音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

All That Remains / Madness

1. Safe House
2. Madness
3. Nothing I Can Do
4. If I'm Honest
5. Halo
6. Louder
7. River City
8. Open Grave
9. Far From Home
10. Trust And Believe
11. Back To You
12. Never Sorry
13. The Thunder Rolls(ボーナストラック)

88/100

メタル・コアバンド、All That Remainsの8thアルバムです!

前作「The Order Of Things」では、大胆にもグロウルをほぼ封印し、クリーンボイスで勝負に出た意欲作でした。アグレッションよりもメロディに重点を置いたその楽曲群にはもうノックアウトされましたね!初期の頃の方向性も好きでしたが、個人的に大当たりな名盤でした。

さて、そんな前作からどのような成長ぶりを見せてくれるのでしょうか!?非常に楽しみです(о´∀`о)

1.Safe Houseはなかなかにアグレッションのあるギターリフでゴリゴリとスタート!ややしゃがれた声でボーカルが歌い上げ、ヘヴィなブレイクダウンっぽいパートもあります。しかし前作から比べればわりとハードな楽曲に仕上がっていますね♪クリーンボイスによる歌唱は意外にもしておらず、ギターソロはとてもメロディアス!

2.Madnessはノイズから入り、じっくりとギターがメロディを刻んでいくミドルテンポ・ナンバー。クリーンボイスによる滑らかな歌唱が大胆にフィーチュアされ、力強い歌いっぷりを披露しています。ギターソロはやっぱりカッコいいですな♪ちょっと短いけど・・・(^_^;)

3.Nothing I Can Doはズンズンと響くようなヘヴィリフにエフェクトがかったボーカルが加わり、コーラスパートでは重厚なハーモニーを聴かせに来ます!なにやら不気味な雰囲気も醸し出していますね~(*´ω`*)しかしサビメロがキャッチーでいい感じ。ところどころでスクリームも顔を出します。

4.If I'm Honestは渋いギターサウンドから始まり、これまた一層クールなノーマルボイスによる歌いっぷりが聴くことが出来ます。かなり穏やかと言うか、温かみのあるメロディで彩られています☆もはやメタルコアではありませんなしかし(笑)今更ですけど。ソロパートも渋めなメロディをゆったりと奏でています♪

5.Haloは透き通るような音色からダーティなボーカルが歌うアップテンポ・ナンバー!けっこうアグレッシヴな勢いのある楽曲です♪ズドドドと迫力あるドラミングもいい感じだな~。泣きのギターソロがこれまた素晴らしい!グロウルも少しだけ入り、多彩なアレンジ力が見られます。

6.Louderは謎の金属音からスタート、メタルコア的なコーラスパートを交えて淡々と進んでいきます。気だるい感じの雰囲気が曲全体を包んでいますね☆しかしギターはなかなかにハデなプレイを聴かせてくれます。ボーカルはスクリームとクリーンを操り巧みに歌いこなします。

7.River Cityは電話の呼び出し音が聞こえた後は、ムーディな渋いボーカルがさっぱりと歌い上げるミドルテンポな楽曲。アルバムの中では最長の5分半程度の曲です。しかしちょっと盛り上がりどころのない部分が残念ですかね~(;´д`)ボーカルは相変わらずカッコいいので聴けていけますが。

8.Open Graveはストロングな図太いギターリフでミドルテンポにスタート、スクリーム中心で展開しだんだんとスピードを上げていく楽曲です♪メロウなメロディを発散させながら突き進んでいくクールな感じが良いですねー。

9.Far From Homeはアコギでしっとりとしたメロディを奏で、情感溢れるクリーンボイスによる歌唱がメインに据えられたスローテンポ・ナンバー。バラード調の曲のような感じですかね。サビメロは希望も感じさせるような広がりのあるメロディを聴かせてくれますね~。

10.Trust And Believeはテクニカルなドラミングから重低音を響かせるヘヴィリフに始まり、疾走感あふれるギターフレーズで進んでいくアップテンポ・ナンバー!こりゃあカッコいいですね♪メタルコアっぽさがなかなかあり、スクリームも決まっています。お待ちかねのギターソロはやはり弾きまくりで良いね!

11.Back To Youはアコギがメロウなメロディを奏で、クリーンなボーカルで静かに歌い上げるバラード。壮大な空気感を演出していますね~。

12.Never Sorryはカラッと乾いたギターリフと疾走感のあるドラミングでアップテンポに飛ばしていき、サビメロではクリーンとグロウルが交差するハーモニーを演出する楽曲です!ギターソロもやはり弾きまくりでテクニカル~!ちょっと終わり方が急だったかな?(^-^;

13.The Thunder Rollsはボーナストラックです。Garth Brooksのカバー。雷鳴が轟き、中音域の声を操るボーカルの歌唱が中心で進んでいきます。原曲は全く知りませんが(汗)アルバム本編に入っていても違和感のないくらい馴染んでいますね♪

今作の出来は、前作に比べてさらに楽曲のバラエティを増やしてきたという印象がありますね。メタルらしさがほとんど感じられないものも少々・・・(^_^;)どの曲も3分台にまとめられている楽曲が多く、非常にコンパクトです。

楽曲によっては、スクリームもけっこう聴くことが出来ましたね。前作はほぼクリーン一本でメロディックに決めてましたからねー。ボーカルのスクリームとクリーンボイスによる歌唱がメインなのは言うまでもありませんが、ギターソロの充実ぶりはありがたいところですね♪ほとんどの曲でカッコいいギターソロを聴くことが出来ます(*´ω`*)

前作のような、コレだ!というキラー・チューンの存在がないのがちょっと残念でしたかね。しかしそんな中でも
5.Haloはキラリと光る魅力がある1曲になっていますな!

もはや昔の姿は見る影もありませんが、私は個人的にはこの変化を受け入れたいと思います♪もっと聴き込んでみたいアルバムですね。しかしどちらかと言えばやはり前作の方が好きかもなぁ~(笑)
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| All That Remains | 15:09 | トラックバック:0 | コメント:0
All That Remains / Behind Silence and Solitude
All That Remains / Behind Silence and Solitude

1. Behind Silence and Solitude
2. From These Wounds
3. Follow
4. Clarity
5. Erase
6. Shading
7. Home To Me
8. One Belief

77/100

今更感が凄すぎてすみません、All That Remainsの1stアルバムです。

なんで1stアルバムだけすっ飛ばしていたのか…よく理由がわかりませんが、私は後追いのファンだったので、古いアルバムは後回しで良いかなぁとか思ったんだと思います。しかしようやく購入致しました!今はクリーンボーカルにメロディアスな楽曲がウリですが、初期の頃はさぞかし尖ったメタルコアだったに違いない…!でもちょっと曲数が少なめだな…。

だんだんと音がフェードインしてくる1.Behind Silence and Solitudeはズカズカと進むスピードチューンです。フィリップ・ラボンテのボーカルもこの頃はグロウル一本ですね。そのグロウルもちょっと迫力に欠けているという…(汗)いまいち盛り上がらないなー、と思っていたら、カッコいいスピード感の溢れるギターソロが!コレは良いですな。メロディックなギターから始まる2.From These Woundsはスタスタと疾走する楽曲で、コレもなかなかカッコいい!ギターソロも弾きまくりで好みですね。3.Followもアップテンポでギター中心の楽曲。なかなかメロディックなギターリフで良い感じ。4.Clarityも同様にギターリフ中心の楽曲。メロディアスではあるけど迫力不足ですな…(涙)渋いギターパートが曲を盛り上げます。ホラーな雰囲気から始まる5.Eraseはリズミカルなギターリフで進みます。う~ん、ちょっと似通った曲が多いかな?6.Shadingも縦ノリでテンポよく進んでいく楽曲。ギターリフがキャッチーな感じで結構気に入りましたね☆7.Home To Meはアコギなんかも入ったりして叙情性を高めています。アルバムのラストは激しいリズムで疾走する8.One Belief!こりゃあカッコいい!ボーカルのノリよく歌い上げます。ギターソロも弾きまくりで良いぞ~!

やっぱり昔のアルバムということもあって、音質もあまり良くないし、楽曲の方も似たような曲が多く、またクオリティもそこまで高くありませんね。しかしブレイクダウンらしきものが無かったのはちょっと意外ですね…もっといかにもなメタルコアを想像していました。

イマイチぱっとしない、そんな中で「One Belief」はなかなかの輝きを放っていますね。アグレッシヴでカッコいいスピードチューンになっています。キラーチューンはコレに決まりでしょう♪

つい最近に発表された7thアルバムをヘビロテしている最中なので、なにかこう感慨深いものがありますね(笑)こんなに立派に成長して…(T_T)

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| All That Remains | 13:16 | トラックバック:0 | コメント:0
All That Remains / The Order Of Things
All That Remains / The Order Of Things

1. This Probably Won’t End Well
2. No Knock
3. Divide
4. The Greatest Generation
5. For You
6. A Reason For Me to Fight
7. Victory Lap
8. Pernicious
9. Bite My Tongue
10. Fiat Empire
11. Tru-Kvlt-Metal
12. Criticism and Self Realization
13. We Are Only Human(日本盤ボーナストラック)

89/100

メタル・コアバンド、All That Remainsの7thアルバムです。

このバンドと言えば名曲「This Calling」ですね。冒頭のイヤァァァァァ!!はとてもインパクトがありました(笑)その後も安定して良作を作り続けている彼らですが、最近の作品はどうもマイルド過ぎるというか…クリーンボーカルの比重が大きすぎて、アグレッションがあまり感じられないのがちょっと残念でした。2ndアルバム辺りのメロデスチックな要素も盛り込んでくれると非常にありがたいのですが…。今作はいかがでしょう!?ジャケットからは少し嫌な予感がしますね(汗)

悲哀に満ちたピアノから始まる1.This Probably Won’t End Wellはどっしりとしたギターがカッコいい楽曲です。ミドル~アップテンポで進み、クリーンボーカル中心の叙情的なメロディがたまりませんな!サビでの感情のこもった明るい歌唱には参りましたね。ギターソロはスピード感がありかなり良い!実にヘヴィなイントロの2.No Knockはダーティなグロウル中心のミドルテンポ・ナンバーです。ザクザクと刻むギターが目立っていますね。暗いイメージのある楽曲です。コレはちょっと盛り上がりに欠けるかな…(汗)疾走感のある3.Divide。これはまたカッコいいですな!曲に勢いがあって、ボーカルのメロディアスな歌唱がとても曲に合っています。ズンズンと重心の低いイントロからスタートする4.The Greatest Generationは感情の豊かなクリーンボーカルで進んでいくアップテンポ・ナンバーです。ドラミングも派手に叩いており、迫力がありますな!アコギによる渋いイントロの5.For You。ココへ来てバラードまで!?クリーンボーカルが力強く歌い上げる、叙情性のあるドラマティックな楽曲です。コレはコレでイイ曲ですね~。サビで爆発するメロディがすごくキャッチー!6.A Reason For Me to Fightは張りつめた雰囲気からスタートするスピーディな楽曲。コレも素直にカッコいいですな!サビではテンポを落として美しく歌い上げます。ギターソロがまたカッコ良すぎますね!ドラミングも重低音が響いていて良し!ちょっと明るめなイントロの7.Victory Lap。リズミカルにズカズカと楽曲が進んでいます。やはりボーカルの歌唱力はかなりのものですね。サビはとてもドラマティック!8.Perniciousはややダークなイメージが強いミドルテンポ・ナンバー。久しぶりにグロウルが顔を出します。でも、ちょっとだけです(笑)メチャクチャカッコいいイントロの9.Bite My Tongue!こりゃあ素晴らしい☆モダンなメロディがたまらなくカッコ良すぎますね!ボーカルも早口なスピード・チューンです。サビでもスピードを落とさず一気に聴き通せます。ヘドバン必至です!途中でアコギによる暖かなメロディが入りますね。その後のギターソロがまた絶品!どっしりとしたヘヴィなイントロの10.Fiat Empire。バラード調の和やかな楽曲です。ボーカルの歌唱力がしっかりと披露されます。ギターソロが意外と派手に弾いていて驚きました(笑)またもや超カッコ良くスタートする11.Tru-Kvlt-Metal。ようやくグロウルも出てきて、アグレッシヴな楽曲となっています。スピード感も充分です!アルバム本編ラストは12.Criticism and Self Realizationです。アコギでゆったりと始まり、グロウルが入ります。クリーンボーカルによるサビでの歌唱も今まで以上にアツいものになっていますね。切なげでクールなギターソロも最高です!ラストはピアノでしっとりと終わります。

日本盤ボーナストラックは13.We Are Only Humanです。本編とはまた違った、アグレッシヴなイントロからグロウルが入ります!サビではお決まりのクリーンな歌唱が入りますね。ギターソロもピロピロと滑らかに弾きまくりでカッコいい!ボーナストラックとしてはかなりイイ出来ですね。

う~ん、予感は当たってしまいましたかね…。アグレッションよりも、歌メロを重視したヘヴィメタルといったところでしょうか。ボーカルもノーマルボイスによる歌唱が中心になっており、グロウルや獰猛なメロデス風ギターリフなどはほとんど聴かれず、クリーンなイメージを受けました。初期の頃のようなメロデスを取り入れたメタル・コアが大好きだった自分としては、ちょっと残念です…。

しかし!メロデス要素やゴリゴリのメタルコアを期待しないで聴いてみれば、非常に高品質なメロディック・メタルだと思いました。実際、私はかなりこのアルバムを気に入ってしまいました(笑)このアルバム以前からクリーンメインの傾向は徐々に強くなって来てましたし、今回の形はある意味では自然なのかもしれません。メロデスチックな要素は排除し、キャッチーで豊かなメロディに力を入れた今回のアルバム。素晴らしい好盤ではないでしょうか。気が早いですが、次のアルバムも買っちゃいますね(笑)

キラーチューンは、「Bite My Tongue」か「Tru-Kvlt-Metal」のどちらかですかね。両方ともスピード感が最高で、イントロからガッツポーズもののカッコいいモダンなメロディがたまりません!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| All That Remains | 19:20 | トラックバック:0 | コメント:0
All That Remains / A War You Cannot Win
All That Remains / A War You Cannot Win

1. Down Through The Ages
2. You Can't Fill My Shadow
3. Stand Up
4. A Call To All Non-Believers
5. Asking Too Much
6. Intro
7. Just Moments In Time
8. What if I Was Nothing
9. Sing For Liberty
10. Not Fading
11. Calculating Loneliness
12. A War You Cannot Win
13. Let Nothing Bind Me(ボーナストラック)

87/100

All That Remainsの6thアルバムです。

1.Down Through The Agesからアグレッシヴなボーカルとともに始まり、メロディックなパートに移ります。コーラスではゆっくりとメロディを聴かせに来ていますね。ギターソロも非常にカッコよく、とても叙情的かつテクニカルです。一曲目としてはとても良い出来ですね。ボーカルの叫び声とともに始まる2.You Can't Fill My Shadowは、妖しげな雰囲気のコーラスパートが印象に残りますね。ピロピロと弾きまくるギターソロもイイ!後半はテンポダウンしてヘヴィな展開を見せます。3.Stand Upはミドルテンポでじっくりとメロディを聴かせる楽曲。繰り返されるサビが良い感じです。4.A Call To All Non-Believersはヘヴィなギターの刻みから始まるアグレッシヴな楽曲。サビではアップテンポでリズムよく歌い上げています。5.Asking Too Muchはメロディの良さが特に気に入りました!全編クリーンボイスで歌われていますね。そのボーカルの実力もさすがの一言です。アコギによるイントロの6.Introから続く7.Just Moments In Timeは非常にアグレッシヴな楽曲で、ガツガツと疾走。サビではお決まりのメロディアスな歌唱が入ります。8.What if I Was Nothingは静かなイントロに始まり、徐々に盛り上がりを見せるドラマティックな曲。9.Sing For Libertyは勢いよくギターが入り、グロウルからノーマルボイスに繋がっていきます。この曲のギターソロがかなりカッコいい!10.Not Fadingはイントロからカッコいいギターで始まり、爽やかな感じのクリーンパートに移ります。この曲のボーカルの表現力といったらもう最高です!アコギから始まる11.Calculating Lonelinessは叙情的なインスト。12.A War You Cannot Winはスタスタとドラムが派手に疾走し、ボーカルはシャウトとノーマルボイスのかけ合いを見せます。コレがまたカッコいいです!ギターソロも曲にしっかり合っていますね。13.Let Nothing Bind Meはボーナストラック。激しいドラムとシャウトで始まる楽曲です。ブラストビートも飛び出すなど、かなりアグレッシヴな作りになっていますね。

さすがベテランバンド、安心して聴くことが出来ました。
何よりボーカルの表現力の高さがこのバンドの強みですね~。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| All That Remains | 19:00 | トラックバック:0 | コメント:0
All That Remains / For We Are Many
All That Remains / For We Are Many


1. Now Let Them Tremble
2. For We Are Many
3. The Last Time
4. Some Of The People, All Of The Time
5. Won't Go Quietly
6. Aggressive Opposition
7. From The Outside
8. Dead Wrong
9. Faithless
10. Hold On
11. Keepers Of Fellow Man
12. The Waiting One

87/100

All That Remainsの5thアルバムです。
もうベテランといってもいいバンドですね。
今作も完成度の高いアルバムを作ってきました。

2.For We Are Manyはアグレッション重視の強力な曲で、いきなり勢いのある曲で驚きましたね!今作はこういう方向性で行くのかな?と思いきや、その後はいつものAll That Remains節になります。続く3.The Last Timeはキャッチーでこのバンドお得意の楽曲。6.Aggressive Oppositionはアルバムの中ではアグレッシヴな方で、スピード感ある曲になっています。9.Faithlessはメロディアスなギターソロが聴きどころです。もっとギターソロ盛りだくさんでもいいんですけどね~。11.Keepers Of Fellow Manはドラマティックな雰囲気を持つ曲で、アルバム終盤をしっかり締めていてくれます。

今作品もまた、前作の方向性を維持しつつ、各楽曲の質を高めてきましたね。安心して聴いていられるバンドです。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| All That Remains | 21:42 | トラックバック:0 | コメント:0
All That Remains / Overcome
All That Remains / Overcome


1. Before The Damned
2. Two Weeks
3. Undone
4. Forever In Your Hands
5. Chiron
6. Days Without
7. A Song For The Hopeless
8. Do Not Obey
9. Relinquish
10. Overcome
11. Believe In Nothing
12. Frozen

86/100

All That Remainsの4thアルバムです。
今作品も前作を踏襲した音楽性になっていて、安心の出来栄えとなっています。ただちょっとマンネリ化が進んできたかな・・?オープニングナンバーの1.Before The Damnedからキャッチーな楽曲になっています。サビでの歌唱も充分板についてきましたね。5.Chironも非常にメロディアスで耳を惹きます。10.Overcomeは一転して勢いのあるスピードチューン。なかなかアグレッシヴでいい感じの曲ですね。こういう曲をもっと聴きたいなぁ。

メタルコアバンドとして、飛躍的に成長を重ねていると思います。ただ曲のマンネリ化や、各曲の差別化が出来ていないとも感じました。あと個人的に、もうちょっとデスっぽさを前面に出した楽曲も聴きたいなと思います。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| All That Remains | 21:41 | トラックバック:0 | コメント:0
All That Remains / Fall Of Ideals
All That Remains / Fall Of Ideals


1. This Calling
2. Not Alone
3. It Dwells In Me
4. We Stand
5. Whispers (I Hear Your)
6. The Weak Willed
7. Six
8. Become The Catalyst
9. The Air That I Breathe
10. Empty Inside
11. Indictment

88/100

All That Remainsの3rdアルバムです。
前作はかなりレベルの高いアルバムでしたが、今作では更にグレードアップしたアルバムになっています。

1.This Callingはいきなりボーカルのシャウトで始まります。サビでは、更に力量を上げてきたノーマルボイスによる歌唱が光っています。とてもキャッチーで、一緒に歌いたくなりますね。2.Not Aloneは個人的にかなりハマった楽曲。ノーマルボイスの歌い方がとても美しくメロディアスです。スピード感もあり聴いていて爽快ですね。4.We Stand5.Whispers (I Hear Your)もスピード感満載であっという間に聴き終えてしまいます。後半では7.Sixが特にお気に入りです。アグレッシヴなギターリフがよく練られていて、即効性があります。

前作から一層、メロディアスかつアグレッシヴになりましたね。楽曲の完成度も見事なものです。好盤ですね。ジャケットは酔っ払いがダウンしてるんでしょうか。やや意味不明なジャケットですね。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| All That Remains | 21:39 | トラックバック:0 | コメント:0
All That Remains / This Darkened Heart
All That Remains / This Darkened Heart


1. And Death In My Arms
2. The Deepest Gray
3. Vicious Betrayal
4. I Die In Degrees
5. Focus Shall Not Fail
6. Regret Not
7. Passion
8. For Salvation
9. Tattered On My Sleeve
10. This Darkened Heart

87/100

All That Remainsの2ndアルバムです。
彼らのアルバムでは最初に聴いたアルバムです。

このアルバムでは、とにかくギターリフがカッコいい!アグレッシヴな楽曲が多めで、アルバム通して良曲が揃っています。ボーカルは中音域のデスボイスとノーマルボイスを使い分けるスタイルになっていますね。このボーカルもなかなかの技量の持ち主です。

2.The Deepest Grayは重々しいヘヴィなリフでアップテンポに進む突進力のある楽曲。ノーマルボイスによる歌唱も入ってきて、なかなかキャッチーですね。3.Vicious Betrayalはリフのカッコ良さもそうですが、デスボイスによる迫力満点の歌い上げもとても良い感じですね。かなり好みのボーカルです。5.Focus Shall Not Failは曲展開がなかなか凝っている楽曲。ノーマルボイスがとてもキャッチーでメロディアスです。アルバム最後を締めくくる10.This Darkened Heartは、凄まじい勢いで突っ走るデスラッシュのようなキラーチューン!文句無しにカッコいい、ストレートな曲ですね。

2ndアルバムでこの完成度は素晴らしいと思います。ジャケットは流行の(?)ガイコツジャケ。メタルコアバンドはガイコツが好きなんですかね。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| All That Remains | 21:38 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR