いわけではないですが、ちょっとわかりにくい楽曲が多いというか。もっとストレートな曲が欲しいところですね。メロディの質も2ndの方が良かったと思います。

しかしそんな中でも8.Save Meは素晴らしい一曲ですね!ピアノから
始まり、ギターが入るとともに疾走!メロディも素晴らしく、サビでの盛り上がりも半端ではありません。これは名曲ではないでしょうか。どちらかというとミニ・アルバムに収録されていたバージョンの方が好きだったりしますが・・・(汗)しかし名曲には変わりありません。

このアルバムは8.Save Meが最高ですね。これでアルバムを買った価値があるというものです。他の曲もまた聴きなおしてみたいと思います。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Labyrinth | 18:12 | トラックバック:0 | コメント:0
Labyrinth / Return To Heaven Denied
Labyrinth / Return To Heaven Denied


1. Lady Lost In Time
2. Thunder
3. Moonlight
4. Falling Rain
5. Die For Freedom
6. Feel
7. The Night Of Dreams
8. Time After Time
9. Heaven Denied
10. New Horizons
11. State Of Grace
12. Falling Rain (Acoustic Version)

85/100

Labyrinthの2ndアルバムです。

ボーカルがチェンジし、新たにロベルト・ティランティが加わりました。このボーカルも大変な力量の持ち主で、安心して聴いていられます。個人的にも好みのボーカルです。1.Lady Lost In Timeは美しいピアノから始まる一曲で、ボーカルのささやくような歌唱が聴き手をどんどん引き込んでいきます。ギターが入ると疾走開始!力強いボーカルとズンズン激しいドラム、カッコいいギターの刻み、完璧な一曲です。2.Thunderは激しめなギターから始まるアグレッシヴな楽曲。スピード感もあり、ボーカルも高音をしっかり出していて、カッコいい曲になっています。3.Moonlightは綺麗なイントロに始まり、テンポが上がります。ここでもボーカルの素晴らしさが出ていますね。ギターもカッコよく弾いています。間奏は重々しい雰囲気もあるパートからボーカルへと移ります。ギターソロはテクニカルでありながらもメロディもしっかり奏でていますね。10.New Horizonsギター主体のイントロから入ります。圧巻なのはギターソロですね。非常に緊迫感あるプレイをしています。11.State Of Graceは非常にメロディが美しいアップテンポの楽曲。ボーカルの歌唱もバッチリです。

とても気に入ったアルバムです。最初にLabyrinthの
アルバムを聴くならこのアルバムが良いのではないでしょうか。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Labyrinth | 18:10 | トラックバック:0 | コメント:0
Labyrinth / No Limits
Labyrinth / No Limits


1. Mortal Sin
2. Midnight Resistance
3. Dreamsland
4. Piece Of time
5. Vertigo
6. In The Shade
7. No Limits
8. The Right Sign
9. Red Zone
10. Time Has Come
11. Looking For...
12. Call Me
13. Miles Away

78/100

イタリアのメロディック・パワーメタルバンド、
Labyrinthの1stアルバムです。
ファビオ・リオーネがジョー・テリーという名でバンドに在籍していたことが有名ですね。

さてその音楽性は、パワーメタル・スピードメタルにテクノっぽい味付けを加えた個性的な楽曲になっています。これがまたちょっと微妙で、あまりハマれる曲はありませんでした・・・。1.Mortal Sinはピアノとギターが入り、ボーカルは力強く歌います。ギターはザリザリした感じで悪くないですね。飛翔感のある明るいサビはなかなか良い感じです。4.Piece Of timeは個人的に特に気に入った楽曲。流麗なメロディがクセになります。ボーカルの歌唱もさすがファビオ・リオーネです。安心して聴いていられます。6.In The Shadeはいきなりのボーカルのシャウトに驚きますね。サビでの哀愁を帯びたメロディは中毒性があります。

気に入った曲はこれくらいでしょうか。ちょっと自分には合わなかったですね・・・。Labyrinthの真価は2nd以降でしょう!でも、このアルバムも持っていて損は無いと思います。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Labyrinth | 18:07 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR