音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

もやしっ子:Regnum Caelorum Et Gehennaの新譜をヘビロテ中です♪捨て曲ナシの名盤!!
2017年アルバムBEST10はこちらからどうぞ~☆

ようこそいらっしゃいました♪
このページは、メロデス、メタルコア、メロスピなどを中心に購入したCDの感想を書き綴っています。レビューというほど大層なものではなく、ちょっとした感想なので、内容はあんまり濃くはありません(汗)ゴメンナサイ

購入しただけで未聴のものも記事の中に紛れ込んでいますが、出来るだけ早く聴いて感想を書きたいと思います。

ちなみに音楽理論に関する知識は全く無しの初心者です(汗)

相互リンク大歓迎です☆書き込みよろしくお願いします。

↓最近のお気に入りです↓

超強烈なエクストリーム・メロディック・デスメタル!カッコいいメロディで溢れています!
GYZE / Northern Hell Song

激しくメロディアスでドラマティックなシンフォニック・デスメタル!必聴盤です♪
Serenity In Murder / THE ECLIPSE
スポンサーサイト
| 御挨拶・雑記・年間BEST | 19:51 | トラックバック:1 | コメント:12
Regnum Caelorum Et Gehenna / Dimersity03 : Verum Cur Non Audimus

01. Verum cur non audimus
02. Sign in the days
03. Awakening from the abyss
04. Warning of the truth
05. A broken hope
06. Story in the fairytale
07. Advance to death
08. Last Requiem
09. Destiny never change
10. Two decision
11. Sacrifice Syndrome
12. Quia non dicimus

93/100

Regnum Caelorum Et Gehennaの3rdアルバムです♪

新譜が出ていたのでAmazonで迷わず購入!!今作も値段が安くてありがたいです。前作に引き続き、今作もコンセプト・アルバムのようです。ジャケットは神秘的な雰囲気があって美しいですね~♪

01. Verum cur non audimusはいきなり約16分もの大曲からスタート!ドラマティックなサウンドと語りによって始まり、パワフルなバンドサウンドで疾走!!ここがまたカッコいいな(*´ω`*)やはり相変わらずのクオリティです。そのあとは和風な音色が現れたりしてなかなかアレンジが凝っていますな♪中盤にかけてはプログレッシヴな展開を見せ、優しげな語りも挿入されます。終盤では再び爆走し、クールな印象を与えてきますなぁ・・・!!ボーカルのシャウトも相変わらず強烈☆1曲目から凄まじいインパクトを持つ楽曲です。

02. Sign in the daysは非常にメロディアスで様々な楽器が多用されるアレンジが耳を引くアップテンポ・ナンバー!ボーカルのカッコいい歌唱とモダンなギターリフがとても良い感じ。青臭さも感じさせる(笑)キーボードの音色がまたたまらん!一緒に口ずさみたくなりますね~。ドラミングはドカドカとハデに叩きまくり♪後半のクリーンなギターフレーズに悶絶です。

03. Awakening from the abyssは叩きつけるような激しいギターリフで疾走するハイスピード・ナンバーです♪こちらでもいろいろなキーボードアレンジが凝っていて、聴いていて楽しいですね!なにやらクレイジーなメロディや明るいメロディなどがごちゃ混ぜになっていて混沌としています(笑)

04. Warning of the truthはブヨブヨしたキーボードによるサウンドとボーカルの絶叫でスタート!ピロピロとギターもテクニカルに弾きまくり♪疾走感の強い楽曲です。途中ではブラストビートにグロウルも加わり、かなりアグレッシヴ!!呟くようなボーカルも入り、目まぐるしい展開を見せつけてくれますな~(*´ω`*)そしてこの曲でもプログレ・メタル的なフィーリングがありますね。

05. A broken hopeは哀しげなメロディによるピアノで始まり、パーカッション等も加わりなんというか不思議な楽曲になっていますね。8分近い長めの1曲。おとぎ話の世界のような、ファンタジックなメロディで彩られています☆ミドルテンポ中心で、スピード感はわりと抑えめな印象です。語りも入り、シアトリカルなフィーリングを受けました!一瞬無音が入ったあとはまた雰囲気が変わり、やや疾走しプログレッシヴな複雑な展開になります。こりゃあ聴くのが大変だなf(^_^;

06. Story in the fairytaleはイントロからモダンなメロディで爆走!!こりゃあ迫力満点♪退廃的なメロディによるギターリフで疾走するアグレッションたっぷりな楽曲です。スゴくカッコいいな~!興奮しまくりでハイテンションな感じですね!

07. Advance to deathはピアノとタフなギターリフがバウンドするミドル~アップテンポ・ナンバーです。イーヴルなボーカルの歌唱も良い感じですな♪キラキラとしたキーボードの演奏も素敵ですが、やはりピアノの音色がクサさをアピールしていますね(*´∀`)うねるようなギターソロもいい!

08. Last Requiemは慟哭のメロディによるギターリフで疾走するスピード・チューン!!ストレートに爆走するクールな楽曲になっていますね♪このメロディアスな旋律がたまりませんなぁ。ソロパートではアコギまで飛び出し、泣き泣きのクサメロディを奏でます☆ピロピロと弾きまくりなギターも非常にテクニカルです。ラストの鐘の音が荘厳さを醸し出していますね~!

09. Destiny never changeはイヤァァァ!!!と激しい叫び声から始まりスタスタと疾走するスピード・ナンバー!ブラストビートにギラギラとしたきらびやかなキーボードが加わり、アグレッションたっぷりです。やはりキーボードの働きが特徴的ですね。

10. Two decisionは急に牧歌調の和やかなメロディによる短めなインストが挿入されます。あっけらかんとした雰囲気で(笑)驚きましたね~。

11. Sacrifice Syndromeは緊迫感溢れるメロディで正統派ヘヴィメタル的なギターリフとともに突き進んでいくアップテンポ・ナンバーです。こういうヘヴィネスたっぷりな楽曲も素晴らしいですな♪その一方でメロメロな感じもあり、ドライヴィンなギタープレイがとてもクール!唐突にオーオー言い出すコーラスパートも少しだけ挿入されますな。

12. Quia non dicimusはアルバムのラストを飾る爆走ナンバー!!お決まりとなったボーカルのカッコいいシャウトからシンフォニックなアレンジとともに突っ走るスピーディな楽曲です♪この曲でもスタスタとした軽快なドラミングに痺れますな(;つД`)哀愁と叙情メロディによるギタープレイには悶絶必至!!ソロパートもギターとキーボードのソロバトルが繰り広げられ、聴きごたえ抜群です。途中から語りが入り、ドラマティックな展開もありますね☆

コレはもう大変満足のいく作品でした!前作のクオリティもかなりのものがありましたが、今作は楽曲のアレンジ面に大きな特徴が見られましたな♪相変わらずカッコいいボーカルに、慟哭のメロディを奏でるギター、軽快なドラミングからブラストビートまでこなすドラムに多種多様な音色を披露してくれるキーボードと、まったく隙がありません!!

前作と比べるとかなり楽曲が複雑になったというか、プログレッシヴな印象を強く受けました。しかしなかなかに聴き手を引っ張っていく魅力に溢れており、またそのぶん疾走パートのカッコよさも際立っています♪素晴らしいメロディで疾走するさまは圧巻の一言です。

点数は今のところ前作と同じですが、聴き込んでいけば前作を超える名盤になるかもしれませんな・・・!!

キラー・チューンは、選ぶのが難しいですね~。大作の01. Verum cur non audimusはあっという間に聴き通せて完成度の高い楽曲だし、ポップなセンスも光る02. Sign in the daysもカッコいい。慟哭のギターが大暴れな疾走チューン08. Last Requiemも捨てがたいですなぁ(*´ω`*)とにかく、今作もハイクオリティな作品をどうもありがとうございましたっ!次回作も期待しておりますよ~(о´∀`о)

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Regnum Caelorum Et Gehenna | 18:39 | トラックバック:0 | コメント:0
Volcano / Irregular

1.1789 / SILVER MOUNTAIN
2.Invaders / IRON MAIDEN
3.Headhunter / KROKUS
4.Don't Tell Me You Love Me / NIGHT RANGER
5.Rise And Fall / HELLOWEEN
6.Hard Blow / FLATBACKER
7.Bring Me The Night / OVERKILL
8.I'll See The Light Tonight / YNGWIE MALMSTEEN
9.I'll Kill You / X
10.Home Sweet Home / MOTLEY CRUE

86/100

早くも届いたVolcanoのニューアルバム!その内容はなんと幅広く選曲されたカバーアルバムでした♪例によってほとんど聴いたことのない曲ばかりですが・・・(;´д`)でも、新鮮な気持ちで聴くことができそうです♪Overkillのカバーが一番気になるかな~p(^-^)qメチャクチャ格好よくなりそう!!

1789 / SILVER MOUNTAINは泣き泣きなギターフレーズから激しいシャウトをかますアップテンポ・ナンバー。中盤では優しげな歌唱が入り、ソロパートではギャンギャンとギターが弾きまくりでカッコいいですな!!

Invaders / IRON MAIDENはイントロのズダダダダ!!としたドラミングがたまりませんな。ドライヴィンなギターリフがスゴくカッコいい!思わずヘドバンしてしまうノリノリなリズムがありますね♪ザラついたギターによるソロパートが非常にクール♪

Headhunter / KROKUSはザリザリしたギターリフとクレイジーなボーカルのシャウトが耳を引くアップテンポ・ナンバー。ソロパートのうねるようなギターの弾きっぷりはとてもインパクトがありますね!

Don’t Tell Me You Love Me / NIGHT RANGERはリズミカルにバウンドするギターリフで、爽やかに決める楽曲です。キャッチーなコーラスパートがとても特徴的ですねー♪ギターソロがコレまたカッコいい!!凄い弾きっぷりだ・・・(;つД`)

Rise And Fall / HELLOWEENは明るいサビメロがいいね!ギターリフもザクザクと心地よいものになっていてクールですな♪ピロピロと弾きまくりなギターソロが良い感じ。

Hard Blow / FLATBACKERはゴキゲンな雰囲気で突っ走るスピード・チューン!この曲でもとてもカッコいいギターソロを楽しむことができます。

Bring Me The Night / OVERKILLは来ましたよ~!!爆走スラッシュ・ナンバー!このカバーがカッコ悪いわけがない♪ピュアなスラッシュ・メタルに仕上がっています。全く違和感なくプレイされていますね!やっぱりカッコいい!!

I’ll See The Light Tonight / YNGWIE MALMSTEENはメロディックなイントロからボーカルのシャウトが入るミドル~アップテンポ・ナンバー。やはりギターの弾きっぷりは見事ですな。ピロピロとたっぷり弾きまくりで圧倒されます。

I’ll Kill You / Xは激しいドラミングにカッコいいギターリフが加わるとてもクールな楽曲♪原曲は知りませんが、かなり気に入りました☆

Home Sweet Home / MOTLEY CRUEはピアノによるイントロから和やかなギターフレーズに、優しげなボーカルの歌唱が加わる暖かな楽曲です。

う~む、やっぱり原曲を知っておいた方がより一層楽しめたんだろうな・・・f(^_^;でもバラエティ豊かな楽曲群は、聴いているだけで色々と楽しめましたね♪新しい発見もある、買って良かったと思えるアルバムでした!

次のフルアルバムはいつになるのかな~(*´ω`*)今からとても楽しみです☆

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Volcano | 18:35 | トラックバック:0 | コメント:0
VALTHUS / Verdict for the Chronicle

1.Thousand of Cries
2.New Vintage
3.Balefire
4.Podium
5.White Leaf
6.The Captured
7.Green
8.Evidence
9.Winged Words
10.Our Tracks

89/100

東京のメロディック・スピードメタルバンド、VALTHUSの2ndアルバムです!

個人的にお気に入りのこのバンド、昨年末に購入しようとしていたものの、ちょっと遅れての購入になりましたf(^_^;ようやくの2ndアルバムですな!試聴用トレーラーを聴く限りかなり期待できそうな出来映え♪楽しみですわ~p(^-^)q

1.Thousand of Criesはヒロイックなギターフレーズがカッコ良すぎるイントロからキラキラしたキーボードプレイが光るスピード・チューン!ボーカルは中音域をメインに渋く歌い上げます。そして大盛り上がりのサビメロへ!こりゃあ良い♪緊迫感溢れるソロパートもガッツポーズもの。ピアノによる音色も加わり耽美的な雰囲気が出ています。ラストのハイトーンボイスは圧巻!

2.New Vintageは勇壮なメロディでガッツィーに突き進んでいくアップテンポ・ナンバー!流麗なボーカルラインが耳を引く楽曲ですな~。ソロパートはかなりハデハデ!ギターがピロピロと弾きまくりで、キーボードも負けていません☆哀愁を漂わせるサビメロがいいね!

3.Balefireはネオクラシカルなキーボードプレイがキラキラと装飾するパワフルなスピード・チューンですな!大空を駆けるような、ポジティブなメロディに彩られた楽曲。Stratovariusっぽさも感じさせる、北欧のメロパワらしさがありますな!ハイ・スピードなソロパートはかなりクール♪最後は和やかな歌唱で終了です。

4.Podiumはかなりアグレッシヴなギターサウンドで始まり、ブリブリとベースも主張してくるアタック感の強い楽曲です。アップテンポで進み、叙情的なメロディで展開していきます♪シニカルなボーカルの歌唱も曲の雰囲気に合っていて良い感じですな!ピロピロとテクニカルに弾きまくるギターソロが特に気に入りましたね~p(^-^)q

5.White Leafは優しげなボーカルの歌唱からスタートする、ピアノとともに進んでいくパワー・バラード。ゆったりとしたリズムで、どこか暖かな雰囲気がありますな。泣きのギターソロもなかなか良い感じ。

6.The Capturedは透明感溢れるキーボードの音色がクサすぎる!こういうサウンドに弱いんですよね~(*´ω`*)アップテンポでスピーディにカッコよくギターが主張する、かなりのお気に入りの楽曲。ボーカルの歌唱もさまになっています。キラキラサウンドとクラシカルなギターフレーズに悶絶!クサクサなメロディにノックアウトです!!

7.Greenは重々しくヘヴィなギターサウンドで突き進んでいくミドルテンポ・ナンバーですな~。ちょいと今までの楽曲と比べるとやや地味めかな?ボーカルは低音域中心に渋く歌い上げます。

8.Evidenceはキタキタキター!!!コレだよこのメロディ☆泣き泣きのクサ過ぎるギターフレーズがカッコいい!ドラミングもいままでで一番ハデで叩きまくり。しかしなぜインストなんだ・・・(T0T)この素晴らしいメロディで1曲作り上げてほしかった・・・。スゴく耳に残るキャッチーなメロディですね♪

9.Winged Wordsはネオクラシカルなギターと伸びやかなボーカルで歌い上げるスピード・チューン!!スタスタとドラミングも迫力満点♪アグレッシヴなギタープレイも楽しむことができます。キラキラしたキーボードのアレンジも見事です☆ソロパートのハデハデさはアルバム一番かも!?

10.Our Tracksはアコギでしっとりとしたメロディを奏でていくバラード・ナンバー。透き通るボーカルのソフトな歌唱がメインになっています。ギターも途中から入り、泣き泣きなフレーズをかましてくれます。アルバムのラストを飾る、壮大なスケールを描いていますね。

こりゃあ素晴らしい!久しぶりのメロスピ・メロパワバンドのアルバムでしたが、ここまで成長を遂げているとは!!メロディの扇情度が更にパワーアップしており、ギタープレイもギャンギャン弾きまくりでカッコいいですな♪キーボードも特徴的でクサ過ぎる音色を奏でており、かなりツボを突かれました。ボーカルの歌唱についてですが、もうちょっとハイトーンをキメてくれるとより良いかな?と思いました。落ち着いた中音域の歌唱が中心だったので、それも味があっていいのですが、やはりハイトーンボイスを聴きたくなってしまいますね(笑)まぁでも安定性を重視するなら、今のままでもいいかな!?

キラー・チューンは文句なく「1.Thousand of Cries」ですね!飛翔感のあるまさにメロスピのお手本のようなスピード・チューン!ギターの弾きっぷりにも悶絶!ピアノによるクサい演出もニクいところですな。

もうちょっと買うのが早ければ2017年のベストアルバム候補になっていたかも・・・もっとはやく購入するんだったなぁ(;´д`)

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| VALTHUS | 16:24 | トラックバック:0 | コメント:0
the Art of Mankind / Distant Light

1. This is My Vengeance
2. Prisoners of the Sun
3. The Pretenders
4. Burning Cradle
5. When Your World Comes Crushing Down
6. Empty Inside
7. The Undivided Darkness
8. Evolution-Extinction
9. I Killed the Sun
10. HATE IS EVERYTHING
11. The Eyes of the Forgotten

86/100

Kissing the Mirrorというバンドのメンバーを中心とする、メロディック・デスメタルバンドの1stアルバムです♪またも国産のメロデスバンドに手を出してしまった・・・f(^_^;

元々のバンドの音源は聴いたことがありませんが、Amazonの売り文句に反応して購入してしまいました。The Black Dahlia MurderやTHOUSAND EYESを引き合いに出されてしまっては買わずにはいきません!

聴いてみると、確かにThe Black Dahlia Murder臭が強い!1曲目のThis is My Vengeanceからブラストビートも交えつつフラッシーなギターソロをバシバシ決めてきます♪デスボイスもやや高音域で迫力満点。スタスタと軽快に叩きまくるドラミングがたまりませんな!ギターリフは叙情的なメロディを奏でており、2曲目のPrisoners of the Sunで聴くことの出来るメロディアスなフレーズはまさに慟哭の叫び!!激しくドラマティックです。一層シリアスな旋律を奏でるイントロの3.The Pretendersもピロピロと弾きまくりなギターソロが高ポイント☆アコギでポロンポロンとしっとりとしたイントロから激しくかっ飛ばす4.Burning Cradle、早口ボーカルが捲し立てる緊迫感のある展開な5.When Your World Comes Crushing Down。ソロパートも聴きごたえ抜群!切れ目なく始まる6.Empty Insideはうねるようなテクニカルなギターフレーズがカッコいい!7.The Undivided Darknessもクールなギターリフで突貫していく激走メロデス・ナンバー!これは特に気に入りました♪ダークな叙情メロが盛りだくさんです。8.Evolution-Extinctionはクレイジーな音色のギターフレーズが特徴的なスピード・チューン。ブラックメタルばりに邪悪な雰囲気を醸し出し、パワフルに突き進んでいく9.I Killed the Sun。激しいブラストビートからスタートしメロディックなギターリフでガツガツとスピーディに展開していく10.HATE IS EVERYTHING。ラストも相変わらず疾走曲な11.The Eyes of the Forgotten。いままで以上に吐き捨てまくるデスボイスが強烈!!

曲の長さも平均して4分前後とコンパクトで聴きやすいですね。The Black Dahlia Murderが引き合いに出されるのも納得の音楽性かと思います。しかしやはり、本家には敵わないかな・・・!?クオリティは高いのですが、楽曲のまとまり具合は本家に軍配が上がると思います。それでもフラッシーでメロディアスなギターソロは聴きごたえがあるし、安定したブラストビートも楽曲に勢いを与えています。コレ!といったキラー・チューンがあればまた印象も変わったかもしれませんね。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| the Art of Mankind | 12:30 | トラックバック:0 | コメント:0
InnerFire / Sacricide

1.My Murderous Vesania
2.Misery & Purge
3.In The Arms Of Perdition
4.A Plague In Mass Graves
5.The Griefs In The Black
6.Rotten From Within
7.The Withered Shine
8.Shades
9.Hate In Utero
10.Morbid Inception
11.Purification Descends

82/100

メロディック・デスメタルバンド、InnerFireの2ndアルバムです☆2016年の作品。

Amazonのmp3で試聴したところ、なかなかモダンなメロデスでカッコ良かったので、お試しに購入してみました!ジャケットもいい感じですな。個人的に好みです。

1.My Murderous Vesaniaは激しいドラミングとデスボイスでスタートするアグレッションたっぷりな楽曲です。スピード感はやや抑えめでじっくりと進んでいきます。1曲目にしてはちょっと地味かなぁ・・・。

2.Misery & Purgeはややメロディックなピロピロギターからブラストビートへ!!スタスタと疾走するスピーディな1曲になっています。ドラミングが爽快ですなぁ~♪

3.In The Arms Of Perditionは邪悪なメロディからボーカルの絶叫がカッコいいミドルテンポ・ナンバー。うーむ、ここはひとつストレートに疾走してくれた方が良かったかなぁ。でもスピード感はまぁまぁあります!もうちょっと磨き上げてほしいかな。

4.A Plague In Mass Gravesはジリジリと焦らすようなギターフレーズとボーカルの絶叫がまたまたクールな楽曲。イントロは良いんだけど、曲のメインが始まるとちょっとだけ失速しますな・・・f(^_^;しかしメロディックなギタープレイも聴くことができ、なかなか良い感じです。

5.The Griefs In The Blackは辛めのデスラッシュ・ナンバー。うん、これくらい爆走していただけると素直にヘドバンできますな(笑)カッコいいデスボイスとイーヴルなメロディはハマるとけっこう病みつきになりそう~♪

6.Rotten From Withinは今までとは一転してスローな楽曲。モダンなヘヴィネスたっぷりにじっくりと進んでいきます。

7.The Withered Shineはメロデスっぽいギターリフで突き進んでいくアップテンポ・ナンバー。イントロのメロディは良いんだけどなぁ。しかしこの曲ではピアノも挿入されてなにやら耽美的な雰囲気がありますな!

8.Shadesは静寂さをアピールする短めのインスト。

9.Hate In Uteroはホーリーなメロディで和やかに進んでいく、これまでとは一風違ったイントロ。そのあとはギターとボーカルメインでいつも通り展開していきます。ブラストビートも入りまぁまぁな感触ですね。

10.Morbid Inceptionはザクザクとしたギターリフが特徴的なミドルテンポ・ナンバー。何曲か地味めな楽曲が続いてしまいますな・・・(T-T)

11.Purification Descendsはここへ来てなかなかにメロいギターリフで疾走!カッコよく突き進んでいくナンバーです♪ザラついたシャープなギターが弾きまくりで非常に良い感じ(о´∀`о)ボーカルの歌いっぷりもたまりませんな。

やってることはモダンな質感もあるアグレッシヴなデスメタルですね。ブラストビートも多用するなど攻撃性はなかなかのものがあります。もうちょっとメロくてストレートに疾走してくれるとなお良かったんだけどなぁ~。イントロはカッコよくてもその後があんまりテンションが続かないかもですf(^_^;音質はけっこう良くてありがたかったです。

キラー・チューンは、11.Purification Descendsですね。アルバムの最後にカッコいいギターリフで疾走するスピーディなナンバーを聴かせてくれました♪

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| InnerFire | 19:06 | トラックバック:0 | コメント:0
2017年アルバムBEST10
第1位



GYZE / Northern Hell Song

北欧の叙情性をたっぷりとブチこんだ傑作♪日本が生んだ最高のエクストリーム・メロディック・デスメタル!!矢継ぎ早に繰り出される哀愁のギターフレーズには悶絶必至です。

第2位



Serenity In Murder / THE ECLIPSE

メロディのクオリティを前作から更にグレード・アップさせ、最強のシンフォニック・デスメタルへと昇華!!暖かみのある穏やかなメロディも取り入れ、もちろんデスメタルとしてのアグレッションも完璧☆

第3位



Galneryus / ULTIMATE SACRIFICE

相変わらずのハイクオリティ!前作に引き続き重厚なコンセプト・アルバムで、怒濤のように襲いかかるクサメロにはノックアウト間違いなし♪長尺曲でも飽きさせない展開の妙がありますね!!

第4位



Zemeth / ROUGE NOIR

これがノスタルジック・メロディックデスメタルの実力!洪水のように繰り出されるクサメロ&慟哭のメロディは異臭騒ぎを起こすこと間違いなし!乱舞するピアノとギターの音色に酔いしれてしまう・・・。

第5位



No Limited Spiral / Into The Marinesnow

徹頭徹尾、凄まじいアグレッション!辛めのメロディにひたすら爆走するスピード・チューンでガッチリ固められています☆前作から飛躍的成長を遂げた力作です!!一気にラストまで駆け抜ける、潔いまでの姿勢には脱帽ですな♪

第6位



Arch Enemy / Will To Power

ついにクリーンボイス解禁!その内容は、バラエティに富んだ楽曲群がズラリ!!アグレッシヴなスピード・チューンから壮大なスケールを感じさせる展開美を見せつける大曲まで、非常に楽しめる作品となっています♪

第7位



Shadow Of Intent / Reclaimer

強烈なシンフォニック・デスコア!!衝撃の前作から一層クオリティを上げてきた名盤です♪次々と繰り出されるクールなメロディによるアグレッション満点のデスコアにはもう平伏すしかありません!!

第8位



Alphoenix / Final Crusades

叙情メロディック・デスメタル、哀愁のメロディを振り撒きながらアグレッシヴに突き進む姿は圧巻♪モダンな質感もあり、またクリーンボイスによる歌唱も入って現代風のハイクオリティなメロデスです。日本ならではの泣きメロも豊富ですな☆


第9位



The Black Dahlia Murder / Nightbringers

アメリカ産ながらほとばしる北欧の叙情性!美しいメロディと凄まじいアグレッションで爆走するさまはもう素晴らしいの一言です。過去作にも興味が湧きました♪

第10位

>

Mors Principium Est / Embers Of A Dying World

第一印象はやや地味だったものの、聴き込んでみれば、綿密に計算されたシンフォニック・アレンジ!スピードに頼らずメロディとシンフォニーに重点を置いた楽曲群はなかなかの出来映えです♪


[まとめ]
まず始めに・・・私は国産贔屓な人間ではありません!f(^_^;もちろん国産のバンドを好んで聴くこともありますが、2017年は、国産エクストリーム・メタルバンドの勢いが凄まじかったですね。もう嬉しい悲鳴です。ベスト10のうち半分以上が国産メタルバンド、しかもほとんどが上位を占めてしまいました・・・。また、やはりメロデスばかりがランクインしていて、メロスピ・メロパワバンドに購入意欲が湧かなかったことも1つ挙げられますね。う~む、最近はホントにエクストリーム・メタルバンドばかりだなぁ(´・ω・`)

2018年は、諸事情によりブログの更新が滞ってしまうかもしれません・・・ゆっくりCDを聴いている時間もなく、感想を書いている余裕がありません(T0T)まぁでも、焦らず自分のペースで続けられたらいいなと思います。これからもどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

以下、惜しくもBEST10には入らなかったものの、特に印象に残った素晴らしいアルバム達をアルファベット順に掲載しておきます。
・All That Remains / Madness
・AUGUST BURNS RED / Phantom Anthem
・Ghost Cries / DEORUM FESTUM
・The Haunted / Strength in Numbers
・Jotnar / Connected/Condemned
・Kreator / Gods of Violence
・Labyrinth / Architecture Of A God
・Nightrage / The Venomous
・Nocturnal Rites / Phoenix
・Overkill / The Grinding Wheel
・UNDEAD CORPORATION / No Antidote
・The Unguided / And The Battle Royale
・Volcano / LEVIATHAN

相変わらず点数が全然アテにならず、大変申し訳ありません・・・(汗)

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| 年間BEST | 11:38 | トラックバック:0 | コメント:0
Spartan / The Fall of Olympus

1. The Age Of Man
2. Helena
3. Immortal
4. Breaking The Chains Of Olympus
5. Elysium
6. The Labyrinth
7. At The Dawn Of War
8. Titanomachy
9. Written In Sand
10. Glory Awaits
11. A Beautiful Death
12. Eurydice's Song
13. Sons Of Sparta

88/100

メロディック・デスメタルバンド、Spartanの1stアルバムです☆2015年の作品。

1. The Age Of Manは叙情的なメロディからスタートし、すかさずザクザクとしたギターリフが切り込んできて疾走するスピード・チューン!!デスボイスもかなり迫力がありかなり好みの声をしています。哀愁を漂わせるメロディがとても印象的。

2. Helenaはこちらもザクザクと小気味良いギターリフで疾走!ギターがかなりスラッシーでカッコいいですね~♪途中のソロパートのこれでもかという弾きっぷりには圧倒されますなー!とても気に入った1曲です(*´ω`*)

3. Immortalはタフネスのあるギターリフでアップテンポに進んでいくリズミカルなナンバー♪途中から疾走するパートもあり、聴いていて飽きさせませんね!

4. Breaking The Chains Of Olympusはドラマティックなギターフレーズでスタート、ミドルテンポで重厚に展開していきます。ダミ声でメロディをつけて歌い上げるところが良い!

5. Elysiumは勇壮なギターメロディが美味しいアップテンポ・ナンバー。ザクザクとした刻み系のギターがとてもクールですな(*´∀`)

6. The Labyrinthは女性の叫び声からアグレッションたっぷりに突貫するスピーディな楽曲。ノリノリなリズムでカッコよく決めてきます。ドライヴィンなギタープレイに悶絶です♪

7. At The Dawn Of Warはミドルテンポでザラついたギターフレーズが特徴的な楽曲。また、途中では滑らかなギターメロディを聴くことができます。このメロディがまた叙情的で素晴らしい!

8. Titanomachyはテクニカルなドラミングに渋いベースプレイが入るミドル~アップテンポ・ナンバー。スラッシュっぽい刻みがかなり心地良いですな♪

9. Written In Sandはイントロからゴキゲンにギターが弾きまくりボーカルが叫びまくるアグレッシヴなスピード・チューン!!こりゃあカッコいいな(*´ω`*)ノリの良さもあるヘドバン必至な楽曲です。

10. Glory Awaitsはストロングなギターリフで無骨に突き進んでいく、土臭いメロディをまとったミドル~アップテンポ・ナンバー。呟くようなボーカルも入りますね。

11. A Beautiful Deathはイントロのギターが初期チルボドっぽいクールな刻みを見せます!これもカッコイイ。テンポ的にはかなり速めで、やはり爽快感が違いますな!

12. Eurydice's Songは7分超えの結構長めな楽曲です。テクニカルなギターフレーズに、アコギと女声も加わって叙情的な雰囲気が抜群です!最後まで飽きずに聴き通せますね。女性ボーカルもなかなか上手いです。

13. Sons Of Spartaはアルバムのラストを締め括る、重厚なミドルテンポ・ナンバー。ドスの効いたデスボイスで仰々しく進んでいきます。

なかなかスピード・チューンが多く、またスラッシーなギターの刻みが爽快なメロデスですね!どことなく地味な感じがするのはちょっとだけ残念ですが・・・。どの曲もクオリティが高くていい作品だと思います。ボーカルも聴きやすいデスボイスで、音質も良い方だと思います。

キラー・チューンは、2.Helenaですね。怒涛のように弾きまくるギターフレーズがもうたまりません!!最高ですね~。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Spartan | 20:15 | トラックバック:0 | コメント:0
Crimson Shadows / Kings Among Men

1. March Of Victory
2. Rise To Power
3. Heroes Among Us
4. A Gathering Of Kings
5. Maidens Call
6. Braving The Storm
7. On The Eve Of Battle
8. Freedom And Salvation
9. Dawn Of Vengeance
10. Moonlit Skies And Bloody Tides

87/100

メロディック・デスメタルバンド、Crimson Shadowsの2ndアルバムです。2014年の作品。

一部では有名なバンドのようですな!疾走感の高い爽快なメロデスが聴きたかったので、かなり期待してますよ~☆

1. March Of Victoryはアルバムのオープニングを飾る短めのインスト。

2. Rise To Powerはまさにメロデス化したドラフォ!!ピロピロしたメロディックなギターで爆走です♪デスボイスの叫びが非常にアツい!そして唐突にエピカルなメロディを歌うクリーンボイスが。これはちょっと余計だったかなぁ(笑)でも悪くはないです。ソロパートではベースもバキバキ言っててカッコイイ~☆

3. Heroes Among Usも続けざまに疾走!ドコドコ鳴りまくるドラミングには圧倒されます!叙情メロをかき鳴らしながらクリーンボイスによる歌唱も加わり、ソロパートもギャンギャン弾きまくりでクールですな(*´∀`)

4. A Gathering Of Kingsはじっくりとメロディを鳴らすイントロから激しいデスボイスで大盛り上がりなスピード・チューン!!明るめなメロディでギターがこれでもかと弾きまくり♪ソロパートもドラフォっぽい。爽やかな印象さえ受けることのできる1曲です。

5. Maidens Callは戦いのサウンドからインパクトのあるギターリフで爆走、一気に駆け抜けていきます!クリーンボイスによる歌唱もなかなか悪くない。

6. Braving The Stormはこのバンドには珍しくアップテンポ気味にスタート、その後は徐々にスピードを上げていつも通りのゴキゲンなナンバーになりますな(о´∀`о)ソロパートも鬼のように弾きまくりで圧巻!

7. On The Eve Of Battleはアコギで渋いメロディを奏でるインスト。次の曲へと続きます。

8. Freedom And Salvationは勇猛なメロディと激しいデスボイスによる絶叫で始まるアグレッシヴなスピード・チューン♪ここまで来るとおんなじような曲が連続していますが(笑)カッコイイからすべて許します!サビメロではクリーンな歌唱がいっそう頑張っている秀逸な楽曲。高速ギターソロも盛りだくさんですね~☆

9. Dawn Of Vengeanceもアグレッシヴなギターリフで突っ走ります。ハデハデなドラミングが心地よいです♪今まで通りのハズレ無しなスピード・チューン!!途中で大仰な声が入ったり、盛り上がりますねー。

10. Moonlit Skies And Bloody Tidesは10分超えの大作です。しかし相変わらずの疾走ぶり!さすがに途中でスピードを落とすパートもありますが、ダレることなく突っ走ってくれてもうお腹いっぱいです。

これはかなりの名盤ですな!メロデス化したドラフォというのがピッタリくるほどギターが弾きまくりで爆走しまくりです☆クリーンボイスによる歌唱については賛否両論ありそうですが・・・別になくても良かったかな?f(^_^;でも個人的には問題のない範囲内でした。とにかくアツい!徹頭徹尾、疾走する様には拍手を送りたいですね。なんだか曲の感想がどれも似たり寄ったりで申し訳ありません(;´д`)まぁ、楽曲も似たような曲だらけだしいいかな・・・スミマセンm(__)m

キラー・チューンは、どの曲も素晴らしくカッコ良かったので選ぶのが難しいですが、やはりオープニング・ナンバーの2.Rise To Powerですかね!激アツなメロディで爆走するクールな1曲に仕上がっています。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Crimson Shadows | 18:35 | トラックバック:0 | コメント:0
December Flower / When All Life Ends...

1. Invasion
2. The Apprentice
3. Your Darkest Path
4. As Darkness Reigns
5. Aeon
6. Dying Sun
7. Life Ends
8. Despise Your Life
9. Lost in Twilight
10. And Blood Has to be Shed
11. The Fountain

84/100

メロディック・デスメタルバンド、December Flowerの1stアルバムです☆2011年の作品。

バンド名がDecember Flower!そしてこのジャケット・・・もうこれは期待するしかありません。きっと初期In Flamesを敬愛するメロデスバンドなのでしょうなぁ~(想像)

1. Invasionはギターによる短めのインスト。次の曲への期待が高まります♪

2. The Apprenticeはブラックメタルのような寒々しいギターリフとブラストビートで疾走!デスボイスも迫力満点でとてもマッチしています♪こりゃあいきなりカッコいいナンバーですな。

3. Your Darkest Pathはアタック感の高いドラミングにドライヴィンなギターが弾きまくりのかなりカッコいいスピード・チューン!!パワフルに突き進んでいく良曲ですな。

4. As Darkness Reignsはまさに初期In Flamesのような叙情哀愁メロを楽しむことができるアグレッシヴなスピード・チューン♪ブラストビートも加わり攻撃性も高いですね!

5. Aeonは緊迫感溢れるドラミングから唸るようなデスボイスが入り、ミドルテンポで突き進んでいきます。こういうリズムでもギターフレーズが非常にメロいので、楽しんで聴くことができますね♪

6. Dying Sunはシンフォニックな音色とアコギによるインスト。

7. Life Endsはよりいっそうストロングなギターリフで始まるスピード・チューン♪なんだかボーカルもアンダース・フリーデンみたいに聴こえてきたな(笑)本当にカッコいいですね!この曲のメロディも北欧的な部分があり大変素晴らしいです。

8. Despise Your Lifeはまたもブラックメタルばりのブラストビートに寒々しいギターリフで突貫するナンバー♪ギターソロがメロディアスで聴き応えあります!テンポを落としてメロディを聴かせにくる辺りなんて最高ですね~。

9. Lost in Twilightはズカズカとアグレッシヴなドラミングに叙情的なギターリフがあわさるスピード・チューン♪ここまで良曲を続けられるとは、驚きです!中盤のドラマティックなアコギによるパートも聴き逃せませんね(*´∀`)

10. And Blood Has to be Shedは手数の多いドラミングに無機質なギターリフが刻んでいき、今までと比べると叙情性は控えめに展開していきます。しかしダークなメロディも顔をだしてきてなかなかgoodです。

11. The Fountainは2分程度のアウトロ。渋いギターフレーズでアルバムを締め括ります♪

バンド名に恥じることのない、素晴らしい叙情哀愁メロデス!!そこへ加えて寒々しいブラックメタル的な雰囲気とアグレッションが加わり、単なる模倣で終わっていないところが好感が持てますね♪スピード・チューンが多いのもありがたいところ。やや音質がこもりぎみですが、そこまで気にするレベルではありませんでした。クオリティを更に上げて、もっと聴いてみたいと思わせる好盤!今はもう活動していないのかなぁ・・・。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| December Flower | 11:46 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム | 次のページ>>

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR