音楽知識ゼロのド素人がメタルの感想をちょこっと書き綴る
ブログです。 メタル最高!メタル万歳!!でも、もやしっ子です。

もやしっ子メタラーのページ

もやしっ子:Serenity In Murderの新譜に続いてGYZEがやってくれた!あまりのカッコよさに悶絶中です!!
2016年アルバムBEST10はこちらからどうぞ~☆

ようこそいらっしゃいました♪
このページは、メロデス、メタルコア、メロスピなどを中心に購入したCDの感想を書き綴っています。レビューというほど大層なものではなく、ちょっとした感想なので、内容はあんまり濃くはありません(汗)ゴメンナサイ

購入しただけで未聴のものも記事の中に紛れ込んでいますが、出来るだけ早く聴いて感想を書きたいと思います。

ちなみに音楽理論に関する知識は全く無しの初心者です(汗)

相互リンク大歓迎です☆書き込みよろしくお願いします。

↓最近のお気に入りです↓

超強烈なエクストリーム・メロディック・デスメタル!カッコいいメロディで溢れています!
GYZE / Northern Hell Song

激しくメロディアスでドラマティックなシンフォニック・デスメタル!必聴盤です♪
Serenity In Murder / THE ECLIPSE
スポンサーサイト
| 御挨拶・雑記・年間BEST | 19:51 | トラックバック:1 | コメント:10
Jotnar / Connected/Condemned

1. Connected/Condemned
2. Remaining Still
3. Missing Shadows
4. Broken Esteem
5. Suicidal Angel
6. Live Together Die Alone
7. Starved of Guidance
8. I, the Paradox
9. The Sentence
10. Invisible Trace
11. The Loneliness Legacy
12. Say It Right (Nelly Furtado cover)
13. Envy World
14. The Portrait

87/100

スペインのメロディック・デスメタルバンド、Jotnarの1stアルバムです♪2017年の作品。Soilwork直系のサウンド!ということで迷わず購入しました☆

1.Connected/Condemnedはデジタルな効果音からストロングなギターリフが入り、かなりカッコいいボーカルのスクリームで突き進んでいくモダンなメロデス・ナンバー!サビメロではいかにもSoilworkといった感じのクリーンな歌唱を聴くことが出来ます(*´ω`*)このクリーンボイスによる歌い上げがまた良いですね♪ギターソロも構築美のあるテクニカルなモノになっていますな。

2.Remaining Stillは手数の多いドラミングと疾走感のあるギタープレイでガツガツと突き進むスピード・チューン。これも文句なしにカッコいい!クリーンボイスはわずかに叙情性も感じられ、モダンな印象が強いですね☆勢いのある楽曲で聴きやすいな~。

3.Missing Shadowsはデジタルサウンドからメロディックなギターリフでどっしりとスタート、気だるい感じのクリーンボイスとグロウルで展開し、モダンさの強いサビメロへと突入。ミドルテンポでじっくりとメロディを聴かせに来ている楽曲ですな!テクニカルなギターソロも聴きどころ。

4.Broken Esteemはアタック感の強いドラミングとキラキラしたキーボードアレンジが耳を引くイントロからスタート、モダンなヘヴィリフとボーカルの歌唱中心で進んでいきます。テンポ的にはミドルくらいな感じですかね~。ピロピロと弾きまくるギターソロも良いねー。

5.Suicidal Angelはサイバーで近未来的なサウンドから始まり、叙情的なギターフレーズで重厚に突き進むミドルテンポ・ナンバー。質は高く、ぜんぜん悪くないんだけど、そろそろスピード・チューンが欲しいところ・・・!後半はややスピードを上げてドライヴィンなギターが顔を出します。

6.Live Together Die Aloneはザクザクとギターを刻んでいき、ハデなギタープレイで煽ってくるアップテンポ・ナンバーです。爽快感のあるサビメロはなかなかに叙情的!適度なスピード感でカッコよく進んでいきますね~。と思っていたら、中盤から非常にメロウな展開に入り、ドラマティックなメロディを聴かせますな。

7.Starved of Guidanceは陰鬱なメロディのギターからズカズカと重心低く突貫していくミドル~アップテンポナンバー。ここのギターリフは実にモダンさの高いクールな仕上がりになっていますな♪ギターソロの奏でるメロディはとても叙情性があります。

8.I, the Paradoxは耳障りなノイズから、In Flamesのようなリードギターでメロディアスにキメるかなりカッコいい楽曲ですな!コレですよ♪もっとこういう曲を増やしてくれー!!疾走感もあり、ボーカルのスクリームも強烈に歌い上げています。しかしたまらんですな、このリードギターは!ギターソロもとてもクールなメロディをピロピロと弾きまくっています(*´∀`)

9.The Sentenceはハードなボーカルのスクリームとガンガン突っ込んでくる突進力のあるギターで疾走していくスピード・チューン!ここへ来て疾走曲が増えてきましたね♪良い傾向です(笑)かなりアツいシンガロングも加わり、テンションが高まりますな!この曲でもややIn Flames的なギターメロディを聴くことが出来ますね~。

10.Invisible Traceはモダンなフィーリングの強い堂々としたギターリフでスタート、優しげなクリーンボイスによる歌唱が入り、メロディアスに進んでいくミドルテンポな楽曲。スクリームの方もかなり頑張っており、存在感を放っています。ノリノリなリズムで進んだ後はギターソロへとなだれ込みますね!

11.The Loneliness LegacyはこれまたIn Flamesらしい北欧の叙情性のあるギターフレーズで始まり、軽快に飛ばしていくアップテンポな楽曲です♪クリーンボイスによる歌唱もしっかりと挿入され、とてもドラマティックな展開を見せます!

12.Say It Right (Nelly Furtado cover)はカバー曲ですね。原曲はもちろん知りませんが(汗)ジリジリと焦らすようなギターで始まった後は、ボーカルのスクリーム中心で突き進み、淡々としたメロディで彩られる楽曲ですな~。

13.Envy Worldはより一層デジタルなイントロから、スクリームが入るとともに疾走、クリーンボイスによるパートではスピードを落としてメロディックにキメてきます。あんまりスピード感が感じられないのが残念かな・・・(>_<)

14.The Portraitはドラマティックなメロディのギタープレイから、絞り出すようなスクリームでアグレッシヴに突き進むミドルテンポ・ナンバー。中盤ではアコギと女性ボーカルの歌唱が入り、とてもメロウな雰囲気を演出します。

こりゃあまさにモダンなメロデスですな!デジタルなアレンジがなかなかカッコよく、リードギターの扇情力はIn Flames的なところも感じられましたね♪基本的にはSoilworkのような楽曲の組み立て方です。クリーンボイスによる歌唱も全く問題なく、スクリームもカッコいいですね♪あとはスピーディな楽曲がもう少し欲しかったかな~(;´д`)似たようなミドルテンポ・ナンバーが続くと正直ちょっと退屈になってしまいます。まぁそれはこの手のバンドにありがちなことなんですが・・・。

しかしながら、1stアルバムでこの出来映えとは恐れ入ります。新人離れしていますね、このクオリティは!!メチャクチャ気が早いですが次回作にも期待しちゃいますね♪

キラー・チューンは8.I, the Paradoxです!やっぱり疾走曲に耳が行ってしまいますf(^_^;In Flamesのようなリードギターもとても美味しいです♪こういう楽曲がもっとあればなぁ~。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Jotnar | 18:07 | トラックバック:0 | コメント:0
All That Remains / Madness

1. Safe House
2. Madness
3. Nothing I Can Do
4. If I'm Honest
5. Halo
6. Louder
7. River City
8. Open Grave
9. Far From Home
10. Trust And Believe
11. Back To You
12. Never Sorry
13. The Thunder Rolls(ボーナストラック)

88/100

メタル・コアバンド、All That Remainsの8thアルバムです!

前作「The Order Of Things」では、大胆にもグロウルをほぼ封印し、クリーンボイスで勝負に出た意欲作でした。アグレッションよりもメロディに重点を置いたその楽曲群にはもうノックアウトされましたね!初期の頃の方向性も好きでしたが、個人的に大当たりな名盤でした。

さて、そんな前作からどのような成長ぶりを見せてくれるのでしょうか!?非常に楽しみです(о´∀`о)

1.Safe Houseはなかなかにアグレッションのあるギターリフでゴリゴリとスタート!ややしゃがれた声でボーカルが歌い上げ、ヘヴィなブレイクダウンっぽいパートもあります。しかし前作から比べればわりとハードな楽曲に仕上がっていますね♪クリーンボイスによる歌唱は意外にもしておらず、ギターソロはとてもメロディアス!

2.Madnessはノイズから入り、じっくりとギターがメロディを刻んでいくミドルテンポ・ナンバー。クリーンボイスによる滑らかな歌唱が大胆にフィーチュアされ、力強い歌いっぷりを披露しています。ギターソロはやっぱりカッコいいですな♪ちょっと短いけど・・・(^_^;)

3.Nothing I Can Doはズンズンと響くようなヘヴィリフにエフェクトがかったボーカルが加わり、コーラスパートでは重厚なハーモニーを聴かせに来ます!なにやら不気味な雰囲気も醸し出していますね~(*´ω`*)しかしサビメロがキャッチーでいい感じ。ところどころでスクリームも顔を出します。

4.If I'm Honestは渋いギターサウンドから始まり、これまた一層クールなノーマルボイスによる歌いっぷりが聴くことが出来ます。かなり穏やかと言うか、温かみのあるメロディで彩られています☆もはやメタルコアではありませんなしかし(笑)今更ですけど。ソロパートも渋めなメロディをゆったりと奏でています♪

5.Haloは透き通るような音色からダーティなボーカルが歌うアップテンポ・ナンバー!けっこうアグレッシヴな勢いのある楽曲です♪ズドドドと迫力あるドラミングもいい感じだな~。泣きのギターソロがこれまた素晴らしい!グロウルも少しだけ入り、多彩なアレンジ力が見られます。

6.Louderは謎の金属音からスタート、メタルコア的なコーラスパートを交えて淡々と進んでいきます。気だるい感じの雰囲気が曲全体を包んでいますね☆しかしギターはなかなかにハデなプレイを聴かせてくれます。ボーカルはスクリームとクリーンを操り巧みに歌いこなします。

7.River Cityは電話の呼び出し音が聞こえた後は、ムーディな渋いボーカルがさっぱりと歌い上げるミドルテンポな楽曲。アルバムの中では最長の5分半程度の曲です。しかしちょっと盛り上がりどころのない部分が残念ですかね~(;´д`)ボーカルは相変わらずカッコいいので聴けていけますが。

8.Open Graveはストロングな図太いギターリフでミドルテンポにスタート、スクリーム中心で展開しだんだんとスピードを上げていく楽曲です♪メロウなメロディを発散させながら突き進んでいくクールな感じが良いですねー。

9.Far From Homeはアコギでしっとりとしたメロディを奏で、情感溢れるクリーンボイスによる歌唱がメインに据えられたスローテンポ・ナンバー。バラード調の曲のような感じですかね。サビメロは希望も感じさせるような広がりのあるメロディを聴かせてくれますね~。

10.Trust And Believeはテクニカルなドラミングから重低音を響かせるヘヴィリフに始まり、疾走感あふれるギターフレーズで進んでいくアップテンポ・ナンバー!こりゃあカッコいいですね♪メタルコアっぽさがなかなかあり、スクリームも決まっています。お待ちかねのギターソロはやはり弾きまくりで良いね!

11.Back To Youはアコギがメロウなメロディを奏で、クリーンなボーカルで静かに歌い上げるバラード。壮大な空気感を演出していますね~。

12.Never Sorryはカラッと乾いたギターリフと疾走感のあるドラミングでアップテンポに飛ばしていき、サビメロではクリーンとグロウルが交差するハーモニーを演出する楽曲です!ギターソロもやはり弾きまくりでテクニカル~!ちょっと終わり方が急だったかな?(^-^;

13.The Thunder Rollsはボーナストラックです。Garth Brooksのカバー。雷鳴が轟き、中音域の声を操るボーカルの歌唱が中心で進んでいきます。原曲は全く知りませんが(汗)アルバム本編に入っていても違和感のないくらい馴染んでいますね♪

今作の出来は、前作に比べてさらに楽曲のバラエティを増やしてきたという印象がありますね。メタルらしさがほとんど感じられないものも少々・・・(^_^;)どの曲も3分台にまとめられている楽曲が多く、非常にコンパクトです。

楽曲によっては、スクリームもけっこう聴くことが出来ましたね。前作はほぼクリーン一本でメロディックに決めてましたからねー。ボーカルのスクリームとクリーンボイスによる歌唱がメインなのは言うまでもありませんが、ギターソロの充実ぶりはありがたいところですね♪ほとんどの曲でカッコいいギターソロを聴くことが出来ます(*´ω`*)

前作のような、コレだ!というキラー・チューンの存在がないのがちょっと残念でしたかね。しかしそんな中でも
5.Haloはキラリと光る魅力がある1曲になっていますな!

もはや昔の姿は見る影もありませんが、私は個人的にはこの変化を受け入れたいと思います♪もっと聴き込んでみたいアルバムですね。しかしどちらかと言えばやはり前作の方が好きかもなぁ~(笑)

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| All That Remains | 15:09 | トラックバック:0 | コメント:0
Labyrinth / Architecture Of A God

1. Bullets
2. Still Alive
3. Take on My Legacy
4. A New Dream
5. Someone Says
6. Random Logic
7. Architecture of a God
8. Children
9. Those Days
10. We Belong to Yesterday
11. Stardust and Ashes
12. Diamond
13. Those Days(Acoustic Version)(日本盤ボーナストラック)

89/100

イタリアのプログレッシヴ/メロディック・パワーメタルバンド、Labyrinthの8thアルバムです!

私にとってLabyrinthの名盤といえば、やはりアルバム「Labyrinth」や「Freeman」が思い付きますね。この頃のアルバムは本当に叙情・哀愁のメロディに溢れていて、何度も聴きまくったものです。その後の「6 Days To Nowhere」では迷走っぷりが激しく、非常に落胆したのを覚えています。そして前作の「Return To Heaven Denied」の続編というアルバムにより、音楽の方向性が以前のようなメロディック路線に戻りつつあったように思います。

そして今作!期待してますよ~♪全盛期のような叙情・哀愁メロをいま再び・・・!!

1.Bulletsはブヨーンとしたデジタルなキーボードからスタート、テクニカルなドラミングとともに叙情的なギターフレーズでアップテンポに展開するかなりの良曲!!ボーカルの歌唱はもう文句なし、中音域で渋く歌い上げていきます。こりゃあ1曲目から良い感じですぞ~♪ギター&キーボードソロもピロピロと弾きまくりで泣きまくり!パーフェクトです☆

2.Still Aliveはブリブリとしたベースからヘヴィなギターリフへ繋ぎ、ボーカルの哀愁たっぷりな歌唱がメインで進んでいくミドルテンポ・ナンバーです。スピード感はありませんが、キラリと光るメロディの良さが実に素晴らしいですね(*´∀`)テクニカルなソロパートもカッコいい!

3.Take on My Legacyはアグレッシヴなギターリフとデジタルなキーボードで疾走!ザクザクとした高速リフとメロディアスなフレージングがたまらなすぎる!!ピーンと張り詰めた緊迫感が漂うカッコいいスピード・チューンですな♪バックで鳴っているキーボードアレンジもまた素晴らしいです。

4.A New Dreamはアコギによる泣き泣きなギターでしっとりと進んでいくミドルテンポ・ナンバー。ボーカルの哀愁漂いまくる歌唱が最高ですな♪これでもかと渋味のあるメロディを奏でていきますね~(;つД`)ゆったりとしたギターソロが泣ける・・・!

5.Someone Saysは勇ましいギターメロディで始まり期待感を煽り、ミドルテンポでじっくり聴かせたあとはサビでスピードアップ!解放感のある爽やかなメロディが最高にクサい!!ソロパートで乱舞するピアノの音色もクサさに満ち満ちていますね。

6.Random Logicは妖しげなメロディを奏でるピアノとボーカルの呟きが入る、2分程度のショートナンバー。

7.Architecture of a Godは9分近い大作です。不思議な音色を奏でるキーボードにアコギでまったりと進んでいきます。続いてドラマティックなギターリフとハードなドラミングで力強く展開し、そのあとは再びメロウなパートへと移ります。強弱を付けた楽曲の運び方は、なかなかに凝っている印象を受けました☆

8.Childrenは叙情的なメロディとストロングなギターでズンズンと突き進んでいくインスト。きらびやかなキーボードの音色も素敵。

9.Those Daysは泣きの哀愁メロをじっくりと聴かせるパワー・バラード。ボーカルの力量がいかんなく発揮された、叙情的なバラードに仕上がっています。

10.We Belong to Yesterdayはだんだんと叙情的なギターフレーズがフェードイン、バラード調にボーカルがメロウに歌い上げるミドルテンポな楽曲ですね♪この曲もメロディがとにかく良い!アコギも挿入され泣きの要素がたっぷりです。

11.Stardust and Ashesはタフなギターリフとカオティックな印象さえ受けるキーボードでハデに進んでいくスピード・チューン!パワフルなボーカルの歌いっぷりがカッコいい~!クールなメロディを聴かせるギターソロも聴き逃せませんね。

12.Diamondはデジタルなキーボードと泣きのギターでメロディを紡いでいく、バラード調の楽曲。

13.Those Days(Acoustic Version)は日本盤ボーナストラック。アコースティック・バージョンでより一層泣きの要素がたっぷりです。

あの叙情哀愁メロの盛りだくさんなLabyrinthが帰ってきた!・・・とまでは行きませんが、なかなか素晴らしい出来映えのアルバムですね。個人的な傑作アルバム「Labyrinth」や「Freeman」には及びませんでしたが・・・。

まずメロディが良い!哀愁を漂わせた芳醇なメロディを聴くことができます。残念ながら疾走曲はあまり多くありませんが(2~3曲くらい)、とにかくメロディが良い感じで、最後までダレずに聴き通すことができますね。

そしてギタープレイも過去作に比べてかなりハデに弾きまくっていますね♪もちろんキーボードもピロピロと早弾きで存在感をキッチリとアピール。また初期のアルバムにあったようなデジタルなキーボードアレンジも良い具合に楽曲に溶け込んでいます!

キラー・チューンは1.Bulletsですな!アルバムのオープニングを飾るカッコいい名曲です(*´ω`*)

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Labyrinth | 18:44 | トラックバック:0 | コメント:0
Shadow Of Intent / Reclaimer

1. We Descend…
2. The Return
3. The Horror Within
4. The Catacombs (Feat. Jason Evans & Dickie Allen)
5. The Mad Tyrant’s Betrayal
6. The Gathering Of All (Feat. Alex Shikolai)
7. The Heretic Prevails
8. The Prophet Beckoning (Feat. Tom Barber)
9. The Forsaken Effigy
10. The Great Schism
11. The Mausoleum Of Liars
12. The Tartarus Impalement

92/100

アメリカ出身のメロディック・デスコア・バンド、Shadow Of Intentの期待の2ndアルバムです!

早くも新譜が登場!かなりメロディックでいて、かつデスコア的なアグレッションも兼ね備えた優良バンド、今作にも期待がかかります。AmazonのMP3で購入です♪CDでの流通は無いのかなぁ~?出来ればCDで買いたかった・・・。

1.We Descend…はもの悲しげなピアノによる旋律からシンフォニックな音色を聴かせ、デスボイスも少し入る2分ちょいのショートナンバー。

2.The Returnはシンフォニックさ爆裂のアレンジからズカズカとアグレッシヴに突貫するブルータルなナンバー!前作よりもさらにシンフォ感が増している気がしますね♪テクニカルで構築美のあるギターソロも挿入されます。わりとストレートな楽曲になっていますな~(*´ω`*)

3.The Horror Withinは低音グロウルとブラストビートでストロングに爆走し、すぐさまデスコアっぽく極悪なブレイクダウンを挟んでくる楽曲。手数の多いドラミングがメッチャ派手派手!!シンフォニックなメロディも素晴らしい☆これは早くもキラー・チューンか!?ピロピロとスマートに弾きまくるギターソロも良いね♪ノーマルボイスによる逞しい歌唱まで入り、もう盛りだくさんですな!

4.The Catacombs (Feat. Jason Evans & Dickie Allen)はゴリゴリしたギターリフに迫力満点のグロウル中心でズッシリとスタート、一気にスピードを上げたと思いきや、ややプログレッシヴな展開を見せますね!しかし基本的にはタイト極まりないドラミングで爆走するヘヴィなスピード・チューンです(*´∀`)ピアノの旋律をバックに突っ走るさまが実にクサい!!終盤ではかなり強烈なデスボイスを披露しております。

5.The Mad Tyrant’s Betrayalはクリーンなギターフレーズで始まり、ギャウギャウと唸りまくるデスボイスに疾走感溢れるドラムとギターで爆走!コーラスパートではキャッチーなメロディも聴かせる良曲。スラッシーなドラミングに流麗なギターソロがたまらない疾走曲ですな♪

6.The Gathering Of All (Feat. Alex Shikolai)は前の曲に続いてスタートし、妖しげなメロディを奏でるキーボードから、叙情的なフレーズでまたも爆走しまくるアグレッションたっぷりなナンバーです!うっすらと塗布されたキーボードアレンジが実に効果的だなぁ☆ギターソロがこれまで以上に暴れまくり~!

7.The Heretic Prevailsは中東っぽいエキゾチックなメロディで始まり、ピロピロとテクニカルに弾きまくるギターと叙情的なピアノの音色で耽美的な雰囲気を醸し出す、こちらもスピーディな楽曲ですな!この曲は特にピアノが頑張っていて素晴らしいです。ソロパートのシンフォ感満点の展開がたまらん!後半はデスコア的なブレイクダウンに突入、美しいピアノで装飾されて行きます。

8.The Prophet Beckoning (Feat. Tom Barber)はドラマティックなギターフレーズが美味しすぎるイントロ!!その後は早口ボーカルによるアグレッシヴな歌唱に加えてノーマルボイスのカッコいい歌いっぷりに悶絶!たまらないっす!ピアノもやはり存在感を放っていますね。続いてイーヴルなメロディを持つギターソロに突入します。終盤はかなりメロウな雰囲気に。

9.The Forsaken Effigyはシンフォニック全開のイントロからどっしりとしたリズムで進んでいく、ここへ来てようやくのミドル~アップテンポナンバーです。なかなかにグルーヴ感のある楽曲ですな!ヘドバンを誘うギターリフにブラストビートかましまくりのドラミングが非常にクールだ(つД`)

10.The Great Schismはうねるギターに始まり、泣きまくりのメロディで聴き手にアピールしてくるインスト。ピアノも加わりとても叙情的ですな。

11.The Mausoleum Of Liarsはシンフォニックなメロディと激しすぎるブラストビートがもう人間離れしています!呟くようなボーカルも入りますがとにかくデスボイスが強烈☆劇的なアグレッションで突き進みます。狂気さえ感じるボーカルの歌唱はアルバム一番ですね!

12.The Tartarus Impalementは8分近い大曲。シンフォ感の高いイントロからミドルテンポに突き進んでいき、ブラストビートでガツガツとパワフルに展開します。スピード感はわりと抑えめに、メロディ重視で進行していきます。呟きボーカルによる歌唱を経てよりドラマティックに!後半はテクニカルなパートをこれでもかとブチ込み、技術の高さを見せつけますね!長さを感じさせないアレンジセンスに溢れています。

な、なんという凄まじい作品だ・・・!!高品質なメロディック・デスコアだった前作から、さらにパワーアップした力作です!シンフォ感がますます増加し、楽曲のゴージャス度がメチャクチャ上がっていますね(о´∀`о)

また収録曲のほとんどが爆走に次ぐ爆走!!スピード・チューンで固められているのも高ポイントですな。メロディ要素もしっかりと存在し、カッコいいクールなメロディで彩られています♪そしてボーカルの迫力!あとドラミングの凄まじさも(笑)すべてがハイレベルでまとめられています。

キラー・チューンは、3.The Horror Withinから7.The Heretic Prevailsまでの5曲ですね。うん、多いなぁ(笑)中盤の楽曲が特に素晴らしいということで・・・。その他の楽曲も充分キラーになる大変カッコいいものが揃っています♪

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Shadow Of Intent | 11:51 | トラックバック:0 | コメント:0
MYTH OF A LIFE / She Who Invites

1. Codex of Betrayal
2. Scourged and Crucified
3. Lobotomized
4. Erinyes
5. Taking Back What Is Mine
6. Pull the Trigger
7. Broken
8. Through the River
9. She Who Invites
10. Waiting to Die
11. Murder
12. Burning Vision

85/100

イギリスで活動するメロディック・デスメタルバンド、MYTH OF A LIFEの1stアルバムです♪

1.Codex of Betrayalはアコギによる静寂な雰囲気を演出するインスト。

2.Scourged and Crucifiedはジャリジャリしたギターリフが心地いいスピード・チューンで、絶叫系のデスボイスとドスの効いたグロウルを操り攻め立ててきます!中盤ではメロウな叙情性を奏でており、なかなかに泣かせてきますが、基本的には爽快に突っ走っていますね♪

3.Lobotomizedはブラックメタル的なフィーリングも感じさせるギターとドラミングから高音で喚き散らすデスボイスが強烈な、前曲につづくスピード・チューン!そこはかとなく叙情メロをはらんだギターリフの刻みがカッコいい!!そして何よりボーカルの迫力(*´ω`*)良いねぇ~♪

4.Erinyesはストロングさを備えたヘヴィリフに低音グロウルが絡みつくアップテンポ・ナンバーですな。メロディアスなギターフレーズが楽曲をさらに盛り上げます。ちょっと短めな曲ですね。

5.Taking Back What Is Mineは重低音の轟く迫力あるギターで疾走!!ズカズカとしたドラミングもカッコいいねー!デスラッシュ風味のあるクールなスピード・ナンバーになっています。ボーカルは相変わらず存在感が大きいですな☆

6.Pull the Triggerはダークなメロディで始まりスタスタと疾走、ボーカルの絶叫で楽曲が展開していきます!ギャウギャウと唸りまくるボーカルが特に好みです♪途中ではメタルコアっぽいブレイクダウンが組み込まれており、その後のかっ飛ばしっプリが一層カッコよくなっていますね~( ´∀`)

7.Brokenはこれまででは一番のメロディアスさを見せるギタープレイでスタート、これは良いメロですな!どこかノリの良さも感じさせるスマートさがあります。低音グロウルとともにギターが疾走するパートなんて鳥肌モノ!!そこからのギターソロへの流れも決まってます♪あれ、なんか初めてマトモなギターソロ聴いた気がする(^_^;)

8.Through the Riverはヘヴィなギターで哀しげなメロディを紡いでいく短い繋ぎの楽曲。

9.She Who Invitesは勇ましいメロディで近代的なアプローチを見せるメタルコアっぽい楽曲。アルバム前半に比べるとスピード感は抑えめに、ギターメロディで勝負に出ていますね!そしてここへ来てテクニカルなギターソロが!!こりゃあカッコいい~(T-T)センスがあるんだからもっとギターソロ弾きまくってほしいなぁ。

10.Waiting to Dieはアタック感のあるドラムとシャープなスラッシュ風のギターで軽快に疾走、その後はテンポチェンジを繰り返し、スローとアップテンポを行き来していきます。ちょっと乗りにくい楽曲かなぁ~。アルバム前半のストレートな勢いが恋しくなってしまいますね(>_<)

11.Murderは重厚なギターメロとボーカルのスクリームで豪快にスタート、テクニカルなリフでアップテンポに突き進んでいく楽曲。ピロピロと弾きまくるギターソロは絶品!グルーヴィーなリズムも取り入れられており、なかなかヘドバンしやすいですなー。

12.Burning Visionは渋いアコギで始まり、じわじわと期待感を煽ったところで爆走開始!!強烈なシャウトとアルバム前半に有ったような、ストレートな疾走感あるギターリフでカッコよく進んでいきます♪アルバム最後にカッコいい楽曲を配置してきましたね~☆

なかなかカッコいいメロデスでした☆基本的に疾走感が高く、叙情的なメロディもそこそこあり楽しめる作品でしたね。なによりボーカルがカッコ良かったです(*´∀`)ただちょっと音質に難があるかなぁ~。でも次回作にも期待が持てる1枚でした!

キラー・チューンは「5.Taking Back What Is Mine」ですね!デスラッシュ風に爆走しメロディアスでもあるイイトコ取りの素晴らしい楽曲ですな(о´∀`о)

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| MYTH OF A LIFE | 18:19 | トラックバック:0 | コメント:0
Degradead / Degradead
Degradead / Degradead

1. Afterlife
2. Victimize
3. A New Dawn
4. Morphosis
5. The Blinding Crusade
6. Say Your Last Goodbye
7. The Extinction
8. Dark Veil
9. Neglected
10. Grand Eternity
11. Killing Game

84/100

Degradeadの5thアルバムです。

前作「The Monster Within」は聴いていませんでした。何故なら発売したのも知らなかったから・・・(汗)意外とコンスタントにアルバムをリリースしていたんですね。今作はセルフタイトルリリースということで、気合が感じられますね!

その音楽性は、1stアルバムから大きく変わることはなく、モダンなメロディック・デスメタルをプレイしています。スタイリッシュなメロディに、サビはクリーンボーカルを持ってくる・・・というパターンが多いかな。2ndから3rdと順当にメロディに磨きをかけ、なかなかの成長ぶりでした。さて、今作はどういうアプローチで来るのか!?前作は聴いておりませんが、多分変わってないだろうなぁ(笑)

1.Afterlifeは激しいドラミングからスタート、ボーカルの絶叫が入ります!あっという間にサビへ突入し、クリーンボーカルがしなやかに歌い上げます。ギターリフはやはりモダンな印象を受けましたね~。スタスタと疾走するスピード・チューンです。途中ではアコギが入り、静寂なパートを演出します。なかなか悪くない、アグレッションとメロディックさが合わさっています。

2.Victimizeはドスの効いたデスボイスに、バウンドするようなギターリフでスタートするアップテンポ・ナンバー。ノリノリのリズムで突き進んでいく、これもなかなかカッコいい一曲。ザクザクとしたギターが特にお気に入りです。デスメタリックな邪悪性も感じられ、破壊力は抜群!?

3.A New Dawnはミドルテンポでメロディックなギターが美味しい一曲。ボーカルは初っ端からクリーンで歌い上げ、その後にしゃがれたスクリームに繋がります。

4.Morphosisはストロングなギターでスタートするメロディアスな楽曲。スタスタと軽快に疾走し、ボーカルは多様な歌い方を披露していきます。この曲はかなりカッコいいな!!アグレッションとキャッチーさのあるスピード・チューンです。クリーントーンのギターソロが泣けてくる・・・!

5.The Blinding Crusadeはうねる様なギターリフで始まる、ちょっと変わった雰囲気の楽曲。クリーンボイスによる歌唱がキャッチーさを高めています。この曲でも泣き泣きなギターソロが挿入されます。

6.Say Your Last Goodbyeは叙情性あるリードギターのインパクトが大きい、スピード・チューンですね!デスボイスからクリーンに繋げる、王道的な楽曲です。しかしギターのフレーズはかなり良い具合ですな!

7.The Extinctionはハードロック的なフィーリングのある楽曲で、ミドルテンポにじっくりと進んでいきます。わりと淡々とした展開で、あまり盛り上がりどころがないですな・・・。でもギターソロはキレキレです!

8.Dark Veilはアコギで始まる、穏やかな一曲・・・なのはイントロだけで、その後はバンドサウンドが入り、いつも通りの曲になります。アツいクリーンボーカルの歌唱が一番ですな!

9.Neglectedは北欧の叙情性あふれるメロディアスな楽曲。ミドルテンポですがメロディの良さがイイ感じですね~。

10.Grand Eternityはヘドバンを誘うリズミカルなテンポで、カッコ良く進んでいくアップテンポ・ナンバー!こういう曲はたまりませんな~♪ついついノってしまいます。

11.Killing Gameはスピード感のあるイントロからボーカルのスクリームが目立っている楽曲。ギターの早弾きも披露されます。

うーむ、やっぱりこのバンドは変わっていませんね(笑)モダンなギターリフにメロディ、スクリームとクリーンボイスを操るボーカルと、やっている事はほとんど変わっていません。安心のクオリティです。全曲がほとんど3分台でコンパクトにまとめられているので、ダレることなく聴き通せましたね。

キラーチューンは、「4.Morphosis」です。疾走感あふれるギターにモダンなメロディが良いコンビネーションになっていますね!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Degradead | 18:24 | トラックバック:0 | コメント:0
Abigail Williams / In the Shadow of a Thousand Suns
Abigail Williams / In the Shadow of a Thousand Suns

1. I
2. The World Beyond
3. Acolytes
4. A Thousand Suns
5. Into The Ashes
6. Smoke And Mirrors
7. A Semblance Of Life
8. Empyrean: Into The Cold Wastes
9. Floods
10. The Departure

86/100

シンフォニック・ブラックメタルバンド、Abigail Williamsの1stアルバムです!

1.Iは妖しさ満点のシンフォニックなイントロ。

2.The World Beyondはイントロから続いてスタートするアグレッシヴなナンバー。ブラストビート全開で突っ走ります!ボーカルは吐き捨てるようなデスボイスを操っていますね。要所で入るピアノがクサい!またメロディックなギターフレーズも聴くことができ、かなりの良曲です。

3.Acolytesはおぞましいイントロからまたもブラストビートで始まりスタスタと疾走!アグレッションはますます増加していますな。スローなパートも交えて疾走一辺倒にならないような工夫もされています。慟哭のメロディがかき鳴らされますね~!

4.A Thousand Sunsは一転、ノーマルボイスによる伸びやかな歌唱が入ります。邪悪なギターリフが特に主張していますね。途中からは再びブラストビートで狂ったように疾走します!フワフワした特徴的なキーボードアレンジも入り、凝った展開を見せますね。乱舞するピアノもたまらん!!

5.Into The Ashesは悲しみに満ちたピアノでスタートする、スロー・ナンバー・・・と、それはイントロのみでブラストビートからやっぱり疾走します。迫力あるドラミングでズカズカと爆走する様はカッコイイの一言!メロディアスなギターもバッチリです。

6.Smoke And Mirrorsはストロングなギターからスローに始まる楽曲。ゴリゴリとギターが入り、ボーカルが激しく喚き散らします。この曲は珍しく疾走はせず、ミドルテンポに進んでいきますね。しかしメロディックなギターフレーズがここでも飛び出し、カッコ良さを演出しています。

7.A Semblance Of Lifeは2分ほどのインスト。アトモスフェリックなピアノがなかなかイイ感じですね。ストリングスによる音色も盛り上がります。

8.Empyrean: Into The Cold Wastesはテクニカルなドラミングから激しい絶叫でスタート、アグレッションは今までで最高か!?という感じで爆走します!!ピロピロとギターも弾きまくり、ドライヴ感あふれるカッコ良さがありますね。ピアノもしっかりと登場、雰囲気をより荘厳なものにしています。

9.Floodsはドカドカとしたドラムとギターで始まる、こちらも激しい楽曲。ギターが今まで以上に目立っていますね。強力なブラストビートも健在です!!

10.The Departureはリズミカルなキーボードから始まる、今までと比べるとちょっと趣きが違う楽曲。メロディに重点を置かれた楽曲・・・と、途中から再び激しく疾走します。途中ではアコギと女性ボーカルが入りますが、間を置かずに強烈なドラミングが炸裂。ラストは和やかなストリングスで幕を閉じます。

これは凄まじいクオリティを持ったシンフォニック・ブラックですね!個人的にはちょっとだけ苦手な分野なのですが、それでも魅力溢れる楽曲群に引き込まれてしまいました。とにかくアグレッションがすごい!!ブラストビートを多用するドラミングはもちろん、絶叫しまくるデスボイスも強力です。ギターもここぞというところでメロディックにキメてきます。またピアノ等も雰囲気を充分に盛り上げていますね。これはたまらんです♪

キラーチューンは、「Empyrean: Into The Cold Wastes」です。Abigail Williamsの魅力が全部注ぎ込まれた、メチャクチャカッコいい楽曲です☆

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Abigail Williams | 11:08 | トラックバック:0 | コメント:0
VADER / The Empire

1. Angels of Steel
2. Tempest
3. Prayer to the God of War
4. Iron Reign
5. No Gravity
6. Genocidius
7. The Army-Geddon
8. Feel My Pain
9. Parabellum
10. Send Me Back to Hell

87/100

ポーランドの強烈デスメタル・バンド、VADERの11thアルバムです!

1.Angels of Steelは図太いギターリフから禍々しいメロディで突っ走るスピード・チューン!相変わらず迫力のあるデスボイスに切れ味抜群のギター、手数の多い叩きまくりなドラムとすべてがハイレベルですな♪

2.Tempestはいかにもデスメタルな強烈ブラストビートで激しく飛ばしていく、こちらもスピード感抜群な楽曲。途中でスローなパートを盛り込み、疾走一辺倒にならないところが工夫を感じられますね!ギターソロもキレキレです。

3.Prayer to the God of Warはノリの良いリズムでザクザクと進んでいく軽快な楽曲ですね☆狂ったようなギターソロがかなりカッコイイ!邪悪なイメージの強いダークなスピード・チューンになっています。

4.Iron Reignは強力なデスボイスを中心に、じっくりと邪悪なメロディを振り撒きつつ進んでいくミドルテンポ・ナンバー。ようやくスピードは落ち着いた感じですな。ここでも再びクールなギターソロを聴くことが出来ます。

5.No Gravityはアグレッションたっぷりのギターリフでカッコよく飛ばしていく疾走曲!(*´∀`)やはりこのバンドの持ち味は凄まじい攻撃性とスピード感ですな♪ピロピロと弾きまくりなギターソロにも悶絶しました!後半はスピードを落としてヘヴィなパートをぶちこんできますね!

6.Genocidiusは狂ったようなドラミングと邪悪なギターリフで爆走する、またまたカッコいいスピード・チューン!これはいままで以上にクールな楽曲ですな~(*´ω`*)

7.The Army-Geddonはミドルテンポでザクザク刻みつつ不穏なメロディをかき鳴らすヘヴィなナンバーです。ギターソロもどこか怪しげなメロディをかき鳴らしていますね!

8.Feel My Painはザリザリとしたギターが特徴的な、どっしりとした重厚な楽曲です。

9.Parabellum は軽快なドラミングで進んでいくスピード・チューン!後半になっても勢いが衰えることがありません!爽快感のあるデスラッシュサウンドを披露してくれます。

10.Send Me Back to Hellはアルバム最後を飾る、ヘヴィでスローな楽曲。しかし流麗なギターソロは聴きごたえたっぷりですな♪

今作も、前作から変わりなくアグレッシヴでスピード感溢れるデスメタルですな!スラッシュ・メタルのような爽快感のあるギターリフが中心となっており、とてもカッコいい!ドスの効いたデスボイスも強烈で、ドラミングも超ハデです。ブラストビートは特に凄まじいものがありますな♪スピード・チューンはすべてがキラー級のクオリティを兼ね備えていますね!

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| VADER | 18:48 | トラックバック:0 | コメント:0
Alphoenix / Final Crusades

1. The Final Crusade
2. Give Me Fire
3. Foreshadow
4. Tragic Night Falls
5. Into the Ashes
6. Rise
7. City of Phoenix
8. Last Ignition
9. Cygnus
10. Noir Rain
11. Reincarnation

92/100

国産のメロディック・デスメタルバンド、Alphoenixの1stアルバムです♪

2013年に解散した(知らなかった・・・(^_^;))MYPROOFの中心メンバーが結成した新しいバンドのようです。MYPROOFと言えば、泣き泣きなギターメロディとクリーンボイスによるサビメロが特徴的でしたが、このバンドではどのようなメロデスを披露してくれるのでしょうか!?しかしバンド名といいアルバム名といい、かなりカッコ良くてムダに期待しちゃいますね(笑)

1.The Final Crusadeはアコギによる渋めのメロディからスタート、続いてヘヴィでありながらも泣きを重視したギターでどっしりと進んでいくインスト。

2.Give Me Fireはインストに続いてのグルーヴィーなギターリフでガツガツと突き進むクールなメロデス・ナンバー!デスボイスもドスの効いた声をしていてカッコいい。勇ましいメロディを奏でるリードギターがたまりませんね~( ´∀`)しかし個人的にはギターソロが欲しかったところ・・・!

3.Foreshadowはアグレッションのあるギターに、激しくインパクトのあるドラミングが爽快感を演出するアップテンポ・ナンバー!多少ですがモダンな印象もあり、メタルコア的なブレインダウンパートも組み込まれています。そしてここで待ってました!泣き泣きのギターソロ!!たまらねぇ~ですな(T-T)

4.Tragic Night Fallsはクリーンなギターフレーズにボーカルのスクリームが加わり、バリバリなプレイを披露するドラミングでスタスタと疾走!こりゃあカッコいいな~!途中ではまたもヘヴィに落とすパートがあり、そこから激しいドラムで爆走する流れがニクいですねー(;つД`)静寂さも魅せるギタープレイに悶絶!!

5.Into the Ashesはヘヴィリフで邪悪な雰囲気を醸し出し、ズカズカと疾走するスピード・チューン。こういう雰囲気にボーカルのデスボイスがピッタリ合っていますね♪ここでようやくノーマルボイスによるサビメロが登場!これを聴くとMYPROOFを思い出させますねぇ~。ここがやはり好みの別れるところでしょうか。個人的にはアリなんですが・・・。

6.Riseはジリジリと焦らすようなギターフレーズからスタート、だんだんとスピードを上げて泣きのサビメロへと繋がっていきます。基本的にはミドルテンポでじっくり進んでいきますが、勇猛なギターメロディがここぞというところでアピールしていますな♪

7.City of Phoenixは飛翔感のある爽やかなギターメロディで疾走、ボーカルが入るとテンポを落としてヘヴィに突き進んでいくアップテンポ・ナンバー。サビでの青春的なギターフレーズにはまいりましたね~(´∀`)♪もうちょっとスピード感があるとなお良かったんだけどなー。

8.Last Ignitionはドラマティックなギターリフでじっくりとメロディを聴かせるイントロから、アタック感のあるカッコいいドラミングで展開するスピード・チューン!!疾走感のあるクリーンボイスによるサビメロはなかなかクール☆泣きまくりなギターメロディがこれでもかと繰り出されます。日本語詩による歌唱が耳に優しい・・・(笑)

9.Cygnusはメロデスらしさの高いアグレッシヴなギターに始まり、ブリブリとしたベースプレイが披露され突っ走っていくスピーディな楽曲。サビではゆったりとした歌唱を聴くことが出来ます。クリーンではなくデスボイスでメロディを付けて歌い上げるあたりは新しいですな☆滑らかなギターソロも挿入されます。

10.Noir Rainは儚げな音色からストロングなギターリフで、勇猛なメロディを奏でていくミドルテンポな楽曲です。クリーンなボーカルによる日本語詩のサビメロがかなり目立っていますね。この曲が一番MYPROOFっぽい、かな?

11.Reincarnationは泣きまくりなギターフレーズで突っ走る、アグレッションのあるスピード・チューン♪悶絶級のメロディで聴き手をグイグイと引っ張っていきますね!しかしドラマーさんはホントに上手いですな!かなりタイトでハデに叩きまくっています(*´∀`)カッコいい!!終わり方は意外とアッサリめ。しかし満足な出来映えです♪

文句なし!これは名盤でしょう☆泣き泣きなギタープレイにテクニカルで激しすぎるドラミングで各楽曲に爆発的なパワーが叩き込まれています!(*´ω`*)どの曲もインパクト大ですね。疾走感の高い曲が多いのもありがたい。だいたい4分台の楽曲が中心ですし、すんなりと聴き通せます。音質も各楽器がバランスよく聴こえる良い具合に仕上がっているのではないでしょうか?

好みの別れる日本語詩てすが、普通に聴いている分にはほとんど気になりませんでした!しかしスローテンポでクリーンボーカルによるサビメロを聴かせる曲が何曲かあり、ここが嫌いな方はちょっとアレかもしれませんね・・・。でも全曲がそういう曲になっていないので、苦手意識があってもぜひ聴いてみてもらいたい作品です☆

キラー・チューンは、なかなか選ぶのは難しいですな!どれもキラー級になりうる良曲です。中でも特に気に入ったのは4.Tragic Night Falls8.Last Ignition辺りでしょうか。もちろん他の曲も泣きまくりのカッコいい曲が揃っています(^_^)v

いやぁ、しかし今年は国産メロデスの当たり年ですな♪

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Alphoenix | 21:53 | トラックバック:0 | コメント:2
| ホーム | 次のページ>>

プロフィール

PONCH503

Author:PONCH503
メタル大好きな社会人です。
メタル以外に趣味が無い(涙)

音楽に関する知識が全く無い
ので、内容の薄い感想文に
なっていますが、どうか
ご勘弁ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様人数

全記事数表示

メタルの感想

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR