音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

もやしっ子:最近メロデスばかり聴いてる気がする(;´д`)メロスピ成分を補充せねば・・・
2017年アルバムBEST10はこちらからどうぞ~☆

ようこそいらっしゃいました♪
このページは、メロデス、メタルコア、メロスピなどを中心に購入したCDの感想を書き綴っています。レビューというほど大層なものではなく、ちょっとした感想なので、内容はあんまり濃くはありません(汗)ゴメンナサイ

購入しただけで未聴のものも記事の中に紛れ込んでいますが、出来るだけ早く聴いて感想を書きたいと思います。

ちなみに音楽理論に関する知識は全く無しの初心者です(汗)

相互リンク大歓迎です☆書き込みよろしくお願いします。

↓最近のお気に入りです↓

超強烈なエクストリーム・メロディック・デスメタル!カッコいいメロディで溢れています!
GYZE / Northern Hell Song

激しくメロディアスでドラマティックなシンフォニック・デスメタル!必聴盤です♪
Serenity In Murder / THE ECLIPSE
スポンサーサイト
| 御挨拶・雑記・年間BEST | 19:51 | トラックバック:1 | コメント:12
BLOODSHOT DAWN / REANIMATION

1. Seared Earth
2. Graviton Nightmare
3. Survival Evolved
4. Upon the Throne of Fear
5. Controlled Conscious
6. Soul Affliction
7. Shackled
8. Battle for the Omniverse
9. DNA Reacquisition
10. Reanimated

88/100

イギリスのメロディック・デス・メタルバンド、BLOODSHOT DAWNの3rdアルバムです♪2018年の作品。

名前はもちろん聞いたことのあるバンドです。1度は聴いてみたいと思い、最新アルバムを購入してみました!ジャケットからはモダンな雰囲気が漂っておりますね。

1. Seared Earthはメロメロなギターリフで疾走!ドスの効いたハスキーなデスボイスにフラッシーなギタープレイが光ります。重心の低いヘヴィネスもありますね~。派手なブレイクダウンパートも取り入れており、なかなかヘヴィな印象ですね♪ソロパートも叙情的で素晴らしい(о´∀`о)

2. Graviton Nightmareは謎の音色からストロングなギターリフでアップテンポ気味に突き進んでいく楽曲ですな♪ここでも泣き泣きなギタープレイがたまらんです!マシーナリーな雰囲気もあり、モダンな質感が高いですね。

3. Survival Evolvedはだんだんとギターの音色がフェードイン、メロディアスな旋律を奏でていきます。ゴリゴリとしたヘヴィリフと緊迫感の溢れるドラミングに加えて、流麗なソロパートが華を添えますな♪スピード感もなかなかあり、カッコ良いですな!どことなくスペーシーな雰囲気もありますね・・・!!

4. Upon the Throne of Fearは激しいグロウルからスタート、ブルータルなサウンドで突っ走ります!ブラストビートも非常にタイト!!ギターもピロピロと弾きまくりな楽曲ですな♪モダンなメロデス風味のギターソロに悶絶です(*´ω`*)

5. Controlled Consciousはチリチリとしたギターリフで突進するスピード・チューン!!ドラミングがとてつもなく迫力がありカッコ良いですな♪バカスカ叩きまくりでとてもイイ!そして勇壮なメロディを奏でていくギターフレーズにまたも悶絶!!こりゃあクールですね♪後半はテンポを落として滑らかなメロディを奏でたりしますな。日本人好みの旋律だと思いました(*´ω`*)

6. Soul Afflictionはバウンドする躍動感溢れるギターフレーズに激しいドラミングが加わるスピード・チューンになっております(*´∀`)うねるようなギタープレイがカッコ良い!非常に洗練された、テクニカルな演奏を楽しむことができますね☆マッチョなボーカルのシャウトも暑苦しくて素敵ですな(笑)

7. Shackledは突進力のあるギターによるイントロから重戦車のように突き進んでいくグルーヴィーなナンバーです。しかしギターの泣きっぷりはアルバム最高か!?というくらいに弾きまくっております♪これもまたたまらないものがありますね~。吐き捨てるようなボーカルのスクリームも楽曲にピッタリ合っています。

8. Battle for the Omniverseはスペーシーなキーボードから激しいドラミングで爆走!!これはまたアグレッシヴ!!ギターのザラついたタッチがとても強烈でカッコいい~!!非常にクオリティの高い楽曲ですなー。焦燥感を煽ってくる緊迫感の溢れるスピード・チューン!

9. DNA Reacquisitionは1分半ほどのインスト。ゆったりとしたメロディをギターが奏でます。

10. Reanimatedはドカドカと叩きまくるドラミングにカッコ良いスクリームが乗っかる疾走曲ですね!メロディアスでシンフォニックさも少し感じられるギターフレーズにはたまらないものがありますな~♪浮遊感のある、不思議なメロディも楽しむことができます!

こりゃあハイクオリティなメロデス!モダンで無機質なフィーリングもありつつ、いかにも北欧の叙情的なメロデス的なギターフレーズが飛び出してきてそこがたまらないですね。ドラミングが実にハデハデで叩きまくりなのもポイントが高いです♪ボーカルのスクリームも強烈でカッコよし!楽曲はだいたい4~5分台とコンパクトにまとめられているのも好印象です。

キラー・チューンは、「7. Shackled」ですかね。アルバムの中でも際立って泣きっぷりが素晴らしいギターフレーズに悶絶してしまいました♪突進力もあってメロデスとしての完成度が高い!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| BLOODSHOT DAWN | 21:33 | トラックバック:0 | コメント:0
Killing Gandhi / Aspirations Of Failure
15271155060.jpeg

1. Opus #6
2. Let Me Tell You
3. Dark Hours
4. Hollow Paintings
5. The Great Escape
6. Opus #2
7. Art Of Silence
8. My True Being
9. The Painter And The Sleeper
10. Farewell
11. Opus #1
12. Building My Own Fate

91/100

デンマークのメロディック・デスメタルバンド、Killing Gandhiの2ndアルバムです。2018年の作品♪

1. Opus #6は20秒の短いアルバムのイントロ。

2. Let Me Tell Youはノリノリのデスラッシュ風なギターフレーズで爆走するスピード・チューン!こりゃあカッコいいぞー!(^_^)vデスボイスはハスキーでなかなかな感じで悪くないですね♪手数の多いドラミングも迫力満点☆

3. Dark Hoursはダークな雰囲気のあるキーボードからスタート、ややデジタルな感じますね。そのあとは軽快にかっ飛ばしていくスピード・チューンとなります!ゴリゴリとしたモダンなギターリフがたまらん!!近未来的な、壮大なメロディを歌い上げるサビメロは特に素晴らしい☆最高ですわ~(;つД`)

4. Hollow Paintingsはまたもやゴリゴリとしたモダンなギターで爆走するスピード・チューン!デジタルで特徴的なキーボードアレンジも耳を引きますね♪ズカズカと叩きまくりなドラミングもイイ!!スピードを落としたりして疾走一辺倒にならないように工夫がなされていますね~。泣き泣きなギターソロもカッコいい!

5. The Great Escapeはドラムの連打からアグレッシヴにスタート!吐き捨てるようなデスボイスが非常にクールです♪リズミカルなギターフレーズもなかなかイイね。フラッシーなギターソロは聴き応えがあり、かなり光るものがありますな。そのあとはデジタルで未来を感じさせるキーボード・パートが挿入され、再び疾走!たまらん展開ですね~(*´ω`*)

6. Opus #2は1分ちょいのインスト。ピアノが哀しげにメロディを奏でます。

7. Art Of Silenceはアグレッシヴ極まりない重厚なギターリフでどっしりと突き進んでいくミドルテンポ・ナンバー。ハデなボーカルのデスボイスにウネウネしたキーボードがアレンジを加えます。ここまで来たら爆走ナンバーで固めてもらっても良かったかなぁ(笑)

8. My True Beingはどんよりとしたメロディから、ミドルテンポに突き進んでいく楽曲。う~ん、アルバム前半のテンションに比べるとちょいとクオリティが落ちるかな?と思ったら途中でブラストビートも加えて、タダでは終わらない感じの曲ですね~。メロディアスなギターソロはなかなかイイ感じ。

9. The Painter And The Sleeperはキラキラとしたキーボードアレンジから、ズカズカとしたギターで強力に突き進んでいくミドルテンポ・ナンバー。かなり邪悪な雰囲気を醸し出していますね~。途中では呟きによるボーカルも入り、妖しさ満点ですね。冷たい感じのキーボードがまた特徴的。ギターソロもGOODです♪

10. Farewellはじっくりとギターがメロディを奏で、キーボードによるアレンジも加わるスピード感は抑えめなスロー・ナンバー。ボーカルのデスボイスが中心となって突き進んでいきます。

11. Opus #1は1分にも満たないインスト。キーボードが神聖な雰囲気を醸し出します。

12. Building My Own Fateはラストにしてアグレッシヴなギタープレイから、壮大なスケールを描くサビメロへと繋がるミドル~アップテンポ・ナンバー。なにやら終末感の漂う陰鬱なメロディも聴くことが出来ますな・・・!!クリーン・ボーカルによる歌唱も入り、ドラマティックなラストを迎えます。

う~ん、アルバム前半の勢いがラストまで持続したら文句なく傑作だったのですが・・・f(^_^;おそらくこれは意図的にアルバム前半と後半で方向性を変えていますな。爆走するスピード・チューンで固められた前半部分と、キーボードアレンジを効果的に使ったミドルテンポ・ナンバー中心の後半部分。バラエティには富んでいますが、疾走曲のカッコよさを考えると、前半部分の方向性で行った方が良いんじゃないかなぁ~。

などと考えてしまいましたがf(^_^;
それでもクオリティは高いですね♪キラー・チューンは、「3. Dark Hours」ですな。オープニング・ナンバーとも迷いましたが、こちらの曲はアグレッシヴでありつつ、キャッチーでスケールのデカいサビメロがたまりませんでした♪

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Killing Gandhi | 18:22 | トラックバック:0 | コメント:0
Stortregn / Emptiness Fills The Void
15274048790.jpeg

1. Through the Dark Gates
2. Circular Infinity
3. The Forge
4. Nonexistence
5. The Chasm of Eternity
6. Lawless
7. The Eclipsist
8. Shattered Universe
9. Children of the Obsidian Light

93/100

スイスのメロディック・ブラックメタルバンド、Stortregnの4thアルバムです。2018年リリースの作品!

1. Through the Dark Gatesはブラストビートに加えてギャリギャリとしたギターリフがカッコよすぎるスピード・チューン!!叙情的なメロディとアグレッションが同居した完成度の高い1曲。アコギも効果的に使われ、かなりのクオリティを誇っています。ブラストビートをバックに弾きまくるギターソロが超カッコいい!

2. Circular Infinityはブラストビートとメロディアスなギターフレーズで爆走するスピード・チューンです!こちらもまたカッコいい♪デスボイスがたまらなく迫力があります。クサささえも感じられるようなメロディアスな旋律にノックアウトです(T0T)ギターソロがまた泣けるんだよなぁ~。まさに激情です!

3. The Forgeはアコギで不穏なメロディを奏でたあとは、ストロングなギターリフでアップテンポに突き進んでいく楽曲。どんどんとスピードを上げて疾走感は満点ですね♪ドスの効いたデスボイスが最高ですわ~(;つД`)叙情的なメロディのギターソロも良いね♪

4. Nonexistenceはイントロからドラマティックなギターフレーズでズカズカと展開していく爽快な1曲ですね♪爆裂するドラミングに乗せて疾走するハイスピードな楽曲。ピロピロと激しく弾きまくりなギターソロがとてつもなくクールです♪

5. The Chasm of Eternityはポロンポロンとアコギがメロディを奏でる寂しげなインスト。途中からバンドサウンドも顔を出します。

6. Lawlessはピロピロ弾きまくりなギターフレーズにブラストビートが加わるストレートなスピード・チューン!!この曲もカッコいい♪ヘヴィネスたっぷりにギターが弾きまくるインパクトの溢れる楽曲になっています。デスボイスもいかにもブラック・メタル的な感じで非常によろしいですp(^^)q慟哭のメロディをかき鳴らすギターソロに悶絶しました!

7. The Eclipsistはこれもまたアコギで暗いメロディを奏でたあとは、デスボイスから叙情哀愁メロ盛りだくさんなギターフレーズで疾走!!これぞメロディック・ブラックですな(*´ω`*)カッコ良すぎるギターリフがたまりません!スタスタと軽快にかっ飛ばしていくドラミングもイイですなぁ。邪悪なメロディをたっぷりと堪能できます。

8. Shattered Universeは慟哭のメロディを聴かせてくれるギタープレイが、もうイントロから爆裂しているスピード・チューン☆初っぱなからクライマックスですな!!吐き捨てるようなデスボイスもたまらんです!前作に比べて更に表現力を増しており、説得力がありますね♪

9. Children of the Obsidian Lightは11分もある大作。基本的には重心低く疾走するパートが中心となる楽曲ですね♪メロディアスなギターフレーズが次から次へと飛び出し、耳を離しません!ブラストビートもバシバシ飛び出してきて、アグレッシヴ極まりないですなー。中盤では、お決まりとなったアコギによるメロウなパートが挿入されます。ラスト付近の非常にメロディアスな旋律には参りましたね・・・(;つД`)長い曲ですが最後まで飽きずに聴き通せます。とても完成度の高い楽曲!!

こりゃあ本当にカッコいい♪非常に素晴らしいメロディック・ブラックの快作ですな!!そのクオリティの高さは前作の比ではありません!ただただひたすらに慟哭のメロディをかき鳴らしまくるギタープレイには悶絶するしかありませんでした(T-T)メロデス的なフィーリングもありますので、メロディック・ブラックが苦手な方でもイケると思います。多くの人に聴いていただきたい傑作ですね。

インストを除く全曲が疾走感抜群のスピード・チューンで固められているのも最高です♪前作同様、アコギによるメロウなパートが挿入される曲が多いですが、楽曲の勢いを削いでしまうような使い方ではなく、とても効果的です。ラストの大曲も最後まで抜かりのない出来栄え。もうケチのつけようがありませんね。これは年間ベストに入れたいアルバムですな・・・!!

キラー・チューンは、インスト以外全部です♪
文句なしの名盤でございましたm(_ _)m

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Stortregn | 18:13 | トラックバック:0 | コメント:0
At The Gates / To Drink From The Night Itself
15261348780.jpeg

01. Der Widerstand
02. To Drink From The Night Itself
03. A Stare Bound In Stone
04. Palace Of Lepers
05. Daggers Of Black Haze
06. The Chasm
07. In Nameless Sleep
08. The Colours Of The Beast
09. A Labyrinth Of Tombs
10. Seas Of Starvation
11. In Death They Shall Burn
12. The Mirror Black

91/100

スウェーデンのメロディック・デスメタルバンド、At The Gatesから4年ぶり!通算6枚目のアルバムです!!

01. Der Widerstandは暗い雰囲気のアコギと女性コーラスによる短めのインスト。だんだんと盛り上がりを見せますな・・・!!

02. To Drink From The Night Itselfは北欧的な叙情性をたたえたギターリフで疾走するスピード・チューン!!慟哭のメロディがこれでもかと奏でられますね♪ボーカルの歌唱はやはりいかにもスウェーデンのメロデスといった感じ☆どす黒い雰囲気に包まれた、暗いイメージが強いですね。

03. A Stare Bound In Stoneは暗黒なヘヴィリフでスタートし、細かい刻みのギターフレーズでスタスタと軽快にかっ飛ばすこれまたスピード感のある楽曲ですね♪陰鬱なスロー・パートも交えて工夫された曲展開が楽しめます。非常に突貫力のある疾走曲(*´∀`)

04. Palace Of Lepersは慟哭のメロディを奏でるギターフレーズでどっしりとスタート。その後はすぐさま疾走します!!しかしメインはじっくりと聴かせる重厚なメロディですね。タメの効いた曲の展開がなかなかに決まっていてカッコいいなぁ~(;つД`)

05. Daggers Of Black Hazeはピアノによる哀しげなイントロから、叙情的かつ暗いメロディによるギターがメインで進んでいくミドルテンポ・ナンバー。透明感のある音色も加わり独特の雰囲気を醸し出していますね♪

06. The Chasmは胸をかきむしるような切なげなギターメロディからスタスタと疾走を始める、なかなかノリの良い楽曲ですな♪ボーカルのリズミカルな歌唱がカッコいい!こちらもスピード感の高いスピード・チューンに仕上がっています。

07. In Nameless Sleepはドカドカと迫力のあるドラミングが非常にクールなスピード・チューン。アタック感の高いギタープレイがテクニカルで聴いていて爽快な気分になりますな~。スピーディなギターソロも聴き応え抜群ですね。

08. The Colours Of The Beastは重々しいギターリフでじっくりと聴かせるスロー・チューン。ここに来てようやく落ち着いた楽曲になりましたねf(^_^;ボーカルの悲痛なデスボイスが耳に残りますねぇ。

09. A Labyrinth Of Tombsはハイスピードなドラミングにボーカルのスクリームが加わり、叙情的なギターリフがバッチリと決まった疾走曲です。手数の多いドラムがいい感じ☆スローなパートもあり疾走一辺倒にならないところもGOODです

10. Seas Of Starvationはさらに陰のあるメロディからザラザラとしたギターリフで爆走するスピード・チューン!どことなくブラック・メタル的な暗さもありますね♪そこかしこで差し込まれるメロディックなギタープレイがインパクトあります!!

11. In Death They Shall Burnはドカドカとしたドラミングに暗い雰囲気のギターリフで突き進んでいくスピード・チューン。ストロングなギターリフが特にカッコいい!吐き捨てるようなデスボイスも特徴的な1曲ですね。

12. The Mirror Blacはアルバムのラストを飾るミドルテンポ・ナンバー。この曲も陰鬱としたメロディを中心にボーカルが歌い上げる楽曲になっています。呟くような囁きも入って、怪しさ満点ですな~。ソロパートではヴァイオリンの音色も挿入され、神聖な雰囲気が漂っています。そのまま楽曲は終了します。

う~む、これは悩ましいですな・・・(汗)オープニング・ナンバーの「To Drink From The Night Itself」のイントロのギターメロディを聴いたときは、ガッツポーズでこれは期待できるかも!?と思ったのですが・・・、なんというか、各楽曲の金太郎飴ぶりがあまりにも酷すぎるような(;´д`)前作にもそのような傾向はありましたが、今作ではさらに顕著になっているような気がします。

アルバム全体を、暗く陰鬱とした雰囲気が漂っていて、これを狙ってアルバムトータルで評価するのであればこれはこれでアリなのかなぁ、とも思いますが。とにかく似たような曲が続くので、一定のクオリティは備えているものの、聴いていてツラいと感じる部分もありますな。

あとは、耳に残るようなインパクトのあるギターソロが無いのが残念でしたね。ボーカルも歳なのかちょっとだけ迫力不足なのも悲しいところかな・・・。

不満ばかり綴ってしまいましたが、何度も聴いてみればやはり良い作品です。個人個人で気に入る楽曲は必ずあると思うので、スウェディッシュ・デスメタル好きな方にはマストな作品であることは間違いありません!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| At The Gates | 19:51 | トラックバック:0 | コメント:0
Engel / Abandon All Hope
15260924430.jpeg

01.The Darkest Void
02.The Legacy Of Nothing
03.Book Of Lies
04.As I Fall
05.Buried
06.Untouchable
07.Death Reversed
08.Across The Abyss
09.Gallows Tree
10.Abandon All Hope
11.The Condemned

88/100

エクストリーム・メタルバンド、Engelの5thアルバムです。2018年発表の作品♪

楽しみにしていた新譜です!モダンでいて、それでいてメロディアスな旋律を奏でるギターと、スクリームにクリーンボイスも操るボーカルが特徴的なバンドです♪久しぶりのアルバムですが、今作はどのような感じですかね~。

01.The Darkest Voidは静けさのあるデジタルなサウンドからスタート。遠くからボーカルの声がフェードイン、ハスキーなシャウトで歌い上げます!そしてヘヴィネスのあるギターリフをメインに据えて、そのあとは開放感のあるクリーンボーカルによるサビメロが!!重厚な楽曲に仕上がっていますね♪

02.The Legacy Of Nothingはモダンなヘヴィリフでゴリゴリと進んでいくミドルテンポ・ナンバー。シニカルなボーカルの歌いっぷりが見事です。情感たっぷりなアツい歌唱を披露してくれていますね☆

03.Book Of Liesは手数の多いドラミングから爽やかなクリーンボーカルで早口な歌唱をみせるスピード・チューン!!こりゃあ良いですね♪爽快感があるメロディアスな疾走曲になっておりますね(*´ω`*)

04.As I Fallはしっとりとしたアコギによるイントロから、モダンで哀愁もあるギターリフで突き進んでいくバラード調の楽曲ですね♪哀しげなメロディが胸を打つ、叙情的なスロー・チューン。

05.Buriedはズカズカと叩きまくるドラミングとボーカルのスクリームで重心低く爆走するスピード・チューン!ブラック・メタル的なおぞましさもあるダークネスな疾走曲です。サビメロではスピードを落としてじっくりとメロディを聴かせに来て、そこからスピードアップ!!この展開はニクいね♪かなりアグレッシヴでカッコいいです☆

06.Untouchableは遠くからだんだんとバンドサウンドが響いてきて、ハスキーなスクリーム中心でダンサブルに展開していくミドルテンポ・ナンバー。慟哭のメロディをたたえて歌い上げるサビメロがたまらなくインパクトがありますね♪

07.Death Reversedはピコピコしたデジタルなキーボードと重々しいギターリフでゆったりと展開するスロー・チューン。ボーカルの多彩な歌唱法によって様々な顔を見せてくる楽曲ですな!部分的にスピードを上げたりして、なかなか複雑な楽曲です。

08.Across The Abyssはなにやらエスニックなメロディのイントロから始まり、妖しげなコーラスが加わります。ボーカルの歌唱は壮大なスケールを描くものになっています!アルバムの中でも独特の雰囲気を持った楽曲になっておりますな。

09.Gallows Treeは陰鬱としたメロディからヘヴィリフが加わるハードなミドルテンポ・ナンバー。クリーンボーカルによる歌唱を中心に呟きも入る、北欧メタル的な叙情性をたたえたメロディアスな楽曲ですね♪

10.Abandon All Hopeは爽やかなコーラスから始まり、優しげなボーカルの歌唱が挿入されるバラード・ナンバー。ザラついたギターリフに、何重にも重ねられたコーラスパートが爽快すぎますね!!どこか希望も感じさせてくれるような・・・そんな楽曲。あれ、曲タイトルと全然違うな(^_^;)

11.The Condemnedはスピード感のあるデジタルサウンドから始まり、叙情的なギターリフとメロディアスなソロパートのあるアップテンポ・ナンバー。ボーカルの哀愁漂う歌唱はラストまで抜かりないですな♪

今作も安定の出来栄えです♪ボーカルの歌唱は今まで以上にアツく情感あふれるものになっておりますな!ギターの存在感は、前作ほど弾きまくっている感じではないかな?ちょっと控えめな印象を受けました。でも繰り出されるモダンなヘヴィリフは迫力満点☆

また、前作では顔を潜めたデジタルなキーボードアレンジが再び前面に出てきましたね(о´∀`о)これは好みの別れるところでしょうが、個人的にはぜんぜんアリです♪

キラー・チューンは「05.Buried」です!!やはりスピード・チューンに惹かれてしまう自分がいますf(^_^;こういう楽曲がもっとあったら嬉しかったんだけどなぁ~(;つД`)でもその他の曲もメロディックでキャッチーなサウンドを聴かせてくれる、良曲ぞろいです!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Engel | 19:05 | トラックバック:0 | コメント:0
Sungoddess / 残骸

1. 契約
2. 深淵
3. 呪縛
4. 宿命
5. 黒妖
6. 屈辱
7. 抵抗
8. 残骸
9. 蠢動

90/100

東京のシンフォニック・ブラックメタルバンド、Sungoddessの2ndアルバムです!2018年の作品。私が購入したものは縦長のケースに入っていました。

YouTubeで紹介されていた音源を聴いてディスクユニオンへダッシュしました!激しいエクストリーム・メタルに飢えている今、こういう音楽が聴きたかったところです♪

1. 契約は鐘の音色から始まり、ジャリジャリしたギターリフが非常にクールなスピード・チューン!!シンフォニックなアレンジが素敵ですな♪絞り出すようなボーカルの絶叫もインパクトありますな~。中盤ではメランコリックなキーボードが加わりムーディーな雰囲気を演出します。女性コーラスも挿入され荘厳な感じがしますね☆

2. 深淵は女性コーラスとデスボイスの絡みでスタートする疾走曲!!テクニカルなドラミングにシンフォアレンジが良い具合に効いておりますね(*´∀`)スタスタと軽快に叩くドラムが爽快感抜群!ブラストビートも挿入され、アグレッシヴですね。悲痛なボーカルの絶叫が凄まじい!!

3. 呪縛は陰鬱な雰囲気で突き進んでいくアグレッションたっぷりなスピード・チューンです!吐き捨てタイプのデスボイスに柔らかな女性コーラスが加わって独特の雰囲気を醸し出していますね~。妖しげな空気感のある楽曲ですな。後半のさらにスピードを上げていくパートが特にカッコいい!

4. 宿命はジリジリと焦らすようなギターリフでじっくりと突き進んでいくミドルテンポ・ナンバーです・・・が、ブラストビートが入るとともにスピードを上げて疾走!カッコ良いねぇ~!!女性コーラスもお決まりな感じで挿入され、厳かな雰囲気を演出しております☆

5. 黒妖はザラついたギターリフにキラキラしたキーボードの音色が加わり、ブラストビートで爆走するスピード・チューン。女性コーラスにシンフォニックなサウンドがよく馴染んでおり、シアトリカルな雰囲気を醸し出しています。

6. 屈辱はドラマティックなギターフレーズとシンフォアレンジで一気に加速するハイスピード・ナンバー!これはまたカッコ良いですな♪メランコリックなフィーリングもあり、アグレッションもたっぷりな名曲です!

7. 抵抗は今までより一層キラキラ感の高いイントロから重々しいヘヴィリフでスタート、ベースが唸りシンフォニックな音色がメインとなる疾走曲です。ブラストビートを中心に、デスボイスが吐き捨てる王道のシンフォニック・ブラックメタルとなっておりますな♪

8. 残骸は哀しげなピアノでスタート、ドラムが加わり、邪悪な雰囲気を演出していくミドルテンポ・ナンバーです。ここへ来てようやくスピードが落ち着きましたね~。デスボイスがパワフルで迫力満点ですな!後半はブラストビートとピアノとともに爆走!!なかなか曲展開がありますな。

9. 蠢動はメロディックなギタープレイにブラストビート、ボーカルの絶叫とストレートなシンフォブラック・ナンバー!女性コーラスがとても美味しい、ラストにしてキラーな魅力溢れるスピード・チューンになっています(*´ω`*)叙情的なギターフレーズに加えてクラシカルなメロディもあり、集大成的な楽曲ですな♪

これは実にクオリティの高いシンフォニック・ブラックメタルですね!どの曲もほとんど疾走しており爽快感は抜群!またシンフォアレンジも非常に凝っていて、女性コーラスの導入もプラスに働いていると思います♪あとはカッコ良いギターソロをキメてくれたらなお良かったんですが・・・これはワガママですかねf(^_^;音質もブラックメタルにしてはかなりクリアで良い方ではないでしょうか?各楽曲も4分台のものが多く、聴きやすいです。

キラー・チューンは、「9. 蠢動」ですね!6. 屈辱とも迷ったんですが、メロディアスでアグレッシヴな魅力たっぷりな前者を選ばせていただきました☆

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Sungoddess | 18:17 | トラックバック:0 | コメント:0
Silence Lies Fear / Shadows Of The Wasteland
201805020825175e2.jpg

1. Hypernova
2. Aftermath
3. Shores Of Time
4. Artificial Engine
5. The Last Human
6. Gravity
7. The Shadow Of 'I'
8. Sun As A Gift
9. The Oblivion
10. Undying Mind

93/100

アゼルバイジャンのモダン・メロディック・デスメタルバンドの2018年発表の3rdアルバムです♪

名前も初めて聞いたこのバンド。アゼルバイジャンとはなかなか珍しいですね!ジャケットはかなりモダンな感じ?前作は一部でかなりの高評価を得ていたようで、今作も注目作のようです☆

1. Hypernovaは陰鬱としたピアノの旋律からズドドドド!!!とブルータリティ溢れるドラミングが加わるスピード・チューンですね!心憎い演出をするキーボードにアグレッシヴなギタープレイが映えていますな~(;つД`)オープニング・ナンバーとしてはかなりのクオリティ!!

2. Aftermathは爽やかなコーラスからスタート、ブラストビートとテクニカル・デスメタルのような整合性のあるギターフレーズで突き進んでいくナンバー。ボーカルのスクリームが強烈すぎる!!個人的にかなり好みですなぁ~(о´∀`о)

3. Shores Of Timeはこちらもピアノによる演奏と荘厳なコーラスから始まり、劇的なギターフレーズで疾走開始!こりゃあ素晴らしい!!(T-T)泣き泣きなギタープレイがもうたまりませんなー。そして女性ボーカルによるコーラスパートまで!!盛りだくさんな要素ですね♪それでいてアグレッションは忘れない、まさにメロデス!!ギュインギュインとカッコよく弾きまくるソロパートもありますね。なんだか夕日の情景が思い浮かびます(笑)

4. Artificial Engineはデジタルなキーボードと神聖なコーラスでスタート、一瞬溜めたあと激しいブラストビートにグロウルが合わさるアグレッシヴなナンバー。ズカズカとブルータルに突き進む迫力に溢れた楽曲ですな!!縦横無尽に駆けめぐるギタープレイが圧巻!

5. The Last Humanはゆったりとしたキーボードからスピード感は抑えめな曲展開で、だんだんとスピードを上げてドラマティックにサビメロをブチこんでくるメロディアスなナンバー。

6. Gravityは儚げなピアノの旋律に導かれ激しいブラストビートが!!そのあとドスの効いたデスボイスが炸裂し爆走したかと思えば女性ボーカルによる透き通るような歌唱が挿入されます。な、泣けるなぁ(T-T)クサさとアグレッションが同居した完成度の高い1曲ですな。叙情的でメロディアスなギターフレーズが際立っています♪

7. The Shadow Of 'I'はコォーンと響き渡るようなキーボードによるホーリーな演出から凄まじいドラミングで爆走するスピード・チューン!テクニカル・デスのようにカッチリとしたギタープレイにストップ&ゴーを繰り返す曲展開が魅力です♪しかしそんなに複雑な展開はしていなくて、あっさりと聴き通せます!流麗極まりないギターソロが一番の聴きどころかな!?

8. Sun As A Giftはこれまた神聖な雰囲気を演出するキーボードによるイントロから、アグレッション満点で突っ走るスピード・ナンバー。ストロングなギターリフが透明感の溢れる音色と合わさり素晴らしいことになっています!!

9. The Oblivionは哀しげなピアノの音色とシンフォニックなアレンジから、再び女性ボーカルによるキャッチーな歌唱が入ります。そのあとはスタスタと軽快に疾走するハイテンションな楽曲ですね♪ピロピロピロと弾きまくりなギターフレーズに悶絶!!デジタルチックで特徴的な音を奏でるキーボードも良い仕事をしていますね(*´ω`*)

10. Undying Mindはザリザリしたブルータルなギターの刻みからスタート、ハイ・スピードでラストもかっ飛ばしてくれます!!ドラマティックで壮大な楽曲になっておりますね。キーボードが楽曲の中でとても良い役割を果たしています。テクニカルなリフがまたも顔を出してくる場面があり、これも聴いていて爽快な気分になります☆

こ、これはなんちゅう作品だ・・・!!ぜひ前作も聴いてみたい!モダンなメロディック・デスメタルのお手本のような感じでしょうか?完成度が高過ぎてケチの付けようがありません!!ほぼ全曲が爆走するスピード感溢れる疾走曲(T0T)そして空間的な美しさを演出するキーボード・・・タイトなドラミングも最高です。ボーカルのスクリームも大変迫力があり、楽曲に負けておらず、存在感を発揮しております♪モダンかつメロディアスなフレーズをバシバシ決めまくるギタープレイにも注目です!メロディの質も北欧的な叙情性もありつつ、独特の旋律を奏でています。A級の実力を持ったバンドだと思いましたね。

全10曲で、各曲がほぼ4分前半と短めでコンパクトにまとめられているのもリピートを誘いますね♪聴くたびに新しい発見のある展開美と、美旋律に酔いしれる心地よさのあるアルバムです!!

キラー・チューンは「3. Shores Of Time」ですね!!耽美的な美しさと凶暴なブルータリティが見事に合わさった至高の1曲。他にもキラーとなる良曲で盛りだくさんですね。アルバムトータルで高く評価したいですな。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Silence Lies Fear | 12:33 | トラックバック:0 | コメント:0
INFERI / REVENANT
20180414221844430.png

1. Within the Dead Horizon
2. Condemned Assailant
3. A Beckoning Thrall
4. Through the Depths
5. Enraged and Drowning Sullen
6. Thy Menacing Gaze
7. Malevolent Sanction
8. Smolder in the Ash
9. Behold the Bearer of Light

88/100

テクニカル・メロディック・デスメタルバンド、INFERIの4thアルバムです♪

名前だけは以前から聞いたことのあるバンドです。ジャケットからしてスゴいカッコいい!!バンドロゴも良い感じですね。テクニカルなデスメタルはあまり得意ではないのですが、メロディ要素もあるそうなので、思いきって購入しました♪

1. Within the Dead Horizonは不気味なSEから始まり、バンドサウンドが入るとともに爆走するスピード・チューン!テクデス風のギターリフが嵐のように襲ってきますな♪ボーカルのスクリームも迫力がありカッコいい~(*´ω`*)ギターソロはわりとメロディアスな旋律を奏でています。

2. Condemned Assailantは風の音?のようなサウンドからアコギが入り、だんだんとバンドサウンドが顔を出してくる楽曲。バキバキのベースから爆走するスピード・チューンです!テクニカルでメロディ要素は薄めなギターリフで突貫します。リズミカルなボーカルのスクリームとギターがまたカッコいいですね!

3. A Beckoning Thrallはイントロからカッコいいギターフレーズで疾走開始!テクニカルでカッチリとしたギタープレイがたまりませんな~!こちらのギターソロもメロディアスかつクラシカルな雰囲気もあり、とても聴きごたえがありますね☆

4. Through the Depthsは凄まじいボーカルの大絶叫でスタートする、こちらもクールなスピード・チューンですね。ブラストビートもありアグレッション満点です♪フラッシーに弾きまくりなギターとハイテンションなボーカルが特徴的ですね。

5. Enraged and Drowning Sullenはアコギによる暗黒なメロディによるイントロからずっしりと始まり、ブラックメタル的なブラストビートにスラッシーなギターリフが入るかなりクールな1曲です♪邪悪な雰囲気がかなり強いですな~(;´д`)

6. Thy Menacing Gazeは激しくもドラマティックなギタープレイに凄まじいドラミングが加わるスピード・チューンですね。テクデスらしい整然としたギターによる縦横無尽な演奏が圧倒的です!!ほのかに叙情的なメロディを奏でるギターソロがまた良いですな~。

7. Malevolent Sanctionはポロンポロンと哀しげな音色を奏でるアコギでスタートする8分超えの大曲。ブチキレたボーカルのスクリームにストロングなギターリフがあわさり一気にスピードを上げて突き進みます。そこかしこで流麗なギターフレーズを聴くことが出来ますね♪テクニカルな印象が特に強いです。

8. Smolder in the Ashは滑らかなピアノとアコギが華やかに舞うイントロから、またもやテクニカルなギターリフで突貫する疾走曲。なかなかにメロいギターフレーズが美味しいですな♪矢継ぎ早に繰り出されるデスボイスもド迫力です!

9. Behold the Bearer of Lightは荘厳な雰囲気から緊迫感のあるドラミングでスタート、ブラストビートとともに疾走する劇的な楽曲ですね♪ピロピロピロ~と弾きまくるギタープレイがまたたまらんですね☆ラストを飾る壮大な楽曲に仕上がっています!

これはなかなかに激しいテクニカルなデスメタルですね!正直なところあまり得意分野でなかったのですが、このバンドはところどころでメロディックなギターやクラシカルなフィーリングのあるフレーズも飛び出してきて、わりと聴きやすかったです♪まぁでも個人的にはもっとメロい方がいいのと、どの曲も結構同じに聴こえてしまったところが残念なところかな・・・f(^_^;

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| INFERI | 14:56 | トラックバック:0 | コメント:0
Mors Subita / Into The Pitch Black

1. Path To the Abyss
2. As Humanity Weeps
3. Dead Sun
4. Defeat
5. Into the Pitch Black
6. Alas
7. I, God
8. Vultures
9. Fear Is Just the Beginning
10. Shadows
11. The Void

91/100

フィンランドのメロディック・デスメタルバンド、Mors Subitaの約3年ぶりという2018年発表の3rdアルバムです!

1. Path To the Abyssはおぞましい音色とつぶやきによる静かなアルバムのイントロ。

2. As Humanity Weepsはいきなりモダンなヘヴィリフでスラッシーにかっ飛ばすスピード・チューン!こりゃあカッコいいですな♪ストロングなギターが特に良い感じ。オープニングから強烈な楽曲になっています!ボーカルのスクリームも素敵ですね。

3. Dead Sunはどっしりとしたメロディのギターリフでミドルテンポに突き進んでいく楽曲ですね♪ギターのメロディアスな感じがなかなかよいですな。

4. Defeatはバウンドするような躍動感溢れるギタープレイに激しいドラミングが加わるアップテンポ・ナンバー!壮大な感じのメロディが素晴らしい1曲。テクニカルなギターソロも良いね♪大絶叫するボーカルも聴きごたえがありますな~(*´ω`*)

5. Into the Pitch Blackはより一層メロディアスなギターフレーズでスタート、遠くで呟くようなボーカルが入り、だんだんと盛り上がりを見せてきます。とても重厚な雰囲気を醸し出していますな♪ややモダンなギターリフがマシーナリーな印象も与えてきます。

6. Alasはギャリギャリした特徴的なギターリフで始まり、ミドルテンポに展開する楽曲ですね♪メロディアスなギターがなかなかに美味しい、ノリノリなフィーリングも加わったカッコいい曲だと思いました☆ギターソロも短めですがとてもクール!!

7. I, Godはドカドカとド派手なドラミングが凄まじい勢いを持つ爆走チューン!絶叫するボーカルの迫力もかなりカッコいいですな!モダンなギターリフがガッツリ主張しており素晴らしい曲。

8. Vulturesは遠くから響いてくるギターから始まり、ドライヴィンなギターフレーズでノリノリな雰囲気をアピールするアップテンポ・ナンバーです♪3分程度と短めな楽曲ですが、それでも聴きごたえはありますね☆疾走感の高いお気に入りの1曲です(*´∀`)

9. Fear Is Just the Beginningはアグレッシヴなブラストビートでスタート!そのあとはスタスタと軽快にかっ飛ばすスピード・チューンです♪アグレッションで言うとアルバム一番かも!?絞り出すようなデスボイスと、手数の多いドラミングが凄まじい!!ピロピロとしたギターソロも良いね~。

10. Shadowsはキーボードの神秘的な音色から始まり、ミドルテンポに展開する楽曲ですね♪スピード感はかなり抑えめですが、ギターの奏でる叙情的なメロディは良い感じ。

11. The Voidはイヤァァァ!!!という凄まじいボーカルの絶叫とブラックメタルばりの邪悪なギターリフで突貫する疾走曲♪途中ではテンポを落として流麗なギタープレイを聴かせてくれます。ラストはアコギによる儚いメロディで幕を閉じます・・・。

これはかなり高品質なモダン・メロデスですな!ミドルテンポの楽曲も悪くないのですが、やはり疾走曲がカッコ良すぎる!ギターリフはとてもヘヴィでモダンな質感が高く、それでいてここぞというところではメロディアスな叙情的フレーズをキメてくれます。ボーカルもとても上手く、迫力満点ですね♪

キラー・チューンは「2. As Humanity Weeps」です。こりゃあ素晴らしい1曲。モダンなメロディで爆走するアグレッションたっぷりな楽曲ですね♪

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Mors Subita | 18:40 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム | 次のページ>>

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR