音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

もやしっ子:Zemethのアルバムが凄すぎる!まさに叙情メロディの大洪水~!ヘビロテ中です♪
2016年アルバムBEST10はこちらからどうぞ~☆

ようこそいらっしゃいました♪
このページは、メロデス、メタルコア、メロスピなどを中心に購入したCDの感想を書き綴っています。レビューというほど大層なものではなく、ちょっとした感想なので、内容はあんまり濃くはありません(汗)ゴメンナサイ

購入しただけで未聴のものも記事の中に紛れ込んでいますが、出来るだけ早く聴いて感想を書きたいと思います。

ちなみに音楽理論に関する知識は全く無しの初心者です(汗)

相互リンク大歓迎です☆書き込みよろしくお願いします。

↓最近のお気に入りです↓

超強烈なエクストリーム・メロディック・デスメタル!カッコいいメロディで溢れています!
GYZE / Northern Hell Song

激しくメロディアスでドラマティックなシンフォニック・デスメタル!必聴盤です♪
Serenity In Murder / THE ECLIPSE
スポンサーサイト
| 御挨拶・雑記・年間BEST | 19:51 | トラックバック:1 | コメント:11
Opera Magna / El Ultimo Caballero

1. Al Otro Lado Del Espejo
2. Horizontes De Gloria
3. Largo Viaje
4. El Fuego De Mi Venganza
5. Un Sueño, Una Esperanza
6. Lamentos En La Oscuridad
7. Tierras De Tormento
8. Más Allá De La Muerte
9. La Sangre Del Enemigo
10. El Ultimo Caballero

86/100

スペイン産のクサメロ・シンフォニック・スピードメタルの1stアルバムです。私は2014年にリリースされたRemix & Remaster 2014Verを購入しました!本当はボーナストラック2曲が追加になったはず・・・なのですが、MP3購入では付いてきませんでした(T0T)カナシイ

1.Al Otro Lado Del Espejoはファンタジックで壮大なスケールを描く、アルバムのイントロ。期待が高まりますな~☆

2.Horizontes De Gloriaはわりとヘヴィなギターリフで軽快に進んでいくポジティヴ系なメロディをもつスピード・チューン!穏やかな中間パートをへて、勇ましいメロディのギターソロが!これはたまらん展開ですな♪

3.Largo Viajeはド派手にメロディアスなギターフレーズで流麗なメロディを奏でる、こちらもスピード感のある楽曲です!ギターの主張がかなり激しく、かなりのカッコ良さのあるインパクト大な魅力に満ちていますね☆ギターソロも弾きまくりで最高!

4.El Fuego De Mi Venganzaは神聖なコーラスから始まり、ゆっくりとしたミドルテンポ・ナンバー、と思わせておいて、一気にスピードを上げて突っ走るスピード・チューン!パワフルでいてテクニカルなギタープレイに悶絶必至ですよこれは!!超カッコ良いです(о´∀`о)哀愁を漂わせるボーカルの歌唱もかなり頼もしいですな!

5.Un Sueño, Una Esperanzaはストリングスの穏やかなメロディを紡いでいく短めのインスト。

6.Lamentos En La Oscuridadは叩きつけるようなハードなドラミングでスタートする、超ド派手なギターの活躍振りがたまらなすぎる!飛翔系メロディで突っ走るスピード・チューンです(*´ω`*)振り絞るボーカルのハイトーンボイスがいかにもメロスピ感を醸し出していますね(笑)ギタープレイもやはり素晴らしく、テクニカルな面とメロディを重視した弾き方と様々な面を魅せてくれます♪終盤は女性コーラスが加わってゴージャスなパートに入ります。

7.Tierras De Tormentoはピロピロとしたギターからどっしりとミドルテンポで進んでいく楽曲です。ここへ来てようやく小休止でしょうか。しかしこの曲もなかなかスピード感もあり、聴き応えがありますな♪笛の音色なんかも入ったりしてとてもファンタジック!

8.Más Allá De La Muerteは、ようやくバラードです(笑)ふんわりとした柔らかなメロディに乗せて、ボーカルが優しく歌い上げます。

9.La Sangre Del Enemigoはポジティブかつ開放的なメロディで進んでいくスピード・チューン!もう速めの曲ばかりで大変ありがたいですな(笑)しっかりとキャッチーなメロディを奏でながら突っ走るのはやはりメロスピの素晴らしいところですなぁ~。

10.El Ultimo Caballeroは約13分もある長尺曲!!序盤はアップテンポで突き進み、だんだんとスピードを上げていく爽快な感じになっています。中盤は疾走して重厚なコーラスも顔を出しますね☆疾走パートのカッコ良さは相変わらずです!その後はメロウなメロディで壮大な展開を演出します。終盤は再び疾走開始!!ラストの盛り上がりっぷりにもうノックアウトです。

やはりOpera Magnaのアルバムに外れはありませんな!クサ過ぎるメロディにスピード感のあるギタープレイ、そして何よりハイトーンを繰り出しまくるボーカルの歌唱!何から何までハイ・クオリティです。

キラー・チューンは「6.Lamentos En La Oscuridad」です!かなりのクサさで疾走する様は、メロスピの素晴らしさをアピールする最高の楽曲です!この曲以外にもクールでクサいスピード・チューンが盛りだくさんで、とても満足できました♪

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Opera Magna | 17:59 | トラックバック:0 | コメント:0
Volcano / LEVIATHAN

1.Django
2.The Way Of The Serpent
3.Democracy Intersects
4.Fist Shark Fist
5.Crazy Vespinae
6.Antagonism
7.Hate Of Flames
8.War Of All Against All
9.Tiger
10.Sin The Thin
11.Wasteland The Wind

85/100

Volcanoの6thアルバムです♪

3年連続のアルバムリリース。まさかこんな短いスパンで新作を聴くことができるとは!大変ありがたいですな~(;つД`)今作も激烈なヘヴィメタルを期待したいところです☆

1.Djangoは風の音から渋いアコギによる演奏が入るインスト。

2.The Way Of The Serpentはデスメタリックなギターリフで爆走!!ブルータリティたっぷりにガツガツと突き進んでいくスピード・チューンですな。メロディ要素はそこまで高くなく、勢い重視の楽曲になっています!サビではなんだかクリーンな歌唱が入りますが、ちょっと唐突すぎて違和感があったかな・・・f(^_^;しかしその後のギターソロは激泣き!!もう少し弾きまくってくれても良かったかな~。

3.Democracy Intersectsはロックンロール的なノリのよさを見せるアップテンポな楽曲。ザラついたギターリフが殺傷力高し!メロディックなギターソロがこの曲の聴きどころですかねー。

4.Fist Shark Fistはヘヴィネスたっぷりにどっしりとスタート、ボーカルが入るとともに疾走開始!スタスタと軽快に飛ばしていきますね。しかし再びスピードを落として、リズムチェンジを繰り返す楽曲ですな。ピロピロと弾きまくりなギターソロはやはりクール!!

5.Crazy Vespinaeはクレイジーなギターフレーズから始まり、ダーティなフィーリングのあるアップテンポ・ナンバー。スピード感は抑えめに、じっくりと進んでいきますね。ソロパートではちょっと変わった、特徴的な音色を聴くことができます。

6.Antagonismは緊迫感漂うギターフレーズでスタート!カッコ良いリフでスピーディに展開する楽曲。強力なボーカルによるシャウトがとても良い感じ。そしてギターソロはゆったりとメロディアスに弾いておりますね♪

7.Hate Of Flamesはノリノリのギターリフで始まります。だんだんとスピードを上げていくスピード・チューン!勇ましいメロディで彩られておりますね~。ギターソロはテクニカルに弾きまくるタイプで、やはり聴きごたえがありますな!

8.War Of All Against Allは引きずるようなスローなギターとドラミングから始まり、ノリの良さを見せつつじっくりと進んでいくミドルテンポ・ナンバーですな。派手な感じで弾きまくるギターソロはカッコ良い!

9.Tigerは高音を操るボーカルの歌唱が耳を引くミドル~アップテンポ・ナンバー。泣きのギターがここでも聴くことができますね。終盤のソロパートも良い感じですな。

10.Sin The Thinは、スピードはゆっくりめで、メロディアスなボーカルの歌唱とギターリフ中心で進んでいくミドルテンポ・ナンバー。ザクザクと刻んでいくギターリフがなかなかカッコ良いですねー。

11.Wasteland The Windは雨音からスタートし、そこへクールなギターフレーズが切り込んでくるスピード・チューン!泣き泣きのギターメインでスタスタと疾走します。ギターソロはアルバム一番に叙情的なメロディを奏でて弾きまくるカッコ良さ!

う~む、なんというか、ちょっとネタ切れしてしまったかな?どキャッチーなメロディがあまりなく、何より疾走感が足りない!過去2作に比べると叙情哀愁メロの充実度も、残念ながら劣っていると言わざるをえない・・・かも(-_-;)

しかしながら、それでもある一定のクオリティは備えていると思います!ギターの泣きっぷりはやはり流石のものがありますし、過去2作があまりにもカッコ良すぎたのかも・・・(;つД`)

とにかく精力的にアルバムをリリースしてくれるのはありがたい!次回作はもっと叙情哀愁のメロディを強調した楽曲を作ってもらいたいですね♪

キラー・チューンは「11.Wasteland The Wind」ですかね!こういう叙情的なメロディで疾走するナンバーをもっと聴きたかったです。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Volcano | 15:06 | トラックバック:0 | コメント:0
CroworD / The Great Beyond

1. An Inimate Impression
2. Message Of The Dead
3. Progress From Discontent
4. Beyond Obsidian Gates
5. The Mountain
6. Spectres Bride
7. Wall Of Blackness Pt. 1
8. Manifest Of Mortal Sickness
9. A Stars’ Eclipse
10. The Longest Fall
11. A Crows Word
12. Wall Of Blackness Pt. 2

82/100

オーストリア出身のメロディック・デスメタルバンド、CroworDの1stアルバムです♪

YouTubeで適当にメタルを漁っていたら、なかなかにメロディアスな感じで反応してしまいました!2016年に結成されたバンドらしく、かなりの若手ですね。

1.An Inimate Impressionは物悲しげなピアノによる短いインスト。

2.Message Of The Deadは叙情的なメロディでガツガツと突き進んでいくスピード・チューン!スタスタと軽快に飛ばしていきます。デスボイスはクセのない聴きやすいタイプになっておりますな~♪サビメロでの慟哭のメロディがなかなか良い感じです!

3.Progress From Discontentは北欧的な冷たいメロディを聴かせて、ボーカルが入るとともに疾走開始!アグレッシヴに展開するまぁまぁな感じです。しかしサビメロではハッとさせるようなキラリと光るフレーズがありますね~♪

4.Beyond Obsidian Gatesはテクニカルなドラミングからザクザクとしたギターリフでカッコよく進んでいく、叙情的なアップテンポ・ナンバー。この曲のメロディは特に素晴らしいですな!古きよきメロデスを思い起こさせます。ギターソロもメロディアスに弾きまくりです!

5.The Mountainはアコギでしっとりとしたメロディでスタート、すぐさまストロングなギターリフが入りメロメロな旋律を奏でていきます。こちらもスピード感の高い楽曲です。勇ましいメロディで彩られておりますね~(о´∀`о)

6.Spectres Brideはアグレッシヴなギターサウンドから始まりますが、アコギも積極的に取り入れ、叙情性を高めていますね。ボーカルも呟くような歌唱を見せてきます!ソロパートはフラッシーな弾きっぷりでなかなか良い感じ。

7.Wall Of Blackness Pt. 1はアコギによるメロディがメインになっていて、クリーンなギターが哀しげな雰囲気を漂わせるインスト・ナンバー。

8.Manifest Of Mortal Sicknessは泣き泣きなギターフレーズで始まり、ボーカルが力強く歌い上げるスピーディな楽曲です。クリーンなギターサウンドが涙腺を刺激しますねぇ~。ヘヴィネスもあり、バランスのとれた名曲ではないでしょうか。

9.A Stars’ Eclipseはどっしりとしたギターリフで始まり、ミドル~アップテンポで攻め立てる楽曲。ゴリゴリとしたギターサウンドがなかなかに迫力がありますね~。ギターソロになると急にスピードを上げるあたりもカッコ良いですな☆

10.The Longest Fallはひときわ叙情的なギターフレーズでゆっくりと展開し、ミドルテンポでじっくりと進んでいく楽曲ですね!この曲も泣きのギターが思いきり主張しています。

11.A Crows Wordはアコギによるイントロから、ストロングなギターリフで突き進み、ブラストビートも飛び出してきます!しかしあくまでメロディ重視の姿勢を維持していますね。ドラマ性の高さはアルバム一番かも!?

12.Wall Of Blackness Pt. 2は、叙情的なアコギによるメロディが印象的なインスト・ナンバー・・・と思いきや、途中から悲痛な叫びを上げるデスボイスが入ります。

うーん、悪くはないんですが、ちょっと地味な印象が強いアルバムでしたねf(^_^;ところどころにキラリと光るメロディがあり、そこは評価したいのですが・・・。どうにも曲全体を覆っている地味感が拭いきれません。しかしデビューアルバムでこのクオリティはなかなかのものだと思います。あとはド派手に爆走する疾走チューンとかがあると良いなぁ・・・なんて。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| CroworD | 17:58 | トラックバック:0 | コメント:0
Zemeth / ROUGE NOIR

1.VALENTINE LIBIDO
2.LAVENDEL
3.MIDNIGHT DEFLORATION
4.ABSOLUTE PARANOIA
5.ROUGE NOIR
6.BLOODY FROZEN COSMETICS
7.FATEFUL DESPAIR
8.GENOCIDE MOON
9.SCARLET NIGHTMARE
10.FUCK YOU BITCH
11.DEADLY NOSTALGIA
12.ROSEN BLIZZARD
13.MELANCHOLIA

93/100

ノスタルジック・メロディック・デスメタルプロジェクト、Zemethの1stアルバムです♪

ノスタルジックなメロデス・・・!!いったいどんなメロディを聴かせてくれるのでしょうか?叙情哀愁メロの大洪水に期待したいですな(*´ω`*)

1.VALENTINE LIBIDOは美しい旋律からクラシカルで荘厳なメロディで疾走!そして吐き捨てるようなデスボイスが乗っかります。切なさ満点のメロディアスなフレーズがクサ過ぎる(*_*)こりゃあたまらないですな!!哀愁をたたえたギターソロも最高だー!1曲目からさっそくのキラーチューンですね。とてもゴーシャスな楽曲に仕上がっています。

2.LAVENDELは雨音から始まり、ヒロイックで勇ましい美旋律でスタート、咽び泣くような叙情哀愁メロがこれでもかと繰り出されます。この曲も前の曲に続いて疾走感のあるスピーディな楽曲です♪ネオクラシカル的な雰囲気ただようギターフレーズにもう悶絶です(*´ω`*)

3.MIDNIGHT DEFLORATIONはイントロから慟哭のメロディとボーカルの絶叫で始まります。キラキラしたキーボードによるアレンジがニクい!シンフォニックさも兼ね備えた、ド派手なスピード・チューンです。なんというか、確かにゲーム・ミュージック的な雰囲気もありますね。長くて聴き応えのあるインスト・パートもカッコ良すぎます!ラストのキメのメロディにノックアウト!

4.ABSOLUTE PARANOIAは一転してアグレッション重視の、いかにもメロデスといった感じのギターリフで始まり、吐き捨てるデスボイスと叙情性をはらんだギターフレーズで突き進むスピーディな楽曲。3分と短めですが、もうお腹いっぱいですね(笑)

5.ROUGE NOIRはイヤァァァァとボーカルが絶叫!クラシカルなメロディをメインに据えて爆走する疾走曲です!!ドラマティック過ぎて悶絶してます(;つД`)2分過ぎた辺りのギターフレーズがカッコ良すぎて泣けてきます。ひとつの曲の中で、目まぐるしく様々なメロディを楽しむことができますなー。ラストへと向けて盛り上がりを見せる曲展開もお見事です♪

6.BLOODY FROZEN COSMETICSはオルゴールの音色からスタートします。そしてすぐさまカッコ良いギターフレーズが飛び出し疾走開始!初期のチルボドのような雰囲気も感じられます。ここへきてブラストビート(?)も聴くことができ、非常にアグレッシヴ!!儚げなメロデス・ナンバーですな。ギターソロとキーボードソロも勇壮なフレーズをバシバシとキメており、凄まじい盛り上がりよう・・・!!

7.FATEFUL DESPAIRはイントロからさっそくゴシカルで陰鬱なメロディで疾走し、そのあとは勇ましさ全開の超クールなギターフレーズで突っ走ります♪こちらの曲も素晴らしくハイ・クオリティな楽曲ですな☆クラシカルなメロディに彩られた悶絶曲です。中盤ではいったんスピードを落としピアノによるパートが。そのあとは再び泣きメロの大洪水です!

8.GENOCIDE MOONは激しいドラミングと超絶にクールなギターフレーズで爆走、切り裂くようなシャープなギタープレイが特にカッコ良い1曲になっています!こりゃあ頭ひとつ抜き出て素晴らしいな~(о´∀`о)美しい泣きメロの応酬が凄まじいです!!アタック感の強いドラムも存在感を放っています。そしてまさにノスタルジックなメロディが挿入され、終盤へと駆け抜けていきます。

9.SCARLET NIGHTMAREはシンフォニックな音色とピアノでスタート、淡々とメロディを紡いでいき、その後はもうお決まりな、壮絶な泣きメロをかき鳴らしながら爆走する疾走曲!!こっちの曲もたまりませんな~(;´д`)アルバム後半になってもその勢いはとどまることを知りません!ドライヴ感のあるギターリフが縦横無尽に駆け回ります。

10.FUCK YOU BITCHは、ストレートな曲タイトルですな(笑)きらびやかなキーボードにビジュアル系?な感じの歌唱が少し入ったあとは相変わらずの爆走っぷり。ギターソロはややスピードを落とし、構築美にあふれたテクニカルなものになっています!3分程度の短めな楽曲です。

11.DEADLY NOSTALGIAは荘厳でドラマティックなギターサウンドでスピーディに突き進む、ストレートな叙情哀愁メロデス・ナンバー!!パワフルでエネルギッシュな魅力もあり、実に聴き応えがありますなぁ~・・・。ピロピロと弾きまくりなギターソロにももう降参です。慟哭のメロディが最高に楽曲を盛り上げますね。後半は儚いピアノの演奏とクリーンなギターで幕を閉じます。

12.ROSEN BLIZZARDはもうお決まりとなったボーカル絶叫→泣き泣きなギターで爆走パターン!まさに猛吹雪のように冷たいメロディが挿入されてきます。高速のギタープレイにもアツくなってしまいますね~(T-T)

13.MELANCHOLIAは、最後にしてようやくスピード感を落として、爆走はせずにしっとりとしたメロディを紡いでいきます!疾走感はなくとも、メロディの質の高さが実力を見せてきますね。

とんでもない作品だ・・・!いったいどんな感覚をしていたら、ここまでのメロディを思いつくのだ!?すべての楽曲が叙情哀愁メロの大洪水!そして凄まじい疾走感(;つД`)タマランー!!どの楽曲も似たような感じで金太郎飴状態とか、どれも爆走していて曲の押し引きがなってないとか、いろいろ言われるところもあると思います。しかしそれらを吹き飛ばしてしまうくらいの潔さ!!

とにかくクサくて速いのが正義。そんな印象を受けましたね。確かにゲーム・ミュージック的な要素も感じられましたが、上手くメロデスに馴染ませていると思います!今年は国産メタルが熱すぎるなぁ~(;´д`)次から次へと名盤が・・・。点数については、ちょっと興奮しすぎた状態で決めたので、落ち着いたら少し調整するかもしれません(-_-;)ごめんなさい。

キラー・チューンは、言うまでもなく全部!どれを取っても激しく、そして美麗で叙情哀愁に満ちあふれたメロディを楽しむことが出来ます。

しかし、1stアルバムでこんな作品を作ってしまって、次回作は大丈夫なんだろうか?f(^_^;

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Zemeth | 18:39 | トラックバック:0 | コメント:0
MinstreliX / ETERNAL ZERO

1. Land Of The Free
2. ETERNAL ZERO
3. Algernon
4. Banks Of Eternity

88/100

MinstreliXの最新シングルです!
待ちに待った新音源だ~!!

1.Land Of The Freeは勇ましいメロディとともに疾走し、アグレッシヴなギターとドラムが大暴れするスピード・チューン!伸びやかなボーカルの歌唱も相変わらず素敵ですね☆キラキラしたキーボードによるクラシカルなアレンジも良いなぁ~(*´ω`*)ギターソロも聴き応え充分!

2.ETERNAL ZEROはボーカルの哀愁ただよう歌唱から泣き泣きなギターが思いきり主張する、こちらもスピード感の高い楽曲。ベースもバキバキ鳴っていて迫力がありますな~。飛翔感のあるギターソロのメロディが最高!!ピアノの音色も良いアクセントになっております。

3.Algernonは透明感のある音色にストリングスが加わり、軽快なメロディを奏でるアップテンポ・ナンバー。なんと言うか、J-POP的なキャッチーさも兼ね備えておりますな♪こういう楽曲もかなり好みです。ギターも弾きまくりでとてもテクニカル!切なげな叙情メロにノックアウトです。

4.Banks Of Eternityはイントロからさっそく泣きまくりなギターフレーズで勢いよく疾走!スタスタと軽快なドラミングに乗せてポジティブに明るく進んでいきます♪コーラスパートでは希望に満ちあふれたメロディを楽しむことができますな~(о´∀`о)ここへきて派手で弾きまくりなキーボードソロも!良いですね~。

相変わらずのハイクオリティなメロスピ・ナンバーが揃っていますね☆前作から大きく路線変更することなく、順当に進化している印象を受けました。文句のつけどころは特にありません!はやくフルアルバムを聴きたいですね♪

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| MinstreliX | 15:09 | トラックバック:0 | コメント:0
EREBOS / The Engraving

1. Introduce
2. The Engraving of War
3. EREBOS
4. Divine Retribution
5. RISE FROM HELL
6. Endless Fall

85/100

日本のメロディック・デスラッシュバンド、EREBOSの1stアルバムです。

2014年結成の若々しいバンドですね!イントロ含めて6曲しかないけど、アルバムってことで良いのかな?その辺はちょっと分かりません(^_^;)

しかし帯の「第三次鋼鉄大戦」って何のことだろう・・・?

1.Introduceは重々しい雰囲気と語りが入る1分ちょいのインスト。

2.The Engraving of Warはデスラッシュ風味のギターリフからスタートする疾走曲!ボーカルはアンジェラ・ゴソウを彷彿とさせるところがありますな♪ちょっと音質がこもり気味かなぁ?雰囲気的にはオールドスクール・デスメタルを感じさせます。そこまでメロメロしてないですね。でもピロピロ弾きまくるフラッシーなギターソロは文句なしにカッコいい!

3.EREBOSは初期In Flames的なメロメロのツイン・リードが炸裂し爆走開始!!こりゃあカッコいいな!ギターソロはハードロック的なフィーリングも感じさせる、哀愁のあるメロディを奏でます。しかしメロいギターリフがたまらなくクールです♪デスメタル的なアグレッションも充分あります。

4.Divine Retributionはジリジリと緊迫したドラミングから、ザクザクと刻んでいくギターリフがなかなか良い感じのアップテンポ・ナンバーです。スラッシュ風味のギターの刻みが心地良いですなぁ~(*´∀`)不穏なメロディを奏でるギターも特徴的ですな!おどろおどろしい感じもしたりして、いかにもなデスメタルですね。

5.RISE FROM HELLは前曲に引き続き緊迫した空気感を醸し出す、こっちはスピードを抑えめなミドルテンポ・ナンバーになっております。細かいギターリフが焦燥感を高めますな。こういうタイプの曲も描けるという、幅の広さを見せつけていますね。最後は急に疾走しだして、メロいギタープレイで締め括られます。

6.Endless Fallは陰鬱な雰囲気のイントロからどっしりと進んでいき、再び泣きのツインリードが炸裂!!今度は初期Children of Bodomみたいな泣き泣きのギターリフでカッコよく疾走!ボーカルもアツく激しいデスボイスを披露しています♪後半はちょっと展開を変え、ヘヴィなパートに突入します。ギターソロはテクニカルで泣きのフィーリングたっぷり!!

これはなかなかカッコいい!古き良きメロデスって感じで、そこへところどころにスラッシュっぽいノリの良い刻み系のリフが加わった感じでしょうか。なにより泣きのツインリードがたまらなく素晴らしい!3曲目と6曲目は特にそれが目立っていて、今後はこういうタイプの曲を増やしていっていただけると、非常に気に入る作品になりそうです♪

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| EREBOS | 17:36 | トラックバック:0 | コメント:0
Impious / Death Domination

1. Abomination Glorified
2. The Demand
3. I Am The King
4. And The Empire Shall Fall
5. Dead Awakening
6. Hate Killing Project
7. Rostov Ripper
8. Legions
9. As Death Lives In Me
10. Irreligious State Of War

85/100

メロディック・デスラッシュバンド、Impiousの6thアルバムです。

1.Abomination Glorifiedはザクザクのギターリフで疾走するスピード・チューンです♪The Crownのようなデス・ロール的なノリもあり、ハイテンションに突っ走ります!

2.The Demandはスタスタと軽快にかっ飛ばすスピード・チューン!やはりこの曲でもブラストビートが凄まじすぎます。狂ったようなギターソロも聴きどころですね。

3.I Am The Kingはバカスカと叩きまくるドラミングに加えてザクザクしたノリの良いギターリフで突進するカッコいい疾走曲!曲名を叫ぶ辺りがまた良いですな。

4.And The Empire Shall Fallは不気味なイントロからブラストビートへ!カッコいい疾走曲です。デスメタリックなギターリフもすごくクール!

5.Dead Awakeningはデスメタルなギターリフからブラストビートを交えて爆走!ボーカルのデスボイスはドスが効いていてカッコいい!メロディ要素はあまり高くなく、あくまでアグレッション重視の楽曲です。

6.Hate Killing Projectはメロディアスなギターリフに手数の多いドラミングが迫力大!後半は少しテンポを落として、曲に緩急をつけていますね。しかし基本的に爆走しており、爽快です!

7.Rostov Ripperは多少緩急を付けながらもアグレッシヴに爆走しており、破壊力抜群ですな。途中のスローなパートを経て、迫力あるデスボイスに繋がります。

8.Legionsは、イーヴルなメロディに乗せてアップテンポ気味に進む楽曲です。これまでの曲にはなかったドラマ性が見られますね。

9.As Death Lives In Meはギターが大暴れする、これまたカッコいい疾走曲!迫力のあるボーカルと、凄まじいブラストビートがたまりませんな!ロックンロール的なフィーリングもあってヘドバンしやすいです。

10.Irreligious State Of Warはゴリゴリとブルータルに突き進む、最後までアグレッシヴな楽曲ですな~。相変わらずドラミングがヤバイです。

以前聴いたのは4thアルバムで、前作は聴いていないのですが、かなりデスメタル成分が増量されていますね!激しすぎるブラストビートやザリザリしたヘヴィなギターリフにノリの良さも加わり、やはりThe Crownを思わせる部分がありましたね。個人的にはもう少しメロディアスな感じでも良かったかなぁとも思いましたが・・・(汗)いや、それでも充分にカッコいいアルバムです。

キラー・チューンは「2.The Demand」か「3.I Am The King」ですかね。アルバム前半にカッコいい曲が特に多かった気がします。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Impious | 17:58 | トラックバック:0 | コメント:0
Unlucky Morpheus / Black Pentagram

1. Black Pentagram
2. Dead Leaves Rising
3. Violet

86/100

今さらな感想ですが、Unlucky Morpheusのシングルを購入しました☆

1.Black Pentagramは禍々しい邪悪なメロディでスタート!ギターリフがとてもストロングに決まっていますな。もはや抜群の安定感のボーカルの歌唱も力強く、ハイトーンもバッチリです♪グロウルも飛び出したりして、アグレッシヴな楽曲になっています。サビメロはややゴシカルなフィーリングも感じられ、とてもいい感じ♪ギターソロはとてつもなくテクニカル!聴き応えがありますな。

2.Dead Leaves Risingはピロピロとしたギターで始まり、ややノリノリなリズムでハードロック的な刻みも見せて進んでいく、明るいメロスピ的な楽曲です☆しかしギターはとてもヘヴィ!そしてパワフルなハイトーンがこの曲でも炸裂しております(^_^)メロディアスなギターソロも美しく、滑らかな弾きっぷり!

3.Violetは美しいピアノの調べからバンドサウンドが入り、こちらも軽快にアップテンポでキャッチーに展開していきます。3曲の中ではとても叙情的な、美しいメロディを堪能することが出来ますな☆サビメロも飛翔系で爆発的なキャッチーさを出しています。ギターソロはしっかり構築された美しさを感じさせますね~。

今作も安心のクオリティでした!相変わらず技量の高さを感じさせるボーカル、そして特筆すべきはギターのカッコ良さですね!!これでもかとアグレッシヴでクールなプレイをバンバン披露してくれます(*´ω`*)お気に入りは3曲全部です!!これはフルアルバムが非常に楽しみですな☆

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Unlucky Morpheus | 18:07 | トラックバック:0 | コメント:0
While She Sleeps / You Are We

1. You Are We
2. Steal The Sun
3. Feel
4. Empire Of Silence
5. Wide Awake
6. Silence Speaks (feat. Oli Sykes)
7. Settle Down Society
8. Hurricane
9. Revolt
10. Civil Isolation
11. In Another Now

80/100

メタルコア・バンド、While She Sleepsの3rdアルバムです!

1.You Are Weは渋い音色から始まり、ボーカルの咆哮でどっしりとスタート!テンション高くスクリームをかますボーカルが存在感ありますね~☆サビメロは実に叙情的!とても哀愁を漂わせていますね。ギターリフはわりとシンプルかな?しかしメロディアスでなかなかの良曲。

2.Steal The Sunはノリノリなドラミングで始まり、リズミカルにボーカルが歌っていくアップテンポ・ナンバー。キャッチーさのあるメロディックなギターで軽快に進んでいきますね。これもまぁまぁいい感じ。

3.Feelはノイジーなサウンドに始まりボーカルが淡々と歌い上げ、ゴリゴリしたヘヴィリフで進みサビではスピードを上げてキャッチーな歌メロをかましてくるミドル~アップテンポ・ナンバーです!ノリの良い歌唱がたまらないものになっていますね~(*´ω`*)

4.Empire Of Silenceは温かみのあるメロウなギターでスタート、ボーカルのスクリームが入りじっくりと進んでいくミドルテンポ・ナンバー。叙情的なメロディを奏でるギターとボーカルが存在感を放っています。哀愁度はかなり高いですな!

5.Wide Awakeはアコギとボーカルの歌唱で軽快に飛ばしていく疾走感のある楽曲。悪くないんだけど、もう少しアグレッションが欲しいところかな・・・!静けさのある、叙情的なナンバーになっています。

6.Silence Speaks (feat. Oli Sykes)はジリジリと焦らすようなドラミングとノリの良いドライヴィンなギターでゴキゲンに進んでいくアップテンポ・ナンバー!これはなかなかヘドバンしやすいカッコ良さがありますな!!メロディの質も高く、特に気に入った1曲です。

7.Settle Down Societyはメロウなイントロからシンガロングが入る、Bring Me The Horizonみたいな楽曲ですね。なかなかメロディックで哀愁を漂わせていますなー。ところどころでアップテンポに飛ばしていったりしています。

8.Hurricaneはメロディアスなギターフレーズでかっ飛ばす疾走曲!!こういうのを待ってました!アグレッシヴで突き進むスピーディな楽曲になっていますね♪クリーンな音色のギターがたまらなくカッコいい~(о´∀`о)

9.Revoltはわりとストロングなギターリフに始まり、タフなボーカルのスクリームに繋がる激しめな楽曲。手数の多いドラミングも良いね!そして、これまたメロディアスなギタープレイがなかなかいいよ~☆

10.Civil Isolationはスタスタと疾走する軽快なスピード・チューン。メロディックな歌唱に疾走感のあるギターがあわさり、これまたまぁまぁクールな楽曲。中盤ではメロウなメロディを挿入し一層叙情的な雰囲気に。

11.In Another Nowポロンポロンとアコギで雰囲気を盛り上げ、ヘヴィリフでずっしりと重厚に展開するイントロからスタート、ボーカルが入ると共に疾走!この流れはなかなかカッコいいですな。

う~む、個人的にはもう少しアグレッションが欲しいところかな~(^_^;)メロディアスではあるんだけれども、楽曲にもっと勢いがあればさらにカッコ良くなりそうなんだけど。でもこのバンドが目指す方向性は今作のような作風なんだろうなぁ~。

キラーチューンは8.Hurricaneですね!やっぱりメタルとしてのアグレッションがカッコいいですな~♪

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| While She Sleeps | 12:24 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム | 次のページ>>

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR