音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

Destrage / A Means to No End

1. A Means to No End
2. Don’t Stare at the Edge
3. Symphony of the Ego
4. Silent Consent
5. The Flight
6. Dreamers
7. Ending to a Means
8. Peacefully Lost
9. Not Everything Is Said
10. To Be Tolerated
11. Blah Blah
12. A Promise, a Debt
13. Abandon to Random

82/100

イタリアのテクニカル・プログレッシヴメタルバンド、Destrageの4thアルバムです。

テクニカルでいてキャッチーな面もアピールしてくる、プログレッシヴなメタルをプレイしているDestrage!今作もハチャメチャなヘヴィメタルを期待しておりますぞ!

1.A Means to No Endは静寂な雰囲気からだんだんと音がフェードイン、さまざまな楽器で盛り上げ、しゃがれた渋い声で柔らかな歌唱が入る楽曲。これはアルバムのイントロ的なショート・ナンバーみたいな位置付けなのかな?

2.Don’t Stare at the Edgeはサイケデリックなギターリフで始まり、ドライヴィンなギターフレーズをかましてくるアップテンポ・ナンバー。なんかやけに音が軽くなっちゃったけど、どうしたんだろう?ヘヴィメタル的なアグレッションはちょっと薄めですね。でも、キャッチーな歌メロはなかなか良いね!

3.Symphony of the Egoはテクニカルで不穏な雰囲気を醸し出すギターから、軽快に疾走するスピード・チューン!これもなんというかメタルらしさがあまり感じられないかなぁ。しかし曲としてはクオリティは高いですね♪浮遊感のあるサビが印象的です。

4.Silent Consentはこれまたサイケデリックなギターリフで、ボーカルの歌唱はクレイジーな感じと柔らかな歌唱の両方を使いこなしていますね。スピード感は抑えめで、曲展開がなかなか複雑です。

5.The Flightはやっとこさ激しめなギターサウンドからヘヴィに突き進むスピード・チューン!ボーカルは繊細な歌唱からぶちギレたスクリームで華麗に歌い上げます。こういうイカレたテンションの曲をもっと聴きたいなぁ~。

6.Dreamersはスピード感溢れるイントロからボーカルがクリーンに歌い上げる疾走曲。妖しげなサビメロの歌唱はやはりDestrageらしさみたいなものを感じさせますね!後半はスローになりテクニカルな展開を見せます。

7.Ending to a Meansはムーディーなふんわりとした雰囲気を演出する3分程度の短いインスト。

8.Peacefully Lostは激しいギターが暴れまわるイントロから、ボーカルが優しげに歌い上げるカオスな楽曲。

9.Not Everything Is Saidはジリジリと焦らすようなドラミングで始まり、ドライヴィンなギターリフがクールなスピード・チューン。爽快感のあるサビメロがスゴくカッコいい!こういった曲にこそDestrageらしさがありますね♪

10.To Be Toleratedはストロングなギターリフとシニカルな歌唱を見せるボーカルで進んでいく、カオティックな魅力のあるアップテンポ・ナンバー。

11.Blah Blahはピロピロした一風変わったギターから始まり、ボーカルの多彩な歌唱法で展開するミドルテンポ・ナンバー。うーん、あんまりノリ切れないなぁ。

12.A Promise, a Debtは2分程度の短い楽曲。アコギと妖しい歌唱を聴くことのできるショート・ナンバー。

13.Abandon to Randomは7分超えの長めな曲。ヘヴィなイントロから複雑なプログレッシヴ的なパートへと移っていく楽曲になっていますね。

うーん、今までのアルバムからすると、ちょっと残念な出来映えかなぁ。ヘヴィメタルとしての要素がかなり減退していて、個人的にはかなりガッカリでした。もっと、ノリノリでいてヘヴィなヤツを聴きたかったです。無念(´・ω・`)
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Destrage | 11:12 | トラックバック:0 | コメント:0
Destrage / Are You Kidding Me? No.
Destrage / Are You Kidding Me? No.

1.DESTROY CREATE TRANSFORM SUBLIMATE
2.PURANIA
3.MY GREEN NEIGHBOUR
4.HOSTS, RIFLES & COKE
5.G.O.D.
6.WHERE THE THINGS HAVE NO COLOUR
7.WATERPARK BACHELORETTE
8.BEFORE, AFTER AND ALL AROUND
9.(OBEDIENCE)
10.ARE YOU KIDDING ME? NO.
11.36,7℃ (日本盤のみボーナストラック )

85/100

Destrageの3rdアルバムです。
前作ではヘヴィでありながらノリノリの音楽性でヘドバン必至の高品質なアルバムでしたが、今作はいかがな出来栄えでしょうか!?

1.DESTROY CREATE TRANSFORM SUBLIMATEはイントロからピロピロと弾きまくりのギターと変則的なメロディが特徴的なアップテンポ・ナンバー。ボーカルはちょっとイカれた感じですがノーマルボイスでメロディを歌い上げるパートもありますね!アコギでムードを盛り上げ、浮遊感のあるボーカルが歌う辺りがイイ!終盤はもうメチャクチャでワケがわかりません!2.PURANIAは意外とストレートなギターリフで始まり、呟くようなボーカルから入ります。ノリノリのアップテンポ・ナンバーですね。このバンドにしてはマトモな感じがします(笑)でもやっぱりカッコいい!続いて3.MY GREEN NEIGHBOURはメチャクチャに始まるカオスな一曲。こちらもノリノリなナンバーになっており、ズンズンと響くドラミングが最高ですね☆ボーカルの歌唱も多様な歌い方を披露しており、相変わらず上手いですね~。4.HOSTS, RIFLES & COKEはミドルテンポでヘヴィに突き進む楽曲です。サビでは多少スピードを上げてキャッチーな感じになります。ギターソロもテクニカルでカッコいいです。5.G.O.D.はウニョウニョしたイントロからスタートするミドルテンポ・ナンバー。なかなか曲展開が複雑です。この曲はちょっと退屈かなぁ~…。6.WHERE THE THINGS HAVE NO COLOURはアコギで渋いイントロからメロディアスに進む一曲。途中からザリザリとしたギターが入り、ゆったりと展開していきます。ギターソロは明るい感じのメロディアスなものになっておりますな。7.WATERPARK BACHELORETTEはキタキター!!なアグレッシヴ・ナンバーです!アップテンポで非常にノリの良いメロディですね。途中でアコギとフンワリしたボーカルの歌唱も入ります。相変わらずカオスですね~。8.BEFORE, AFTER AND ALL AROUNDはボーカルの呟きからスタート、図太いギターが楽曲をリードしていきますね。コレもちょっと退屈かも…(汗)9.(OBEDIENCE)はキレたボーカルが印象的なミドルテンポの楽曲。う~ん、後半はちょっと失速気味?タイトルトラックである10.ARE YOU KIDDING ME? NO.は、スピード感あるボーカルが存在感を発揮している楽曲です。途中から曲展開が変わりテクニカルなギターソロが入ります。なにやら渋いメロディで歌うパートが面白いです(笑)その後は再びヘヴィなギターを奏でていきます。日本盤ボーナストラックの11.36,7℃はメロウな感じのしっとりしたギターメロディに乗せて、ノーマルボイスによるメロディックな歌唱を聴くことができます。

う~ん、悪くはないんですが、あんまり気に入った楽曲が少なかったですかね…(汗)個人的には2ndが大好きなので、それを超えることは出来ませんでした。しかし相変わらずテクニックはスゴいし、ハチャメチャな展開も健在なので、買って損はまったく無いと思います。自分もまだ聴き込めてないので、これから何度もじっくり聴いてみたいと思います!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Destrage | 22:55 | トラックバック:0 | コメント:0
Destrage / The King Is Fat'n'Old
Destrage / The King Is Fat'n'Old

1. Double Yeah
2. Twice The Price
3. Jade's Place
4. Neverending Mary
5. Back Door Epoque
6. Smell You Later Fishy Bitch
7. Collateral Pleasure
8. Home Made Chili Delicious Italian Beef
9. Tip Of The Day
10. Panda vs. Koal
11. Wayout
12. Back Door Reprise

90/100

Destrageの2ndアルバムです。

図太いギターリフから始まる1.Double Yeahはズンズンとしたヘヴィなリズムで突進していきます。フラッシーなギターソロもカッコいい!2.Twice The Priceは中東チックなメロディが少し流れたと思ったらダークなメロディに切り替わり、ミドルテンポで重々しく進んでいく楽曲。浮遊感のあるノーマルボイスによる歌唱も良い感じ。3.Jade's Placeは明るい印象のメロディで始まりアップテンポでノリ良く進みます。途中のナーナーナナーナー♪が耳から離れません(笑)ギターソロはテクニカルに弾きまくっています。4.Neverending Maryはアコギから静かに始まったと思ったら、ゴリゴリしたギターで攻め立ててきます。エモーショナルなノーマルボイスの歌唱も良いですね~。また途中からアコギによるムードあるパートに突入します。その後のギターソロがまたクール!ドラムから始まり妖しいギターをかき鳴らす5.Back Door Epoque。要所でメロディを重視したボーカルが歌い上げます。この曲でもアコギによる雰囲気作りが曲を盛り上げていますね。6.Smell You Later Fishy Bitchは激しいボーカルが曲を引っ張って行き、ドラムもバカスカ鳴っていて爽快です。後半の疾走パートもたまらなくカッコいいですね!7.Collateral Pleasureも似たようなタイプの楽曲。変則的リズムとボーカルの声の切り替えが上手いことマッチしています。10.PANDA VS KOALAはうねるようなギターからスタート。噛みつくようなボーカル主体ですが、途中で雄大な印象を受けるボーカルが入り、リズムを落としてヘヴィに進みます。ガンガンとした激しいドラムから始まる11.Wayoutはノリがよく疾走感のある楽曲ですね。途中で差し込まれるメロディックなギターリフもカッコいいです。後半のノリノリのギタープレイも最高!

1stアルバムはあまりハマることが出来ず、今回はどうかな~と不安でしたが、今作はとても気に入りました!あんまり路線が変わったわけではないのだろうけど、何故だろう…。しかしなかなか聴き込みを必要とするアルバムですね~。これは1stも聴き直してみないといけませんね!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Destrage | 19:12 | トラックバック:0 | コメント:0
Destrage / Urban Being
Destrage / Urban Being


1. Trash For Sale
2. Art For Free
3. Self ID Generator
4. The H Factor
5. Joker The Fast
6. Infinite Dump System Circle
7. Beauty Clown
8. Digital Abuse
9. Very Important Pointless
10. Urban Being
11. Again

80/100

イタリアのエクストリーム・メタルバンド、Destrageの1stアルバムです。

とても人気のあるバンドですが、個人的にはあまりハマることが出来ませんでした・・・。音がたくさん詰め込まれすぎていて耳がちょっと疲れてしまいますね。まだまだ修行が足りないです(汗)

中でも気に入ったのは1.Trash For Sale、怪しげなメロディがなかなかクセになります。ボーカルのシャウトも迫力がありますね。強力なドラムからスタスタと疾走する2.Art For Freeもカッコいい。サビでの早口ボーカルが面白いです。この曲のメロディはけっこう
気に入りました。5.Joker The Fastはリズミカルに進む楽曲で、サビでの歌唱が良い感じです。ドラムもかなり強力ですね。6.Infinite Dump System Circleはザクザク刻むギターと独特のリズムがカッコいい一曲。ノーマルボイスでの歌唱もポイントです。ギターソロが非常にテクニカルで気に入りました。この曲が一番好きかな?10.Urban Beingはこれまた奇怪なメロディですね。妖しいギターリフが曲をリードしていきます。

もうちょっと聴き込みが必要ですね。音圧もすごくて聴いているとやっぱり結構疲れが・・・(汗)

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Destrage | 17:28 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR